Information
Archives
実に正直である

レアル・ソシエダのイニャキ・バディオラ新会長は「金を出すが口も出す」典型的な方だそうで、呆れちゃったパコ・アジェステラン・スポーツダイレクターが辞表を叩き付けた模様。

パコ・アジェステラン前スポーツダイレクター
「彼らは私との約束を反故にしました。コーチや選手をチョイスするのは私の仕事になっていたはずですが、会長は‘金を出すのがオレである限り、決めるのもオレだ’との態度を変えてくれません」

あいや〜

アフリカ仕事のカメニ選手に代わってエスパニョールのゴールを守っていたラフエンテ選手ですが、太腿を傷めて4〜6週間の離脱となってしまった模様。

ちょっと勝てるとすぐコレだ

パルマ戦での物凄く怪しいリゴーレにより「審判はユーヴェからインテルへ鞍替えしただけじゃねぇか」と叩かれておりますが、ラッキーな3ポイントを拾えたご本人たちはメディアとの接触を凍結させた模様。

お咎めなし (1)

レディング戦にて‘おめぇなんかくたばれっぺ、この野郎’に相当する不穏当なジェスチャがあった件で、またまたFAから怒られそうだったサー・アレックスですが、今回は難を逃れた模様。

お咎めなし (2)

トリノ戦にて物凄く怪しいリゴーレの穫り方をしたムトゥ選手でしたが、規律委員会は怪しいには怪しいがダイブとは断言できないと無罪を言い渡した模様。

これぞホントの救世主

左膝の負傷で2年間を棒に振ったヴァレロン選手がフルトレーニングへの参加を許可された模様。

十分でございます

マクファーデン選手とサラーテ選手を獲得できたマクリーシュ・コーチは、サマラス選手の交渉から手を引いた模様。

アレックス・マクリーシュ・コーチ
「もうサマラスの件で話をすることもない。攻撃陣については十分な補強が出来た。もちろん5〜6週間前なら彼は重要なターゲットだった。その時に穫れていたら状況は違ったかもしれない」

引退

リーガプールDFスティーヴ・フィナン選手がアイルランド代表からの引退を表明。

スティーヴ・フィナン選手
「2002年大会でワールドカップを体験できたことが僕の代表での最大の思い出だ。でも次の大会には34になっている。もう辞めるべき時だよ。次のコーチは再建を任されるわけだから、将来のある若手を中心に行くに違いないんだしね」

ご成約 (1)

ヴォルフスブルクは今季終了までの契約でシュトゥットガルトFWダニエル・リュボイャ選手を獲得。

ご成約 (2)

バーミンガムMFニール・ダンズ選手が移籍金60万ポンド、3年半契約でジョーダンズへ移籍。なおジョーダンズがプレミアシップへ復帰するという楽しい事態になったら25万ポンドの追加料金が発生。

ご成約 (3)

ヘルタは移籍金300万ユーロ、4年契約でヴォイヴォディナ・ノヴィ・サドMFゴイコ・カカル選手を獲得。

ちょっとお待ちなさい

チームメイトとの接触すら禁じられるという鬼のような仕打ちを受けて捨て鉢になっているアルベルダ選手が「オレ、もう引退しようかな」とボヤいている模様。ボロカッスルでもどこでもいいから、買ってやれよ。

ダヴィド・アルベルダ・アリケス選手
「トレーニングすらも受けさせてもらえないなんて思わなかった。どうしてこんな仕打ちをされなきゃいけないのか理由がまるで分らない。僕はもうフットボールの世界に見切りをつけることも考えているんだ」

意地っ張りなんだから

近所のクラブがサラーテ選手を獲得したのが気に入らないヴィラは、リーヴェルにいるラダメル・ファルカン・ガルシア・サラーテ;選手を強奪に向かう模様。ただ、この人の一般的な呼び名はファルカンですが。ちなみにお値段は750万ユーロ前後。

