Information
Archives
ダブル・ノックアウト

ネーションズカップではグループリーグ敗退という屈辱を味わったアンリ・ミシェル・コーチが、モロッコ協会からクビを言い渡された模様。

兄弟真っ二つ

フェイエノールトでプレーしているカナダ人MFジョナサン・デ・グツマン選手がオランダ国籍を取得したそうで、代表チームもオランダを希望。ちなみにデポルティヴォにいる兄はカナダ代表でプレー。

ジョナサン・デ・グツマン選手
「僕がいくら希望してもフォッペ・デ・ハーンやマルコ・ファン・バステンが認めてくれなきゃしょうがない話だ。でも準備は常にしているから、いつでも呼んで欲しい。それが今だったら最高だよ。この国には8年もいるからスッカリこっちの人間って感じがするんだ」

戦力外

ロコモティフ・モスクワがセルティックで戦力外となっているデレク・リオーダン選手に対するオファーを用意。なお、リオーダン選手は過去にもロコモティフからオファーをもらったことがあり、その時は「行きたくない」と断っていた模様。

こういう男ですから

<イタリアメディアへの対応>
クリスティアーノ・ホナウド・ドス・サントス・アヴェイロ選手
「ユナイテッドでは凄く楽しくやっている。向こうの暮らしは申し分ない。でもセリエAに魅かれないと言ったら嘘になるね」

<ポルトガルメディアへの対応>
クリスティアーノ・ホナウド・ドス・サントス・アヴェイロ選手
「いつかはポルトガルへ戻ってプレーしたいし、セリエAにも興味がある。けど、その前に何がなんでもリーガ・エスパニョーラだね。今はあの国でプレーしてみたいって感じているんだよ」

小さな前進

クーマン・コーチに追放されていたアングロ選手が、Bチームとのトレーニングマッチへ出場した模様。

ご成約

ボロカッスルとミドルスブラが争っていたブラッドフォードGKサム・フィラー選手は、大幅に金額を上げたミドルスブラがゲットした模様。数字については非公開。

参戦

しばらく音沙汰のなかったミゲウ・ヴェローゾ・ネタですが、どうやらフィオレンティーナも参戦する模様。

パウロ・バルボサ代理人
「フィオレンティーナが関心を持ってるみたいですね。私のところへも連絡が来ました。それが具体的な交渉へ発展するかは現段階ではハッキリしません。話し合いを始めるとなったら夏の移籍は起きるでしょう」

不評でした

レアル・サンマリノの来季のキットは、生っぽい紫のラインがイヤだというお客様の声を反映させ、黒いラインに変更する模様。また首周りにも襟がつくそうです。そして最大の目玉は、シャツの襟にスペイン国旗が入るんですって。ちなみに2ndはダークブルーから以前の黒に変更。

爺ちゃんに新しい契約をやれ

代表の試合でハムストリングを傷めたフェルナンド・トーレス選手は、チェルスキー戦には出られないんですって。

ラファエル "ラファ" ベニテス・マウデス・コーチ
「ドクターとも話をする必要があるけど、チェルスキー戦はほとんど無理だろう。この手の怪我では少なくとも1週間はかかるんでね」

追い討ち

さらに代表の試合でUSAへ行っているマスチェラーノ選手が戻って来るのは金曜になっちゃうんですって。

ラファエル "ラファ" ベニテス・マウデス・コーチ
「まさにフレンドリーとは名ばかりの仕打ちだ。このスケジュールでどこまで回復してくれるのか様子を見ないといけないだろう」

ご延長

複数のビッグクラブが動き出したという噂で身の危険を感じたインテルは、バロテッリ選手に2013年までの契約と大幅な昇給をオファーする模様。

辞めた

選手の起用をめぐってヴァスコのミランダ会長と喧嘩しちゃったホマーリオさんが「出てっやるわ」と捨て台詞を残してクラブを去った模様。

USA行き

バイエルンはゼ・ホベルト選手との契約を更新する意志がないようで、本人は2009年以降のMLS行きを検討中。

ジョゼ・ホベルト・ダ・シウヴァ "ゼ・ホベルト"選手
「僕とバイエルンとは2009年までの関係だ。いたいとも思わないしね。ヨーロッパじゃ十分にやったから次はUSAとか行ってみようと思う。そういう話も無いわけじゃないし」

誰も言ってないって

俳優やモデルもやってみたらどうか?と周囲から突っ込まれているクリスティアーノ・ホナウド選手が「僕はブラッド・ピットじゃないんでねぇ」などと口走っている模様。

クリスティアーノ・ホナウド・ドス・サントス・アヴェイロ選手
「僕の職業はフットボーラーであって俳優じゃない。チームメイトはドレッシングルームでの準備が長すぎるってからかうんだけど、スタイルを気にするのも僕の個性の1部なんだよ。だからってブラッド・ピットみたいになりたいとは思ってないんだ。そんなの全然興味がないよ」

