Information
Archives
ヌエヴォ・ベッカムと聞いて

イングランド代表に新しいベッカムが誕生したと耳にしたレアル・サンマリノは、ヴァレンシアやセヴィージャと共にベントリー選手を穫りに行く模様。

アレモン2号

かつてアレモン選手に中盤を支えてもらっていたナポリは、ジウベルト・シウヴァ選手に同じことをしてもらおうと考えている模様。

後悔してます

アップソン選手の代表での活躍を見たバーミンガムのゴールド・オーナーが「売るんじゃなかった」と大変に後悔している模様。

デイヴィッド・ゴールド・オーナー
「怒りではなくて失望がある。なぜ粘れなかったのかと後悔の気持ちが強い。我々には相応のお金が入って来たんだがね」

馬鹿オファー

ダウニング選手を来季からの戦力と考えているキーガン・コーチは、1000万ポンドの予算をとった模様。

骨折

バルセレソンDFオレゲル選手がセヴィージャ戦で手の骨を折っていたそうで、約6週間の離脱となった模様。

紳士の国ですから

サウスエンドは「だらしない恰好で我がスタジアムへは来ないでください」と、メディア各位にジーンズでの立ち入りを固く禁ずるお触れを出した模様。

専属で

ファンデは、かのベビーフード博士に来季からのスパーズ専属を打診している模様。

フザけやがってからに

イングランド・プレミアシップ第23週:マンチェスター・ユナイテッド 1-2 マンチェスター・シティ at オールドトラッフォード

ユナイテッドの得点:92分マイクル・キャリック
シティの得点:24分ダリウス・ヴァッセル、45分ベンジャニ・ウンヴァルヴァリ

カルロス・マヌエル・ブリート・レアル・ケイロス・アシスタント
「今日のパフォーマンスの原因はインターナショナルマッチの影響だったと思います。ただ、それを言ったらお仕舞いですから、素直に我々の日ではなかったことにしておきましょう。内容は悪かったです。それは認めます。何人かのプレーが非常に遅くてテンポを維持できませんでした。単純なミスも非常に多かったです。このような状態は過去にもあまり見られなかったものですから、色んな影響が作用したのでしょう。それはイングランドの選手だけでなく、クリスティアーノやマツケンについても鈍かったと指摘できます。クラブにとって大事な日であり、またダービーマッチでしたので、この結果にはとてもガッカリしていますが、是非ともアーセナルを倒して挽回したいと願っています」

スヴェン・ヨラン・エリクション・コーチ
「誰がよかったとかそういう次元の話ではなく、グループとして傑出していました。キーパーから最前線までパワフルでした。どこから見ても我々が勝つべくして勝った内容です。沢山のチャンスを作ることも出来ましたから非常に満足しています。なにしろ最大のライバルをダブルで苦しめたんですから最高です。選手を誇りに思いますし、あらゆるシティ・ファンはこの上ない気持ちでいるはずです」

ディトマール・ハマン選手
「相手にスペースを与えないってことで、全員が集中してそれを実行できた。彼らにプレーする隙間を与えたら必ずやられてしまう。だから互いが連携して細かいところを全て潰して行ったんだ。結果が出ていない中でこの試合を迎えて、相当に厳しいことになると覚悟していたけど、最高の結果が出せて満足している」

マンチェスター・ユナイテッド
GK1:クビ
DF2:クビ
DF5:クビ
DF4:クビ
DF3:クビ (73分-16:クビ)
MF10:クビ
MF8:クビ (73分-12:クビ)
MF6:クビ(64分-14:クビ)
MF11:クビ
FW7:クビ
FW9:クビ

マンチェスター・シティ
GK25:ジョー・ハート
DF4:ネダム・オヌオハ
DF2:ミカ・リチャーズ
DF22:リチャード・ダン
DF3:マイクル・ボール
MF21:ディトマール・ハマン (84分-17:孫継海)
MF28:ゲルソン・フェルナンデス
MF7:スティーヴン・アイルランド
FW12:ダリウス・ヴァッセル
FW27:ベンジャニ・ウンヴァルヴァリ (76分-20:フェリペ・サルヴァドール・カイセード・コロソ)
FW15:マルティン・ペトロフ (87分-24:ハヴィエル・ガリード・ベオビデ)