お金で買えない戦力

アーセナルがハマーズにとって命綱のグリーン選手を700万ポンドで穫りに行く模様。

それは危険だ

スポーツダイレクター大募集中のハマーズにトラップが乗り込むというネタが出回っている模様。下手するとカービシュリー・コーチが食われちゃう可能性が大でございます。

断ったら殴られる

チョロがラファさんにレトを貸せと迫っている模様。

物別れ

ジェオヴァンニ選手とデポルティヴォはいつでもサインできる体制ですが、肝心のシティが吹っかけているせいで交渉は暗礁に乗り上げている模様。

お前は闘えるのか

ロイ・キーン・コーチは500万ユーロぐらいで買えるシャフタール・ドネツクDFラズヴァン・ラト選手の補強を検討中。

ロビンソン延命

スパーズ噂に巻き込まれているアヤックスのステケレンブルク選手は、シーズン途中で移籍する意志がない模様。

マールテン・ステケレンブルク選手
「新聞であれだけ騒がれているわりには僕のところには何にも届いてないんだよね。だから移籍もなにもないんだ」

ホテルに女連れ込んじゃうよ

規律にとってもうるさいクーマン・コーチですが、何故かチェルスキーの女呼んでブギを欲しがっているそうです。

トライアル

ホッジソン・コーチはヤリを呼びつけ、プレミアシップでやれるかどうか今月中に判断する模様。

離脱 (1)

レヴァンテFWアレックス・ヘイホ選手が右膝の靭帯を傷めて3〜6週間の離脱。

離脱 (2)

右膝内側側副靱帯の負傷で数回の治療を行っているヴェルダーMFトルシュテン・フリングス選手は、またしても同じ箇所を壊してしまい6週間ほど離脱。

離脱 (3)

ジロンダンMFフェルナンド・メネガッツォ選手が左膝靭帯を壊して少なくとも4週間の離脱。

合意

ル・アーブルFWギョーム・オアラウ選手が移籍金50万ユーロ・5年半契約でパリ・サンジェルマンへ行く模様。なお移籍金がかなりリーズナブルなので、今季いっぱいはル・アーブルへ貸すという形で埋め合わせるそうです。

契約解除

ストラーリ選手が来てしまって完全にカリャーリでの将来が閉ざされたマルコ・フォルティン選手が契約を打ち切った模様。なお、早くもヴィチェンツァが再就職を呼びかけているそうです。

クラブ間の仲は修復されたのか?

アンドリュー・グレイ選手の加入でチャールトンから押し出される形のイザル・マクロード選手には、ジョーダンズが100万ポンドの移籍金で接近中。

マージーサイド・ダービー

プレミアシップ4位の座をめぐって最後まで争うのはマージーサイドの2チームになりそうですが、カーズリー選手は「オレたちにとって4位は優勝も同然の偉業だが、あんだけ金遣った隣の奴らはどうなんだろうな?」とナイスなことを言ってる模様。

リー・カーズリー選手
「隣のチームは優勝を目指して当然なのに、またとんでもないシーズンになってやがる。あれだけ金遣ってそれかって思われるのも仕方ないよな。それでも4位には入るだろうってのが一致した意見かもしれない。それならそれで結構さ。こっちゃ深く静かに潜航して、最後の大事なところでガバッっと出てやるからな」

交換

ブムサン選手をめぐるユーヴェとリヨンの交渉は条件で折り合えずに保留となっているようですが、リヨン側はルヴェイレール選手を差し出す模様。

出番があるだけマシと思え

ユーヴェとスパーズ間ではチアーゴ選手の取引に合意していますが、本人が週給3万5000ポンドは欲しいと要求しているので、なかなかサインへ至らない模様。

それがいけなかった

マジョルカのホナス選手に熱心だったレドナップ・コーチですが、ゴール後のパフォーマンスでスパイダーマン・マスクをかぶるのがお気に召さなかった模様。

相手にされない

パレルモへリナウド選手をお願いしたら全く相手にされなかったラツィオは、仕方なくミニ・ミー副会長にシミッチ選手を要請中。

マンマーク・シガン

コパ・デル・レイでアンリ選手と再会するシガン選手は「オレなら止める方法を知っている」と語っているようですが、頭で理解していても身体と技術が追いついて来ないのは大きな問題だ。

