Information
Archives
カウントダウン

ジェノアに敗れて怒り狂ったロティト会長がドレッシングルームへ乱入し、デリオ・ロッシ・コーチと緊急会談を行っていた模様。

それは最悪のシナリオ

ボロカッスル再挑戦について質問されたスッチーは「もちろんやる」と答えた模様。

グレアム・スーネス氏
「当時と異なっているのは体制そのものだ。もし話が来たら?そりゃ断る理由は無いね。だって腐ってもビッグクラブだもの。成功したら大きいよ。しかし特効薬などを期待されたら困る。少なくとも3〜4年は我慢してもらわないとね。それは誰が指揮を執ることになっても必要な時間だ」

残留

ユヴェントスのアレッシオ・セッコ・ダイレクターはチアーゴ選手とパッラディーノ選手については今季は残留すると明言。

イングランド・プレミアシップ第19週

サンダランド 2-0 ポーツマス
サンダランドの得点:33分&44分キーラン・リチャードソン

ボルトン・ワンダラーズ 1-2 ブラックバーン・ローヴァーズ
ボルトンの得点:43分ケヴィン・ノーラン
ローヴァーズの得点:53分クリストファ・サンバ、90分ジェイソン・ロバーツ

なんとなくイタリア・ダービー

セリエA第18週:また中途半端に似せたユーヴェ 2-3 インテル at アルテミオ・フランキ

また中途半端に似せた得点:31分マッシモ・マッカローネ、92分フェルナンド・マルティン・フォレスティエーリ
インテルの得点:26分r & 52分ズラタン・イブラヒモヴィッチ "ズラ"、45分エステバン・マティアス・カンピアッソ・デラウ

ロベルト・マンチーニ・コーチ
「休み明けの初戦をキッチリ勝って終わらせることは重要だね。相手はかなり好いプレーをして来たので苦戦だったと言えるだろう。とくにロカテッリを自由にさせるという無神経なことをしてくれたから、つまらん失点を与えてしまった。ハーフタイムまでに勝ち越せたのは幸いだったよ。ユーヴェとは10ポイント差をつけているとはいえ、彼らにはヨーロッパが無い。我々もローマも2月をどう乗り切るかがタイトルの行方を左右するはずだ。相当に苦しい戦いを強いられるだろうがね」

また中途半端に似せたユーヴェ
GK1:アレキサンダー "アレックス" マニンガ
DF73:ヴァレーリオ・ベルトット
DF90:ダニエレ・ポルタノーヴァ
DF15:シモーネ・ロリア
DF11:パオロ・デ・チェーリエ
MF5:ポール・コンスタンティン・コドレア (75分-30:フェルナンド・マルティン・フォレスティエーリ)
MF8:シモーネ・ヴェルガッソーラ
MF14:ダニエレ・ジャッロッパ
MF20:トマス・ロカテッリ (83分-22:アウベルト・ヴァレンティン・ド・カルモ・ネート)
FW7:マリオ・フリック (46分-9:ダニエレ・コルヴィア)
FW32:マッシモ・マッカローネ

インテル
GK12:ジュリオ・セサール・ソアレス・デ・エスピンドーラ
DF13:マイコン・ダグラス・シシェナンド (46分-5:デヤン・スタンコヴィッチ)
DF23:マルコ・マテラッツィ
DF2:イヴァン・ラミロ・コルドバ・セプルヴェーナ
DF6:シェレル・アンドラージ・マックスウェル (83分-16:ニコラス・アンドレス・ブルディッソ)
MF19:エステバン・マティアス・カンピアッソ・デラウ
MF26:クリスティアン・ユーゲン・チヴー
MF4:ハヴィエル・アデルマル・サネッティ
MF11:ルイス・アントニオ・ヒメネス・ガルセス (72分-30:ヴィクトル・ウーゴ・ゴメス・パソス "ペレ")
FW9:フリオ・リカルド・クルス
FW8:ズラタン・イブラヒモヴィッチ "ズラ"

