Information
Archives
大物移籍

ポンペイとスパーズはデフォ選手の取引で合意。本人が承諾すればサイン。

イングランド

Aマッチ:スイス戦のイングランド代表候補

ファビオ・カペッロ・コーチ
ダヴィドを呼ばなかったのは11月からオフに入っていて真剣勝負の試合に出ていないからだ。本人には向こうでリーグ戦が始まったら改めて考えると伝えておいた。決して構想にないという話じゃないぞ」

カーティス・デイヴィス選手
「いやいやいやいや、ビックリビックリビックリビックリ、参った参った参った参った。だって代表なんて入るわけないって普通考えるじゃない。ファビオ・カペッロは新しい選手を呼ぶだろうとは予想していたけど、まさか自分だなんて思わないよ。最初に聞かされた時は丸っきり冗談だって全然信じなかった、それであちこち確認したら本当だったんでブッたまげたよ。なんで僕だったのか僕にもわからない。正直ザットの方が好いプレーしてたしね」

ゲイブリエル・アグボンラホール選手
「期待の声は届いていたけど、僕としてはクラブでウマくやることしか考えてなかった。これは候補ってことらしいから、最終メンバーに残れたらいいね」

フランセスク・ファブレガス・ソレール "セスク"選手
「カッペ、たかが親善試合なんだから呼んでやればいいじゃないか。ウチで一生懸命トレーニングしているのにヒドい。ベッカムはもっと尊敬されるべきだ」

GK
デイヴィッド "口八ス" ジェイムズ (ポーツマス)
スコット・カーソン (アストン・ヴィラ)
クリス・カークランド (ウィガン・アスレティック)
ロバート・グリーンは呼ばれてません。

DF
ウェイン・ブリッジ (スパルタク・チェルスキー)
キャシュリー・コール (スパルタク・チェルスキー)
カーティス・デイヴィス (アストン・ヴィラ)
リオ・ファーディナンド (マンチェスター・ユナイテッド)
ウェスリー・ブラウン (マンチェスター・ユナイテッド)
ジョレオン・レスコット (エヴァートン)
ミカ・リチャーズ (マンチェスター・シティ)
マシュー・アップソン (ウェスト・ハム・ユナイテッド)
グレン・ジョンソン (ポーツマス)
レドリー・キング (トテナム・ホットスパー)
ジョナサン・ウッドゲイト "ウッディ" (トテナム・ホットスパー)
ニコラス・ショーリー (レディング)

MF
マイクル・キャリック (マンチェスター・ユナイテッド)
オーウェン・リー・ハーグリーヴス (マンチェスター・ユナイテッド)
スティーヴン・ジェラード (リーガプール)
デイヴィッド・ベントリー (ブラックバーン・ローヴァーズ)
ギャレス・バリー (アストン・ヴィラ)
アシュリー・ヤング (アストン・ヴィラ)
ゲイブリエル・アグボンラホール (アストン・ヴィラ)
ジャーメイン・ジェナス (トテナム・ホットスパー)
ジョー・コール (スパルタク・チェルスキー)
ショーン・ライト=フィリップス (スパルタク・チェルスキー)
ストゥアート・ダウニング (ミドルスブラ)

FW
ウェイン・ルーニー (マンチェスター・ユナイテッド)
エミール・ヘスキー (ウィガン・アスレティック)
マイクル・ジェイムズ・オーウェン (ボロカッスル・ユナイテッド)
ピーター・クラウチ (リーガプール)

フィリップもAJもいねぇぞ、カペッロ

ドログバさんとご一緒に

エシェン選手の好きなチームはミランで、好きな選手はガッツさんだそうです。移籍したいのか?

ミカエル・エシェン選手
「イタリアのフットボールはとても好きだけど、中でもガッツやカカーやマルディーニのいるミランがお気に入りだね。とくにガッツはイタリア人で最も好きなフットボーラーだ。ヤツは僕が舌を巻くくらいのファイターで、最高のタフガイさ。なのにフェアな所がカッコいいんだ」

あんたに言われたくない

キャシュリー・コールさんが女性問題で悩んでいるという話題でマラドンが「ダメだな、それじゃ。フットボールに集中しろ」と説得力のカケラもない助言をしている模様。

するんです

イングランドの大失敗についてマラドンは「カーソンを使ったのが間違いだ。ロビンソンならああいうミスはしなかったろう」と思わず‘あんたプレミア見てねぇな’と突っ込みたくなることを言ってた模様。

思い残すことはない

世界のマラドンにも会えたのでローゼナル選手は「ベンチ暮らしなら出て行く」とサラッと言い切ってます。今のところラツィオやサラゴサが興味を示していますが、どうやら間に合いそうにない模様。

ダヴィド・ローゼナル選手
「希望を持ってボロカッスルへ来たんだけど、まさかベンチに座る機会がここまで多いとは思わなかった。ポジションも両サイドバック、センターハーフ、右のサイドハーフとタライ回しにされている。そういう使われ方は好きじゃないし、ユーロを目の前にして代表の座を逃したくないんだ。トレーニングも近代的ではあるんだけど、ゲーム形式のが少なすぎるよ」

ソルダード、君の出番だ

ルートが腹を壊して週末のアルメリア戦は微妙ということで、遂にソルダードの出番だど。

物別れ

ダレッサンドロ選手の交渉を行ったサラゴサとサン・ロレンソでしたが、移籍金額で隔たりが大きすぎるという理由で話は消えた模様。

グスタヴォ・マスカルディ代理人
「話は終わりました。ちょっと互いの金額に差があり過ぎまして、別の話に期待するしかないです」

イングランド

ユーロU-21 2009予選アイルランド戦のイングランド

GK
トム・ヒートン (マンチェスター・ユナイテッド)
ジョー・ハート (マンチェスター・シティ)
ジョー・ルイス (ピーターバラ・ユナイテッド)

DF
クレイグ・ガードナ (アストン・ヴィラ)
マイクル・マンシェン (クィーンズ・パーク・レインジャース)
ジョー・マタック (レスター・シティ)
ネダム・オヌオハ (マンチェスター・シティ)
ライアン・ショークロス (ストーク・シティ)
スティーヴン・テイラー (ボロカッスル・ユナイテッド)
デイヴィッド・ホイータ (ミドルスブラ)

