メインページはこちら
BMW K1200S VS GASGAS 450FSEモタード VS GASGAS 450FSE ED 動画
05 11 05 クルスタルライン 
05 11 23クリスタルライン
2006 5 6 フルーツラインにて 
雑誌にK1200Sに乗ると何時もより早くコーナを抜けられるなんて書いてある記事もあったり、国産レプリカより峠では速い等と書いてあったりもするが、そんなことはない。バイクの差はそれほどないことはこのムービーがそれを証明している。したがってK1200S特にコーナが速いわけでもなく普通パフォーマンスを持つバイクだ。良い点はポジションとウインドプロテクションと先進メカと思う。この道を走るのは5回目だがギャを高回転で回した走りと1速程度高いギヤで走行した時の差は0.15%しかないのは驚きだ時間にして68秒の0.1秒の差もない。したがって高回転キープの場合スロットル開度が低く 中回転キープの場合スロットル開度が大きい。どちらも結果的に出力は同等。よってタイム差がない。 さらに言えば高回転でスロットル開度全開ではタイヤのμがパワーについて来れないっということだ。、参考にトーノが僅かに速いのは路面温度によるものと立ち上がり加速の差かもしれないがそれでもその差は0.3秒程度だ。 ということで私の場合公道に於いては十分マージンを取りさらにスロットル開度と出力のリンク比がブロードな方がコントロールし易いことから ハイパワーマシンに限り高めのギヤで走ることが多い。
051204OFF
K200S ノーマル (YOSSI号) K1200S LASER マフラー(フルパワーバッフル仕様) K1200R ノーマル パワー測定
060326オフミ&ツーリング
K1200S 2006年3/21ファーストオフ
060422悶最ツーリング
K1200S 購入動機 メンテ関連
060503 11PASS
0600504 12PASS
060506SSCツーリング
最新の状態には更新ボタンで更新してください。
K1200Sメンテ2 
気合不足なライディング ひざが擦れる前にブーツが擦れ ステップが擦れる、切返しが遅くなるので基本的に無理にひざは擦らない。というか股が裂けるのだ・・・・・ ひざすりの美学は美学なのだろうか?測定してみるとバンク角は43度から47度に分布していた。ベクトルで計算すると減速0.5Gで40度のバンクで入り、ニュートラル50度のバンク そして40度のバンクで0.65Gの加速が計算上一番速くコーナを抜けることが可能だ。この場合脱出パワーは時速100キロからの加速ではでK1200Sのフルパワーが必要。 とても計算通りには行かないのが現実。
タイヤ温度 クラッチ圧とストロークの関係 
 カーボンヘルメット2種 重量と KTELのフィッテイング ハイビームHID化
0605063編隊ツーリング
060708SSC+TIBA 志賀方面 激走ツーリング
060806ー07ワインディングで繋ぐ日本海ツーリング。
060923-24  奥只見 檜枝岐 塩原 日光 金精峠 尾瀬 水上 強行ツーリング
060930 1001K1200S SSC 1泊日本海 ツーリング 
061014-15k1200s絶景ツーリング
タイヤ交換 等
2006年 10月15日 秋 野沢公園線にて 公道では速さよりも綺麗に楽しく走りたい。
061021紅葉ツーリング
061029奥只見 樹海ラインリベンジツーリング
061105 SSC+KASU/TIBA_SEC 絶景で少しハードなツーリング
K1200Sメンテ3
061216千葉襲撃オフ
070121房総ツー
070317ー18伊豆一泊ツーリング
伊豆スカイラインにて 070318
070328
200704 伊豆スカイラインにて
070331桃源郷
070421三春ツーリング
070430志賀ツーリング
070513 11pass +a
アンテナ関連メンテ
070805siga 一泊ツー
071004ー5志賀 蓼科 一泊ツー
071125伊豆500”
080420韮崎桜!!
K1200Sマイプロモーション
080926-27 志賀一泊ツー
080601撮影ツー
081012-13中央構造線横断一泊ツーリング
081115 奈良田野麦峠ツーリング