Q&A  

* ゼンテイカ 
なあに
ゼンテイカはニッコウキスゲやエゾカンゾウ(エゾゼンテイカ)のこと。もう少し広い意味で、ゼンテイカ群としてとらえられるときもあり、その場合には、ムサシノキスゲ、トビシマカンゾウ、ヒメカンゾウもゼンテイカです。

* ニッコウキスゲとムサシノキスゲ 
どこガ違うの
ムサシノキスゲの自生地は、東京府中市の浅間山公園(センゲンヤマコウエン)のみです。たぶん日本で一番早く咲くゼンテイカです。ニッコウキスゲとは咲き方がノカンゾウのように比較的上向きの咲き方をする(受け口と表現された方があります)、芳香があるなどの違いがあります。また一日花ではなく、開花が翌日まで続きます。

* キスゲとカンゾウ 
の違いは
キスゲはワスレグサやヘメロカリス同様、属名として使用されています。その意味では、カンゾウもキスゲです。中国では、このキスゲ属のことを萱草と呼んでいます。キスゲはユウスゲのことでニッコウキスゲはキスゲではなくカンゾウだという方もあり、混乱しますね、なお、キスゲ群、ゼンテイカ群、ノカンゾウ群という分類法もあります。

* 万葉集などでうたわれているワスレグサ
 どんな花
一般にはヤブカンゾウだと言われています。

* ヒメカンゾウやトビシマカンゾウ、エゾカンゾウ は、カンゾウでは
カンゾウと名はついていますがゼンテイカ群に入ります。エゾカンゾウは、ニッコウキスゲの北海道版です。ヒメカンゾウやトビシマカンゾウはその変種です。
ヒメカンゾウについては、ニッコウキスゲがその変種とする説もあります。

* ヒメカンゾウ 
の自生地は
不明です。東京では、小平市の東京都薬用植物園で5月の半ば頃に見ることができます。

* ヘメロカリス 
ニッコウキスゲとどんな関係が...
ヘメロカリスという用語は、主として欧米より入った園芸種を指す場合と、キスゲ属、ワスレグサ属などと同様に属名として使用される場合があります。その意味ではニッコウキスゲもヘメロカリス(属)です。園芸種のヘメロカリスはもともとは日本や中国から欧米にわたり、そこて交配されて生み出された品種です。日本からはトウカンゾウなどが長崎を通してヨーロッパに持ち出されました。
ヘメロカリス

* トウカンゾウ 
中国の花では
長崎県男女群島に自生しています。別名、ナンバンカンゾウともいい、長崎を通して海外に持ち出され、多くの交配種の母体となりました。現在でもグラバー邸の庭で見られるそうです。なお、キスゲ属の花ですが、ゼンテイカではありません。東京では、小平市の東京薬用植物園で6月半ば頃に見ることができます。

* ヨーロッパ 
など海外でも群落はあるの
ドイツのバイエルン州に群落が見れるところがあります。ただ完全な自生種ではなく、中欧からもたらされたとされています。アジアでは極東を中心、台湾、中国、ロシアなどで見られます。東アジアからも存在が報告されています。
南ドイツ、レーリングのキスゲの群落

* ムサシノワスレグサ
 どんな花
ユウスゲとノカンゾウの雑種とか、ベニカンゾウの一種とする説があり、少なくともニッコウキスゲ亜種のムサシノキスゲとは異るようです。また実際に存在しているかどうかも不明です。なお、保育社の原色日本植物図鑑・草木編Vでは、ユウスゲとノカンゾウの雑種の例として京都府胡麻郷村(南丹市)の例があげられています。


戻る    Top