インターセプト

レッチェとヴチニッチ選手のパスの買い取りについて話し合っているローマですが、ユナイテッドが割って入って来ている模様。

ストライカー募集

いくら今の戦い方がウマく行ってても、ストライカーが足りないのは明らかなので、ローマはジラルディーノ選手やフンテラール選手を補強ターゲットにしている模様。ちなみにフンテラール選手にはチェルスキーも検討中。

トライアル

オリンピアコスから解雇されたアイヴォリー・コースト代表MFマルコ・ネー選手がバルセレソンBでテストを受けている模様。

引退

ボロカッスルとの契約を終えてブラブラしていたパヴェル・スルニチェク選手が現役引退を表明。

では我々が

アーセナルに不満を持っているジウベルト・シウヴァ選手には、ヴィエラ選手のバックアップとしてインテルが興味を示している模様。

才能の浪費

ストライカーの若返りを検討しているインテルは、ベッペ・ロッシ選手を1400万ユーロで穫りに行く模様。

ジュゼッペ・ロッシ選手
「ヴィジャレアルには何の不満も無いけど、ビッグクラブからの話だったらイタリア帰国も考えたっていい」

オファーお待ちしております

ユナイテッドはルイ・サハ選手を多くのクラブへ売り込んでいる模様。

余裕なし

インタートトへの登録について質問されたジェノアのプレツィオージ会長は「セリエAへ残留できたわけでもないのに、そんなことは考えられない」と答えた模様。

カウントダウン

ロボを呼びつけたシェフィールド・ユナイテッドは「ウチのニックネームは刃物だ。あと2試合で切れ味抜群のが飛んで行くぞ」と告げた模様。

アフリカのスケールは凄い

カメルーンと戦うガーナの宿舎に綺麗な若い女性を連れたご老人が現れ、アゴゴ選手に向かって「勝ったらこの娘を持っていきんしゃい」と口走った模様。ちなみに、その綺麗な若い女性は孫娘だそうです。

アホか

見境もなにもないリーガプールは、ジョー・コールなどという名前を持ち出した模様。

後任

ルカレッリ選手を放出したシャフタールは、セヴィージャのケルツァコフ選手に興味を示している模様。

戦術がない

ハマーズのフォベール選手が「ここじゃ戦術練習なんか殆どない」とボヤいている模様。

ジュリアン・フォベール選手
「戦術練習なんか2回ぐらいじゃないのかな。普段はゲームをやってる。スペースの無い所で皆で蹴り合ってるだけだよ」

喧嘩しません

ヴァレンシア時代はラファさんと険悪だったピタルチ氏には、コーチ殺しというイヤなレッテルが貼られている模様。

ヘスス・ガルシア・ピタルチ・スポーツダイレクター
「ラファ・ベニテスと仲が悪かったことは否定しません。事実ですから。しかしハヴィエル・アギーレ・コーチとは何の問題も起きていません。まったく良好です」

辞めたい

セグンダ・ベティスから出たがっているハファエウ・ソビス選手には、ロシアやゲルマンからオファーが来ている模様。

ハファエウ・アウグスト・ソビス・ド・ナシメント選手
「ブラジウへ帰ることは一切考えていない。これまではスパルタク・モスクワが一番いい話を持って来た。ただゲルマンからも問い合わせが来ているんだ」

帰還

ヘタフェのパブロ・エルナンデス選手が来季からヴァレンシアへ復帰する模様。待遇も新規の6年契約を手渡されるそうです。

オファー (1)

マジョルカは来季の戦力としてエスパニョールのコロさんを検討中。

オファー (2)

バーミンガムはベジクタシュとの契約を打ち切ったラミネ・ディアッタ選手に契約をオファー。

オファー (3)

キーパーを物色しているスパーズのダミアン・コモリ・ダイレクターは、ウディネーゼのサミール・ハンダノヴィッチ選手をチェック中。

引退しろ

アラン・シアラー氏がベッキーに「自分から引退するって言え」と進言している模様。

アラン・シアラー氏
「私がベッカムだったらカペッロに電話して‘100キャップが欲しいので残り10分か5分で構わないから起用してください。そしたら代表を去ります’って言うだろう。ベントリーやアーロン・レノンのような新しい選手が出て来たんなら身を引いてあげるべきだ。もちろん7〜8年前のベッカムだったら彼らより遥かに素晴らしいだろう。でも時間は残酷なんだよ」

完売御礼

ボロカッスルのシーズンチケットは3000枚ほど売れ残っていたそうですが、キーガン・コーチが来てから全て売り切れた模様。

ロイ・キーン激怒

リアム・ミラー選手がブラジウ戦で脹ら脛を傷めて3週間ほど離脱。

ローン (1)

