基本デザインコンセプト            

 

主観、客観、年齢、性別、人種、宗教、文化の違いを超えて感じあうもの。  

世界の誰もが共通して心のどこかに平和で自由で幸せな生活を望んでいる  

という基本コンセプトを考えてデザインを試みています。            
デザインを考える上でプロセスの違いによりデザイン(形)が変わりその  

プロセスが重要だとも思って言います。           

どんなデザインにも意味があるはずで何かいいとだれもが思えるような、   

PEACE, HAPPYNESS, FREEDOM をコンセプトととし感じれるもの。     
人は頭で物事を考え、心に感情を持ち、それらを表現する人もいれば心の  

中にしまっていて表現しない場合もある。 思いを行動に移し人と人が

コミュニケーションを始め目的が同じことにより、違う形での意見がひとつの

方向へと向かいお互いの意見を尊重し、心が通いあい、認めあい未来に向かっ

てひとつのものとなり得る。           

また、いろいろな角度から物事を考えたり、相手の意見を聞き、時として   

理解できないとき、されない時、勘違いされる時がある。          

そのようなことを見えない部分にもデザインすることも試みています。

 

 

トップページ