Information
Archives
今季絶望

オサスナのスイス代表MFシャヴィエル・マルガイラツ選手が右膝の前十字靭帯、外側靭帯、半月板などを傷めて手術を行う模様。これによりユーロは、ほぼ絶望。

お咎めなし

カールスルーエ戦後にマイク・フランツ選手を侮辱する発言をしたシュトゥットガルトFWマリオ・ゴメス選手ですが、謝罪をしたということでDFBは8000ユーロの罰金で済ませた模様。

イタリア人

アマウリ選手のイタリア国籍は4/30に取れるそうで、呼んでくれるならアッズーリでプレーする意思がある模様。ただイタリア国内には帰化選手を使うなど侮辱だといった声が根強いそうです。

なんだよ、オッさん

イランの意外な人気にちょっと待てラッツィになったのか、日銭が必要になったのか知りませんが、どうにかしてクレメンテさんがイラン協会に「テヘランに住んでやったっていいぜ」と伝えた模様。

紳士、うっとうしい

レアル・サンマリノが目をつけているパヴリュチェンコ選手には、シティも乗り出す模様。

そりゃ凄いや

たかがカーリングカップでパニックに陥ったアブラモヴィッチ・オーナーは、このオフに1億5000万ユーロを用いた大補強を敢行しまスキー。ちなみにカカー選手には3500万ユーロ、ダヴィド・ヴィジャ選手には2000万ユーロほど投入予定。

なにがあったか?

サンダランドMFリアム・ミラー選手が突如として移籍リストに掲載された模様。今すぐ移るのであれば下部リーグへの緊急移籍以外に道はなし。

辞めたい

ダニエウ・アウヴェス選手が「将来など誰にも分からないが、いずれセヴィージャを出て行くことだけは断言できる」とコメントしている模様。

ダニエウ・アウヴェス・ダ・シウヴァ選手
「将来なにが起きるかなんて誰にも分からない。でも、セヴィージャを出てくことだけは確実だ。僕には大きな野心がある。ただ、憎まれ、詰られ、後ろ指さされながら出て行くような事態は避けたい」

お大事に

ラウール・タムード選手の回復具合が当初の予定より遅れており、今週のヴァレンシア戦と来週のレアル・サンマリノ戦は確実に欠場。

ご成約

デュイスブルクとの契約を打ち切ったアイウトン選手が、メタルルク・ドネツクと2年契約を結んだ模様。

離脱 (1)

バーミンガムMFオリヴィエ・カポ選手がハムストリングの負傷で約4週間の離脱。

離脱 (2)

アグエロ選手がトレーニング中に左太股の筋肉を傷め、週末のバルセレソン戦は微妙な状況。

離脱 (3)

ホビーニョ選手とペペ選手はレクレ戦へのゴーサインが出ましたが、代わりにファン・ニステルロイ選手が右足首を傷めて離脱。ローマ戦をめざしてリハビリを行う模様。

インテル入ってる

マンチョは来季の補強リストをモラッティ会長へ渡しているそうですが、カッサーノさんの名前がバッチリ入ってる模様。

マッシモ・モラッティ会長
「マンチーニは補強を希望している選手を何名かあげてくれた。カッサーノはその中に入っているんだよ」

忠誠心のカケラもない

ラツィオのエースだったクレスポ選手は、ローマからオファーが来たら考えてみるそうです。

エルナン・ホルヘ・クレスポ選手
「ローマは大きなチームだし、トッティとプレー出来るなら誰だって喜んで行くだろう。先のことは誰にも予測できないしね」

しかし

そのローマはシュトゥットガルトのマリオ・ゴメス選手の補強を検討中。

逆なで君

ロマニスタから「裏切り者、金の亡者」と叩かれているチヴー選手ですが、ご本人は「後ろめたいことは何もない。アクィラーニとデ・ロッシも来いよ!」と火に油を注いでいる模様。

クリスティアン・ユーゲン・チヴー選手
「ロマニスタが僕についてどんなこと言ってるかは耳に入っている。でも僕には後ろめたいことなんか何もないよ。アクィラーニとデ・ロッシもインテルへ来い。君らは世界一のMFだ。インテルがどど〜んと買うぞ、こら」