ローヴァーズGKアンドレアス・アレスティドゥ選手が1ヶ月ローンでランカスター・シティへ出向。

ローン (2)

ハインツ・メラー選手が怪我で今季絶望となったバーンズリーは、アストン・ヴィラにセレンセン選手の緊急ローンを申し込んでいる模様。

ローン (3)

ローン先のアルメリアから要らないと言われてしまったバイエルンMFフリオ・ドス・サントス選手はグレミオへ鞍替えした模様。

ローン (4)

FCチューリッヒがアーセナルにヨハン・ジュル選手のローンを申し込んでいる模様。

ローン (5)

ポンペイFWニュージェント選手のもとに古巣プレストンからオファーの打診が来ている模様。

ローン (6)

オウルズがフルアムにデイヴィッド・ヒーリー選手のローンを申し込む模様。

ローン (7)

オニール・コーチは、まだトップで起用する状態でないムスタファ・サリフ選手をローンで調整させることを検討中。

ローン (8)

レスターはヴィラMFイザヤ・オズボーン選手のローンを検討中。

ご就任

ルートンから解雇されたケヴィン・ブラックウェル氏がコンサルタントとしてパリ・サンジェルマンと契約。

いかにもありそうな話

代表チームのあまりのダメっぷりに戦犯になりたくないから仮病を申し出たと報じられたピエナール選手は「ホントに怪我だ!」と主張。

スティーヴン・ピエナール選手
「冗談じゃないよ、なに言ってんだ。ホントに怪我してんだよ。バカにしやがって。僕だって怪我さえなけりゃ代表のために戦いたかったよ。そんなの決まってんじゃん」

人でなしぃ〜

ローヴァーズ v エヴァートン戦を担当したアラン・ワイリー主審は、以下の理由で厳重注意となり、今週末はチェルスキー v リーガプール戦の第4審判をやらされる模様。罰したいなら、むしろその試合の主審をやらせろ。

(1) デイヴィッド・ダンが故意のハンドを犯したのに2枚目のイエローカードを出さなかった。
(2) ジュラブ・キザニシュヴィリがAJを倒したプレーはペナルティキックに相当するのに何の判定もしなかった。

ドッ、ドボロ〜

ローヴァーズ v エヴァートン戦を担当したグレン・ターナ副審は、以下の理由で厳重注意となり、今週末は試合からも外された模様。

86分にAJが決めたゴールをオフサイドと判定したが、実際にはオンサイドにローヴァーズ選手が3人も残っていた。

憎めない男

ポンペイのストーリーCEOが、どうしてベンジャニの交渉が遅れたのか理由を明かしまして、やっぱり予想通りの内容でした。

ピーター・ストーリーCEO
「なんと言いましょうか、実に彼らしい理由でございまして。だからこそ心から愛される男と言えるんですが。ベンジャニはですね、空港で寝入ってしまって飛行機を2本逃しました。まずこの時点で我々の想像を遥かに越える事態です。それから慌てて搭乗しようとしたんですが、7時の飛行機が欠航となり、そして次の飛行機は遅れるという、これまた予想外の展開が続きました。一言で表現すれば‘なんだそりゃ’ということです」

隠居じゃ

カルロ・マッツォーネ・コーチがコーチ業からの引退を表明。

カルロ・マッツォーネ・コーチ
「ベンチへ戻りたかったら、とっくにどこかの仕事を受けとったろう。まだ出来るとは思うが、なにしろ71なんでな、いい加減にしろって家族から言われる前に辞めることにした。まぁ、隠居生活もそれほど悪かないぞ」

爺ちゃん仕事

ラファさんが最も恐れているのは、自分の知らないところで選手が怪我をすることですが、スペイン v フランス戦では9番がハムストリングを傷めてダウンした模様。

テレビの都合

セリエA第25週は2/27水曜日に一斉開催の予定でしたが、全ての試合がナイトマッチになった関係で、トリノダービーが前日の26日へ前倒しされた模様。理由は視聴率が分散するのを嫌ったテレビ局の都合。

視察中

ユーヴェはヨハン・エルマンデル選手をチェックするためルートコとのAマッチにスタッフを送り込んだ模様。

奉仕活動

出っ歯を心配しているというジュリオ・セサール選手が「インテルへ来いよ」と慈愛の心でいっぱいですね、この人は。

ジュリオ・セサール・ソアレス・デ・エスピンドーラ選手
「出っ歯は終わったなんてホザいてるのはフットボールのフの字も知らないド素人だ。もし今いる場所であまりハッピーじゃないなら、僕からこう言わせてもらおう。‘インテルへ来いよ。そしたらまた幸せになれる’ってね」

