Information
Archives
もう要らないのか

膝の怪我が長引く出っ歯と左太腿を傷めているデコ選手は、今週も仕事はしない模様。

ご成約

ウルヴスとの契約を打ち切ったロニー・ウォールワーク選手が今季終了までの契約でオウルズへ移籍。

ローン

ワークパーミットが発給されたのでスパーズはホサム・ガリー選手をダービーへ貸した模様。

ば〜か

バカが移籍金1500万ポンド・4年半契約でチェルスキーへ行きやがるんだってよ。2〜3ヶ月もしたらベンチに座らされちゃって「こんなとこ来るんじゃなかった。ボルトンへ帰りてぇ」なんてピ〜ピ〜泣いてるに決まってんだ。

この話題も霞む

リーガプールは移籍金1000万ユーロ・4年半契約でツェニト・サンクト・ペテルブルクのスロヴァキア代表DFマルティン・シュクルテル選手を獲得。

ラファエル "ラファ" ベニテス・マウデス・コーチ
「正直この国の人は‘シュクルテルって誰やねん?’とクエスチョンマークでいっぱいだと思うが、エヴァートンとサンクト・ペテルブルクが戦った試合を観た時に彼はイングランドのフットボールへと完全に適応できると感じたんだ。とてもアグレッシブでスピードもあり、また空中戦にも負けない。今も好い選手なのだが、将来は凄いディフェンダーになるだろう」

余計なお世話だ

サッキ氏が「シッソコなんて凡庸な選手に目をつけるなんざ、さすがラニエリ」と批判している模様。

アリーゴ・サッキ氏
「私はスペインで散々見ましたから彼の実力はよく理解しています。綻びを補ったり、相手のプレーを阻止するといった力は確かにあります。しかし同時に自分のチームのプレーも止めてしまう特技を持っています。つまり彼がいたらフットボールになりません。そういうクオリティはないんです」

さすがラニエリ

ラフィーについてラニエリさんは「イタリアで通用するセンターハーフじゃありません」と全く乗り気になっていない模様。

クラウディオ・ラニエリ・コーチ
「我々は強いセンターハーフを求めていましてね、ファン・デル・ファールトはクリエイティブではありますが、イタリア的なニーズからしてどうなんでしょうかという感想です。私が彼がユーヴェに来るとは思っていません。もちろん来てくれるんならそれはそれで、まぁあれですね。ジョヴィンコとの併用?それは可能じゃないですかね、ええ」

こら、インテル

マニーチェ選手がですね「他のオファーは全部断ってんだからオレを穫れよ、インテル、てめぇ」と非常に怒っているそうです。

ヌーノ・ヒカルド・デ・オリヴェイラ・リベイロ "マニーチェ"選手
「オファーは4つほどあったけど、全部断った。それもこれもインテルへ行きたいからだ。もうインテル以外に考えていない。幾ら競争が激しくたって構わない。僕は勝ってみせる」

ナイトでござる

子供たちがお手本とすべき人物と評価するノルウェー王室は、ソルスールスキアシャール氏にナイトの称号を授ける模様。

どこが現実的なのか

移籍濃厚なマンチーニ選手の後任にムトゥ選手を考えていたローマは、いくらなんでも夢物語すぎると反省し、ディ・ナターレ選手や野獣をターゲットに決めた模様。野獣はいまやレアル・サンマリノのスーパー・ウルトラ・ミラクル・エースなんですが、そんなに欲しいならデ・ロッシと交換してやってもいいぜ。

悲惨だ

ヴェルダーは今季で契約が切れるクラスニッチ、パサネン、ボロヴスキ、イェンセン、ブラニェス、ヴァンデルら6選手には契約更改の意思を伝えましたが、ウォメ選手には何もなかった模様。

合格

シティはトライアルで好感触だったイラク代表MFネシャト・アクラム選手と契約する意向。ただし本契約はワークパーミット次第。

解雇

財政難でリストラ真っ最中のルートン・タウンは、ケヴィン・ブラックウェル・コーチとの契約を打ち切った模様。なお選手も続々と売却処分されるそうです。

心変わり

今季限りで新天地へ行く考えだったマニャン選手は、冬休み中によくよく考えたらしく、シュトゥットガルトへの残留を決めた模様。さっそくクラブ側は契約更改の準備を開始。

ご延長

ミランとアディダス社は2016年までのキット契約を結んだ模様。契約金は8400万ユーロ。ちなみに隣りのクラブはナイキ社と10年で1億4000万ユーロ以上の取引で羨ましい限りですが、代わりにミランはセリエAで最も平均年齢が高い地位を保っております。