アルビトロ:オスカル・ジラルディ

お馴染みさんダービー

セリエA第18週:パルマ 1-2 フィオレンティーナ at エンニオ・タルディーニ

パルマの得点:69分フェルディナンド・コリー
フィオレンティーナの得点:44分&85分rアドリアン・ムトゥ

パルマ
GK5:ルカ・ブッチ
DF33:フェルディナンド・コリー
DF19:ジュリオ・ファルコーネ (10分-24:フェルナンド・マヌエル・シウヴァ・コウト)
DF28:マッシモ・パチ
DF7:パオロ・カステッリーニ (54分-18:アンドレア・ガスバッローニ)
MF21:ルカ・シガリーニ
MF4:ステファノ・モッローネ
MF83:ヘジナウド・フェレイラ・ダ・シウヴァ
MF2:ダミアーノ・ゼノーニ
MF11:アンドレア・ピサーヌ (69分-17:マクドナルド・マリガ)
FW32:ベルナルド・コッラーディ

フィオレンティーナ
GK1:セバスティアン・フレイ標的
DF21:トマス・ウイファルシ
DF2:ペール・ビリエスコフ・クロルドルップ
DF5:アレッサンドロ・ガンベリーニ
DF23:マヌエル・パスクアル
MF4:マルコ・ドナデル標的
MF11:ファビオ・リヴェラーニ (62分-20:マルティン・ヨルゲンセン)
MF18:リカルド・モントリーヴォ(68分-19:マッシモ・ゴッビ)
FW24:マリオ・アルベルト・サンターナ
FW32:クリスティアン "ボボ" ヴィエリ
FW10:アドリアン・ムトゥ標的 (91分-22:ズドラフコ・クジュマノヴィッチ)

アルビトロ:クリスティアン・ブリーギ

恨んでないですよ by デル・ネーリ

セリエA第18週:アタランタ・ベルガモ 1-2 ASローマ at アトレティ・アッズーリ・ディタリア

アタランタの得点:17分アドリアーノ・フェレイラ・ピント
ローマの得点:42分フランチェスコ・トッティ、44分アレッサンドロ・ファイオーニェ・アマンティーノ "マンチーニ"

ルチアーノ・スパレッティ・コーチ
「理論上の可能性が消えるまで選手たちを励まし続けながらスクデットを目指すことになろう。しかし先行きは非常に厳しいね。こちらは全ての試合を勝たなきゃならないし、それだけでなくインテルがコケてくれなきゃ達成できないわけだよ。もはや脱帽寸前だがね」

フランチェスコ・トッティ選手
「インテルを追い越すなんて無茶な話なんだよ。ユーヴェに2位の座を明け渡さないことの方が僕らにとっては大事だ。どこかでインテルが失速してくれたら話は別だけど、そうでなかったらお手上げだね」

アタランタ・ベルガモ
GK30:フェルディナンド・コッポラ
DF3:マヌエル・ベッレーリ
DF80:モリス・カロッツィエーリ
DF27:ダニエレ・カペッリ
DF6:ジャンパオロ・ベッリーニ
MF21:フェルナンド・ダミアン・ティッソーネ
MF15:ディエゴ・デ・アシェンティス (46分-11:ズラタン・ムスリモヴィッチ "ズラ")
MF79:アドリアーノ・フェレイラ・ピント
MF23:アントニオ・ランジェッラ (66分-22:ニコラ・パドイン)
MF17:ティベリオ・グァレンテ (77分-7:マリノ・デフェンディ)
FW33:セルジオ・フロッカーリ

ASローマ
GK32:ドニベル・アレシャンドレ・マランガン "ドニ"
DF2:クリスティアン・パヌッチ
DF5:フィリップ・メシェ
DF4:シウヴェイラ・ドス・サントス "ファン"
DF22:マックス・トネット
MF16:ダニエレ・デ・ロッシ
MF7:マルセロ・ダヴィド・ピサーロ・コルテス (90分-8:アルベルト・アクィラーニ)
MF11:ホドリゴ・タッデイ・フェランテ
MF30:アレッサンドロ・ファイオーニェ・アマンティーノ "マンチーニ" (88分-3:シチェーロ・ジョアン・デ・チェーザレ "シシーニョ")
MF20:シモーネ・ペッロッタ (84分-33:マッテオ・ブリーギ)
MF10:フランチェスコ・トッティ

アルビトロ:マッシミリアーノ・サッカーニ

セリエA第18週

カリャーリ 0-1 ウディネーゼ
ウディネーゼの得点:33分ファビオ・クァリアレッラ
エスプルシ:29分フェリペ・ダウベロ・ディアス・ダ・シウヴァ (ウディネーゼ)

