Information
Archives
勇退

チェコのカレル・ブルックナ・コーチはユーロ終了後に退任する意向。

ご延長

ウェスト・ブロムはシーズン終了までバーンズリーへルーク・スティール選手を貸すことに決めた模様。なお今回は買取オプションが付帯されているそうです。

やっぱり

FAカップのファイナルがウェスト・ブロム v バーンズリーになった場合は、本籍チームを敵にするわけですから、FAの規定によりルーク・スティール選手の出場資格が失われます。

もうダメだぁ

トレーニング中にグティ選手がガゴ選手と接触してダウン。幸い捻挫で済みましたが、週末のヴァレンシア戦に起用できるかは不明。

支離滅裂

ザンパリーニ会長が「グイドリンはポジティブじゃない」と怒っておりまして、クビにしたコラントゥオーノ氏の復帰を検討中。

マウリツィオ・ザンパリーニ会長
「グイドリンはコーチとしての度胸が足りないかって?それよりも今のチームを信用してないんだろう。選手はそういうのを敏感に察知するしね」

ご延長

ラヴェッツィ選手がナポリとの契約を2013年まで延長。

人生ユヴェントス

ユヴェントスの計画する新スタジアムには映画館、ショッピングモール、飲食店などが併設されますが、スタジアムには結婚式やコンベンションなどを行う機能も備えられる模様。

チェコ

Aマッチ、デンマーク戦のチェコ。

GK
ヤロミール・ブラツェク (1.FCニュルンベルク)
ヤン・ラシュトゥヴカ (VFLボーフム)

DF
ズデネク・グリュゲラ "ゲロゲ〜ロ" (ユヴェントス)
マレク・ヤンクロヴスキ (ACミラン)
ミヘル・カドレツ (スパルタ・プラハ)
ズデネク・ポシュペク (FCコペンハーゲン)
ダヴィド・ローゼナル (ラツィオ)
トマス・ウイファルシ (フィオレンティーナ)

MF
トマス・ガラセク (1.FCニュルンベルク)
ダヴィド・ヤロリム (ハンブルガSV)
マレク・マテヨヴスキ (レディング)
ヤロスラフ・プラシル (オサスナ)
ヤン・ポラック (RSCアンデルレヒト)
リボール・ションコ (FCコペンハーゲン)
マレク・シュトレシュティク (ボビー・ブルノ)

FW
ミラン・バロシュ (ポーツマス)
マルティン・フェニン (アイントラハト・フランクフルト)
ヤン・コーラー (1.FCニュルンベルク)

イングランド

Aマッチ、フランス戦のイングランド。

GK
デイヴィッド "口八ス" ジェイムズ (ポーツマス)
スコット・カーソン (アストン・ヴィラ)
クリス・カークランド (ウィガン・アスレティック)

DF
ウェスリー・ブラウン (マンチェスター・ユナイテッド)
リオ・ファーディナンド (マンチェスター・ユナイテッド)
ウェイン・ブリッジ (スパルタク・チェルスキー)
キャシュリー・コール (スパルタク・チェルスキー)
ジョン・テリー (スパルタク・チェルスキー)
グレン・ジョンソンかよ (ポーツマス)
ジョレオン・レスコット (エヴァートン)
デイヴィッド・ホイータ (ミドルスブラ)
ジョナサン・ウッドゲイト "ウッディ" (トテナム・ホットスパー)

MF
デイヴィッド・ロバート・ジョセフ・ベッカム (LAギャラクシー)
オーウェン・リー・ハーグリーヴス (マンチェスター・ユナイテッド)
スティーヴン・ジェラード (リーガプール)
ギャレス・バリー (アストン・ヴィラ)
アシュリー・ヤング (アストン・ヴィラ)
ゲイブリエル・アグボンラホール (アストン・ヴィラ)
ジャーメイン・ジェナス (トテナム・ホットスパー)
ジョー・コール (スパルタク・チェルスキー)
フランク・ランパード (スパルタク・チェルスキー)
ショーン・ライト=フィリップス (スパルタク・チェルスキー)
デイヴィッド・ベントリー (ブラックバーン・ローヴァーズ)
ストゥアート・ダウニング (ミドルスブラ)

FW
ウェイン・ルーニー (マンチェスター・ユナイテッド)
ピーター・クラウチ (リーガプール)
マイクル・ジェイムズ・オーウェン (ボロカッスル・ユナイテッド)
ジャーメイン・デフォ (ポーツマス)
テオ・ウォルコット (アーセナル)

ゲルマン

Aマッチ、スイス戦のゲルマン。

GK
ティモ・ヒルデブラント (ヴァレンシア)
ロベルト・エンケ (ハノーヴァ96)
イェンス・レーマン (アーセナル)

DF
アルネ・フリードリヒ (ヘルタBSCベルリン)
ロベルト・フート (ミドルスブラ)
マルセル・ヤンセン (バイエルン・モナコ)
フィリップ・ラーム (バイエルン・モナコ)
ペール・メルテサッカー (SVヴェルダー・ブレーメン)
ヘイコ・ヴェステルマン (シャルケ04)

