Information
Archives
唯一の希望

今週の強豪レクレ戦では、ホビーニョ選手が復帰して来る模様。

契約解除

南米時間をやらかして以来、クラブやチームとの関係が最悪の状態だったアイウトン選手がデュイスブルクとの契約を取り消した模様。

ようやく光のあたる場所へ

ロシアなんぞへ行って人生を狂わさなけりゃ、今ごろは代表の主力だったかもしれないエレジーなカヴェナギ選手ですが、現在の2トップの去就が不透明なサラゴサが興味津々で声をかける模様。

離脱 (1)

風邪のためレッジーナ戦は自宅でテレビ観戦だったトレセゲ選手ですが、コンディション不良ということでミッドウイークのトリノ・ダービーも休む模様。

離脱 (2)

ローマ戦で膝を壊したムトゥ選手は、約4週間の離脱。

離脱 (3)

膝を傷めているズラはミッドウイークの大決戦も欠場する模様。

微妙

グアーナ選手のタックルを受けて膝の痛みを悪化させたカカー選手のアーセナル戦出場は今のところ微妙。

ご成約

セヴィージャFWケルツァコフ選手が3年契約でディナモ・モスクワへ移籍。

引退 (1)

ダヴィッツ選手が今季限りでの引退を考えている模様。

エトハル・スティーヴン・ダヴィッツ選手
「ファン・バステンのチームでプレーするかって?それは無いだろうな。人生には潮時ってものがあるんだ。今季が最後のシーズンになる可能性は高い。半分以上は引退へ傾いているんだ。確執?そんなのは理由じゃないよ。ファン・バステンがアヤックスを成功へと導くコーチだったとしたら、オレがいの一番に賛成するだろう。ただ彼の方でどう思ってるかは知らないよ」

引退 (2)

ブラジウ・メディアのインタビューにてデブは「引退も考慮に入れる必要がある」と語っている模様。

デブ
「引退を受け入れる覚悟をしておかなきゃならない。簡単に回復するような怪我じゃないし、リハビリの途中で何が起きるかもわからない。最後まで諦めないつもりだけど、たとえ医学的に回復したとしても膝に痛みを感じる限りはフットボールにお別れを告げなきゃならないだろう」

同情はいらねぇ

将来についてデブは「同情心から雇ってもらう必要はない」と言い切っている模様。

デブ
「今はどこでプレーするとかって話をする時期じゃない。ただ常識的に考えて、これだけの重傷を負っている31歳の選手に興味を示すクラブがある方がおかしいと思う。お情けで雇ってもらおうとも考えていない。ここまでやれただけでも神様に感謝しているんだ」

そのジャッジはドンダリーニ

レッジーナ v ユーヴェ戦にて有り得ないほどのミスジャッジを繰り返したパオロ・ドンダリーニ主審には、2ヶ月ほどのセリエB降格が言い渡される模様。

冷たい空気

昨夜はランパード選手の先発起用というサプライズをやらかし、結果もサプライズに終わったチェルスキーですが、そのお陰で88分までベンチにいたバラック選手は「説明はなにもねぇ」と腐っている模様。

ミヒャエル・バラック選手
「満足とは程遠い気分だ。でも誰もが先発できるわけじゃないから決定は受け入れている。ただ、説明は一切なかったね。単にメンバー票が貼ってあって終わりさ」

そう言われながらリーズだって

降格という言葉が普通に出てしまう状況に陥ってるボロカッスルについてシアラー氏は「それは絶対にない。落ちるような戦力じゃない」と断言している模様。

アラン・シアラー氏
「ボトム3で苦しんでいるクラブとボロカッスルを比較したら、全く戦力が異なっている。落ちるなんて可能性は万に1つもない」

なるほど

リヨンのオラス会長は「1億ユーロでしたらベンゼマをお譲りします」とユナイテッドやバルセレソンやレアル・サンマリノに喧嘩を売っている模様。

ジャン=ミシェル・オラス会長
「これで少しは静かになってくれるでしょう。出せるものならお出しないという気分です。それでも買うなんて言う人はですね、バカなのだ」

しかし

ベン・アルファ選手については換金しても構わないと考えている模様。

給料取っ払い可

アルベルダ選手はたとえヴァレンシアとの契約を解除しても、今季はリーガ・エスパニョーラではプレー出来ませんので、リーガプール、アーセナル、ボロカッスルらがアルバイトをオファーする模様。