主審:ハワード・ウェブ

こりゃ理想的ですね

イングランド・プレミアシップ第23週:スパルタク・チェルスキー 0-0 リーガプール at スタンフォード・ブリッジ

アヴラム・グラント・コーチ
「どんな試合でも勝てないと残念だし、とりわけホームであるなら一層ガッカリだ。チャンスはあったと思うが、このレベルになるとクオリティ云々ではなく、戦術と戦術の戦いになってしまう。人を入れ替えたりと色々試したんだが、あいにく決め手にはならなかったな。しかしタイトルは決して諦めていない。かなり難しいだろうが最後まで挑戦するよ」

ラファエル "ラファ" ベニテス・マウデス・コーチ
「相手は前線に人をかけて来たので、終盤には思うように出て行けなかった。ただ前半は我々が握っていたし、カウンターから良いチャンスを幾つか作れた。勝てそうな気は正直した。しかし勝ちたいのは山々なんだが、あらゆる試合で3ポイントとれるわけでもない。負けるよりは1ポイントでも持ち帰れる方が遥かにマシだよ」

ジェイミー・キャラガー選手
「こっちもあちらさんもタイトな守備が自慢だからキツいのなんのって大変だった。前にもヤツらとは0-0街道なんて時期があったけど、それがまた来たかって気がしてる。チャンスあっただけに勝てそうな気がしたんだけどな。そこはちょっと残念かもしれない」

スパルタク・チェルスキー
GK1:ペトル・チェヒ
DF35:ジュリアーノ・ハウス・ベレッチ
DF33:アレッサンドロ・ホドリゴ・ディアス・ダ・コスタ "アレックス"
DF6:ヒカルド・アウベルト・シウヴェイラ・デ・カルヴァーリョ "リッキー"
DF3:キャシュリー・コール
MF4:クロード・マケレレ
MF13:ミヒャエル・バラック
MF8:フランク・ランパード (71分-12:ジョン・オビ・ミケル)
FW10:ジョー・コール (86分-14:クラウディオ・ミゲル・ピサーロ・ボッシオ)
FW39:復讐のバカ
FW24:ショーン・ライト=フィリップス (64分-15:フロラン・マルダ)

リーガプール
GK25:ホセ・マヌエル・レイナ・パエス
DF3:スティーヴ・フィナン
DF23:ジェイミー・キャラガー
DF37:マルティン・シュクルテル
DF6:ヨン・アルネ・リーセ
MF8:スティーヴン・ジェラード
MF20:ハヴィエル・アレハンドロ・マスチェラーノ
MF21:ルーカス・ペッツィーニ・レイヴァ
MF19:ライアン・バベル (71分-16:ジャーメイン・ペナント)
FW15:ピーター・クラウチ
FW18:ディルク・カイト

主審:マイク・ライリー

復讐の男

セリエA第22週:ウディネーゼ 1-2 ユヴェントス at フリウリ

ウディネーゼの得点:6分アンドレア・ドッセーナ
ユヴェントスの得点:60分マウロ・ヘルマン・カモラネージ、76分ヴィンチェンツォ・イアクィンタ復讐

パスクアレ・マリノ・コーチ
「素晴らしい内容だった。ほとんどの時間を支配して、ユヴェントスには殆どチャンスを作らせなかった。我々が内容通りにスコアを積み重ねていたら、こういう結果を迎えることもなかったはずだ。とても悔やまれる敗戦だよ」

クラウディオ・ラニエリ・コーチ
「チームがどのような答えを出すのか注目していましたが、良い反発心を見せてくれたので価値ある一勝です。ただの3ポイント以上の値打ちがあります。ただウディネーゼのパフォーマンスも大変に好かったので、彼らの称賛に値するでしょう」

ジャンルイジ・ブッフォン選手
「コンディションは6割、7割ってとこかもしれない。足りない分は根性でカバーしたよ。だからこの勝利は3ポイント以上の重みがある」

ウディネーゼ
GK22:サミール・ハンダノヴィッチ
DF2:クリスティアン・エドゥアルド・サパタ・ヴァレンシア
DF6:アンドレア・コーダ
DF24:アレクサンドル・リュコヴィッチ
MF32:ダミアーノ・フェッロネッティ (88分-14:アントニオ・カンドレヴァ)
MF4:ガエタノ・ダゴスティーノ
MF88:ギョクタン・インレル
MF8:アンドレア・ドッセーナ
FW83:アントニオ・フローロ・フローレス
FW27:ファビオ・クァリアレッラ
FW10:アントニオ・ディ・ナターレ

