Information
Archives
土下座せんばかりに

ホビーニョ選手はトレーニング前にシュスター・コーチへ会談を申し込み「お願いだから使ってくれ」と泣いて頼んだ模様。

父上は父上じゃ

二代目というのは非常に辛い立場でございまして、先代が偉大であればあるほど、その苦労は尋常ではないわけです。若に励ましのお便りを出したいな。


「ワシは出っ歯なんぞ要らんと思っておる。よく下々の者とも話をするのだが、ハッキリ言って誰も期待なんぞしておらんのだ。1人の戦力に大金を費やすよりも、もっと有効に用いる方法があると思う。そもそも出っ歯1人が来たからといって、全てが解決するわけでもないしな。もちろん、出っ歯クラスの偉大なカンピオーネの補強は歓迎しないわけではないがの」

ベンフィカは別世界

本当に後任人事に苦慮しているベンフィカは、ビッグ・サムというタブーに挑戦。

執念

一方、まだカルロス・ケイロス・アシスタントを諦めていない説も出回っているベンフィカは、4年以上の長期契約を打診する模様。

兄は仕事を見つけました

弟は失業しましたが、兄のエルヴィン・クーマン氏はハンガリー代表コーチに就任する模様。

合流

ルートがチーム練習へ合流した模様。週末のアスレティック戦は無理ですが、その次のオサスナ戦には間に合わせるそうです。

片手間にできた

カンプ・ノウでは非常に忙しかったファン・デル・サル選手ですが「あんなの大した仕事じゃないね」と軽く言ってる模様。

エトヴィン・ファン・デル・サル選手
「後半には幾つかフリーで撃たれるようなことはあったけど、全体的には何の苦もない試合だった」

訃報

肺炎で入院していたランパード選手のお母さんの容態が急変し、木曜日に息を引き取った模様。

ほほほ

外転筋を傷めたというファビオ・アウレリオ選手は、少なくとも3週間は何も出来ないとのことで、また来シーズンお会いしましょう。

ラファエル "ラファ" ベニテス・マウデス・コーチ
「この手の怪我は少なくとも3週間はかかると医者が言っていた。とても好いプレーでチームを助けてくれていたので、大きな打撃だ」

まだ解決しねぇのか

まだ左サイドについて不満を持っているというラファさんは、アトレティコのマキシへ突撃する模様。

オレだって贅沢したい

ミランやユーヴェの話に金の匂いを嗅ぎ付けたアデバヨール選手の代理人が、ヴェンゲル・コーチと刺し違えてでもどうにかしたいと願っている模様。

ステファン・クルビス代理人
「契約はわかってるんですが、ミランやユーヴェから打診があったら無視はできません」

インテルにインレル

マンチョは補強希望選手としてアーセナルのフレブ選手、ウディネのインレル選手、ジェノアのコンコ選手らを挙げている模様。

ロベルト・マンチーニ・コーチ
「インテルを去るなど考えられない。新しいチームへの希望でいっぱいだ。差し当たってはフレブ、インレル、コンコという若くて才能豊かな選手たちを連れてきたいと願っている」

交換

カメニ選手を確保したいアトレティコは、戦力外のセイタリディス選手を無料で進呈する模様。

組織で勝つ

ローマのメディカル・スタッフと険悪な仲になっているアクィラーニ選手ですが、ユーヴェは受け入れ態勢の充実を武器に口説き落とす模様。

いかんな、チミ

ズラの膝を診たスウェーデンの医者は「過信していると大怪我に繋がる」と手術による根本的な治療を勧めている模様。

ハカン・アルフレソドン博士
「経過は順調ですから、このままなら大事には至らないでしょう。しかし、問題はプレーを再開した時に何が起きるかです。それによって再び悪化するようであれば、考えなければいけないでしょう」

ズラスキー

ポマードとミノ・ライオラ代理人が密談を交わしたという報道のあるズラですが、チェルスキーはドログバ選手との交換をインテルへ打診する模様。

残留

セリエA、リーガ・エスパニョーラ、プレミアシップ、一部のネタ・クラブ、と非常に人気の高かったヂェーゴ選手ですが「現段階でヴェルダーを去る理由がない」と残留を主張。