MF
ミヒャエル・バラック (スパルタク・チェルスキー)
トーマス・ヒツルスペルガ (VFBシュトゥットガルト)
ベルント・シュナイダ (バイヤー04レヴァークーゼン)
サイモン・ロルフェス (バイヤー04レヴァークーゼン)
ルーカス・ポドルスキ (バイエルン・モナコ)
バシュティアン・シュヴァインシュタイガ (バイエルン・モナコ)
クレメンス・フリッツ (SVヴェルダー・ブレーメン)
ピョートル・トロチョヴスキ (ハンブルガSV)

FW
マリオ・ゴメス・ガルシア (VFBシュトゥットガルト)
ミロスラフ・クローゼ (バイエルン・モナコ)
シュテファン・キースリング (バイヤー04レヴァークーゼン)
ケヴィン・クラニィ (シャルケ04)

ホントに、なんといいましょうか

イングランド戦&マリ戦の自称ベストチーム。

レイモン・ドメネク・コーチ
「私はカペッロ君のことは1度も批判していない。彼は類い稀なる戦術家であって、人間としても素晴らしい。私は、自国のコーチを信用できないイングランドがおかしいと言っただけで、カペッロ君がおかしいとは言ってないよ。トレセゲ?彼の力が必要となったら、後々にでも呼ぶ可能性はある。私は可能性を閉ざすことはしない」

ダヴィド・トレセゲ選手
「ドメネクは自分の好む決断をしたわけで、そこに僕の居場所はなかった。とはいっても、ことさら騒ぐほどの問題にはしたくない。結論がハッキリしただけで、僕にはこれといった影響は及ぼさないだろう。だって僕は代表チームで穫れるタイトルは全て穫ったんだしね。彼には彼の、僕には僕の仕事がある。これからの僕のチームはユヴェントスだけだよ。個人的に何か返したい部分は、全てユヴェントスでやらせてもらう」

GK
グレゴリー・クペ (オリンピック・リヨン)
セバスティアン・フレイ (フィオレンティーナ)
ミカエル・ランドロ (パリ・サンジェルマン)
スティーヴ・マンダンダ (オリンピック・マルセイユ)

DF
パトリス・エヴラ (マンチェスター・ユナイテッド)
エリック・アビダル (バルセレソン)
リリアン・ユリアン・テュラム (バルセレソン)
ジャン=アラン・ブムサン (オリンピック・リヨン)
フランソワ・クレール (オリンピック・リヨン)
セバスティアン・スキラッチ "トト" (オリンピック・リヨン)
ガエル・クリシィ (アーセナル)
ウィリアム・ガラ (アーセナル)
バカリー・サニャ (アーセナル)
マシュー・デルピエール (VFBシュトゥットガルト)
ジュリアン・エスキューデ (セヴィージャ)
ガエル・ジヴェ (オリンピック・マルセイユ)
フィリップ・メシェ (ASローマ)
アディル・ラミ (リールOSC)

MF
アリュ・ディアラ (ジロンダン・ボルドー)
ラサナ・ディアラ (ポーツマス)
マシュー・フラミーニ (アーセナル)
フランク・リベリー (バイエルン・モナコ)
クロード・マケレレ (スパルタク・チェルスキー)
フロラン・マルダ (スパルタク・チェルスキー)
サミール・ナスリ (オリンピック・マルセイユ)
ジェローム・ロセン (パリ・サンジェルマン)
ジェレミー・トゥララン (オリンピック・リヨン)
マシュー・ボドメル (オリンピック・リヨン)
シドニー・ゴヴォ (オリンピック・リヨン)
パトリック・ヴィエラ (インテル)
リオ=アントニオ・マヴバ (リールOSC)

FW
ルイ・サハ (マンチェスター・ユナイテッド)
バカ (スパルタク・チェルスキー)
ハテム・ベン・アルファ (オリンピック・リヨン)
カリーム・ベンゼマ (オリンピック・リヨン)
ジミー・ブリアン (スタッド・レンヌ)
ティエリ・ダニエル・アンリ (バルセレソン)
ジブリル・シセ (オリンピック・マルセイユ)
マシュー・ヴァルブエナ (オリンピック・マルセイユ)

ブルガリア

Aマッチ、スオミ戦のブルガリア。

GK
ディミタール・イヴァンコフ (カイセリシュポール)
ゲオルギ・ペトコフ (レヴスキ・ソフィア)

DF
ヴァレンティン・イリエフ (テレク・グロズヌイ)
アレクサンドル・トゥンチェフ (CSKAソフィア)
アレクサンダル・アレクサンドロフ (チェルノ・モレ)
ジヴコ・ミラノフ (レヴスキ・ソフィア)
イゴール・トマシッチ (レヴスキ・ソフィア)
ミハイル・ヴェンコフ (リテクス・ロヴェチ)