MF
リー・キャターモール (ミドルスブラ)
アダム・ジョンソン (ミドルスブラ)
デブ・ハドルストーン (トテナム・ホットスパー)
ジェイミー・オハラ (トテナム・ホットスパー)
アーロン・レノン (トテナム・ホットスパー)
ジェイムズ・ミルナ (ボロカッスル・ユナイテッド)
ファブリス・ムアンバ (バーミンガム・シティ)
マーク・ノーブル (ウェスト・ハム・ユナイテッド)
アンドリュー・サーマン (サウザンプトン)

FW
キャメロン・ジェローム (バーミンガム・シティ)
ルーク・ムーア (アストン・ヴィラ)
ジェイムズ・ヴォーン (エヴァートン)
テオ・ウォルコット (アーセナル)

ふん by トレセゲ

Aマッチ:スペイン & DRコンゴ戦のフランス

GK
グレゴリー・クペ (オリンピック・リヨン)
セバスティアン・フレイ (フィオレンティーナ)
ミカエル・ランドロ (パリ・サンジェルマン)
スティーヴ・マンダンダ (オリンピック・マルセイユ)

DF
エリック・アビダル (バルセレソン)
リリアン・ユリアン・テュラム (バルセレソン)
ジャン=アラン・ブムサン (オリンピック・リヨン)
フランソワ・クレール (オリンピック・リヨン)
セバスティアン・スキラッチ "トト" (オリンピック・リヨン)
ガエル・クリシィ (アーセナル)
ウィリアム・ガラ (アーセナル)
バカリー・サニャ (アーセナル)
ジュリアン・エスキューデ (セヴィージャ)
パトリス・エヴラ (マンチェスター・ユナイテッド)
ガエル・ジヴェ (オリンピック・マルセイユ)
フィリップ・メシェ (ASローマ)
ウィリー・サニョル (バイエルン・モナコ)

MF
ヴァシリキ・アブバカル・ディアビ "アブ" (アーセナル)
マシュー・フラミーニ (アーセナル)
アリュ・ディアラ (ジロンダン・ボルドー)
ラサナ・ディアラ (ポーツマス)
フロラン・マルダ (スパルタク・チェルスキー)
クロード・マケレレ (スパルタク・チェルスキー)
サミール・ナスリ (オリンピック・マルセイユ)
ジェローム・ロセン (パリ・サンジェルマン)
シドニー・ゴヴォ (オリンピック・リヨン)
ジェレミー・トゥララン (オリンピック・リヨン)
パトリック・ヴィエラ (インテル)
フランク・リベリー (バイエルン・モナコ)

FW
バカ (スパルタク・チェルスキー)
ハテム・ベン・アルファ (オリンピック・リヨン)
カリーム・ベンゼマ (オリンピック・リヨン)
ジブリル・シセ (オリンピック・マルセイユ)
ジミー・ブリアン (スタッド・レンヌ)
ジェレミー・メネス (ASモナコ)
ティエリ・ダニエル・アンリ (バルセレソン)

ゲルマン

Aマッチ:オーストリア戦のゲルマン

GK
ティモ・ヒルデブラント (ヴァレンシア)
イェンス・レーマン (アーセナル)

DF
ゴンサロ・カストロ・ランドン "ゴンソ" (バイヤー04レヴァークーゼン)
マヌエル・フリードリヒ (バイヤー04レヴァークーゼン)
ロベルト・ヒルベルト (VFBシュトゥットガルト)
フィリップ・ラーム (バイエルン・モナコ)
ペール・メルテサッカー (SVヴェルダー・ブレーメン)
ヘイコ・ヴェステルマン (シャルケ04)

DF
ミヒャエル・バラック (スパルタク・チェルスキー)
トーマス・ヒツルスペルガ (VFBシュトゥットガルト)
ジャーメイン・ジョーンズ (シャルケ04)
サイモン・ロルフェス (バイヤー04レヴァークーゼン)
ベルント・シュナイダ (バイヤー04レヴァークーゼン)
ピョートル・トロチョヴスキ (ハンブルガSV)
バシュティアン・シュヴァインシュタイガ (バイエルン・モナコ)

FW
ルーカス・ポドルスキ (バイエルン・モナコ)
ミロスラフ・クローゼ (バイエルン・モナコ)
マリオ・ゴメス・ガルシア (VFBシュトゥットガルト)
ケヴィン・クラニィ (シャルケ04)
オリヴァー・ニュヴィル (VfLボルシア・メンヘングラッドバッハ)

カッサーノ・タイプか

ユーヴェ戦で活躍したのでバロテッリ選手はイタリアでは時の人となってるそうですが、前所属ルメッツァーネの指揮を執っていたミケーレ・カヴァッリ氏が「かなり扱いにくいから気をつけろ」と警告している模様。

ミケーレ・カヴァッリ氏
「才能はあったので、いずれは名前を売ると信じていた。しかし彼には気難しい一面があって、私ともチームメイトとも時々もめることがあった。ここは気をつけて接した方がいい。マンチーニへのアドバイス?2人といない凄まじいタレントなので、使い続けてやれと言いたい。あなたのチームには既にパトがいるんだよ。マリオとパトの違いは投資額だけさ。パトには大金がかかったが、マリオは非常にリーズナブルな値段で買われて行った。インテルはお得な買い物をしたと自慢すべきだ。私に言わせればパトよりも高い能力があるよ」

マッシモ・モラッティ・オーナー
「パトなど羨ましくもなんともない。我々にはスーパーマリオがいる。この若者は誰某に似ているとかそういう範疇に入らない特別なタレントだ。道を踏み外さなければ素晴らしい未来が待っているだろう。我々は慎重に成長ぶりを査定しながら徐々に使って行くつもりでいる。どこかへ放出するなんてとんでもない話だ」

博士登場

水道橋博士はようやくダービー入りとなりました。背番号は31で、契約は今季いっぱい。

改革

思うようにタレントが穫れなくなった原因はサラリーキャップに原因があるとして、ヴァレンシアは賃金制度の改革を考えている模様。

ラファエル・サロン副会長
「人件費の高騰を防ぐという考えから採用されましたが、この世界には例外を用いなければならない選手がいます。セグンダあたりから穫る選手とドログバが同じ制度下で雇われるなんて普通は有り得ません」

