Information
Archives
ボス

選手の前では英語で会話をするカペッロ・コーチですが、メディアとの会見では通常通り通訳を介している模様。理由はご本人から。

ファビオ・カペッロ・コーチ
「君らはただでさえ人の言葉を曲解して伝えようとするから、必要な単語やフレーズなどを完璧にマスターするまで英語は喋らん。ただ選手たちとは単純な言葉でも理解しあえるので問題はない。彼らからどう呼ばれてるかって?そりゃ‘ボス’だよ」

数少ない朗報

怪我とA代表とU-21代表に選手をとられて閑散としているレアル・サンマリノですが、離脱していたハインツェ、サヴィオラ、ガゴの3人が軽いトレーニングを始めた模様。ちなみにAチームに残っている五体満足なフィールドプレーヤーはラウール、グティ、サルガド、ロッキー、ソルダード、ディアラだけでございます。

来た

国際移籍証明書が届かない関係で登録できなかったダービーのミレ・ステルヨヴスキ選手ですが、ようやく文書が来たということで土曜のスパーズ戦から起用が可能となった模様。

引退

ヴァスコ・ダ・ガマのホマーリオさんが3月末をもって選手からもコーチ業からも足を洗う模様。これで心置きなく養毛剤を使えますから、髪の引退は防げますね。

こうなりゃ2人

毎週のようにジャッジに関するクレームを受けてウンザリしているコッリーナ氏が、UEFAプラティニ会長の提唱する主審2人制に支持を表明。

ピエールルイジ・コッリーナ氏
「私は主審を2人に増やすプラティニ会長の考え方に賛同します。より正確なジャッジという希望を叶えるものでありますし、とりわけトラブルの種となるペナルティボックスの周辺では有効に働くことでしょう」

マッシモ・チェッリーノ・カリャーリ会長
「我々がキーパーを2人に増やしてくれと主張したら異論が続出するはずだ。簡単に言ってもらったら困る。2人になったって大して変わりはせん。そしたら3人にするのか?それでもダメなら、しまいには審判10人制なんて言い出しかねん。実にバカバカしい。しかしコッリーナの苦労も理解してあげねばなるまい。彼は壊滅的な状況で仕事を引き受けてくれた。ベテランが去り、好い審判と不慣れな審判が混在しているのが現在の状況だ。半年やそこらで世代交代ができるわけじゃない。もう少し待とうじゃないか」

その程度で

Aマッチに呼ばれなかったカイト選手が「この痛手から立ち直るには暫く時間が必要だ」などと口走っている模様。そんなんだから点とれないんだな。

ディルク・カイト選手
「ほんとに、なんて言ったらいいのか、こぅ、凄くショックで、あぁ〜。ちょっと時間が欲しかったりするな。まさか僕が外れるなんて・・・」

不評です

アリーゴ・サッキさんが「ユーヴェの補強はセンスない」と、お怒りだそうです。

アリーゴ・サッキ氏
「夏の補強も首を傾げましたが、この冬も全く同じ感想ですね。チームには限られた予算しかありません。その枠の中でですね、最早成熟し切って伸びシロのない者に高いお金を費やすなど考えられませんでした。これら補強策でファンはどんな夢を見ればいいのか不思議です。どういうビジョンでこんなことをしているのか理解できません。この1月に来たシッソコは強くてスタミナのある優れたアスリートかもしれませんが、決して偉大なフットボーラーにはなれません。これはステンダルドにも言えることです」

紳士のヤクザ商法

ベンジャニ選手は当初の金額の約半額にあたる387万ポンドでシティへ移籍。契約期間は2年半。なお契約期間中に75試合以上プレーした場合は追加の移籍金 (総額で760万ポンドまで) がポンペイへ支払われる模様。

不安だ

スイス戦のイングランド代表キャプテンはスティーヴン・ジェラード選手だそうです。

登録

ユナイテッド・アカデミーFWダニー・ウェルベック選手がトップチームへと登録された模様。背番号は47番。

才能の浪費

ユヴェントスとレアル・サンマリノの一騎打ちになりそうなヂェーゴ選手には、とても場違いなクラブが参戦を表明。ラファ、フットボール界のことも考えてくれよ。無闇に才能を殺しちゃいかんぞ。

