Information
Archives
切実だ

脱毛防止薬が原因のドーピング違反で2年間のサスペンションを喰らったポリデポルティヴォ・グラナダ74のボルハ選手は「男の気持ちになって考えろ!」とハゲしく悲痛な叫びをあげている模様。この選手はまだ25歳なんですが、薄毛になっちゃったのはストレス性のものだそうです。

ボルハ・エドゥアルド・クリアド・マラガリガ選手
「皮膚科の医者からはプロペシアって薬を飲むよう勧められたんだ。それがいけなかったっていうなら、もちろん責任はとる。だけどなにかスケープゴートにされたような気分だ。僕は運動能力を向上させるためにその薬品を使ったんじゃない。人生の大問題を解決させるために使ったんだ」

辞めたい

セヴィージャのケルツァコフ選手が「チームを変えることで出番が獲られるなら躊躇わない」とコメントしている模様。

アレクサンドル・ケルツァコフ選手
「このチャンスの少なさには凄く不満だ。チームを変えるのも1つの考え方だろう。いずれにしてもヨーロッパで仕事を続けたいね」

今すぐ来てくれませんか

キエッリーニ・ショックで上へ下への大騒ぎなユーヴェは、四の五の言ってられないのでメルベリ選手にオファーを出す模様。なお穫れなかったら修行に出している若手を呼び戻す方針。

ダメだ、もう

ボロカッスルへ電撃復帰したキーガン・コーチは「ファンが現実を直視し、忍耐の気持ちを持って支援してくれたら、ひょっとすると何らかのタイトルまで辿り着ける」と意気込みを語っていたようですが、幻想ばかり見て忍耐のカケラもないからこんなことになっちゃってると何故気がつかないのか。

みんなズッこけた

ロクなオファーが来ないという理由でフレッヂ選手はリヨン残留を宣言した模様。

フレデリコ・シャヴァス・グエデス "フレッヂ"選手
「ベストな状態に戻して、リヨンに貢献したい。もう移籍の話など終わりだよ。ここからは試合の話しかしないんだ。だっていいオファーが全然ないんだもの」

人の心を読め

コッパ・イタリアではパッツィーニ選手が大変な活躍をしましたが、なぜかゴール後のパフォーマンスは怒っているように見えたので、その辺をメディアが突っついたら「お前らに怒ってるんだ」と物凄い反撃を受けたそうです。

ジャンパオロ・パッツィーニ選手
「出来が悪いと批判するファンは恨んでいない。ただ、手のひら返したかのように叩きはじめた誰かさんたちには言いたいことは沢山ある。自分のプレーに一番納得できない人間は僕だった。そこを無神経にチクチクやったのはお前らだ。でも僕は生まれ変わった。ここからがリスタートなんだ」

後任

デリオ・ロッシ・コーチの留任を強調したラツィオですが、パレルモをクビになったコラントゥオーノ氏やブルーノ・ジョルダーノ氏の名前が浮上中。

ブルーノ・ジョルダーノ氏
「電話をくれるならすっ飛んで行くよ。ラツィオのためなら命がけで仕事をしたい。残念ながら、まだそのような機会は訪れないがね。しかしラツィオーレの私だから、常に準備はOKだ」

罰金王

11/24のダービー戦にて著しく規律を欠いた行為があったとしてチェルスキーに4万ポンドの罰金が言い渡された模様。しかし奥さん、これなんかテリーの週給の1/4ですよ、1/4。チェルスキーにとっちゃ痛くも痒くもないじゃないですか。いっそ4000万ポンドぐらいとってやりゃいいんだ。

ブリーギの太鼓

起用されるのは大抵後半からボチボチといった扱いのブリーギ選手ですが、仕事があるだけマシだと移籍は一切考えていない模様。

ヴァンニ・プッツォーロ代理人
「男は黙ってなんとやらといったわけでもないんでしょうが、本人は黙々と働くトネットをお手本にしているみたいです。街もクラブも気に入ってるようですし」