恩知らず

カペッロ・コーチは最初の招集ではベッキーを呼ばない方針。ちなみに表向きの理由は「君はいまオフなんでね」だそうです。

見たくねぇ

今やユナイテッドのスーパー・ストライカーと化してしまったクリスティアーノ・ホナウド選手は、母国ポルトガルでは様々な広告塔として活躍中だそうで、ポルトのリサンドロ・ロペス選手は「顔も見たくねぇ」とウンザリしている模様。

リサンドロ "リチャ" ロペス選手
「アルヘンティーナでいうメッシみたいなもんだな。もう国中のアイドルだよ。ここじゃエウゼビオ、フィーゴ、ルイ・コスタってスターがいたけど、そんなもんじゃないよ。もう至る所にヤツの写真があるんだ。それこそスープ缶にまでついてるくらいなんだ。いい加減にしろ」

喧嘩しました

サー・アレックスとのことについては多くを語らないルートですが、ユナイテッドでの最終月は相当に関係が悪化していたそうです。

気でも狂ったか

ポンペイは代わりのストライカーを仕入れることが出来たらベンジャニを譲るとシティに伝えた模様。ちなみに代わりのストライカーとはデフォさんです。

断念 (1)

ジウベルト選手はスパーズのメディカルチェックを通らなかったので、交通費をもらってベルリンへ帰った模様。

ヘルタBSCベルリン広報
「日曜のメディカルチェック後にスパーズさんとの取引に合意しました。あとはサインするだけという状況でしたので、このような結論に至ったことは理解しがたいです」

断念 (2)

デポルティヴォ・チヴァスUSAのブラッド・グザン選手を穫ろうとしたヴィラですが、ワークパーミットで撥ねられ断念した模様。

壊し屋

ニュルンベルクのトレーニングではガラセク選手がマレク・ミンタル選手に無茶な挑戦をして彼の太腿を壊してしまった模様。

これだ

インテルはカッサーノさんのインターセプトを画策しているんだそうです。

許せん

レアル・サンマリノはサンティアゴ・ベルナベウの命名権の販売を考えており、現在クエートと日本の企業から問い合わせが来ている模様。お値段は10年契約で3000万ユーロですって。

まっ二つ

ラウール選手に終身契約というのはラモン・カルデロン会長から出た話で、ポマードは「聞いてないよ」とカチ〜んと来ている模様。

ポンペイ売ります

それなりのチームが出来上がったので、それなりの値段で売れると感じたガイダマク・オーナーは、6000万ポンドほどでポンペイを売りに出す模様。

ギャリー・ダブル・コミュニケーションダイレクター
「この話は全て偽りです。オーナーは意欲的にクラブへ関与しています。このマーケットでも活発に動いているのがその証拠です」

倹約

1000万ポンドで新しいトレーニング施設を造るはずだったハマーズですが、新しいオーナーが倹約令を出したので、白紙撤回された模様。

復帰

こういうことになったヴィルヘルムション選手ですが、ボルトンがナントから最優先交渉権をもぎ取っており、シーズン終了後に買い取りオプションを行使する可能性もあり。

来ないな

スパーズはメディカルチェックでジウベルト選手の身体に懸念材料を発見したそうで、出場ベースの報酬支払いという雇用条件に切り替える可能性もあり。

それはなぁ

ジダン氏がレアル・サンマリノでの仕事を希望しているという話でルートが「だから選手じゃダメなのか?」と無茶を言ってる模様。

ルトヘルス・ヨナタス・マルティニュス "ルート" ファン・ニステルロイ選手
「僕がレアル・サンマリノ行きを決めた時は、まだジダンが続けるものだと信じていた。ところがいきなり引退されちゃって‘おいおい、ジダンとプレーしたいから行くのに’ってガッカリしたよ。だから彼がクラブへ戻るつもりなら、選手として僕らと一緒にトレーニングするべきだ!来い、ハゲ!」

わかっていらっしゃる

2位と9ポイント差だからもう鉄板でしょ?と突っ込まれたサルガド選手が「なにを言ってるんだ、ここはレアル・サンマリノだぞ」と悩ましいことを言っている模様。

ミゲル・アンヘル "ミチェル" サルガド・フェルナンデス選手
「そりゃ9ポイントも差があったら普通は安全圏だと考えるわな。ところがここはレアル・サンマリノと来ている。過去にも色々あったじゃないか。だからさ、こんな段階で勝ったの負けたの言うのはおかしいんだって。最後の最後まで気を抜かないでやらないと恥かくことになるんだぞ」

凄まじい話だ

当座の間に合わせとしてクライフ氏がコーチ復帰するなどというネタもあるバルセレソンですが、ラポルタ会長は「チキもライカールトも彼とは友人ですから、色んな助言をもらいに行ってるだけです」と逃げ回っている模様。

監禁しよう

なんとしてもダウニング選手を移籍させたくないミドルスブラのチームメイトは、合コンを口実に監禁も辞さない構え。

ジェレミー・アリアディエル選手
「ヤツはチームの根幹だ。僕らは引き止めるために、ありとあらゆる説得をするつもりだよ」

疑問

仲いいのか悪いのかよくわからないキーガン・コーチとサー・アレックスですが、御大は「3年も試合から離れてて今のフットボールについて行けるか疑問だっぺ」とコメントしている模様。

もの足りん

サヴェージ大先生はダービーの印象を「今までプレーしたクラブの中で最も歓迎してくれている」と語っているそうですが、本人曰く「それじゃダメなんだよ」ってことらしいです。

ロバート・サヴェージ大先生
「間違いなくダービーは今までプレーしたクラブの中で最も温かい歓迎をしてくれた。それはそれでありがたいが、この成績で歓迎もクソもない。野次りたかったら遠慮なくオレを野次れ。オレなんかどこへ行っても叩かれてナンボの選手だ。批判は全部オレが受け止めてやる。だから他の選手を非難するな。ヤツらはオレほど強かないんだ。オレがキャプテンを引き受けたのもそういう理由なんだよ」

負けて大興奮

世界のマラドンがアーセナルに負けてガックシ来ていたボロカッスルのドレッシングルームへ乱入したそうで、それまで涙目で項垂れていた選手たちは、全く違う意味の涙目になった模様。

ダヴィド・ローゼナル選手
「いやもうビックリしたのなんのって。いきなり来るんだもの。でも物凄く好い人だったよ。まさか生マラドンに会えるなんて思わなかった。この仕事やっててホントによかった。試合には負けたけど、なんだか凄く嬉しい」

