Information
Archives
悩ましい

バルセレソンがガライ選手の交渉から手を引きそうだということで、レアル・サンマリノやユーヴェに加え、ユナイテッドも参戦。

懲りないオーナー

アブラモヴィッチ・オーナーが、ホベルト・カルロス選手を連れて来るために600万ユーロをフェネルに打診する模様。

役立たずぅ〜

イングランド・プレミアシップ第25週:ボルトン・ワンダラーズ 1-3 リーガプール at リーボック・スタジアム

ボルトンの得点:78分タミール・コーエン
リーガプールの得点:12分スティーヴン・ジェラード、60分ライアン・バベル、75分ファビオ・アウレリオ・ホドリゲス

ギャリー・メグソン・コーチ
「失点はちょっとした隙を突かれた気がしました。残念な結果ですが、ここで落ち込んでいるわけにはいきません」

スティーヴン・ジェラード選手
「僕の発言はキャプテンとして言うべきことを言ったまでだ。決してネガティブな意味で口にしたものじゃない。みんなもっと頑張ろうって意味だよ。決して無様なチームでないことを示すためにも、この試合に勝つことは重要だった」

ボルトン・ワンダラーズ
GK22:ユッシ・ヤースケライネン
DF15:グレタル・ラフン・シュテインション (42分-47:グレゴルツ・ジャシャク)
DF33:ギャリー・カーヒル
DF31:アンドリュー・オブライエン
DF11:リカルド・ガードナ
MF4:ケヴィン・ノーラン (46分-25:タミール・コーエン)
MF8:カンポちゃん
MF24:ジョーイ・オブライエン
MF32:マシュー・テイラー
MF21:エル・ハッジ・ウセイヌ・ディウフ
FW14:ケヴィン・デイヴィス

リーガプール
GK25:ホセ・マヌエル・レイナ・パエス
DF23:ジェイミー・キャラガー
DF37:マルティン・シュクルテル
DF4:サミ・ヒュイピャ
DF12:ファビオ・アウレリオ・ホドリゲス
MF14:チャビエル・アロンソ・オラーノ "チャビ・アロンソ"
MF20:ハヴィエル・アレハンドロ・マスチェラーノ
MF19:ライアン・バベル
MF8:スティーヴン・ジェラード
FW18:ディルク・カイト (86分-17:アルヴァロ・アルベロア・コカ)
FW9:フェルナンド・ホセ・トーレス・サンス (77分-6:ヨン・アルネ・リーセ)

主審:フィリップ・ダウド

大概にしろ

セリエA第26週:ユヴェントス 2-3 フィオレンティーナ at スタディオ・オリンピコ

ユーヴェの得点:29分モハメド・ラミネ・シッソコ "モモ"、57分マウロ・ヘルマン・カモラネージ
フィオレンティーナの得点:19分マッシモ・ゴッビ、75分&93分パパ・ヴァイゴ・エンディアイェ

クラウディオ・ラニエリ・コーチ
「集中力の欠如としか言い様がないです。まったく手痛い代償でした。ヴァイゴの投入は完全に我々の右サイドを狙われた形になりました。愚かな守備だと言われても反論できません。アレックスとカモラネージは、交代させた時点でいっぱいいっぱいだったんです。後からアレコレ言うのは簡単ですよ」

クラウディオ・チェーザレ・プランデッリ・コーチ
「前半は圧倒的に攻めていたんだが、後半に入って停滞してしまったのは否定できない。しかし運が向いて来たのはありがたかった。このような勝ち方はチームに大きな力を与えるはずだ」

パブロ・ダニエル・オズヴァルド選手
「決めるチャンスがあったのに外してしまった。凄く恥ずかしかったよ。でも、この結果で許してもらえないかな」

エンディアイェ・パパ・ヴァイゴ選手
「これで次の試合はスタメンかって?いやいやいや、僕は常に好いプレーが出来るよう準備をするだけさ。スタメンだろうがベンチだろうが構わない。3位狙い?それはちょっと早すぎる話だよ」