ギヴン・アップ

シェイ・ギヴン選手の鼠径部は手術による治療が必要となったそうで、今季は絶望、チームも絶望でございます。

住みますよ

イランの話についてマテラッツィ父は「行くぞ、住むぞ、やるぞ」とノリノリだそうです。さすが人生ホメイニみたいな息子を持つだけのことはある。

ジュゼッペ・マテラッツィ氏
「先方から引き受ける気はあるかと打診があったのだが、即座に自由の身なので是非とも交渉をお願いしたいと伝えた。イランとシリアの試合を観させてもらったが、個々の技術が非常に高いチームだという印象がある。私は喜んでテヘランへ行くよ」

八つ当たり

コンディション急降下に加えて負傷者の回復も遅れているレアル・サンマリノでは、ディ・サルヴォ・フィットネスコーチの仕事が悪いんじゃないかという意見が出ている模様。しかしシュスター・コーチはディ・サルヴォ・フィットネスコーチの方法に口を出してはいけないという契約を結んでいるそうです。

ご奉仕スキー

8番と11番についてアブラモヴィッチ・オーナーは、そんなにチェルスキーが嫌なら出て行っても構わないでスキーと考えている模様。狙ってるクラブの皆さん、チャンスです。

ベストセラー

レディングのマデイスキ・オーナーは、それなりの資産家であればクラブを譲る考えがある模様。

し〜ん

エヴァートンに完敗した紳士は選手たちに対し「インタートトは本気です。君たちの休暇は2週間削られます」と口走ったところ、場は凍りついたそうです。

スヴェン・ヨラン・エリクション・コーチ
「チャンピオンズリーグがプレミアシップだとすると、UEFAカップはチャンピオンシップのような位置づけです。それでもヨーロッパへ出ないよりはマシです。若い選手には貴重な経験になるでしょう」

どうもピントがずれてる

ボロカッスルはユース・カップにてユナイテッドを倒す原動力となったカーライルFWギャリー・メイディン選手の獲得を希望している模様。

ご延長

オサスナFWエンリケ・ソサ選手が2012年まで契約を更新。違約金も600万ユーロにアップ。

もう名前は問いません

ガッツンガッツン働いてくれる選手を求めているレアル・サンマリノは、スパルタクのロマン・パヴリュチェンコ選手に興味を示している模様。

職は安泰

グラント・コーチは、たとえ今季限りでコーチを解任されたとしても、オーナーの意向でスポーツ・ダイレクターへ復帰することになっている模様。

何様だ

チェルスキーではクラーク・アシスタントが現場レベルでの雑務を全て押し付けられており、テン・カーテはどこの殿様だ?とグラント・コーチにクレームをつけている模様。

あなたはキャプテン

バーミンガム戦後のウィリアム・ガラ選手の恥ずかしい振る舞いについてアーセナルの子分たちが「あなたキャプテンらしくない。もっとしっかりしろ」とクレームをつけている模様。

このセンスがいかす

決定的なチャンスを2つ連続で失敗したハーツMFアンドリュー・ドライバー選手に対するセルティック・ファンの野次。

「タクシー運転手になれ!」

捨て台詞

セント・アンドリュースにてバーミンガム・ファンに向けてダービー・ファンが言い放った一言。

「来シーズンもよろしく!」

まだアル中か

フルアム v ハマーズ戦の中継を担当したポール・マーソン氏のコンチクショーな解説。

「いい守備だ、カンチェルスキス」

オーナー命令

カーリングカップが終わったらイスラエルへすっ飛んで行きライセンス講習を受ける予定だったグラント・コーチでしたが、オーナーから「これはどういうことでスキー?」と詰め寄られたのですっぽかした模様。お陰でイスラエルの講師は「取る気あるのか?」と怒っております。

アムノン・ラズ講師
「大変にお忙しいということで出席できないそうです。しかし、あまりにもですね、キャンセルが多いんですよ。このままなら取れませんと注意しておきました。少なくとも7割の講習に出ていただかなければライセンスは差し上げられません」

お気持ちだけで

地元議会がスパーズ側にバスによる祝勝パレードをオファーしたそうですが、クラグ側は「シーズンの途中でそれは」と、お断りした模様。またしばらく無いんだから、乗れる時に乗っといた方がいいよ。

ケロロ軍曹でも観るか?