ビジョンだ

今後の契約に関してロッキ選手は「クラブが描くビジョン次第だ」と答えた模様。

トンマソ・ロッキ選手
「もしタイトルとかが欲しいなら、とっくにラツィオなんか見限ってたさ。でもそういう気持ちはない。たとえスクデットやヨーロッパへの出場権がノーチャンスであろうともラツィオでプレーしたいんだ。そうはいっても無条件でいつまでもいてやれるわけじゃない。今後このクラブをどこへ向かわせようとしているのか、お偉い人たちの意見を訊きたい」

現役続行

ネドヴェド選手は来季のチャンピオンズリーグ出場権を獲得したら、ユーヴェとの契約更新に応じる意向。

自分がターゲット

パレルモで移籍関係を一手に取り扱うリーノ・フォスキ・ダイレクターにはトリノへのヘッドハンティングという噂がある模様。

リーノ・フォスキ・スポーツダイレクター
「それはいかにもナンセンスだ。私はパレルモとの契約を尊重している。今の仕事を放り出してまで行きたいとは思わん」

ご延長

リーヴェルはウディネーゼから借りているアレックス・サンチェス選手のローン期間延長を希望。

それは無理

ローマ・プリマヴェーラ出身のダニエレ・ジャッロッパ選手は、やっぱりローマでプレーしたいそうですが、それは単なる夢だと覚悟している模様。

ダニエレ・ジャッロッパ選手
「僕の希望は常に出場機会のあるクラブに所属するってことだった。この考えは今も変わらない。ローマへは戻りたいけど、あの中盤の面子からポジションを奪うのは相当に難しいと言うしかない」

離脱

ベンフィカFWヌーノ・ゴメス選手が太腿肉離れにより約4週間の離脱。

身の危険

ボッリエッロ選手にミラン復帰の話があり、フィゲロア選手のフィットネスがちっとも改善されないという悩みを抱えているジェノアは、サラゴサのミリト選手の補強を検討中。

復帰 (1)

怪我で離脱していたトレセゲ選手とブッフォン選手が通常のトレーニングへ合流。

復帰 (2)

ジェノアは共同所有でまた中途半端に似せたユーヴェに行かせたフェルナンド・マルティン・フォレスティエーリ選手の復帰を検討中。

エンリコ・プレツィオージ会長
「もちろん復帰させるオプションはある。我々がそうだと決めればそれでいいわけだ。ただ先方ともよく話し合わないといかん。わざわざ関係を悪くさせる方法をとることもない」

保留

試合に集中したいマクリーシュ・コーチは、今季で契約の切れるナフティ選手とテイラー選手の契約更新の話し合いをシーズン終了まで止めた模様。

登録 (1)

最近パフォーマンスが落ちて来たローヴァーズは、保険としてインタートトへ登録した模様。

ジョン・ウィリアムス会長
「昨シーズンもインタートトからUEFAカップへ行きましたから、利用できるものは利用したいです。しかし出来ることならリーグ戦の成績で出場権を獲得したいと希望しています」

登録 (2)

国内リーグの順位がよろしくないセヴィージャは、保険としてインタートトへ登録した模様。

こりゃダメだ

エンゾグビア選手がスパーズ噂を嬉々として口にするので、キーガン・コーチは「そろそろ出て行く気だ」と覚悟している模様。

ケヴィン・キーガン・コーチ
「だって興味がなかったら口にもしないだろ?話すってことは行きたがってるって兆候なんだ。シーズンが終わったら話をしなきゃいかんだろう」

Aマッチ

グルジア 1-3 ラトヴィア
グルジアの得点:46分カハベール "カッハ" カラーゼ
ラトヴィアの得点:6分ギルツ・カルルソン、16分イゴール・ステファノフス、34分ヴィターリ・アスタフィエフ

モルドヴァ 1-0 カザフスタン

キプロス 1-1 ウクライナ
キプロスの得点:19分pエフスタシオス・アロネフティス
ウクライナの得点:70分アルテム・ミレヴスキ

F.Y.R.マケドニア 1-1 セルビア
マケドニアの得点:58分ニコルチェ・ノヴェスキ
セルビアの得点:43分ダンコ・ラゾヴィッチ

アイスランド 2-0 アルメニア

スロヴァキア 1-1 ハンガリー
スロヴァキアの得点:64分スタニスラフ・セシュタク
ハンガリーの得点:54分ゾルタン・ゲラ

ルートコ 0-0 スウェーデン

イスラエル 1-0 ルーマニア
イスラエルの得点:25分オメル・ゴラン
赤紙:22分オヴィデュ・ペトレ (ルーマニア)