ヂェーゴ・リバス・ダ・クーニャ選手
「ヴェルダーから去らなきゃならない理由がない。あと3年の契約だけど、おそらくそれを全うすると思う。そうでなかったとしても、少なくとも来季は続けるよ」

アドリアーノ・レイテ・ヒベイロ選手
「フィーゴが辞めちゃうんだったら、ヂェーゴは最高の後釜だよ。彼がいたら沢山のチャンスを作れる。ストライカーにとっては本当に有り難いタレントだね」

ご成約

今季でボアヴィスタとの契約が終了するマニーチェ弟がベンフィカと契約した模様。

くだらんコラム

ラーム選手が愚にもつかんコラムと酷評する、ビルド紙の『ベッケンバウアはかく語りき』ですが、今回のお題はそのラーム選手でして、皇帝は少なくとも来季は残ってもらうと主張。

フランツ・ベッケンバウア氏
「ラームは来季もバイエルンでプレーしてもらう。そのあとは、ユナイテッドでも、バルセレソンでも、好きなところへ行くがいい」

英語教育

今季限りでリヨンを去りたいクペ選手は「子供の教育のためにも英語圏に行きたい。つまりプレミアシップだ」とコメントしている模様。

校長

カルロス・ケイロス・アシスタントがポルトガルに『カルロス・ケイロスのフットボール・アカデミー』という学校を作る模様。

調子に乗ってるな

リベリー選手が「ジダンの後継者はオレだ」と言い切っている模様。

フランク・リベリー選手
「ポジションもそうだし、プレースタイルから言っても、僕がジダンの後継者に決まったいる」

おい

セッコ・ダイレクターが「ネドヴェドと契約更新するかは検討中です。他の選択肢も考えられますので」などと口走っている模様。

この人は

イングランドへ行っているセッコ・ダイレクターが、スパーズにカブール選手の交渉を申し込んだ模様。条件は現金500万ユーロ + チアーゴ選手。

マンチョに告ぐ

インテルへ突っ返されることが決まっているアドリアーノ選手が「なにがバロテッリだ、ふざけんなよマンチョ」と喧嘩を売ってる模様。

アドリアーノ・レイテ・ヒベイロ選手
「会長には凄く恩を感じているから、もう1度インテルのシャツで活躍したいと心から願っている。マンチョ?別に悪い感情なんかないよ。ただ、助けを求めた時には素直に手を差し伸べて欲しかったって思うな。その点プランデッリは僕の全てを理解してくれている。少しでも僕の様子がおかしいと、すぐに食事へ連れ出し励ましてくれたんだ。素晴らしい人だ。あれこそ人格者、人の上に立つ者のお手本だよ」

ウィガンだよ

無気力なダービーをどうにかしたいと頭を痛めているクマさんは、ブラッドフォードの頃からの付き合いであるクリス・ハッチング氏を副官に考えている模様。

アダム・ピアソン会長
「新しい副官については既に人選を終え、いつでも仕事に取りかかれる状況です。クマと同様に野心あふれる方ですから、好い方に来てもらえると喜んでいます。その方は、クマにとっては非常になじみ深い人物です。フットボール界での実績も申し分のないものを持っています」

ウィガンだってば

クマさんはウィガン・アカデミーのデイヴィッド・ロウ・コーチをダービーに引き抜いた模様。

がぉ〜

「正直なところ、ダービーに選手は来てくれるんですか?」と突っ込まれたクマさんは「そんなこと言ってると、皮ひん剥くぞ」と臨戦態勢。

ポール・ジュウェル・コーチ
「補強で困るなんてとんでもないよ。連日、売り込み攻勢で嬉しい悲鳴だ。とにかくハングリーで成功を望んでいる者を連れて来るつもりだ。ダービーに何よりも必要なのは、プライドと情熱とやる気だ」

怒っております

アンリ選手はユナイテッド戦の感想を求められ「10分しか出てないのに、そんなものあるか」と怒鳴り倒した模様。

お安くしときます

ポマードらフロントスタッフは、ラモン・カルデロン会長と補強計画について話し合い、とりあえず野獣とディアラ選手の換金を決めた模様。

買えないって

ラモン・カルデロン会長はポマードに、5000万ユーロやるからヂェーゴとフンテラールとカセレスを買って来いと無茶な要求を出した模様。そんな値段で買えるなら、誰も苦労はしない。