パスカル・シガン選手
「1対1でどうにかしようとしても無駄だ。ティエリを止めるにはヤツを孤立させるのが一番なんだ。ヤツがボールを持ったらバルセレソンの選手をサポートに来させないようガッチリとブロックするんだ。あいつはサポートなしには何も出来ない。逆にボールを受けようとしているなら、必ずコースに入ってパスカットするのさ。ボールさえ渡さなきゃティエリといえどもピッチを彷徨うしかないんだ。しっかりと戦術を組んで、100%以上の集中力を注いでいれば必ず止めることが出来る」

イタリア方式

ミュンヘンの悲劇50周年に際し、シティ・ファンにダービーマッチでの黙祷をお願いしていたユナイテッドですが、シティのサポーターズクラブは「それに応じない馬鹿は必ずいるので、むしろ拍手で悪意ある言葉をかき消したい」と打診している模様。

マンチェスター・シティ・オフィシャルサポーターズクラブ
「マンチェスター・シティとマンチェスター・ユナイテッドの間にはフレンドリーな関係もあれば、憎悪に満ちた関係も存在します。現実にユナイテッドの悲劇など知ったことではないと公言する者もいます。そのような愚か者どもが黙祷をぶち壊しにし、ユナイテッドだけでなくマンチェスターという都市やフットボールそのものを辱める可能性は非常に高いと考えています。従いまして、我々としては拍手にて悪意ある言動をかき消した方が適切であると提案します」

母は強い

熱狂的なサンマリノスタだというクリスティアーノ・ホナウド選手のお母さんが「レアル・サンマリノへ行きなさい!」と息子に強要している模様。

ドロレス・ドス・サントス・アヴェイロさん
「あたしゃあんたのレアル・サンマリノでの晴れ姿を見ないままであの世に行くわけにゃいかないんだよ。今のクラブから出る日が来るなら絶対にレアル・サンマリノへ行っとくれ。これは母さんの夢なんだよ。親孝行だと思って黙って行きな。あんたがマドリッドへ越すなら母さんもそっちで住むよ。だから出来るだけ早く決めなさい。なにも今すぐなんて言わないよ。2〜3年のうちでいいから。わかったね、あたしゃ待ってるよ」

やりかねん

チームを根本的に作り直す意気込みのアシュリー・オーナーは、アーセナルなんぞでトレーニングしている若旦那を目玉補強と考えている模様。だったらサンダランドへ行っていただきたい。

アトレティコ仕事

デルビーの敗戦により堪忍袋の緒が切れたアトレティコは、シーズン終了後に現在の4バックを全員マーケットに出す模様。代わりに買うのはエスパニョールのハルケ選手やアヤックスのハイティンハ選手。

断念

CSKAのジョー選手の補強を考えていたヴァレンシアですが、移籍金が1000万ユーロから1500万ユーロへ上がってしまったので断念する意向。

一存

スーペル・クライシスに陥っているデポルティヴォはロティーナ・コーチの進退を決める緊急役員会を開催したようですが、大半の役員がコーチ交代を叫ぶ中、レンドイロ会長の一存で留任が決まった模様。

ダメだ、こりゃ

サラゴサのチーム内には色々とあるようで、就任したばかりのガリタノ・コーチが一身上の都合を理由に辞表を提出。現地ではダレッサンドロ選手の態度とフロントにディフェンダーの補強を断られたのが主な原因と報じられている模様。

