厳選・ジャズ入門盤

レコード屋さんで買ってね。



Cool Struttin' (クール・ストラッティン)

Cool Struttin'
<アルバムの買い方>
このアルバムのリーダーは、ピアノの「ソニー・クラーク」です。 「ジャズ・ピアノ」コーナーで捜しましょう。
<登場する楽器>
1.alto saxophone (Jackie McLean) : アルト・サックス (ジャッキー・マクリーン)
2.trumpet (Art Farmer) : トランペット (アート・ファーマー)
3.piano (Sonny Clark) : ピアノ (ソニー・クラーク)
4.bass (Paul Chambers) : ウッド・ベース (ポール・チェンバース)
5.drums ('Philly' Joe Jones) : ドラムス (フィリー・ジョー・ジョーンズ)
<ソロの順番>
1.Cool Struttin' (クール・ストラッティン)
(テーマ(12小節×2)〜ピアノ〜トランペット〜サックス〜ピアノ〜ベース〜テーマ)
2.Blue Minor (ブルー・マイナー)
(テーマ(32小節)〜サックス〜トランペット〜ピアノ〜ベース〜テーマ)

他の曲は、皆さんで聞き分けて下さいね。


Somethin' Else (サムシン・エルス)

Somethin' Else
<アルバムの買い方>
このアルバムのリーダーは、サックスの「キャノンボール・アダレイ」です。 「ジャズ・サックス」コーナーで捜しましょう。
<登場する楽器>
1.alto saxophone (Cannonball Adderley) : アルト・サックス (キャノンボール・アダレイ)
2.trumpet (Miles Davis) : トランペット (マイルス・デイヴィス)
3.piano (Hank Jones) : ピアノ (ハンク・ジョーンズ)
4.bass (Sam Jones) : ウッド・ベース (サム・ジョーンズ)
5.drums (Art Blakey) : ドラムス (アート・ブレイキー)
<ソロの順番>
1.Autumn Leaves (枯葉)
(イントロ〜テーマ(32小節)〜サックス〜トランペット〜ピアノ〜テーマ〜エンディング)
3.Somethin’ Else (サムシン・エルス)
(テーマ(12小節×2)〜トランペット〜サックス〜トランペット・サックスの掛け合い〜ピアノ〜テーマ)

他の曲は、皆さんで聞き分けて下さいね。 このアルバムは、テーマとソロの区別が少し難しいかもしれませんね。


Meets the Rhythm Section(ミーツ・ザ・リズム・セクション)

meets the Rhythm Section
<アルバムの買い方>
このアルバムのリーダーは、サックスの「アート・ペッパー」です。 「ジャズ・サックス」コーナーで捜しましょう。
<登場する楽器>
1.alto saxophone (Art Pepper) : アルト・サックス (アート・ペッパー)
2.piano (Red Garland) : ピアノ (レッド・ガーランド)
3.bass (Paul Chambers) : ウッド・ベース (ポール・チェンバース)
4.drums ('Philly' Joe Jones) : ドラムス (フィリー・ジョー・ジョーンズ)
<ソロの順番>
1.You’d be So Nice to Come Home to (ユード・ビー・ソー・ナイス)
(テーマ(32小節)〜サックス〜ピアノ〜ベース〜サックスとドラムスの掛け合い(4バース)〜テーマ)
2.Red Pepper Blues (レッド・ペッパー・ブルース)
(テーマ(12小節)〜サックス〜ピアノ〜ベース〜ドラムス〜テーマ〜エンディング)

他の曲は、皆さんで聞き分けて下さいね。 同じアルト・サックスでも、人それぞれ違う音色に注意してみて下さい。



ここで紹介するアルバムは、@管楽器が参加している、Aテーマとソロの区別が付きやすい、B入手が容易(名盤)である事、を前提に選定しております。 尚、ジャケット写真の掲載は、アルバム紹介が目的とご理解下さい。

ご意見・感想など、お気軽にどうぞ。

戻る目次