Information
Archives
失礼だ

来季の戦場がUEFAカップになっちゃったらと質問されたガッツさんが「ブラティスアヴァだとかブルガリアだとかよ、そんなショボイとこ行きたかねぇよ」と思いっきり口を滑らせた模様。

今シーズンもお世話になりました

中足骨を折って離脱中だったリーガプールDFダニエル・アッゲル選手は、どうやらこのままシーズン・オフとなる模様。

ラファエル "ラファ" ベニテス・マウデス・コーチ
「大きな打撃だが、まず完全に回復してもらうことの方が先だ。幸いにしてシュクルテルがいるので心配はない」

週給2000万円以上くれますか?

出っ歯が「ランパード、ウチへ来いよ」と誘っている模様。

ホナウド・デ・アジス・モレイラ "ホナウドII"選手
「チェルスキーでの実績はグレートと呼ぶに相応しい。ただ、そろそろ移籍なんてどうかな。もちろんウチのチームに」

ご延長

セヴィージャDFロロ選手が2010年まで契約を延長。違約金は1800万ユーロの設定。

大使

サー・アレックスはロボがクラブの親善大使候補になっていると公表した模様。

サー・アレックス・ファーガソン・コーチ
「まだなんもハッキリしちゃいねぇからよ、ベラベラ喋るわけにゃいかねっぺ。だどもブライアンに頼んでるこた頼んでっぺ。ユナイテッドの顔としちゃ一番相応しってからに」

UEFAチャンピオンズリーグ・ドロー

<クオーターファイナル>
1:アーセナル v リーガプール (笑)

アルセーヌ・ヴェンゲル・コーチ
「イングランド勢が4チーム残ってるわけだから、誰かがこういう抽選を引き当てることになるんだ。彼らはヨーロッパでだけは非常にウマい戦いをするチームなんだけど、こちらにも自信がある。その時のコンディションが全てを決めるだろう。3連戦?まぁ、よくある偶然だよ。出来たら3連勝と行きたいね。大会に関係なく我々はあらゆる試合で勝ちに行く」

ラファエル "ラファ" ベニテス・マウデス・コーチ
「何か利点を捜すとすれば、2nd Legをアンチフィールドで行えることだね。これは非常に大きい。おそらくほんの些細な部分で勝負が決まるはずだ」

リック・パリーCEO
「プレミアだけは来るなと願っていました。ですが確率から言えば、予想された結果です。ウチが被害を被ったのは残念ですがね。しかしリーグ戦を入れて3連戦ですからね。この3つは相当にタフでしょう。まぁ、ルートコへ行かないで済んだだけでもよしとしておきましょうか」

2:ASローマ v マンチェスター・ユナイテッド

サー・アレックス・ファーガソン・コーチ
「てっきりプレミアのチームが来るって思ってたからよ、またローマだっぺかって気分だってからに。1年で6回もやるってか。だども考えようによっちゃ手の内知ってる同士でおもしれぇ2戦になるっぺな。とにかくよ、今度はよ、ティフォージをどうにかしれっぺ。フットボールより、そっちの方が心配だってばよ。ちゃんと警備しれ」

カルロス・マヌエル・ブリート・レアル・ケイロス・アシスタント
「昨シーズンの戦いなど何の参考にもなりません。今季のローマは比較にならないくらい強くなっています。レアル・サンマリノに2連勝だなんて普通じゃありませんよ」

ルチアーノ・スパレッティ・コーチ
「そりゃ、あんたね、簡単な相手じゃないよ。ショックを受けてる者の方が多いかな。ただ、もっと大変な相手になる可能性はあったと思う。7-1?あれからは実に多くを学ばせてもらった。どれだけ学習したかを披露するチャンスでもあるね。まぁ、やる前なんだから勝ち抜ける可能性は五分五分だよ」

ダニエレ・プラーデ・スポーツダイレクター
「最も強い相手が来たわけですが、今季の我々だってひと味違います。もちろん、出来るものなら避けたかったですよ。でも決まったからには勝ちたいです。いや、勝てると思います。かの試合はなかったものだと考えればいいんです。スパレッティは策士ですから、ユナイテッドはせいぜい警戒しといた方がいいですよ」

