Information
Archives
合意

リヨンとベンゼマ選手は2012年までの契約延長に合意。正式な発表は週明けになる模様。

ご破算

テクニカル・アドバイザーとしてアヤックスへ戻るはずだったクライフ氏ですが、クラブ側との考え方にズレがあるので身を引いた模様。

ヨハネス "ヨハン" クライフ氏
「下部組織をかつての水準へと戻すのが最大のテーマとなっている話だったけど、考え方や方法論にズレがあったということだ。誰かと拗れたとか、そういう感情的な話じゃない。私は根本的に造り直す必要があると感じたので、プランもその方向で立てた。しかし、いくら私がアレコレ考えてみても、実行する人間たちが納得してくれなければ事業は成就しないからね」

アッズーリ大パニック

カッサーノさんのユーロ行きの可能性について質問されたドナドーニ・コーチは「改悛の情が行動に反映されるのなら」とゼロでないことを示唆している模様。

それは個人の問題

FIFAのブラッター会長は「女子にはレズビアンだと堂々と公言している選手がいます。しかし男子からはそういう話がサッパリ聞こえてきません。モーホーならモーホーと正直に名乗りましょう。いるのは分かってるんですよ」と余計な提案をしている模様。知ってどうするのか?

あと1点

リーガプールとアトレティコは、フェルナンド・トーレス選手がシーズン25得点を決めた時点で50万ユーロの追加料金が発生する契約を結んでいる模様。現在、24でございますから、この週末にもどうなのだ?といった情勢です。

ことごとく訛ってます

ポルトガル語を喋る人間が急増したので、サー・アレックスは現在ポルトガル語を勉強中だそうです。ちなみにフランス語は多少話せるので、いつもエヴラやサハやシルヴェストルを迷惑がらせている模様。

サー・アレックス・ファーガソン・コーチ
「こんだけポルトガル語喋るヤツらがいるんだったらよ、こっちだって少しは何とかしねぇとな。んだもんだから、ちょっとばかし習ってっぺ」

ご招待です

昨夜のリーボック・スタジアムにはカルロス・ケイロス・アシスタントがいたようで、スポルティングの誰を狙ってるのか?と散々攻撃を喰らった模様。ちなみに印象に残ったのはペレイリーニャ選手。

カルロス・マヌエル・ブリート・レアル・ケイロス・アシスタント
「ボルトンさんから‘せっかくなのでいかがですか’と招待されたんです。スポルティングの誰を見るとか、そういったご質問にはお答えできません。私は常に様々な試合を感染しますし、多くの方とお会いしているんです」

お助けを

見事な轟沈ぶりでヨーロッパから去ったレアル・サンマリノですが、ペペ選手は「クリスティアーノ、お願いだから来てくれ」と泣いて頼んでいる模様。

ケプレル・レヴェラン・リマ・フェレイラ "ペペ"選手
「今のチームには満足しているけど、誰だってレアル・サンマリノでプレーするカカーやクリスティアーノが見たいはずだ。正直ね、敵として対戦するのはキツいんだよ」

歴史と伝統

アグエロ選手の代理人は、もし移籍するとしたら5チームほどが対象になると明かしている模様。

ホセ・セグィ代理人
「我々の計画はハッキリしています。あと1〜2年はアトレティコで経験を積み、次は頂上のクラブへ行きます。対象としては、イタリアならユヴェントスやミラノの2大バカ、スペインならバルセレソン、イングランドであればマンチェスター・ユナイテッドです。チェルスキー?彼らには歴史も伝統もないですから、ふっ」

ルールを知らん

スポルティングGKルイ・パトリシオ選手が、ペナルティエリアの外でボールをキャッチしたのに退場にならなかった件で、メグソン・コーチは「規則も知らん審判をよこすな」と怒り狂っている模様。

ギャリー・メグソン・コーチ
「ヒドい審判ですよ。とくに第4審判なんか頭空っぽです、あれは。明らかにルールを知らないんですから。それで我々はルールブックをコピーして彼に渡したんですが、全くピンと来ていないようでした」

離脱 (1)

PSV戦で足首を傷めたジェナス選手のハマーズ戦出場は微妙な状態。

離脱 (2)

太腿を傷めたウォルコット選手と、脹ら脛を傷めたディアビ選手はウィガン戦を欠場。

離脱 (3)

