Information
Archives
言ってやる

もう代表とは無関係なのでサヴェージ先生は、こんなこと言ってます。

ロバート・サヴェージ大先生
「トシャックなんてクビになりゃいいんだ。オレ、あいつが大嫌いなんだよね。最悪だよ」

不安

コンディション急降下といったインテルですが、ジュリオ・セサール選手が「ローマの逆転スクデットが実現しちゃったらどうしよう」と恐怖感を抱いている模様。

ジュリオ・セサール・ソアレス・デ・エスピンドーラ選手
「ローマが調子を取り戻して来たから凄く不安だ。優勝争いに関しては、勝つか全てを失うの2つの道しかない。これは相当に大変な戦いだよ」

パトは過労死

補強について質問されたピッポは「僕もジラルディーノもパロスキもパトもいるから大改革なんて必要ない」と主張している模様。

フィリッポ・インザーギ "ピッポ"選手
「そのうえボッリエッロが帰って来るなら、それはそれでいいんじゃないの。事実、結果を出しているしね。ただ、外国から誰かを連れて来るってのは勘弁して欲しい。そんな必要はないね」

どっちが旬なんだ

レアル・サンマリノはデ・ラ・レド選手を要求しているリーガプルにチャビ・アロンソ選手との交換を打診するなよ、ボケナスが。ちなみにレアル・サンマリノはデ・ラ・レド選手をわざわざ500万ユーロで買い戻すそうですよ、呆れたもんだ。

イケル・カシージャス・フェルナンデス選手
「アルベロアもデ・ラ・レドもチャンスを与えられていたらレアル・サンマリノのスターになっていただろう。でもウチは外のスターに目が行ってしまうクラブだからね。こういうことは起きちゃうんだな」

アルヴァロ・アルベロア・コカ選手
「レアル・サンマリノへの復帰?いやいやいや、リーガプールで十分に満足してる。出来るだけ長くいたいくらいだよ」

ノーチャンスなことしてやがる

バロテッリ選手はインテルの扱い次第では出て行く風なことを漏らしていますが、なぜがラツィオがノコノコと出向いて行く模様。

ビッグ3

ユーヴェの夏の補強の目玉はポウルセン、ルシオ、ボシングヴァと武闘派ばかりでございます。このチームはどこへ行こうとしているのか?

カール=ハインツ・ルンメニゲ会長
「彼とは2010年までの契約がある。簡単に穫れるとは思わんでくれ」

考えた方がいい

アメリア選手のもとにはヴァレンシアがオファーを持って来ているそうで「ヒルデブラントが売られるなら僕にもチャンスがある」と喜んでいる模様。

使えなかった

ラツィオはローゼナル選手の買取オプションは行使せず、今季限りでボロカッスルへ返却する模様。

3番手

ユーロへは3名のキーパーを連れて行きますが、イタリアは3番手が決まらずにいるそうで、クディチーニ選手を候補に考えている模様。

大枚

ユーヴェはネドヴェド選手の後釜として2000万ユーロでドルトムントのムラデン・ペトリッチ選手を穫りに行く模様。

親不孝もの

ジョゼさんがインテルへ行くので、バルセレソンは仕方なくラファさんに白羽の矢を立てる模様。これはね、天国のお父さんもショック死だよ。

それで結局

ジョゼさんが来てくれそうなので、モラッティ会長は本気でドログバ選手を穫りに行く模様。

解雇

セスク選手はリーガ・エスパニョーラへ移籍させることばかり考えているホセバ・ディアス代理人との契約を打ち切った模様。

凝視

ユナイテッドはモンテネグロとノルウェーの試合に人を派遣し、ヴチニッチ選手をチェックさせる模様。

拒絶

スパーズから熱心に誘われているステケレンブルク選手ですが、アヤックス残留を選択する模様。

珍しい

クラブで試合に出ていないレーマンさんを代表で起用していいのか?といった話題でカーン選手が「問題ない」と主張。

オリヴァー・カーン選手
「キーパーについては全く心配する必要がない。意見は色々だろうが、レーマンがブランクを感じさせないパフォーマンスを見せれば雑音は消えるはずだ。ヤツは経験もあるし、肝っ玉も大きい。間違いなくウマくこなせるさ」

