世界のミニミニクル−ジング
 戻る
DARWIN Australia 
Frances Bay Sailling
Sunset Sail 1995.8.4
問合せ先
なし
ベテランスキッパ−のカエさん?

ダ−ウィンに住む従兄(左)と友人


コ−ス
フリ−
費 用
交渉次第
使用艇
40Feet Trimaran  
その他
オ−ストラリア人オ−ナ−が、そのうちにこの手の
     商売を考えているらしい
 シンガポ−ル経由でダ−ウィンに飛び、カカドゥ国立公園など
をまわり、数日後にウチの奥さんの従兄の手配でチャ−タ−ヨットで
サンセットセ−リングを行うことになった。

 キャプテン(オ−ナ−?)は、今後このような商売が受けるの
ではないかと密かにもくろんでいるヒゲモジャの男であり、今回の
使用艇は40フィ−トのトライマランだ。

 夕方、まだ日が十分に高いうちに港を出港し、簡単なスナックと
差入れのBEERをやりながら、フランシス湾をあちらこちらと走り回る。

 この湾は比較的に浅いらしく、海の色もバスクリンの様なブル−
グリ−ンで熱帯の雰囲気をかもし出していた。

 カエ(ウチの奥さん)の操船で十分にクル−ジングした後は、沈む
夕日を背に受けてのランニングセ−リングでホ−ムポ−トへ。

 明かりがともり始めた大桟橋には、テ−ブルが並べられて気の早い
オ−ジ−達がBEERをやり始めているのが見える。
 陸から見るとこのヨットは、夕日の中で結構カッコよく映っているんだ
ろうな--などと考えながら、まことに心優しいサンセットクル−ズであった。


                                  (芳明)