マルタ 0-1 ベラルーシ
ベラルーシの得点:89分マクシム・ロマシュチェンコ

スロヴェニア 1-2 デンマーク

ギリシャ 2-1 スオミ
ギリシャの得点:67分アンジェロス・ハリステアス、72分コスタス・カツォラニス
スオミの得点:66分ヤリ・リトマネン

クロアチア 0-3 オランダ
オランダの得点:9分ジョニー・ハイティンハ、36分クラース=イャン・フンテラール、89分ヤン・フェネホール・オフ・ヘッセリンク

スラヴェン・ビリッチ・コーチ
「スプリトで勝てないっていうのは迷信だよ。これからもここで試合をするだろうし、いつかは勝てるだろう。今日はむしろオランダを褒めるべきだ。彼らは我々より好いチームで、勝つに値するパフォーマンスを見せた。こちらは簡単にボールを渡してしまっていたし、守備も甘かった。この敗戦から何が悪かったのかを見つける必要がある」

マルコ・ファン・バステン・コーチ
「フレンドリマッチだからといって適当にやっていい理由はない。だから今日は選手たちを大いに褒めたい。好いフットボールを行って勝つことが目的だったので、それを果たせて嬉しいよ」

クロアチア
GK1:スティッペ・プレティコサ
DF5:ヴェドラン・コルルカ
DF4:一個小鉢 (69分-13:ダリオ・クネゼヴィッチ)
DF2:ダリオ・シミッチ (46分-24:ダニエル・プランジッチ)
DF3:ヨシップ・シムニッチ
MF10:二個小鉢 (70分-16:イェルコ・レコ)
MF14:ルカ・モドリッチ
MF11:ダリオ・スルナ (86分-8:マルコ・バビッチ)
MF19:ニコ・クラニチャル (46分-18:イヴィツァ・オリッチ)
FW22:エドゥアルド・アデリーノ・ダ・シウヴァ (70分-7:イヴァン・ラトキッチ)
FW21:ムラデン・ペトリッチ

オランダ
GK1:エトヴィン・ファン・デル・サル
DF5:ティム・デ・クレール
DF4:ヨリス・マタイセン
DF3:ジョニー・ハイティンハ
DF2:マリオ・メルキオット (71分-15:ナイジェル・デ・ヨンク)
MF6:デミー・デ・ゼーヴ
MF10:ウェスリー・シュネイデル (84分-19:ヤン・フェネホール・オフ・ヘッセリンク)
MF8:ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルスト "ジオ"
MF7:ラファエル・ファン・デル・ファールト "ラフィ〜"
FW11:ライアン・バベル (55分-18:イブラヒム・アフェリー)
FW9:クラース=イャン・フンテラール (75分-14:ウルビー・エマヌエルソン)

チェコ 0-2 ポーランド
ポーランドの得点:6分ヴォイチェク・ロボジンスキ、28分マリウシュ・レヴァンドヴスキ

オーストリア 0-3 ゲルマン
ゲルマンの得点:53分トーマス・ヒツルスペルガ、63分ミロスラフ・クローゼ、80分マリオ・ゴメス・ガルシア

ヨアヒム・レーヴ・コーチ
「スコアこそ0-3ですが、内容はまったく異なっています。少なくとも前半を終えた時点で1点背負っていてもおかしくなかったですよ。今日はあらゆるポジションでミスが連発してヒドいもんでした。これでは先が思いやられます」

ゲルマン
GK1:イェンス・レーマン
DF16:フィリップ・ラーム
DF24:マヌエル・フリードリヒ (74分-34:ロベルト・ヒルベルト)
DF17:ペール・メルテサッカー
DF41:ヘイコ・ヴェステルマン
MF13:ミヒャエル・バラック (87分-38:サイモン・ロルフェス)
MF15:トーマス・ヒツルスペルガ (82分-39:ジャーメイン・ジョーンズ)
MF19:ベルント・シュナイダ (58分-20:ルーカス・ポドルスキ)
MF7:バシュティアン・シュヴァインシュタイガ
FW11:ミロスラフ・クローゼ
FW31:ケヴィン・クラニィ (58分-32:マリオ・ゴメス・ガルシア)

アイルランド 0-1 ブラジウ
ブラジウの得点:67分ホブソン・デ・ソウザ "ホビーニョ"

ドン・ギヴンス暫定コーチ
「ホームで負けたのは残念ですが、パフォーマンスはまずまずでした。怪我などで主力の数人がいない中、若い選手がチャンスを活かしてくれたと思います」

アイルランド
GK1:シェイ・ギヴン
DF4:ジョン・フランシス・オシェイ
DF2:スティーヴン・ケリー
DF5:リチャード・ダン
DF3:ケヴィン・キルベイン
MF6:リー・カーズリー
MF8:リアム・ミラー (46分-20:ダレン・ポッター)
MF7:エイダン・マクギディ
MF11:デイミアン・ダフ
FW9:ケヴィン・ドイル (72分-12:スティーヴン・ハント)
FW10:ロバート・キーン

