[スタート] [主催者] [M女性たちの部屋] [考察] [モデル申し込み]

M女性たちの部屋、ミキ

スライドショー

まだ募集はされてますでしょうか?

サイトの更新があまりなかったので、もしかして、もう活動してらっしゃらないのかと心配していました。

まず私についてですが、私は年齢の割に男性経験があまりありません。しかし、その傍らで何故か縛りや縄いうものには十代の頃から興味を抱いていました。

佐藤さんのサイトを2005年頃に始めて見て以来、時々思い出したように見に行っていたのですが、今回ふと、これだけ長いこと気になっているのだから、モデルに応募してみよう!と思いまして、勢いで申し込みました。 たぶん、今が変わり時のような気がしてます。

自分がどうされたいのか、見る側から見られる側へ、いざそうなってみると、悩みますね…。

大の字晒しやうつ伏せでの股間晒しのようにどうしようもなく晒されて、そして秘所をバイブや電マで嬲られたいと思っています。

とにかく、美しく縛られて秘所を責められ、感じている姿を人に見られたいという願望があるようです。そしてそれは願望通り、その状態で自分が本当に感じるのか、ということを知りたいです。 何でしょう、とにかく何かさらけ出したいんでしょうね。

三角木馬や股間棒責めにも興味があるのですが、初心者には難しそうなので、それらは無理かな、と。

他には、佐藤さんが私と会って、この縛りが似合いそうだ、とかそういうのがあれば、そういうのをお願いしたいです。

衣装は、和式、着物がいいです。

メールを打ってみると、漠然としていたイメージが固まってきました。 自分がどうされたいか、なんて、こんなに真剣に考えたのは初めてです。よろしくお願いいたします。

実際にお会いした佐藤さんは、思っていたとおり、ストイックで、相手の事を第一に考える方でした。 SMの話は勿論、ほかのお話も興味深く、とても有意義な時間が過ごせました。 また一つ人生の引き出しが増えて、思い切って応募して良かったと思います。

プレイに関しては、細やかに気を使って下さっているのがよく分かりました。 正直、緊張と興奮であっと言う間の時間だったので、あまり細かく思い出せないのですが、とにかく、自分は縛られていた方が感じる性質だということがハッキリと分かりました。

晒される恥ずかしさは、思いのほか少なく、自分でも意外でした。 一対一だったのと、何より安心感があったからだと思います。

あと、花を活けられた時は、自分が物になったような気がしてすごく気持ちが昂りました。 人間花器には特に興味がなかったのですが、これも、実際に体験してわかった自分の新たな一面でした。

写真を改めて見ると、顔がわからなく加工してあるせいか、すごく客観的に見られます。

これも意外でした。 プレイの最中に、鏡で自分の感じている姿を見ていたら、写真を見て自分のあられもない姿を思い出して、もっと恥ずかしさがあったかもしれません。 身体をみれば、確かに自分の身体なのですが、なんとも言えない不思議な感じです。

時間が経って振り返ってみると、やっぱりああしてもらえば良かったな、とか、こういこともしてみたい、とか、新たな希望が出てきてしまって、何度も佐藤さんに会いたくなってしまう女性の気持ちがよく分かりました。

”最終的には複数の男性に囲まれることが、M女にとっては最高の事”という言葉を今、ジワジワと実感しています。

祐介のコメント

ミキさんはこれまで心に秘めた願望を一気に出すかのように、 陶酔の世界に入っていきました。

うつ伏せでの股間晒しが希望でしたので、最初服の上から上半身を縛られ、そのまま股間を晒すポーズに入りました。 この姿勢にされるのが気持ちよさそうでした。ミキさんの後ろ向きの姿勢で、後ろから祐介は 充分拝見させていただきました。

おっぱいもふくよかで縛り甲斐がありました。

戻る

スタートへ