カーリングカップ・ファイナルはポルトガルでも中継されたそうですが、あの方は息子さんを映画に連れて行ったので観ていないそうです。ちなみに夜はヴィトリア・セトゥバル v スポルティング戦、バルセレソン v レヴァンテ戦などをお楽しみになった模様。ヘタフェ戦をみられなくてホントによかった。

副官

ボロカッスルにクリス・ホートン氏が行ったので、モイス・コーチはスティーヴ・ラウンド・アシスタントにエヴァートン転職をオファーする模様。

それでも安い

スパーズはベルバトフ選手を引き留めるために週給6万ポンドまでの昇給を打診する模様。ユナイテッドなら確実に10万ポンドはいただけるっぺ。

復帰

ユナイテッドGKベン・フォスター選手はプレーが可能な状態に来ているそうですが、リーガプールとのリザーブマッチは大事をとって起用せず、来週のミドルスブラ・リザーブとの試合あたりで実戦復帰させる模様。

放出

時々、自分をレフ・ヤシンかディノ・ゾフと勘違いすることがあるというトマシュ・クツチャク選手についてユナイテッドは、ローンか完全移籍での放出を検討。

陽気なボクら

成績が成績なのであまり明るい雰囲気ではないサンダランドですが、このたびジャマイカやハイチなどのカリブ海地域から8人の選手がテストを受けに来るそうで、そりゃもう毎日がお祭りだ。

F**k you!

テン・カーテ・アシスタントは素直にテリー選手との口論を認めた模様。

ヘンク・テン・カーテ・アシスタント
「私も彼もホットテンパーだが、互いのことは尊敬し合っている。切っ掛けは練習の度合いについてで、テリーはもっと厳しくやって欲しかったわけだよ。この世界じゃ、よくある話だな。Fで始まる単語が飛び交ったのは否定しない。ただイングランドの喧嘩では一般的じゃないか」

なるほど

ヨーロッパ最強のチームを数値をもとに割り出そうという試みがなされたそうで、以下のような結果が出た模様。考慮されたのは国内リーグの成績、ヨーロッパでの成績、所属リーグの相対的な競争力。

<ベスト20>
1:マンチェスター・ユナイテッド (23.44pt)
2:インテル (23.21pt)
3:アーセナル (22.96pt)
4:バルセレソン (22.94pt)
5:ASローマ (20.63pt)
6:エヴァートン (20.26pt)
7:スパルタク・チェルスキー (19.86pt)
8:フェネルバッヒェ (19.81pt)
9:リーガプール (19.59pt)
10:ACミラン (19.17pt)
11:FCポルト (19.11pt)
12:ほんとにありがとうございます (19.06pt)
13:バイエルン・モナコ (18.43pt)
14:SVヴェルダー・ブレーメン (18.32pt)
15:セヴィージャ (18.30pt)
16:ハンブルガSV (18.14pt)
17:PSVアイントホーフェン (17.99pt)
18:オリンピアコス・ピレウス (17.71pt)
19:オリンピック・リヨン (16.86tp)
20:ベンフィカ (16.61pt)

トリノ・ダービー

セリエA第25週:ユヴェントス 0-0 トリノ at スタディオ・オリンピコ

クラウディオ・ラニエリ・コーチ
「内容はダービーマッチに相応しくなかったです。やはりサネッティの不在は打撃でした。モモはよくやりましたけど、サネッティとは違って攻撃の起点にはなりませんのでね」

ジョルジオ・キエッリーニ選手
「ビッグマッチは望むところだったけど、トリノの勢いが予想以上に凄かった。引き分けで御の字かもしれない。もっと出来たとは思うんだけどな」