ご延長

衰えの見え始めたマケレレ選手ですが、チェルスキーはもう1年やらんかと声をかける模様。

復帰か

アッズーリのルイジ・リーヴァ・マネージャーは、リッピ・コーチの復帰は絵空事ではないと考えている模様。

ルイジ・リーヴァ・マネージャー
「もしユーロが不首尾に終わったらマルチェロ・リッピ復帰という選択肢も当然あるだろう。世界一へと導いた男なので、そういう話が出ても不思議じゃない」

サンドロ・マッツォーラ氏
「ドナドーニが契約更新を保留した心境は理解できる。おそらく連盟は礼を失するような内容の条件を出したんだろう。彼はコーチとしても、人としても、もう何も証明する必要のない人物だよ」

ロベルト・ドナドーニ・コーチ
「今の心境?きわめて平静だよ。この私のポストをめぐっては、15人から20人の名前があがっているじゃないか。もしスペインに負けるようなことがあったら、ますます混乱に拍車をかけるだろうな。そりゃ新聞はありがたがって大騒ぎするだろう。でも、それが彼らの仕事なんだから仕方がない」

ボイコット

フランスが北京オリンピックへのボイコットを検討していますが、アッズーリのルイジ・リーヴァ・マネージャーは、選手が恐怖感をおぼえるのであれば検討したいと答えた模様。

ルイジ・リーヴァ・マネージャー
「フランスさんがどういう意図でボイコットを持ち出したかは定かでない。ただ選手たちが北京行きに難色を示すようであるなら、それを押してまで推進する価値はない。もちろん政治とスポーツは無関係という意見もあるだろう。しかし、我々の社会は政治によって成り立っている。それとこれは別だなんて考え方はできんよ。もし最悪の決断をしなきゃならなくなっても、選手たちを責めないで欲しい。責めるなら、北京なんぞを会場に選んでしまった者たちにしてくれ」

自虐プレイ

パレルモのザンパリーニ会長は、自分のチームを「セリエA最悪チーム」と評している模様。

マウリツィオ・ザンパリーニ会長
「我々はセリエAで最悪のチームだ。どう考えても危ないわけだから、私はあえて現場に介入したんだ。ここ5試合で2ポイントだぞ。これは明らかに自信の喪失から来るものであって、追い討ちをかけるように怪我人が続出してしまった。今週はナポリが相手だが、あのチームは情熱あふれるプレーで気持ちのいい戦いを続けている。実に羨ましい。おそらく80%の確率で彼らが勝つだろう」

離脱

トッティさんがトレーニングで右膝に痛みを訴え離脱。詳しい症状は精密検査待ちですが、少なくとも週末のカリャーリ戦は出られない模様。できたら、その次の試合もお休みいただけると非常にありがたい。

記念試合

UEFAの会長を務めたこともあるフットボール界の名経営者アルテミオ・フランキ氏が亡くなって25年になりますが、その記念試合が6/30フィレンツェのアルテミオ・フランキにて行われる模様。カードはフィオレンティーナ v バルセレソン戦。なお、この試合はUEFAも協賛するそうです。

サスペンション

アグエロ選手に頭突きを喰らわせたマレスカ選手には4試合のサスペンションが言い渡された模様。

ケーブルガイの大ピンチ

バルセレソンは来季からの正GKとしてインテルのジュリオ・セサール選手を希望している模様。

怒りのパワー

パレルモのコーチへ復帰したコラントゥオーノ氏は「グイドリンによって干された選手がいるわけだが、個人的な復讐心など胸にしまってくれ」とコメントしている模様。

ステファノ・コラントゥオーノ・コーチ
「コーチが代われば被害を受ける選手がいるわけだが、今は個人的な復讐とか言ってる場合じゃない。チーム一丸となってこの難局を乗り越える必要がある。一刻も早く安全圏へと持って行かなければならない。それだけに集中してもらいたい」

みんなで応援

ガッツさんも「ローマとインテルだったら、ローマにスクデットをやりてぇ」と主張している模様。

ジェンナーロ・イヴァン・ガットゥーゾ選手
「そりゃよ、ミラニスタならローマにスクデット穫ってもらいてぇって思ってるさ。フットボールの内容でもローマが上だしな。がんばれ、トッティ」

もうインテルにはあげない

インテルに選手をあげるとことごとく活躍してしまうので、レアル・サンマリノはカッサーノさんの交渉ついでにドレンテ選手やサヴィオラ選手の話をしている模様。

コントみたいな乱闘

ナイトクラブにてマルセリーニョにビール瓶で頭をぶっ叩かれたと名乗る男がベルリン警察に出頭したとかで、ヴォルフスブルクは本人に罰金を申し付けた模様。

フェリックス・マガト・コーチ
「本人は暴行事件には関与していないと主張している。まぁ、彼の遊び好きは誰もが知ってるわけだけど、酔って暴れるような人間でないことは確かだろうね」