ユヴェントス
GK1:ジャンルイジ・ブッフォン
DF5:ジョナサン・ゼビナ
DF33:ニコラ・レグロッターリエ
DF3:ジョルジオ・キエッリーニ
DF28:クリスティアン・モリナーロ
MF23:アントニオ・ノチェリーノ (70分-20:ラファエレ・パッラディーノ)
MF6:クリスティアーノ・サネッティ
MF8:マウロ・ヘルマン・カモラネージ (86分-22:モハメド・ラミネ・シッソコ "モモ")
MF11:パヴェル・ネドヴェド
FW10:アレッサンドロ・デル・ピエーロ
FW17:ダヴィド・トレセゲ (74分-9:ヴィンチェンツォ・イアクィンタ復讐)

アルビトロ:ジャンルカ・ロッキ

デブ不発

セリエA第22週:ACミラン 1-0 また中途半端に似せたユーヴェ at サンシーロ

ミランの得点:63分アルベルト・パロスキ

カルロ・アンチェロッティ・コーチ
「出るはずではなかった選手が出場し、決めるはずのない選手が決めてくれた。彼は公式戦に3試合出て、全ての試合で得点を決めている。アベレージで言ったらチームナンバーワンだ。ちょっとの間は必要な戦力なのでトップにいてもらうが、あまり大騒ぎをせんで欲しい」

アルベルト・パロスキ選手
「試合に出るだけでも大変なことなのにゴールまで決めちゃって、今でも鳥肌立ってるよ。ツイてたかもしれないね。これまでトップじゃコッパ・イタリアで出場したことはあるけど、お客さんはガラガラで寂しい試合だった。でも今日は満員だから味わったことない空気の中で舞い上がっちゃったな。とにかく凄い気分だ。こういうチャンスをもっともらえたらいいな」

マリオ・ベレッタ・コーチ
「パロスキは才能あふれる将来が楽しみな若者だ。彼がピッチへ入る時に‘ゴールを決めそうな予感がする’と周囲に話したんだが、次からは黙っとくよ」

ACミラン
GK16:ゼリコ・カラッツ
DF2:マルコ・エヴァンゲリスタ・デ・モラレス "カフー"
DF13:アレッサンドロ・ネスタ (46分-25:ダニエレ・ボネーラ)
DF3:パオロ・マルディーニ
DF18:マレク・ヤンクロヴスキ
MF21:アンドレア・ピルロ
MF32:クリスティアン・ブロッキ
MF23:マッシモ・アンブロジーニ
MF27:セルジオ・クラウディオ・ドス・サントス "セルジーニョ" (63分-43:アルベルト・パロスキ)
FW99:デブ (46分-10:ごく潰し)
FW9:フィリッポ・インザーギ "ピッポ"

また中途半端に似せたユーヴェ
GK1:アレキサンダー "アレックス" マニンガ
DF13:ルカ・ロッセッティーニ
DF15:シモーネ・ロリア
DF90:ダニエレ・ポルタノーヴァ
DF11:パオロ・デ・チェーリエ
MF23:ルーカス・ヤロリム (73分-6:フッシン・カルハ)
MF5:ポール・コンスタンティン・コドレア
(エスプルシ82分) MF8:シモーネ・ヴェルガッソーラ
MF20:トマス・ロカテッリ (75分-30:フェルナンド・マルティン・フォレスティエーリ)
FW32:マッシモ・マッカローネ
FW7:マリオ・フリック

アルビトロ:ダニエレ・オルサト

セリエA第22週

カリャーリ 1-1 パルマ
カリャーリの得点:34分ジェダイアス・カプーチョ・ネヴェス "ジェダ"
パルマの得点:36分ヘジナウド・フェレイラ・ダ・シウヴァ

エンポリ 1-0 ラツィオ
エンポリの得点:7分イギール・ヴァンヌッキ

リヴォルノ 1-1 ジェノア
リヴォルノの得点:15分フランチェスコ・タヴァーノ
ジェノアの得点:83分マルコ・ディ・ヴァイオ
エスプルシ:グレイソン・ピント・ドス・サントス (ジェノア)

サンプドリア 2-0 ナポリ
サンプドリアの得点:76分&81分ジェンナーロ・デル・ヴェッキオ

トリノ 3-1 パレルモ
トリノの得点:60分アイモ・ステファノ・ディアナ復讐、70分&81分ダヴィド・ディ・ミケーレ復讐
パレルモの得点:36分カルヴァーリョ・デ・オリヴェイラ・アマウリ
エスプルシ:75分カルヴァーリョ・デ・オリヴェイラ・アマウリ (パレルモ)

