〜〜出羽三山詣り2020のご案内〜〜

 

当協会員 山形県在住 上野 昌代  

 

出羽三山は、羽黒山・月山・湯殿山からなる現在・過去・未来をあらわした三山です。生まれ変わりの場所としても注目を集め、古来、西の伊勢参り・東の奥(出羽三山)詣りと言われ「死ぬまでに一度は行きたい場所」とされておりました。また、羽黒修験は古くから受け継がれている修験道としても、世界に誇る場所とされています。

 

出羽三山では四季を通して峰入りがあり、出羽三山を登拝するのは夏峰に当たります。特に三関三度の教えにて現世である羽黒山の正観世音菩薩である羽黒権現から月山に登拝し月山大権現に極楽往生を願い過去の清算をし、未来に向かい湯殿山に即身成仏を願います。大自然に身をおくことにより、自分自身と向き合い、生きながらにして生まれ変わる修行です。

 

今年の出羽三山詣でのハイライト。

@出羽三山神社参籠所・斎館滞在と、本殿での鎮魂行とヨーガ。

A湯殿山への登拝は、先達山伏のもと、正式に入山、拝所をめぐります。

滝行による禊を行い(任意)本宮を参拝いたします。(バスでの参拝コースも設定)

B月山遥拝のスポットでの朝陽。

C住職や神職方々の楽しくためになる講話。

Dユネスコ無形文化遺産に登録された精進料理。

 

神事や修験道など、一般ではできないことを体験いただきます。歴史や文化に触れ、とても有意義な時間を過ごす滞在となることと思います。

今回の行程は、初めての方でも参加しやすいように配慮された内容になります。今年も、ご縁のある方、気にとまった方など、是非ご一緒できればと思います。年に一度の夏のお詣りとして、一度訪れた方は御礼詣りとして、新しい講のかたちとして、ぜひご参加ください。

 

【日時】

8月 8日(土)  (集合時間1330

   〜

810日(月・祝)(解散時間1400

行程

※目安ですので、状況により変更させていただきますことをご了承ください。

 

8/8土)

1330 集合 羽黒山正善院黄金堂前

1400 黄金堂参拝と講話

1500 羽黒山登拝 〜 随神門 〜 五重塔 〜 (自由行動)

  ※羽黒山を登る方は1時間ほどかかります。

体力に合わせてコーディネートします。

1700 出羽三山神社参籠所 斎館チェックイン

1730 夕食(精進料理)※オリエンテーション翌日以降の説明

2000 本殿にて鎮魂行とヨーガ

2100 就寝 斎館泊

 

8/9日)

500 月山遥拝

700 日供際

800 朝食

1000 チェックアウト(湯殿山へは、車で移動します。)

お薬湯小屋へ 〜 講話〜

1130 玉川寺

1500 湯殿山参籠所 チェックイン

1700 ヨーガ

1830 夕食

1930 講話

dewa10.jpg2100 就寝

 

8/10(月・祝

700 朝食

800 御沢がけ

1100 御宝前(本宮参拝)

1200 直会(昼食)

1400 解散

 

【定 員】 15

(先着順にて定員になり次第締め切らせていただきます。)

【参加費】 58,000

宿泊・施設利用料・参拝料・通行料・食事代(6食)・宝冠・注連・お守・金剛杖レンタル・靴下・先達料・行程内の交通費・保険料・税金等

 

参加費に含まれないもの

個人の祈祷やお供え、装束のレンタル、金剛杖購入、ふんどし(男性)、白の下着類、水行衣・集合までと解散以降の交通滞在費など

 

【持ち物】

着替え・雨具・洗面用具・履きなれた靴または地下足袋・予備の靴・リュック・タオル数枚・水(水筒可)・白の下着類・

各自必要に応じて帽子、サングラスなど・滞在時のリラックスウエア(作務衣など)

参加者へは、別途詳しいご案内をご連絡させていただきます。

 

【アクセス】◆ 飛行機や新幹線のご予約について

集合場所は、羽黒山正善院黄金堂(山形県鶴岡市)です。羽黒山正善院黄金堂へは、鶴岡駅や、庄内空港からタクシーやバスなどで移動が可能で、3050分ほどの移動時間をみていただいております。

12時過ぎころに到着する飛行機や新幹線をおすすめしております。交通アクセスなど、土地勘がないとわかりづらいと思いますので、送迎等ご相談お受けいたします。

最終日は、庄内空港最終便にも余裕をもって設定させていただいております。今回は大切な場所を特別に使わせていただくことになっております。時間に余裕をもってお越しください。

 

【窓口担当】

上野昌代  TEL:090−6565−0662