2000年8月22日(夜)
特別晩餐会 ガラディナ−
 特別晩餐会のガラディナ−は、夜の8:30より始まる。
それに先立ち、8:00からは船長も登場するカクテルパ−ティ−だ。
 これもいつものことだが、ぎりぎりまで身支度に時間がかかり、8時をを少し過ぎた頃に僕らは7階のグラン
ドピアッツァロビ−に到着した。
 ロビ−内では、すでに沢山の人たちがシャンパングラスを片手に会話がはずみ、あちらこちらでフ
ラッシュが光る! みんなとびっきりのお洒落をして集まってきている。

41歳の若い船長さんとともに
 和服あり、各国の民族衣装あり、蝶ネクタイでばっちり
きめた英国紳士や真赤なカクテルドレスの女性もいる。
 アメリカのグラミ−ショ−などのパ−ティ−をテレビで
見たことがあるけれど、そんな感じの風景であった。
 中には普段着の中国人もいたけれどね。
しばらくすると、中央の階段付近にスウェ−デン人キャ
プテン(船長)のHakan Svedung氏が登場した。
 そして船長の流暢な英語で、クル−の紹介が始まる。
船の安全な航行を心がける1等航海士、縁の下の力も
ち機関長、乗客の出入国などのすべての事務手続き
を行う事務長、そして、美味しい料理を作ってくれる料
理長などなど・・・

民族衣装の祭典だ〜
スタッフはみんなニコニコしていて、船長と冗談を言い
あったり、乗客と写真を撮ったりと和気あいあいに時間
が過ぎていった。最後に全体写真を撮影すると、
カクテルパ−ティ−は一応終了になり、乗客はそれぞれ
予約をしたレストランへと移動してく。
 僕らの予約したレストランはベラビスタ。
洋食のレストランである。 キャッシュレスのキャビンカ−ド
があることをいいことに、今晩はアメリカのナパバレ−産の
キリキリ冷えた白ワインでシ−フ−ドディナ−とシャレこむ。
あっ・・・・ちょっと横の中国人のおばさん、大きな口あけて
中国語しゃべりながらご飯を飛ばさないで下さい!!
      一部ではそんな光景もあった....。

ステ−ジでは各国の男性(お客)の
筋肉ムキムキゲ−ムが始まった
10時頃にはディナ−も終わり、お次は12階にある
ギャラクシ−・オブ・スタ−ズというクラブへと向かう。
 シンガポ−ルスリングを注文して、ステ−ジのジャズ
ボ−カルを聞いていると、金髪の女性がやって来た。
着物を着ていたうちの嫁さんをめざとく発見し、最近習っ
たばかりの日本語をご披露しに来たのである。
 日本語といっても挨拶と自己紹介くらいで、その後は
英語の会話となってしまい、今度はこちらが練習してい
るようである。
 そのうちに、彼女の旦那さんもどこからかやって来て
身内話から、この夫婦が住んでいるパ−ス(西オ−スト
ラリア)の話、そして仕事の話などなんだかんだ30分
ほど話し込んでしまった。
そのうちに、クラブにもにわかに人が増えてきた。
さっきまで半分くらいあった空席はいつのまにか埋め尽くされ、立っている人も出てくるほどだ。
結構人気があるんだな--夜中なのにっと思っていると、ステ−ジにはなにやらドレスのお姉さんと、きめこ
んだ男性がさっそうと登場してきた。  それはなんと イッツ・ア・ショ−タイム!!の始まりであったのだ!
お姉さんが登場するやいなや、”ストリップ見たい-”なんて言うものだから、なんだなんだこれは。すごい
ことになるぞ!夜中だしな、お子チャマ達はもう寝ちまっているしな。しめしめ・・・
・・っと期待してシンガポ−ルスリングをちゅうちゅうやっていると、なにやらお姉さんの魅力で手招きされた
男性客がステ−ジに上ってきた。
 それもぞろぞろ10人。 ますます興奮するネ−これ。 どうなるんだろうね−−これから。
ディスコ音楽が大音響で流れ、ミラ−ボ−ルがクルクル回転しだすと、始まったのはなんと男性のストリップ
!?大会であった。 さっき男性客がステ−ジでお姉さんに耳打ちされていたのは、愛の言葉ではなくこ
のことだったのだ。 グアハハ−−場内はもう大爆笑状態。くねくね各国代表の紳士達は技をぶつけ合った
のである。 先ほどのオ−ストラリア夫婦の旦那さんの方。知らないうちにステ−ジで黒いパンツ一丁になり、
バシバシと技を決めておりました。
 こうなってはもう寝てはいられない。 東南アジアの不夜城船はシンガポ−ルへ向けて和やかに航海
するのであった。