ラツィオ 1-2 ジェノア
ラツィオの得点:23分ステファノ・マウリ
ジェノアの得点:51分r & 54分マルコ・ボッリエッロ

デリオ・ロッシ・コーチ
「ヒドい試合だ。ピッチでは何をすべきか誰も理解していない。プロを名乗るのであれば、この落とし前はすぐにつけてくれなきゃ困る」

マッシモ・ムタレッリ選手
「何がなんだか分からないうちにバタバタと2失点を喰らって目の前が真っ暗になった。ジェノアが好い試合をやった結果なんだろうけど、見方を変えたら僕らが完全にパニックに陥っていたんだ。戦う気持ちはあるのに、それがパフォーマンスに反映されない。どうやっても点の穫れそうな気配すらしないんだ」

サンプドリア 3-0 パレルモ
サンプドリアの得点:21分クラウディオ・ベッルッチ、45分パオロ・サンマルコ、76分アントニオ・カッサーノ

ワルテル・マッツァッリ・コーチ
「素晴らしい内容だ。誰かが優れていたというわけではなく、全員が好い仕事をしてくれた結果だ。だから間違ってもカッサーノ・ショーとは言わない。確かに彼はズバ抜けていた。しかし私にとっては彼がチーム・スポーツという自覚をもってプレーしてくれたことの方が遥かに嬉しかった」

フランチェスコ・グイドリン・コーチ
「あらゆる局面でサンプに完敗した。なに1つとしてポジティブな材料は無い。まさかここまでヒドい試合をやるとは思わなかったので本当にガックリ来ている。今日の試合はサンプだけがフットボールをやっていたんだ」

トリノ 1-2 リヴォルノ
トリノの得点:78分ダヴィデ・ボットーネ
リヴォルノの得点:21分&45分フランチェスコ・タヴァーノ

リーガ・エスパニョーラ1第19週

レアル・セグンダ・ベティス・バロンピエ 3-2 ヘタフェ
ベティスの得点:4分ウーゴ・マリアノ・パヴォーネ、34分ルイス・エドゥアルド・シュミット "エドゥ"、60分P.P. (ダヴィド・ベレンゲル・レヴェルタ)
ヘタフェの得点:62分pルベン・デ・ラ・レド・グティエレス、78分マヌエル・デル・モラル・フェルナンデス "マヌ"

レアル・ヴァジャドリッド 3-1 レクレアティヴォ・ウエルヴァ
ヴァジャドリの得点:7分&24分&89分ホセバ・ジョレンテ・エチャリ
レクレの得点:45分ハヴィエル・カムニャス・ガジェゴ

アルメリア 1-0 レアル・エスパニョール・バルセロナ
アルメリアの得点:88分イケチュクヴ・ウチェ "カルー"

レアル・サラゴサ 2-2 レアル・デポルティヴォ・マジョルカ
サラゴサの得点:24分&37分ディエゴ・アルベルト・ミリト
マジョルカの得点:18分フェルナンド・ヴァレラ・ラモス "マラドーナ"、50分ダニエル・ゴンサレス・グィサ

オサスナ 0-2 ラシン・サンタンデール
ラシンの得点:82分ゴンサロ・コルサ・アルベンデア、83分パブロ・アルヴァレス・ヌニェス

始まる前から終わってる

リーガ・エスパニョーラ1第19週:ヴィジャレアル 4-3 デポルティヴォ・ラ・コルーニャ at エル・マドリガル

ヴィジャレアルの得点:31分pジュゼッペ・ロッシ、67分&69分ニハト・カヴェチ、81分pヨン・ダール・トマソン
デポルティヴォの得点:27分pセルヒオ・ゴンサレス・ソリアーノ、59分パブロ・アモ・アグアド、90分ホセ・アンドレス・グアルダード・エルナンデス

マヌエル・ルイス・ペッレグリーニ・コーチ
「65分間はヒドい展開だったが、残りは及第点といった試合だ。勝ったとはいえ、こんなに失点を与えていたらこの先が凄く不安だ。まぁ、危機とまでは行かないだろうがね」

ミゲル・アンヘル・ロティーナ・オルエチェバリア・コーチ
「全く同じシチュエーションが両チームに起きて、片方は何のお咎めもなく、もう片方には退場処分とペナルティキックの罰が与えられる。しかも、その判定で発生したスコアが勝負を分けたのだから、実にイヤらしいホームアドバンテージだと言える。私はペナルティエリアで押し倒されたら全てペナルティキックだと思い込んでいたが、加減によってコロコロ判定が変わるって生まれて初めて知ったよ」