待ってたぜ

ようやく移籍禁止措置が終了するダウィ・コーチは、アンドリュー・マーシャル選手が背中を傷めてしまったので、キーパーの補強に向かう模様。

ちっともグッドじゃない

コヴェントリーは中盤のアンドリュー・グッディング選手との契約を解除した模様。

再就職

トライアルを受けまくっても職場を獲られず悶々としているマルコム・クリスティ選手には、あの男ワイズが救いの手を差し伸べる模様。

限界がある

早く新天地へ行った方がいいモハメド・ジダン選手についてハンブルガは「コーチも代わるので耐えろ」と鬼のような仕打ちをしている模様。

換金

マルコ・パンテリッチ選手を換金したがっているヘルタにはポンペイ、ハマーズ、フルアムが問い合わせをしている模様。

今季絶望

ヴィジャレアルDFファブリシオ・フエンテス選手が左膝の靭帯を切ってしまい全治6ヶ月と診断。明日には手術が行われる模様。

最初の仕事

キーガン・コーチのボロカッスルでの初仕事は、ウェスリー・ブラウン選手の捕獲だそうで、がんばってください。

ご成約 (1)

アーセナルMFラサナ・ディアラ選手が3年半契約でポンペイへ移籍。移籍金は非公開。

ご成約 (2)

ボルトンはポンペイからマシュー・テイラー選手を3年半契約で獲得。移籍金は非公開。

ギャリー・メグソン・コーチ
「いくつかのチームが興味を示したことが証明していますが、彼はチーム力を向上させる能力を持つ完璧なプレミアシップ・レベルの選手です。我々のところを選んでくれて本当に感謝しています」

ハリー・レドナップ・コーチ
「本音を言うと残しておきたいタレントだったんだが、クラニチャルがあの活躍なので、出番をあげるのは非常に難しかった」

商売の時間

グィサ選手とホナス選手にはプレミアシップ方面から豪勢なオファーが来ているようで、マジョルカは売る気になっている模様。ちなみに乗り込んできているのは紳士とレドナップ・コーチ。

興味なし

リーガプールはシュクルテル選手を獲得できたので、ウイファルシ選手から手を引いた模様。

離脱

ミドルスブラDFアンドリュー・デイヴィス選手は踵を壊して手術することになり、約8週間の離脱。

交渉中

ユーヴェとベジクタシュはブムサン選手の交渉を行っていますが、移籍金額と130万ユーロという高額年俸により遅々として進まない模様。ちなみにユーヴェの要求する400万ユーロに対し、ベジクタシュは260万ユーロを提示。

とんでもない

カマーチョ・コーチにはリーガプールやボロカッスルから打診があったという噂が出回っているようですが、代理人は「契約下にある身でそんな話は受けない」と逃げ回っている模様。

デブ最高

このままデブが好調だとミランは契約更新を行うので、アマウリ選手はユーヴェが入手しやすくなる模様。もう、ほんと、デブ大好きだよ。応援してるぞ、がんばれ。

最大の不安

キエッリーニ選手の負傷でセンターバック・パニックに陥ってしまったユーヴェは、来季はこんなことが起きないようパレルモのバルツァーリ選手を穫りに行く模様。

大きいことは良いことだ

戦力外扱いだったジギッチ選手ですが、非常に役に立つことがわかったので、クーマン・コーチはキープを決めた模様。

後釜

インテルはアドリアーノ選手の去就次第で、ウディネーゼのクァリアレッラ選手へ走る模様。

交換

プランデッリ・コーチがジラルディーノ選手に乗り気だと耳にしたミランは、フレイ選手との交換を打診してみる模様。

確かにパトだな

インディペンディエンテとボカがフレンドリーマッチを行ったそうで、その際にインデFWパトリシオ・ロドリゲス選手にはインテル、アーセナル、アトレティコの関係者が群がっていた模様。もちろんパトリシオですから呼び名はパトです。ちなみに本人のアイドルはクリスティアーノ・ホナウド選手だそうです。