MF
スタニスラフ・アンジェロス (エネルギー・コットブス)
スティリヤン・ペトロフ (アストン・ヴィラ)
マルティン・ペトロフ (マンチェスター・シティ)
スタニスラフ・ゲンチェフ (リテクス・ロヴェチ)
ヴェリザル・ディミトロフ (CSKAソフィア)
ブラゴイ・ゲオルギエフ (MSVデュイスブルク)

FW
ディミタール・ベルバトフ (トテナム・ホットスパー)
ズドラフコ・イヴァノフ・ラザロフ (シニク・ヤロスラフ)
ゲオルギ・カカロフ (ボテフ・プロヴディフ)
アレクサンダル・アレクサンドロフ=クリヴィア "アレックス"(チェルノ・モレ)

スウェーデン

Aマッチ、ブラジウ戦のスウェーデン。

GK
アンドレアス・イサックション (マンチェスター・シティ)
ラミ・シャーバン (ハマルビーIF)

DF
エリック・エドマン (ウィガン・アスレティック)
ダニエル・マイストロヴィッチ (FCバーゼル)
オロフ・メルベリ (アストン・ヴィラ)
ミカエル・ニルション (パナシナイコス)
ニクラス・アレクサンデション (IFKイェーテボリ)
フレドリク・リシュプ (アンカラシュポール)
マルティン・シュトール (ローゼンボリ・スロンデイム)

MF
カール・フレドリク・リュングベリ (ウェスト・ハム・ユナイテッド)
ダニエル・イェリー・アンデション (マルメFF)
キム・シェルストレイム (オリンピック・リヨン)
ケネディ・バキルチョグリュ (アヤックス・アムステルダム)
アンデルス・スヴェンション (IFエルフスボリ)
クリスティアン・ヴィルヘルムション (デポルティヴォ・ラ・コルーニャ)
セバスティアン・ラーション (バーミンガム・シティ)

FW
ズラタン・イブラヒモヴィッチ "ズラ" (インテル)
マルクス・ローゼンベリ (SVヴェルダー・ブレーメン)
マルクス・アールバック (FCコペンハーゲン)
ヨハン・エルマンデル (トゥールーズ)

ポーランド

Aマッチ、USA戦のポーランド。

GK
トマシュ・クツチャク (マンチェスター・ユナイテッド)
アルトゥル・ボリュク (グラスゴウ・セルティック)
ルーカシュ・ファビアンスキ (アーセナル)

DF
マルチン・ヴァシレヴスキ (RSCアンデルレヒト)
パヴェル・ゴランスキ (ステアウア・ブカレスト)
マリウシュ・ヨプ (FKモスクワ)
ヤツェク・ボンク (オーストリア・ウイーン)
アルカディウス・ラドムスキ (オーストリア・ウイーン)
マルチン・ゼヴラコフ (オリンピアコス・ピレウス)
グレゴルツ・ブロノヴィツキ (ツルヴェナ・ズヴェズダ)

MF
マリウシュ・レヴァンドヴスキ (シャフタール・ドネツク)
ダリウシュ・ドゥドカ (ウィスラ・クラコフ)
ヴォイチェク・ロボドジンスキ (ウィスラ・クラコフ)
ラファエル・ムラヴスキ (レフ・ポズナン)
ミカル・パズダン (グルニク・ザブジェ)
ルーカシュ・ガルグラ (GKSベウハトゥフ)
ヤセク・クシノヴェク (VfLヴォルフスブルク)

FW
マチェイ・ジュラヴスキ (AELラリッサ1964)
エウゼビウス "エビちゃん" スモラレク (ラシン・サンタンデール)
ルーカシュ・ピシュチェク (ヘルタBSCベルリン)
ラドスラフ・マトゥシャク (ウィスラ・クラコフ)
パヴェル・ブロツェク (ウィスラ・クラコフ)

駆け引きなし

CSKAに電話をかけた紳士は「ジョーをください。2000万ユーロ出します」と単刀直入に切り出した模様。

お願いスキー

ミランへ帰りたがっているシェヴァはオーナーに「ローン代金とか嫌がらせはお願いですからやめてくれまスキー」と泣いて頼んでいる模様。

襲来

チェルスキーはアトレティコへ電話をかけ「小切手に幾ら書き込んだらアグエロをくれるか訊いて来いとオーナーから言われまして」と口走った模様。

ですって

アトレティコでは極悪人扱いされているフェルナンド・トーレス選手は「自分を磨くためには出て行くしかなかった」と弁明している模様。むしろ、ぬるま湯で楽したかったんじゃネェのか?リーガプール・ファンはバカがつくくらい忍耐強いしな。

そこまで言うこと

クリスティアーノ・ホナウド選手についてレドナップ・コーチが「真の天才にして超人ハルクの能力を持つ」と言い切ってる模様。

ハリー・レドナップ・コーチ
「クリスティアーノ・ホナウドの前では、あのカカーといえども単なる才能豊かなタレントの1人にすぎない。いったいどこからあんなプレーが出て来るのか本当に不思議だ。我々凡人には理解できない真の天才なんだろう。まるで超人ハルクを見るようだね」