3:シャルケ04 v バルセレソン

ミルコ・スロムカ・コーチ
「どうせだったら最も強い所と当たった方がいい。相手に不足はないよ。スーパースターが揃ったチームと戦えるなんて、ファンも興奮するだろう」

リリアン・ユリアン・テュラム選手
「シャルケだからって喜んでる場合じゃないと思うんだ。ここまで生き残ったってことは、相当に強いってことだよ。余り情報のないチームだけど、ゲルマンのクラブなんでね、そりゃ厳しいだろうよ」

4:フェネルバッヒェ v スパルタク・チェルスキー

アヴラム・グラント・コーチ
「この段階へ来て、楽な相手、楽な試合などない。セヴィージャ戦を見ても、フェネルは相当に訓練されている好いチームだ。アーセナルを倒したセヴィージャを葬ったって所が曲者だよ。きっと難しい内容になるだろう。しかし我々の目標は、これまでと同じだ。ファイナルには縁のなかったチームなので、今度こそは辿り着きたいと願っている」

ピーター・ケニョンCEO
「プレミアのクラブだけは避けたかったので、そうならなかっただけでも御の字です。ルートコでのトラブル?私たちとフェネルは初顔合わせで、これといった因縁などありませんから、きっと純粋にフットボールの試合を楽しめるんじゃないでしょうか」

ネセト・ヤルチン副会長
「ロンドンの空気は凄いんでしょうね。楽しみですよ。そりゃやる気が出ます。そもそもサンチェス・ピスファンで勝てた我々に怖いものなどありませんし。しかしロンドンでは点がとりにくいはずなので、是非ともホームで稼ぎたいですね」

ウギュル・ボラル選手
「なんとなくチェルスキーって予感がしてたんだよね。申し訳ないけど、チェルスキーはイングランド勢の中じゃ一番弱いと思うしさ。僕らはいま自信に満ちているから、負ける根拠なんかどこにもないんだ」

<セミファイナル>
1の勝者 v 4の勝者
3の勝者 v 2の勝者

UEFAカップ・ドロー

<クオーターファイナル>
1:バイヤー04レヴァークーゼン v ツェニト・サンクト・ペテルブルク

2:グラスゴウ・レインジャース v スポルティング・クルーブ

3:バイエルン・モナコ v ヘタフェ

オットマー・ヒッツフェルト・コーチ
「イヤだと思っていたチームの1つが来てしまった。かなり厳しいな」

ミロスラフ・クローゼ選手
「ヘタフェとサンクト・ペテルブルクだけは来るなって祈ってたのに。ビッグスターこそいないけど、ヘタフェのフットボールには予測不能な面がある。油断したらやられるだろう」

4:フィオレンティーナ v PSVアイントホーフェン

パンタレオ・コルヴィノ・スポーツダイレクター
「正直に言います。なんだよ、PSVかよって気分です。我々はバイエルンを望んでたんですがね。しかしこればかりは選べませんので、クラブの威信をかけ叩き潰しに行きます」

アンドレア・デッラ・ヴァーレ会長
「ここまで来たら力は拮抗している。どこが来ても同じだ。PSVは国際経験が豊富なので、決してナメることなく戦ってもらいたい」

<セミファイナル>
3の勝者 v 1の勝者
2の勝者 v 4の勝者

やんなっちゃうな

チェルスキー週給ベスト10。

1:ジョン・テリー 週給13万ポンド (約2700万円)
2:アンドレイ・シェヴチェンコ 週給12万ポンド (約2500万円)
2:ミヒャエル・バラック 週給12万ポンド (約2500万円)
4:ディディエ・ドログバ 週給11万5000ポンド (約2300万円)
5:フランク・ランパード 週給10万ポンド (約2000万円)
6:ジョー・コール 週給9万ポンド (約1800万円)
7:リッキー 週給8万ポンド (約1600万円)
7:バカ 週給8万ポンド (約1600万円)
9:ペトル・チェヒ 週給7万5000ポンド (約1500万円)
10:キャシュリー・コール 週給7万ポンド (約1400万円)