合意

ヴィラとラウルセン選手は2年間の契約更新で合意。

居眠りはいかんですよね

赤字覚悟でスパーズが売りに出したダレン・ベント選手ですが、今のところ誰もオファーを持って来ていない模様。

みっともない

補強費の少なさを批判するソル・キャンベル選手に困り果てたポンペイは、本人を呼びつけ「これ以上は喋らないでいただけますか」とお願いした模様。

個人的なギフトじゃいかんのか

QPRのブリアトーレ・オーナーは選手たちに3000ポンド相当の高級腕時計をプレゼントしたそうですが、たとえやる気を引き出す意味であっても契約に明記されていないボーナスの類いは認められないとFAは返還を言い渡すかもしれないそうです。

懐に余裕があると

ボルトンはバカ・マネーを用いてヴィラのメルベリ選手を穫りに行く模様。

残留

リーヴェルやサン・ロレンソからの話についてダレッサンドロ選手の代理人は、コーチ交代によってサラゴサの状況が変化したので現時点で移籍するのは難しいと答えた模様。

交渉中

デポルやセヴィージャから声のかかっているサントスMFクラウディオ・マルドナード選手の代理人がスペンを訪れ、方々で話をする模様。

それは年俸か

マルコ・ルベン選手の補強を希望しているデポルはリーヴェルに45万ユーロの移籍金を提示。

自伝は引退してから出しませう

自伝にてキーガン氏をボロクソに叩いたオーウェン選手のお先は真っ暗だそうです。

ファビオ・カペッロに挑戦

オニール・コーチは「フットボールは興行なのだから、お客様に楽しんでいただけるショーを見せる義務がある」とイングランド代表コーチに挑戦状を叩き付けた模様。

マーティン・オニール・コーチ
「ファンが望むのはチームの勝利だろうが、ただ勝てばいいというものでもない。やはり美しく勝ってこそプロフェッショナルだ。それを見たくてお客さんは高いお金を払って来ているんだ。アストン・ヴィラはユナイテッドやアーセナルを目標にしなきゃいけない。あの2チームの選手たちはフットボーラーとしてもエンターテイナーとしても超一流だ。我々もああいう試合が出来たら本望だよ」

大枚

トリノはビアンキ選手に1200万ユーロの値をつけた模様。

合意

エヴァートンとバーミンガムは550万ポンドでマクファーデン選手の取引に合意。あとは本人との交渉。

完全移籍

ウィガンはヴィジャレアルから借りているアントニオ・ヴァレンシア選手に3年半の正式契約を打診中。

三つ巴

ワイズ発言にキレたクマさんが獲得を断念したリーズのベックフォード選手には、フルアム、ウィガン、ボルトンの3チームが興味を示している模様。いずれも格でいえばリーズより低いクラブです。

いらん

ダウニング選手を穫るためにミドルスブラへは現金の他にデフォ、タイニョ、ロビンソン、ボアテンク別人、ベントらのカタログを渡したというスパーズですが、これはダミアン・コモリ・ダイレクターが固執しているだけで、ファンデは「そこまでして穫るタレントか?」と疑問を呈している模様。

親を脅す

チェルスキー、アーセナル、バルセレソンと錚々な面々から狙われているボシュトック選手ですが、ニール・ワーノック・コーチは両親を呼びつけ「会長を怒らせたら、この世界じゃ生きて行けませんぜ」とジョーダンズでのプロ契約を勧めている模様。

来てないんだもの

オニール・コーチは現在の立場に不満を持っているセレンセン選手は残留することになろうと発言。理由は「オファーが来ねぇ」だそうです。どう考えても勿体ないな。

読んでないもの

オニール・コーチはルーク・ムーア選手にコッペル・コーチが接近している件で「そんな話は初めて聞いた」と逃げ回っている模様。

どうかひとつ

ブライアン・ロブソン・コーチはレインジャースでポジションを獲られなかったウゴ・エヒオグ選手に加入を呼びかけている模様。

復帰

ダルグリッシュ政権下でウインガーとして活躍したサイモン・アイルランド氏が、アカデミーのアシスタント・ダイレクターとしてローヴァーズへ復帰。

二度も三度もない

ダービーへの移籍を決断いたエマヌエル・ヴィジャ選手は「僕が今シーズンのテヴェスになる」と言い切っているようですが、いかんせん昨シーズンのハマーズとは状況が違い過ぎます。