フランチェスコ・グイドリン・コーチ
「良い形で勝ったと思ったら、次の試合で総崩れな内容を露呈していたりする。なぜ一貫した戦いが出来ないのか頭が痛い。試合中にいきなり戦う気力を失うようなことがあって、それが起きると必ずこうなんだ」

エビだけ盗まれて終わった

リーガ・エスパニョーラ1第23週:ラシン・サンタンデール 0-2 アトレティコ・マドリッド at エル・サルディネーロ

アトレティコの得点:56分&74分ディエゴ・マルティン・フォルラン・コラソ

ラシン・サンタンデール
GK1:ファビオ・コルトルティ
DF14:パブロ・ピニジョス・カロ
DF24:セサール・ゴンサレス・ナヴァス
DF4:エセクィエル・マルセロ・ガライ (81分-3:オリオル・ロサーノ・ファラン)
DF21:アジョーゼ・ディアス
MF8:ゴンサロ・コルサ・アルベンデア
MF6:ペドロ・アルド・ドゥシェル (86分-22:ホセ・モラトン・タエーニョ "モラ")
MF5:パブロ・アルヴァレス・ヌニェス (70分-23:ジョナサン・ヴァジェ・トゥルエバ)
MF11:オスカル・セラーノ・ロドリゲス
FW32:イヴァン・ボラド・パラシオス
FW23:エウゼビウス "エビちゃん" スモラレク

アトレティコ・マドリッド
GK13:クリスティアン・アッビアーティ
DF3:アントニオ・ロペス・ゲレーロ
DF22:パブロ・イバニェス・テバル
DF21:ルイス・アマラント・カルロス・ペレア
DF4:マリアノ・アンドレス・ペルニア
MF8:ラウール・ガルシア・エスクデロ
MF6:クレーベル・サンターナ・ロウヘイホ
MF11:マキシミリアーノ・ルベン・ロドリゲス "マキシ" (85分-17:ホセ・アントニオ・レジェス・カルデロン)
MF24:シモン・ペドロ・デ・フォンセカ・サブロサ "シマオ" (72分-9:ルイス・ハヴィエル・ガルシア・サンス)
FW7:ディエゴ・マルティン・フォルラン・コラソ
FW10:セルヒオ・レオネル "クーン" アグエロ (78分-20:ミゲル・アンヘル・フェレール・マルティネス "ミスタ")

アルビトロ:マヌエル・エンリケ・メフト・ゴンサレス

リーガ・エスパニョーラ1第23週

アスレティック・ビルバオ 1-0 レヴァンテ
アスレティックの得点:55分フェルナンド・ジョレンテ・トーレス

レアル・エスパニョール・バルセロナ 1-2 レクレアティヴォ・ウエルヴァ
エスパニョールの得点:40分エヴェルトン・エンリケ・デ・ソウザ
レクレの得点:18分&26分フロラン・シナマ・ポンゴル "ポン=ゴール"
ドブレ・アマリージャ:87分イポリト・エリアス・フェルナンデス・セラーノ "ポリ" (レクレ)

レアル・デポルティヴォ・マジョルカ 0-0 アルメリア

オサスナ 1-0 レアル・サラゴサ
オサスナの得点:45分ヤロスラフ・プラシル

ホセ・マリア・グティ・ショー

リーガ・エスパニョーラ1第23週:パーフェクト 7-0 レアル・ヴァジャドリッド at サンティアゴ・ベルナベウ

レアル・サンマリノの得点:9分ジュリオ・セサール・バティスタ "野獣"、31分&39分pラウール・ゴンサレス・ブランコ、33分スーペル・ロッベン、44分&61分ホセ・マリア・グティエレス・エルナンデス "グティ"、80分ロイストン "リッキー" ドレンテ

ラモン・カルデロン・ラモス会長
「今夜、我々は精巧な機械のごとくプレーするレアル・サンマリノを目の当たりにしました。とても誇り高い気分です。唯一の心配事と言ったらホビーニョの怪我の具合でしょう。その他は全てがパーフェクトでした。ゴールも、そこへ至る過程もあらゆる面で欠点がありません。これこそ我々が待ち望んでいたチームと言えるでしょう。負傷者続出という苦しい事情にも拘らず、これだけの試合が出来るのは、このチームの戦力が真の実力を持つ者だけで構成されていることを証明しています。全員で守り、全員で攻め、常に互いを助け合っています。これは本当に美しい姿です。しかし本当に喜ぶのはシーズンが終わった時です。この結果に浮かれることなく目の前の試合を1つ1つ大事にこなして行くことが重要だと強く思います」

