Information
Archives
モッジ・フォン

ルチアーノ・モッジ氏が極秘指令を出すための外国製SIMカードを9名の審判に配っていた疑いで起訴された模様。その9名中3名は、現在もセリエAで笛を吹いているそうです。

追加タイムのオウンゴールもビックリ

ザンパリーニ会長が「ガッツと交換してくれるなら、アマウリやるぞ」とミランに提案している模様。マフィア島にガッツさん、毒をもって毒を制すのか。

マウリツィオ・ザンパリーニ会長
「私は他のクラブの補強について口を出したくない。しかし、出っ歯がミランで機能するとは思えんのだ。もちろん名前だけならファンは大変に喜ぶだろう。だが、名前で喜ばれるのは最初だけだ。そのうち給料泥棒と叩かれるのは目に見えている。ミランに必要なのはルカ・トニやドログバやアマウリのようなゴールの職人だ。この段階で、我々のターゲットを明かすのは非常に不利なのだが、あえて言おう。ガッツ、お前が欲しい」

バルセレソン仕事

出っ歯の法外な価格に殿はビックリしているようですが、ブロンツェッティ氏は「最初に望む金額の倍を要求するのはバルセレソンの常套手段」と忍耐を求めている模様。

エルネスト・ブロンツェッティ代理人
「ミランがバルセレソンの要求額に二の足を踏むのは仕方がないでしょう。明らかにボッたくりすぎですから。しかし、まず最初に希望額の倍近い値段を持ち出すのは、バルセレソンの常套手段なんです」

憎いんだもの

積年のライバルであるコルチェスターがリーグ1への降格危機ということで、大変に喜んでいるサウスエンド・ユナイテッドのスタジアム・アナウンサー。

「♪ピンポンパンポ〜ン。ここでウォーカーズ・スタジアムの途中経過をお知らせいたします。前半を終わってレスター0点、コルチェスター0点でございます。しかし、ご心配は無用です。たとえコルチェスターがここから100点とったとしても、ヤツらの降格は揺るぎません!」

デブ・ネタ2

オールドファームダービーにてセルティック・ファンがレインジャースのダルシェヴィル選手に向かって飛ばした野次。

「太ったエディ・マーフィめ!」

スケープゴート

レディング戦にて、スッカリ自棄っぱちになっちゃったアーセナル・ファン。

「アンリが悪いわけじゃない。怪我のせいでもない。審判は公平だ。み〜んな、エブエが悪いんだ!」

表現力

タイン・ウェア・ダービーのラジオ実況を担当したBBCのアナウンサー。

「ボロカッスルの選手が壁を作っています。まるでバーコードのように見えます」

ニュー・システムの誕生

アーセナル v レディング戦の解説を担当した酔っ払いマーソン氏。

「このスターティング・メンバーからすると、おそらくシステムは3-5-3だな」

嬉しい辞任じゃ

殿は首相に就任するためミランの会長職を辞した模様。寂しいなぁ、殿。張り合いなくなっちゃったよ。

勉強になるなぁ

その殿は、フットボール・クラブの外国人オーナー化について、こんなこと言ってます。

首相
「ワシは外国人投資家には反対しとらん。チェルスキーや‘リーガプール’を見よ。彼らのファンは、いまとても幸せそうじゃないか。海外マネーでチームが強化されるのであれば、それはもう大歓迎するぞ、うぇ〜へっへっへっ」

そうか、リーガプールのファンは幸せで一杯だったのか。あれは幸せになりすぎて贅沢病を患っているに違いない。

調整しろ

国政のためミランを去る殿ですが、クラブには「シェヴチェンコだ!」とキツく言い残して去る模様。しかしカルロはパト & パロスキを正式なコンビにしたいと言い張り、ミニ・ミー副会長は勝手にアデバヨール選手の代理人と密談する始末。

