Information
Archives
お気をつけてお帰りください、うぇ〜へっへっへっ

イングランド・プレミアシップ第28週:マンチェスター・ユナイテッド 3-0 リーガプール at オールドトラッフォード

ユナイテッドの得点:34分ブラウンに週給10万ポンドやれ、79分クリスティアーノ・ホナウド・ドス・サントス・アヴェイロ、81分ルイス・カルロス・アウメイダ・ダ・クーニャ "ナニ"

サー・アレックス・ファーガソン・コーチ
「これが、あれだな、いわゆる成熟のパフォーマンスってヤツだっぺ。シーズン当初から徐々によくなって来たけんども、今日は完成形を見た気がすっぺ。ベネット仕事?あんだけ審判に詰め寄ったらダメだっぺな。業務妨害ってヤツだってからに。マスチェラーノがなに言ってたか知らねぇけんども、異議だったなだいたいわかっぺ。まっ優勝だなんだって話はよ、アーセナルもチェルスキーも追っかけて来てっからな、こりゃ最後までわかんねっぺ」

ウェイン・ルーニー選手
「リーガプールを叩けたし、差を広げることもできたし、最高の勝利だね。ただ安心はできない状況だから、最後まで勝ち続けて危ない思いをしないようにしたい」

ラファエル "ラファ" ベニテス・マウデス・コーチ
「マスチェラーノは罰せられるような発言は何もしていないから驚いていたんだ。バベルに確認したら、なぜフェルナンド・トーレスは警告なのかと理由を尋ねていたそうだ。いずれにしても、不用意に審判へ詰め寄ってしまったのが失敗だったな。その退場で試合が終わったようなものだ。ペペのミスは、そういう日もあるだろうと考えている。人間なんで仕方がないよ」

マンチェスター・ユナイテッド
GK1:エトヴィン・ファン・デル・サル
DF6:ウェスリー・ブラウン
DF5:リオ・ファーディナンド
DF15:松平健
DF3:パトリス・エヴラ
MF18:ポール・スコールズ
MF8:アンデルソン・ルイス・デ・アブレウ・オリヴェイラ (73分-32:カルロス・アルベルト・テヴェス)
MF16:マイクル・キャリック
MF11:ライアン・ギグス (73分-17:ルイス・カルロス・アウメイダ・ダ・クーニャ "ナニ")
MF7:クリスティアーノ・ホナウド・ドス・サントス・アヴェイロ
FW10:ウェイン・ルーニー

リーガプール
GK25:ホセ・マヌエル・レイナ・パエス
DF17:アルヴァロ・アルベロア・コカ
DF23:ジェイミー・キャラガー
DF37:マルティン・シュクルテル
DF12:ファビオ・アウレリオ・ホドリゲス
MF8:スティーヴン・ジェラード
(ドブレ・アマリージャ44分) MF20:ハヴィエル・アレハンドロ・マスチェラーノ
MF14:チャビエル・アロンソ・オラーノ "チャビ・アロンソ"
MF18:ディルク・カイト
MF19:ライアン・バベル (66分-11:ヨッシ・シャイ・ベナヨン)
FW9:フェルナンド・ホセ・トーレス・サンス (83分-6:ヨン・アルネ・リーセ)

主審:スティーヴ・ベネット様

ロンドン・ダービー

イングランド・プレミアシップ第28週:スパルタク・チェルスキー 2-1 アーセナル at スタンフォード・ブリッジ

チェルスキーの得点:58分&81分ディディエ・ドログバ
アーセナルの得点:58分バカリー・サニャ

ディディエ・ドログバ選手
「最後まで三つ巴だろうな。こうなったからってアーセナルは死んだわけじゃないし、勝ったオレらはユナイテッドにプレッシャーを与えることになった。今日の相手はとても好いフットボールをやっている強敵だったけど、結局はオレらの強さを証明することになったと思う」

アルセーヌ・ヴェンゲル・コーチ
「とりあえず今日の結果には非常にガッカリしているがね、我々は最後まで決して諦めないし、先行きの心配はしていない。好い内容だっただけにツキに見放されたのは痛い。とくに彼らの最初の得点はオフサイドじゃなかったのかね。チェルスキーの打開策といえばバカを投入してロングボールを放り込む以外になかったわけだけど、非常に圧力のかかった局面を我々に強いたね。結局は負けてしまったんだから効果あったんだろう」