ヴィジャレアル
GK1:ディエゴ・セバスティアン・ヴィエラ・ガライン
DF3:ホセ・ミゲル・ゴンサレス・レイ "ホセミ"
DF20:ファブリシオ・ファビオ・フエンテス
DF12:パスカル・シガン
DF5:ホアン・カプデヴィラ・メンデス復讐
MF19:マルコス・アントニオ・センナ・ダ・シウヴァ
MF21:ブルーノ・ソリアーノ・リード (57分-10:ルベン・ガルシア・カルマチェ "カニ")
MF8:サンティアゴ・カソルラ・ゴンサレス "サンティ"
MF7:ロベール・ピレス (64分-11:ヨン・ダール・トマソン)
FW15:ニハト・カヴェチ
FW22:ジュゼッペ・ロッシ (74分-6:ホセ・ホアキン・モレノ・ベルドゥ "ホシコ")

デポルティヴォ・ラ・コルーニャ
GK30:ファブリシオ・アゴスト・ラミレス "ファブリ"
DF27:ラウレアノ・サナブリア・ルイス "ラウレ"
(タルヘタ・ロハ80分) DF24:パブロ・アモ・アグアド
DF5:ファブリツィオ・コロッチーニ
DF3:ルイス・フェリペ・カスミルスキ
MF8:セルヒオ・ゴンサレス・ソリアーノ
MF6:ジュリアン・ボビー・デ・グツマン (76分-10:ジョアン・ヴェルドゥ・フェルナンデス)
MF18:ホセ・アンドレス・グアルダード・エルナンデス
MF11:イヴァン・サンチェス・リコ・ソト "リキ" (69分-7:ロドルフォ・ボディポ・ディアス)
MF22:ファン・アントニオ・ロドリゲス・ヴィジャムエラ
FW12:アドリアン・ロペス・アルヴァレス (62分-23:フランシスコ・ヒメネス・テハダ "シスコ")

アルビトロ:パラダス・ロメロ

お粗末

リーガ・エスパニョーラ1第19週:レヴァンテ 0-2 ヒドい at シウタト・デ・ヴァレンシア

レアル・サンマリノの得点:76分p & 88分ルトヘルス・ヨナタス・マルティニュス "ルート" ファン・ニステルロイ

ジャンニ・デ・ビアージ・コーチ
「相手はリーグを引っ張る首位のチームなので、まず徹底的に守ることを心がけ、そのための準備をずっと行って来た。それはご覧のとおりの成果だったと思うが、彼らには運という見えない戦力がついていて、我々にはそのようなものが無かったわけだ。ハンドによるペナルティの判定については、純粋なアクシデントだと思うので、ビデオを見てみたいよ」

ベルント・シュスター・コーチ
「この試合がかなり難しい展開になることは、やる前からある程度は覚悟していた。実際は予想以上の厳しさで、ゴール前へ行くのすら難しかった。しかしどうにか耐えたのと、若干のラッキーで3ポイントを獲ることが出来た。この休みの間に相手を殺す決定的なパスが少ないと指摘し、その改善を試みたのだが、今日はレヴァンテの堅い守備もあってそれどころではなかったわけだ。それにしてもだ、なぜここまで戦えるレヴァンテが最下位にいるのか私は不思議でならないよ」

ルトヘルス・ヨナタス・マルティニュス "ルート" ファン・ニステルロイ選手
「レヴァンテは殺す気かってくらい凄い攻勢をかけて来た。本当にやな試合だった。1点入ったらスペースが大きく開いてくれたけど、それまでは全くプレーできなかったと言っても過言じゃない。なんで最下位のチームがこんなに出来るのかって驚いたよ」

フェルナンド・ルベン・ガゴ選手
「なにはともあれ勝つってことが大事だよ。でも後半になったら相手は疲れるんじゃないかと思ったのに、ますますヒドくなって来て本当に参ったよ。ルートのペナルティがなかったらどうなってたんだろうかね。僕にとってはディアラが居ないうちにコーチへアピールする機会だから、1試合1試合が全て大きなテストの場だ。今日はマジョルカ戦の反省から、出来る限りセンターのポジションを守ろうって心がけたんだよ」