マスチェラーノ選手が肉離れを起こしたとかで、ボロカッスル戦は欠場。インテル戦もどうなるかは不明。

給料が

カメニ選手の代理人は「とてもじゃないがエスパニョールには出せない給料を打診されている」とパコ・エレーラ・ダイレクターに伝えている模様。

ボボ・アフリカ

ギニア伝説のフットボーラーだというママドゥ・ボボ氏が、チェルスキーのアフリカ方面スカウトをやっている模様。

返却

おトミーはエヴァートンが買い取らないということで、今季限りでセルティックへ戻される模様。

争奪

スパーズとマルセイユがザマレクに所属しているエジプト代表FWアミール・ザキ選手を奪い合っている模様。

死んじゃうよな

ランパード選手についてジョゼさんは「驚異的な選手で、40歳までシーズン全試合出場できる」などと評価している模様。

ローン (1)

オウルズは1ヶ月ローンでポンペイMFソンゴォ息子を借りた模様。

ローン (2)

フォレストは今季終了までの契約でプレストンFWブレット・オメロッド選手を借りた模様。背番号は18。

拒絶

デイヴィッド・ヒーリー選手がローン市場で大変な人気を集めていますが、ホッジソン・コーチに放出の考えはない模様。ところで、なぜに起用しないのか?

反省するなら

ロイ・キーン・コーチは反省の色が見られるならリアム・ミラー選手をエヴァートン戦で起用する意向。

ば〜か

ローマ戦のサンティアゴ・ベルナベウに、あのニコラス・ケイジさんがやって参りまして、レアル・サンマリノは会長以下勢揃いで記念のシャツをプレゼントし、ドレッシングルームへ招き選手に会わせるとなど、下にも置かないセレブな扱いで試合結果以外は存分に楽しませた模様。ちなみに、そのニコラス・ケイジさんは、イタリア人のそっくりさんタレントだったそうです。

ナイスな断り方

リッピ・コーチは「これを全て穫ってくれたら引き受けるよ」とミランに伝えていた模様。

ヒカルド・アンドラーデ・クァレスマ・ベルナルド
マウロ・ヘルマン・カモラネージ
ジャンルイジ・ブッフォン
ヴィンチェンツォ・イアクィンタ
ジャンルカ・ザムブロッタ

それは日記だけにしておけ

テリー選手が「アーセナルのフットボールも、僕らのフットボールも同等にスペクタクルだ」と主張している模様。

ジョン・テリー選手
「アーセナルは素晴らしいフットボールでミランを粉砕した。それはとてもファンタスティックだった。だけど色眼鏡なしにチェルスキーのフットボールを見てくれ。とくにハマーズ戦やオリンピアコス戦なんてゾクゾクするはずだ。もう退屈なチェルスキーなんて過去のものだよ」

なるほど

ガライ選手の要求する雇用条件が法外すぎるというのがバルセレソンとの移籍交渉が暗礁に乗り上げた表向きの理由だそうですが、じつはライカールト・コーチが「マルケスいるから必要ない」と強行に主張している模様。

インターセプト

パスポートの問題でラツィオへの移籍がガタガタに崩れたカリッソ選手ですが、どうやら殿のクラブが手をつける模様。

また交代か

ヨーロッパからの敗退によりシュスター・コーチへの風当たりがかなり強くなって来たわけですが、レアル・サンマリノはジョゼさんにコンタクトをとった模様。

それはイヤだって

ヨーロッパからの敗退によりシュスター・コーチへの風当たりがかなり強くなって来たわけですが、レアル・サンマリノにはカルロなんて噂もある模様。

恐い恐い

ホビーニョ選手の契約更新について代理人は「レアル・サンマリノはどれだけ彼を必要としているのか。その思いが全てです」と不適な笑みを浮かべながら語っていた模様。

愛すべき芸人軍団

レディングのスティーヴン・ハント選手は結膜炎を患っていて目薬をよく使うそうなんですが、先日は鼻炎スプレーを目薬と間違ってしまい、約5分ほど痛みにのたうち回った模様。これだけネタを持っているチームが降格するのはいかにも惜しい。どうか頑張って生き残ってください。

贅沢だ

レディング・ファンは当然ながら現在の成績にはとても不満足なんですが、マデイスキ会長は「2〜3年前なんかスタジアムはガラガラだった。2万人でため息つけるのは幸せなことだ」と新参ファンに言い聞かせている模様。