スパルタク・チェルスキー
GK23:カルロ・クディチーニ
DF5:ミカエル・エシェン
DF6:ヒカルド・アウベルト・シウヴェイラ・デ・カルヴァーリョ "リッキー"
DF26:ジョン・テリー
DF3:キャシュリー・コール復讐
MF8:フランク・ランパード
MF13:ミヒャエル・バラック (70分-35:ジュリアーノ・ハウス・ベレッチ)
MF4:クロード・マケレレ (70分-39:バカ)
FW10:ジョー・コール (88分-12:ジョン・オビ・ミケル)
FW11:ディディエ・ドログバ
FW21:サロモン・カルー

アーセナル
GK24:マヌエル・アルムニア・リヴェロ
DF3:バカリー・サニャ (72分-2:ヴァシリキ・アブバカル・ディアビ "アブ")
DF5:ハビブ・コロ・トゥーレ
DF10:ウィリアム・ガラ標的
DF22:ガエル・クリシィ
MF4:フランセスク・ファブレガス・ソレール "セスク"
MF27:エマヌエル・エブエ
MF16:マシュー・フラミーニ (88分-26:ニクラス・ベンドナ)
MF13:アレクサンドル・フレブ
FW11:ロビン・ファン・ペルシィ (76分-32:テオ・ウォルコット)
FW25:エマヌエル・シェイ・アデバヨール

主審:マーク・クラッテンバーグ

リーガ・エスパニョーラ1第29週

バルセレソン 4-1 レアル・ヴァジャドリッド (アルビトロ:パラダス・ロメロ)
バルセレソンの得点:24分サミュエル・エトオ・フィル、47分アンドレス・イニェスタ・リュハン、62分&83分ボイャン・クルキッチ・ペレス
ヴァジャドリの得点:31分pジョナサン・セスマ・ゴンサレス

バルセレソン
GK1:ヴィクトル・ヴァルデス・アリバス
DF11:ジャンルカ・ザムブロッタ
DF5:カルレス・プジョル・サフォルカーダ "チャーリー"
DF21:リリアン・ユリアン・テュラム (70分-22:エリック・アビダル)
DF16:シウヴィオ・メンデス・カンポス・ジュニオール "シウヴィーニョ"
MF24:グネグネリ・ヤヤ・トゥーレ (60分-7:エイドゥル・スマリ・グジョンセン)
MF8:アンドレス・イニェスタ・リュハン
MF6:チャヴィエル・エルナンデス・クレウス "チャヴィ"
FW27:ボイャン・クルキッチ・ペレス (85分-33:ペドロ・ロドリゲス・レデスマ "ペドリート")
FW9:サミュエル・エトオ・フィル
FW14:ティエリ・ダニエル・アンリ

レアル・ヴァジャドリッド
GK25:セルヒオ・アセンホ・アンドレス
DF16:ペドロ・ロペス・ムニョス
DF8:ハヴィエル・バラハ・ヴェガス
DF15:ラファエル・ロペス・ゴメス "ラファ"
DF3:アルベルト・マルコス・レイ
MF17:ディエゴ・カマーチョ・ケサダ (70分-21:ヴィクトル・マヌエル・フェルナンデス・グティエレス)
MF18:アルヴァロ・ルビオ・ロブレス
MF19:ジョナサン・セスマ・ゴンサレス
MF14:ダニエル・アルマンド・エンゴン・コメ (64分-7:シシニオ・ゴンサレス・マルティネス "シシ")
MF20:アンヘル・マヌエル・ヴィヴァル・ドラド
FW9:ホセバ・ジョレンテ・エチャリ (59分-23:ウラディミール・マンチェフ)

レヴァンテ 1-2 ヴィジャレアル
レヴァンテの得点:64分ミゲル・アンヘル・ロサーノ・アジャラ
ヴィジャレアルの得点:24分マティアス・アリエル・フェルナンデス "マティ・フェルナンデス"、82分ギジェルモ・ルイス・フランコ・ファルクアソン

オサスナ 0-1 レアル・セグンダ・ベティス・バロンピエ
セグンダ・ベティスの得点:53分マルク・デニス・ゴンサレス・ホフマン
タルヘタ・ロハ:90分フランシスコ・ハヴィエル・ガルシア・フェルナンデス "ハヴィ・ガルシア" (オサスナ)

ラシン・サンタンデール 2-0 レクレアティヴォ・ウエルヴァ
ラシンの得点:80分セルヒオ・ダニエル・オルテマン、90分エウゼビウス "エビちゃん" スモラレク
ドブレ・アマリージャ:65分ホセ・マルティン・カセレス・シルヴァ (レクレ)