レヴァンテ
GK1:ウラダン・クジョヴィッチ
DF23:イニャキ・デスカルガ・レテギ
DF18:ホセ・マヌエル・セラーノ・アレナス
DF4:アウヴァロ・ルイス・マヨール・デ・アクィーノ
DF17:ルイス・マヌエル・ルビアレス・ベハール
MF15:ダミアーノ・トンマージ先生
MF23:マシュー・ベルソン
MF22:ファン・マヌエル・ゴメス・サンチェス "ファンマ" (72分-26:サウール・フェルナンデス・ガルシア)
MF21:ロラン・クルトワ (87分-7:フェリックス・ヂャ・エティエン)
FW14:ペドロ・レオン・サンチェス・ジル (69分-30:ヴィセンテ・イボーラ・デ・ラ・フエンテ)
FW10:ラハマト・ムスタファ "リガ"

真面目にやれ、真面目に
GK1:イケル・カシージャス・フェルナンデス
DF22:ミゲル・トーレス・ゴメス
DF5:ファビオ・カンナヴァーロ
DF3:ケプレル・レヴェラン・リマ・フェレイラ "ペペ"
DF12:マルセロ・ジュニオール・ヴィエイラ・ダ・シウヴァ
MF19:ジュリオ・セサール・バティスタ "野獣" (56分-14:ホセ・マリア・グティエレス・エルナンデス "グティ")
MF8:フェルナンド・ルベン・ガゴ
MF23:ウェスリー・シュネイデル (71分-20:ゴンサロ・ヘラルド "ピピタ" イグアイン)
MF10:ホブソン・デ・ソウザ "ホビーニョ" (84分-15:ロイストン "リッキー" ドレンテ)
FW7:ラウール・ゴンサレス・ブランコ
FW17:ルトヘルス・ヨナタス・マルティニュス "ルート" ファン・ニステルロイ

アルビトロ:ダヴィド・フェルナンデス・ボルバラン
客席:サンティアゴ・カニサーレス・ルイス

♪ぽっぽっぽっ、パトぽっぽ

セリエA第18週:ACミラン 5-2 ナポリ at サンシーロ

ミランの得点:15分&46分デブ、31分ごく潰し、68分ヒカルド・イゼシオン・ドス・サントス・レイテ "カカー"、74分アレシャンドレ・ホドリゲス・ダ・シウヴァ "パト・ブランコ"
ナポリの得点:28分ロベルト・カルロス "パンパ" ソサ、38分rマウリツィオ・ドミッツィ

カルロ・アンチェロッティ・コーチ
「正直この布陣は博打だった。しかし我々はどうしても勝たなきゃいけない状況にある。なので、とくにデブに期待していた。今までやったことのないシステムだからバランスを崩して失点することもあったが、これを今後の基本形と考え、もっと熟成させたい。機能したら大変な効果があると証明されたしね。ただアンブロジーニには一番負担がかかることになるだろう。多少の戸惑いはあったろうが後半はよくバランスをとっていたと思うよ」

アレシャンドレ・ホドリゲス・ダ・シウヴァ "パト・ブランコ"選手
「チームそのものが好い試合をしたし、相変わらずデブは凄いって所を見せてもらった。僕らの世代にとってデブは特別なデブなんだ。誰もがデブとプレーすることを夢見て育っているんだ。僕は幸せだね。ゴールについては家族とガールフレンドに捧げるよ」

デブ
「ミランは好い試合をやったね。僕もゴールを決めることが出来て凄く満足だ。もう過去なんか忘れて前へ進もうじゃないか。これで殿も契約を決めて来ると信じている。パトの点数?10点満点だよ。あれだけの期待がかかってる中でよくやったね。18の子供がサンシーロでプレーするだけでも大変なことだもの」

ACミラン
GK1:ネウソン・デ・ジェスス・ダ・シウヴァ "ヂダ"
DF25:ダニエレ・ボネーラ
DF13:アレッサンドロ・ネスタ
DF4:カハベール "カッハ" カラーゼ
DF3:パオロ・マルディーニ (46分-19:ジュゼッペ・ファヴァッリ)
MF21:アンドレア・ピルロ (80分-20:ヨアン・グルキュフ)
MF23:マッシモ・アンブロジーニ
MF10:ごく潰し
MF22:ヒカルド・イゼシオン・ドス・サントス・レイテ "カカー"
FW99:デブ (69分-5:フェレイラ・ダ・ローザ・エメルソン)
FW7:アレシャンドレ・ホドリゲス・ダ・シウヴァ "パト・ブランコ"