それ、わかる by クラウチ

キトソンにはやる気があるのか?といった議論が起きているそうですが、コッペル・コーチは「背のデカイのはそう見られるからきっと損だよな」と擁護している模様。

スティーヴ・コッペル・コーチ
「背が低くてスピードのある選手は、ただ走ってるだけでも情熱があるように見える。その逆で背の高い者は、心は燃えていてもボサッと突っ立てるだけに見られがちだ。もちろん、もっとがんばってもらわないといけないのは確かなんだがな」

どうでもいい

カペッロ・コーチからは目をかけてもらえないショーリー選手ですが、今はレディングを残留させるのが最優先だと主張。

ニコラス・ショーリー選手
「そりゃガッカリしているさ。でもレディングが落ちちゃったら代表だなんだなんて言ってられない。今は残留の方が遥かに大事だ」

今シーズンもお世話になりました

鼠径部を傷めたカサッパ選手は、全治5週間ほどだそうで、ボロカッスル1年目は終了した模様。

壮大な計画

また大幅な補強を考えている紳士は「2年でチャンピオンズリーグへ行かせます」と豪語している模様。

スヴェン・ヨラン・エリクション・コーチ
「来シーズンにヨーロッパで戦えるかどうかは分りません。あくまでも希望として持っているだけです。しかし私は2年ほどでチャンピオンズリーグへ出ることを目標としています」

ご成約

QPRはイタリアのスポーツ用品メーカー、ロット社と総額2000万ポンドのキット契約を結んだ模様。この金額は下部リーグとしては異例の数字。

罰ですよ

RFEFはセグンダ・ベティスに対し次のホームゲーム2試合をコルドバかヘレスで行うよう命じたそうですが、これにセグンダ・ベティスが怒っており「まるで罰ゲームだ」と、なんでそういうハメになったのかも忘れて怒り狂っている模様。

レアル・セグンダ・ベティス・バロンピエ広報
「仮にコルドバで行うことになったら、スタジアムの収容人員からして、およそ2万7000人のファンが試合から閉め出されることになります。その分の入場料収入も失います。なんという罰ゲームでしょうか。ヘレスの場合を考えてみましょう。ここにした場合は、今週末にカディスで行われるオートバイのレースとかち合ってしまいます。あちらはおよそ40万人が動きます。その大移動にベティコ、ベティカが巻き込まれるのです。しかも宿泊施設は満杯ですし、食事をとるのにすら苦労するでしょう。ここまでいけずなことする意図が理解できません」

孤独だ

フランスの新聞にて「アーセナルでは誰と仲がいいのか?」と質問されたウィリアム・ガラ選手は「いないんだよね」と言い切った模様。

ウィリアム・ガラ選手
「仲間っていうよりは、知り合いって感じかな。ウォルコットもなぁ、好いヤツなんだけど如何せん若いもの。その点チェルスキーには大人の選手が多いから。みんな確固とした自分の人生を持っているし、何か話し合うでもレベルの高い話ができるんだよね。なんだかんだ言ったって5年も過ごしたクラブだから、今さら他人の目じゃ見れないよ。尊敬する選手?ジョン・テリーだ。彼のメンタリティや戦う姿勢には心から敬服している。オレよりずっと若いんだけど、ヤツは常にオレのお手本だった。実際、凄い男だぜ」

ジウベルト・アパレシド・ダ・シウヴァ選手
「成績が振るわないと誰かの責任にしようとする人間たちがいる。でもウィリアムが何かおかしいってことはないんだ。選手もファンも彼を慕っているよ。優勝のチャンス?あと7試合、これに全部勝てば十分に可能性はある」

ディディエ・ドログバ選手
「アーセナル?はっ、もうノーチャンスだね、あきらめな。ヤツらは負けたんだ。自信も揺らいでいる。ここからはオレらの出番だよ。引っ込んでな」

Copyright © 1997-2008 0-0 <empate>. All Rights Reserved.
Apple, the Apple logo, and Mac are trademarks of Apple Computer, Inc., registered in the U.S. and other countries.
The Made on a Mac Badge is a trademark of Apple Computer, Inc., used with permission.