Information
Archives
カップタイド

レインジャースからスパーズへ移籍したアラン・ハットン選手は、レインジャースがUEFAカップへ回ったので今季スパーズでの出場資格はありません。

トテナム・ホットスパー広報
「我々はそれを承知で獲得しました。仮にレインジャースがノックアウトステージへ進めていたら問題なく出場はできたんですが、残念ながらそうはなりませんでした」

ビックリ補強

サー・アレックスは冬のマーケットでインテルナシオナウからホドリゴ・ポッセボンという18歳のブラジウ人MFを獲得しており、既に34番として登録していた模様。なお暫くはリザーブでプレー。

優れたコーチを殺すクラブ

ハヴィエル・アギーレ・コーチじゃ満足できないアトレティコは、ヴィジャレアルのペッレグリーニ・コーチを次の犠牲者に検討中。ホントに我慢のできないクラブなんですねぇ。

それがいい

ハヴィエル・アギーレ・コーチじゃ満足できないアトレティコは、ラファさんなんぞも考えている模様。お父さんの遺言では「レアル・サンマリノの指揮を執れ!」ということでしたが、まぁ似たようなもんなんで。

居場所なし

ジョゼさんの噂で持ち切りなバルセレソンですが、ラポルタ会長は「彼の仕事はありません」と言い切ってる模様。

ジョアン・ラポルタ会長
「我々はライカールト・コーチを100%信頼しております。彼以外に適任者はいないと断言できます。バルセレソンの指揮を執るために生まれて来たような人なので、出来るだけ長く続けていただきたいと希望しています。もちろんジョゼさんも偉大な指揮官ではありますし、ご本人もバルセレソンなら満更でもないでしょう。しかし、チームに2人もコーチは要りません」

疲れた

熱狂的なサンマリノスタとして有名なヘタフェのアンヘル・トーレス会長が「フットボールに疲れました」と後釜を物色しはじめた模様。

アンヘル・トーレス・サンチェス会長
「もう私に代わる人を見つけるべき時が来ました。フットボールによって身も心もボロボロです。ただ、いま現在シーズンとプロジェクトが進行中ですから、すぐに辞めようとは考えていません。このシーズンが終わった時か来季の後で決めたいと思います。ヘタフェを去ったら完全にフットボール界とは縁を切ります。十分にやりましたので、もう沢山です」

屈辱だ

ユーヴェ行きの噂についてデコっぱちさんは「チアーゴなんかとトレードだなんてフザけんな」とコメントしている模様。

後悔なし

エラい所へ来ちゃったなと後悔しているんじゃないんですか?と突っ込まれたヒルデブラント選手は「そんなことはない。ブンデスリーガにはリーガ・エスパニョーラのクオリティは望めないもの」と強がっている模様。確かにあれだけ撃たれたら良い勉強になりますね。

明日がない

ジウベルト・シウヴァ選手が「チームは順調だが、僕は地獄だ」と辛い胸の内を明かしている模様。

ジウベルト・アパレシド・ダ・シウヴァ選手
「正直ね、僕個人については未来も希望もない状況なんだ。今となっては様子を見るしかないけど、本当にノーチャンスだったら次の職場を考えなきゃならない。本当に辛い。こういうシーズンをまた味わうなんて、フットボーラー人生を断たれたも同然だよ」

ほぼアマウリと同額

リヴォルノのアルド・スピネッリ会長は、クラブを3000万ユーロで売りに出す模様。

離脱

膝の靭帯を傷めたマルセイユMFカリーム・ジアニ選手は2〜3週間の離脱。

凱旋

ヴィジャレアルはディエゴ・ロペス選手をミランに奪われた場合、レイナ選手を買い戻しに行くんだそうです。

気まぐれ男

100%チェルスキーなんて宣言したばかりのドログバさんは、別のインタビューで「ロンドンは今年限りだ。次はミランかバルセレソンだぜ、うぇ〜へっへっへっ」と口走っている模様。

保留

メッツェルダ選手の処置についてレアル・サンマリノの医者と選手本人の主治医がもめており、とりあえず手術は保留となった模様。

ノーリターン

ラツィオへ再登場というネタがあるクラニョッティ氏は「フットボール・クラブのことを気にかけている状況じゃない」とコメントしている模様。

なんだよ

バルセレソン、レアル・サンマリノ、ユーヴェ、スパーズ、リーガプールの争いになっていたラシンDFエセクィエル・ガライ選手は、1425万ユーロの3回払いという条件でバルセレソンがゲットする模様。