高い

エヴァートンはセヴィージャMFセイドゥ・ケイタ選手を穫りに行く予定ですが、セヴィージャは1300万ユーロふっかける模様。

争奪

ポンペイとハマーズはウディネーゼMFガエタノ・ダゴスティーノ選手に興味を示している模様。ハマーズの場合はジャンルカ・ナニ次期スポーツダイレクターの推薦。

ハイリスク

ダービー戦はフォスター選手が先発するそうで、イヤな予感がムンムンのユナイテッドですが、サー・アレックスはリスクついでにギャリー・ネヴィル選手をサブに入れることを検討中。ちなみにキーパーの控えにはトム・ヒートン選手が入る模様。

留任

フルアムのモハメド・アル・ファイド会長は、たとえ降格してもホッジソン・コーチで続行させる意向。

再挑戦

スパーズは夏のマーケットでダウニング選手とチアーゴ選手に再挑戦する模様。チアーゴ選手には1200万ユーロほどの予算をとったそうですが、あとひと声ですね。

マンチョ言いたい放題

色んなネタを提供してくれたマンチョは、フィーゴ、レコバ、アドリアーノら困った人たちの追放をモラッティ会長へ要求。ついでにサンプドリア戦にて途中交代に楯突いたヴィエラ選手が罰せられないのはおかしいとクレームをつけているそうです。

プレッシャー

ミニ・ミー副会長は「サイクルが終わったわけではない」と主張していましたが、カカー選手は「んなもの終わったに決まってんだろ」と言い切ってる模様。

ヒカルド・イゼシオン・ドス・サントス・レイテ "カカー"選手
「この状況でサイクルが終わってないって考えるてるなら頭おかしいよね。どんなに名前のある選手でも、いつかは衰えて辞める時が来るんだ。もう大幅に若返らせるべきだと思うね。ミランの将来を担う選手たちが来てくれることを期待してるよ」

富豪

サトゥルン・ラメンスコイェはグィサ選手に5年契約・総年俸1200万ユーロの凄いオファーを出していたそうですが、本人はロシアなんか絶対にイヤだと拒絶。

それ、要りませんよね

セグンダ・ベティスがエヂミウソンなら引き取るとバルセレソンへ打診。

ますますピンチ

リーガプールのルーカス選手に削られて負傷したジェイムズ・ミルナ選手は、約3週間の離脱。

やり過ぎスパーズ (1)

ファンデは2000万ポンドぐらいのオファーであればベルバトフ選手の売却に応じる意向。

やり過ぎスパーズ (2)

大幅な戦力入れ替えを考えているスパーズは、アーロン・レノン選手も放出の対象だそうです。

完全移籍

スパーズはローンで出ているスタルテリ選手とガードナ選手については、条件次第で完全移籍させる模様。

退団

マジョルカのグスタヴォ・シヴィエーロ・フットボールダイレクターが、クーペル・コーチのスタッフ入りするため辞表を提出。

押し売り

アクィラーニ選手の補強を望んでいるアトレティコは、取引の中にレジェス選手を含める模様。

襲撃

バルセレソンが「デ・ロッシの交渉をさせろ」とローマに迫っている模様。

見つけるまで帰ってくるな

デ・ロペラのバカがスイス、ベルギー、ゲルマンへスカウトを派遣。センターバック、センターハーフ、ストライカーを見繕って来いと命じているそうです。

帰国シガン

契約が終わるヴィジャレアルとはお別れする意向のパスカル・シガン選手には、PSG、マルセイユ、リールが興味を示している模様。

ラスト2

アシュリー・オーナーは「この2試合で改善したところを見せてくれ」とキーガン・コーチに結果を求めている模様。ますますデニス・ワイズ登場が現実的になって来た。

サイコ・スリラー

口八スさんの口八スな生き方に感心しているサイコが「このままなら45歳までプレー出来るだろう」などと口走ってる模様。

30口座を持つ男

ジェンバ=ジェンバ選手の代理人が「ウチのクライアントには経済観念がない」とボヤいている模様。

クリストファ・モンガイ代理人
「あの人には我々の常識など通用しません。およそ経済観念など持ち合わせてないんですから。銀行口座なんか30持ってたんですよ。その間を曲芸みたいに金が行き来してるんですからヒドいもんです。車にしたって四駆が10台。10台ですよ、あなた。そんなわけですから、ユナイテッドにいた時は月に換算すると7万5000ポンドほどもらっていたのに、支給されたそばから全てローンの支払いへ直行なんです。生活のお金?勝利給とか、特別ボーナスをアテにしてましたね。ただ、それじゃ明らかに足りないですから、しまいにゃユナイテッドにバンスを頼む始末で、ウチはキャバクラじゃないって顰蹙買いました」