ナポリ
GK1:ジェンナーロ・イエッツォ
DF16:アンドレア・クピ
DF28:パオロ・カンナヴァーロ
DF21:マウリツィオ・ドミッツィ
MF14:ギョルギィ・ガリクシュ
MF17:マレク・ハムシク (78分-24:サミュエレ・ダッラ・ボーナ復讐)
(エスプルシ90分) MF23:ワルテル・アレハンドロ・ガルガーノ・ゲヴァラ
MF18:マリアノ・アドリアン・ボグリアチーノ (60分-4:フランチェスコ・モンテルヴィーノ)
MF19:ミルコ・サヴィーニ (70分-27:マルコ・カッパレッラ)
FW7:エセクィエル・イヴァン・ラヴェッツィ
FW9:ロベルト・カルロス "パンパ" ソサ

アルビトロ:ロベルト・ロセッティ

ヒルデブラント・ショー

リーガ・エスパニョーラ1第19週:アトレティコ・マドリッド 1-0 ヴァレンシア at ヴィセンテ・カルデロン

アトレティコの得点:28分セルヒオ・レオネル "クーン" アグエロ

ハヴィエル・アギーレ・オナンディア・コーチ
「ヴァレンシアは個々の能力が高く、新しいコーチの戦術が浸透しつつある強いチームだ。勝利をつかむには全力で戦わなければならなかったが、得点できたのが我々の方で本当に良かった。戦術をいじって来た後半は、フィジカル・アタックとプレッシャーに相当にキツい戦いを強いられた。正直1点だけでは不安で仕方がなかったよ」

ロナルト・クーマン・コーチ
「全体的には中盤の大事なところでボールを失い続け、自分たちで難しい試合にしていた感じがする。しかし最初の20分こそはアトレティコが優勢だったけど、その後はこちらが攻勢をかける展開に変わって行った。ベストを尽くしたが結果は非常に残念だ。ただ内容的には先につながるものであって、これを続けていけば道は拓けて来るはずだ」

アトレティコ・マドリッド
GK13:クリスティアン・アッビアーティ
DF21:ルイス・アマラント・カルロス・ペレア
DF22:パブロ・イバニェス・テバル
DF12:ファビアーノ・エレル・ドス・サントス
DF3:アントニオ・ロペス・ゲレーロ
MF8:ラウール・ガルシア・エスクデロ
MF6:クレーベル・サンターナ・ロウヘイホ
MF11:マキシミリアーノ・ルベン・ロドリゲス "マキシ" (92分-9:ルイス・ハヴィエル・ガルシア・サンス)
MF24:シモン・ペドロ・デ・フォンセカ・サブロサ "シマオ"
FW7:ディエゴ・マルティン・フォルラン・コラソ (72分-17:ホセ・アントニオ・レジェス・カルデロン)
FW10:セルヒオ・レオネル "クーン" アグエロ (94分-23:ファン・ヴァレラ・エスピン)

ヴァレンシア
GK13:ティモ・ヒルデブラント
DF19:アンヘル・ハヴィエル・アリスメンディ・デ・ルーカス
DF15:イヴァン・エルゲラ・ブヒア
DF4:ラウール・アルビオル・トルタハダ
DF24:エミリアーノ・モレッティ
MF5:カルロス・マルチェナ・ロペス
MF8:ルベン・バラハ・ヴェガ (79分-14:ヴィセンテ・ロドリゲス・グイジェン)
MF34:アンヘル・モントーロ・サンチェス (46分-11:エヴェル・マキシミリアーノ・ダヴ・バネガ)
FW21:ダヴィド・ヘスス・ヒメネス・シルヴァ
FW17:ホアキン・サンチェス・ロドリゲス
FW16:ファン・マヌエル・マタ・ガルシア (46分-18:ニコラ・ジギッチ)

アルビトロ:アルヴァレス・イスケルド
客席:爺ちゃん

オレがエースだ

アフリカ仕事の地でバカの加入を聞きつけたドログバさんが「いっとくけどチェルスキーのエースはオレだぞ」と警告を発している模様。

ディディエ・ドログバ選手
「オレは自惚れ屋じゃないけど、どう考えてもオレがチェルスキーのエースだろ?この仕事が終わったら、またロンドンへ戻り、タイトルレースのために200%の力で戦ってやる。バカが来ようが、それはオレの問題じゃない。チームにとっちゃ強化になるだろうがな。もちろんヤツとは好い関係を築けるだろう。お互い子供じゃないんだし、それなりの経験ってものもあるじゃないか」