改革しろ

イタリアの復権を望む殿は「セリエAはチームが多すぎだ」と文句を言ってる模様。

首相
「リーグには競争力がなければならん。せっかく大金を投じてチームを作っても、地方の聞いたこともない小さなスタジアム、それも半分も人が入らんような所で試合を強いられるのは、どう考えても理屈が通らん。誰もな、リヴォルノ対ミランなんぞ観たくないのだ。強い者は強い者どうして競争を行う。そうすればお客も一杯来るし、テレビの視聴率も上がるし、ヨーロッパでの競争力もつくってものだ」

もう分かりません

ミニ・ミー副会長の弱気な発言でシティが出っ歯に乗り出しましたが、それを耳にしたチェルスキーが「シティなんぞがなにをするスキー」と意地になって乗り込んで来る模様。

観たかもわからんが

カイト選手が「ファン・バステンさん、ご覧いただけましたか?」と昨夜のゴールをアピールしているそうですが、きっとリーセさんのビックリ・オウンゴールで、あなたの得点など忘れられていると思う。

第一目標

ドログバかフンテラールかでフロントが真っ二つだったレアル・サンマリノですが、このたび「まずは即戦力のドログバへ行こう」ということで意見がまとまった模様。

争奪

ヴィラとボロカッスルがボーンマスFWサミュエル・ヴォクス選手に興味を示している模様。

バックアップ

ギャレス・バリー選手に移籍の噂があるヴィラは、保険として500万ポンドでシドウェル選手を穫りに行く模様。

3度目

カーズリー選手をクマさんから狙われて非常に恐れているモイス・コーチは、保険としてポンペイMFショーン・デイヴィス選手を穫りに行く模様。モイス・コーチがデイヴィス選手にオファーを出すのは、これで3度目。

デルビー・サロニカ

ジャンナコプーロス選手にはアリスとイラクリスの両サロニカが興味を示している模様。

恨みます

ボロカッスルでは立ち直れないほど叩かれたブランブル選手が「セント・ジェイムズ・パークのファンは偉大だって言うけど、本当に偉大なファンだったら50年間もタイトルがないなんて事態は招かないはずだ」と喧嘩を売ってる模様。

タイタス・ブランブル選手
「好い時には擦り寄り、悪い時には一斉に叩く。気に入らないコーチがいたら、後先考えずに追い出そうとする。実にご立派なファンだ。さすが50年も不毛な戦いを続けるだけあるよな」

馬鹿オファー

おそらくルカ・トニ選手の強力な推薦があったのでしょうが、バイエルンがフィオレンティーナやユーヴェに対抗し、バルツァーリ選手へ1300万ユーロの値をつけた模様。

急展開

アマウリ選手の交渉に疲れたユーヴェは、このままだと競争入札になるボッリエッロ選手をジェノアへお願いしている模様。

ユダヤ人め

ジョージ・ソロス氏は「私がローマを入手できたら、マルチェロ・リッピ・コーチをGMとして連れて来る」などと豪語している模様。

フランチェスコ・トッティ選手
「ASローマはローマ人のクラブだ。だからローマ人によって運営されるべきだと思う」

社風

アトレティコの噂についてアルメリアのウナイ・コーチは「チャンピオンズリーグ圏内なのに、なぜコーチを交代させる必要があるのか不思議だ」とコメントしているそうですが、その不思議なことを沢山やらかすから、アトレティコはいつまで経ってもアトレティコなんです。

交渉がヘタだっフェ

スパーズはカタ・ディアス選手に600万ユーロの値をつけたそうですが、ヘタフェから「ユーヴェを800万ユーロでも追っ払ってやった」と言い返され「勉強し直します」と帰路についた模様。

人使いがウマいフェ

そのカタ・ディアス選手の獲得レースではセグンダ・ベティスと激しい争奪戦を行ったアンヘル・トーレス会長ですが、最後にアボンダンシエリ選手に説得を任せてゲットした模様。

言ってられない

ヴォロ・コーチは追放トリオを戻すと宣言しましたが、それはクラブ側からするとマズいのではといった意見もある模様。しかし、もはやそんなことを言ってられる状況ではないので、クラブは黙認するそうです。