パンタレオ・コルヴィノGM
「ノチェリーノが欲しいかと?ユーヴェには彼だけでなく優秀な若手が大勢います。ジョヴィンコやパッラディーノを筆頭にです。実に恵まれたクラブですよ」

アリーゴ・サッキ氏
「プランデッリは私のもとで2年修行しましたが、その頃からチームに重大な影響をもたらせるコーチになると確信していました。今日のフィオレンティーナはアウェイにも拘らず、実に勇気ある戦いぶりを見せました。これはプランデッリの功績であり、彼は真のマイスターになったのだと感じました」

ユヴェントス
GK1:クビ
DF5:クビ
DF33:クビ
DF21:クビ
DF28:クビ
MF6:クビ
MF22:クビ
MF8:クビ (66分-23:クビ)
MF20:クビ
FW10:クビ (71分-9:クビ)
FW17:クビ

フィオレンティーナ
GK1:セバスティアン・フレイ
DF21:トマス・ウイファルシ (62分-9:パブロ・ダニエル・オズヴァルド)
DF5:アレッサンドロ・ガンベリーニ
DF2:ペール・ビリエスコフ・クロルドルップ
DF19:マッシモ・ゴッビ
MF4:マルコ・ドナデル
MF22:ズドラフコ・クジュマノヴィッチ
MF18:リカルド・モントリーヴォ
FW24:マリオ・アルベルト・サンターナ (67分-17:パパ・ヴァイゴ・エンディアイェ)
FW29:ジャンパオロ・パッツィーニ
FW20:マルティン・ヨルゲンセン

アルビトロ:ステファノ・ファリーナ

セリエA第26週

カリャーリ 2-1 ジェノア
カリャーリの得点:29分ロベルト・アクアフレスカ、45分OG (フベンス・フェルナンド・モエディム "フビーニョ")
ジェノアの得点:15分アレッサンドロ・ルカレッリ

エンポリ 0-2 また中途半端に似せたユーヴェ
また中途半端に似せた得点:33分ダニエレ・ポルタノーヴァ、90分クリスティアン・リガーノ

リヴォルノ 1-0 カタニア
リヴォルノの得点:62分アレッサンドロ・ディアマンティ

レッジーナ 0-0 パレルモ

サンプドリア 2-2 トリノ
サンプドリアの得点:45分ルイジ・サラ、52分アントニオ・カッサーノ
トリノの得点:18分ジャンルカ・コモット、51分rダヴィド・ディ・ミケーレ
エスプルシ:88分アントニオ・カッサーノ (サンプドリア)

ウディネーゼ 2-0 アタランタ・ベルガモ
ウディネーゼの得点:30分ファビオ・クァリアレッラ、32分アントニオ・ディ・ナターレ

ヤクブでございます

イングランド・プレミアシップ第25週:エヴァートン 3-1 ポーツマス at グッディソン・パーク

エヴァートンの得点:1分&81分ヤクブ・アイェグベニ、74分ティム・カーヒル
ポンペイの得点:38分ジャーメイン・デフォ

デイヴィッド・モイス・コーチ
「ティムのコンディションは最悪でした。ほとんどまともなトレーニングをしていません。それでも気力を振り絞ってここまでやってくれます。我々が躍進しているように見えるのなら、みんながティムと同じ気持ちで戦ってくれているからでしょう」

ハリー・レドナップ・コーチ
「ハーフタイムでは必ず逆転できると言い聞かせたんだが、少々言い過ぎたかもしれない。攻撃的な姿勢を責めることは出来ない。ただ、それのせいで思いっきりカウンターの餌食になったのは確かだ」

エヴァートン
GK24:ティモシー・マシュー・ハワード
DF2:トニー・ヒバート (66分-8:アンドリュー "AJ" ジョンソン)
DF4:ジョセフ・ヨボ
DF16:フィリップ・ジャギェルカ
DF5:ジョレオン・レスコット
MF18:フィリップ・ネヴィル
MF26:リー・カーズリー
MF17:ティム・カーヒル
MF21:レオン・オスマン
MF20:スティーヴン・ピエナール (90分-3:レイトン・ベイン)
FW22:ヤクブ・アイェグベニ復讐 (83分-28:ヴィクトル・アニチェベ)