ジョン・マデイスキ会長
「ほんの2〜3年前を思い出してください。どんなに入っても4000人程度しかお客さんが来ないクラブだったんです。それが今ではコンスタントに2万ちょっとが来ます。ということは、ほとんどがレディングが強くなってからやって来た人たちってわけです。その前にどれだけ苦労したかを知らないわけですから、今季の成績に驚いているわけです。‘こんなはずではない’と。しかしレディングにとって勝利とは、プレミアシップに居座り続けることです。それだけでも大変な偉業だって事実に早く気がついていただきたい」

オファーお待ちしております

色んな話の来ているファビオ・ホッケンバック選手は「ミドルスブラとの契約更新を含めて、あらゆるオファーを検討する」とコメントしている模様。

保留

クィントン・フォーチュン選手と契約する予定だったローヴァーズは、ハムストリングの怪我が発覚したので暫く様子を見る模様。

ご解任

レアル・ムルシアは成績不振によりルーカス・アルカラス・コーチを解任。後任は、困ったときのクレメンテさん。

ツマらん

ヴェンゲル・コーチは、面白くも何ともないから同国対決だけはヤメてくれとUEFAにプレッシャーをかけている模様。

アルセーヌ・ヴェンゲル・コーチ
「ミッドウイークにミラノまで旅して、帰ったら即ウィガンへ行かなきゃならない。じつに大変だけど、これがヨーロッパを戦う醍醐味なんだ。いつもと異なる戦いを味わえるからこそ価値がある。同国対決はやめてもらいたいね」

そう都合よく行かない (1)

保釈されたものの、事実上は自宅軟禁状態となっているタクシン会長が、16日のスパーズ戦を現地で観たいからイングランドへ帰らせてくれとタイ政府にお願いしている模様。それは、海外逃亡と見なされますから、どうやっても許可なんぞ出ませんよ。

そう都合よく行かない (2)

アッズーリ対策のためにアマウリ選手を呼ぶ意図がミエミエのドゥンガ・コーチですが、グリマルディ代理人は「意地汚いです」と批評している模様。

マリアノ・グリマルディ代理人
「お呼びいただけるなら、有り難いお話かと思います。しかし、我々にセレソン・ブラジレイラで1キャップあることを冥土の土産にする考えは毛頭ありません。もしアマウリに興味がおありなら、継続的に起用する考えがあることを表明すべきです」

遅い

腰を傷めていた引退しろ23号が今日からようやくトレーニングに合流。なお足首を打撲した引退しろ5号と肉離れの引退しろ2号は別メニュー。

照れるなぁ

世界のジョゼさんが「ローマは最高のチームだ。そしてスパレッティの仕事は冴えに冴えている。疑いなく偉大な指揮官の1人だ」と褒めちぎってる模様。

殺す

その世界のジョゼさんが胸に抱き続ける壮大な野望は「チェルスキーをぶっ殺してやる」だそうです。

ジョゼ・マウリーニョ・ドス・サントス氏
「来季はチャンピオンズリーグでチェルスキーと対戦したいね。それが実現したら、コテンパンのボッコボコにしてやる。覚えてやがれよ、ふんっ」

ノーサンキュー

リーガプールの指揮を執る可能性についてジョゼさんは「チェルスキーをやった後だから、あまり良い考えとは思えない」とコメントしている模様。

オープンな心で

それではチェルスキーへ戻る可能性についてジョゼさんは「拒む理由がない」とコメントしている模様。

ジョゼ・マウリーニョ・ドス・サントス氏
「なんでいかんのかね?戻って来いというなら喜んで行くよ。我々は喧嘩別れしたわけじゃない。最近もピーター・ケニョンやオーナーと電話で話をしているんだ。私は常にチェルスキーを近くに感じている。成功し続けてもらいたいと心から願っている。だからその想いを彼らに伝えたんだ。ただクラブやフットボールの話はあまりしなかったな。だいたいが家族や暮らしぶりについてだよ」

栄養はありそうだ

アーセナル戦の敗退により「養老院の爺さんたちが少年院のチンピラに勝てるわけがない」と叩かれているミランですが、カルロは「私を見て枯れたオッさんに見えるか?」と逆ギレしている模様。

カルロ・アンチェロッティ・コーチ
「君ら年寄り年寄りと言うがね、それじゃパトはいくつなんだ?カカーはどうだ?私は48になるが、乾涸びた爺さんに見えるか?パオロなんか40なのにアーセナル戦のベストプレーヤーだったよ」

再考

今季限りで現役を退く予定だったマルディーニ選手は、まだ気力十分ということで続ける意思があることを表明。この人こそ、レアル・サンマリノ方式の終身契約にしたらどうなのか?

