Information
Archives
とんだ100周年

モラッティ会長は100周年記念目玉補強について「穫れるものならメッシ、アグエロ、フェルナンド・トーレスを買いたい」などと口走っている模様。

マッシモ・モラッティ会長
「カッサーノ?まともな人間になったと証明する必要がある。要は自分をコントロールする能力だね。今のところ、それが備わっているとは思えない」

ピケ?

ユヴェントスは来季の戦力としてユナイテッドのジェラール・ピケ選手に興味を示している模様。

後任

ユヴェントスはポスト・ネドヴェドとしてシャルケのラキティッチ選手を検討中。

イヴァン・ラキティッチ選手
「ユヴェントスのような世界的クラブが、僕に関心を持ってるなんて夢のような話だ。ビッグクラブへ行くのは目標の1つなんだけど、もうそろそろ実行してもいいんじゃないかと思ってる。行き先はとくにこだわってない。プレミアでも、リーガでも、セリエAでも構わない」

延期

オランダでは警察が賃金闘争によるストライキを行うので、AZ v フェイエノールト戦とVVV v トゥヴェンテ戦が延期となった模様。

手術

膝を壊したエヴァートンFWジェイムズ・ヴォーン選手は、コロラドのリチャード・シュテットマン・クリニックへ向かった模様。

FAカップ クオーターファイナル

マンチェスター・ユナイテッド 0-1 ポーツマス
ポンペイの得点:78分pアリ・サレイ・ムンタリ

サー・アレックス・ファーガソン・コーチ
「あのよ、公平に笛吹いてくれんなら誰も審判に文句なんて言わねっぺ。だども言いたくなるってな、理由があるってからに。今日なんかデタラメもいいとこだっぺ。これが苦労してるチームだったらな、審判のくだらねぇミスジャッジでコーチのクビが飛んでるかもしんねぇ。んでもよ、そのミスした審判はよ、悪びれもしねぇで来週もちゃっかり仕事してるってからにな。これじゃ納得できねっぺ。審判のお偉方もな、ぼさっとしてねぇで仕事しろってからに。失敗したらコーチも選手も怒られっぺ。なんで審判だけなんもねぇのか説明できるもんならしてみれ。FIFAの唐変木はよ、普段は愚にもつかねぇ戯言ばっか並べてっけど、この間はいい事ぬかしたっぺ。ヨーロッパとプレミアでジャッジの基準が違うなおかしってな。オラもそう思うっぺ。こりゃ大問題にしねばなんねぇ。今日はようやくアルセーヌ・ヴェンゲルの気持ちがわかったっぺ。いつかクリスティアーノにエドゥアルドと同じ怪我が起きても不思議じゃねっぺ」

クリスティアーノ・ホナウド・ドス・サントス・アヴェイロ選手
「プレミアシップは世界最高のリーグだって言い切れるけど、何もかもが最高ってわけじゃない。とくに選手の身体を守るって部分じゃ、だいぶおかしな所がある。僕はエドゥアルドの事件以来、ボールを持つのが怖くなってるんだ。今日のジャッジの基準は全く理解できなかったよ。最初の5分で3つのファウルを受けた。だけど審判は何の仕事もしない。ペナルティになるようなのもあったけど、それすら黙殺だ。それで勝てったって無理なんだよ。ディアラなんか明らかに足を削りに来ているのに、警告すらなかった。笑っちゃうしかないよ」

ハリー・レドナップ・コーチ
「素晴らしい試合だったね。最悪のくじ運だと嘆いていたのが嘘のようだ。これまではオールドトラッフォードじゃロクな目に遭わなかったが、とうとう笑って帰る事ができる」

マンチェスター・ユナイテッド
GK1:エトヴィン・ファン・デル・サル ((赤紙76分) 46分-29:トマシュ・クツチャク)
DF6:ウェスリー・ブラウン
DF/GK5:リオ・ファーディナンド
DF15:松平健
DF3:パトリス・エヴラ
MF4:オーウェン・リー・ハーグリーヴス (68分-16:マイクル・キャリック)
MF18:ポール・スコールズ
MF7:クリスティアーノ・ホナウド・ドス・サントス・アヴェイロ
MF17:ルイス・カルロス・アウメイダ・ダ・クーニャ "ナニ"
FW10:ウェイン・ルーニー
FW32:カルロス・アルベルト・テヴェス (68分-8:アンデルソン・ルイス・デ・アブレウ・オリヴェイラ)