クリスティアーノ・ホナウド・ドス・サントス・アヴェイロ選手
「フリーキックに名前はあるかって?ロケットだね!これからはホナウド・ロケットって呼んでくれ。もちろん冗談だから、本気にしちゃダメだよ」

賢明ですね

QPRはフィーゴ選手への関心を失ったそうで、理由は「35の選手に週給5万ポンドも出せるか。やる気だって残ってるのかどうかもわからんし」だそうです。

なんだったんだ、この人は

エヴァートンへはネタを作りに来たとしか思えないアンディは、皆さんの予想通り今季限りでさようならでございます。

目の上のスパーズ

シティと共にマーケットを荒らしまくっているスパーズは、ヴィジャレアルが目をつけたアルメリアのマネ選手へ横槍を入れる模様。

降りたのか

ウディネーゼのガードが非常に固いのでユヴェントスはドッセーナ選手を諦めた模様。もちろん間髪入れずにスパーズがやってきましたよ。

そこで

ユヴェントスはレッジーナのフランチェスコ・モデスト選手に向かう模様。

はぁ

最終ラインの層が薄いバルセレソンは、コロッチーニ選手を穫りに行く模様。

ローン (1)

何がなんでもFAカップ・ファイナルへ行きたいカーディフは、ウィガンにアンリ・カマラ選手のローンをお願いしている模様。ハマーズがどう言うかは知りませんが。

ローン (2)

キーパー・クライシスだったセインツは1ヶ月ローンでハマーズGKリチャード・ライト選手を確保した模様。

資金潤沢

まとまった予算をもらえるヴェンゲル・コーチは、600万ユーロほどするサンテ・ティエンヌMFロイク・ペラン選手を穫りに行く模様。

説得力

ジロンダンのガブリエル・オベルタン選手にはレアル・サンマリノ、ミラン、ユヴェントスらが群がっていますが、セッコ氏は「他と違ってウチなら出番があるよ」と説得する模様。ちなみにユナイテッドとアーセナルのオファーについては「イングランドなんて興味ない」と思いっきり断ったそうです。

ガブリエル・オベルタン選手
「プレミアなんか行ったって意味がない。野心あるフットボーラーならセリエAかリーガ・エスパニョーラへ行くのが常識だよ」

放出 (1)

ロビンソンさんの退団は決定的ですが、チェルニー選手も同様に放出されるそうで、来季のスパースのキーパーは1st, 2nd共に新入りとなります。

放出 (2)

レジェス、ミスタ、ゼ・カストロ、セイタリディスらの放出は決まっているアトレティコですが、ルイスも戦力外通告を受けた模様。

どうかひとつ

QPRはボロカッスルDFピーター・ラメージ選手のために100万ポンドの予算を作った模様。

ひ弱な兄

スポーツ心理学の専門家を雇うのは今や普通のことですが、あなたは必要としたのか?と質問されたロイ・キーン・コーチは「そういう人がユナイテッドにいたな。でもさ、いつだってギャリーが面倒みてもらってたからオレらなんか頼みたくても頼めなかったろう」と答えた模様。

大枚

カーン選手に代わるキーパーを物色しているバイエルンは、1300万ユーロでセルティックGKアルトゥル・ボリュク選手を穫りに行く模様。

帰って来るな

レアル・サンマリノはフランスへ人を派遣し、リヨンにベンゼマ選手の交渉を申し込む模様。穫れるまで帰って来るな。

フェネルの大ピンチ

まさにズィッコ革命と呼ぶに相応しいフェネルですが、当然ながら多数の選手が引き抜きの対象となっており、ヴィジャレアルはエドゥ選手に狙いを定めた模様。

発狂

ゲルマンの雑誌とのインタビューにて出っ歯は「この世界にはホナウヂーニョを叩き潰したい人間たちがウヨウヨしている。けど、この世の誰も僕を殺すことは出来ない。叩きたきゃ叩け。いくら批判されたってホナウヂーニョのスピリットには傷1つつかないんだ」と口走った模様。

争奪 (1)

ヴィジャレアルとエスパニョールがアルメリアMFマネ選手に興味を示している模様。

争奪 (2)

ハマーズとセルティックがレンヌDFジョン・メンサー選手に興味を示している模様。

が〜ん

ルートさんは足首の手術を行いました。約6週間の離脱です。また来シーズンでございます。

ロベルト・ソルダード・リージョ選手
「ルートにはバッドニュースかもしれないけど、僕はガッツポーズだ。誰か壊れろって祈り倒していたんで、まさに最高のタイミングで最適な人が倒れてくれた。レアル・サンマリノの9番を着けたからには活躍しないといかんと思うんだ。これでようやく僕の時間が来たって気分がするな。やるぞぉ〜」