ポーツマス
GK1:デイヴィッド "口八ス" ジェイムズ
DF5:グレン・ジョンソン
DF23:ソル・スルズィア・ジェレミア・キャンベル
DF15:シルヴァン・ディスタン
DF7:ヘルマン・フレイダルション
MF6:ラサナ・ディアラ
MF8:パペ=ブバ・ディオフ (78分-17:ジョン・ウタカ)
MF19:ニコ・クラニチャル
MF11:アリ・サレイ・ムンタリ
FW27:ヌワンコ・カヌ
FW14:ジャーメイン・デフォ

主審:アンドレ・マリナー

リーガ・エスパニョーラ1第26週

ヘタフェ 3-3 レアル・デポルティヴォ・マジョルカ
ヘタフェの得点:2分マリオ・グティエレス・コテロ、11分ファン・アンヘル・アルビン・レイテス、P.P. (イヴァン・アンドレス・ラミス・バリオス)
マジョルカの得点:14分ダニエル・ゴンサレス・グィサ、76分ファン・フェルナンド・アランゴ・サエス、78分イヴァン・アンドレス・ラミス・バリオス
ドブレ・アマリージャ:36分リオネル・セバスティアン・スカローニ (マジョルカ)

レヴァンテ 2-1 レアル・サラゴサ
レヴァンテの得点:21分アレシャンドレ・ヘイホ・パソス "アレックス・ヘイホ"、60分ラハマト・ムスタファ "リガ"
サラゴサの得点:65分オスカル・ゴンサレス・マルコス

レアル・セグンダ・ベティス・バロンピエ 4-0 レアル・ムルシア
ベティスの得点:14分P.P.(セサール・アルソ・アンポルタ)、42分ルイス・エドゥアルド・シュミット "エドゥ"、56分ウーゴ・マリアノ・パヴォーネ、74分pハファエウ・アウグスト・ソビス・ド・ナシメント

レアル・ヴァジャドリッド 0-1 ラシン・サンタンデール
ラシンの得点:85分ペドロ・アルド・ドゥシェル

ヴィジャレアル 0-0 オサスナ

アルメリア 1-1 アスレティック・ビルバオ
アルメリアの得点:59分pアルヴァロ・ネグレド・サンチェス
アスレティックの得点:73分フェルナンド・ジョレンテ・トーレス

来た、来た、来た、来た、来たぞ、おい、うぇ〜へっへっへっ

セリエA第26週:グランデ・ナポリ 1-0 インテル終わってる at サン・パオロ

グランデ・ナポリの得点:3分ユーヴェからのローンです

エドゥアルド・レハ・コーチ
「攻めてはいても外しまくっていたので少々不安になったが、インテルの攻撃を効果的に殺すことが出来たのでホッとしている。中盤を徹底的に潰したので彼らはサイドへ逃げて行った。それすらもことごとく阻止したのでさぞかしインテルは困ったろう。もっとスコアを伸ばしたいところだったが、これで満足しとかないと罰が当たりそうだ」

ロベルト・マンチーニ・コーチ
「この試合を引きずらせちゃいけないと考えている。よくない試合をやって負けることもあるんだよ。とはいっても差はまだ6ポイントあるしね。試合の立て込むここが一番厳しい時期なのはわかっているんだ」

ジュリオ・セサール・ソアレス・デ・エスピンドーラ選手
「ボールのバウンドを追って行ったらキャッチできるかなと思ったんだけど、予測が外れてしまった。それでチヴーへ預けるか、大きく蹴りだすか迷ったんだよ。そんなこと考えてたらサライェタにあげちまった。明らかに僕の責任だ。ナポリは強かったかって?そりゃもう。だって何本セーブしたのかすら憶えてないくらいだもの」