ブラジウ
GK1:ジュリオ・セサール・ソアレス・デ・エスピンドーラ
DF2:レオナルド・ダ・シウヴァ・モウハ
DF4:アンデルソン・ルイス・ダ・シウヴァ "ルイゾン"
DF3:アレッサンドロ・ホドリゴ・ディアス・ダ・コスタ "アレックス"
DF6:ヒカルリソン・バルボサ.フェリスビーノ
MF8:ジウベルト・アパレシド・ダ・シウヴァ
MF5:ジョスエ・アヌンシアド・デ・オリヴェイラ (83分-18:ルーカス・ペッツィーニ・レイヴァ)
MF7:ジュリオ・セサール・バティスタ "野獣"
MF10:ヂェーゴ・リバス・ダ・クーニャ (78分-19:アンデルソン・ルイス・デ・アブレウ・オリヴェイラ)
FW11:ホブソン・デ・ソウザ "ホビーニョ"
FW9:ルイス・ファビアーノ・クレメンテ (84分-22:ハファエウ・アウグスト・ソビス・ド・ナシメント)

イタリア 3-1 ポルトガル
イタリアの得点:45分ルカ・トニ、51分ファビオ・カンナヴァーロ、80分ファビオ・クァリアレッラ
ポルトガルの得点:77分ヒカルド・アンドラーデ・クァレスマ・ベルナルド

ロベルト・ドナドーニ・コーチ
「フレンドリーマッチではパフォーマンスが降下する場合も考えられたので、ポルトガルの餌食になることも想像していた。しかしこのチームにはそんな心配など無用だと知ることが出来た」

ファビオ・カンナヴァーロ選手
「いやいや、トレーニングの成果だね。ナポリ人だってこのぐらいやれるって所を見せておかないとマズいじゃない。コーチの契約更新?彼は燃え尽きる危険のあったチームを見事にコントロールして、また新しいモチベーションをもたらしてくれた。選手たちはみんな100%信頼している。素晴らしい指揮官だよ。だから安心して働けるよう早く解決したらいいね。連盟もバカじゃないから、キッチリ考えていると思う」

ファビオ・クァリアレッラ選手
「代表のシャツを着てゴールを決める感覚はやった人間にしか分らないだろう。出るからにはウマくやらなきゃいけないって思っていたし、とにかくラッキーだったね」

ルイス・フェリペ・スコラーリ "フェリポン"コーチ
「イタリアは勝って当然という試合をやったんだろう。いかにもイタリアだって局面が幾つかあったが、さすがのクオリティと唸らせるものもあった。やはり豊富な経験と落ちないモチベーションの力は大したもんだ。いい勉強になったろう。彼らの守備はそう簡単には崩せん。チャンスだって通常よりもグッと減るんだ。だから決められる時は決めなきゃいかんのだ」

イタリア
GK14:マルコ・アメリア
DF22:マッシモ・オッド (81分-29:マルコ・カッセッティ)
DF5:ファビオ・カンナヴァーロ
DF6:アンドレア・バルツァーリ(53分-15:アレッサンドロ・ガンベリーニ)
DF19:ジャンルカ・ザムブロッタ (29分-3:ファビオ・グロッソ)
MF21:アンドレア・ピルロ
MF13:マッシモ・アンブロジーニ
MF10:ダニエレ・デ・ロッシ (53分-20:シモーネ・ペッロッタ)
FW17:ラファエレ・パッラディーノ (79分-27:ファビオ・クァリアレッラ)
FW9:ルカ・トニ (71分-12:マルコ・ボッリエッロ)
FW11:アントニオ・ディ・ナターレ

ポルトガル
GK1:ヒカルド・アレシャンドレ・マルティンス・ソアレス・ペレイラ
DF3:マルコ・アントニオ・シモエス・カネイラ (46分-2:パウロ・ヘナト・レボーショ・フェレイラ)
DF20:ブルーノ・エドゥアルド・ヘグフェ・アウヴェス
DF16:ヒカルド・アウベルト・シウヴェイラ・デ・カルヴァーリョ "リッキー"
DF31:ジョゼ・ボシングヴァ・ダ・シウヴァ (69分-35:ジョルジ・ミゲウ・デ・オリヴェイラ・ヒベイロ)
MF8:アルマンド・ゴンサウヴェス・ティシェイラ "プティ" (46分-5:フェルナンド・ジョゼ・シウヴァ・フレイタス・メイラ)
MF18:ヌーノ・ヒカルド・デ・オリヴェイラ・リベイロ "マニーチェ" (62分-25:ラウール・ジョゼ・トリンダーデ・メイレレス)
MF20:アンデルソン・ルイス・デ・ソウザ "デコ" (46分-32:ルイス・カルロス・アウメイダ・ダ・クーニャ "ナニ")
MF17:クリスティアーノ・ホナウド・ドス・サントス・アヴェイロ
MF27:ヒカルド・アンドラーデ・クァレスマ・ベルナルド
FW38:アリサ・マククラ (57分-26:ウーゴ・ミゲウ・ペレイラ・デ・アウメイダ)