サルヴァドール・ゴンサレス・マルコ "ヴォロ"コーチ
「クラブ側から私への指示は何もない。自由にやらせてもらっている。もし、あの3名のコンディションが良好であるなら、間違いなく選択肢に入る。ただし、彼らは精神的に辛い思いをしているので、まずその辺りから立ち直ってもらわなくてはならない」

マルセリーノ・ガルシア・トラル・コーチ
「代理人がセグンダと話をしているようだけど、今すぐサインがどうこうといった段階ではないと聞いている。もし動きがあるのなら、嘘のつけない私なので、必ずそう言うだろう」

ご就任 (1)

セグンダの新しいスポーツダイレクターに、かつて11番をつけてストライカーをやっていたファン・サンチェス氏が就任。

ファン・ヒネス・サンチェス・モレノ氏
「去る選手とか来る選手については考えたくない。そういう議論をするために来たんじゃないよ。とにかく生き残らないと先の話などないんだ。今ここで求められる選手はハングリーな者だ。それが最低条件だよ」

ご就任 (2)

シャルケは来季からの指揮官として、トゥヴェンテのフレッド・ルッテン・コーチを2年契約で招聘。

ヤクザの抗争

ラシン・クルーブMFマティアス・アリエル・サンチェス選手には、エストゥディアンテスとアトレティコが興味を示している模様。

面白かったですね

アンチフィールドで追加タイムの笑点を存分に堪能したセッコ・ダイレクターは、チェルスキーへクディチーニ選手の交渉を申し込む模様。

辞める

新規の条件に失望しているケヴィン・フィリップス選手は、たとえウェスト・ブロムがプレミアシップへ復帰したとしても移籍すると主張しており、ブルース・コーチがオファーを用意。

マジですか

ヴィラが500万ユーロほどでサンプドリアのクリスティアン・マッジオ選手を穫りに行く模様。

その気持ちはわかる

デ・ラ・レド選手が「あれだけ戻って来いと何度も何度も何度も何度も言うのなら、シュスターはオレをレギュラーにするんだろうな?」と、新しい脅迫を実行している模様。ソルダードにされたら暴れた方がいい。

身から出たサビ

誰もオレの退場処分を慰めてくれない、などとホザいていたセルヒオ・ラモス選手にミランが急接近している模様。退場になって「まぁ、気にすんなよ」と言ってもらえるのは、2回までだ、馬鹿者が。

言いがかりだ

サー・アレックスは『レーニン、スターリン、ヒトラー ‘社会的恐慌の時代’』なる本を片手にバルセロナへ向かったそうですが、この本の著者はチェルスキー・ファンですって。

ロバート・ジェラテリ:フロリダ州立大学教授
「私の著書は主に独裁者のリーダーシップについて触れております。これを読めば、彼らがいかにして恐怖を武器に人々を操ったかを学ぶことができます。実際ですね、この本から何かを獲たかどうかにかかわらず、ユナイテッドには勝って欲しいですがね」

それはアテにならん

ジャン=クロード・ブランCEOが「フラミーニは熱心なユヴェンティーノなので、ミランには行きません」と自信満々で語っているそうですが、このすぐ下の記事を見よ。

ジャン=クロード・ブランCEO
「ユーヴェには野心的なプロジェクトが数多くありますし、来季はチャンピオンズリーズへ復帰します。一方、ミランには何があるんでしょうか?」

解体するぞ

すっかり優勝だと調子に乗ってるレアル・サンマリノの面々は、バルセレソンを応援するそうですよ。ぶっ飛ばすぞ、お前ら。

ウェスリー・シュネイデル選手
「実はわたくし、子供の頃から熱烈なバルセレソン・ファンでして、是非ともビッグイヤーを穫ってもらいたいなと心から願っているんですよ」

ベルント・シュスター・コーチ
「実はわたくし、こう見えてもバルセレソンでプレーしたことがありまして、今でもシンパシーを感じているんですよ」

どいつもこいつも

一方、隣りのクラブのエースもバルセレソンを応援するそうですよ。

ディエゴ・マルティン・フォルラン・コラソ選手
「ユナイテッドにはとてもお世話になったし、友だちも多い。けど、バルセレソンにはアミーゴのミリトがいるんだ。もし、どちらかを応援しろと頼まれたら、バルセレソンを選ぶだろう。メッシが出られるみたいだから、彼を中心にバルセレソンらしいフットボールを展開出来れば、苦もなく倒せると思うよ。ただ、サー・アレックスはただ者じゃない。どこかウマく行っていない部分があったら、すぐに手を打ってくるから油断は禁物だよ」