数字も証明している

プレミアシップ発足以来の警告もらっちゃったランキング。

1:ロバート・サヴェージ (87枚)
2:リー・ボウヤー (82枚)
3:ジョージ・ボアテンク (75枚)
4:ポール・インス (74枚)
5:パトリック・ヴィエラ (72枚)
6:ケヴィン・デイヴィス (70枚)、レスリー・マーク・ヒューズ "スパーキー" (70枚)
7:ロイ・キーン (69枚)

すげぇ (笑)

プレミアシップ発足以来の退場ランキング・トップ5。

1:ダンカン (8回)、パトリック・ヴィエラ (8回)
2:ロイ・キーン (7回)、ヴィニー・ジョーンズ (7回)、アラン・スミス (7回)

壊滅状態

3番手までのキーパーがことごとく壊れてしまったセインツは、カービシュリー・コーチにリチャード・ライト選手のローンをお願いしている模様。

ようやく気がついたか

代表について質問されたオーウェン選手は「そんなこと考えてる場合じゃない」と答えた模様。

マイクル・ジェイムズ・オーウェン選手
「ボロカッスルの状況を考えたら代表なんて言ってる場合じゃない。一刻も早く安全圏まで持っていくのが今の目標だよ」

アンタッチャブル

ジャンルカ・ナニ氏はハマーズのアカデミーについては手を触れない模様。

ジャンルカ・ナニ氏
「もちろん下部組織の充実は非常に大切です。日々、向上を目指すのは言うまでもありません。しかし、ハマーズにはイングランドで最高のアカデミーがあります。この組織に手を加える意味は全くありません」

オシェイかよ

リオは腰を傷めてボルトン戦を欠場しましたが、週末のナショナルダービーもひょっとするとなんだそうです。そこでオシェイだってよ。

無茶だな

カペッロ・コーチは、まだ1試合しかプレーしていないフォスター選手を呼ぶそうで、犠牲者はクロアチア戦の方になるそうです。

後任

フィオレンティーナはフレイ選手の代わりとしてクルゼイロGKマシエーウ選手を検討中。しかし、この人も猛烈アピール中。

エミリアーノ・ヴィヴィアーノ選手
「フィオレンティーナを心から愛している。いつかあそこでプレーするんだって、それだけを心の支えにやってるんだよ」

大放出

ポンペイはプロ契約に値しないアカデミーの選手を6名ほど放出した模様。

知らん

ウイファルシ選手の獲得についてアトレティコのセレーゾ会長は「現場からそのような名前はあがって来ていない。興味があるかって?さぁ、なんともなぁ」と逃げ回っている模様。

参戦

なんといいましょうか、まぁ、ヒドいんですがね、ミランが。それでマリオ・ゴメス選手に乗り出すそうですよ、殿は。

欠場

膝を傷めているソル・キャンベル選手のスパーズ戦出場は極めて微妙。

ハリー・レドナップ・コーチ
「だいぶ苦労しているね。経過を見るしかないんだが、あまり期待しないでおこう。フレイダルションはディスタンとも問題なくコンビを組めるから心配はしていない」

まだ現役だったのかよ

ロナルト・デ・ブール選手がアル・シャマールとの契約を解除し、現役を引退した模様。今後は国へ帰ってコーチ修行。

ふんっ

なんといいましょうか、まぁ、ヒドいんですがね、ミランが。それで怒ってるんですよ、ジラルディーノ選手が。なんでオレじゃなくてパロスキが先に出るんだって。

泣きてぇ、じゃない、内定

なんといいましょうか、まぁ、ヒドいんですがね、ミランが。それで来るんですよ、シェヴチェンコさんが、来季から、ローンで。そういう話がついてるそうでスキー。

自爆テロだっていうのに

サンプはカッサーノさんの給料という大変困難な問題に直面しておりますが、インテルとユーヴェが「それなら」と乗り出す可能性があり。

ご延長

チェルスキーFWベン・サハル選手のオウルズへの出向期間が4/19まで延長。

イングランド・プレミアシップ第27週

トテナム・ホットスパー 4-4 スパルタク・チェルスキー (主審:マイク・ライリー)
スパーズの得点:12分ジョナサン・ウッドゲイト "ウッディ"、61分ディミタール・ベルバトフ、75分デブ・ハドルストーン、88分ロバート・キーン
チェルスキーの得点:3分ディディエ・ドログバ、20分ミカエル・エシェン、52分&80分ジョー・コール

アヴラム・グラント・コーチ
「スリルとサスペンスに満ちあふれたスコアだな。しかしセットプレーから3つやられるっていうのは如何なものかと思うね。3回勝ち越しているのに追いつかれるのは何か問題があるんだ。本来ならセットプレーでの守備は我々の売り物だったんだがな。それにしてもスパーズは2試合でセットプレーからの得点が5つか。なんでそんなに決められるのかね」

トテナム・ホットスパー
GK1:ポール・ロビンソン
DF28:アラン・ハットン
DF39:ジョナサン・ウッドゲイト "ウッディ"
DF26:レドリー・キング (68分-23:ダレン・ベント)
DF2:パスカル・チンボンダ
MF8:ジャーメイン・ジェナス (46分-22:デブ・ハドルストーン)
MF4:ディディエ・ゾコラ
MF25:アーロン・レノン
MF15:スティード・マルブランク
FW10:ロバート・キーン
FW9:ディミタール・ベルバトフ

