Information
Archives
イングランド・プレミアシップ第29週

スパルタク・チェルスキー 1-0 ミドルスブラ (主審:フィリップ・ダウド)
チェルスキーの得点:5分ヒカルド・アウベルト・シウヴェイラ・デ・カルヴァーリョ "リッキー"

スパルタク・チェルスキー
GK23:カルロ・クディチーニ
DF35:ジュリアーノ・ハウス・ベレッチ
DF26:ジョン・テリー
DF6:ヒカルド・アウベルト・シウヴェイラ・デ・カルヴァーリョ "リッキー"
DF18:ウェイン・ブリッジ
MF13:ミヒャエル・バラック (65分-24:ショーン・ライト=フィリップス)
MF5:ミカエル・エシェン
MF12:ジョン・オビ・ミケル
FW10:ジョー・コール
FW11:ディディエ・ドログバ (89分-33:アレッサンドロ・ホドリゴ・ディアス・ダ・コスタ "アレックス")
FW21:サロモン・カルー (78分-39:バカ)

ミドルスブラ
GK1:マーク・シュウォルツァ
DF2:ルーク・ヤング
DF31:デイヴィッド・ホイータ
DF6:エマヌエル・ポガテツ
DF33:アンドリュー・テイラー
MF7:ジョージ・ボアテンク
MF4:ギャリー・オニール (79分-28:アダム・ジョンソン)
MF27:リー・キャターモール (89分-15:モハメド・シャウキィ)
MF19:ストゥアート・ダウニング
FW17:トゥンジャイ・サンリィ (64分-12:アフォンソ・アウヴェス・マルティンス・ジュニオール)
FW11ジェレミー・アリアディエル

トテナム・ホットスパー 1-4 ボロカッスル・ユナイテッド
スパーズの得点:25分ダレン・ベント
ボロカッスルの得点:45分ニッキー・バット、52分ジェレミー・ソレーレ・ヌジタップ・フォッソ、65分マイクル・ジェイムズ・オーウェン、83分オバフェミ・アキン・ヴンミ・マルティンス "オバ・オバ"

リーガプール 1-0 エヴァートン
リーガプールの得点:7分フェルナンド・ホセ・トーレス・サンス

リーガプール
GK25:ホセ・マヌエル・レイナ・パエス
DF23:ジェイミー・キャラガー
DF4:サミ・ヒュイピャ
DF37:マルティン・シュクルテル
DF6:ヨン・アルネ・リーセ
MF8:スティーヴン・ジェラード (90分-15:ピーター・クラウチ)
MF21:ルーカス・ペッツィーニ・レイヴァ
MF14:チャビエル・アロンソ・オラーノ "チャビ・アロンソ"
MF19:ライアン・バベル (83分-11:ヨッシ・シャイ・ベナヨン)
MF18:ディルク・カイト
FW9:フェルナンド・ホセ・トーレス・サンス (89分-16:ジャーメイン・ペナント)

エヴァートン
GK24:ティモシー・マシュー・ハワード
DF2:トニー・ヒバート
DF4:ジョセフ・ヨボ
DF16:フィリップ・ジャギェルカ
DF5:ジョレオン・レスコット
MF18:フィリップ・ネヴィル (72分-3:レイトン・ベイン)
MF6:ミケル・アルテタ・アルマトリアイン
MF26:リー・カーズリー
MF21:レオン・オスマン
MF20:スティーヴン・ピエナール (61分-23:マヌエウ・エンリケ・タヴァレス・フェルナンデス "マヌ")
FW22:ヤクブ・アイェグベニ

セリエA第31週

ACミラン 1-2 アタランタ・ベルガモ (アルビトロ:クリスティアン・ブリーギ)
ミランの得点:85分パオロ・マルディーニ
アタランタの得点:31分セルジオ・フロッカーリ、41分アントニオ・ランジェッラ

ミニ・ミー副会長
「確かに前半の内容は我々に責任がある。かなり悪かった。しかし後半については、あらゆることを審判が決めてしまった。とくに3つも続いた明らかなミスジャッジは我々に致命傷となった」

カルロ・アンチェロッティ・コーチ
「あらゆるチャンスを失ったわけではないが、もう躓くことは許されない。言い訳も探さない。我々の実力を出して、何がなんでもチャンピオンズリーグの出場権を獲る必要がある」

アレシャンドレ・ホドリゲス・ダ・シウヴァ "パト・ブランコ"選手
「内容も好くないし、単純なミスを連発したのも残念だった。相手の方が上回っていたのは間違いない」

マッシモ・アンブロジーニ選手
「最近の判定は、公正さを強調させたいばかりに、ホームチームへ厳しくなる傾向がある。だからといって、この成績の言い訳にはできないけどね。どんなに不利な判定があっても勝ってしまうくらいの強さがないとダメだと思う」