ドログバ売ります

チェルスキーは「マリオをいただけるなら、今すぐドログバを行かせまスキー」とインテルに迫っている模様。

来シーズン頑張ります

もう何もかも諦めちゃったヴェンゲル・コーチは、シーズン残りをファビアンスキ選手で行くことを検討中。

ズラが落ち着かん

ズラの将来の希望はリーガ・エスパニョーラかプレミアシップだそうです。

ズラタン・イブラヒモヴィッチ "ズラ"選手
「イタリアでの暮らしはとても快適だ。だけどオレにだってズル剥けの野心ってヤツがある。プレミアシップやリーガ・エスパニョーラっていうのは現実的な夢だよ」

オファーがあるだけ幸せだ

我々の期待を決して裏切らない、これぞ芸人の中の芸人といったリーセさんですが、とにかくリーガプールの大先輩が「来て欲しい」と強く願っているそうです。

やるのか

サー・アレックスはメッシ・マンマークを計画しているそうで、それはハーグリーヴス選手が担当する模様。

ご降格

激烈な残留争いが展開されているプレミアシップですが、ダービーに続いて降格の決まった方がいるそうです。それは今季もっとも面白ジャッジを乱発したロブ・スタイルズ主審でございます。そして、落ちる先は、なんとリーグ2ですってよ、奥さん。

ダウン

モリエンテス選手が高熱と激しい腹痛に襲われ病院へ担ぎ込まれたそうですが、原因は検査してもよく分からん模様。

それでラウールにはないのか

セグンダ・ヴァレンシアの政変により追放トリオの復活が決まりましたが、爺ちゃんは「残り試合のパフォーマンスによっちゃ3人ともユーロのチャンスはある」などと言っとるそうです。

ルイス・アラゴネス・スアレス・コーチ
「呼ぶも呼ばんも、どれだけクラブでの出場機会があるかによる。戦いへ向かう選手には身体的にも精神的も戦術的にも十分に良好な状態でいてもらいたいんじゃ。とりあえずだな、あの3名の当面の仕事はセグンダ・ヴァレンシアをどうにかすることだ。後のことは、それ次第だな」

オファーお待ちしております

カタニアはヴァルガス選手に興味を示しているナポリに「オファーを出してください」と要請。

ピエトロ・ロ・モナコ・スポーツダイレクター
「ナポリはイタリアを代表するスーパー・クラブですし、北のクラブへ持って行かれるよりは彼らに譲った方が遥かにいいです。ただ正式な打診がありませんから、穫る気持ちがあるのなら、いつでもどうぞと言いたいです。ただ、1300万ユーロは譲れませんがね」

十戒

ユーヴェは2年ぐらいに渡ってジョーダンズのヴィクター・モーゼ選手をチェックしているそうで、そろそろオファーを出す模様。

ノーリターン

ラツィオへ帰るか、ユーヴェに残るかと質問されたステンダルド選手は「そりゃユーヴェに決まってんだろ」と答えた模様。

ギジェルモ・ステンダルト選手
「ユーヴェに残りたくないなんて人間が、この世に存在するとは思えない。ただ、僕の状況は、僕ではなにも決められないんだ。だからあまり触れたくない」

ご延長

移籍が濃厚と報じられていたルイス・ファビアーノ選手は、セヴィージャとの契約更新を決めた模様。

ルイス・ファビアーノ・クレメンテ選手
「セヴィージャには絶対に不可能な待遇なんか要求していない。僕の希望は出来るだけ長くここでプレーすることだ。たとえチャンピオンズリーグへ出られないとしても関係ない」