2回は無理

ポンペイ戦で決めたフリーキックをビデオで確認したクリスティアーノ・ホナウド選手は「二度とできねぇ」と感じた模様。

クリスティアーノ・ホナウド・ドス・サントス・アヴェイロ選手
「これは難しいね。おそらくキャリアの中で最高のゴールだと思う。なんとも説明しようがないもの。ゴールはね、決まる時は決まるし、外れる時は外れるんだよ」

サー・アレックス・ファーガソン・コーチ
「ベッカムもエリックもウマかったけんどもな、クリスティアーノにゃかなわねっぺ。こりゃ間違いなくプレミアシップで最高のゴールだっぺ。どんなキーパーだって絶対に止められねぇ」

マイクル・キャリック選手
「壁に入って口八スの視界を遮ってたんだけど、ボールの軌道を追ってったら凄い所へ突き刺さるからビックリした。僕らはそれが運じゃないって知っているんだ。あいつはいつもあんな練習ばっかしてるんだもん」

松平健選手
「なんだそりゃって呆気にとられた。これまで見た中で最高に凄いゴールだよ」

凄い自信

まだ大丈夫だと思うか?と突っ込まれたラファさんは「もちろんだ」と答えた模様。

ラファエル "ラファ" ベニテス・マウデス・コーチ
「時間?当然あるよ。我々はもっと好い試合が出来るだろう。なぜならそれだけの陣容があるからだ。勝負は時の運なんで、今日のように勝って当たり前の試合を落とす場合もある。まぁ、内容と結果は別物だってことさ。私の仕事は内容を改善し、チームを勝利に導く戦術・戦略を練ることにある。これからも精進したいものだ」

<街の声>
ラファいらねぇ。ジョゼ呼んで来い。んでもってジェラードなんかチェルスキーに売っぱらって、その金で好い選手連れて来い。

この成績で庇うというのもなんだが、あのヤンキーどもが仕事しにくくさせてるのは確かだ。ラファをクビにするのは簡単だ。でも次に誰を連れてくるんだ?適任者がどれだけいるのか疑問だよ。

ユナイテッドもアーセナルもチェルスキーもローテーションでやっている。ユナイテッドなんか中盤の構成は毎試合違っている。チェルスキーはアフリカ仕事で人を奪われても戦力に何ら変化がない。ではどうして我々だけがこんなになってしまうのか?それはフィナンとかキュウェルとかカイトとかロクでもない二流タレントばかり集めているからだ。凡庸な選手が束になったって、本物のタレントには太刀打ちできんのだ。

ヒッキーと髭剃り屋を非難するのは間違っている。この原因は単に無能な指揮官と役立たずな選手たちが招いているんだ。ヨーロッパばかりに依存していると、俺たちもリーズみたいになるだろう。

問題はいつもカイトだ。もう労を惜しまない働き者なんて要らないんだよ。点とってくれ。とれないなら出て行け。

別に驚く結果じゃない。ハヴァント相手にあれだけ苦戦したんだもの。今じゃこんなチーム倒すのは朝飯前なんだよ。

ジェラード、キャラガー、バベル、トーレス、アッゲル、彼らは引き続きプレーしてくれ。他のヤツらはご苦労様。それから早くジョゼに電話してくれ。

私は長年のリーガプール・ファンだが、なぜラファを擁護する集団が存在するのか理解できない。どこが満足なのか?彼は大金を投じてゴミばかり買い集めているじゃないか。あらゆる面で我々はユナイテッドやアーセナルに劣っていると自覚してもらいたい。

あのスペイン人がいる限りプレミアシップで勝つなんて悪い冗談でしかない。

ラファ、1度でいいからオレを喜ばしてくれ。頼むよ。

ラファはヨーロッパじゃ天才コーチかもしれないが、プレミアシップでは単なる能無しだ。これだけ金を遣って、まだ確固としたチームを作れないなら、そう言うしかない。

ラファはクビになる前に自ら身を引いた方がいい。こんな結果ばかりが続くなら、ファンの支援を失ってしまうぞ。そうなったらオーナーたちは何の躊躇いもなくクビを斬るだろう。このチームがウマく行っていないのは明らかで、即座に変化を示す必要がある。とにかく私は結果を出せないボンクラ選手どもに飽き飽きしているんだ。

確かにチェルスキーには歴史がない。しかしリーガプールには未来がない。

今やリーガプールはスーパー・ネタ・チームだ。これだけは間違いなく言える。

ラファは腰抜け!辞める勇気もない。

ジョゼなら信じてついて行く。

ジェラードをチェルスキーへ売れなんて言ってるけど、今のチェルスキーがジェラード欲しがってると思うか?

頼むからカイトやめてクラウチ使ってくれ。それからどうしてバベルを出さないんだ?キュウェルやベナヨンが彼より優れている理由を教えてくれ。

ヤンキーを責めるばかりじゃフェアとは呼べない。このクラブで間違ったことをやらかしている唯一の人物は、あの太ったスペイン人だ。

もうラファは敗軍の将にしか見えない。

ラファのやることなすこと、ルドルフ・ジュリアーニそっくりだ。

ババンバ、バンバンバン、荷造りしたか、ラファ。

FAカップの相手はユナイテッドであるべきだった。そこでコテンパンにやられて運に頼る体質を一掃する必要があった。

ジョークは冴えてますね

オーナーたちはこの試合をどう評価すると思うか?と突っ込まれたラファさんは「彼らはテレビを持っているのか?」と答えた模様。

売りたい

リヴォルノのアルド・スピネッリ会長は、2つの投資家グループとクラブ譲渡について話し合っている模様。

10人で

ローマの逆転スクデットはフリオ・アルカ?と質問されたサッキ氏は「インテルのスタメンを毎試合10人にすれば可能です」と答えた模様。

アリーゴ・サッキ氏
「スクデット争いに決着はついています。インテルで決まりました。彼らが毎試合10人で戦うなら逆転も可能でしょうがね。もちろんフットボールの内容で比較したらローマが圧勝です。ですがローマがスクデットを穫るには奇跡が必要でしょう」