パオロ・マルディーニ選手
「気力は十分にある。中には自分の決めたことを頑固に貫く人もいる。でも、頑固者って逆に言ったら融通の利かない愚か者とも呼べるんだ。数ヶ月前は身体的にかなり悪かったけど、今はサイドバックやれるくらい元気だよ。ついでにアッズーリ?いや、それだけは勘弁してくれ」

ミラノダービー

アクィラーニ選手にはミランも乗り出しているという話ですが、お嬢ちゃんはこの話も「行かせないわよ、止めてやるから、覚悟しなさいよ、あなたたち」と臨戦態勢。

ミラノ革命

このオフはガラガラポンか?と突っ込まれた殿は「そんな必要はない。ボッリエッロを戻して、デブの意向を確かめればそれでよい」と言い切っている模様。

ファン対策

運営陣に対する風当たりが強いラツィオには、ベッペ・シニョーリをGMとして迎えるなんて噂が立っている模様。

ダメだ、こりゃ

ヴァロン・ベーラミ選手の代理人が契約更新についてロティト会長と会談を行ったようですが、最初の条件は相当にかけ離れていた模様。

否定

ジェイジェイの引退宣言についてハル・シティのポール・ダフェン会長は「彼が言いたかったのは、ハル・シティをで現役を終えるということです」と否定している模様。

ポール・ダフェン会長
「ジェイジェイはハル・シティを現役最後のクラブに選んだんです。それを言いたかったんですよ。なにも今辞めるとは考えてないです。来季も間違いなくやってくれるでしょう」

出入り禁止

ユーヴェ v ナポリ戦は保安上の懸念が高いとのことで、ナポリ・ファンの立ち入りが禁じられた模様。

スカウティング

ラツィオはリールMFヨハン・カバイェ選手をチェックするため、週末のリーグ戦に人を派遣する模様。

合意

ポウルセン選手とバルセレソンは3年契約で合意しており、あとはセヴィージャが折れるのを待つ段階にあるそうです。

ナイスな話ですが

ニースのナイスなキーパーとの評価が日に日に高まって行くウーゴ・ロリス選手ですが、代理人は「しばらく放っといてくれ」と主張。

ステファン・クルビス代理人
「そのぉ、今後の話をするのに、今のタイミングはどうかと思いますね。遅かれ早かれやることですから、今はフットボールに集中させてください」

それは不運だ

イタリアでは有名な審判に顔が似ていた銀行の支店長が町中でフットボール・ファンに襲撃されるという事件が発生したそうですが、審判協会は深刻な脅威が審判団にのしかかっていると主張。

チェーザレ・グッソーニ会長
「もはや笑っていられない深刻な段階へ来ています。審判たちは、もう沢山だと叫び声を上げているんです。本人だけでなく家族にも危険が迫っている有様は見過ごせません。手遅れになる前に、我々の身に何が起きているかを主張する必要があります。ある男性は町中で殴る蹴るの暴行を受けました。その人はただの銀行員だったのですが、ある審判に顔が似ていただけに、そのような被害に遭ったのです。彼は他人だと判明するまで、したたか殴られました。毎週毎週おびただしく流される扇情的な報道が火に油を注いでいます。我々も選手と同様にミスを犯しますが、選手たちはここまで叩かれますか?どうか同じ扱いをしてもらいたいものです」

UEFAカップ 4th Round, 1st Leg

RSCアンデルレヒト 0-5 バイエルン・モナコ
バイエルンの得点:9分ハミト・アルティントップ、45分ルカ・トニ、57分ルーカス・ポドルスキ、67分ミロスラフ・クローゼ、86分フランク・リベリー
赤紙:44分マルチン・ヴァシレヴスキ (アンデルレヒト)