真打ち

色んな補強候補のいるシティですが、紳士は遂にボボに手を出す模様。

元インテルで助かってます

インテルでダメだった選手を生き返らせる名人のミランは、エムレ選手の補強を検討中。

問題外

ラポルタ会長はイニエスタ選手に年俸600万ユーロまでの昇給をオファーするそうですが、そんな金額をチェルスキーが笑い飛ばしている模様。

ホントにぶっ飛ばす

バルセレソンはデコ選手やマルケス選手の代理人がクリスティアーノ・ホナウド選手と同じことから、「来季から来させられねぇかな」などとフザけたことヌカしている模様。

デイヴィッド・ギルCEO
「クリスティアーノ・ホナウドを入手する方法はありません。幾ら積まれても絶対に手放しません。彼はエリックやジョージ・ベストと同等の地位にあるんです。そのような存在はアンタッチャブルに決まっています」

あんただけじゃない

ニコラス・マッツォーラ選手に興味津々なハマーズですが、所属のインディペンディエンテは「関心を持ってるのは、あんたらだけじゃない」と警告している模様。

週給9万ですよ

ヴァレンシアはニューカッスルに週給9万ポンドを要求したというアーセナルのディアラ選手に声をかけてみる模様。

それはそれは

今週末のセヴィージャはカヌテ選手がアフリカ仕事、ルイス・ファビアーノ選手がサスペンションとレギュラー2トップを欠くので、シェヴァントン選手とケルツァコフ選手が先発する模様。

2度も3度も成功するか

モリエンテス選手とヴィジャ選手が負傷、ジギッチ選手がサスペンションとストライカーがいなくなってしまったヴァレンシアは、コパ・デル・レイでセンターフォワードをやったホアキン選手に再度お願いする模様。

待てません

ラニエリさんはチアーゴ選手とアルミロン選手について「もう彼らには時間をあげられません」と表明した模様。

完全移籍

サンプドリアはカッサーノさんを買い取るため、レアル・サンマリノに600万ユーロを提示する模様。

どいつもこいつも

ローマのマンチーニ選手には、ユーヴェ、インテル、レアル・サンマリノも参戦して来た模様。

ご就任 (1)

バイエルンはクリンシーが来季からのコーチであると発表。リーガプールとニューカッスル、残念だったな。

ヨアヒム・レーヴ・コーチ
「つい最近も話をしまして、現場に戻る気持ちが非常に強いと感じました。しかし、バイエルンとは思いませんでしたね。個人的には凄く意外な選択だと感じています」

オットマー・ヒッツフェルト・コーチ
「ウリ・ヘーネスには‘よくやったね’とお祝いを言ったよ。クリンスマンならクラブのことをよく知っているし、指揮官としての能力も申し分ない。語学に堪能で選手たちとのコミュニケーションにも問題はない。これぞ一級品の解決策だと思っている。お陰でシーズンの残りを落ち着いてやることが出来るね」

オリヴァー・カーン選手
「そんな話題にゃ興味ない。オレが考えるのは‘今’だけだ。そもそも誰が来ようがオレには関係ないしな。まぁ、せいぜい頑張ってくれよ、クリンシー」

トーマス・シャーフ・コーチ
「バイエルンはワールドカップの時のような采配を期待しているんだろう。それが出来るか出来ないかなんて我々が気にする問題じゃないよ」

クラウス・アロフスGM
「ハッキリ言って意外だった。代表選手が根こそぎバイエルンへ行くって?そんなわけはなかろう。私は心配してないよ」

ご就任 (2)

ウクライナ代表コーチに元ソヴィエト代表MFのアレクセイ・ミハイリチェンコ氏が就任。

ご就任 (3)