ベルント・シュスター・コーチ
「改善の余地はあるかって?そりゃあるぞ、今日ここで起用されなかった選手たちには頑張ってもらわなきゃいかんな (笑)。この試合から掴んだ最も大きな収穫はゴール数ではなく、チームが苦境に陥っている時にこういう答えを出せたという部分だ。とても素晴らしいキャラクターを示してくれたと喜んでいる。その代表格がグティだ。彼のパフォーマンスがレアル・サンマリノのスピリットを物語っていたんだよ」

アルイェン・ロッベン選手
「チームが出した結果にも、自分の内容にも大満足だ。ようやくゴールを決めることが出来たし、90分間フルに戦えた。どちらが嬉しいかといえば、フル出場の方かな。ただここで浮かれている場合じゃないんだ。ローマはこんな風に行く相手じゃない。しかもその前にベティスと戦わなきゃならない。この試合は早く忘れる必要がある。ゴールを捧げる相手?カミさんが誕生日なんで、彼女にあげるよ。大変な時を支えてくれたのは彼女だもの」

マルセロ・ジュニオール・ヴィエイラ・ダ・シウヴァ選手
「グティに‘レアル・サンマリノが7点もとった試合ってあるのか?’って訊いたら、2004年の同じカードだって言うじゃない。そりゃ傑作だったな。サンティアゴ・ベルナベウでプレーするからにはグティやラウールが活躍する楽しいショーをファンに見せたいと願っていたんだ。それだけでなく、レアル・サンマリノが1つのファミリーだってことも示せて凄く満足している。カーサはだいたい問題ないんで、これからはフエラで結果を出せるようにしたいね」

ジュリオ・セサール・バティスタ "野獣"選手
「勝つとは思ていたけど、このスコアを予想するのは無理だよ。これだけ決められたのは速いリズムをキープできたからだと思う。前半はほとんどノーミスだったことに加えてパワーで押し切れた。ああいうパフォーマンスが出来たら勝つのは簡単だよ。相手が幾ら抵抗してもレアル・サンマリノが今日のようなプレーをしたらノーチャンスなんだ。もちろんいつもこんな風に行くとは限らないとはいえ、少なくとも強さは少しも落ちていないのは確認できた。タイトルレース?まだ決着なんかついてない。周りはついたと思っているかもしれないが、何が起きるかわからないのがリーグの難しさだよ。この試合は余りにも特殊すぎるから基準にはならないよね」

ホセ・ルイス・メンディリバル・エチェベリア・コーチ
「レアル・サンマリノはスペースがあろうがなかろうが関係なく、そこを突破して行く力を持ったチームです。スコアがどうなっていたとしても、勝ったのは彼らだったでしょう。勝つ方法を知っているチームは揺るぎないです。とりわけカウンターをされたら手も足も出ません。この試合を冷静に語るのは難しいですが、レアル・サンマリノとレアル・ヴァジャドリッドを比較すると何光年もの隔たりがあったいうことでしょう。彼らは優勝するかですって?さぁ、リーグは長いですから何とも言えませんね」

マーヴェラス
GK1:イケル・カシージャス・フェルナンデス
DF2:ミゲル・アンヘル "ミチェル" サルガド・フェルナンデス
DF5:ファビオ・カンナヴァーロ
DF4:セルヒオ・ラモス・ガルシア (58分-6:マハマドゥ・ディアラ)
DF12:マルセロ・ジュニオール・ヴィエイラ・ダ・シウヴァ
MF14:巨匠
MF19:ジュリオ・セサール・バティスタ "野獣"
MF8:フェルナンド・ルベン・ガゴ (75分-9:ロベルト・ソルダード・リージョ)
MF11:アルイェン・ロッベン
MF10:ホブソン・デ・ソウザ "ホビーニョ" (15分-15:ロイストン "リッキー" ドレンテ)
FW7:ラウール・ゴンサレス・ブランコ