ポーツマス
GK1:デイヴィッド "口八ス" ジェイムズ
DF5:グレン・ジョンソン
DF15:シルヴァン・ディスタン
DF23:ソル・スルズィア・ジェレミア・キャンベル
DF7:ヘルマン・フレイダルション
MF6:ラサナ・ディアラ
MF8:パペ=ブバ・ディオフ
MF11:アリ・サレイ・ムンタリ
MF19:ニコ・クラニチャル (81分-22:リチャード・ヒューズ)
MF17:ジョン・ウタカ (74分-4:ローレン・ビサン=エタメ・マイェール "ラウレン")
FW27:ヌワンコ・カヌ (54分-9:ミラン・バロシュ)

バーンズリー 1-0 スパルタク・チェルスキー
バーンズリーの得点:66分カヨデ・オデジャイ

アヴラム・グラント・コーチ
「我々がどうだというより、まず相手を褒めなきゃならない。彼らは実に好い試合をやった。精神的にもかなり充実していたように見える。それに加えて、このピッチコンディションでは、我々に不利な状況があったのは否定できない。ショックな思いをしているかは自分ではよく分からんが、少なくともガッカリしているのは間違いないね」

サイモン・デイヴィ・コーチ
「ジョン・テリーは試合後にこう言った。‘これだけ出来るなら、もっと先まで行けます。どうか勝ち続けてください’ってね。彼ほどのビッグネームに、そんなセリフを言わせる事が出来て凄く満足だ。しかし今でも本当に勝ったのかと疑ってる部分があるんだ。明日の朝になっても、この試合結果が同じだったら、その時に信じよう」

イングランド・プレミアシップ第26週

ブラックバーン・ローヴァーズ 1-1 フルアム
ローヴァーズの得点:59分モアテン・ガムスト・ペデルセン
フルアムの得点:89分ジミー・ブラード

リーガプール 3-0 降格
リーガプールの得点:43分ジャーメイン・ペナント、45分50万ユーロお支払い決定、51分スティーヴン・ジェラード

ケヴィン・キーガン・コーチ
「まず最初の失点からしておかしい。あんなのを決められてしまうのが、今の我々を象徴している。運のカケラもない。しかも立て続けに失点となったら、もうあとはお手上げだよ。あの奇妙な3分間で全てを台無しにされた」

レディング 2-0 マンチェスター・シティ
レディングの得点:62分シェーン・ロング、87分デイヴィッド・キトソン

いきなり、これかよ

セリエA第27週:インテル 2-0 レッジーナ at ジュゼッペ・メアッツァ

インテルの得点:14分rズラタン・イブラヒモヴィッチ "ズラ"、34分ニコラス・アンドレス・ブルディッソ

ロベルト・マンチーニ・コーチ
「このところ苦労をしていたから、いつも通りの試合に戻す事が重要だった。しかし失点はしなかったが、内容的には厳しかった。前半の2点に満足せず、もっとスコアを引き離してもらいたかったがね。リーガプール?我々は痩せても枯れてもビッグクラブだから、泣き言など口には出来ない。勝ち越すしかないのは明白なんだ。たとえどんなに不利な状況だろうとね」

ジュリオ・セサール・ソアレス・デ・エスピンドーラ選手
「100周年を祝う第一歩を勝利で始められたのは嬉しい。ただ、やってるフットボールはとても100周年のチームとは思えないお粗末さだった。とりあえず、勝ったからこれで赦してくれって感じだよ。このあとにはすぐ大事な試合がある。かなり厳しい事になりそうだけど、実力を必ず勝てると信じている」

ネヴィオ・オルランディ・コーチ
「結果はともかく内容ではそんなに不満はない。ジュリオ・セサールが獅子奮迅だったお陰でインテルの集中力が続いたんだと思う」

インテル
GK12:ジュリオ・セサール・ソアレス・デ・エスピンドーラ
DF13:マイコン・ダグラス・シシェナンド
DF16:ニコラス・アンドレス・ブルディッソ
DF23:マルコ・マテラッツィ
DF4:ハヴィエル・アデルマル・サネッティ
MF14:パトリック・ヴィエラ (72分-7:ルイス・フェリペ・マデイラ・カイェーロ "フィーゴ")
MF19:エステバン・マティアス・カンピアッソ・デラウ
MF5:デヤン・スタンコヴィッチ
MF11:ルイス・アントニオ・ヒメネス・ガルセス (65分-45:ネルソン・エンリケ・リヴァス)
FW8:ズラタン・イブラヒモヴィッチ "ズラ"
FW18:エルナン・ホルヘ・クレスポ (46分-29:オスカル・ダヴィド・スアソ・ヴェラスケス)