北アイルランド 0-1 ブルガリア
ブルガリアの得点:38分マルティン・ペトロフ

ウェールズ 3-0 ノルウェー
ウェールズの得点:15分カール・フレッチャ、62分&89分ジェイソン・クーマス

ウェールズ
GK1:ウェイン・ヘネシー (46分-21:ルイス・プライス)
DF2:クリス・ガンター
DF5:クリス・モーガン
DF6:リューイン・ニャタンガ
DF3:サミュエル・リケッツ (59分-22:ニール・アードリー)
MF4:カール・フレッチャ
MF9:ジェイソン・クーマス
MF10:サイモン・デイヴィス (59分-15:クレイグ・デイヴィス)
MF11:ジョー・リドリー (46分-12:デイヴィッド・エドワーズ)
MF7:カール・ロビンソン (66分-17:アンドリュー・クロフツ)
FW8:フレディ "マグナム44" イーストウッド (59分-14:デイヴィッド・コッテリル)

イングランド 2-1 スイス
イングランドの得点:40分ジャーメイン・ジェナス、62分ショーン・ライト=フィリップス
スイスの得点:58分エレン・デルディヨク

ファビオカペッロ・コーチ
「しょうがないんだろうが、立ち上がりはみんな神経質で不安がっていた。どうしてもユーロの失敗が頭をよぎってしまうんだろう。しかもウェンヴリーって所は相手よりも我々にプレッシャーのかかるスタジアムだしな。しかし後半にjは沢山のチャンスを作ることが出来た。あいにく相手のキーパーが当たっていたので、チャンスの割りには得点が入らなかったがな。その代わり相手にもチャンスらしいチャンスは与えなかった。初戦にしたら合格点じゃないのか、改善点?そりゃいっぱいあるよ。あるんだが、目に余るミスはなかったし、相手が得点したのも彼らの最初のチャンスに過ぎなかった。心配された試合終盤の集中力の欠如もこれといってない。今日、私がどこを見たかというとだな、このウェンブリーの強いプレッシャーの中で、どれだけクラブチームでやれているプレーを発揮できるかだったんだ。感想は、‘いいんじゃないのか’だ」

スティーヴン・ジェラード選手
「そりゃ大満足な結果だよ。一緒に練習した期間は短いけど、好いプレーが出来るって手応えがあったんだ。カペッロにも僕らにも必要なのは勝つってことなんだ。彼の希望は積極的に前に出て、そう簡単には崩れないチームを創ることなんだ。簡単な話じゃないけど、予選までにはまだ時間があるから徐々にそういう風になっていけたらいいね」

ウェイン・ルーニー選手
「時間のない中で準備したんだけど、その割には上出来じゃないの。ジェナスが僕のフォローをして、ジョーとデイヴィッドがサイドから仕掛ける。この形が機能するかどうかがキモだったんだよ。とくにベントリーは好かったね。まるで若返ったベッカムみたいだ。彼の視野の広さや正確性は凄い」

ジャーメイン・ジェナス選手
「ウェンブリーでゴールを決めたのも初めてだし、代表でももちろん初ゴールだ。僕にとっては一生忘れられない素晴らしい記念日だよ。先発を告げられたのはキックオフの1時間ぐらい前だったかな。スパーズでやってる通りのプレーをしてたんだけど、僕ってウマく行ってるんだなって自分でも驚いちゃったよ。今回は時間がなくてバタバタって感じの割りには凄く楽しかった。この感触をチーム全体が忘れないようにして、次の試合へつなげていきたい」

デイヴィッド・ベントリー選手
「フットボールじゃ待つことも時には大切なんだ。これだけのタレントがいる中で割って入るのは簡単な話じゃない。だからクラブで好いプレーを続けてアピールするしかない。僕はそのアピールが実を結んだ幸せ者だよ。もちろんここでウマく行ったからって次の保証なんかない。もっと好い選手にならなきゃいけないって強く思うよ」

ヤコブ "コビ" クーン・コーチ
「負けたことは残念だが、よく闘えたのでその点は満足している。今日は負傷で呼べなかった者が何人かいたので、彼らが戻ってくればもっと出来るようになると信じている」

イングランド
GK1:デイヴィッド "口八ス" ジェイムズ
DF2:ウェスリー・ブラウン
DF5:リオ・ファーディナンド
DF6:マシュー・アップソン
DF3:キャシュリー・コール (73分-16:ウェイン・ブリッジ)
MF4:ギャレス・バリー (73分-18:オーウェン・リー・ハーグリーヴス)
MF10:スティーヴン・ジェラード
MF7:デイヴィッド・ベントリー
MF8:ジャーメイン・ジェナス (57分-17:ショーン・ライト=フィリップス)
FW11:ジョー・コール (57分-21:ピーター・クラウチ)
FW9:ウェイン・ルーニー (87分-19:アシュリー・ヤング)