グランデ・ナポリ
GK22:マッテオ・ジャネッロ
DF13:ファビアーノ・サンタクロチェ
DF28:パオロ・カンナヴァーロ
DF96:マッテオ・コンティーニ
MF77:ダニエレ・マンニーニ (82分-2:ジャンルカ・グラヴァ)
MF8:マヌエレ・ブラージ
MF23:ワルテル・アレハンドロ・ガルガーノ・ゲヴァラ
MF17:マレク・ハムシク (90分-18:マリアノ・アドリアン・ボグリアチーノ
MF19:ミルコ・サヴィーニ
FW7:エセクィエル・イヴァン・ラヴェッツィ
FW25:マルセロ・ダヌビオ・サライェタ

インテル終わってる
GK12:ジュリオ・セサール・ソアレス・デ・エスピンドーラ
DF13:マイコン・ダグラス・シシェナンド
DF24:ネルソン・エンリケ・リヴァス
DF23:マルコ・マテラッツィ
DF26:クリスティアン・ユーゲン・チヴー (52分-18:エルナン・ホルヘ・クレスポ)
MF14:パトリック・ヴィエラ
MF28:ヌーノ・ヒカルド・デ・オリヴェイラ・リベイロ "マニーチェ" (46分-4:ハヴィエル・アデルマル・サネッティ)
MF30:ヴィクトル・ウーゴ・ゴメス・パショス "ペレ"
MF7:ルイス・フェリペ・マデイラ・カイェーロ "フィーゴ" (79分-11:ルイス・アントニオ "マーゴ" ヒメネス・ガルチェス)
FW29:オスカル・ダヴィド・スアソ・ヴェラスケス
FW45:マリオ・バルヴア・バロテッリ

アルビトロ:ニコラ・リッツォーリ

叩かれて

ヴィセンテ・カルデロンにてコテンパンにやられたライカールト・コーチには、なぜメッシはベンチだったのか?なぜアグエロにチンチンにやられたエヂミウソンを先発させたのか?との批判が多数寄せられている模様。

フランク・エドマンド・ライカールト・コーチ
「メッシは万全な状態ではなかったので、メディカルとも相談し、ノーリスクで行こうという結論を出したんだ。エヂミウソンについてはメルトダウンを迎えるまでは何の問題もなかったと思う。もちろん負けてしまったので、チームが狙い通りの機能をしてくれなかったわけだけど、それを特定の選手の責任にするのは間違っている」

理屈抜きで

サー・アレックスはチャンピオンズリーグ・ファイナルへ進出したら、スコールズ選手を無条件でスタメン起用する模様。前回ファイナルへ進出した時はサスペンションで出られなかったのが理由だそうです。たしかロイ・キーンもそうでした。

ほほう

グラント & テン・カーテ体制に不満を抱いている選手が相当数いるようで、このオフは「コーチをとるか、オレをとるか」なことになる模様。判明している名前はジョー・コール、ドログバ、エシェン、ランパード、リッキー。

ぶっ飛ばす

レアル・サンマリノからヘタフェに出向しているグラネーロ選手には、ファンデが興味を示している模様。

ご栄転

レアル・サンマリノからヴィジャレアルへ行ったことで実力を認められることになったディエゴ・ロペス選手には、サー・アレックスが興味を示している模様。リカルドの二の舞も考えられますから、お互いよく検討してください。

降格

デポルティヴォはキーパー・ネタの間に出場していたファブリ選手をBチームへ戻した模様。

後任

新しいキーパーを物色しているファンデは、カーソン選手を候補者にあげている模様。

身体に反比例

クラウチさんは週給2万ポンドという凄まじい低賃金で働き続けていたそうで、リーガプールは3万5000ポンドまでの昇給をオファー。それでもイングランド代表クラスがもらう給料ではございません。テリーさんの給料でいったら端数です。素直にシティへ行ったらどうでしょうか。