スパルタク・チェルスキー
GK23:カルロ・クディチーニ
DF20:パウロ・ヘナト・レボーショ・フェレイラ (90分-7:アンドレイ・シェヴチェンコ)
DF26:ジョン・テリー
DF6:ヒカルド・アウベルト・シウヴェイラ・デ・カルヴァーリョ "リッキー"
DF3:キャシュリー・コール
MF5:ミカエル・エシェン
MF8:フランク・ランパード
MF4:クロード・マケレレ
FW10:ジョー・コール (82分-13:ミヒャエル・バラック)
FW11:ディディエ・ドログバ
FW21:サロモン・カルー (71分-33:アレッサンドロ・ホドリゴ・ディアス・ダ・コスタ "アレックス")

マンチェスター・ユナイテッド 2-0 ボルトン・ワンダラーズ (主審:アラン・ワイリー)
ユナイテッドの得点:9分&19分クリスティアーノ・ホナウド・ドス・サントス・アヴェイロ

サー・アレックス・ファーガソン・コーチ
「勝ったらヴェンゲルんとこと3ポイント差つくからな、そりゃやる気だけは満々だったっぺ。だどもチームいじったからよ、内容からしたらこれで金とんなぁどうだっぺかって感じだってからに。前半で点とれちまったらしょうがねっぺな。またなんだか後半はボルトンにチャンスくれちまいやがって。クリスティアーノは伝説になるかって?んなもの仕事みてりゃ一目瞭然だっぺ。あのポジションでこんな仕事できるやつなんざ他にいるっぺか?誰もいねっぺ」

ギャリー・メグソン・コーチ
「2点目はですね、天才にしか決められないゴールです。どうしょもないでしょう。なんでああいうキックが可能なのか全くわかりません。ウチの選手も何がなんだかサッパリとお手上げでしたもの」

マンチェスター・ユナイテッド
GK29:トマシュ・クツチャク
DF22:ジョン・フランシス・オシェイ
DF15:松平健 (58分-6:ウェスリー・ブラウン)
DF19:ジェラール・ピケ・ベルナベウ
DF4:オーウェン・リー・ハーグリーヴス
MF24:ダレン・フレッチャ
MF8:アンデルソン・ルイス・デ・アブレウ・オリヴェイラ (70分-18:ポール・スコールズ)
MF17:ルイス・カルロス・アウメイダ・ダ・クーニャ "ナニ"
MF7:クリスティアーノ・ホナウド・ドス・サントス・アヴェイロ
FW9:ルイ・サハ (70分-10:ウェイン・ルーニー)
FW32:カルロス・アルベルト・テヴェス

ボルトン・ワンダラーズ
GK26:アリ・アル=ハブシ
DF15:グレタル・ラフン・シュテインション
DF5:アブドゥライェ・メイテ (46分-2:ニッキー・ハント)
DF31:アンドリュー・オブライエン
DF11:リカルド・ガードナ
MF19:ギャヴィン・マッキャン
MF17:ダニエル・ガスリー (82分-7:ステリオス・ジャンナコプーロス)
MF32:マシュー・テイラー
MF24:ジョーイ・オブライエン
MF21:エル・ハッジ・ウセイヌ・ディウフ
FW14:ケヴィン・デイヴィス

セリエA第28週

ナポリ 2-0 フィオレンティーナ
ナポリの得点:23分&31分エセクィエル・イヴァン・ラヴェッツィ

パルマ 2-1 パレルモ
パルマの得点:52分&90分rイゴール・ブダン
パレルモの得点:68分エディンソン・ロベルト・ゴメス・カヴァーニ
エスプルシ:27分マクドナルド・マリガ (パルマ)、70分アンドレア・バルツァーリ (パレルモ)

マウリツィオ・ザンパリーニ会長
「ゴールは取り消される、リゴーレはとってくれない。ヒドい判定だ。こんなものは受け入れられないよ。いっそオーナーなんか辞めてやろうかと思ってる。グイドリン?この段階でコーチを交代させて何の意味があるのかね。ただ彼には私の意見を知っておいてもらいたいから話し合いはする」

ACミラン 1-2 サンプドリア
ミランの得点:71分アルベルト・パロスキ
サンプの得点:12分クリスティアン・マッジオ、25分ジェンナーロ・デル・ヴェッキオ

カルロ・アンチェロッティ・コーチ
「庇いようのない最低のパフォーマンスだ。失点は2つとも有り得ないミスから起きている。そもそも試合への入り方からしてメチャクチャだったしね。カカーが10分で壊れたのも影響しているんだろうが、それにしたってお粗末にも程がある。色んな面、とくに精神的な部分だが、マンネリに陥ってるのは否定できないだろう。しかし、それを今ここで言いはじめてもしょうがない。これはシーズンが終わってからじっくり話すべき課題だ」