所属クラブがいけない

ベッケンバウア氏が「ラームもポドルスキもシュヴァインシュタイガも全く成長していない」と、お怒りだそうです。

フランツ・ベッケンバウア氏
「この3人はワールドカップではヒーローになった者たちだ。しかしそれからというもの彼らの中からある種のパワーが損なわれてしまった気がする。もしかすると精神的な問題なのかもしれんが、あまりにも当時のパフォーマンスと差があり過ぎる。このオーストリア戦を再出発の機会にしてもらいたいものだ」

この2人が久々に

ユーヴェに「出番をよこせ」と要求しているパッラディーノ選手をサー・アレックスとヴェンゲル・コーチが奪い合っている模様。

ラファエレ・パッラディーノ選手
「今は将来のことなんか言うべき時じゃない。でもシーズンが終わったらそうも綺麗なことばかり口にしていられないだろう。プレミアシップとかリーガ・エスパニョーラとか興味を持ってる場所は沢山ある」

放棄

スポルティングはイスマイロフ選手の買取オプションを行使しないようで、シティやボルトンがロコモティフへ交渉を申し込んでいる模様。

敗残者たち

ペスカラの天才アタッカー、エドガル・カーニ選手はパレルモ・プリマヴァーラへの移籍を選択しましたが、負けたクラブはインテル、ウディネーゼ、シティらでございました。

定期ネタ

スペインでは「クラブの仕事も代表の仕事もないフランク・ランパードがバルセロナ市内で家を物色中」と毎度お馴染みのネタを掲載している模様。

そんな所にするからだ

世界的に有名なルートコのリゾート地で合宿を行っているロシア代表ご一行ですが、1日中酒が呑み放題な場所柄とあってヒディンク・コーチはホテル側に「たとえ泣いて頼まれようが、いくら金を積まれようが、選手たちには絶対アルコール飲料は提供しないでくれ」と厳命している模様。ロシア人に禁酒を命じるのは、死ねと言ってるも同然だ。いっそ中東でやりゃいいんだよ。

ご延長

ブラッド・フリーデル選手がローヴァーズとの契約を2010年まで延長。

ブラッド・フリーデル選手
「ローヴァーズは我が家同然だから何も悩まずにサインできた。僕にとっては特別なクラブなんだよ」

こんな時なんだが

延長の末にカメルーンに敗れてガックリ来ているチュニジアご一行ですが、マクリーシュ・コーチはナフティ選手が帰って来るのでガッツポーズで喜んだそうです。さっそく帰国したら契約延長を申し込む模様。

ひぃ〜

レアル・サンマリノが獲得を熱望しているサンパウロMFチアーゴ・ルイス選手には、セヴィージャやヴァレンシアも参戦。

ローン (1)

冬のマーケットは終わりましたが、チャンピオンシップのローン期間が開くということでレスターはチェルスキーにスコット・シンクレア選手をお願いする模様。

ローン (2)

同じくイプスウィッチがポンペイにデイヴィッド・ニュージェント選手をお願いする模様。

サウスコースト・ダービー

セインツのコーチ候補にポンペイのジョー・ジョーダン・アシスタントも加えられた模様。この方は現役時代セインツでプレーしていたことがあるんですね。

帰国

腰を傷めたマテラッツィ選手はプレーできないと判断され、イタリアへ送り返された模様。

事務総長

エシェン選手の相棒を物色しているチェルスキーは、ガーナ代表の中にアンソニー・アナンという丁度いい人がいることを教えてもらった模様。この人はノルウェーリーグのIKシュタルトに所属しておりまして、およそ150万ユーロほどで入手が可能。

スクデットじゃん

今季ここまで行われた全てのセリエAの試合をチェックしたガッゼッタ・デッロ・スポルト紙が、審判のミスジャッジによって生じたポイントの誤差を訂正した順位表を発表。これは由々しき事態でござる。