ジョアン・ラポルタ会長
「我々は誰ともサインはしておりません。全ての合意がなされた時点で、誰が加入するのかをお知らせいたします。彼については補強プランを練っているスタッフのリストに名前がフリオ・アルカもわからんですがね」

フランシスコ・ペルナ会長
「バルセレソンは明らかにガライを欲しがっていまして、交渉を申し込んでいます。もしガライがバルセレソン以外へ移籍するとなったら、そりゃビックリでしょうな。今のところバルセレソンが非常に有力ですよ。もちろん取引はまとまっていませんが、ほぼ内定と言っても差し支えないでしょう」

オーウェン・・・

スイス戦のイングランド代表先発メンバーはこんな感じになるそうです。

GK:口八ス、DF:ブラウン、リオ、アップソン、キャッシュマン、MF:ジェラード、ハーグリーヴス、ヤング、ベントリー、FW:ルーニー、ジョー

あんたも好きねぇ〜

THE SUN紙にあることないこと書かれたマラドンは「あることなんか1つもない。デタラメばっかり書きやがって、へっくしょん」と怒り狂ってる模様。そもそもTHE SUNの取材に応じたのが間違いだ。

ディエゴ・アルマンド・マラドーナ "マラドン"氏
「私が頭を下げる必要があると考える人たちはボケンセだけだ。たしか5回連続でペナルティキックを外している。あれは思いっきり済まなかった。ベッカムについては非常にシュートの上手な偉大なフットボーラーだと評価したのに、あの新聞は‘止まったボールを撃てるだけの凡庸な選手’などと悪意ある曲解をやってのけた。私はスペインの地で‘イングランドに謝ったせいで、お国の方がお怒りですよ’と聞かされ腰が抜けるほど驚いた。まさに‘アンビリーバブル’だ。私はイングランドとの試合に全てを捧げた。あの試合はただの一戦じゃないんだ。我々はフットボールで彼らを倒し、彼らより遥かに勝っていることを証明したんだ」

ウマい

ヴィラ戦ハーフタイムに即興のダンスショーをやらかし後半キックオフを遅らせ、クリス・フォイ主審から烈火の如く怒られたフルアムのビリー君は「ボクは穴熊なんで耳が遠いんです」と悪びれもせず語っている模様。ちなみにビリー君はチェルスキー戦でグラント・コーチに抱きつき、あのギャングのような顔のオジさんを怒り狂わせたこともあるそうです。フルアム、成績はサッパリですが、マスコットはピカイチですね。

ビリー君
「クリス・フォイさん、ごめんなさい。ついつい調子に乗って迷惑かけちゃったね。ボクは穴熊だから耳が聴こえにくくて、目もあまりよくないんだ。フォイさんがお仕事はじめるのを知ってたら決して踊らなかったよ。チェルスキーのグラントさんに抱きついちゃったのは、前半が終わった時に凄くショボくれていたから元気づけてやろうと思っただけなんだよ。でもボクの気持ちがわかってもらえなくってシュ〜ンってなっちゃった」

みんな来てね〜

そのビリー君はザ・リヴァーサイドで行われるミドルスブラ戦にも帯同するそうで「今度は応援だけに専念します」と一応は反省している模様。

ビリー君
「リヴァーサイドじゃお行儀よくするよ。チームを助けるために沢山応援するんだ。でも勝っちゃったら、また悪ノリしちゃうかも。そうなったらゴメンね!」

どうだかな

ユナイテッドへ行ったマヌーショ選手についてジョゼさんが「才能はあるけどユナイテッドで活躍できる程かはわからねぇな。ハッキリ言って無理じゃないのか?」と喧嘩を売ってる模様。

行くところまで行ったな

ネーションズカップにてノルマを達成できなかったフォクツ・コーチはクビが濃厚だそうで、ヌワンコ・カヌ選手にあとを任せるといったネタが出回っている模様。

とんでもない

ポンペイのジョー・ジョーダン・アシスタントにオファーを出したと報じられたセインツは、絶対に出していないと逃げ回っている模様。

トライアル

リーガプールは13歳のスオミ人MFサイモン・シュクラブ君をテストする模様。

ホームシック

ロンドンにいる家族と一緒に住みたがっているエンゾグビア選手には、ノースロンドンの2大バカが「ぜひウチに」とノリノリで声をかけている模様。

フザけんな

「ベストプレーヤーとはあらゆる大会で活躍してこそベストプレーヤーだ。ユーロで活躍したらクリスティアーノ・ホナウドをベストと呼んでやろう」と言われた件で本人は「お前に証明してやる必要はない」と言い返している模様。