すまん

ゴッドハンドについて突っ込まれたマラドンは「あれは悪かった」と素直に謝った模様。

ディエゴ・アルマンド・マラドーナ氏
「悪いと思ってるよ。もし時間を戻せたとしたら素直にハンドだと主張するだろう。でも時間は誰にも戻せない。歴史は歴史のままだ。ゴールはゴールだし、お陰で我々は世界チャンピオンになり、私は世界のマラドーナになった。もう忘れようじゃないか」

またか

左足を傷めてリハビリ中だったメッツェルダ選手が、トレーニングで同じ箇所を悪化させてしまい、復帰はさらにビヨ〜んと延びてしまった模様。最悪の場合は手術を行い今季絶望。

拒絶 (1)

パルマはリーヴェルMFポンツィオ選手にオファーを出していたそうですが「リーヴェルを優勝させるまでは移籍しません」と断られた模様。

レオナルド・ダニエル・ポンツィオ選手
「また中途半端な状態でヨーロッパへ行ってもしょうがない。もっと成長させてから再挑戦したいんだ。リーヴェルを優勝させるって目標も達成できなかったしね」

拒絶 (2)

ロイ・キーン・コーチはダリル・マーフィ選手へ来ているオファーを片っ端から断っている模様。

ロイ・キーン・コーチ
「ダリルについては多くの噂が出回っているが、そんなのはオレが蹴散らしている。今やベストプレーヤーの1人だからな、誰が手放すか」

拒絶 (3)

イサックション選手はガラタサライのオファーを断り、シティ残留を決断。

駆け込みオファー (1)

日付が変わるまでに1人は仕入れたいフィオレンティーナは、シンプリチオ選手を800万ユーロで穫りに行く模様。なお本人には給料倍増を打診。

駆け込みオファー (2)

日付が変わるまでに1人は仕入れたいラツィオは、FCメスにセバスティアン・バソング選手の交渉を持ちかけている模様。

駆け込みオファー (3)

トリノとパレルモは、コモット 対 ディアナ&ピサーノの交換で合意しましたが、コモット選手は「オレはフィオレンティーナへ行きてぇ」なんてゴネてやがるそうです。行けるわけねぇだろ。

駆け込みオファー (4)

サンプとブレッシアは、カラッチョーロ選手の取引で合意しましたが、カラッチョーロ選手は「セリエBなんかまっぴらご免」なんてゴネてやがるそうです。そんな彼にはレインジャースが声をかけている模様。

駆け込みオファー (5)

ジェノアが「ディ・ミケーレくんねぇかな」とトリノに申し込んだ模様。

駆け込みオファー (6)

ジェノアが「カライオくんねぇかな」とナポリに申し込んだ模様。条件は250万ユーロでの共同所有。

駆け込みオファー (7)

同じポジションの選手を補強されてしまったキュードル選手は、レインジャースからのオファーに乗り気だそうです。

フランク・キュードル選手
「今は何が起きるか一番分らない時間なんでね、とくにレインジャースなんか絶対に断れないクラブの1つだよ。チャンピオンズリーグでプレーするチャンスだってあるじゃない。バーミンガムに不満があるわけじゃないけど、何の意図があってサイドバックを穫ったのかオレにはサッパリわからないもの」

駆け込みオファー (8)

バーミンガムはパニオニオスから放出されたグルジア代表MFレヴァン・ツキティシュヴィリ選手に今季終了までの契約をオファー。

駆け込みオファー (9)

キーパーのニール・アレクサンダー選手をレインジャースへ放出したイプスウィッチは、ウィガンのカルロ・ナッシュ選手やダービーのバイウォータ選手の補強を検討中。

駆け込みオファー (10)

シティは仕事でマンチェスターにやってきたポンペイとベンジャニ選手の交渉を行った模様。

駆け込みオファー (11)

アストン・ヴィラはデポルティヴォ・チヴァスUSAとGKブラッド・グザン選手に関する交渉を行っている模様。提示額は200万ポンド。

駆け込みオファー (12)

ストライカーを2人出向させた紳士は。攻撃のバックアップとしてFCバーゼルとフェリペ・カイセード選手の交渉を行っている模様。

駆け込みオファー (13)

デポルティヴォはベンフィカで戦力外となっているゴンサロ・ルベン・ベルゲッシオ選手について打診中。

駆け込みオファー (14)

どうしてもホナス選手を入手したいポンペイは、現金700万ユーロ + ラウレン選手をマジョルカに打診。

駆け込みオファー (15)

あと1人補強したいスパーズは、鬼門のセヴィージャにディエゴ・カペル選手をお願いしている模様。

駆け込みオファー (16)

ここで補強しないといよいよセグンダ濃厚となるでの非常に焦っているレンドイロ会長は、スペインの2大バカに「お願いします!」と泣きついている模様。ちなみにターゲットはソルダード選手とエスケーロ選手だそうです。使わないんだから貸してやれよ。

駆け込みオファー (17)

ベンジャニ選手に紳士が非紳士的行為を続けているので、ポンペイは保険としてデフォ選手を検討中。

駆け込みオファー (18)

コヴェントリーとノリッジがバーミンガムにマーティン・テイラー選手の交渉を要求。

駆け込みオファー (19)

ラツィオとヴォルフスブルクがオレゲル選手にオファーを出したそうですが、チキからはバックアップとして必要と断られた模様。

駆け込みオファー (20)

ダレッサンドロ選手を連れ帰るためスペインへ来ているサン・ロレンソが、ついでにレアル・サンマリノへ寄ってサヴィオラ選手の交渉を行う模様。

駆け込みオファー (21)

ディフェンダーを仕入れたいラツィオは、ウェスト・ブロムへアルブレヒツェン選手について問い合わせ中。

駆け込みオファー (22)

スパーズはスタルテリ、ガードナ、ヒカルホ・ホシャ3選手の引受先を募集中。

駆け込みオファー (23)

デポルティヴォはアヴァテ選手の引受先を募集中。

駆け込みオファー (24)

ボアテンク選手が欲しいキーガン・コーチは、スパーズに現金 + エンゾグビア選手を提示する模様。

駆け込みオファー (25)

ラツィオはカリャーリにミケーレ・カニーニ選手の買取オプション付ローンを申し込んでいる模様。

駆け込みオファー (26)

セルティックのイリ・ヤロシク選手は馴染みのロシア・リーグへ戻りたがっているそうで、クリュリャ・ソヴィエトフ・サマラと合意に達した模様。

駆け込みオファー (27)