フィオレンティーナ 2-0 エヴァートン
フィオレンティーナの得点:70分ズドラフコ・クジュマノヴィッチ、81分リカルド・モントリーヴォ

クラウディオ・チェーザレ・プランデッリ・コーチ
「好い内容で勝てたわけだけど、ここはハーフタイムに過ぎないと忘れちゃいけない。次は沢山のプレッシャーがかかるだろう。失点しなかったのは選手たちの努力が実ったと喜んでいる。だが、簡単に勝ち越せる相手だと思っていたら大きな間違いだ」

フィリップ・ネヴィル選手
「今日はお手上げだよ。まるで話にならない。恐れとかがあったのかもわからないけど、とにかく慎重すぎた。これだけ引いて守ってたら、やられるのは当然さ」

フィオレンティーナ
GK1:セバスティアン・フレイ
DF21:トマス・ウイファルシ
DF5:アレッサンドロ・ガンベリーニ
DF3:ダリオ・ダイネッリ
DF23:マヌエル・パスクアル
MF4:マルコ・ドナデル
MF18:リカルド・モントリーヴォ
MF22:ズドラフコ・クジュマノヴィッチ (76分-19:マッシモ・ゴッビ)
FW20:マルティン・ヨルゲンセン
FW32:クリスティアン "ボボ" ヴィエリ (67分-29:ジャンパオロ・パッツィーニ)
FW9:パブロ・ダニエル・オズヴァルド (74分-24:マリオ・アルベルト・サンターナ)

エヴァートン
GK24:ティモシー・マシュー・ハワード
DF2:トニー・ヒバート (73分-8:アンドリュー "AJ" ジョンソン)
DF16:フィリップ・ジャギェルカ
DF4:ジョセフ・ヨボ
DF5:ジョレオン・レスコット
MF26:リー・カーズリー
MF18:フィリップ・ネヴィル
MF17:ティム・カーヒル
MF21:レオン・オスマン (56分-6:ミケル・アルテタ・アルマトリアイン)
MF20:スティーヴン・ピエナール
FW22:ヤクブ・アイェグベニ

オリンピック・マルセイユ 3-1 ツェニト・サンクト・ペテルブルク
マルセイユの得点:37分&55分ジブリル・シセ、48分ママドゥ・ニャン
サンクト・ペテルブルクの得点:82分アンドレイ・アルシャヴィン

グラスゴウ・レインジャース 2-0 SVヴェルダー・ブレーメン
レインジャースの得点:45分ダニエル・クシン、48分スティーヴン・デイヴィス

ボルトン・ワンダラーズ 1-1 スポルティング・クルーブ
ボルトンの得点:25分ギャヴィン・マッキャン
スポルティングの得点:69分シモン・ヴクチェヴィッチ

ボルトン・ワンダラーズ
GK26:アリ・アル=ハブシ
DF2:ニッキー・ハント
DF31:アンドリュー・オブライエン
DF33:ギャリー・カーヒル
DF11:リカルド・ガードナ
MF8:カンポちゃん (84分-16:アンドラニク・テイムリアン)
MF24:ジョーイ・オブライエン (67分-17:ダニエル・ガスリー)
MF19:ギャヴィン・マッキャン
MF32:マシュー・テイラー
FW9:ヘイダル・ヘルグション (55分-7:ステリオス・ジャンナコプーロス)
FW14:ケヴィン・デイヴィス

スポルティング・クルーブ
GK1:ルイ・ペドロ・ドス・サントス・パトリシオ
DF13:アントニオ・レオネウ・ヴィラル・ノゲイラ.ソウザ "トネウ"
DF78:アベウ・フェルナンド・モレイラ・フェレイラ (46分-30:レアンドロ・アッティリオ・ロマニョーリ)
DF4:アンデルソン・コレア・ポウガ
DF18:レアンドロ・ダミアン・グリミ
MF28:ジョアン・フェリペ・イリア・サントス・モウティーニョ
MF7:マラト・イスマイロフ (85分-26:グラドストーン・ペレイラ・デッラ・ヴァレンティナ)
MF10:シモン・ヴクチェヴィッチ
MF24:ミゲウ・ルイス・ピント・ヴェローゾ
MF25:ブルーノ・マルケス・アレシャンドレ・ペレイリーニャ
FW22:ホドリゴ・ボニファチオ・ダ・ホシャ "ティウィ" (79分-6:アドリエン・セバスティアン・ペルチェト・シウヴァ)