ブルガリア代表コーチに2年契約でプラメン・マルコフ氏が復帰。

バカ・マネー

ボルトンはバカが行ってしまった場合には、その売却金を元手にトゥールーズのエルマンデル選手を穫りに行く模様。予算は1500万ユーロ。

ジジイめ

なんでサヴェージ大先生を穫りに行かなかったのか?と突っ込まれたブルース・コーチは「33のオッさんなんか要らん」と答えた模様。

お前は誰なんだ

ディアラ選手はニューカッスルに週給9万ポンドを要求し、アシュリー・オーナーたちをズッコケさせた模様。

辞めたい

冬のマーケットでの移籍を希望しているニコラ・アモルーゾ選手には、高額なルカレッリ選手を断念したパルマやトリノが興味を示している模様。

馬鹿いってんじゃないよ

ニューカッスルはレドナップ・コーチに断られたら、マーク・ヒューズ・コーチに向かう模様。

しょうがねぇな

ニューカッスルのアシュリー・オーナーは、サウスコーストの家にこだわっているレドナップ・コーチに、自身のプライベートジェットを貸し与える勢い。

まさに後任ですね

サヴェージ大先生に代わる武闘派を物色中のスパーキーは、芸風が全く同じなウィガンのクーマス選手に目をつけた模様。予算は350万ポンド。

契約解除

財政難のレヴァンテは人件費削減の目的でサーヴィオ選手との契約を解除した模様。

来たか

フィオレンティーナはドレンテ選手に1000万ユーロの値をつけて来た模様。

不退転

ブヘーノ選手をバイエルンに奪われ怒り心頭なレアル・サンマリノは、今月中に何がなんでもラシンのガライ選手を買う模様。予算は1200万ユーロ。

断念

NKザグレブのクルノスラフ・ロヴレク選手の購入を考えていたヴァジャドリですが、本人が膝の靭帯を切って全治6ヶ月となってしまったので交渉を打ち切った模様。

拒絶

パウメイラスからローンの話が来ていたソビス選手は、ヨーロッパで実績を残したいと移籍を拒否した模様。

それは救世主なのか

ここで補強しないと非常にマズいデポルティヴォはフェネルのケジュマン選手やモンテレーのチュペテ選手と交渉中。

残念だったな

ヴィルヘルムション選手のガールフレンド目当てに完全移籍を要望していたボルトンの面々ですが、ガラタサライが買おうとしているそうです。

新天地

ガラタサライがセルティックにおトミーの買取を打診している模様。

これでお好きなように

ニューカッスルのアシュリー・オーナーは、2000万ポンドの補強費を餌にレドナップ・コーチを勧誘する模様。なおポンペイに対しては300万ポンドの違約金を用意。

格安で

アヤックスの財務状態があまりよろしくないようで、本来2700万ユーロほどだったフンテラール選手を2000万ユーロ弱でも手放す模様。そこでサー・アレックスが乗り込んで行くっぺ。

最後の仕事

ビッグ・サムのニューカッスルでの最後の仕事は、グレン・ローダ・コーチから来たハーパー選手のローンを断ったことだそうです。

インテル仕事のお陰

インテルが土壇場でマニーチェ選手の取引を保留したことで、ファンデがアトレティコへオファーを出す模様。

また上がった

マクリーシュ・コーチはマクファーデン選手の条件を550万ポンドまで上げた模様。

コパ・デル・レイ Round of 16, 1st Leg

アトレティコ・マドリッド 0-0レアル・ヴァジャドリッド

レアル・デポルティヴォ・マジョルカ 2-1 レアル・サンマリノ (アルビトロ:デルガド・フェレイロ)
マジョルカの得点:24分オスカル・グィド・テヘロ、51分ファン・フェルナンド・アランゴ・サエス
レアル・サンマリノの得点:25分ゴンサロ・ヘラルド "ピピタ" イグアイン

レアル・デポルティヴォ・マジョルカ
GK1:ミゲル・アンヘル・モジャ・ルンボ
DF24:エクトール・ベレンゲル・デル・リオ
DF22:セルヒオ・マルティネス・バジェステロス
DF2:イヴァン・アンドレス・ラミス・バリオス
DF3:フェルナンド・ナヴァロ・コルヴァチョ
MF6:アンジェロス・バシナス
MF8:ボルハ・ヴァレロ・イグレシアス
MF7:フェルナンド・ヴァレラ・ラモス "マラドーナ"
MF20:オスカル・グィド・テヘロ (37分-18:ファン・フェルナンド・アランゴ・サエス)
MF11:アントニ・ルイス・アドロヴェル・コロン "トゥニ" (68分-23:ホナス・マヌエル・グティエレス)
FW19:ヴィクトル・カサデサス・カスターニョ (78分-10:ミゲル・アンヘル・アリエル・サンティアゴ・イバガサ)