レッジーナ
GK30:アンドレア・カンパニョーロ
DF5:ブルーノ・チリッロ復讐
DF55:マウリツィオ・ランサーロ
DF16:カルロス・アドリアン・スアレス・ヴァルデス
DF6:サルヴァトーレ・アロニカ
MF8:パウロ・ヴィトール・バレット・ヂ・ソウザ
MF34:シモーネ・ミッシローリ (58分-10:フランチェスコ・コッツァ)
MF14:ルカ・トニョッツィ
MF23:フランチェスコ・モデスト (58分-18:エミール・ハルフレドソン)
MF81:フランコ・ブリエンツァ (75分-19:スティーヴン・アヨデレ・マキンヴァ)
FW17:ニコラ・アモルーゾ

アルビトロ:クリスティアン・ブリーギ

セリエA第27週

パレルモ 1-1 ウディネーゼ
パレルモの得点:32分ファビオ・エンリケ・シンプリチオ
ウディネーゼの得点:65分フェリペ・ダウベロ・ディアス・ダ・シウヴァ

カルヴァーリョ・デ・オリヴェイラ・アマウリ選手
「ヒドい。お話しにならないよ。ホームでなにやってんだ。どう考えたって勝って終わる展開じゃないか。なんでリードを守れないのかな」

これで済んだと思うな

リーガ・エスパニョーラ1第27週:レアル・サンマリノ 2-1 レアル・エスパニョール・バルセロナ at サンティアゴ・ベルナベウ

レアル・サンマリノの得点:42分ゴンサロ・ヘラルド "ピピタ" イグアイン、72分ラウール・ゴンサレス・ブランコ
エスパニョールの得点:29分ヴァルミロ・ロペス・ロカ "ヴァルド"

セサール・ムニス・フェルナンデス主審
「試合の終わった後で、エスパニョールのカメニとかいうキーパーは、私を‘このポコチン野郎!’と罵倒し、自分のドレッシングルームへと去って行きました」

ベルント・シュスター・コーチ
「水曜にあんな試合をやったんで、次はないという気持ちで臨んだ。あまり楽しい試合とは言えないが、結果を出せたのはファンの後押しが大きな役割を果たしている。判定?今日は何の問題もなかったと思うな。いいジャッジだった」

エルネスト・ヴァルヴェルデ・テヘドール・コーチ
「タムードの退場については、試合が終わった後の出来事ですので、その場面は目にしていません。なにか審判との間にトラブルがあって、場はかなり混乱していたようです。いったい何が原因なのかは定かでないです。ペナルティをもらえるはずだったかといったご質問が多いですが、そう見えたという事は出来ます。しかし、絶対か?と問われたら、言い切れないですね」

レアル・サンマリノ
GK1:イケル・カシージャス・フェルナンデス
DF22:ミゲル・トーレス・ゴメス
DF3:ケプレル・レヴェラン・リマ・フェレイラ "ペペ"
DF16:ガブリエル・オマール・イヴァン・ハインツェ
DF12:マルセロ・ジュニオール・ヴィエイラ・ダ・シウヴァ
MF6:マハマドゥ・ディアラ
MF19:ジュリオ・セサール・バティスタ "野獣" (62分-23:ウェスリー・シュネイデル)
MF14:ホセ・マリア・グティエレス・エルナンデス "グティ"
FW20:ゴンサロ・ヘラルド "ピピタ" イグアイン (74分-9:ロベルト・ソルダード・リージョ)
FW10:ホブソン・デ・ソウザ "ホビーニョ" (46分-15:ロイストン "リッキー" ドレンテ)
FW7:ラウール・ゴンサレス・ブランコ