レアル・ヴァジャドリッド
GK26:セルヒオ・アセンホ・アンドレス
DF16:ペドロ・ロペス・ムニョス
DF15:ラファエル・ロペス・ゴメス "ラファ"
DF5:ホセ・アントニオ・ガルシア・カルヴォ
DF3:アルベルト・マルコス・レイ
MF20:アンヘル・マヌエル・ヴィヴァル・ドラド
MF18:アルヴァロ・ルビオ・ロブレス
MF11:ホセ・ルイス・サンチェス・カプデヴィラ (59分-10:オスカル・サンチェス・フエンテス)
MF7:シシニオ・ゴンサレス・マルティネス "シシ" (72分-19:ジョナサン・セスマ・ゴンサレス)
MF21:ヴィクトル・マヌエル・フェルナンデス・グティエレス (46分-6:ボルハ・フェルナンデス復讐)
FW9:ホセバ・ジョレンテ・エチャリ

アルビトロ:ラファエル・ラミレス・ドミンゲス

今日はベテランの審判にしてみました by コッリーナ

セリエA第22週:カタニア 0-2 インテル at アンジェロ・マッシミーノ

インテルの得点:64分エステバン・マティアス・カンピアッソ・デラウ、67分オスカル・ダヴィド・スアソ・ヴェラスケス

シルヴィオ・バルディーニ・コーチ
「判定については、もう黙っていよう。きっとミスなんだろうがな。それを言いはじめたら毎週のように大討論会になってしまう」

ロベルト・マンチーニ・コーチ
「カンビアッソがオフサイドだったかどうかなんて実際のところは判定できんだろう。審判はよくやっていたと思うよ」

カタニア
GK16:チロ・ポリト
DF2:ジェンナーロ・サルド (74分-22:パブロ・セバスティアン・アルヴァレス)
DF21:クリスティアン・シルヴェストリ
DF6:ロレンツォ・ストヴィーニ
DF7:ファン・マヌエル・ヴァルガス
MF17:ダヴィデ・バイオッコ
MF8:マルク・エドゥセイ "ブタまん"
MF13:マリアノ・フリオ・イスコ
FW9:ジュゼッペ・コルッチ (67分-25:ホルヘ・アンドレス・マルティネス・バリオス)
FW24:ジョナサ・スピネージ
FW10:ジュゼッペ・マスカラ (83分-11:ジョアン・バティスタ・イナキオ "ピア")

インテル
GK12:ジュリオ・セサール・ソアレス・デ・エスピンドーラ
DF16:ニコラス・アンドレス・ブルディッソ
DF2:イヴァン・ラミロ・コルドバ・セプルヴェーナ
DF23:マルコ・マテラッツィ
DF6:シェレル・アンドラージ・マックスウェル
MF4:ハヴィエル・アデルマル・サネッティ
MF26:クリスティアン・ユーゲン・チヴー (55分-29:オスカル・ダヴィド・スアソ・ヴェラスケス)
MF19:エステバン・マティアス・カンピアッソ・デラウ
MF11:ルイス・アントニオ・ヒメネス・ガルセス (26分-30:ヴィクトル・ウーゴ・ゴメス・パソス "ペレ")
FW8:ズラタン・イブラヒモヴィッチ "ズラ" (67分-28:ヌーノ・ヒカルド・デ・オリヴェイラ・リベイロ "マニーチェ")
FW9:フリオ・リカルド・クルス

アルビトロ:ステファノ・ファリーナ

デルビー・ホアキン

リーガ・エスパニョーラ1第23週:ヴァレンシア 3-1 レアル・セグンダ・ベティス・バロンピエ at メスタージャ

ヴァレンシアの得点:16分&88分ダヴィド・ヴィジャ・サンチェス、28分ダヴィド・ヘスス・ヒメネス・シルヴァ
セグンダ・ベティスの得点:47分ルイス・エドゥアルド・シュミット "エドゥ"

ヴァレンシア
GK13:ティモ・ヒルデブラント
DF12:マルコ・アントニオ・シモエス・カネイラ
DF4:ラウール・アルビオル・トルタハダ
DF15:イヴァン・エルゲラ・ブヒア
DF24:エミリアーノ・モレッティ
MF5:カルロス・マルチェナ・ロペス
MF21:ダヴィド・ヘスス・ヒメネス・シルヴァ (79分-19:アンヘル・ハヴィエル・アリスメンディ・デ・ルーカス)
MF3:エトヴィヘス・マドゥロ (60分-11:エヴェル・マキシミリアーノ・ダヴ・バネガ)
MF17:ホアキン・サンチェス・ロドリゲス
MF16:ファン・マヌエル・マタ・ガルシア (72分-2:スティーヴン "サニー" サンデイ)
FW7:ダヴィド・ヴィジャ・サンチェス