リーチ

デポルティヴォの条件に合意したというジェオヴァンニ選手は、月曜にシティ側と話し合って結論を出す模様。

ローンで

レドナップ・コーチはデフォ選手の補強を強く希望しているようですが、ポンペイにはお金がからっきし無いので、ローンを条件に打診してみる模様。

オファーお待ちしております

ハマーズは戦力外のダヴェンポート、サモラ、カーシー、デイリー、パントシルら5名をマーケットへ出す模様。

なるほど

ヘルシンボリとの契約を延長したラーション選手は、スウェーデンリーグがオフの間はローンで他チームへ行けるという付帯条項を交わしており、オニール・コーチとサー・アレックスが全速力で接近中。

夜遊び容認

ヴィラは素行問題でクーマン・コーチに嫌われているミゲウ選手を1500万ユーロで買いに行く模様。

2倍

フルアムはアルベルダ選手に来てもらうために、ヴァレンシアでもらっている給料の倍額を打診する模様。

エヴラの大ピンチ

ユナイテッド関係者はベルリンへ向かい、ジウベルト選手の代理人とコッソリ交渉中。

凝りねぇな

すっかりプレミアシップのお荷物と化しているボロカッスルですが、全く反省の色が見えないフロントは、キーガン & シアラーなどというロクでもないプランを進めている模様。

サー・アレックス・ファーガソン・コーチ
「あのチームはコーチにとっちゃ一番やりにくいところだっぺ。ちょっと躓きゃ取っ替え引っ替えでな、クビになったコーチを書き出したらよ、まるでフットボールの紳士録だっぺ。メディアもファンもクラブもよ、ちょっとばかしの忍耐があったらな、誰かでウマく行ってたに違いねぇ」

ケヴィン・デイヴィス選手
「たちの悪いジョークとしか思えないね。ボロカッスルがボトム3へ座り続けているっていうならまだしも、11位でしょ?なんであのチームのファンは、そこまで堪え性が無いのかね。まったく信じがたいし、理解もできない。普通なら時間が与えられて当たり前なんだけど、ファンとメディアが暴走しはじめたらノーチャンスになってしまった」

心臓がお悪いですから

おそらく殆どの方に断られまくっているボロカッスルでしょうが、行き場がないので健康に不安のあるウリエ氏にまで手を出している模様。今度こそ死んじゃうよ、間違いなく。

今や情報はすぐに伝わりますから

英国内では全く相手にされないことからボロカッスルはヨーロッパでコーチを見つけて来るそうですが、あなた達の評判はいまや誰もが知っています。ちなみにウリエさんの他にはヒッツフェルト・コーチやファン・ハール先生なんて無茶な名前があがっております。

またそのネタか

ボロカッスルがビッグ・サム解雇を決断したのは、オーナー・ミーティングにて選手にも評判の悪かったロングボール戦術の封印を拒絶したからだそうです。だってそういうフットボールで結果を出して来たコーチなんだからしょうがないよな、今さら。

ヌエヴォ・バカ

バカに代わるストライカーを血眼で物色しているボルトンは、スパーズと共にマジョルカのグィサ選手を穫りに行く模様。

昇給

ポンペイはボロカッスルを断ったレドナップ・コーチの決断に感謝感激し、ご褒美として給料を倍増させた模様。

ザ・ハンター

ビッグクラブ気取りのシティは、隣りのクラブがフンテラール選手を穫りに行くと聞きつけ闘志メラメラだそうです。

交換

ヴィラは契約更改を拒んでいるルーク・ムーア選手とレディングFWケヴィン・ドイル選手の交換を希望。

放出

ロビンソン選手のスパーズ退団が決定的となったようで、アヤックスにステケレンブルク選手の代金として1000万ユーロを提示。

半年待て

エスパニョールに「いますぐハルケを売れ」と要求し続けるファンデですが、チャンピオンズリーグ出場権を狙っているので交渉はシーズン終了まで待てと言われている模様。

迷惑だ

セグンダ・ベティスはボカにパブロ・レデスマ選手を要求しているそうですが、本人は行きたくないと主張。

辞めたい (1)