攻撃陣が手薄なポンペイがローンでチャールトンのジェローム・トーマス選手を穫りに行ってる模様。

ハリー・レドナップ・コーチ
「チャールトンがどういう契約で手放してくれるかはわからん。とりあえずローンを打診したがね。我々には控えの攻撃陣がいないんで、大きな問題なんだよ」

駆け込みオファー (28)

フルアムがラツィオで戦力外のマキンヴァ選手とフィルマーニ選手について問い合わせ中。

では我々が

ウクライナとポーランドがユーロ2012について弱気なことを言っているので、イタリアが「ウチなら出来ますよ」と申し出る模様。

我慢の限界

現在のオーナーたちに不満タラタラなリーガプール・ファンが、オーナーたちの株式を買い取り、バルセレソンが実行するソシオ方式のクラブ運営を模索している模様。計画では世界中にいる10万人のファンから5億ポンドほどの会費を集めるそうです。

〜うほほぉ〜 イングランド・プレミアシップ第21週

スパルタク・チェルスキー 1-0 レディング
チェルスキーの得点:32分ミヒャエル・バラック

スパルタク・チェルスキー
GK1:ペトル・チェヒ
DF20:パウロ・ヘナト・レボーショ・フェレイラ
DF33:アレッサンドロ・ホドリゴ・ディアス・ダ・コスタ "アレックス"
DF6:ヒカルド・アウベルト・シウヴェイラ・デ・カルヴァーリョ "リッキー"
DF18:ウェイン・ブリッジ
MF13:ミヒャエル・バラック
MF4:クロード・マケレレ
MF10:ジョー・コール
FW24:ショーン・ライト=フィリップス(85分-9:お世話になりました)
FW39:バカ
FW15:フロラン・マルダ (76分-14:クラウディオ・ミゲル・ピサーロ・ボッシオ)

レディング
GK1:マーカス・ハーネマン
DF2:グレアム・マーティ
DF4:ケリファ・シセ
DF16:イヴァル・インギマルション
DF3:ニコラス・ショーリー
MF11:ジョン・オスター (81分-28:マレク・マテヨヴスキ)
MF15:ジェイムズ・ハーパー
MF10:スティーヴン・ハント
MF17:ロバート・フランシス "ボビー" コンヴェイ (85分-19:リアム・ロシニョール)
FW8:ルロイ・リタ
FW9:ケヴィン・ドイル

ダービー・カウンティ 1-1 マンチェスター・シティ
ダービーの得点:47分OG (孫継海)
シティの得点:63分ダニエル・スタリッジ

ウェスト・ハム・ユナイテッド 1-0 これがホントのハンマーパンチ
ハンマーひと振り:90分pマーク・ノーブル

アラン・カービシュリー・コーチ
「こうなったらいいなという展開が最後に来た。これは好い気分だよ。選手たちはキツい日程の中で戦い続けているが、本当によく持ち堪えている。素晴らしい選手たちだ。気づいてみたら、ここ16試合で3つしか負けてないんだよな」

マーク・ノーブル選手
「ペナルティは今年は2つだけなんだけど、前も僕が決めているから百発百中ってことだよね。だから誰も僕を止めようとしなかった。もちろん止められても譲るつもりはなかったよ。何がなんでも蹴っただろう。チラっとハゲがペナルティ職人だってことが頭をよぎったけど、こっちは自信あるから外したらどうしようなんて感じもしなかった。平常心だったよ」

ラファエル "ラファ" ベニテス・マウデス・コーチ
「チャンスはあったがゴールに出来なかった。多くのポゼッションを奪い、あらゆる局面で勝ったが、試合に勝ったのは相手だった。しかも非常にショッキングな時間帯にペナルティと来た。恐ろしいことだ。しかし落ち込むよりも次の試合を考えたい」

ウェスト・ハム・ユナイテッド
GK1:ロバート・グリーン
DF2:ルーカス・ニール
DF5:アントン・ファーディナンド
DF6:マシュー・アップソン
DF3:ジョージ・マッカートニー・リンゴ・レノン
MF29:リー・ボウヤー (58分-9:ディーン・アシュトン)
MF17:ヘイデン・マリンズ
MF16:マークノーブル
MF7:カール・フレドリク・リュングベリ
MF34:ルイス・ボア・モルチ・ペレイラ (59分-11:マシュー・エザリントン)
FW12:カールトン・コール (81分-18:ジョナサン・スペクター)

まさにパンチドランカー
GK25:ホセ・マヌエル・レイナ・パエス
DF3:スティーヴ・フィナン
DF23:ジェイミーキャラガー
DF4:サミ・ヒュイピャ
DF12:ファビオ・アウレリオ・ホドリゲス
MF14:チャビエル・アロンソ・オラーノ "チャビ・アロンソ"
MF8:スティーヴン・ジェラード
MF11:ヨッシ・シャイ・ベナヨン標的 (72分-19:ライアン・バベル)
MF7:ハリー・キュウェル (61分-21:ルーカス・ペッツィーニ・レイヴァ)
FW18:ディルク・カイト
FW9:フェルナンド・ホセ・トーレス・サンス

エヴァートン 0-0 トテナム・ホットスパー

エヴァートン
GK24:ティモシー・マシュー・ハワード
DF3:レイトン・ベイン
DF5:ジョレオン・レスコット
DF16:フィリップ・ジャギェルカ
DF19:ヌーノ・ジョルジ・ペレイラ・シウヴァ・ヴァレンチ
MF18:フィリップ・ネヴィル
MF6:ミケル・アルテタ・アルマトリアイン
MF26:リー・カーズリー
MF23:マヌエウ・エンリケ・タヴァレス・フェルナンデス "マニー"
FW28:ヴィクトル・アニチェベ (71分-14:ジェイムズ・ヴォーン)
FW8:アンドリュー "AJ" ジョンソン

トテナム・ホットスパー
GK12:ラデク・チェルニー
DF2:パスカル・チンボンダ
DF39:ジョナサン・ウッドゲイト "ウッディ"
DF22:デブ・ハドルストーン
DF44:クリス・ガンター (62分-17:ケヴィン=プリンス・ボアテンク)
MF8:ジャーメイン・ジェナス
MF24:ジェイミー・オハラ
MF25:アーロン・レノン
MF15:スティード・マルブランク
FW9:ディミタール・ベルバトフ
FW10:ロバート・キーン