レアル・セグンダ・ベティス・バロンピエ
GK1:ヒカルド・アレシャンドレ・マルティンス・ソアレス・ペレイラ
DF12:ダミア・アベジャ・ペレス
DF26:アレックス・オルティス
DF4:ファン・グティエレス・モレノ "ファニート"
DF3:フェルナンド・ヴェガ・トーレス (66分-17:マルコ・バビッチ)
MF8:アルトゥーロ・ガルシア・ムニョス "アルス"
MF18:アルベルト・リヴェラ・ピサーロ
MF19:フランシスコ・ハヴィエル・ムニョス・ジョンパルト "シスコ" (46分-25:ハファエウ・アウグスト・ソビス・ド・ナシメント)
MF24:ホセ・マリ・ロメロ・ガルシア・ポジョン "ホセ・マリ" (46分-7:ファン・パブロ・カッファ)
MF14:ヘスス・カピタン・プラダ "カピ"
MF10:ルイス・エドゥアルド・シュミット "エドゥ"

アルビトロ:アルトゥーロ・ダウデン・イバニェス

不思議な現象

そういえばアマウリのアの字も出てこないのは、おかしくないですか?と突っ込まれたモラッティ会長は「我々には必要ないので」と、イヤに分別臭いセリフを口にしていた模様。

マッシモ・モラッティ会長
「確かにアマウリは非常に優れたタレントだと思うよ。しかし今のインテルには豊富な攻撃陣がいてね、とくに必要じゃないんだよ」

それは言わないで欲しい

イタリア人選手を穫る計画はあるのか?と質問されたモラッティ会長は「私だって気にしてるんだから放っといてくれ」と逃げて行った模様。

ホントにそうしたいところだ

アドリアーノ選手をアクィラーニ選手との交換でローマへ行かせるという報道についてモラッティ会長は「根拠のない話を、さも本当のように書かんでくれ」と文句を言ってる模様。

ルチアーノ・スパレッティ・コーチ
「偉大なフットボーラーになる素質はあるが、今はコンスタントな出番をあげることが出来ないんだ。ここをどう打開するかが彼の課題なんだろう。しかし他でやりたいというのであれば仕方がないね。私は心からローマのために戦いたい選手たちだけで仕事をしたいんだ」

突撃命令

インテルの現場はシャルケのラキティッチ選手を希望しているそうで、モラッティ会長は交渉にゴーサインを出した模様。

デルビー・ディタリア

攻撃陣は潤沢なのでアマウリは要らんと断言したモラッティ会長ですが、アグエロ選手についてはユーヴェと壮絶な戦いを繰り広げる覚悟だそうです。やっぱり見栄えのするタレントには出向くんですね。

2匹目のなんとか

インテルはヴィアレッジオ・カップにてサヴィオに所属するボリス・オドヴォンというナイジェリア生まれローマ育ちのストライカーに目をつけたそうで、2匹目のマリオとして穫りに行く模様。なお、この選手にはスパーズも興味を示しているそうです。

スカウトの勝利

パト v マリオなる図式がお好きなメディアに対して「そんなことしたらミランが気の毒じゃないか。いったい幾ら金かけて穫ってると思うんだ」と顔をほころばせながら語るマッシモ・モラッティであった。

玉砕覚悟

ストライカー・クライシスのカルロは「もう20分でいいから、その間に頼む」と今夜の試合でデブを先発で使う模様。また中途半端に似せたユーヴェは、立ち上がりの20分は総出で守った方がいい。

出たよ

レアル・サンマリノがですね、遂にベルバトフ選手へ乗り出すそうです。そして、ますます身の危険を感じたスパーズは、チェルスキーとダヴィド・ヴィジャ選手を争う模様。

ダヴィド・ヴィジャ・サンチェス選手
「もしスペインから離れてプレーするとしたら、プレミアシップが最高の職場だと思ってる」

ミゲル・アンヘル・ルイス・スポーツダイレクター
「適正価格でのオフォーが来ましたら、我々ヴァレンシアは検討を行うでしょう。イングランドの通貨に換算したら、およそ2500万ポンドでしょうかね」

安い

FIFAの出したアンドリュー・ウェブスター裁定により、最上級のタレントがバーゲン価格で移籍できる事態に陥りそうなフットボール界ですが、その裁定をランパード選手に適用すると、たったの700万ユーロでバルセレソンへ行けるんですって、奥さん。

誰だっけ?