とにかく補強しろ

ラニエリさんが「クリシィを頼みます」とフロントへ伝えた模様。

意外な発見

アーセナルはレアルへ貸しているメリダ選手をチェックするためエルチェ戦を視察したそうですが、そこでエルチェGKウィルフレッド・ダニエル・カバジェーロ選手に大変感銘を受けた模様。違約金は600万ユーロ。

三行半

ヴィエラ選手は週末の試合にて‘両チーム合わせた中で最低のパフォーマンス’と酷評されたそうで、インテルはディアビ選手の補強を検討中。ちなみにマンチョはこんな厭味を言ってます。

ロベルト・マンチーニ・コーチ
「ヴィエラのプレーには大変満足している。コンディションも申し分ない。調子良すぎて嬉しい悲鳴だ」

凄い取り合わせ

エルチェDFサムエル選手は大変に高い評価を受けているそうですが、その人をバルセレソンとフルアムが奪い合っている模様。

帰国

ヴァスコが新戦力としてミドルスブラのファビオ・ホッケンバック選手を検討中。

無理だよ

パルマはコーチの交代を検討しているそうですが、候補者がヴィアッリ、デシャン、ゼンガ、ザックってどういう人選なのか。最後の人以外は来てくれないよ。

辞意

ファンからの批判や裁判沙汰に辟易したヴァレンシアのソレール会長が、周囲の人間に辞意を漏らしている模様。

今日の名言 (1)

ホセ・マリア・グティ
「オレたちゃ4歳児なみの知能しかなかった・・・」

今日の名言 (2)

ガブリエル・ハインツェ
「叫んだのに誰も気がついてくれなかった。無力だった・・・」

ぷっ

レヴァンテにプリメーラさようなら記念のペナルティを与えてしまたザムブロッタ選手が、5-1という試合をしたにも拘らず、カンプ・ノウのファンから野次られまくった模様。

ジャンルカ・ザムブロッタ選手
「僕だってやりたくてやったハンドじゃないんだけど、試合の中では起きてしまうものだよ。ファンには気持ちを表現する自由があるから、いくら野次られても気にならなかった。ただチャヴィやプジョルが‘やめてくれ’ってファンを説得してくれたことには感謝している。彼らのようなリーダーシップのとれる人間がチームにいてくれると凄く助かるよ」

いかがなものか

バルセレソンが来季からの戦力としてアルベルダ選手の補強を検討中。

返却

アトレティコはアッビアーティ選手の買い取りは行わず、かわりにマジョルカのモジャ選手を穫りに行く模様。

ヤンキー・ゴー・ホーム

ヒックス・オーナーの息子が野次られまくられた腹いせに、パブにて唾を吐くなどの粗相を繰り広げた模様。

放出

ヴィラのルーク・ムーア選手を確保したウェスト・ブロムは、クレイグ・ビーティ選手の放出を検討中。

どうにも苦しい立場

バーミンガムへ出向していたベンドナ選手は、かの事件については非常に複雑な心境だそうです。

ニクラス・ベンドナ選手
「マーティンはラフなタックルする人間じゃないが、あの試合ではよくない入り方をしてしまった。審判も退場しか選択肢はなかったろう。でも僕はマーティンって人間を知っている。悪意を持ってプレーする人間じゃない。それは断言できる」

ヴェドラン・コルルカ選手
「僕とエドゥアルドは仲がいいんで事件を見た瞬間は思わず泣きそうになってしまった。思い出したくもない場面だけど、僕はテイラーが故意にやったとは考えていない。色んな不運が重なった上でのことだと思う」