レアル・サンマリノ
GK25:イェルズィ・デュデク
DF2:ミゲル・アンヘル "ミチェル" サルガド・フェルナンデス
DF4:セルヒオ・ラモス・ガルシア
DF3:ケプレル・レヴェラン・リマ・フェレイラ "ペペ"
DF22:ミゲル・トーレス・ゴメス
MF14:ホセ・マリア・グティエレス・エルナンデス "グティ"
MF8:フェルナンド・ルベン・ガゴ
MF23:ウェスリー・シュネイデル (66分-24:ハヴィエル・アンヘル "ロッキー" バルボア・オサ) (78分-15:ロイストン "リッキー" ドレンテ)
MF10:ホブソン・デ・ソウザ "ホビーニョ"
FW7:ラウール・ゴンサレス・ブランコ (66分-18:ハヴィエル・ペドロ・サヴィオラ)
FW20:ゴンサロ・ヘラルド "ピピタ" イグアイン

ご成約 (1)

ミドルスブラDFアンドリュー・デイヴィス選手がセインツへ移籍。金額は非公開ですが、推定100万ポンド。

ご成約 (2)

ダービーDFアンドリュー・グリフィン選手は移籍金30万ポンドでストーク・シティへ移籍。

ローン (1)

カーディフは6ヶ月ローンでローヴァーズGKペテル・エンケルマン選手を借りた模様。

ローン (2)

ナポリは買取オプション付ローンでキエーヴォFWヴィクトル・エンソフォル・オビンナ選手の獲得を希望。この選手はインテルとの共同所有です。

ローン (3)

レドナップ・コーチはスパーズ大バーゲンの中からポール・スタルテリ選手をローンで穫りたいそうです。

オファーお待ちしております

そろそろマルコ・アメリア選手の換金を考えているリヴォルノは、有力なクラブに金額を出せと要求。なお代わりのキーパーとしてアルビノレッフェのパオロ・アチェルビス選手を検討中。

保留

ニューカッスルは450万ユーロでビッグ・サムが穫りに行っていたポルトDFマレク・チェヒ選手の交渉を一時保留した模様。この話を聞きつけたブルース・コーチが、さっそく手を出しているそうです。

交渉中

ユーヴェはメルベリ選手に正式オファーを出したようで、近々に仮契約まで持って行く模様。

現役時代はディフェンダー

アフリカ仕事に加えファン・ペルシィ、ジュル、センデロス、サニャ、ウォルコットら大量の怪我人が出てしまったことでヴェンゲル・コーチは「私がセンターバックをやるしかあるまい」と自棄になっている模様。

アルセーヌ・ヴェンゲル・コーチ
「2日で7人も失ってしまった。とくにディフェンスの人手不足は深刻だよ。こうなったら私が出場するしかないかもね」

断念

ラツィオ関係者と会ったというイヴェルセン選手ですが、それほど求められていない感触だったので行かない模様。

きっとそうだ

レディングのデイヴィッド・キトソン選手は検問のアルコール検査を断固拒否したことから飲酒運転の疑いをかけられ免停の危機。

3回目

スティーヴン・ハント選手の獲得に執念を燃やすロイ・キーン・コーチは、条件を450万ポンドまで上げた3回目のオファーを出した模様。

スティーヴ・コッペル・コーチ
「ストーカーのように毎日電話して来るがいい。でも我々の答えは決まってるんだ。いい返事など期待されたら困るな」

スティーヴン・ハント選手
「今月はこんな騒ぎばかりだからしょうがないよ。どうなるかって?そんなの僕にはわからないな。売るか残すかはクラブが決めることだもの。僕が悩んだってしょうがない」

否定

アフォンソ・アウヴェス資金を捻出するためダウニング選手を売ると報じられたミドルスブラですが、そんなことしなくても買えると明言。

売却

マヌエル・フェルナンデス選手を6ヶ月ローンでエヴァートンへ追っ払ったヴァレンシアですが、この契約には買取オプションが付帯されている模様。

行く気満々

右サイドバックが不在なヴィラからオファーが来ているチンさんは、スパーズに頭に来ているので「行く」と主張。

リハビリ中

サンパウロへのローンが決まったアドリアーノ選手ですが、まだピッチでの通常トレーニングをする状態にないとのことで、体調を整えるトレーニングだけを行っている模様。

イタリア化

ビッグ・サムが8人目の犠牲者になったことについて紳士は「まるでイタリアやスペインみたいですね」と、昨今のプレミアシップを批判している模様。

スヴェン・ヨラン・エリクション・コーチ
「フットボールの世界はどこでも同じです。チームが悪くなった時に誰が犠牲になるでしょうか?選手ですか?役員ですか?いいえ、コーチです。それはどこへ行っても避けられないわけですが、今のプレミアシップはまるで南ヨーロッパのリーグみたいになってしまっています。ニューカッスルに何が起きていたかは内部の人間しかわからないでしょうが、私はサムで立て直せたはずだと確信しています。ボルトンをあそこまで引き上げた人物が悪い指揮官であるはずがないんです。私は同業者として‘何事にも時間が必要だ’と声を大に主張したいです。それは昔から変わらない事実なんです」