勝手なことばっかり

ズラがリーガ・エスパニョーラへ興味を示しているという報道についてシュスター・コーチは「カンピオーネは全てウチへ来い」と好き勝手いってやがる模様。

刷新

サルガド & メッツェルダ両選手の放出が濃厚というレアル・サンマリノは、リッキーへのオファーを検討中。

麗しき兄弟愛

テレビの前でズッこけたというビョルン・ヘルジ・リーセ選手が、お兄さんに「ねぇ、ねぇ、ねぇ、なんでああなっちゃったの?おせ〜て、おせ〜て、おせ〜てよ」といった内容のメールを出したそうですが、返事は「うるせぇ。しばらく放っといてくれ」だった模様。

視察中 (1)

アトレティコはポルトガルへ人を派遣し、ルチョ・ゴンサレス選手を熱心にチェックさせている模様。

視察中 (2)

ユナイテッドはスポルティングMFシモン・ヴクチェヴィッチ選手を集中的に視察している模様。

馬鹿オファー

チャンピオンズリーグ・セミファイナルを戦う、どこかの2大バカが1500万ポンドでベントリー選手を奪い合っている模様。

争奪 (1)

ヴィラ、ローヴァーズ、サンダランドが狙っているシドウェル選手には、ボロカッスルも参戦。

争奪 (2)

セグンダ、セヴィージャ、アトレティコ、エヴァートン、ポンペイ、ローマらがボルトンのディウフ選手を奪い合っている模様。見事に武闘派が揃ったもんですね。

争奪 (3)

ユナイテッドとアーセナルがカーディフのアーロン・ラムジー選手を狙っているそうで、リズデール会長は大金を獲るチャンスと喜んでいる模様。

クレメンテが好き

セグンダ濃厚なんですが、と突っ込まれたフェルナンド・バイアーノ選手は「とくに問題ない。落ちて上等」とムルシちゃって、じゃない、無理しちゃってるそうです。

ミドルスブラの大ピンチ

クリンシーは新しいナンバーワンにシュウォルツァ選手を希望しているようで、本人も「ブンデスリーガでキャリアを終えたい」と乗り気です。

それは恐喝だよ

ディナモ・ザグレブの副会長さんがデニス・ワイズ氏と会ったそうで、どうやら売るらしいですよ、奥さん。だから、ワイズと会ったらダメなんだって。

ギャンブル

サー・アレックスは当初ピケ選手を先発させようと考えたそうですが、どう考えても荷が重いと、あのようなスタメンになった模様。

ローン

グラスホッパーがデポルティヴォにセバスティアン・タボルダ選手のシーズン・ローンを打診する模様。

ご成約

ハノーヴァFWヴァヒド・ハシェミャン選手は、12ヶ月の延長オプション付2年契約でボーフムへ復帰。

意外な低賃金

リュングベリ選手の給料の1/4以下だというグリーン選手とアシュトン選手には、週給4万ポンド・クラスの新規オファーが打診される模様。

さすらいのストライカー

ハマーズからの放出が濃厚なカールトン・コール選手には、ミドルスブラとセルティックが興味を示している模様。

女は呼ばない

あの真面目一本槍なゲルマン人の受けが何故かいいという不思議なクラウディオ・ピサーロ選手には、複数のブンデスリーガ・クラブが接近中。

このネタはどこまで膨らむのか

ロカテッリ選手の補強についてインテルは、若干の調整を残して殆どご成約と言い切っている模様。

凄いなインテル

ロカテッリ選手に続いて、ジェノアのレオン選手なんて話もインテルには出ている模様。

君はGMか

トッティさんが「最低でもストラーカーを2人買え」とローマに要求している模様。それはジョージ・ソロスさんに言うべきだ。

夏の思ひ出

トッティさんのユーロ開催中のご予定は、スロヴェニアで子供たちと合宿を行うそうです。イベント名は『世界のトッティとフットボール三昧』です。

話だけ

マキンヴァ選手にはパルマが興味を示しているそうですが、代理人は「問い合わせから先へは進んでません」とコメントしている模様。

そうなんだけど

リザーブでの試合を全て終えたメンディエタ選手は、ミドルスブラに別れを告げた模様。ちなみにスティーヴ・アグニュ・コーチは「リザーブ・レベルであれだけの選手を持てた私は幸せだった」とコメントしているそうですが、トップチームのコーチはどうお考えだったんでしょうかね?