セバスティアン・ラーション選手
「恐ろしい事故だったのは誰もが認めるけど、だからってマーティンにフットボールをする資格がないだなんて酷い言い草だよ。アルセーヌ・ヴェンゲルともあろう人物が幼稚なことホザいてんじゃねぇって思う。あの人はいつもそうなんだけど、自分らが何かされると他人を世紀の犯罪者みたいに叩くんだ。みっともないっていうか、往生際が悪いっていうか。そういう性格はアーセナルのチームカラーにも反映されているんだ。あいつらカリカリしっ放しで、まるでゴロツキみたいな態度だった」

スティーヴン・ケリー選手
「いくら気が立ってたからってアルセーヌ・ヴェンゲルの発言は絶対に許せない」

ニコ・クラニチャル選手
「車で移動中だったから試合は見ていない。でも友だちから電話が来て知ったんだ。暫くしたら代表の仲間から次々に連絡が入って、その頃から身体が震えてしょうがなかった。かなり酷い骨折だっていうから、会って励ましてやりたい。もちろんエドゥアルドを欠くのは代表にとって凄い損失だよ。悲しいやら、腹が立つやら、複雑な心境だ」

呑め、食え、唄え

選手たちに厳しい食事の制限をかけていたファンデですが、昨夜はなんでもOKだった模様。

ファン・デ・ラ・クルス・ラモス "ファンデ・ラモス"コーチ
「私だって選手たちと呑んだよ。たまにはハメを外すのもいい。今日はなんでも食べていいし、好きなだけ呑めばいい。お酒だって構わんよ」

補強だ

来季のUEFAカップ出場が決まったスパーズは、カメニ選手とハルケ選手を穫りに行く模様。

交換

ベルバトフ選手の捕獲に執念を燃やすサー・アレックスは、現金2000万ポンドにフォスター選手をつける模様。

後任

ベルバトフ選手に移籍の噂がある関係で、スパーズはレヴァークーゼンのシュテファン・キースリング選手の補強を検討中。ちなみに本人はリーガプール・ファンだそうです。

次のターゲット

ハッチンソン選手を強奪してサウスゲイト・コーチを怒らせたストラカン・コーチは、懲りもせずデイヴィッド・ホイータ選手を穫りに行く模様。ちなみにホイータ選手にはモイス・コーチも興味を示しており、サウスゲイト・コーチはAJとの交換などという虫のいいことを考えているそうです。

追加料金

なおモイス・コーチは「AJとホイータじゃ600万ポンド釣り合わん」と考えている模様。

自滅への道

キーガン・コーチの出っ歯補強要請はネタではなく本気だった模様。

ケヴィン・キーガン・コーチ
「せめてマーケットでは先頭を走っていたいものだ。今の立場を考えたら人一倍買い物をしないといかん」

お前だ

サウスゲイト・コーチは現役最後のシーズンにアトレティコとのフレンドリーマッチに出場していた模様。その時マークについたのがフェルナンド・トーレス選手で、苦もなくチンチンにかわされた瞬間「もう辞めよう」と引退を考えた模様。

ギャレス・サウスゲイト・コーチ
「フェルナンド・トーレスに対する私のプレーは非常に惨めなものだった。引退を決めるにあたっての大きな要因となったね」

反動

アトレティコ相手に精も根も尽き果てたボルトンは、予想通りローヴァーズの餌食になりましたが、UEFAカップでファイトマネーを稼いでおりますから、サンテ・ティエンヌのバフェティンビ・ゴミス選手を穫りに行く模様。