スイス
GK12:ディエゴ・オルランド・ベナグリオ
DF34:マリオ・エッギマン
DF29:シュテファン・リヒトシュタイナ (46分-19:ヴァロン・ベーラミ)
DF4:フィリップ・センデロス (55分-13:シュテファン・グリヒッティング)
DF17;クリストフ・シュピチェル
MF16:トランキージョ・バルネッタ
MF33:ゲルソン・フェルナンデス (84分-24:ベンジャミン・フッゲル)
MF10:ダニエル・ギガクシュ (46分-28:ヨハン・フォンランテン)
MF27:ギョクタン・インレル
MF22:ハカン・ヤキン (63分-5:シャヴィエル・マルガイラス)
FW31:イセトシマ・ブライス・エンクフォ (46分-38:エレン・デルディヨク)

スペイン 1-0 うぇ〜へっへっへっ
スペインの得点:82分やる時はやる男ホアン・カプデヴィラ

ルイス・アラゴネス・スアレス・コーチ
「得点を決めた後でバタバタしおって、下手したら失点しとった。イケルがいなかったら危なかったかもわからんな。しかしこのぐらい強い相手だと運ってものも必要だ。なにしろヤツらの連携は緻密だし、そう簡単に崩させてはくれん。フィジカルも技術もかなりのもんがある。だが今日は良いとこ見せて勝てたから概ね満足だな」

ダヴィド・アルベルダ・アリケス選手
「いつでもプレーが出来るように準備だけはしていた。こうしてピッチに立てただけでも幸せだし、僕にとって特別な夜になった。もう僕はヴァレンシアのキャプテンとは思っていない。そこには別の選手がいるし、違う生き方を見つけるべき時が来たんだと感じている。このままなら代表の地位すら失うかもしれないけど、それは僕の責任で招いた事態じゃない。ヴァレンシアの方針なんだから仕方がないんだ」

レイモン・ドメネク・コーチ
「私は常に名将だが、選手たちは時々名選手から普通の選手になってしまう。少なくとも引き分けてもらわなきゃ困るな。まっ、そうはいっても悪い所よりも好かった部分に目を向けようじゃないか。何事もポジティブシンキングだよ、君たち」

スペイン
GK1:イケル・カシージャス・フェルナンデス
DF15:セルヒオ・ラモス・ガルシア (47分-12:アンヘル・ダヴィド・ロペス・ルアーノ) (74分-20:ファン・グティエレス・モレノ "ファニート")
DF4:カルロス・マルチェナ・ロペス(50分-22:パブロ・イバニェス・テバル)
DF2:ラウール・アルビオル・トルタハダ
DF5:ホアン・カプデヴィラ・メンデス
MF6:ダヴィド・アルベルダ・アリケス (62分-14:チャビエル・アロンソ・オラーノ "チャビ・アロンソ")
MF18:フランセスク・ファブレガス・ソレール "セスク"
MF16:アンドレス・イニェスタ・リュハン
MF8:チャヴィエル・エルナンデス・クレウス "チャヴィ"
MF11:アルベルト・リエラ・オルテガ (46分-7:ダヴィド・ヴィジャ・サンチェス)
FW9:フェルナンド・ホセ・トーレス・サンス (21分-10:ダニエル・ゴンサレス・グィサ)

フランス
GK23:グレゴリー・クペ
DF19:ウィリー・サニョル
DF5:ウィリアム・ガラ
DF15:リリアン・ユリアン・テュラム (46分-35:ジュリアン・エスキューデ)
DF3:エリック・アビダル
MF32:ラサナ・ディアラ
MF4:パトリック・ヴィエラ (82分-33:ハテム・ベン・アルファ)
MF8:ジェレミー・トゥララン
MF7:フロラン・マルダ
FW39:バカ (60分-9:カリーム・ベンゼマ)
FW12:ティエリ・ダニエル・アンリ

アルヘンティーナ 5-0 グアテマラ
アルヘンティーナの得点:14分&71分ゴンサロ・ヘラルド "ピピタ" イグアイン、34分エセクィエル・イヴァン・ラヴェッツィ、85分ジョナサン・ラモン・マイダナ、89分マルコ・ガストン・ルベン

Copyright © 1997-2008 0-0 <empate>. All Rights Reserved.
Apple, the Apple logo, and Mac are trademarks of Apple Computer, Inc., registered in the U.S. and other countries.
The Made on a Mac Badge is a trademark of Apple Computer, Inc., used with permission.