ウルバノ・カイロ会長
「ダービーの醍醐味は両チームによる激しい戦いです。その意味では非常に見応えある試合だったのではないでしょうか。ともにクラブの名を賭けフェアに戦ったと思います」

ユヴェントス
GK1:ジャンルイジ・ブッフォン
DF5:ジョナサン・ゼビナ
DF33:ニコラ・レグロッターリエ
DF3:ジョルジオ・キエッリーニ
DF28:クリスティアン・モリナーロ
MF22:モハメド・ラミネ・シッソコ "モモ"
MF8:マウロ・ヘルマン・カモラネージ
MF20:ラファエレ・パッラディーノ
(エスプルシ90分) MF11:パヴェル・ネドヴェド
FW10:アレッサンドロ・デル・ピエーロ
FW9:ヴィンチェンツォ・イアクィンタ (63分-23:アントニオ・ノチェリーノ)

トリノ
GK1:マッテオ・セレーニ
DF2:ジャンルカ・コモット
DF14:チェーザレ・ナターリ (27分-15:パオロ・エルナン・デッラフィオーレ)
DF22:マルコ・ディ・ロレート
DF3:マルコ・ピサーノ
MF8:シモーネ・バローネ
MF13:ヴィンチェンツォ・グレッラ
MF19:アイモ・ステファノ・ディアナ (48分-10:アレッサンドロ・ロシーナ)
MF27:パオロ・サネッティ
FW4:アルヴァロ・アレハンドロ・レコバ・リヴェーロ "チーノ" (81分-23:サルヴァトーレ・ランナ)
FW77:ロベルト・ステッローネ

アルビトロ:ニコラ・リッツォーリ

見苦しい

審判問題についてマンチョは「ローマだって同じくらい依怙贔屓してもらってる」と反撃している模様。

ロベルト・マンチーニ・コーチ
「有利な判定をもらっているのは我々だけじゃない。ローマだって、他のクラブだって我々と同様に助かったと胸を撫で下ろした瞬間があるはずだ」

キャリアの危機

ファウルの標的になっているカカー選手についてミニ・ミー副会長は「ファン・バステンの二の舞にもなりかねん」と審判にきっちり見ろと要求している模様。

ミニ・ミー副会長
「審判がバックチャージを容認する判定を続けているので、カカーはやられ放題になっている。我々は28歳という若さでマルコ・ファン・バステンを失っている。このままならカカーに同じことが起きても不思議ではない」

カルロ・アンチェロッティ・コーチ
「カカーに対するマークが激しいのは事実なんだが、相手選手が故意に傷つける意図を持っているとは感じていない。審判については常に正確で厳正なジャッジをして欲しいと願っている。それでも昔に比べたらずっと厳しく判定していると思う」

人手不足

ストライカーに怪我人が続出しているインテルは、ローマ戦でスーパー・マリオをベンチ入りさせる模様。

正義の濫用

上訴したらアリアディエル選手の罰を増やされてしまったミドルスブラは「滑稽だ」と規律委員会を叩きまくっている模様。

キース・ラムCEO
「検討にも値しないと、ろくに審査もせず却下するとは無礼千万です。我々がなぜ訴えたのか、その意図を汲み取れない無神経さに腹が立ちますね。そんな杜撰な仕事をしていたのかと今さらながら空いた口が塞がりません。どこの何様がやってるのか知りませんが、我々の純粋な訴えを不謹慎だと随分なこと言ってくれるじゃありませんか。さぞかしご立派な方達が揃ってらっしゃるんでしょうね。我々は訴え出る前に内部で散々検討しました。オックスフォードの辞書を見ますと、彼らの吐いた言葉の意味は‘深刻でない、愚かである、軽率である、考えが浅い’とあります。2日以上も考えた末に出した結論についてそう言えるのであれば、いったい何日考えたら真面目にやったと判断してくれるんでしょうかね。近々ではミカエル・エシェンの上訴が却下されましたが、その時に同じ言葉を用いましたか?私には記憶がありません。随分ビッグクラブ様とは扱いが違うんですね。そもそもです、アリアディエルはマスチェラーノに顔を掴まれたから反応したんです。そのマスチェラーノの行為が容認され、軽く叩いたアリアディエルの行為が退場に値するとは不公平にもほどがあります。ここでもう一度、オックスフォードの辞書にご登場願いましょう。マッチ・レポートにあった‘凶暴な行為’の凶暴の定義ですが、‘相当な腕力を伴う行為’とあります。さて、アリアディエルの行為は、相当な腕力を伴うものであったか、ご覧になった方達のご意見を賜りたいところですね」