クリスティアーノ・ホナウド・ドス・サントス・アヴェイロ選手
「リーグ戦は9ヶ月に渡って争われる。そこで活躍してこそベストプレーヤーだよ。ユーロみたいな大会は偶然でも活躍できる。そもそも僕は誰かに何かを証明する人間じゃない」

博士と呼べ

スペインのミゲル・エルナンデス大学が、長年にわたりフットボールに貢献したという理由でラファさんに名誉博士号を授与した模様。では私も毎日のようにネタを提供してくれる有り難い存在であることを高く評価し、バカ田大学の名誉博士号をど〜んとあげちゃいましょう。

ラファエル "ラファ" ベニテス・マウデス博士
「フットボールに対する長年の貢献ということなので心から嬉しく思っている。いまの社会では転職するのが当たり前で、1つの職業に長く打ち込むなんて非常に稀なケースになっている。だからこそ一層喜ばしい。ここまでやって来れたのも家族やスタッフを含め多くの方の支援があったからだ。私はそのような人たちに恵まれて本当に幸せに思う」

ダービーだからか?

怪我で今季絶望なミルズ選手のローン契約解除をプレミアシップによって否決されていたクマさんは、ベンジャニ選手のシティ移籍が承認された件について「2つのルールがあるのか?」と猛り狂っている模様。

ポール・ジュウェル・コーチ
「マーケットは閉じているようで閉じていないんだな。しかし規則は誰のためにも同じである必要があると思うんだ。我々はサイドバックを補強したいからプレミアシップにミルズの契約解除を申し入れたが、規則は規則なのでダメだと断られた。しかし規則は規則だったら、どうしてベンジャニの移籍が今頃通るんだろうか?」

契約解除

2度の心臓麻痺を起こしたサンダランドDFクライヴ・クラーク選手が医師の勧めによって契約を解除した模様。

まさか

チャンピオンズリーグでユナイテッドと対戦するグレゴリー・クペ選手は、昨シーズンのローマみたいにならないか非常に不安がっている模様。

グレゴリー・クペ選手
「誰もがローマの身に何が起きたかハッキリと憶えている。僕は7失点なんか喰らいたくないよ」

ユーロU-21予選

イングランド 3-0 アイルランド
イングランドの得点:60分OG (スティーヴン・オハロラン)、68分ジェイムズ・ミルナ、81分テオ・ウォルコット

マルタ 0-4 ウェールズ
ウェールズの得点:62分&90分pチェドウィン・エヴァンス、80分サイモン・チャーチ、88分リース・ウィリアムス

スーパーニュース

カンポちゃんがUEFAカップのメンバーとして登録された模様。

ギャリー・メグソン・コーチ
「ドローが決まった時から‘アトレティコ戦には死んでも出たい’って、そればかり話していました。レアル・サンマリノで活躍した選手にとっては特別な相手でしょうからね」

ホッとしたぜ

ベルバトフ選手は冬のマーケットが終わってくれてホッとしている模様。

ディミタール・ベルバトフ選手
「マーケットが開いているうちは試合に集中し切ることが出来なかった。振り払おうとしたってどうしても頭に残ってしまう。だからパフォーマンスに影響したのは否定できないんだ。でもそれも終わってくれたんで心から安心している」

まだ続く

キーパー総入れ替えという話題についてミニ・ミー副会長は「カラッツがナンバー1か控えかは今のところ未定だが、来季も彼とヂダで行く可能性は高いんだ」とコメントしている模様。

永久追放

シティと公式サポーターズクラブはマンチェスター・ダービーにて黙祷を妨害する行為を行った者を永久追放すると表明し、当日は自分たちのスチュワードも導入するなど徹底した監視システムにより客席をチェックする模様。

ゴール・マシン

セリエBでは来季からコッパ・イタリアなどでテストしていたゴール判定システムを正式に採用する模様。

サスペンション

エンポリ戦で退場処分を受けたインテルMFパトリック・ヴィエラ選手には2試合のサスペンションが言い渡された模様。

再就職

飲酒運転によりダービーから解雇されたロバート・マルコム選手にはFCダラスが声をかけている模様。

論外

コルヴィノ・スポーツダイレクターはフレイ選手とジラルディーノ選手の交換を仄めかす発言をしましたが、メンクッチ・マネージャーは「ありえない」と主張。

サンドロ・メンクッチ・ジェネラルエグゼクティヴマネージャー
「ミランには既に好いキーパーがいると思いますよ。確かにジラルディーノは立派な選手の1人ではありますが、我々のパッツィーニだって素晴らしいタレントです」

離脱 (1)

サンプドリアMFセルジオ・ヴォルピ選手が太股の筋肉を傷めて約3週間の離脱。

離脱 (2)