アンデル・ガイスカ・ガリタノ・ウルキス・アギーレ前コーチ
「非常に驚かれた方もいると思うが、これはあくまでも私個人の事情によるものだ。現在の順位を考えたら、このまま私が続けることで大きな火傷を負う可能性がある。このチームに必要なのは百戦錬磨のコーチだ。そういう方が来てくれるのであれば、喜んで座を明け渡したい」

こんな時になんですが

そのサラゴサはイルレタ・コーチに救援を求めた模様。

馬鹿セレブ

ランパード選手とテリー選手はバーミンガム戦の勝利を祝うという名目で、日曜の早朝までクラブにてドンチャン騒ぎをやらかしていたそうです。

とほほ

復帰してから大活躍だったリチャードソン選手ですが、ハムストリングの負傷で再び3週間の離脱。

私のキャリアはこれからです

リーガプールはNKオシエクにいるドマゴイ・ヴィダという18歳のMFにオファーを出していたそうですが、クラブからではなく本人から思いっきり断られた模様。

高望み

いつの間にかトップ4が目標みたいになってしまっている現状について紳士は「UEFAカップへ行けるだけでも大成功です」とコメントしている模様。

スヴェン・ヨラン・エリクション・コーチ
「なにかトップ4以外は失敗といったような空気が漂っていますけど、おかしなことを言うもんじゃありません。シティが今までどこにいたのかを思い出してください。UEFAカップの出場権を獲られるだけでも大成功なんですよ。もちろんトップ4入れたら素晴らしいでしょうが、入れなかったとしても落ち込むような成績じゃありません」

ピッチが悪い

JJBスタジアムのピッチは約2年前に30万ポンドを費やし全面的に張り替えられたそうですが、キルベイン選手は「サイテ〜のピッチだ」と文句を言ってる模様。

ケヴィン・キルベイン選手
「ピッチが悪いって意見については誰もが同意してくれると確信しているけど、そのピッチでプレーしたエヴァートンが勝って帰るっていうのは明らかに変だ。だってこのピッチで慣れているのは僕らの方じゃないか。悪いなら悪いなりに、それすらも利用するくらいじゃないといけないと思うよ。こっちがコケてたら話にならん」

選手がおらんのだ

イングランド代表時代を振り返ったマクラーレン前コーチは「だって選手がいないんだから勝てないよ」とボヤいている模様。

スティーヴ・マクラーレン氏
「10〜15年ぐらい前なら、同じレベルの選手を35人から40人はピックアップできました。しかし気がつけば取り返しがつかないほどタレントが減ってしまいました。それは外国人に占拠されているプレミアシップを見れば明白です。チャンピオンズリーグが国際経験を積む場だとも言われていますが、そこに出て行くのが外国人ばかりのクラブなら何の意味もありません」

終わったな

イングランド・プレミアシップ第20週:リーガプール 2-2 アストン・ヴィラ at アンチフィールド

リーガプールの得点:19分ヨッシ・シャイ・ベナヨン、88分ピーター・クラウチ
ヴィラの得点:69分マーロン・ハーウッド、72分P.P. (ファビオ・アウレリオ・ホドリゲス)

スティーヴン・ジェラード選手
「このところのピッチ以外の話題で僕らが動揺しているのは否定できない。これは慎重に発言しなきゃいけないこととはいえ、明らかにかのニュースがチームの足を引っ張っている。もちろん周囲の雑音なんか振り払って、与えられた仕事に集中しなきゃいけない。でも、こう毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日やられたら、それは無理だってんだよ、ちくしょ〜」