エマヌエル・アレハンドロ・ヴィジャ選手
「僕はダービーを残留させるために来た。誰もが昨シーズンにテヴェスがしたことを憶えている。僕がダービーを救えたら、ずっと語り種になるだろう。そういう思いでプレーしたい」

ご延長

ブルーノ・アウヴェス選手を将来のチーム・リーダーと考えるFCポルトは、2010年以降の契約について話し合いを行う模様。

FAカップ 3rd Round リプレイ

ハヴァント & ウォーターローヴィル 4-2 スウォンジー・シティ
ハヴァントの得点:4分OG (ギャリー・モンク)、25分ジェイミー・コリンズ、37分ロッキー・バプティスト、65分トム・ジョーダン
スウォンジーの得点:39分ギエム・バウザ、48分ジェイソン・スコットランド

ヘレフォード 1-0 トランメア・ローヴァーズ
ヘレフォードの得点:72分サイモン・ジョンソン

ボロカッスル・ユナイテッド 4-1 ストーク・シティ
ボロカッスルの得点:8分マイクル・ジェイムズ・オーウェン、31分クラウヂオ・ホベルト・ダ・シウヴァ・カサッパ、68分ジェイムズ・ミルナ、76分デイミアン・ダフ
ストークの得点:89分リアム・ローレンス
赤紙:29分エムレ・ベロゾギュリュ (ボロカッスル)

マンチェスター・シティ 1-0 ウェスト・ハム・ユナイテッド
シティの得点:73分エラーノ・ブルメル

コッパ・イタリア Round of 16, 2nd Leg

パレルモ 0-1 (agg 0-1) ウディネーゼ
ウディネーゼの得点:90分アントニオ・フローロ・フローレス

フィオレンティーナ 2-0 (agg 3-1) アスコリ
フィオレンティーナの得点:60分&73分ジャンパオロ・パッツィーニ

カタニア 1-1 (agg 3-2) ACミラン
カラニアの得点:12分ファン・マヌエル・ヴァルガス・リスコ
ミランの得点:67分アルベルト・パロスキ
エスプルシ:75分アンドレア・ソッティル (カタニア)、78分ジェンナーロ・イヴァン・ガットゥーゾ (ミラン)

サンプドリア 4-0 (agg 4-1) カリャーリ
サンプの得点:4分&89分エミリアーノ・ボナッツォーリ、78分ルイジ・サラ、75分アンジェロ・パロンボ

ASローマ 4-0 (agg 5-3) トリノ
ローマの得点:60分アレッサンドロ・ファイオーニェ・アマンティーノ "マンチーニ"、61分&73分rフランチェスコ・トッティ、89分リュドヴィク・ジュリー

コパ・デル・レイ Round of 16, 2nd Leg

レアル・エスパニョール・バルセロナ 1-1 (agg 2-2, pk 3-4) アスレティック・ビルバオ
エスパニョールの得点:10分ルイス・ガルシア・フェルナンデス
アスレティックの得点:82分ホセバ・ガルメンディア・エロリアガ
タルヘタ・ロハ:33分ルイス・ガルシア・フェルナンデス (エスパニョール)、98分ルイス・プリエト・サルビデゴイティア (スレティック)

レヴァンテ 0-1 (agg 0-4) ウマいフェ
ウマいフェの得点:64分ハイメ・ガヴィラン・マルティネス

ラシン・サンタンデール 4-2 (agg 5-3) レアル・サラゴサ
ラシンの得点:24分モハメド・メメ・テチぇ、33分オリオル・ロサーノ・ファラン、67分オスカル・セラーノ・ロドリゲス、90分エセクィエル・マルセロ・ガライ
サラゴサの得点:5分ヒカルド・オリヴェイラ、81分ディエゴ・アルベルト・ミリト