イングランド復帰

来年でアッズリーニでの契約が終了するゾラ氏は、チェルスキーあたりで新しい職を見つける模様。

ジャンフランコ・ゾラ氏
「誰もがカペッロと働くなんて言ってたけど、そういうオファーが来たことはないんだ。できたらチェルスキーで仕事を見つけたいね」

ローン

ワトフォード、ウルヴス、オウルズ、バーンリーらがミドルスブラMFアダム・ジョンソン選手のローンを希望している模様。

完全移籍

ブラックプールはシティから借りているポール・ディッコフ選手の完全移籍を希望している模様。

極楽極楽

ビッグ・サムはバルバドスにて豪勢な休暇を過ごしているそうですが、泊まっているお屋敷はフレディ・シェパード前会長が所有するものだそうです。

貴様ぁ

ヴィラのオニール・コーチとレディングのハーパー選手が、タッチライン際で口論を展開していた模様。

マーティン・オニール・コーチ
「べつに大した話じゃないよ。私が選手だったらハーパーみたいにしただろうしね」

ヤブ医者

8ヶ月ほどプレーできなかったバラック選手ですが、当初は4〜5週間と明言したチェルスキーの医者に不信感を抱いている模様。

ミヒャエル・バラック選手
「8ヶ月かかったことを言ってるんじゃなくて、最初からそのぐらいかかるって診断するべきだったんだ。そうすれば気構えとか全然違ったはずなんだ。彼らはどんなにかかっても4週か5週だと言い切ったけど、どれだけ待ってもサッパリ復帰の目処が立たなかった。‘どのくらい?’って何度尋ねても‘あと少し、もうすぐ’としか言わないんだ。気が狂いそうだったよ」

微妙な問題

ロイ・キーン・コーチは、サンダランドが生き残り、レディングが憤死したら、ケヴィン・ドイル選手を穫りに行く模様。

そこかよ

ロイ・キーン・コーチが狙う次なるユナイテッド戦力は、オシェイ選手だそうです。

サスペンション

レッジーナ戦で大暴れ退場をやらかしたクリスティアーノ・サネッティ選手には2試合のサスペンションが言い渡される模様。

逆カルチョポリ

またまた審判さんに仕事されちゃったユーヴェは「どうされるつもりですか?」と連盟に抗議文を提出。

ジョヴァンニ・コボッリ・ジリ会長
「これはサン・パオロで起きたことと同様です。我々は審判に関する見解はあえて述べません。連盟自身の良心と行動力に訴えます。仕事のできない審判をピッチへ送り込まれたら非常に迷惑なんです。不正があったなどと申し上げるつもりは毛頭ありませんが、試合をご覧いただければ、いかにバイアスのかかったジャッジをしているか一目瞭然です。赤ん坊が見てもおかしいと思うでしょう。問題は陰謀とかそういう与太話ではなく、単に審判のレベルが低い部分にあります。セリエAを外国の審判に任せたくはありませんが、そうすることでミスを減らすことが出来るのであれば賛成します。判定によって泣いているのはユーヴェだけではありません。じつに多くのクラブが被害を受け、不信感を持っています。もちろん、どこかの誰かさんだけは、これら事件で利益を受けているわけですがね」

ボヤから大火事へ

小さな火種が噴出して来たインテルですが、昨夜も交代を告げられたヴィエラ選手が握手を求めるマンチョを無視するという事件が発生。

離脱

ローマ戦で左膝を傷めたムトゥ選手には靭帯損傷の疑いがあるので精密検査を行う模様。

クラウディオ・チェーザレ・プランデッリ・コーチ
「左膝を捻挫した時に内側側副靭帯を傷めていた可能性がある。どの程度の負傷かは検査を待たないとなんとも言えない」

遅かれ早かれ

アマウリ選手のフィオレンティーナ行きについて代理人は「いや、フィオレンティーナへ行くのはミランの11番でしょう」とコメントしている模様。

マリアノ・グリマルディ代理人
「フィオレンティーナにはサラリーキャップがありますから、どうでしょうかね。いずれにしてもプランデッリのところへはジラルディーノが行くでしょう。そういう運命なんですよ」

由々しき事態

カーリングカップを逃して頭に来たチェルスキーは「カカーかエトオを連れて来る」と、赤字そっちのけで口走っている模様。

地球を

PK職人ギャレス・バリー選手は、昨夜のレディング戦でかなりみっともないPK失敗をしていたそうですが、本人は「地球を蹴ってしまいまして」と弁解している模様。

ギャレス・バリー選手
「たまにあるんだけど、地球を蹴っちゃったんだよね。立ち直るには数分かかったな。これで負けてたらどんな言い訳すればよかったんだろう。チームメイトには凄く感謝している」

Copyright © 1997-2008 0-0 <empate>. All Rights Reserved.
Apple, the Apple logo, and Mac are trademarks of Apple Computer, Inc., registered in the U.S. and other countries.
The Made on a Mac Badge is a trademark of Apple Computer, Inc., used with permission.