ラファエル "ラファ" ベニテス・マウデス・コーチ
「ジェラードの発言の意味するところは理解しているが、私はその件には触れたくない」

リーガプール
GK25:ホセ・マヌエル・レイナ・パエス
DF17:アルヴァロ・アルベロア・コカ (70分-37:マルティン・シュクルテル)
DF23:ジェイミー・キャラガー
DF4:サミ・ヒュイピャ
DF12:ファビオ・アウレリオ・ホドリゲス
MF8:スティーヴン・ジェラード
MF20:ハヴィエル・アレハンドロ・マスチェラーノ
MF7:ハリー・キュウェル (74分-19:ライアン・バベル)
MF11:ヨッシ・シャイ・ベナヨン (80分-15:ピーター・クラウチ)
FW18:ディルク・カイト
FW9:フェルナンド・ホセ・トーレス・サンス

アストン・ヴィラ
GK13:ストゥアート・ジェイムズ・テイラー
DF3:ウィルフレッド・ボウマ
DF15:カーティス・デイヴィス
DF5:マルティン・ラウルセン
DF4:オロフ・メルベリ
MF26:クレイグ・ガードナ (66分-9:マーロン・ハーウッド)
MF19:スティリヤン・ペトロフ
MF20:ナイジェル・レオ=コーカー
MF11:ゲイブリエル・アグボンラホール
MF7:アシュリー・ヤング
FW10:ヨン・カリュ "アリェウ" (90分-16:ザタイア・ナイト "ザット")

主審:マーク・クラッテンバーグ

血祭りだ

グレアム・マーティ選手がゲットしたクリスティアーノ・ホナウド選手のシャツを盗んだのはスティーヴン・ハント選手の悪戯だったそうで、普段は颯爽としているキャプテンが涙目で慌てふためく姿を楽しみたかったと語っている模様。

マーカス・ハーネマン選手
「ホントにおかしいったらなかったね。マーティは血眼になってドレッシングルーム中をひっくり返してるんだもの。ハントはかなり満足したみたいだから食堂で‘ホラよ’って返したんだ。そりゃ血祭りにされる前に名乗り出た方がいいものな」

しょうがねぇクラブだ

ホッジソン・コーチになっても何も変化してないフルアムは、とても危機感を持っているそうで、こうなったらイングランド国内で大人気なクロアチア人の名将にご登場願うことを検討中。しかしユーロがございますんでねぇ。

言いたくもなる

先週末は通常以上に怪しい判定が頻発して審判に対する非難しかコメントが出て来ないセリエAですが、FIGCのアベテ会長は「ご批判は結構ですが、もう少し敬意を持った言い方が出来ませんか?」とセリエAのコーチたちに要望している模様。

もう言わない

妙にインテルに詳しいとの話が出回り迷惑しているミニ・ミー副会長は「もうインテルについて触れない」と反省している模様。

ミニ・ミー副会長
「バルセレソンは出っ歯についてどことも交渉を行っておらんぞ。インテルがどうしたんだ?私はあのクラブには触れたくない」

呑みましたから

サー・アレックスの大人げないジェスチャが話題になっておりますが、そのターゲットと名指しされたレディングのワリー・ダウンズ・アシスタントは「それは私に向けられたものじゃありません」と否定。

ワリー・ダウンズ・アシスタント
「なにか私に向けられたといった報道がありますが、それは事実ではありません。サー・アレックスとそんな関係になるわけありませんよ。あの試合の後も仲好くワインを呑みましたし」

ひぃ〜

デルビーで傷めていた足首を悪化させてしまったペペ選手は3〜6週間の離脱。これでセルヒオ・ラモスかカンナヴァーロに何かあったらお陀仏だ。

離脱 (1)

オサスナMFヤロスラフ・プラシル選手が太腿の肉離れにより4週間ほど離脱。

離脱 (2)

デルビーで負傷したアトレティコのラウール・ガルシア & シモン両選手は2週間ほど離脱。

戦犯

デルビーで負けたのはホビーニョ選手を捕まえきれなかったパブロ・イバニェス選手にあるといった批判が出ているそうですが、シモン選手は「試合に出ていたのは彼1人だけじゃない」と擁護している模様。