レアル・ヴァジャドリッド 1-1 (agg 1-1) アトレティコ・マドリッド
ヴァジャドリの得点:69分ホセバ・ジョレンテ・エチャリ
アトレティコの得点:49分セルヒオ・レオネル "クーン" アグエロ

ヴィジャレアル 2-0 (agg 2-1) レクレアティヴォ・ウエルヴァ
ヴィジャレアルの得点:10分マルコス・アントニオ・センナ・ダ・シウヴァ、102分ジュゼッペ・ロッシ

ヴァレンシア 2-1 (agg 4-2) レアル・セグンダ・ベティス・バロンピエ
ヴァレンシアの得点:9分ニコラ・ジギッチ、69分ヴィセンテ・ロドリゲス・グイジェン
ベティスの得点:76分ファン・グティエレス・モレノ "ファニート"

レアル・サンマリノ 0-1 (agg 1-3) レアル・デポルティヴォ・マジョルカ
マジョルカの得点:82分ミゲル・アンヘル・アリエル・サンティアゴ・イバガサ

プレドラグ・ミヤトヴィッチ・スポーツダイレクター
「今季最高の内容だったかもしれないのに、その試合で負けるとは何とも言葉が見つからない。決定機でいったら15はあった。なぜボールがゴールへ入りたがらなかったのか私には説明できない。そういう展開では得てしてこのような結果に終わる場合が多い。負けたこと以外は文句がないので、選手たちを気の毒に思う」

ベルント・シュスター・コーチ
「勝つためにあらゆることを試みたが、ボールがゴールに入らなければ勝つことはできない。敗因?それは色々あるが、1つハッキリしりしているのは、チャンスをゴールに出来なかったことだ。良い面はフットボールそのものは全く問題がなかった部分だ。あらゆる選手が好いプレーをしてくれたので、今後については心配していない」

ゴンサロ・ヘラルド "ピピタ" イグアイン選手
「負けてしまったのは悲しいけど、まだ僕らにはリーガ・エスパニョーラとヨーロッパがある。これが欲しいタイトルだったのは間違いない。でも他の大会に集中するべき時が来たんだ。日曜にはダービがあるしね。今度こそ負けられないよ」

グレゴリオ・マンサーノ・バジェステロス・コーチ
「レアル・サンマリノは前半だけで我々を虐殺する破壊力を見せたが、そこで得点を決められなかったのが運の尽きだ。こちらはガゴとグティの動きを止められず、やられ放題やられていた。ラウールがいない以外はベストな布陣だったので、まさに暴風雨の中を耐えていた気分だよ。しかし敵に致命傷を与えるという決定的な部分が欠けているレアル・サンマリノには、これ以上何も出来なかったと言い切れる」

ミゲル・アンヘル・アリエル・サンティアゴ・イバガサ選手
「説明のつかないことが起きるのがフットボールだ。レアル・サンマリノは立ち上がりの5〜6分で4〜5点決めてもおかしくないチャンスを作ったのに、終わってみたら僕らが1点とって勝っている。レアル・サンマリノが後先考えてないのが見えたから、後半は前に出ようって決めたんだよ。丁度いい時にゴールが決まってラッキーだよ。いくら得点力のあるレアル・サンマリノだって、あの時間から盛り返すのは不可能だもの」

レアル・サンマリノ
GK25:クビ
DF2:クビ
DF5:クビ
DF4:クビ
DF12:クビ
MF19:クビ
MF8:クビ
MF15:クビ (77分-23:クビ)
MF14:クビ
FW20:クビ (64分-10:クビ)
FW18:クビ (46分-17:クビ)

それはマズい

クリンシーがバイエルンを選んでしまったので、リーガプールのオーナーたちはプランデッリ・コーチを考えている模様。声をかけられた本人も「先のことは誰にもわからんしね」と意味深なことを口にしているそうです。