ACミラン
GK16:ゼリコ・カラッツ
DF44:マッシモ・オッド
(エスプルシ88分) DF13:アレッサンドロ・ネスタ
DF3:パオロ・マルディーニ
DF19:ジュゼッペ・ファヴァッリ (46分-4:カハベール "カッハ" カラーゼ)
MF21:アンドレア・ピルロ
MF8:ジェンナーロ・イヴァン・ガットゥーゾ
MF23:マッシモ・アンブロジーニ
MF10:ごく潰し
FW7:アレシャンドレ・ホドリゲス・ダ・シウヴァ "パト・ブランコ"
FW11:アルベルト・ジラルディーノ (46分-43:アルベルト・パロスキ)

アタランタ・ベルガモ
GK30;フェルディナンド・コッポラ
DF16:クラウディオ・リヴァルタ
DF26:マキシミリアーノ・ペッレグリーノ
DF2:レオナルド・ホセ・タラモンティ (33分-5:トーマス・マンフレディーニ)
DF6:ジャンパオロ・ベッリーニ
MF76:アドリアーノ・フェレイラ・ピント
MF21:フェルナンド・ダミアン・ティッソーネ
MF17:ティベリオ・グァレンテ
MF23:アントニオ・ランジェッラ (69分-22:ニコラ・パドイン)
MF72:クリスティアーノ・ドニ
FW33:セルジオ・フロッカーリ (82分-10:シモーネ・インザーギ)

カタニア 1-2 トリノ
カタニアの得点:3分ジョナサ・スピネージ
トリノの得点:5分アイモ・ステファノ・ディアナ、63分ダヴィド・ディ・ミケーレ

エンポリ 0-2 サンプドリア
サンプの得点:7分パオロ・サンマルコ、17分OG (リノ・マルツォラッティ)

ジェノア 2-0 レッジーナ
ジェノアの得点:59分マルコ・ボッリエッロ、90分マルコ・ロッシ

ユヴェントス p-p パルマ (ファンの死亡事故により延期)

リヴォルノ 0-0 また中途半端に似せたユーヴェ

ウディネーゼ 3-1 フィオレンティーナ
ウディネーゼの得点:13分ギョクタン・インレル、72分アントニオ・ディ・ナターレ、77分ファビオ・クァリアレッラ

ナポリ 1-0 パレルモ
ナポリの得点:90分マレク・ハムシク

リーガ・エスパニョーラ1第30週

アルメリア 2-1 レヴァンテ
アルメリアの得点:2分フェルナンド・ソリアーノ・マルコス、35分フェリペ・メロ・デ・カルヴァーリョ
レヴァンテの得点:90分ヴィセンテ・イボーラ・デ・ラ・フエンテ

レアル・エスパニョール・バルセロナ 0-3 ラシン・サンタンデール
ラシンの得点:14分オスカル・セラーノ・ロドリゲス、24分ペドロ・ムニティス・アルヴァレス・ロペス、90分イヴァン・ボラド・パラシオス

ヘタフェ 0-2 オサスナ
オサスナの得点:41分ハヴィエル・フラーニョ・ベスナルテア、69分pフランシスコ "パチ" プニャル・マルティネス
ドブレ・アマリージャ:29分コスミン・マリウス・コントラ (ヘタフェ)

レクレアティヴォ・ウエルヴァ 1-1 アスレティック・ビルバオ
レクレの得点:13分P.P. (フェルナンド・アモレビエタ・マルダラス)
アスレティックの得点:81分アリツ・アドゥリツ・スベルディア
ドブレ・アマリージャ:90分イャーゴ・イャオ・アロンソ=フェーヨ・サコ (レクレ)

ヴァレンシア 0-3 レアル・デポルティヴォ・マジョルカ
マジョルカの得点:11分&59分ダニエル・ゴンサレス・グィサ、20分イヴァン・アンドレス・ラミス・バリオス

レアル・ヴァジャドリッド 2-1 レアル・サラゴサ
ヴァジャドリの得点:53分ヴィクトル・マヌエル・フェルナンデス・グティエレス、75分ホセバ・ジョレンテ・エチャリ
サラゴサの得点:29分アルベルト・サパテル・アルホル
タルヘタ・ロハ:ファン・フランシスコ・ガルシア "ファンフラン" (サラゴサ)