ワルテル・マッツァッリ・コーチ
「チーム力は確実に上向いている。内容も申し分ない。後半は多少バテた部分があったけど、それまでの展開は見事だったと思う。最終的な順位について考えるような余裕はこのチームにない。目の前の試合を確実にこなして行くしかないんだ。何位に入るかは成り行きだよ」

ACミラン
GK16:ゼリコ・カラッツ
DF44:マッシモ・オッド
DF13:アレッサンドロ・ネスタ
DF4:カハベール "カッハ" カラーゼ
DF18:マレク・ヤンクロヴスキ (55分-19:ジュゼッペ・ファヴァッリ)
MF21:アンドレア・ピルロ
MF8:ジェンナーロ・イヴァン・ガットゥーゾ
MF23:マッシモ・アンブロジーニ (46分-11:アルベルト・ジラルディーノ)
MF10:ごく潰し
MF22:ヒカルド・イゼシオン・ドス・サントス・レイテ "カカー" (10分-43:アルベルト・パロスキ)
FW7:アレシャンドレ・ホドリゲス・ダ・シウヴァ "パト・ブランコ"

サンプドリア
GK1:ルカ・カステッラッツィ
DF6:ステファノ・ルッキーニ
DF7:クリスティアン・マッジオ
DF5:ピエトロ・アッカルディ
DF29:ダニエレ・ガスタルデッロ
MF4:セルジオ・ヴォルピ
MF46:ミルコ・ピエリ (74分-77:クリスティアン・ゼノーニ)
MF17:アンジェロ・パロンボ
MF40:ジェンナーロ・デルヴェッキオ (88分-3:レト・ツィーグラー)
MF21:パオロ・サンマルコ
FW13:エミリアーノ・ボナッツォーリ (76分-11:クラウディオ・ベッルッチ)

カリャーリ 1-0 アタランタ・ベルガモ
カリャーリの得点:18分rロベルト・アクアフレスカ
エスプルシ:76分モリス・カロッツィエーリ (アタランタ)

エンポリ 0-0 ユヴェントス

アルベルト・マレサーニ・コーチ
「ここで負けたら自信が粉々になるところだったから引き分けで満足だ。贅沢は言わん」

クラウディオ・ラニエリ・コーチ
「まぁ、あの、なんですかね、満足とは程遠いでしょうな。しかし相手は非常によく訓練されている組織の固いチームですから、付け入る隙はほとんどなかったでしょう。ベストは尽くしましたが、これ以上はどうすることも出来ませんよ。他も全てコケた?そうですか。シーズンの終盤は厳しいですからね。とりわけ落ちたくないチームとヨーロッパを狙うチームとの対戦はデリケートになるんですよ」

エンポリ
GK1:ダヴィデ・バッシ
DF16:リノ・マルツォラッティ
DF2:フェリチェ・ピッコロ
DF77:ルカ・アントニーニ
DF6:イグナツィオ・アバテ
MF5:ダヴィデ・モロー (77分-21:セバスティアン・ジョヴィンコ)
MF24:アントニオ・ブシェ
MF17:ジャンルカ・ムサッチ (70分-32:アレッサンドロ・ブデル)
MF18:ギジェルモ・ゴンサロ・サンチェス・ジャコマッツィ (57分-10:イギール・ヴァンヌッキ)
MF19:クラウディオ・マルキジオ
FW27:レイ・ヴォルパト

ユヴェントス
GK1:ジャンルイジ・ブッフォン
DF5:ジョナサン・ゼビナ
DF33:ニコラ・レグロッターリエ
DF3:ジョルジオ・キエッリーニ
DF29:クリスティアン・モリナーロ (29分-21:ズデネク・グリュゲラ "ゲロゲ〜ロ")
MF30:チアーゴ・カルドーソ・メンデス (61分-17:ダヴィド・トレセゲ)
MF23:アントニオ・ノチェリーノ
MF8:マウロ・ヘルマン・カモラネージ・セッラ (82分-11:パヴェル・ネドヴェド)
MF7:ハッサン・サリハミディッチ
FW9:ヴィンチェンツォ・イアクィンタ
FW10:アレッサンドロ・デル・ピエーロ

カタニア 0-0 また中途半端に似せたユーヴェ

リヴォルノ 1-1 レッジーナ
リヴォルノの得点:61分エリオン・ボグダーニ
レッジーナの得点:33分フランコ・ブリエンツァ

トリノ 0-1 ウディネーゼ
ウディネーゼの得点:25分シモーネ・ペペ

ジェノア 1-1 インテル
ジェノアの得点:86分マルコ・ボッリエッロ
インテルの得点:11分オスカル・ダヴィド・スアソ・ヴェラスケス

ジャン・ピエロ・ガスペリーニ・コーチ
「前半の内容はかなり好かったから勝つチャンスはあった。ボッリエッロをサブにしたのは、このところ働き通しなので休ませる必要があったんだよ」