レアル・エスパニョール・バルセロナ
GK1:シドニー・イドリス・カルロス・カメニ
DF8:パブロ・ハヴィエル・サバレタ・ヒロド
DF21:ダニエル・ハルケ・ゴンサレス
DF19:マルク・トレホン・モジャ
DF3:ダヴィド・ガルシア・デ・ラ・クルス
MF25:ミラン・スミルヤニッチ "ロラ"
MF22:モイセス・ウルタード・ペレス
MF7:ヴァルミロ・ロペス・ロカ "ヴァルド"復讐 (68分-20:フェラン・コロミナス・テレチェア "コロ")
MF11:アルベルト・リエラ・オルテガ (82分-12:エヴェルトン・エンリケ・デ・ソウザ)
MF10:ルイス・ガルシア・フェルナンデス
FW24:ジョナサン・ソリアーノ・カサス ((ドブレ・アマリージャ93分) 64分-23:ラウール・タムード・モンテロ)

アルビトロ:セサール・ムニス・フェルナンデス

リーガ・エスパニョーラ1第27週

レアル・サラゴサ 2-1 アトレティコ・マドリッド
サラゴサの得点:34分P.P. (パブロ・イバニェス・テバル)、73分pディエゴ・アルベルト・ミリト
アトレティコの得点:26分シモン・ペドロ・デ・フォンセカ・サブロサ "シマオ"

なんともはや

ちょっと、ちょっと〜、あんた早すぎちゃたりなんかしない?「い〜んでないかい」って、よくないよ、そりゃ。戻っておいでよ。おいでってば、おいでったら、お〜いでぇじゃねぇか、平手打ち不意打ちだもんなぁ、まいっちゃったな、も〜。

名優、広川太一郎氏死去。享年69歳。

調整ローン

試合には問題なく出場できるフォスター選手についてサー・アレックスは、今季いっぱいコンディション調整のローンに出すことを検討中。

不思議な食べ物

もうフィッシュ & チップスは食したか?と質問されたアフォンソさんは「それって、なんですか?」と答えた模様。

アフォンソ・アウヴェス・マルティンス・ジュニオール選手
「食べ物はこっちの人と同じものを食べてるよ。言われてるほどマずくはないね。むしろ美味しいくらいだよ。フィッシュ & チップス?それは初めて耳にする名前だね。周りで話題にしてる人なんかいないし。いったい、どういう食べ物なの?」

アクティブなデブ

一般的には、インテルがデブを放出したのはクーペル・コーチの意向ということになっていますが、モラッティ会長によるとデブ本人の強い希望だったそうです。

マッシモ・モラッティ会長
「クーペルがデブを不要としていたという報道は誤りであって、本当はデブ本人が希望した移籍だった。なぜ我々がそれを許したかというとだね、クラブにいたくないと言い張る人間を無理に残しても好い事はないからだよ」

短命なデブ

インテル時代のデブについてモラッティ会長は「1年目が一番凄かった。でも、あとは怪我ばっかりだった」とボヤいている模様。

マッシモ・モラッティ会長
「当時は誰だってデブを欲しがった。しかし誰一人として、本当に穫れるなんて思ってもいなかった。それが実現したんでね、心から喜んだものだ。しかも、決まる直前はバルセレソンに残るような雰囲気になっていたしね。たしか連絡をもらったのはパドヴァにいた時だった。本人から直接だよ。‘デブです、バルセレソンとはもうダメです。インテルのお世話になりたい’ってね。あの1年目は、いま振り返っても凄かったな。残念ながら、その後は怪我が多くて、みんな苦しんだよ」

ミラノ・ダービー

インテル100周年メッセージにてモラッティ会長は「インテルは強いだけでなく、決して法を犯さないクリーンな姿勢があるからこそ、世界のどこでもミラノ・ナンバーワンクラブだと認知されている」と言い切りましたが、もちろん隣りのクラブは「お前らだって叩けば埃が出るだろが」と猛反発。

ACミラン広報
「過去インテルが司法当局に厄介をかけたかそうでなかったかは、調べれば明白な話です。マッシモ・モラッティ氏は記憶力に障害があるのか、あるいは嘘をついているのかのどちらかだと思います。それから、インテルに対する溢れんばかりの愛情は理解できますが、ビッグイヤーの数を比べても、それ以上のクラブが近くにありながら、ミラノ・ナンバーワンクラブと言い切ってしまうのは、如何なものかと思います。我がクラブがオリンピック委員会より表彰された日に、そのような声明を出されたことは誠に皮肉としか言い様がありません。なぜなら、我々がイタリアにおけるスポーツ文化の発展に多大なる寄与をしたからというのが、その理由だったからです。つまりスポーツ界における最大の栄誉を授かったのは誰なのだ?ということです。まぁ、しかし、いずれにしても100周年とは非常におめでたいので、ACミランは素直にお祝いを述べさせていただきます」