トレセゲ選手がトレーニング中に太腿を傷めたようで、ウディネーゼ戦への出場は微妙な状況。

離脱 (3)

アタランタDFモリス・カロッツィエーリ選手が左脹ら脛の負傷で約4週間の離脱。

あんたらだけじゃない

トップチームに残った選手が7人だけというラファさんは「これじゃ仕事にならん」とインターナショナル・ウイークに文句を言ってる模様。

ラファエル "ラファ" ベニテス・マウデス・コーチ
「チェルスキー戦という非常に大事な試合を控えているのに選手がいない。この時期になぜそういう試合を組むのかと何とも釈然としない気分だ。ビッグクラブはみな同じ気持ちを抱えているに違いない」

あきらめません

オニール・コーチはワークパーミットの関係で穫れなかったUSA代表GKグザン選手に再挑戦を予定。

マーティン・オニール・コーチ
「我々は本当に質の高い選手だから穫りに行ったんだ。それを6人の役人が適当に処理している。なぜ否決なのかの理由も開示してくれない。これはもう1度挑戦するしかない」

ご就任

今季限りでバイエルンを退任するヒッツフェルト・コーチは、今月中にスイス協会とサインする意向。

完全移籍

ローンという取り扱いだったデフォ選手ですが、ポンペイは4年半契約の完全移籍だと主張。

サミーだったのに

ストーントン氏をアシスタントに迎えたリーズのマカリスタ・コーチですが、本当はサミー・リー氏を第一候補に考えていたらしく、彼がボルトンと違約金で揉めていたので泣く泣く断念した模様。

身体の問題じゃない

サンパウロでウマくやっているというアドリアーノ選手ですが、インテルはどのぐらい良好なのか調べるためドクターをブラジウへ派遣する模様。

登録

ビザの関係でミドルスブラに登録できなかったアフォンソさんですが、ようやく下りたのでプレーは可能となった模様。

帰りません

来季からミランへ戻されるという話でヒカルド・オリヴェイラ選手は「僕もサラゴサもミランへの復帰は望んでいない」とコメントしている模様。

突出

早くも60ポイントに届いたアーセナルですが、安心できないヴェンゲル・コーチは「このままなら90ポイントを上回らないと優勝は難しいかもしれない」とボヤいている模様。

アルセーヌ・ヴェンゲル・コーチ
「この段階で60ポイントを獲得できたのは喜ばしいが、いったい優勝にはどのくらい必要なのか私には見えていない。おそらく90ポイントは穫っておかないと厳しいだろう」

ミステイク

パレルモのフォスキ・ダイレクターが「コリーニと契約更新しなかったのはミスだった」と認めた模様。

リーノ・フォスキ・スポーツダイレクター
「彼を黙って行かせてしまったのは明らかに我々のミスでした。出来るものなら今すぐ再契約したいですよ」

雇え

まだ就職先が見つからないパリウカ選手は「バッロッタは44になろうとしているが誰も歳なんか言わんだろう」とアピールしている模様。

羨ましい

ベルバトフ選手が尊敬する同業者は代表62試合で33得点を決めているフルアムのデイヴィッド・ヒーリー選手だそうです。

ディミタール・ベルバトフ選手
「国のためにそれだけの活躍を出来るっていうのは特別な才能なんだ。僕もブルガリアのために彼ぐらいゴールを決めたいものだ」

し〜ん

レアル・サンマリノと同様に閑散としているバルセレソンのトレーニング場ですが、エヂミウソン選手と出っ歯は負傷で別メニューだった模様。

招集

怪我とサスペンションでストライカーが壊滅状態なミランは、ユーストーナメントへ出場中のアルベルト・パロスキ選手を急遽呼び寄せた模様。

後任

リヴェラーニ選手が契約更新してくれるか定かでないフィオレンティーナは、ヴァレンシアからオサスナへ出向しているウーゴ・ヴィアナ選手に興味を示している模様。

ノーチャンス

ナポリがアマウリ選手に興味を示している件でグリマルディ代理人は「ナポリに向いてると言われれば確かにその通りでしょうが、あまり幻想を抱かない方がよろしいでしょう」とコメントしている模様。

ご延長

ラツィオはプーマ社とのキット契約を2014年まで延長。契約金は1200万ユーロですが、成績次第では最大600万ユーロがプラスされる模様。

Copyright © 1997-2008 0-0 <empate>. All Rights Reserved.
Apple, the Apple logo, and Mac are trademarks of Apple Computer, Inc., registered in the U.S. and other countries.
The Made on a Mac Badge is a trademark of Apple Computer, Inc., used with permission.