由々しき事態

フラミーニ選手の残留に確信が持てないアーセナルは、給料倍を餌にハマーズのマーク・ノーブル選手を誘い出す模様。

敗戦処理

レインジャースは150万ポンドほどで購入できるというケニー・ミラー選手の買い戻しを検討中。

本格的に心の病気だ

ブラジウへ帰った当初は「二度と皇帝とは呼ばんでくれ」と懇願していたアドリアーノさんですが、かの事件以降は「お前ら、今日からオレは皇帝だ」と主張している模様。では、さっそく。

ラスト・エンペラーさま
「ブラジウへ帰って来た時は、あなた方に‘皇帝とは呼ばないてくれ’とお願いしたけど、どうやらその考えは間違っていたみたいだ。僕が今まで成し遂げて来た業績を振り返ってみたら、どう考えても僕は皇帝だよ。だから、これからは僕を皇帝と呼ぶように。わかったね」

ザンパリーニに挑戦

チェルスキーはパレルモの下部組織にいるジュゼッペ・プレスティアという14歳のディフェンダーの強奪を画策中。

リーズナブル

トリノはPSGからタダで頂戴できるベルナール・メンディ選手に興味を示している模様。

教訓

選手層の薄さに泣いているユーヴェは、マルセイユDFタイウォ選手やオリンピアコスDFトルシディス選手の補強を検討中。

スタンドも戦いだ

エミレイツ・スタジアムへ押し掛けたヴィラ・ファンは「いつまでも被害者ぶってんじゃネェぞ、エドゥアルド」といった野次を飛ばしていたそうで、試合終了後はアーセナル・ファンとの延長戦に臨んだ模様。

マーティン・オニール・コーチ
「それが真実だったら非常に残念だな」

アルセーヌ・ヴェンゲル・コーチ
「人類の知の可能性に限界はないが、それは愚かさについても言えることだ」

今季絶望

アーセナル戦でアキレス腱を切断してしまったヴィラDFカーティス・デイヴィス選手は今季終了が決定。手術も即日行われる模様。

離脱 (1)

アスレティックDFデル・オルノ選手は右太腿肉離れにより、少なくとも4週間の離脱。

離脱 (2)

ロッベン選手が足首、ドレンテ選手が太腿の負傷によりローマ戦への出場は微妙な状態。

離脱 (3)

ラツィオ戦の前半で太腿を傷めたごく潰しのアーセナル戦欠場が決まった模様。

子供の喧嘩

カカー選手への保護を求めるミニ・ミー副会長のコメントに対し「タックルが嫌ならデスクワークでもしてろ」と言い返したマンチョは「まだ言い足りないから、もっと来いよ」とミランに挑戦状を叩き付けている模様。

アルセーヌ・ヴェンゲル・コーチ
「我々は誰かを蹴り出すようなフットボールは決してしない。カカーへのマークは当然考えているが、それは常識の範囲内で行う。スーパースターはアーティストなんだ。人はアーティストの繰り出す技を観たくてスタジアムへ来るんだよ。それを否定するような行為は容認できない」

ひぃ〜

イトゥラルデ・ゴンサレス主審への暴言により退場させられたセルヒオ・ラモス選手には、最低でも3試合のサスペンションが言い渡される模様。

気の毒だ

昨夜のローヴァーズ戦ではハットトリックも可能なチャンスをいただいていたオーウェン選手は、憔悴し切りながらチームメイトに謝罪した模様。

ケヴィン・キーガン・コーチ
「もちろん決定機が沢山あったことは確かだ。しかし決まらない時っていうのはそんなものだ。フットボールには今日のような残酷な面が多々あるが、少なくともノーチャンスで終わるよりはマシだよ。相手の守備がシャープだったこともあるし、フリーデルが相変わらずだったのも決められなかった原因の1つだ」

Copyright © 1997-2008 0-0 <empate>. All Rights Reserved.
Apple, the Apple logo, and Mac are trademarks of Apple Computer, Inc., registered in the U.S. and other countries.
The Made on a Mac Badge is a trademark of Apple Computer, Inc., used with permission.