最近の若い者は

最近の下部組織の選手は相当に甘やかされているそうで、ランパード選手は「それでいいのか?」と疑問を持っている模様。

フランク・ランパード選手
「今の若い選手の扱われ方を見ていると恐ろしくなるね。彼らはもう先輩のシューズを磨く必要はないし、BMWにだって乗れる給料をもらっている。とても安易に人生を手に出来るようになってしまった。今じゃトップチームの選手とすれ違ったって挨拶すらしない者もいる。僕の頃は先輩がいたら直立不動だし、毎日人の倍は練習していた。いまあの頃に戻ったとしても同じようにするだろう。だってそれが今の僕を作ったんだもの」

非常に恥ずかしい

金曜にストーク・シティへ出向したばかりのサンダランドGKフロップ選手ですが、2nd GKダレン・ウォード選手が負傷してしまったので、ストークで1試合も出場せずサンダランドへとんぼ返りした模様。

ストーク・シティ広報
「大変に残念ですが、そういう契約を結んでいる限りは、我々には何も出来ませんでした」

そういうわけで

フロップ選手がサンダランドへ帰ってしまったので、ストークはウィガンのカルロ・ナッシュ選手を借りた模様。

グリズリー

あまりの情けなさに選手を批判してしまったクマさんですが、今でも撤回する意志はサラサラない模様。

ポール・ジュウェル・コーチ
「私は間違ったことを言ったとは思っていない。なぜなら現にそう指摘されても仕方のないプレーをしていたからだ。正しい仕事をしてくれたら身を挺して守るが、そうでなければ批判をする。もう火曜だが、私はまだ怒っているんだ」

キャンセル

プレミアシップは海外試合の意図を説明するため、木曜にFIFAのブラッター会長と会談する予定でしたが、内部で更なる検討をしたいという理由でキャンセルした模様。

合流

心臓の問題で静養していたヤリ・リトマネン選手がフルアムのトレーニングに復帰。

手術

ユナイテッド戦で鼠径部の負傷を悪化させたシェイ・ギヴン選手には手術も検討されているようで、今週中に専門医で診てもらう模様。

ノーチャンス

ローマと契約更新する可能性は全くないと明言するフェッラーリ選手ですが、契約がある限りはローマのために全てを捧げるとコメントしている模様。

ご延長

ジュゼッペ・マロッタ・スポーツダイレクターがサンプドリアとの契約を2011年まで延長。

離脱

サラゴサMFアルベルト・サパテル選手が右太腿の筋肉を傷めて精密検査を行う模様。今週末の仕事は微妙な状態。

今度は大丈夫だろうな

ギャリー・ネヴィル選手がリーガプールとのリザーブマッチにて約60分間プレーした模様。

ローン (1)

シェフィールド・ユナイテッドFWジョーダン・ロバートソン選手が1ヶ月ローンでオールダム・アスレティックへ出向。

ローン (2)

レディングGKミケル・アンデルソン選手が1ヶ月ローンでトーキー・ユナイテッドへ出向。

争奪

ボロカッスルとリーガプールがワトフォードGKスコット・ローチ選手の獲得を検討中。

引退

膝の負傷に悩まされていたPSVのヨン・デ・ヨンク選手が現役引退を表明。

Copyright © 1997-2008 0-0 <empate>. All Rights Reserved.
Apple, the Apple logo, and Mac are trademarks of Apple Computer, Inc., registered in the U.S. and other countries.
The Made on a Mac Badge is a trademark of Apple Computer, Inc., used with permission.