アラン・カービシュリー・コーチ
「だいたい半年が過ぎた時点で8人のコーチが交代している。我々を取り巻く環境は非常に厳しい。ニューカッスルはビッグクラブなので、それなりのプレッシャーがあることは誰もが認識している。でも、まさかサムの身にこんなことが起きるとは予想していなかったよ。なぜならニューカッスルは残留争いをしていたわけじゃなく、数試合で結果を出せたらトップ8やトップ6にはすぐ行けるポジションにいたからね。シーズン前は誰もが大きな期待を持っているわけだけど、それと同時に現実も見なければいかんと思うよ。それが出来ないから8人も交代したんだろうが、いかんせんヒドすぎる。どんな職業でも半年で答えを出してしまう会社などありはしない。しかしフットボールの世界では、それがまかり通っている。ハマーズも昨シーズンは同じような状況を迎えていて、とても雰囲気は悪かった。今でも同じ境遇に陥っているコーチたちがいるはずだ。彼らがどんな心境で日々を過ごしているか、私にはよくわかるよ。とにかく、こんな処置をしたって好いことは何もない」

残留

ローマはレッジーナからローンの打診が来ているアントゥネス選手について、今季中は残留させる意向。

みんな来たら大変だ

ローマは来季に向けて以下の選手を考えているそうです。

ヨハン・エルマンデル (トゥールーズ)
ディミタール・ベルバトフ (スパーズ)
クラウディオ・ミゲル・ピサーロ・ボッシオ (チェルスキー)
マリオ・ゴメス・ガルシア (シュトゥットガルト)
ローランド・ビアンキ (マンチェスター・シティ)
アドリアン・ムトゥ (フィオレンティーナ)
ギョクタン・インレル (ウディネーゼ)
ジウベルト・アパレシド・ダ・シウヴァ (アーセナル)
ジェレミー・マシュー (トゥールーズ)
リュドヴィク・マニャン (シュトゥットガルト)
アンドレア・ドッセーナ (ウディネーゼ)
フェリペ・ダウベロ・ディアス・ダ・シウヴァ (ウディネーゼ)
ルシマール・ダ・シウヴァ・フェレイラ "ルシオ" (バイエルン)

もう1回はない

およそ40万ポンドが入ってくるので財政難のルートン・タウンはリーガプールとのリプレイに感謝感激しているそうですが、もしここで引き分けたとしても次のリプレイはありません。

また1チーム

アルミロン選手にはASモナコも興味を示している模様。

ナンバー2

セリエA600試合出場を目指しているパリウカ選手には、ウディネーゼが興味を示しているようですが、立場はあくまでもバックアップ。

ジャンルカ・パリウカ選手
「600試合にはそれほどこだわってるわけじゃない。試合に使ってもらえるならセリエBだって構わないんだ。でも興味を引くようなオファーっていうのが前提だよ」

不発

ミドルスブラの不発のストライカー李東國選手には、チャールトンやワトフォードが興味を示している模様。なおミドルスブラは120万ポンドほどの移籍金を希望。

視察中

アルヘンティーナからタレントを引き抜きたいフィオレンティーナは、ラシン・クルーブのヤコブ選手やグスタヴォ・カブラル選手などをチェック中。

辞めたい

バーリから契約更新の話は来ているものの、やはりセリエAでプレーしたいというジャン=フランシス・ジレ選手には、フィオレンティーナやラツィオが声をかけている模様。

ジャン=フランシス・ジレ選手
「契約更新の話はありがたいけど、もう28になるんでそろそろトップリーグでプレーしたいと考えている。僕が求めるものとバーリが提示するものにも差があるしね」

コーチ業

今季限りで現役を退くパブロ・ティアム選手は、そのままヴォルフスブルクのアシスタント・コーチに就任する模様。

交換

サンプドリアとパレルモはカラッチョーロ選手とレアンドロ・リナウド選手の交換について交渉中。

Copyright © 1997-2007 0-0 <empate>. All Rights Reserved.
Apple, the Apple logo, and Mac are trademarks of Apple Computer, Inc., registered in the U.S. and other countries.
The Made on a Mac Badge is a trademark of Apple Computer, Inc., used with permission.