Information
Archives
トライアングル

フレイ選手欲しさにジラルディーノ選手をフィオレンティーナへ行かせようと考えているミランは、代わりのストライカーとしてボッリエッロ選手を復帰させる模様。なおストライカーが余ってしまうフィオレンティーナは、パッツィーニ選手をジェノアへ放出する予定。

リーズナブル

安そうで好い選手を物色しているエスパニョールは、トリエスティーナDFパブロ・マリアノ・グラノチェ・ロウロ選手の獲得を検討中。

辞めたい

このまま倒産もありえるレヴァンテですが、リガ選手は次の仕事先を物色しはじめた模様。

交換

ナポリはハムシク選手の放出を物凄く渋っていますが、イアクィンタ選手を差し出してくれるならユーヴェと交渉してもいいと考えている模様。ちなみに本人には給料倍増をオファー。

クビにしろ

怪我を理由に引退するのは不本意だと感じているフィーゴ選手は、もう1シーズンぐらいプレーを続けたいと希望している模様。そこで、マンチョを追い出してジョゼさんを呼んで来いと主張。

ルイス・フェリペ・マデイラ・カイェーロ "フィーゴ"選手
「怪我をした時に、こういう形で現役を終えるのは嫌だと感じたんだ。だから、もう1シーズン続けたいと願っている。引退する前にジョゼの率いるチームでプレーしたいものだね」

みみっちい

17条を用いれば500万ユーロ程度でマンチーニ選手を補強できるので、リーガプールが獲得に乗り出す模様。

わたし無関係

クーマン氏と関わったことでスッカリ悪の一味にされたバケーロ氏は「トリオのことはクーマンとクラブが決めた」と逃げ回っている模様。

春が来た

ファン・サンチェス・ダイレクターが、低予算でそれなりの仕事をするマンサーノ・コーチを高く評価しており、来季からどうかとお願いをする模様。

お気に召さない

ウッディの穴が埋まらずに困ってるサウスゲイト・コーチは、120万ポンドでカーディフDFロジャー・ジョンソン選手を穫りに行く模様。

ターゲット

モドリッチ選手の獲得で驚かせたスパーズですが、次のビックリ補強はエトオ選手だそうです。

ミラノ・ダービー

インテルはアドリアーノ選手と今後に関する話し合いを予定しておりますが、マンチョがいる限りはどうにもならないので、いずれにしても売却が濃厚。そこで隣りのクラブが「是非に」と接近したところ、2500万ユーロなんて非常識な値段を言い渡されたそうです。

ははは

ドナドーニ・コーチとカペッロ・コーチについてリッピ・コーチは「両者とも誰を選ぶかに非常に苦労するだろう。しかしドナドーニの場合は呼びたい選手が多すぎて嬉しい悲鳴の苦労だが、カペッロの場合はその正反対の理由だ」とコメントしている模様。

血縁はないそうです

センターハーフの補強を希望しているポンペイは、トゥールーズMFムサ・シッソコ選手を検討中。

どっちもどっち

ハンブルガと共に、コーチのなり手のいない悲惨なクラブと名指しされているベンフィカは、ザックと紳士へオファーを持って行く模様。ちなみにシティはタクシン・オーナーお気に入りのビリッチ・コーチへオファーを出すそうです。

インテルスキー

インテルの戦力が魅力的だというチェルスキーは、ズラ、マリオ、アドリアーノ、マックスウェルらの強奪を画策中。

クラブ生命をかけ

ソル・キャンベル選手にヴィジャレアルなんて話のあるポンペイは、1300万ポンドでベンフィカのルイゾン選手を穫りに行く模様。

辞めます

スタメンへ復帰したカニサーレス選手ですが、既にクラブ側とは今季限りでの退団で話がついている模様。

サンティアゴ・カニサーレス・ルイス選手
「クーマン1人が悪いという意見があるけど、僕に言わせればクラブやチームに悪影響を与えるのを分かってて、彼の暴走を許した人間たちも同罪だよ。セグンダ・ヴァレンシアとは今季限りということで話はついている。いま試合へ出ているのは、それがチームに必要だからだ。38なんで、フットボールを続けるかどうかって根本的な部分を含めて慎重に考えたい。ただ引退はおそらくない」

利権

アンチフィールドのドレッシングルームは非常に狭く、選手たちが押し合いへし合いしながら着替えなどを行う有様で、ラファさんは何度か改築を提案したそうですが、そのたび古株の選手から「世界遺産に手を出すのは許さん」と猛反対を受けていた模様。それは暗にクラウチが邪魔だと言っているのか?