ヴィラの証言者
「ハマーっていうの?でっかい装甲車みたいな車。あれ持ってたんだよね。どこのビッグスター様がお買い求めになったんだって思ったら、ジェンバ=ジェンバでやんの。大して仕事しない選手だったけど、風貌だけはクラブで一番ビッグだったね。もう着るものなんか上から下まで全部ブランドものなんだもの」

身の危険

グレン・ローダ・コーチのところで好いプレーをしているというリー・クロフト選手には、ウィガン、サンダランド、ボルトンらが注目している模様。

お前さん

残されたタイトルは例年通りリーガ・エスパニョーラのみとなったレアル・サンマリノですが、野獣は「トレブルなんて公約してない」と居直ってる模様。

ジュリオ・セサール・バティスタ "野獣"選手
「そりゃチャンピオンズリーグは欲しかったさ。でも今季は運がなかったんだ。単にそれだけだよ。ここは気持ちを切り替えて、リーガ・エスパニョーラに集中するべき時だ。来季はどうにかビッグイヤーをって考えているから、とりあえずそれで勘弁してくんねぇかな」

死活問題

かつてジョゼさんの発言によって引退へ追い込まれたアンデルス・フリスク元審判員が、ポンペイ戦後のサー・アレックスによる審判批判について「もうちょっと考えて話せ」と主張。

アンデルス・フリスク元審判員
「もちろんサー・アレックスはポーツマスに敗れた悔しさから判定について文句を言ったに違いありません。試合が終わった直後の興奮状態にありますからね。ただ彼ほどの偉大なコーチからあのような発言が出たのは非常に残念でした。どうか口を開く前に、よく考えてもらいたいです。うっかり話したことが、とんでもない波紋を広げることになるんですから」

オレぐらい図太く生きろ

他たかれても、詰られても辞める気配などサラサラないカルロが、マンチョのメルトダウンについて「理解出来ない」と論評している模様。

カルロ・アンチェロッティ・コーチ
「なんでああいうことを言ったのか理解できない。もちろん理由があっての発言なんだろうけど、それを他人が推測するのは不可能だよ。本人しかわからないものだ。だから理由のわからんものについて語るのは無理じゃないか。ウチもイスタンブールじゃとんでもない目に遭ったが、幸いにしてミランは誰かを断罪するような社風じゃなかった。だから前向きに立て直せたんだ。それが全てのケースに当てはまるわけじゃないだろうが、とにかくイスタンブールではそうだったってことだ」

エンリコ・プレツィオージ会長
「もしガスペリーニがそのような発言をしたら即座に解任だよ」

ロベルト・マンチーニ・コーチ
「明らかにクラブの足を引っ張ることになったので、時間を戻したいくらいだ。あれが、その場の気持ちだよ。事前に考えてなんかない」

否定

メッシ選手の負傷の原因は12歳から投与している成長ホルモンのせいじゃないかという説が出回っているようですが、彼の父親は「医学を知らない者の無責任な意見だ。医者に確認したが全く関連性はない」と怒り狂っている模様。

欠場

アンドラーデ選手は左膝にメスを入れたそうで、ユーロは完全にノーチャンスとなった模様。

ご延長 (1)

カウントダウンが始まっているデリオ・ロッシ・コーチでしたが、ロティト会長は2年の契約更新をオファー。

クラウディオ・ロティト会長
「私はデリオ・ロッシの仕事に満足しているので2年契約を打診した。きっとチームを立て直し、また楽しい時間を我々に提供してくれると信じている」

ご延長 (2)

カリーム・ベンゼマ選手がリヨンと2013年までの契約を結んだ模様。

ミシェル・プラティニ会長
「私は身体でゴリゴリ行くよりも、頭を使って点をとる選手が好きだ。その点では申し分内タレントだよ。デブと比較する人もいるが、もう少しクラシックなタイプだと思う」

ジャン=ミシェル・オラス会長
「海外からの攻勢がありましたので、現状で可能な最大限の条件を出させてもらいました」

願望です

ユーヴェ移籍にノリノリなエルマンデル選手ですが、商売がかかってる代理人は「ユーヴェだったら誰でも行きたいでしょう。願望を語っただけですね」とコメントしている模様。