<これが本当の順位です>
1:ユヴェントス 48pt
2:インテル 45pt
3:ローマ 45pt
4:ミラン 41pt
5:フィオレンティーナ 36pt
6:アタランタ 33pt
7:パレルモ 28pt
8:サンプドリア 28pt
9:ウディネーゼ 28pt
10:ナポリ 27pt
11:ジェノア 26pt
12:レッジーナ 25pt
13:ラツィオ 24pt
14:リヴォルノ 23pt
15:カタニア 21pt
16:また中途半端に似せたユーヴェ 21pt
17:パルマ 19pt
18:トリノ 18pt
19:カリャーリ 16pt
20:エンポリ 15pt

ルカ・トニ選手
「ゲルマンの審判がセリエAで笛を吹いたら今より凄いことになるだろう。イタリア人はイタリア人審判がどれだけ優秀か気づいてないんだ。結局のところ、審判は叩くもんだってDNAがイタリア人の中にあるんだろうね。とにかく論争を作るのが大好きなんだよ。ビッグクラブ贔屓?インテルが強くなったとたんにインテル有利な判定が頻発したってことは存在しないとは言い切れないよね」

シモーネ・ペッロッタ選手
「判定に対する疑問が以前より増えているのは間違いないけど、あまり色眼鏡で見るような真似はしたくない。だって人間がやってるんだからミスは仕方がないんだよ。経験の浅い審判がいるって批判には、トップレベルで続けない限り経験なんか備わらないよって言いたい。きっと彼らだって学んでいるはずだ。好い審判になってくれるって信じてやろうよ」

マルコ・カッセッティ選手
「オレにとっちゃ判定がどうこうより、時々どうしょもなくなるローマのパフォーマンスの方が遥かに心配だ。こんなんじゃ審判に助けてもらったってインテルには追いつけないよ」

ポロポロ出ますな

ボルトンはマーケットが閉まる間際にトマソン選手に救援を求めていたそうですが「技術が正当に評価される国でプレーし続けたい」と身も蓋もない断り方をされた模様。

そんなにいたのか

出向組を含めて5人のキーパーを持つミラン (ヂダ、カラッツ、フィオーリ、コッポラ、ストラーリ) ですが、その全てをマーケットへ出すそうで、代わりにヴィジャレアルのディエゴ・ロペス選手、アルメリアのディエゴ・アルヴェス選手、ニースのウーゴ・ロリス選手らを連れてくる模様。

ジェラード君

前コーチは選手をファーストネームで呼ぶことが多かったですが、カペッロさんは名字でしか呼ばないそうです。

リオ・ファーディナンド選手
「コーチもスタッフも僕らを名字で呼んでいる。ここじゃそういうやり方なんだよ」

スティーヴン・ジェラード選手
「別に選手に近いとか遠いとか関係ないんじゃないの。互いに尊敬し合える仲であればいいんだよ。そもそも僕らは友だち作りをするためにここに来たんじゃないんだ。そんな余裕なんかイングランドにあるわけがない。もう必死にやらなきゃね」

お好みでない

ブライトナ氏が「カンナヴァーロが嫌いだ」とシュスター・コーチにセンターバックの購入を促している模様。

パウル・ブライトナ氏
「あのファビオ・カンナヴァーロとかいう者は何もできない男なんだな。試合に参加している風情もないし、周りの者が彼の怠慢を必死にカバーしている始末だ。いったいどうしたらバロンドールが穫れるんだろう。世界チャンピオンのチームにいたって貢献は殆どしていない。レアル・サンマリノはこんな者を雇っていたらダメだな。シュスターも彼の正体に気づいていて、補強の人選をしているはずだよ」

ノー・ホビーニョ

ペルーのホビーニョという呼び名を持つラシンのイスモデス選手は「そういう言われ方は迷惑だ」とコメントしている模様。

ダミアン・イスモデス・サラヴィア選手
「ホビーニョと比較されたって僕は彼のことなんか何も知らない。ホビーニョはホビーニョだし、僕は僕だ。ラシンのために多くのチャンスを作るのが仕事であって、その他のことはどうだっていいんだ」

