[スタート] [主催者] [M女性たちの部屋] [考察] [モデル申し込み]

M女性たちの部屋、眞夜

スライドショー

もう4年ほど、縛られたことがありませんが、もし私でよければ、モデルとして使っていただけるでし ょうか?

私は、縛られて身動きのとれない状態になっている自分にすごく興奮します。 一番最初に縛られたのは、もう15年くらい前になります。手を縛られて、身長より少し高い位置でつ るされて、皮のベルトでスパンキングされてからというものMに目覚めてしまいました。

いままで体験した縛り方では、ベットに両手、両足を縛り付けられて、失神するまでバギナとアナルを 責めてもらったとが一番強く印象に残っています。

撮影の前日、あまりにも興奮しすぎてすごく体が火照っていました。でも、必死に自分をおさえて眠ることにしたんですが、 当日の朝、とうとうがまんできなくて、朝オナニーしてから撮影のホテルに行きました。 撮影前に、少しおしゃべりしましたが、とても共感できるお話を伺えて、安心してお願いで きると思いました。

ホテルの部屋で、さっそく麻縄で縛られはじめると、体がしめつけられる快感と腕のしびれで、体の 中心から熱くなってくる感じが自分でもわかりました。 1時間くらいたった頃でしょうか、もう私は自分でもおさえきれない痛みと快感で、すごくいやらしい 声を出してしまいました。それに、両方の乳首をいっぺんに責められたときは、特に感じてしまって、 なにも挿入されていないのにいってしまいました。

もう多分こんな撮影はできないと思いますが、44歳の体を残すことができて私もうれしいです。 写真を見ていると、実際に感じたあの快感がよみがえってきて、見ているだけで、じんわりと濡れてし まいます。

祐介のコメント

最初、眞夜さんにお会いしたときは私も緊張気味でしたが、彼女の笑顔にしだいに緊張が 解けていきました。

今回はつい、張り切っていろいろな縛りをしてしました。眞夜さんは自分でも述べられておられるように 手を頭の上に挙げて固定されるのが感じるようでしたし、オッパイも感じるようでした。 しかし、座椅子の股間責めはきつそうでした。

眞夜さんは自分の性癖を自覚しておられ、希望も はっきりしていたので、お付き合いしやすかったです。若い方もいいのですが、 40歳代の方でこういう感じならばとてもよいと思いました。

戻る

スタートへ