出発前 | 1日目 | 2日目 | 3日目 | 4日目 | 5日目 | 6日目 | 7日目 | 8日目 |

チェンライのホテルの部屋に置いてあった観光案内の冊子の中に「パゴダの海」というタイトルの
バガンの写真がありました。この写真をみた瞬間から
『いつか行ってみたい』と思っていました。

旅のプラン
旅の時期
ミャンマーは10月から3月までが乾期でホテルや国内線料金がハイシーズン扱いになり、バガンのホテルは2倍近い値段になるようです。そこで、ローシーズンぎりぎりの9月下旬に行く予定を立てました。(笑)
航空券
目的地バガンに行くにはまず首都ヤンゴンまで行き、それから国内線に乗り継ぐのが一般的です。
当初マイレージの特典航空券でバンコクまで行き、バンコク-ヤンゴン間は毎日就航しているバンコクエアウェイズで行こうと思いましたが、目的地バガンまでミャンマー国内線をさらに別途購入しなければなりません。
そこで毎日就航ではありませんが、ヤンゴンまで無料でいけるマレーシア航空のチケットをマイレージの特典航空券でもらって行くことにしました。
ホテル
マレーシア航空で行くなると往路は乗継ぎの関係でクアラルンプールに一泊が必要になります。そこでHilton HHonorsのポイントを使って話題のヒルトンクアラルンプールを10,000ポイントで無料予約。最初のヤンゴンのホテルと国内線はヤンゴンナウというサイトで予約をお願いしました。
その他
ミャンマー入国にはVISAが必要。ということで私は暑い中、蝉の泣き声が聞こえるミャンマー大使館へ行き、観光ビザを取得しました。(3,000円)※VISAの申請用紙はミャンマー大使館のサイトでダウンロードできます。
ミャンマー国内線とヤンゴン2泊分の支払い合計USD250は到着時現金払いなので、トラベレックスにて、JCBカードでUSD600を外貨購入して持っていきました。
※ミャンマーに持っていく現金はUSDが使いやすいです。

旅の行程表
1日目
成田-クアラルンプール
NRT-KUL
MH71
13:30-19:40
クアラルンプール泊
2日目
クアラルンプール-ヤンゴン
KUL-RGN
MH740
10:05-11:15
ヤンゴン泊
3日目
同上
4日目
ヤンゴン-バガン
RGN-NYU
HK917
06:30-07:50
バガン泊
5日目
同上
6日目
同上
7日目
バガン-ヤンゴン
NYU-RGN
6T502
16:45-17:55
ヤンゴン泊
8日目
ヤンゴン-クアラルンプール
RGN-KUL
MH741
12:15-16:25
クアラルンプール-成田
KUL-NRT
MH80
20:55-07:00

旅の予算・手配
航空券
成田-ヤンゴン往復
マレーシア航空(ノースウエスト航空ワールドパークス特典航空券)
30,000マイル
+諸税\3,290
国内線
ヤンゴン-バガン往復
USD160
ホテル
クアラルンプール1泊 Hilton Kuala Lumpur
10,000 point
ヤンゴン2泊 Grand Plaza Parkroyal
USD45×2
バガン3泊 Thiripyitsaya Sakura
USD44×3
ヤンゴン1泊  Dusit Inya Lake Resort
USD41
小遣い
JCBカードで外貨購入
USD350

出発前 | 1日目 | 2日目 | 3日目 | 4日目 | 5日目 | 6日目 | 7日目 | 8日目 |

旅行記のインデックスへ