モンチの大仕事

来季のプランを練っているセヴィージャのモンチGMは、シュヴァインシュタイガ選手を穫れて来ようと考えている模様。

恐かった

アグエロ選手の足を踏んでしまったムルシアDFダヴィド・デ・コス選手は、トンネル内でアトレティコやくざ達から恐ろしい脅迫を受けた模様。

ダヴィド・デ・コス選手
「とくにキーパーのレオ・フランコが‘お前わざとだろ’って激しく詰め寄って来た。殴られはしなかったけど、小突き回されたのは確かだ」

カペッロの掟

カペッロ・コーチは代表参加中の振る舞いについて以下の通達を出した模様。

(1) 選手は同じテーブルで仲好く食事をすること。
(2) 食事の時間に遅れないこと。
(3) 施設内を半ズボンにサンダル履きのようなだらしない恰好で歩き回ってはいけない。
(4) 普段はイングランド代表のトラックスーツを着用せよ。
(5) 試合への移動はスーツとタイを着用せよ。
(6) 公の場での携帯電話は厳禁だ。
(7) プレイステーションの類いで遊ぶことは禁止する。

参戦

クリスティアーノ・ホナウド選手で血みどろの争いを覚悟しているスペインの2大バカは、チャビ・アロンソ選手でも一戦交える模様。

おぉ

代表へ合流するためイスラエルへ帰っているベナヨン選手ですが、実家の近所で自爆テロが起こり、間近で爆音を耳にした模様。

ヨッシ・シャイ・ベナヨン選手
「僕は大丈夫だ。でも本当のところは僕のことなんかどうだっていい。最も心配なのはここで暮らし続ける人々のことなんだ」

粛清

ボロカッスルは少しずつビッグ・サムが連れて来たスタッフを追い出しており、このたびマッサージ師やビデオオペレーターやスポーツサイエンティストなどが解雇された模様。

海でやれ

激しいプレースタイルが信条のレオ=コーカー選手は、プレミアシップにも増えて来たダイバーが許せない模様。

ナイジェル・レオ=コーカー選手
「このごろドタンバッタン倒れてファウルやフリーキックもらおうとするヤツらが増えている。こいつらはフットボールを殺す元凶だ。フットボールは男と男の闘いだったのに、いつの間にか女々しいやつらが優勢になっている。今じゃちょっとカスっただけでも、まるでトラックに轢かれたかのようにゴロゴロ転がってやがって。それでオレらには警告と来た。まったくイヤな世の中だ」

罰金

プレミアシップでは1試合に6名以上の警告者が出ると自動的に罰金となるそうで、該当するユナイテッドに2万5000ポンドが請求された模様。

こら〜

ベルバトフ選手の得点に至る過程の中でジェナス選手にハンドがあったという件でリオは今でも怒り狂っている模様。

リオ・ファーディナンド選手
「なんで副審が気づかなかったのか不思議だけど、とにかくスパーズはラッキーだよ。すぐ近くにいたのに何を見ていたのかお訊きしたい」

顔も見たくねぇ

ロブ・スタイルズ主審が担当するとロクなことが起きないサンダランドですが、リーガプール戦でもペナルティを無視されたと怒り狂っている模様。

ディーン・ホワイトヘッド選手
「ロブ・スタイルズはリーガプール・ファンに踊らされたに違いない。あれだけ高いテンションで騒がれたら、ちょっとぐらい怪しくてもPKあげるだろう。僕らにも似たような場面があって、再三訴えたけどダメだった。あれがリーガプールだったらPKだったんだろうな。僕らが望むのは、ホームチームであれアウェイチームであれ、同じ基準でジャッジしてくれってことさ」

