慢性の痛みに関する研究を継続的に実施するための基盤を形成すること、効率的かつ効果的な行政施策を実施するために
必要な情報を収集すること、病態解明や客観的な評価方法の確立や画期的な診断・治療法の開発等を推進する。

2011年度予算
  2012年度予算案 
 ◆慢性の痛み対策研究事業  : 1億3000万円  ◆慢性の痛み対策研究事業  : 1億1000万円
 ◆からだの痛み相談・支援事業
  :   1000万円

  厚生労働省研究班 
 
 北海道大学大学院薬学研究科

 南雅文教授グループ

 
 情緒的側面に着目した慢性疼痛の病態解明と診断・評価法の開発

 
 
福島県立医科大学整形外科

  紺野愼一教授グループ

  慢性疼痛の多目的評価システムの開発と客観的評価法の確立に対する研究
 大阪大学先端科学
  イノベーションセンター

 齋藤洋一特任教授グループ


 難治性神経因性疼痛に対する大脳一次運動野刺激の
多施設共同研究:
 継続的反復的経頭磁気刺激による効果判定とメカニズム解析

 

  
 大阪大学医学系研究科
  疼痛医学寄附講座

 柴田政彦教授グループ

  痛みに関する教育と情報提供システムの構築に関する研究


 
愛知医科大学
   学際的痛みセンター

  牛田享宏教授グループ

 難治性疼痛の実態の解明と対応策の開発に関する研究

 
 
慶應義塾大学医学部整形外科

 戸山芳昭教授グループ

  筋・骨格系慢性疼痛の疫学及び病態に関する包括的研究


 
信州大学医学部内科学
  第三講座

 池田修一教授グループ

 難治性神経因性疼痛の基礎疾患の解明と診断・治療精度を向上
 させるための研究