再就職

そのメンディエタ選手は、MLSへの移籍を目指している模様。

論外

ジョージ・ソロスの招きでローマのコーディネーターになると報じられたリッピ・コーチは「私はあくまでも現場の指揮官であるから、それは私の仕事じゃない」と断る模様。

マルチェロ・リッピ・コーチ
「好い選手がいて、優れた戦術があり、観客を楽しませるパフォーマンスを見せることが出来る。こういうクラブに投資家が目をつけるのは当たり前だろう。将来性はばっちりだしね。ここ数年のローマは一気に世界のフットボールをリードし、支える存在になったと思う。もちろんクラブの本拠地が世界的に有名な都市だというのも、多くの関心を引いた理由の1つだね」

虚弱なマツケン

バルセロナへは寝込みに行った胃炎の松平健選手は、今のところチェルスキー戦に出られるか不明だそうです。

サー・アレックス・ファーガソン・コーチ
「1日か1日半はなんも食えねぇでいやがったっぺ。ようやく今日の午後ぐらいによ、スープ飲みはじめたくらいだからな、とてもプレーどこじゃねってからに。土曜とかなんとかって話する段階じゃねっぺ」

UEFAチャンピオンズリーグ セミファイナル 1st Leg

バルセレソン 0-0 なぜ白いユニホームで敵の闘志に火をつけようとするのか at カンプ・ノウ

ジョアン・ラポルタ会長
「今日はサン・ジョルディの日だったんですが、我々の聖人は何も後押ししてくれませんでしたね」

フランク・エドマンド・ライカールト・コーチ
「勝ちたかったのは山々だが、この内容を見た人は、我々が抜けるんではないかと確信を持ったはずだ。ベストゲームとは言えないまでも、かなりウマくやれたと思う。オールドトラッフォードで先に点をとれたら、かなり相手は焦るだろう。今日のユナイテッドは、かなり守備に重点を置いて、カウンター狙いの試合をやって来たわけだけど、我々には我々の哲学があるので、彼らのようなことはしないと約束しよう」

サミュエル・エトオ・フィル選手
「今日はユナイテッドを圧倒しようとか、目にもの見せようとか、そういう考えではプレーしていなかった。勝てばそれでOKだったんだ。ほとんどをコントロールしていたのにゴールできなかったのは残念だ。でも向こうで決めればアウェイゴールになるから、この段階で引き分けは決して悪い結果じゃない」

チャヴィエル・エルナンデス・クレウス "チャヴィ"選手
「来週のメッシはもっとやってくれるだろう。たとえフル出場は無理としても、相当の違いを見せてくれるに違いない」

ガブリエル・アレハンドロ・ミリト選手
「まさかユナイテッドがああいう戦術をとってくるとは予想していなかった。いくらなんでも、もう少し攻めて来るはずだと思ってたよ。内容からしたら勝って当然なんだけど、決められなかったのは運が足りなかったからかもしれない。でもチャンスを作れたのは明らかにポジティブだ。あとはフィニッシュだけじゃないか」

サー・アレックス・ファーガソン・コーチ
「今日はよ、バルセレソンが一番つかいてぇエリアを徹底して塞いだからな。みれ、ヤツら大したチャンスも作れねぇでよ、ボックスの周りウロウロするだけだったじゃねっぺか。まったくもってな、ここで0-0はプラン通りだっぺ。あとはオールドトラッフォードでコテンパンにしてやっぺ。オラっちのとこじゃ今日みてぇなことさせねぇから覚えとけってからに。ペナルティ?始まって直ぐにいきなり蹴れって言われたってな、そりゃ難しかったに決まってっぺ。残念は残念だけどよ、他のプレーじゃ今日もさすがだったっぺ」

