アーチェリーの起源!

旧石器時代の壁画に弓と矢が描かれており、 狩猟のためや、祭事などに使われたものが、弓の起源とされています。
その後、世界各地で、それぞれの目的に合わせて進化し、ボウガン、和弓、アーチェリーなどに分かれていきました。
特にアーチェリーは、オリンピックの正式種目として全世界で広く知られるようになりました。

National Archery Association
英語の説明

日本におけるアーチェリー

1939年(昭和14年)菅重義氏(当時の読売新聞ニューヨーク支局勤務)がアメリカから帰国し 日本の弓道界に紹介したのが最初です。弓道の小沼英治氏と共にアーチェリーの普及に努め
1947年(昭和22年)東京に「日本洋弓会」が結成され、 後の1956年(昭和31年)に「日本アーチエリー協会」となりました。


菅重義氏(左)小沼英治氏(ほぼ中央)

昔話の掲示板