シモン・ペドロ・デ・フォンセカ・サブロサ "シマオ"選手
「敗戦に責任を負わなきゃいけないのは全員だよ。パブロ1人だけがピッチにいたわけじゃない。試合では誰かがミスをすることになるんだけど、デルビーはパブロだったんだろう。でも次の試合では僕がやるかもしれないんだ。フットボールがグループでやるスポーツである限り、誰か1人を責めるのは間違っている。同点にするチャンスがなかったとは言わない。でもレアル・サンマリノにイケル・カシージャスがいる限り、それはかなり難しい仕事になるんだ。今は彼からゴールを奪える気がしない。そのぐらい凄いんだ」

金とるよ

ダレン・ムーア選手がフリー・トランスファーと報じられた件でクマさんは「誰がタダでやるか」とコメントしている模様。

ポール・ジュウェル選手
「移籍とかって話にも驚いたが、フリーなんて条件にも心底ビックリだ。なんで彼についてそういう記事が出るのか全くわからん。そもそも彼にだって値段はあるんだ。勝手にタダだと決めてもらったら困るよ」

トライアル

ノリッジ・シティはリーガプールDFリー・ペルティエ選手にテストをオファー。

ご解任

ミドルスブラはボアテンク選手の負担を軽減させる意味で、主将の地位をアルカ選手へ変更した模様。

ギャレス・サウスゲイト・コーチ
「ジョージには自分の仕事に専念してもらいたいんだ。アルカには優れたリーダーシップがあるし、彼に任せることがチームの為になると判断したんだ。このところのジョージのパフォーマンスは非常に素晴らしいので、それを維持し続けてもらいたい」

発見した

南米に出向き‘ウチのパト’を物色していたインテルは、サントスのアレモン選手に目をつけた模様。

ローン (1)

ヴェルダーに全く馴染めなかったカルロス・アウベルト選手が7/15までの予定でサンパウロへローンに出された模様。

ローン (2)

ローマで戦力外になっているクフォ選手のパルチザンへのローンが濃厚。

ローン (3)

リオ・アヴェMFヴィチョール・ゴメス選手が買取オプション付6ヶ月ローンでカリャーリへ出向。

ローン (4)

フィオレンティーナFWアルトゥーロ・ルポリ選手が6ヶ月ローンでトレヴィーゾへ出向。

ローン (5)

ユヴェントスとモナコはアルミロン選手の6ヶ月ローンで合意。

ローン (6)

エスパニョールはジョナタス・ドミンゴス選手を6ヶ月ローンでフラメンゴへ放出。

ローン (7)

ヴィジャレアルはリオ=アントニオ・マヴバ選手を6ヶ月ローンでリールへ放出。

ローン (8)

チャールトンDFオセイ・サンコファ選手が1ヶ月ローンでブレントフォードへ出向。

ローン (9)

ローマMFリカルド・ファティ選手が300万ユーロの買取オプション付6ヶ月ローンでナントへ出向。

ローン (10)

リーズMFアラン・トンプソン選手が1ヶ月ローンでハートルプール・ユナイテッドへ出向。

リーガ復帰

スカについてラツィオとマジョルカが交渉しており、移籍金100万ユーロぐらいで合意する模様。

復帰

サッパリ勝てないラツィオは、ルカレッリ選手の加入によりパルマでの今後が不安だというコッラーディ選手の補強を検討中。

強奪中

グイドリン・コーチから補強を要請されたザンパリーニ会長は、カリャーリとフォッジア選手の交渉を行っている模様。

レデスマ2号

ボカとパブロ・レデスマ選手の交渉を行っていたラツィオは移籍金300万ユーロ、1年半契約の条件で取引をまとめた模様。

Copyright © 1997-2007 0-0 <empate>. All Rights Reserved.
Apple, the Apple logo, and Mac are trademarks of Apple Computer, Inc., registered in the U.S. and other countries.
The Made on a Mac Badge is a trademark of Apple Computer, Inc., used with permission.