ウクライナから逃亡したがっているディナモ・キエフMFヒシャム・マフドゥフィ選手 (メタリスト・カルキフへ出向中) にはエスパニョールが興味を示している模様。

辞めたい (2)

もはや夢も希望もヴィジョンも失ったセグンダ・ベティスですが、エドゥ選手はこの先チームをどう立て直すつもりなのか明確な考えを提示されない限り退団すると主張。

補強

ヴァジャドリは来季からの戦力としてロリアンDFシルヴァン・マルシャル選手を検討中。

逃げたい

オールドトラッフォードで凄まじいゴールラッシュを喰らったナイジェル・ピアソン暫定コーチは「私では手に負えませんから、可及的速やかにコーチを連れて来てください」とボロカッスルに要望。

ナイジェル・ピアソン暫定コーチ
「なんとも冷酷な結果を受け止めなきゃならない。このような事態を取り扱えるのは経験を持った人にしか無理だ。しかも負け方がこれでは、事態はますます悪化して行く。人事については私が口を出す問題ではないとはいえ、早くしてくれないと取り返しがつかなくなる。試合前のムードはそれなりに好かったが、終わってみたら誇りも名誉もズタズタにされてしまった。余りにも大きな差を見せつけられた気分だ。我々にはもう何も残っていない」

誰も来てくれないんだな

そのボロカッスルはコーチ人事について「現在、全力を尽くして人選と交渉にあたっております。しかるべき時が来たら発表いたします」と逃げ回っている模様。

買いません

予想通り勢いが急激に落ち込んだアーセナルですが、ヴェンゲル・コーチにマーケットへ行く考えはなし。

アルセーヌ・ヴェンゲル・コーチ
「買うの買わないのといった話はだね、どうにもならなくなった時の最後の手段なんだ。我々はそのような状況にはないから、誰も連れて来ないんだ」

殿は自由人

周囲は必死になってパト選手へのプレッシャーを減らそうと努力していますが、城主が率先してそれをぶち壊すような行為に走っております。

殿
「パトが起用できるだけで、どれだけの戦力アップになるかわからん。もうファン・バステンやフリットがいた頃を彷彿とさせるであろう。じゃんじゃん期待するがよいぞ、うぇ〜へっへっへっ」

ロベルト・マンチーニ・コーチ
「もちろん我々だってパトの獲得は希望していたが、欲しい選手を全て入手できるわけじゃないんでね」

いつまでも、あると思うな、次の試合

スーペル・ボロ相手に追いつくのが精一杯という展開で、またしてもオーナーの心に着火してしまったラファさんですが、自身では進退などこれっぽっちも考えていない模様。

ラファエル "ラファ" ベニテス・マウデス・コーチ
「自分の将来など一切考えていない。私に必要なのは次の試合への準備だ。とにかく我々の仕事は試合なので、そこをどうにかすることでしか状況を変化させることは出来ないんだ」

喧嘩あるか

オーバーエイジでのオリンピック出場について質問されたトッティさんは「北京なんざ行きたかねぇ」と中国に喧嘩を売ってる模様。

フランチェスコ・トッティ選手
「悪いけど北京なんか行きたくないな。オリンピックだってアッズーリと同じ考えだよ。ユーロへ出ないなら、オリンピックへも行かない」

興味なし

サヴェージ大先生の代わりにクーマス選手を穫ると報じられたスパーキーは「そんな考えはない」とキッパリ否定している模様。

ポマード仕事

フィオレンティーナは1000万ユーロの買取オプション付ローンをドレンテ選手のために提示しましたが、ポマードは金額を2000万ユーロにしろと嫌がらせを行っている模様。

老後の仕事

UEFAのミシェル・プラティニ会長がマルディーニ選手にコンサルタントのポストをオファーしている模様。

空回り男

アッズーリに呼ばれてからというもの空回りばかりを続けるパッラディーノ選手には、ローマが興味を示している模様。

軽部さん

ディフェンダーを募集しているラツィオは、ル・マンにいるジャン・カルヴェ選手をチェック中。

Copyright © 1997-2007 0-0 <empate>. All Rights Reserved.
Apple, the Apple logo, and Mac are trademarks of Apple Computer, Inc., registered in the U.S. and other countries.
The Made on a Mac Badge is a trademark of Apple Computer, Inc., used with permission.