マンチェスターユナイテッド 2-0 ポーツマス
ユナイテッドの得点:10分&13分クリスティアーノホナウド・ドス・サントス・アヴェイロ

サー・アレックス・ファーガソン・コーチ
「今シーズンのベストゲームの1つだっぺ。ただ2点ってなぁちょっと不満だけんどもな。もっと決めるチャンスはあったっぺ。ヨーロッパもFAカップもあっからよ、調子が戻ってくんなぁ歓迎だってからに」

アリ・サレイ・ムンタリ選手
「17の時にユナイテッドへ入るはずだったんだけど、ワークパーミットの関係でダメだった。でも僕はイングランド最強のチームでプレーしたいんだ。今はポンペイのために全力を尽くすけど、将来はこの希望を叶えたい」

マンチェスター・ユナイテッド
GK1:エトヴィン・ファン・デル・サル
DF6:ウェスリー・ブラウン
DF5:リオ・ファーディナンド
DF15:松平健
DF3:パトリス・エヴラ
MF16:マイクル・キャリック
MF18:ポール・スコールズ (62分-8:アンデルソン・ルイス・デ・アブレウ・オリヴェイラ)
MF13:林家ペー
MF17:ルイス・カルロス・アウメイダ・ダ・クーニャ "ナニ"
MF7:クリスティアーノホナウド・ドス・サントス・アヴェイロ (73分-4:オーウェン・リー・ハーグリーヴス)
FW10:ウェイン・ルーニー (73分-32:カルロス・アルベルト・テヴェス)

ポーツマス
GK1:デイヴィッド・ジェイムズ
DF5:グレン・ジョンソン
DF23:ソル・スルズィア・ジェレミア・キャンベル
DF15:シルヴァン・ディスタン (46分-7:ヘルマン・フレイダルション)
DF4:ローレン・ビサン=エタメ・マイェール "ラウレン" (46分-18:アルノルド・ウンヴェンバ)
MF28:ショーン・デイヴィス
MF6:ラサナ・ディアラ
MF19:ニコ・クラニチャル
MF16:ノエ・パマロ
FW25:ベンジャニ・ウンヴァルヴァリ
FW9:ミラン・バロシュ (78分-22:リチャード・ヒューズ)

コッパ・イタリア・クオーターファイナル 2nd Leg

カタニア 2-1 (agg 4-4) ウディネーゼ
カタニアの得点:44分rジョナサ・スピネージ、88森本貴幸

フィオレンティーナ 1-2 (agg 2-4) ラツィオ
フィオレンティーナの得点:16分フランチェスコ・セミオーリ
ラツィオの得点:35分アレクサンダル・コラロフ、61分トンマソ・ロッキ

今日はこのぐらいにしといてやる 2-3 (agg 4-5) インテル
ユーヴェの得点:14分アレッサンドロ・デル・ピエーロ、31分ヴィンチェンツォ・イアクィンタ
インテルの得点:10分&52分マリオ・バルヴア・バロテッリ "スーパーマリオ"、39分rフリオ・リカルド・クルス

クラウディオ・ラニエリ・コーチ
「バロテッリはプリマヴェーラの試合で見たことがありまして、その時から得点感覚に優れた選手だと評価しています。カモラネージ?いささかキレ気味だったかもしれません。ナーバスになっていたんでしょう。ちょっと話をする必要がありますかね」

ヒカルド・イゼシオン・ドス・サントス・レイテ "カカー"選手
「バロテッリのことはちゃんと憶えてるよ。たしかプレシーズンのトーナメントで見たと思う。才能はあるんじゃないの。楽しみな選手だね」

ロベルト・マンチーニ・コーチ
「両チームが持ち味を発揮し合った素晴らしい試合だと思う。こちらの方が若干優れていたから勝ち越せたんじゃないのかな。とくに若いのがよくやったね。マリオの話を聞きたいんだろ?しかし彼はまだ子供だ。これで思い上がってもらったら困る。まだまだ勉強しなきゃならんことは山ほどある。どうか勘違いせず、先輩たちの助言を素直に受け止めて欲しい」

マリオ・バルヴア・バロテッリ "スーパーマリオ"選手
「フルで使ってくれたコーチには凄く感謝している。でも最後はバテちゃったよ。マニーチェが凄いパスをくれたから、モノにしなきゃなって妙に冷静だった。フィニッシュは難しかったけどね。2点目はパスも出せたんだけど、相手を騙そうと思って撃っちゃったんだ。決まってくれてラッキーだね」

フランチェスコ・トルド選手
「今日は僕の仕事よりマリオのプレーに感激しちゃったよ。ペレとかリヴァスとか他の若いのも好いプレーしたしね」

また相手してやるぜ
GK12:エマヌエレ・ベラルディ
DF2:アレッサンドロ・ビリンデッリ ( (エスプルシ85分) 68分-8:マウロ・ヘルマン・カモラネージ)
DF33:ニコラ・レグロッターリエ
DF25:ギジェルモ・ステンダルト
DF28:クリスティアン・モリナーロ
MF23:アントニオ・ノチェリーノ
MF6:クリスティアーノ・サネッティ復讐
MF7:ハッサン・サリハミディッチ
MF11:パヴェル・ネドヴェド (74分-20:ラファエレ・パッラディーノ)
FW10:アレッサンドロ・デル・ピエーロ
FW9:ヴィンチェンツォ・イアクィンタ (68分-17:ダヴィド・トレセゲ)

インテル
GK1:フランチェスコ・トルド
DF13:マイコン・ダグラス・シシェナンド (87分-21:サンティアゴ・エルナン・ソラーリ)
DF2:イヴァン・ラミロ・コルドバ・セプルヴェーナ
DF24:ネルソン・エンリケ・ロペス・リヴァス
DF6:シェレル・カベリーノ・アンドラージ・マックスウェル
MF28:ヌーノ・ヒカルド・デ・オリヴェイラ・リベイロ "マニーチェ" (54分-14:パトリック・ヴィエラ)
MF30:ヴィクトル・ウーゴ・ゴメス・パショス "ペレ"
MF5:デヤン・スタンコヴィッチ
MF11:ルイス・アントニオ "マーゴ" ヒメネス・ガルチェス (70分-4:ハヴィエル・アデルマル・サネッティ)
FW45:マリオ・バルヴア・バロテッリ "スーパーマリオ"
FW9:フリオ・リカルド・クルス