レアル・ムルシア 4-0 レアル・エスパニョール・バルセロナ
ムルシアの得点:36分p & 47分イヴァン・ダニエル・アロンソ・ヴァジェホ、63分pアベル・ゴメス・モレノ、84分リカルド・ペレス・デ・サバルサ "リチ"

レアル・サラゴサ 1-1 アルメリア
サラゴサの得点:68分ヒカルド・オリヴェイラ
アルメリアの得点:89分アルヴァロ・ネグレド・サンチェス
ドブレ・アマリージャ:61分セルヒオ・フェルナンデス・ゴンサレス (サラゴサ)

レアル・サンマリノ 2-3 ヴァレンシア
レアル・サンマリノの得点:35分&56分ラウール・ゴンサレス・ブランコ
ヴァレンシアの得点:34分&67分pダヴィド・ヴィジャ・サンチェス、89分アンヘル・ハヴィエル・アリスメンディ・デ・ルーカス

ベルント・シュスター・コーチ
「非常に残念だな。ミスがだな、ことごとく失点になるっていうのが納得できん。3点目など後先考えていないからカウンターの餌食にされた」

ラウール・ゴンサレス・ブランコ選手
「2-1の段階で試合をコントロールできなかったのが全てだ。3点目っていうチャンスもあったんだけど、結局3点目を決めたのはヴァレンシアになってしまった」

ゴンサロ・ヘラルド "ピピタ" イグアイン選手
「ヒルデブラントってのはなんだろな。今日は彼にとってキャリア最高のパフォーマンスだったと思う。あれじゃ点とれないよ」

レアル・サンマリノ
GK1:給料ドロボ〜
DF4:給料ドロボ〜
DF5:給料ドロボ〜
DF3:給料ドロボ〜
DF12:給料ドロボ〜
MF14:給料ドロボ〜
MF8:給料ドロボ〜
MF23::給料ドロボ〜
MF19:給料ドロボ〜 (63分-11:給料ドロボ〜)
MF10:給料ドロボ〜 (78分-20:給料ドロボ〜)
FW7:給料ドロボ〜

ヴァレンシア
GK13:ティモ・ヒルデブラント
DF23:ルイス・ミゲウ・ブリート・ガルシア・モンテイロ
DF5:カルロス・マルチェナ・ロペス (33分-15:イヴァン・エルゲラ・ブヒア復讐)
DF4:ラウール・アルビオル・トルタハダ
DF12:マルコ・アントニオ・シモエス・カネイラ
MF3:エトヴィヘス・マドゥロ
MF11:エヴェル・マキシミリアーノ・ダヴ・バネガ (65分-9:フェルナンド・モリエンテス・サンチェス復讐)
MF21:ダヴィド・ヘスス・ヒメネス・シルヴァ
MF16:ファン・マヌエル・マタ・ガルシア (65分-8:ルベン・バラハ・ヴェガス)
MF19:アンヘル・ハヴィエル・アリスメンディ・デ・ルーカス
FW7:ダヴィド・ヴィジャ・サンチェス

アスレティック・ビルバオ 1-0 ヘタフェ
アスレティックの得点:29分ホセバ・エチェベリア・リサルディ

ファイナル

今季のコパ・デル・レイ・ファイナルは4/16にヴィセンテ・カルデロンで行われる模様。

バカルテット

バルセレソンとは今季限りになる可能性が高いデコっぱちですが、その彼にイングランドのビッグ4が仲好く興味を示している模様。

お父ちゃん、もうイヤだ

移籍話が活発になって来たルイス・ファビアーノ選手ですが、先日の強盗事件が家族を怯えさせており、一刻も早くアンダルシアから出て行きたいと泣いて頼まれている模様。

その他は結構

ファンデはウッディ、バルバトフ、キング、キーン、ハットン以外の選手については、条件次第では手放しても構わんと考えている模様。

偽善者ども

相変わらずスペイン・メディアでは悪者になっているファンデですが、「君らは、私と同じシチュエーションを迎えたら断るのか?」と反論している模様。

経費削減

バーミンガム上層部は降格という最悪の結果を迎えた場合に、マクファーデン、フォルッセル、キュードル、カポ、ラーションら給料の高い選手を根こそぎ放出させる模様。

デイヴィッド・ゴールド共同オーナー
「降格した際には一部の給料の高い者を手放すことになろう。プレミアシップで試合が出来ないとなると、大幅に収入が減ってしまう。従って人件費も厳しく管理する必要に迫られるんだ。この前に落ちた時も、このやり方で成功したから、次も同じだよ」