インテル広報
「会長はインテルの歴史と業績の素晴らしさを伝えたかっただけなのですが、つい口が滑ってしまいました」

狼少年

シェヴァの復帰についてごく潰しは「この2年はそんな話ばっかだったけど、1度として実現するような雰囲気にはならなかった。だから彼は戻って来ない」と断言している模様。

不穏当だ

「チェルスキーを殺したい」と発言したジョゼさんには、不穏当だとの声が続々と寄せられている模様。ちなみに本人は「あのな、いつかは彼らと対戦して倒してみたいものだ、って意味で言ったんだよ。行間読めよ、ば〜ろ」と弁解。

アヴラム・グラント・コーチ
「私は無益な争いを好まない人間だ。もし戦うとしたら、それはピッチでのことにしたい。もちろん同業者としてジョゼの成し遂げた偉業には敬意を表したい。しかし私はチェルスキーだけに全ての情熱を注いでいたいんだ」

退院

精神的な治療が必要ということで強制的に入院させられていたガッサが、緊要に退院を許可された模様。

そう無理なさらずに

エスパニョールの医者はタムード選手にプレーの許可を与えたそうで、レアル・サンマリノ戦のメンバーに加えられた模様。

マージーサイド・ダービー

2月のプレミアシップ最優秀コーチはエヴァートンのデイヴィッド・モイス・コーチ、最優秀選手は隣りのクラブのフェルナンド・トーレス選手となりました。

それは微妙なところだ

現在、日本の松井さんと仲好くやっているル・タレク選手は、所属でいうとまだリーガプールの選手です。彼の後悔は、ラファさんが来ると聞いて、きっとスペイン人だらけになるだろうから、要らないと言われる前に自分から出てったると早まってしまったことだそうです。半分当たってるような話ですが、果たして残っていたら出番があったかは極めて微妙なところですね。

アンソニー・ル・タレク選手
「スペイン人がごまんとやって来るだろうから、きっと僕なんかに出番はないって信じ切ってしまった。今から考えると凄い後悔だ。残っていたら使っていたなんて話を聞いたらますますだよ。あそこは静観すべきだった」

否定

バルセレソンとは個人条件で折り合ったという話題で、ポウルセン選手の代理人は「そのような事実はないので、単なる憶測記事にすぎません」と言い張っている模様。

失敗ではない

アリアディエルは最初に行くクラブを間違えましたよね?と突っ込まれたアーセナルのグリマンディ・スカウトは「結果的には成功だ」と言い張っている模様。

ジレ・グリマンディ・スカウト
「アリアディエルは失敗だったという意見を耳にするたび、こう言いたくなる。もしアリアディエルと同じチャンスが訪れるなら、迷わず同じ道を行けと。彼はまだ24歳の若い選手だ。その彼が今ではプレミアシップのクラブでレギュラーを獲得している。これは成功なんだよ」

離脱

ジェノアFWボッリエッロ選手は膝を傷めたためユーヴェ戦は欠場となる模様。

ジャン・ピエロ・ガスペリーニ・コーチ
「今から試合だったら絶対にプレーできない。外すかどうかは日曜まで待ってから決める予定だ」

ご成約

ボロカッスルのテストに合格したラミネ・ディアッタ選手が、今季終了までの契約を結んだ模様。

ローン (1)

ダービーMFクレイグ・フェイガン選手が今季終了までの契約でハル・シティへ出向することになる模様。

ローン (2)

レディングDFアラン・ベネット選手が今季終了までの契約でブレントフォードへ出向。

ご延長 (1)

ペドロ・ロペス選手がヴァジャドリとの契約を2012年まで延長。

ご延長 (2)

マイク・ファトヒ選手がヘルタと来季の契約を結んだ模様。

Copyright © 1997-2008 0-0 <empate>. All Rights Reserved.
Apple, the Apple logo, and Mac are trademarks of Apple Computer, Inc., registered in the U.S. and other countries.
The Made on a Mac Badge is a trademark of Apple Computer, Inc., used with permission.