今日はカイセードを起用しないのか?と突っ込まれた紳士は「まだチームメイトの顔と名前も憶えていませんから」と答えた模様。

スヴェン・ヨラン・エリクション・コーチ
「たった2回のトレーニングを経ただけの19歳の選手をオールドトラッフォードでのダービーマッチに起用したなら、どういう悲惨な結果が待っているかは容易に想像できます。しかも、まだチームメイトの顔と名前も一致しない状況ですしね」

あげない

今日のダービーマッチでは50年前のユニホームでプレーするユナイテッドですが、クリスティアーノ・ホナウド選手は誰ともシャツの交換はしないと言い張っている模様。

クリスティアーノ・ホナウド・ドス・サントス・アヴェイロ選手
「普段は気前よく交換するんだけど、大事なところじゃしないんだ。僕の家にはFAカップに勝った時とハトットリックした時のシャツが飾ってある。だからこのシャツも絶対に交換しないよ。他にもシューズとか試合で使ったボールとか色々あるんだけど、間違いなくこれがメインアイテムになるだろうな」

ありがとうポンペイ

シティの面々はベンジャニ選手の能力に感銘を受けており「こんな選手を手放すなんて気が狂ったかポンペイ」と大変に感謝している模様。

スティーヴン・アイルランド選手
「彼にボールを渡したら確実にキープしてくれる。僕らは中盤は安心して預けられるよ。速さも強さも申し分ないし、お互いこの移籍はよかったなって感じている。凄い戦力アップだ」

金がない

賃金未払いが続くレヴァンテの面々は、今週と来週の試合には応じる意向ですが、それまでに解決されなかったら実力行使に出るとクラブに通告している模様。

怒りは心頭中

まだヤクブ選手に怒り狂っているというモイス・コーチは、UEFAカップからも干す考えがある模様。

デイヴィッド・モイス・コーチ
「ヤクブの処遇については後ほど決めたいと思います。現状では、変化なしといったところでしょうか」

突っ込みどころが色々と

ラファさんはクラウチ選手に、こんなこと言ってるそうです。

ラファエル "ラファ" ベニテス・マウデス・コーチ
「どうしても出番が欲しいというのであれば他のクラブへ行くことも1つの選択肢だろう。しかし、その場合はタイトル争いやチャンピオンズリーグを諦めることになるんだ。ここではあまりリーグ戦での起用は多くないかもしれんが、年間通したら他のクラブで出場する試合数とはそれほど変わらんと思うぞ」

ご延長 (1)

予想外の好成績に喜んじゃってるアルメリアは、ウナイ・エメリ・コーチに4年契約、年俸150万ユーロの新契約をオファー。

ご延長 (2)

レアル・サンマリノ・カスティージャは、ホセ&ファン・マヌエルのカジェホン・ブラザースとの契約を2010年まで延長した模様。

飼い殺し

ウクライナやロシアの方から話が来ているというケルツァコフ選手ですが、セヴィージャには放出の考えがない模様。

復帰

怪我で離脱中だったテリー選手はチェルスキーの通常トレーニングに参加しはじめた模様。

手術

メッツェルダ選手を徹底的に検査したレアル・サンマリノは、やはり手術が必要だと判断し、週明けにも行う模様。

返却

バーミンガムは負傷により復帰の目処が立たないボルハ・オウビニャ選手を本籍のセルタへ戻した模様。

否定

パレルモからリーノ・フォスキ氏を引き抜くと報じられた件でトリノのカイロ会長は「検討したこともないし、まったくのネタだ」と逃げ回っている模様。

どうかひとつ

ロボは「200万ポンドでマーティンを買い取らせてください」とボスに頭を下げている模様。

視察中 (1)

コンディションが安定しないトッティさんのバックアップを求めているローマは、サンテ・ティエンヌのバフェティンビ・ゴミス選手をチェックしている模様。

視察中 (2)

チェルニー選手はあくまでも間に合わせで、ロビンソンさんは既にノーチャンスというスパーズですが、ファンデは来季からのナンバーワンとしてウディネーゼのハンダノヴィッチ選手を熱心にチェック中。

視察中 (3)

サラゴサ、セグンダ・ベティス、ヘタフェらがモナコMFカメル・メリアン選手に興味を示している模様。

視察中 (4)

ハマーズとローヴァーズがPSVを辞めたがっているジェフェルソン・ファルファン選手を視察中。

Copyright © 1997-2008 0-0 <empate>. All Rights Reserved.
Apple, the Apple logo, and Mac are trademarks of Apple Computer, Inc., registered in the U.S. and other countries.
The Made on a Mac Badge is a trademark of Apple Computer, Inc., used with permission.