コパ・デル・レイ・クオーターファイナル 2nd Leg

アトレティコ・マドリッド 3-2 (agg 3-3) ヴァレンシア
アトレティコの得点:10分P.P. (ルイス・ミゲウ・ブリート・ガルシア・モンテイロ)、18分セルヒオ・レオネル "クーン" アグエロ、61分ファン・ヴァレラ・エスピン
ヴァレンシアの得点:27分P.P. (クレーベル・サンターナ・ロウヘイホ)、35分ファン・マヌエル・マタ・ガルシア

アトレティコ・マドリッド
GK1:イスマエル・ゴメス・ファルコン
DF23:ファン・ヴァレラ・エスピン (69分-4:マリアノ・アンドレス・ペルニア)
DF12:ファビアーノ・エレル・ドシウ・サントス (55分-8:ラウール・ガルシア・エスクデロ)
DF21:ルイス・アマラント・カルロス・ペレア
DF3:アントニオ・ロペス・ゲレーロ
MF6:クレーベル・サンターナ・ロウヘイホ
FW11:マキシミリアーノ・ルベン・ロドリゲス "マキシ"
FW9:ルイス・ハヴィエル・ガルシア・サンス (71分-19:ミゲル・デ・ラ・キュエヴァス)
FW17:ホセ・アントニオ・レジェス・カルデロン
FW10:セルヒオ・レオネル "クーン" アグエロ
FW7:ディエゴ・マルティン・フォルラン・コラソ

ヴァレンシア
GK13:ティモ・ヒルデブラント
DF23:ルイス・ミゲウ・ブリート・ガルシア・モンテイロ (46分-24:エミリアーノ・モレッティ)
DF15:イヴァン・エルゲラ・ブヒア
DF4:ラウール・アルビオル・トルタハダ
DF12:マルコ・アントニオ・シモエス・カネイラ (75分-19:アンヘル・ハヴィエル・アリスメンディ・デ・ルーカス)
MF5:カルロス・マルチェナ・ロペス
MF11:エヴェル・マキシミリアーノ・ダヴ・バネガ (58分-22:エドゥアルド・セサール・ダウヂ・ガスパール "エドゥ")
MF3:エトヴィヘス・マドゥロ
FW17:ホアキン・サンチェス・ロドリゲス
FW7:ダヴィド・ヴィジャ・サンチェス
FW16:ファン・マヌエル・マタ・ガルシア

レアル・デポルティヴォ・マジョルカ 2-1 (agg 2-2) ウマいフェ
マジョルカの得点:7分pミゲル・アンヘル・アリエル・サンティアゴ・イバガサ、55分ファン・フェルナンド・アランゴ・サエス
ウマいフェの得点:81分エステバン・グラネーロ・モリナ
タルヘタ・ロハ:88分エステバン・グラネーロ・モリナ (ウマいフェ)

セリエAディレイゲーム

レッジーナ 0-1 ACミラン
ミランの得点:17分アルベルト・ジラルディーノ

カルロ・アンチェロッティ・コーチ
「ジラルディーノはこれで6ポイントを稼いでくれた。しかも両方アウェイだ。ミランに要らないなんて意見が戯言だと分ってくれただろう。パトはちょっと疲れてるって?バカ言っちゃ困る。18歳に疲れたなんて口にする権利はないんだよ (笑)」

ヒカルド・イゼシオン・ドス・サントス・レイテ "カカー"選手
「試合が多いから全ての選手が良好なコンディションでいることが凄く重要なんだ。とくにジラの存在は大事だよ。これで彼に助けてもらったのは2回目だしね」

ジェンナーロ・イヴァン・ガットゥーゾ選手
「なんつ〜か、こう、試合を決める強さが足りないよな。最後までドタバタしてようやく逃げ切ったって感じがする。ただ勝ったことは素直に喜びたいがな。それにしても停電だなんて冗談じゃねぇや。ちゃんと整備しとけよ、レッジーナ」

ACミラン
GK16:ゼリコ・カラッツ
DF44:マッシモ・オッド
DF13:アレッサンドロ・ネスタ
DF4:カハベール "カッハ" カラーゼ
DF19:ジュゼッペ・ファヴァッリ
MF5:フェレイラ・ダ・ローザ・エメルソン
MF8:ジェンナーロ・イヴァン・ガットゥーゾ
MF21:アンドレア・ピルロ (83分-32:クリスティアン・ブロッキ)
MF22:ヒカルド・イゼシオン・ドス・サントス・レイテ "カカー"
FW7:アレシャンドレ・ホドリゲス・ダ・シウヴァ "パト・ブランコ" (82分-20:ヨアン・グルキュフ)
FW11:アルベルト・ジラルディーノ

DFBポカール Round of 16

FCカールツァイス・イェーナ 2-1 アルミニア・ビーレフェルト
さすが精密ですね:83分ニルス・ペテルセン、116分pヤン・シマク
ビーレフェルトの得点:41分アルトゥル・ヴィチニャレク
赤紙:100分サミ・アラグイ (カールツァイス)、105分ヨナス・キャンパー (ビーレフェルト)

SCロートヴァイス・エッセン 0-3 ハンブルガSV
ハンブルガの得点:5分ラファエル・ファン・デル・ファールト "ラフィ〜"、52分ピョートル・トロチョヴスキ、56分イヴィツァ・オリッチ

SVヴェルダー・ブレーメン・アマチュア 2-3 VFBシュトゥットガルト
ヴェルダーの得点:56分マルク・ヘイデル、71分ドミニク・パイツ
シュトゥットガルトの得点:29分&32分&43分マリオ・ゴメス・ガルシア

VfLヴォルフスブルク 1-1 (pk 5-3) シャルケ04
ヴォルフスブルクの得点:90分セルゲイ・カリモフ
シャルケの得点:27分ペーター・ロヴェンクランズ

Copyright © 1997-2007 0-0 <empate>. All Rights Reserved.
Apple, the Apple logo, and Mac are trademarks of Apple Computer, Inc., registered in the U.S. and other countries.
The Made on a Mac Badge is a trademark of Apple Computer, Inc., used with permission.