インテル値段

非常にライバルが多いラキティッチ選手の獲得レースですが、何がなんでも確保したいインテルは他のクラブに先駆けシャルケに値段を提示する模様。

リーズナブル

トリノは200万ユーロ程度で買えるスパルタ・プラハDFミヘル・カドレツ選手に興味を示している模様。

落ちるどころか

このままならUEFAカップも夢ではないアタランタですが、あくまでも目的は残留だそうで、それを確実にしたらデル・ネーリ・コーチと契約更新する模様。

未定

今後の予定についてネドヴェド選手は、シーズン終了後に決めるとコメントしている模様。

チャンス

ヴチニッチ選手が「もし立場が逆だったら立ち直れないもの」と、ヨーロッパ・ショックのインテル仕事に凄く期待している模様。

ミルコ・ヴチニッチ選手
「精神的な部分で何かがプッツリ切れるはずだ。ヨーロッパで負けたらダメージは大きいよ。もしローマがそうだったら立ち直るのは難しいもの。なんだかチャンスの予感がプンプンするな」

いい迷惑

一方、そのインテルと今週末に対戦するパレルモのバルツァレッティ選手は「間が悪い」とボヤいている模様。

フェデリコ・バルツァレッティ選手
「いや、むしろ怒る狂ってるんじゃないの。その怒りをスクデット・レースにぶつけてくるはずだから、こっちにしたら最悪のタイミングで試合だよ」

ナンバーワン

カラッツ選手は来季もミランの正GKとなるようで、補強は彼の座を引き継ぐ若手のキーパーになる模様。

調子のってやがるな

ダービー戦の結果に気をよくしたランちゃんとキャシュリーがシートベルト装着義務違反と運転中の携帯使用違反を犯していたとかで、60ポンドの罰金と最長6週間の免停が待っている模様。

トライアル

遂に無職となってしまったマイクル・リケッツ選手には、セインツのナイジェル・ピアソン・コーチが1週間のテストをオファー。

ナイジェル・ピアソン・コーチ
「実績のある選手なので、試してみる価値はある。この1週間でどの程度のものなのか見極めてみたい」

ローン (1)

プレミアシップへはストレートインで昇格したいストークは、ポンペイにニュージェント選手のローンを打診している模様。

ローン (2)

2人のキーパーが手術を行うことになったコヴェントリーは、今季終了までの契約でシティGKキャスパー・シュマイケル選手を借りた模様。

ローン (3)

フルアムは今季終了までの契約でマイクル・ティムリン選手をスウィンドンへ出向させた模様。

ローン (4)

ストークは1ヶ月ローンでウルヴスFWジェイ・ボスロイド選手を借りた模様。

ローン (5)

セインツは1ヶ月ローンでストークFWヴィンセント・ペリカルド選手を借りた模様。

ローン (6)

ジョーダンズ親衛隊に向かってお下劣な抗議をしたということで2週間分の罰金と謹慎が言い渡されていたシェフキ・ククィ選手が、シーズン終了までイプスウィッチへ出向させられた模様。

ウチは使う

さっぱり使ってくれないチャールトンとのローン契約を取り消す可能性が高いチェルスキーMFシンクレア選手には、ジョーダンズが興味を示している模様。

アラン・パーデュ・コーチ
「ローンで来る選手には、即戦力としての期待がかかっているわけですが、そんなに簡単な話じゃありません。中にはすぐに救世主のような活躍をしてくれる選手がいますが、そうでない場合だって多いんです。ルロイ・リタですら役立ってるとは言えないわけですからね」

UEFAカップ 4th Round, 2nd Leg

SVヴェルダー・ブレーメン 1-0 (agg 1-2) グラスゴウ・レインジャース
ヴェルダーの得点:58分ヂェーゴ・リバス・ダ・クーニャ

スポルティング・クルーブ 1-0 (agg 2-1) ボルトン・ワンダラーズ
スポルティングの得点:85分ブルーノ・マルケス・アレシャンドレ・ペレイリーニャ

Copyright © 1997-2008 0-0 <empate>. All Rights Reserved.
Apple, the Apple logo, and Mac are trademarks of Apple Computer, Inc., registered in the U.S. and other countries.
The Made on a Mac Badge is a trademark of Apple Computer, Inc., used with permission.