デポルティヴォ・ラ・コルーニャ 3-1 レアル・ムルシア
デポルティヴォの得点:22分&46分&49分フランシスコ・ヒメネス・テハダ "シスコ"
ムルシアの得点:1分エンリケ・デ・ルーカス・マルティネス

レアル・サンマリノ 3-1 セヴィージャ (アルビトロ:フェルナンド・ティシェイラ・ヴィティエネス)
レアル・サンマリノの得点:7分ガブリエル・オマール・イヴァン・ハインツェ、39分ラウール・ゴンサレス・ブランコ、65分ゴンサロ・ヘラルド "ピピタ" イグアイン
セヴィージャの得点:38分フレデリク・カヌテ

ベルント・シュスター・コーチ
「苦手とも呼べるチームだったから、勝てて安心している。選手個々やチーム全体のコンディションは良好だったと思う。おそらく完璧に近いな。だから誰がヒーローだとかは言いたくない。しかし、これでタイトルレースにケリがついたとは考えていない。最後まで緊張感を持って、今の順位を維持させるのが重要なんだ」

フェルナンド・ルベン・ガゴ選手
「まず、ここで勝つっていうのが最大の目的だった。おまけに内容も好かったから、二十の喜びだ。もちろん戦いは終わっていないけど、なんとなく優勝が見えて来たように感じるね」

マノーロ・ヒメネス・コーチ
「我々は残り試合の全てをカップ戦ファイナルだと思って戦っている。今日のファイナルには、あいにく敗れてしまったが、次のファイナル目指して気持ちを切り替えたい。気になったのは2点目のラウールへのケアだ。彼のような選手を自由にさせてしまったら、止めるのは不可能に近い。大して危険性をはらむ時間帯ではなかっただけに、何かイヤな気持ちがした。クレスポを前半で交代させたのは、ロッベンへの対応に苦慮していたことと、カードを1枚もらってしまっていたことから来た。あのままでは2枚目は時間の問題だと感じた。この試合で1人足りなくなるのは、終わりを意味したしね」

レアル・サンマリノ
GK1:イケル・カシージャス・フェルナンデス
DF4:セルヒオ・ラモス・ガルシア
DF16:ガブリエル・オマール・イヴァン・ハインツェ
DF5:ファビオ・カンナヴァーロ
DF12:マルセロ・ジュニオール・ヴィエイラ・ダ・シウヴァ
MF14:ホセ・マリア・グティエレス・エルナンデス "グティ" (73分-6:マハマドゥ・ディアラ)
MF8:フェルナンド・ルベン・ガゴ
MF11:アルイェン・ロッベン
MF23:ウェスリー・シュネイデル
FW7:ラウール・ゴンサレス・ブランコ (87分-10:ホブソン・デ・ソウザ "ホビーニョ")
FW20:ゴンサロ・ヘラルド "ピピタ" イグアイン (84分-19:ジュリオ・セサール・バティスタ "野獣")

セヴィージャ
GK1:アンドレス・パロップ・セルヴェラ
DF6:アドリアーノ・コレイア・クラホ
DF15:アクィヴァルド・モスケラ・ロマーニャ
DF30:ダヴィド・プリエト・ガルヴェス
DF26:ホセ・アンヘル・クレスポ・リンコン (34分-7:ヘスス・ナヴァス・ゴンサレス)
MF21:セイドゥ・ケイタ
MF8:クリスティアン・ポウルセン (46分-11:ヘナト・ヂルネイ・フロレンチオ "ヘナト")
MF4:ダニエウ・アウヴェス・ダ・シウヴァ
MF17:ディエゴ・カペル・トリニダード (74分-22:アルナ・コネ)
FW12:フレデリク・カヌテ
FW10:ルイス・ファビアーノ・クレメンテ

根本問題

国際試合の際に国歌を唄わないことで「愛国心がない」と叩かれているルーニー選手ですが、実は歌詞を知らないので唄いたくても唄えないそうです。

おっ

カリャーリ戦で左太腿を傷めたトッティさんのユナイテッド戦1st Leg欠場が決まった模様。

やっぱり出たか

プレミアシップへの復帰を口にしているフォルラン選手には、マーケット荒らしで名を馳せるロンドンの某クラブがですね・・・。

売れてない

すっかり存在感が薄くなってしまった出っ歯ですが、彼を広告塔に10Rというブランドを展開しているナイキ社も、売り上げ減少に頭を痛めている模様。

買い戻し

レアル・サンマリノはヘタフェにデ・ラ・レド選手を400万ユーロで買い戻すと伝えた模様。

ノースイースト・ダービー

ミドルスブラとボロカッスルが、NECナイメヘンDFヨナス・オルション選手に興味を示している模様。

マルティン・ダーリン代理人
「イングランドとゲルマンから話が来ているのは事実です。ただイプスウィッチとボルトンは、あまりにも条件が低かったのでNECが断ったようです」