クリスティアーノ・ホナウド・ドス・サントス・アヴェイロ選手
「今日は当たりどころが悪かったかもしれない。けど、大丈夫だよ。これはオールドトラッフォードでの試合を盛り上げるための演出なんだ。もう1本ペナルティがあったはずなんだけど、何故だか審判は吹かなかったね。どうしてなんだろう?確かにマルケスは僕を押したんだけど」

リオ・ファーディナンド選手
「大満足だよ。だって、ここでの目的はバルセレソンに得点させないことだったんだもの。ただペナルティは残念だったよね。でも、あれは運だから仕方がないよ」

バルセレソン
GK1:ヴィクトル・ヴァルデス・アリバス
DF11:ジャンルカ・ザムブロッタ
DF4:ラファエル・マルケス・アルヴァレス
DF3:ガブリエル・アレハンドロ・ミリト
DF22:エリック・アビダル
MF24:グネグネリ・ヤヤ・トゥーレ
MF20:アンデルソン・ルイス・デ・ソウザ "デコ" (77分-14:ティエリ・ダニエル・アンリ)
MF6:チャヴィエル・エルナンデス・クレウス "チャヴィ"
FW19:リオネル・アンドレス・メッシ (63分-27:ボイャン・クルキッチ・ペレス)
FW9:サミュエル・エトオ・フィル
FW8:アンドレス・イニェスタ・リュハン

マンチェスター・ユナイテッド
GK1:エトヴィン・ファン・デル・サル
DF4:オーウェン・リー・ハーグリーヴス
DF5:リオ・ファーディナンド
DF6:ウェスリー・ブラウン
DF3:パトリス・エヴラ
MF18:ポール・スコールズ
MF16:マイクル・キャリック
MF7:クリスティアーノ・ホナウド・ドス・サントス・アヴェイロ
MF13:林家ペー
FW10:ウェイン・ルーニー (76分-17:ルイス・カルロス・アウメイダ・ダ・クーニャ "ナニ")
FW32:カルロス・アルベルト・テヴェス (85分-11:ライアン・ギグス)

主審:マッシモ・ブサッカ (スイス)

この幸せ者

ギジェルモ・コッポラ氏とビジネス上のことで争っているマラドンが、公判のため何故か元妻と一緒に裁判所へ出廷したそうですが、その帰りは予想通りメディアに追いかけ倒されました。しかし、あまりにもヒドかったので、思わずその辺にいたカメラマンにパンチをお見舞いした模様。マラドンに殴られるなんて、あんた幸せだな。

それでもあれだけセーブして

シュスター・コーチの自称世界最強ディフェンスについてイケル・カシージャス選手は「ひょっとするとそうかもしれない」などと思いはじめた模様。

イケル・カシージャス・フェルナンデス選手
「セルヒオとかミゲルとかハインツェとか、異なるポジションを平然とこなせるようなディフェンダーはこれまでいなかったはずだ。カバーという意味では確かに今までで最強の人員かもしれない」

残留

ミラノの2大バカと噂になっているアクアフレッシュですが、代理人はカリャーリ残留を主張。

パオロ・ファッブリ代理人
「インテルもミランも今のところないですね。可能性としてはインテルでしょうが、それでも最低1シーズンは修行が必要かと思います。ミランに関しては単純にメディアの作文でしょう。カリャーリが生き残った時点で、来季の残留が決まると思います」

失礼だ

イングランドの典型的な野次に「自分でなにをやってるのか分かってねぇだろ?」というのがございますが、補強に関してこれを言われちゃったヴェンゲル・コーチは「批判は甘んじて受け止めるが、この種のものは受け入れがたい。失礼だ」と非常に憤慨している模様。

再就職

放出だ、残留だ、と騒がれているリュングベリ選手にはフィオレンティーナが興味を示しており、移籍金500万ユーロを出す模様。

復帰

膝を壊して離脱中だったセバスティアン・ラーション選手が、バーミンガムのトレーニングへ復帰。

戦力外

ウィガンで戦力外となっているアガホワ & オレンベ両選手は、カイセリシュポールと交渉中。

Copyright © 1997-2008 0-0 <empate>. All Rights Reserved.
Apple, the Apple logo, and Mac are trademarks of Apple Computer, Inc., registered in the U.S. and other countries.
The Made on a Mac Badge is a trademark of Apple Computer, Inc., used with permission.