バイヤー04レヴァークーゼン 1-0 ハンブルガSV
レヴァークーゼンの得点:77分セオファニス・ゲカス

トテナム・ホットスパー 0-1 PSVアイントホーフェン
PSVの得点:34分ジェフェルソン・アウグスティン・グアダルペ・ファルファン

ファン・デ・ラ・クルス・ラモス "ファンデ・ラモス"コーチ
「ジウベルトにミスがあったから交代させたわけじゃない。怪我があったからだ。我々がすべき仕事は、彼を責めることではなく、彼が1日も早くピッチへ戻れるよう援助することにある。誰も敗因がジウベルトとは受け止めていない」

トテナム・ホットスパー
GK1:ポール・ロビンソン
DF2:パスカル・チンボンダ
DF39:ジョナサン・ウッドゲイト "ウッディ"
DF26:レドリー・キング (73分-19:アデル・ターラブト)
DF11:ジウベルト・ダ・シウヴァ・メロ (46分-24:ジェイミー・オハラ)
MF8:ジャーメイン・ジェナス (64分-22:デブ・ハドルストーン)
MF4:ディディエ・ゾコラ
MF25:アーロン・レノン
MF15:スティード・マルブランク
FW10:ロバート・キーン
FW9:ディミタール・ベルバトフ

PSVアイントホーフェン
GK1:エウレーリョ・ゴメス・ダ・シウヴァ
DF2:ヤン・クロンカンプ
DF13:アルシデス・エドゥアルド・メンデス・デ・アラウージョ・アウヴェス
DF3:カルロス・アルノルド・サルシード・フローレス
DF24:ディルク・マルチェリス
MF6:ティミー・シモンズ
MF8:エジソン・ヴィセンテ・メンデス
MF20:イブラヒム・アフェリー (90分-28:オトマン・バッケル)
FW10:ダニー・コーフェルマンス (77分-9:ダンコ・ラゾヴィッチ)
FW15:ジェイソン・クリーナ
FW17:ジェフェルソン・アウグスティン・グアダルペ・ファルファン (85分-22:ブラッツ・ジュジャク)

ベンフィカ 1-2 ウマいフェ
ベンフィカの得点:76分ペドロ・マヌエウ・マントラス
ウマいフェの得点:25分ルベン・デ・ラ・レド・グティエレス、67分パブロ・エルナンデス・ドミンゲス

ベンフィカ
GK12:ジョアキム・マヌエル・サンパイオ・シウヴァ "キム"
DF33:ラズロ・セプシ
DF5:レオナルド・ロウレンショ・バストス "レオ"
DF4:アンデルソン・ルイス・ダ・シウヴァ "ルイゾン" (29分-17:マルコ・アンドレ・ゾロ・クポロ)
DF22:ネウソン・アウグスト・トマル・マルコス
MF10:ルイ・マヌエル・セサール・コスタ
MF8:コスタス・カツォラニス
MF3:エドカルロス・コンセイソン・サントス
MF26:クリスティアン・ガブリエル・ロドリゲス・バッロッティ
(赤紙9分) FW7:オスカル・レネ・カルドーソ
FW20:アンヘル・ファビアン・ディ・マリア (62分-9:ペドロ・マヌエル・トーレス・マントラス)

ウマいフェ
GK1:オスカル・アルフレッド・ウスタリ
DF2:コスミン・マリウス・コントラ
DF4:ダヴィド・ベレンゲル・レヴェルタ
DF3:クリスティアン・アルベルト・ディアス
DF12:ルーカス・マルティン・リヒト
MF16:ファン・アンヘル・アルビン・レイテス
MF22:フランシスコ・ハヴィエル・カスケーロ・パレデス
MF25:エステバン・グラネーロ・モリナ (46分-7:マリオ・グティエレス・コテロ)
MF10:ルベン・デ・ラ・レド・グティエレス (73分-6:ファビオ・セレスティーニ)
FW9:ブラウリオ・ノブレガ・ロドリゲス (61分-14:マヌエル・デル・モラル・フェルナンデス "マヌ")
FW24:パブロ・エルナンデス・ドミンゲス

Copyright © 1997-2008 0-0 <empate>. All Rights Reserved.
Apple, the Apple logo, and Mac are trademarks of Apple Computer, Inc., registered in the U.S. and other countries.
The Made on a Mac Badge is a trademark of Apple Computer, Inc., used with permission.