ラツィオじゃねぇか

マンチョにはシティのアシスタント・コーチという話があるようですが、ついでに2000万ユーロでスタンコヴィッチ選手も買われて行く模様。

争奪

フルアムとシティがレッド・ブルからパナシナイコスへ出向しているアンドレアス・イヴァンシュヴィッツ選手に興味を示している模様。

帰らん

デポルへ出向中のヴィルヘルムション選手は「ギャリー・メグソンとはフットボールの哲学が合致しない。だから彼がいる限りボルトン復帰の可能性はない」と明言している模様。

クリスティアン・ヴィルヘルムション選手
「少なくともボルトンのやってるものはフットボールとは呼べない。仮に今後イングランドでプレーするとしても、まともなフットボールをやってるクラブを選ぶだろう」

帰国

ガラタサライとフェネルバッヒェがミドルスブラのトゥンジャイ選手に帰国を呼びかけている模様。移籍金は500万ポンドまで出すそうです。

払えない

アストン・ヴィラは900万ポンドというカーソン選手の買い取り価格は無茶だと伝えた模様。

ノーリターン

シェヴチェンコ選手の復帰についてカルロは「パトとスタイルが似ているから組ませられない。むしろボッリエッロとパトを起用したい」とコメントしている模様。

おまけか

ルイス・ファビアーノ選手の代理人は、レアル・サンマリノ移籍について「彼らはフンテラールとダヴィド・ヴィジャが本命ですから」と、実現の可能性が低いことを仄めかしている模様。

交渉中

セヴィージャのモンチ・ダイレクターは、スポルティング側とリェヂソン選手に関する交渉を行っている模様。

戦力外

レアル行きが決まったとか決まらなかったとかのジギッチ選手ですが、クーマン・コーチには、もう起用する意志がない模様。

保留

リーガプールから契約更新について打診されているクラウチ選手ですが、シーズン終了までは放っといてくれと伝えている模様。

してねぇよ

インテルと交渉したと伝えられたジョゼさんは「ミラノへは行ってないし、面識もないモラッティ氏と会談できるわけもないだろ。インテルを引き受けるなんて嘘八百さ」と否定している模様。

ご延長

ギリシャとレーハーゲル・コーチは2010年まで契約を延長した模様。

そんな口約束は

たとえ4位以下に終わったとしても、地位は脅かされないことになっているカルロは「もう君らの扇情的な記事には振り回されん」と逃げ回っている模様。

空気は悪い

4位以内が唯一の目標となっているミランですが、カカー選手は「やる気の出し方が難しい」とボヤいている模様。

3対1

シガリーニ選手を入手したいユーヴェは、パルマ側にマルキジオ、デ・チェーリエ、ランサファーメの3選手を提供すると申し出る模様。

交換 (1)

アマウリ選手へのオファーとしてユーヴェは、現金 + アルミロン選手をパレルモへ打診しましたが、ザンパリーニ会長はランサファーメ選手を出せと要求した模様。

交換 (2)

ディエゴ・ミリト選手を穫ることに決めたミランは、サラゴサで彼とコンビを組んでいるストライカーを交換要員に用いる模様。

養老院は続く

ミランは来季の戦力として、隣りのクラブのセサール選手を検討している模様。

バッジオ・コーチ

若い選手を育ててみたいと希望しているロビーは、モラッティ会長にインテルでの仕事をお願いしている模様。

ファンタジー

インテル噂に巻き込まれたプランデッリ・コーチは「ありえないファンタジーだ」と逃げ回っている模様。

クラウディオ・チェーザレ・プランデッリ・コーチ
「そんな話は絵空事だろう。フィオレンティーナと共にステップアップするのが私の希望なんだ。クラブはトレーニング場の刷新をはじめ、色々と面白いプランを持っているしね」

復帰

新戦力を物色しているヴェルダーは、チェルスキーのクラウディオ・ピサーロ選手に復帰を呼びかけてみる模様。

クラウス・アロフス・スポーツダイレクター
「30という年齢がネックとは考えておりません。お金はかかるでしょうが、やるだけやってみたいと考えています」

Copyright © 1997-2008 0-0 <empate>. All Rights Reserved.
Apple, the Apple logo, and Mac are trademarks of Apple Computer, Inc., registered in the U.S. and other countries.
The Made on a Mac Badge is a trademark of Apple Computer, Inc., used with permission.