フェルナンド・ホセ・トーレス・サンス選手
「確かに狭い。それでラファは何度か改築を持ち出したんだけど、古株が‘ここは先輩方から引き継いだ神聖なロッカーである’って譲らないんだよね」

三つ巴

ハマーズが来季の戦力として狙っているスティーヴン・カー選手ですが、セルティックやエヴァートンという難敵が出現。

拒絶 (1)

ミドルスブラから週給6万ポンドを提示されたジェイムズ・ビーティ選手ですが、刃物でプレーを続けたいと断った模様。

拒絶 (2)

ユナイテッドはリーヴェルへ出向しているアレクシス・サンチェス選手を900万ユーロで穫ろうとしましたが、ウディネーゼに思いっきり拒否された模様。

拒絶 (3)

クーマン氏にはメヒコ協会から話が来ていたそうですが、それはキッパリ断り、ポルトガルでの仕事を希望。

安い

リチャード・ダン選手の給料は週給2万8000ポンドと信じられないくらい低いそうですが、ボロカッスルはその倍を出す模様。

間一髪

ハズレばかり連れて来ると悪評の多いコモリ・ダイレクターは解任の危機にあったそうですが、モドリッチ選手の確保でクビはつながった模様。

調子乗ってる

モドリッチ選手で延命したコモリ・ダイレクターは、2000万ユーロでダヴィド・ヴィジャ選手を穫りに行く模様。

撤回

今季限りで引退を考えていた若人あきら改め我修院達也選手ですが、8試合で6得点というハイペースな成績に気を良くして、現役続行を検討中。

後任 (1)

カーソン選手を買いたくても値段が高くて手が出ないヴィラは、ウルヴスのウェイン・ヘネシー選手へのオファーを検討中。

後任 (2)

セヴィージャはポウルセン選手の後釜としてレンヌのステファン・ウンビア選手を検討中。

後任 (3)

ベルバトフ退団がカウントダウンとなっているスパーズは、レギュラー・ポジションを求めているイアクィンタ選手へオファーを出す模様。

心変わり (1)

シェヴチェンコはパトとかぶる、と主張していたカルロですが「戻ってくれるなら誰もが歓迎するだろう」などとコメントしている模様。

カルロ・アンチェロッティ・コーチ
「復帰が実現しない理由としては、クラブ間の話し合いがウマく行かないことぐらいしか思い浮かばん。我々現場としては皆がシェヴァを望んでいる」

心変わり (2)

出っ歯はカカーとかぶる、と主張していたカルロですが「彼なら我々の戦術に適応できる」などとコメントしている模様。

カルロ・アンチェロッティ・コーチ
「最前線に上げてもいいし、トップ下で起用してもいけるだろう。ポジションはその時のチーム状況によって流動的に考えたい」

結論

フラミーニ選手についてカルロは「ガッツとアンブロジーニの立場をいじらずに共存させることは可能」と話しておりまして、この上2つの記事も加えると、結局いらないのは現在の10番なんですね?

お元気で

ジョヴィンコ選手の去就についてエンポリのコルシ会長は「我々には引き留める権利も能力もない」とコメントしている模様。

引退試合

ユナイテッドは8/2にソルスールスキアシャール選手の引退記念試合を行う模様。対戦相手はエスパニョール。

争奪 (1)

ローマとバイエルンがマルセイユMFブルーノ・シェリュ選手に興味を示している模様。

争奪 (2)

今季限りでチヴァスを辞めると宣言しているオマール・ブラヴォ選手は、デポルティヴォとラシンの争いになっている模様。

参戦 (1)

メスのプヤニッチ選手には多くのクラブが興味を示していますが、フィオレンティーナもレースへ参加した模様。

参戦 (2)

ブルース・コーチが獲得を希望しているバーミンガムのムアンバ選手には、ボルトンも興味を示している模様。

半年も経っとらん

ローマは冬のマーケットでモナコへ加入したばかりのニコラ・ポクリヴァッチ選手の略奪を計画中。

フィクション

スパーズ買収を計画中と報じられたリチャード・ペディ氏は「ホワイト・ハート・レインへ行って試合を観戦したあとは、食事をして帰った」と子供でも騙せない言い訳をしている模様。

リチャード・ペディ氏
「これまでスパーズを買おうと考えたことはありませんし、先方のどなたかとお会いしたこともありません。これは全てメディアの勝手な推測に過ぎません」

イングランド・プレミアシップ第33週

ダービー・カウンティ 2-6 アーセナル
ダービーの得点:31分ジェイムズ・マキャヴェリー、77分ロバート・アーンショー
アーセナルの得点:25分ニクラス・ベンドナ、39分ロビン・ファン・ペルシィ、59分&81分&90分エマヌエル・シェイ・アデバヨール、78分テオ・ウォルコット

ポール・ジュウェル・コーチ
「ダービー・カウンティも、アーセナルも、プレミアシップというカテゴリーで戦っているが、我々と彼らとの間には埋めようのない物凄いギャップがある。逆境を跳ね返すには戦う男が必要不可欠だ。来季は、そのような男たちと戦いたいと心から願っている。おそらく総入れ替えにも等しい大手術が行われるだろう」