ルチアーノ・ガブリエル・フィゲロア "ルチョ"選手
「確かに勝てるだけのチャンスは作ったんだけど、相手を考えたら引き分けでも十分すぎる。個人的にはゴール前でのツキがなかったと思う。でもフル出場できたから凄く嬉しい」

ロベルト・マンチーニ・コーチ
「退場が全ての流れを変えてしまった。1枚目は確かにペレに非はある。しかし2枚目の判定が妥当だったかはビデオをよく観てもらいたいね。ジャンルカ・ロッキについては過去にも色々あったので、我々との相性は如何なものかと言うしかないだろう。ただ彼がサンプドリアにも似たようなことしてるしね」

ジェノア
GK73:アレッシオ・スカルピ
DF25:ガエタノ・デ・ローサ (71分-29:ファビアーノ・ロドリゲス・リマ)
DF18:ドメニコ・クリシート (52分-16:アレッサンドロ・ルカレッリ)
DF33:グレイソン・ピント・ドス・サントス (46分-22:マルコ・ボッリエッロ)
MF24:アブドゥライ・コンコ
MF77:オマール・ミラネット
MF7:マルコ・ロッシ
MF28:イヴァン・ユリッチ
MF8:ヴァレーリオ・サクラメント・ダニロ
FW9:ルチアーノ・ガブリエル・フィゲロア "ルチョ"
FW14:ジュゼッペ・スクッリ

インテル
GK12:ジュリオ・セサール・ソアレス・デ・エスピンドーラ
DF13:マイコン・ダグラス・シシェナンド
DF26:クリスティアン・ユーゲン・チヴー
DF16:ニコラス・アンドレス・ブルディッソ
DF6:シェレル・アンドラージ・マックスウェル
MF19:エステバン・マティアス・カンピアッソ・デラウ
MF4:ハヴィエル・アデルマル・サネッティ
(エスプルシ40分) MF30:ヴィクトル・ウーゴ・ゴメス・パソス "ペレ"
MF21:サンティアゴ・エルナン・ソラーリ (46分-24:ネルソン・エンリケ・リヴァス)
FW8:ズラタン・イブラヒモヴィッチ "ズラ"
FW29:オスカル・ダヴィド・スアソ・ヴェラスケス (69分-9:フリオ・リカルド・クルス)

ラツィオ 3-2 ASローマ
ラツィオの得点:44分ゴラン・パンデフ、58分rトンマソ・ロッキ、90分ヴァロン・ベーラミ
ローマの得点:31分ホドリゴ・タッデイ・フェランテ、62分シモーネ・ペッロッタ

クラウディオ・ロティト会長
「今シーズンはかなり厳しい立場に追い込まれたわけだが、今夜はまるで昨シーズンのような勢いが戻って来た気がした。冬の補強選手が良い意味で競争意識をもたらしたんだろう。いつになったら箝口令を解禁するかって?それはだね、我々を取り巻く空気が好転してくれたら、嫌ってほど喋らせてやるよ」

ルチアーノ・スパレッティ・コーチ
「大事なことは相手がどこであろうとも、あらゆる試合で勝ちに行くという強い気持ちだ。今日も同じ心構えだった。しかし結局は敗れてしまい、インテルを脅かすチャンスを逃してしまった。それでも戦いを放棄するわけにはいかない。選手たちを信じて最後まで食らい付いて行きたい」

ラツィオ
GK32:マルコ・バッロッタ
DF13:セバスティアーノ・シヴィリア
DF25:エミルソン・サンチェス・クリバリー
DF29:ロレンツォ・デ・シルヴェストリ (66分-5:マッシモ・ムタレッリ)
DF3:アレクサンダル・コラロフ
MF24:クリスティアン・ダニエル・レデスマ
MF85:ヴァロン・ベーラミ
MF6:ウスマネ・ダボ (84分-26:ガビ・ムディンガイ)
FW19:ゴラン・パンデフ
FW18:トンマソ・ロッキ
FW9:ローランド・ビアンキ (72分-11:ステファノ・マウリ)

ASローマ
GK32:ドニベル・アレシャンドレ・マランガン "ドニ"
DF3:シチェーロ・ジョアン・デ・チェーザレ "シシーニョ"
DF5:フィリップ・メシェ
DF4:シウヴェイラ・ドス・サントス "ファン"
DF77:マルコ・カッセッティ (89分-2:クリスティアン・パヌッチ)
MF16:ダニエレ・デ・ロッシ
MF8:アルベルト・アクィラーニ
MF10:フランチェスコ・トッティ
MF11:ホドリゴ・タッデイ・フェランテ (66分-14:リュドヴィク・ジュリー)
MF20:シモーネ・ペッロッタ
FW9:ミルコ・ヴチニッチ (84分-30:アレッサンドロ・ファイオーニェ・アマンティーノ "マンチーニ")

Copyright © 1997-2008 0-0 <empate>. All Rights Reserved.
Apple, the Apple logo, and Mac are trademarks of Apple Computer, Inc., registered in the U.S. and other countries.
The Made on a Mac Badge is a trademark of Apple Computer, Inc., used with permission.