敗戦処理

アストン・ヴィラはフルアムが最悪の結末を迎えた場合、300万ポンドほどでブラード選手を穫りに行く模様。

再就職

今季限りでセルティックへ返却されるおトミーをスパーキーが狙っている模様。

ヒルデブラントの大ピンチ

クーマン・コーチは来季の正GKとしてアッビアーティ選手を希望している模様。

微妙な施策

ベルバトフ選手の相棒になるのか、ベルバトフ選手の後任になるのか定かでありませんが、スパーズはロコモティフ・モスクワのドミトリ・シチェフ選手の補強を検討中。

限界

モラッティ会長はジョゼさんに具体的な条件を提示する準備を始めた模様。

スパイ活動

バルセレソンからリヨンへ出向しているクロサス選手が「ベンベン・コンビはスペイン語の特訓中ですぜ」と明らかにした模様。

挑発続き

出向させた選手が代表に選ばれちゃうのは如何なものか?と質問されたシュスター・コーチは「だってレアル・サンマリノでレギュラーなんて無理だもの」と逃げ回っている模様。

ベルント・シュスター・コーチ
「レアル・サンマリノで定期的に起用するのは厳しかったので、ヘタフェへのローンは成功だったってことだろう。ルベンの代表入りは別に驚く話じゃない」

帰る?

ボロカッスルとの契約更新を保留しているオバオバは、アーセナル行きやインテル復帰を視野に入れている模様。

戦力外

スパーズでは起用されるアテのなくなったマイクル・ドーソン選手ですが、キーガン・コーチは800万ポンドも用意してい穫りに行く模様。

転職

かつてボロカッスルへ移籍して、そのまま消えたマルセリーニョ氏が、リーガプールのスペイン方面スカウトとして働く模様。

ご推薦

すっかりミランへ行く気になってるザムブロッタ選手は「エトオを穫ればいい」と進言している模様。

ジャンルカ・ザムブロッタ選手
「総入れ替えみたいな極端な意見もあるようだけど、僕はそんな必要はないと思う。たとえばエトオみないなの1人加えるだけでも、だいぶ違うはずだ」

ローヴァーズじゃないのか

現在までの記録によるとプレミアシップにて最もダーティなチームは、警告71枚ファウル423回を成し遂げたミドルスブラだそうです。ちなみに2位は警告62枚ファウル412回のボルトン。

ギャレス・サウスゲイト・コーチ
「警告枚数で1位になってしまうと莫大な罰金が待ってるわけなんだけど、我々がダーティなチームだとは思っていない。なにかミドルスブラだったらカード出してしまえといった感覚があるんじゃないのかな。同じシチュエーションで他のチームの選手には出ない場合もあるんでね」

とうとう

非常事態を迎えているパレルモのザンパリーニ会長は「もうアマウリは売らん」と怒鳴り倒している模様。

マウリツィオ・ザンパリーニ会長
「パレルモを手に入れてから最悪のシーズンだ。もうアマウリ、アマウリとうるさいよ。売らないよ。オファーなんぞ来ていない。彼は契約満了までパレルモにいるんだ」

いまやパレルモが旬

クラブ内について「地獄の空気」やら「私を辞めさせる目的でスタンドに桜を仕込んだ」と言い放ったグイドリン・コーチですが、パレルモは「クラブに損害を与える行為だ」と法的措置も考えちゃってる模様。このクラブは好調でも不調でもワクワクさせるな。

スパルタが好きなのか

強面の指揮官たちがお好きなチェルスキーは、ファティ・テリム・コーチも候補の1人に考えている模様。

メル・ゴールドバーグ代理人
「プレミアシップからは少なくとも4チームほど話をいただいています。本人も大変に乗り気ですよ」

帰りたい

フィーゴ選手の庇護のもとインテルへ来たマニーチェ選手ですが、肝心のフィーゴ選手がチーム内で四面楚歌になっているので大変に居辛いそうです。そこで、とりあえず今季限りで一旦はアトレティコへ戻る模様。

私は見た

フィオレンティーナが狙っているというアルメリアのフェリペ・メロ選手についてレヴァンテのデ・ビアージ・コーチは「マジックを期待するような選手じゃない」とコメントしている模様。