降参

プレミアシップのタイトルについてキャラガー選手は「無理に決まってんだろ」と諦めている模様。

ジェイミー・キャラガー選手
「現実を見なよ。オレたちにどんな可能性があるってのさ。プレミアシップのタイトルなんて、こんなんじゃ今季も無理に決まってんだろ。ラファは好い仕事をしているけど、やっぱりオレたちが欲しいのはリーグ優勝なんだ。オレが引退するまでに実現できたらいいよな」

戦術

ちょっとコケたらすぐ補強と、かつてのインテルみたいなことをしているリーガプールについてキャラガー選手は「だったらなんでそれほど金かかってないアーセナルがあんだけ強いんだ?」と鋭い指摘をしている模様。

ジェイミー・キャラガー選手
「チームを強くするには金も大事な要素かもしれない。だけど、それほど金かけてないアーセナルがどうしてあれだけ強いのか考えなきゃいかんだろ。アルセーヌ・ヴェンゲルって名将のもとで沢山のタイトル穫ってるわけじゃんか」

手術

パルマMFマッシモ・パチ選手がトレーニングにてマルコ・ロッシ選手と激突した際に顎の骨を骨折。そのまま病院へ担ぎ込まれ緊急手術となった模様。なおマルコ・ロッシ選手の方は6針縫う程度の負傷で済んだそうです。

ローン (1)

パレルモMFフランコ・ブリエンツァ選手が6ヶ月ローンでレッジーナへ出向。

ローン (2)

レヴァンテFWクリスティアン・リガーノ選手が6ヶ月ローンで、また中途半端に似せたユーヴェに出向。

ローン (3)

インテルは買取オプション付6ヶ月ローンでイブラヒム・マールフィ選手をトゥヴェンテに放出。

ローン (4)

ウディネーゼはアルビン・オジャ選手とアルメッリノ・アレッサンドロ・オッソ選手を6ヶ月ローンでパガネーゼに放出。

ローン (5)

セインツはヴィラからアイルランド代表DFスティーヴン・オハロラン選手を1ヶ月ローンで借りた模様。

ローン (6)

デポルティヴォ・オリンピアのホンデュラス代表DFメイナー・アレクシス・フィゲロア・ロチェス選手が買取オプション付6ヶ月ローンでウィガンへ出向。

ローン (7)

セルタGKホセ・マヌエル・ピント・コロラド選手が買取オプション付6ヶ月ローンでバルセレソンへ出向。

ローン (8)

ポリデポルティヴォ・エヒドはヴァジャドリからキケ選手を6ヶ月ローンで借りた模様。

ローン (9)

2nd GKが手術を行い、しばらく戦列から離れるハル・シティは、ピーターバラからGKマーク・テイラー選手を1ヶ月ローンで借りた模様。

ローン (10)

ユーヴェMFルベン・アリエル・オリヴェラ・ダ・ローザ選手が6ヶ月ローンでペニャロールへ出向。

おい、ジジイ

どこでもいいから代表選手になりたがっているアルムニア選手は、爺さんが無視し続けるならイングランドを選ぶと明言。

マヌエル・アルムニア・リヴェロ選手
「僕には代表選手としてのキャリアが必要だ。スペインがノーチャンスなら、呼んでくれる国をめざすしかない」

マンチョ息子

マンチョは明日のコッパ・イタリアのレッジーナ戦に息子のフィリッポ・マンチーニ選手を招集。

ロベルト・マンチーニ父
「なんとも奇妙な感覚だが、出すかどうかはわからんよ。倅をなんて呼ぶかって?まさか‘マンチーニ、行け’とは言いにくいしな。だからフィリッポと呼ぶだろう。でなきゃおかしいもの」