せめて勝て

ミラノ・ダービーについてボッリエッロ選手は「そこぐらい勝たなけりゃ恰好がつかない」とミランを後押ししている模様。

マルコ・ボッリエッロ選手
「ダービーでは是非ともインテルをボコボコにやっつけて欲しい。まぁ、インテルはそこで負けてもスクデットは確実だから問題はないだろう」

カルロ・アンチェロッティ・コーチ
「そりゃインテルはダービーで決めたいだろうな。おそらく総力戦で来るだろう。しかし我々だって黙って受け止めるほど軟弱ではない。こちらにも目標があるし、この手のビッグマッチには慣れている。ただチャンピオンズリーグ・ファイナルへ匹敵するとかっていうのは大袈裟だよ。似たようなテンションはあるかもわからんがね」

穏便だ

シュスターに言いたいことが山ほどあるでしょう?と突っ込まれたサヴィオラ選手は「そういう話題には触れたくない」と逃げ回っていた模様。

ハヴィエル・ペドロ・サヴィオラ選手
「コーチについて話をするのは好きじゃない。もちろん今が理想的な状況だなんて言うことは出来ないけど、不満を言ったり、コーチを批判しても何も解決しない。レアル・サンマリノ・クラスのチームでレギュラーポジションを獲るのは本当に難しいんだ。こういう所でウマくやるには、黙ってチャンスが来るのを待つのが一番だって思ってる。このあともチャンスをもらえたらチームの役に立ちたいし、そのパフォーマンスが残留へとつながるなら幸いだよ」

ご成約

アルコール中毒や鬱病と戦っていたカールツァイス・イェーナの元チェコ代表MFヤン・シマク選手がシュトゥットガルトと契約した模様。

ヤン・シマク選手
「道を踏み外したことは否定しようがない。でもそれは過去の話だ。チャンスをくれたシュトゥットガルトには心から感謝しているし、持てる全てをクラブの為に捧げたい。もし、そこでウマく行けば、代表復帰の夢すら見ることが出来るかもしれない」

真っ平ごめん

カレル・ブルックナー・コーチが退任するので、アル・アリのイヴァン・ハシェック・コーチが後任候補に名前を挙げられていますが、本人に引き受ける意思はサラサラなし。

買え

安全圏とは言わないまでも、概ね安定しているエンポリですが、その立役者のルイジ・カーニ・コーチは「この手腕を買え」とビッグクラブへアピールしている模様。

ルイジ・カーニ・コーチ
「エンポリへ残る可能性はゼロに等しい。私にもだいぶ自信がついたので、もうどのようなクラブでも成功できる確信がある。たとえビッグクラブでも大丈夫だ。どうかそういうオファーが来ることを願っている」

みんなクビ

ユーヴェ戦の内容に怒り狂っているロティト会長が「残り試合は人生がかかってると思え」と選手たちへ警告している模様。

クラウディオ・ロティト会長
「あのような無様な試合を目の当たりにするとだね、果たして給料を払う意味があるのかと疑問が浮かんでくる。私に言わせれば試合放棄も同然の体たらくだった。頭の中はすっかりバカンスへ向いていたのではないなと疑ってしまう。ラツィオやファンへの背信行為だ。ああいう試合が今シーズンの我々を象徴している。人材はいるのに肝心な所で働かないから、こんな順位へ落ちてしまうんだ」

訴えてやる

肝臓移植から復帰したクラスニッチ選手ですが、クラブ・ドクターが真剣に対処していれば予見できた病気だとして140万ユーロの慰謝料を求める訴えを検討中。

イヴァン・クラスニッチ選手
「医者が医者の仕事を真面目にやっていれば、移植なんて受けずに済んだんだ。杜撰な仕事した人間には相応の報いがあるべきだと強く感じている。もう言い逃れや欺瞞にはウンザリなんだよ。ここらで真実を明らかにすべきだ。とにかく、もうヴェルダーの医者には二度と僕の身体を診させない」

クラウス・アロフスGM
「彼がこのようなことを検討しているのは知ってしました。クラブは一貫してクラスニッチを支えてきましたが、この行為が生産的なものとは思えません。もちろん我々は今後も同じドクターにお願いしますよ」

視察中 (1)

ボロカッスルはPSGDFママドゥ・サコー選手の補強を検討中。

視察中 (2)

フランスへ人を派遣しているシティは、トゥールーズのエルマンデル選手とマクン選手をチェックさせた模様。

Copyright © 1997-2008 0-0 <empate>. All Rights Reserved.
Apple, the Apple logo, and Mac are trademarks of Apple Computer, Inc., registered in the U.S. and other countries.
The Made on a Mac Badge is a trademark of Apple Computer, Inc., used with permission.