感謝してます

ブルース・コーチが溺愛しているウィルソン・パラシオス選手は、バーミンガムにいる時にヴェンゲル・コーチから紹介された選手だそうです。

スティーヴ・ブルース・コーチ
「ちょうど中盤が足りないという時にヴェンゲル氏から‘ウチでテストを受けている好い選手がいる’と電話があったんだ。アーセナルには8人のミッドフィルダーがいるから採用は難しいという話でね。あの電話がなかったら出会えなかったろうな」

ご成約

FCシオンとの契約を終えてブラブラしていたスイス代表MFラファエル・オリヴァー・ヴィッキ選手が、デポルティヴォ・チヴァスUSAと1年契約を結んだ模様。

トライアル

レッジーナはラロンド、ベルナルド・トーレス、マラカルネのリーヴェルの若手3名にテストをオファー。なおマラカルネ選手にはボローニャ、トリノ、アタランタも興味を示している模様。

拒絶

ユーヴェに出番をよこせと要求しているパッラディーノ選手には、ナポリがオファーを出していたそうですが、シーズン途中で移籍したくないと断っていた模様。

悩ましい

パッラディーノ選手を呼んだ理由についてドナドーニ・コーチは「右の中盤のオプションとして欲しかった」と説明していますが、本人はこんなこと言ってます。

ラファエレ・パッラディーノ選手
「イタリアではどんなストライカーでもサイドでのプレーを要求される。もちろん試合に出してもらえるなら喜んでやるよ。でも正直つらいのは事実なんだ。だって僕は生粋のストライカーだしね」

カオスは続く

一部報道ではベンジャニ選手のシティ移籍が承認されたと報じられましたが、シティ側は「依然として交渉中」と主張。

アフリカ仕事

2007年のアフリカ最優秀選手はセヴィージャのカヌテ選手が受賞しましたが、実は1位はドログバさんだったそうで、ネーションズカップの準備のため授賞式への出席を断ったら「じゃあ、お前にはあげない」と言われた模様。

ジャン=クロード・ジャクス:アイヴォリー・コースト広報
「アフリカ連盟は非常に不快感を感じていまして、式典の直前に‘出席しないならカヌテにやる’と言ってきました。ドログバはこんな賞には関わりたくないとウンザリしています」

あとひと味

ローマ・レジェンドのロベルト・プルッツォ氏が「今のローマは面白いチームだが、スクデットを穫るには何かが足りない」と評している模様。

ロベルト・プルッツォ氏
「インテルとのギャップが15や18だったら降参といったところだろうが、まだ望みを失うような段階じゃない。そうは言ってもインテルがいつ崩れるかは誰にも分らん。ローマにできることは最高レベルの試合を可能な限り続けることだ。スパレッティは勝てるコーチかって?それは勝利が何を指すかによるな。ローマではカペッロですら、スクデットを1回穫ったことよりも、2回逃したことで批判を受けている。私に言わせればスパレッティは極めて優れた指揮官だ。素晴らしいローマを創ってくれた功労者だ。ただスクデットを穫るには何かが足りないのは明らかなんだよ」

すぐ返してください

セルヒオ・ラモス選手は鼠径部の痛みで別メニューだそうですが、スペイン連盟はギリギリまで残すか返すか待つ模様。

離脱 (1)

ベティス戦で右太腿の肉離れを起こしたデポルティヴォMFグアルダード選手は約4週間の離脱。

離脱 (2)

マテラッツィ選手が腰の痛みで別メニューとなっているアッズーリは、バックアップとしてフィオレンティーナのアレッサンドロ・ガンベリーニ選手を招集。

離脱 (3)

ダヴィド・シルヴァ選手が左足打撲によりヴァレンシアへ返却された模様。

招集

怪我により辞退者続出のオランダはAZからダヴィド・メンデス・ダ・シルヴァ選手を招集。

復帰

ブッフォン選手がトレーニングへ合流したようで、可能ならウディネーゼ戦から出場の予定。

Copyright © 1997-2008 0-0 <empate>. All Rights Reserved.
Apple, the Apple logo, and Mac are trademarks of Apple Computer, Inc., registered in the U.S. and other countries.
The Made on a Mac Badge is a trademark of Apple Computer, Inc., used with permission.