ジャンニ・デ・ビアージ・コーチ
「身体的に強くて、技術的にも十分なものを持っている。ただ、スピードがネックだと思う。ちょっと遅いような気がする。視野は広いね。ただ、彼にある種のトリックとか、試合の流れを劇的変えるようなプレーを期待するのは間違っている。今季は4-3-3のアルメリアの戦術にピッタリはまったんだろうな。センンターハーフとかトップ下とかではないよ。ウイングとサイドハーフの微妙なところに収まるタイプだね。イタリア人で言えばアタランタ時代のドナティみたいな感じかな」

凄いよな

ルカ・トニ、ピルロ、ディアナ、ボネーラ、マウリ、ハムシク、アッピア、マトゥサレム、カラッチョーロ、ジルベルト・マルティネス、サンタクロチェ、ダニエル・セテラらを発掘して来たジャンルカ・ナニ氏は、ハマーズでも同じような仕事を希望している模様。

ジャンルカ・ナニ氏
「ブレッシアとハマーズの違いは、ブレッシアはクラブ経営のために、これらタレントを売らなければならなかったということです。今度はもう1つ上のクラブですから、異なる野心のもとで仕事を行えます。もちろん一足飛びに何かを実現できるわけではないので、少しずつ体制を整えたいと考えています」

が〜ん

シティ戦で途中交代させられたカンポちゃんは、物凄くしょぼくれてドレッシングルームへ直行してしまった模様。

ギャリー・メグソン・コーチ
「残念な気持ちはわかりますが、いまは団結する時ですから、ここは我慢してくれとカンポだけでなく皆に話しました。もちろんカンポの気持ちは十分に理解できます。私だって現役時代はムカつきましたしね」

ご招集 (1)

カーソン選手が負傷により代表を辞退したので、代わりにロビンソンさんが招集されたそうです。なおカークランド選手も背中を傷めており、判断は代表の医療スタッフへ一任された模様。6番手はどうなってんだ、6番手は、カペッロ。

ご招集 (2)

カカー選手が負傷によりセレソン・ブラジレイラを辞退したので、代わりにユナイテッドのアンデルソン選手が招集された模様。

放出

ジラルディーノ選手についてカルロは「我々に決定権があるなら残って欲しいけど、本人は試合に出たいはずだからね」とコメントしている模様。

交渉中

ペルッツィ氏とローマが来季からのスタッフ入りについて交渉中。

ご延長 (1)

ミハイ・タララチェ選手がデュイスブルクと3年契約を結んだ模様。

ご延長 (2)

ストックポートへ出向中のエヴァートンGKジョン・ルディ選手は、シーズン終了までローン期間を延長。

ご延長 (3)

ミランはセルジーニョ選手に来季の契約をオファーしており、前向きな返事をもらっている模様。

プチッと来ましたかね

インテルさんは大変怒ってるそうで、こうなったらクァレスマだと騒いでいる模様。ちなみにポルトは4000万ユーロ要求しているそうです。

気力次第

インテルさんがコケましたので、ローマは大変に喜んでいるそうですが、マルコ・ジャンパオロ氏は「チャンピオンズリーグとの兼ね合いが難しいでしょう。ローマに持ち堪えるだけの底力があるかはなんとも言えません」とコメントしている模様。

デブ派

世界のペレ氏は「デブは終わりだ」と予想していますが、世界のジンダ氏は「だったら私は賛成の反対だ」と喧嘩を売ってる模様。

ジネディーヌ・ジダン氏
「ペレは無理だって言ってるの?それなら私は大丈夫だと言おうか。デブは克服が困難な状況を何度も乗り越えて来ている。今度もきっとそうするだろう。だからこそデブは世界の頂点に立てたんだ」

リーズナブル

ヂェーゴ選手の獲得は難しいと考えたユーヴェは、500万ユーロほどで仕入れることが出来るサヴィオラ選手に引き返す模様。

静かな100周年

レッチェもクラブ創設100周年を迎えましたが、昇格レースの真っ最中なのでクラブとしてはとくにイベントは行わなかった模様。そこでファンが勝手に市内を行進したそうです。

Copyright © 1997-2008 0-0 <empate>. All Rights Reserved.
Apple, the Apple logo, and Mac are trademarks of Apple Computer, Inc., registered in the U.S. and other countries.
The Made on a Mac Badge is a trademark of Apple Computer, Inc., used with permission.