交渉中

フィオレンティーナはシュトゥルーム・グラーツのセバスティアン・プローデルという20歳のディフェンダーについて交渉を進めている模様。ライバルはヴェルダー。

後任

ローマはまた中途半端に似せたユーヴェGKアウトゥール選手の買取オプションを持っているとかで、ドニ選手のミラン行きが現実的になって来た模様。

セリエBでがんばってください

ローン移籍を希望しているローマGKクルチィ選手には、キエーヴォ、ヴィチェンツァ、トレヴィーソらがオファーを持って来ている模様。

放出

紳士は移籍を希望しているサマラス選手の願いを聞き入れる意向。

スヴェン・ヨラン・エリクション・コーチ
「出番に恵まれないものは何人かいますが、彼らが移籍を希望するなら止めることはありません。代表選手も多いので、その地位を失うリスクだってあるわけですから」

拒絶 (1)

ベニー ・ フェイルハーバー選手とマカビ・テルアヴィヴとの交渉を許したダービーでしたが、先方の条件が低かったので話を打ち切らせた模様。

拒絶 (2)

サンダランドとフルアムからオファーが来ているカポ選手ですが、戦力として考えているマクリーシュ・コーチはどちらも断った模様。

安い

ポドルスキ選手を狙うという暴挙に出たシティでしたが、ルンメニゲ会長はあまりにも安いと門前払いした模様。

カール=ハインツ・ルンメニゲ会長
「様々なオファーが来たのは確かだが、後半戦に向けて必要な戦力であると考えているから放出はしない。しかもオファーの全てがピーナッツ代と来ている。彼を誰だと思っているのかね。シティ?彼らも関心を示すクラブだったよ。だが、もはや話し合いの余地などない」

ツインズ登場

ユナイテッドへの加入が内定していたファビオ & ハファエウのシウヴァ・ツインズは、今季終了後に合流という予定を前倒しして、1/21よりイングランドで活動を始める模様。なお家族ごとマンチェスターへ移住するそうです。

うへ〜

新首脳陣との話し合いにより留任を明言していたコールマン・コーチは、今日付けでレアルとの契約を打ち切った模様。なおスティーヴ・キーン・アシスタントも同様にクラブを去ったそうです。

クリス・コールマン前コーチ
「私たちはレアル・ソシエダを去ることにしました。とても素晴らしいクラブでしたから、悲しい気持ちでいっぱいです。3年契約を結んでもらえたので、1つの仕事を完結させるには十分な時間だと思いましたが、状況の変化などもあって遂行は非常に難しくなりました。明らかにチームを運営して行く上での見解の相違が生まれましたので」

あひゃ〜

ボロカッスルのコーチに3年半契約・総年俸2000万ポンドでケヴィン・キーガン氏が就任。

ボロカッスル・ユナイテッド広報
「我々はジョーディの救世主としてケヴィン・キーガンをご紹介します。ヤツは帰って来たのです」

クリス・モート会長
「キーガン氏が再びやってくれる可能性は低いと考えていましたから本当に嬉しいです。彼こそ適任者です」

アラン・シアラー氏
「私がナンバー2?ケヴィンにそんなことを考える余裕はなかったと思うよ。何しろ急な話なんでね。しかも彼には彼の希望するスタッフがあるだろう。ただケヴィンが私との話し合いを希望するなら、喜んで応じるつもりだ。しかし私は私自身をナンバー2とは考えていない。いつかは自らチームを率いてみたいと希望しているんだ。それは何時になるかは私だって分らないがね。とにかくケヴィン・キーガンが来てくれるんだから、彼の成功を祈ろうじゃないか」

シェイ・ギヴン選手
「ケヴィン・キーガンやアラン・シアラーが戻って来るなんて単なる夢だと思い込んでたけど、今じゃ誰もが頬をつねって‘これは現実なんだよな’って気分になってる。素晴らしいニュースだよ」

こらこら

レアルを辞めたクリス・コールマン氏には、キーガン・コーチより守備専任コーチというオファーが来ている模様。

売却

ジェノアはポテンツァにリヴァウド選手を売却。

Copyright © 1997-2007 0-0 <empate>. All Rights Reserved.
Apple, the Apple logo, and Mac are trademarks of Apple Computer, Inc., registered in the U.S. and other countries.
The Made on a Mac Badge is a trademark of Apple Computer, Inc., used with permission.