やりかねん

若手の成長ぶりについてオニール・コーチが「アシュリー・ヤングにはバルセレソンへなんて話が出るかもしれんな」と冗談まじりで語っていたようですが、アンリと交換しませんかと言いかねない状況ですからね、今のバルセレソンは。

政策じゃ

金まみれで中身のないプレミアシップ化を防止するため、殿がフットボール・クラブに対する外国人のTOBを阻止する法案を用意していると報じられましたが、用人は「いかにも殿が考えそうな政策ですが、実際はそんなことないです」と否定。

凄いクラブだなぁ

昨夜はヒッキーが来るということでアンチフィールドのパルコは、安全確保やパリーCEOなどとの接触を避ける理由で一部の席が閉鎖されました。これにより紳士やマクリーシュ・コーチらがプレス席の方へと追いやられるハメになった模様。

ぷっ

グラント・コーチは試合直後にオーナーと電話会談を行っていたそうです。

アヴラム・グラント・コーチ
「はい、ボス、そりゃもうナイスな結果でございます。はぁ、なんですか?いやいやいや、偶然ではございません。ヤツらはラッキーで耐えてただけです。これは私の戦術が功を奏したんです。遅かれ早かれ、こういう結果になるのは確信しておりましたです、はい。えっ、ゴール?リーセ、ヨン・アルネ・リーセでございます。えぇ、さすが、肝心な所でやってくれる男ですよ」

クレーマー

ラファさんが「後半の追加タイムは異常に長い!」とコンラド・プラウツ主審にクレームをつけている模様。この方はグループリーグのマルセイユ戦も担当されていて、マルセイユの勝利に貢献した大変に素晴らしい審判です。その世界的な審判に対して、あまりにも不遜な態度だ、リーガプールは。

ラファエル "ラファ" ベニテス・マウデス・コーチ
「あの審判はマルセイユ戦を担当していたので、何をやらかしてくるかは大体わかっていたが、非常になんともアレだな。そもそも前半の追加タイムが1分足らずなのに、後半がいきなり4分っていうのは如何なものかね。もちろんオウンゴールが審判のせいだと言うつもりはない。だが、説明のつかない追加タイムの中で決まったのは確かなんだ」

人がいないんです

アンチフィールドの殺伐とした空気を感じて、自分なんかまだマシな方だとしみじみ感じたという紳士ですが、ポンペイ戦でエラーノを右サイドバックで起用したことを突っ込まれ「彼は元々そこですから」と逃げ回ってた模様。

スヴェン・ヨラン・エリクション・コーチ
「怪我や体調不良で8名を欠いている状況でした。そのうち4名がディフェンダーです。シティには7名しかディフェンダーがいませんので、誰かをコンバートする必要があったわけです。そこで、ブラジウ時代はサイドバックをやっていたエラーノにお願いしたんですよ。セレソン・ブラジレイラでも好いプレーをしていましたから、彼なら大丈夫だと思ったんです」

今さら何を言うか

辞任したPSGのアラン・カイザク前会長は「本当はジョゼを呼びたかったんだ。言われているほどお金はかからなかったのだが、接触するのがあまりにも遅くて・・・」と愚痴りまくってる模様。

弱気で強気

スクデットについては「もう無理」と言い切っているトッティさんですが、自分の身体については「3週間もすれば走れるようになる」と主張。

売却

ハマーズのダクスバリ氏は「もちろん人員整理は行いますが、それは起用するあてのない余剰人員だけです」と、スター選手の放出はないことを主張。

スコット・ダクスバリ・コマーシャルダイレクター
「今のチームが人員過剰なのは否定できません。しかし放出するのは起用されない選手が中心となるでしょう。全体的には若いチームなので、ニールやリュングベリやベラミーのようなベテランは欠かせません」

Copyright © 1997-2008 0-0 <empate>. All Rights Reserved.
Apple, the Apple logo, and Mac are trademarks of Apple Computer, Inc., registered in the U.S. and other countries.
The Made on a Mac Badge is a trademark of Apple Computer, Inc., used with permission.