Information
Archives
イングランド・プレミアシップ SkyTVスペシャル

エヴァートン 0-1 スパルタク・チェルスキー (主審:マーティン・アトキンソン)
チェルスキーの得点:41分ミカエル・エシェン

エヴァートン
GK24:ティモシー・マシュー・ハワード
DF2:トニー・ヒバート
DF4:ジョセフ・ヨボ
DF16:フィリップ・ジャギェルカ
DF5:ジョレオン・レスコット
MF18:フィリップ・ネヴィル
MF26:リー・カーズリー
MF23:マヌエウ・エンリケ・タヴァレス・フェルナンデス "マヌ"
MF20:スティーヴン・ピエナール (63分-28:ヴィクトル・アニチェベ)
FW22:ヤクブ・アイェグベニ
FW8:アンドリュー "AJ" ジョンソン (62分-10:若山富三郎)

スパルタク・チェルスキー
GK1:ペトル・チェヒ
DF20:パウロ・ヘナト・レボーショ・フェレイラ
DF6:ヒカルド・アウベルト・シウヴェイラ・デ・カルヴァーリョ "リッキー"
DF26:ジョン・テリー
DF3:キャシュリー・コール
MF12:ジョン・オビ・ミケル
MF5:ミカエル・エシェン
MF24:ショーン・ライト=フィリップス (81分-4:クロード・マケレレ)
MF10:ジョー・コール (77分-15:フロラン・マルダ)
FW39:バカ
FW21:サロモン・カルー

ひぃ〜

トレーニングで大腿四頭筋を傷めたイアクィンタ選手は、復帰まで少なくとも3週間は必要と診断された模様。

復帰

膝の半月板手術により今季絶望と報じられていたオッド選手は、予定より早くトレーニングへ復帰した模様。

マッシモ・オッド選手
「日曜の試合に出るのは無理としても、ここ数日の経過で復帰の時期を探りたい。いずれにしても使うか使わないかはカルロの判断だよ」

協力します

イケル・カシージャス選手が「ラシンを倒してアトレティコをチャンピオンズリーグへ連れてってやる」と主張している模様。

イケル・カシージャス・フェルナンデス選手
「だってアトレティコはバルセレソン相手に協力してくることが多いじゃないか。たまにはお返ししないとね。ぼく個人としてもマドリッドのクラブが盛り上がるのは大歓迎だよ。アトレティコには好い戦力があって、熱心なファンがいる。ヨーロッパに相応しいビッグクラブだと思ってるんだ」

主将交代

スパーズのキャプテンはレドリー・キング選手ですが、怪我が多くシーズン通してプレー出来ない者に任せるのは如何なものかとファンデは感じており、来季から別の選手へ変更することを検討中。

ガッツのない政策

ガッツさんの売却の噂についてマルディーニ選手は「頭おかしいんじゃないのか?」と憤慨している模様。

パオロ・マルディーニ選手
「メディアは一斉にそんな報道だったけど、もし本当ならガッツを求めるクラブは山のようにあるだろうね。ただ、ミランがそんなバカなことを考えるわけはないし、ガッツ本人も移籍の希望なんか持っていないと思う」

脅した

ナポリがカヴェナギ選手を欲しがってるということで、同国のラヴェッツィ選手が一枚かんだらしく「あいつは来るぜ」と言い放っている模様。お値段は1000万ユーロほど。

オレがカペッロだ

どうも今ひとつ核になるような選手がおらんと嘆いているカペッロ・コーチは、スコールズ選手の脅迫に乗り出す模様。

オレが仲介する

ポマードの招きでクラシコを観戦するスーケル氏は「モドリッチ買えよ、ば〜か」と勧めている模様。

ダヴォール・スーケル氏
「ディナモがそこら中に売り込みをかけていて、何がどうなってるのかよく分からんのだけど、だからってこのタレントを逃す手はないぞってポマードに言ってやったよ」

盛り上げるぞ

出っ歯兄は「せめてカンプ・ノウのファンにお別れを言う機会をくれ」とチキに頼んだそうで、5/11のマジョルカ戦あたりを検討している模様。

インテルの金でミランを買収

どうにかしてボッリエッロ選手のパスを買い取りたいジェノアは、コンコ選手をインテルへ売りつけた金を、そのままミランの口座へ入金させる勢いだそうです。

私が治す

代表レベルで面白いネタを提供するアイルランド選手を、アイルランドの英雄が800万ポンドで引き抜きたいそうです。

ロイ・キーン・コーチ
「本人にどんな問題があろうともだな、凄く好い選手であるのは疑いようがないんだ」

バスクの魂が逆効果

そこまで起用されないなら考えたらどうか?と周囲から説得されているエスケーロ選手ですが、クラブから出て行けと言われない限り残ると主張。

第2のデブ

デブの重傷を予見できなかったミランの医者がですね、パトの筋肉の障害は原因がわからんと頼もしいことを言ってる模様。

不安な名前がチラホラと

ユーロを担当する主審でございます。ファイナルはリュボス・ミヘルさんで鉄板。

コンラド・プラウツ (オーストリア)
フランク・デ・ブリーケル (ベルギー)
ハワード・ウェブ (イングランド)
ヘルベルト・ファンデル (ゲルマン)
キロス・ヴァッサラス (ギリシャ)
ロベルト・ロセッティ (イタリア)
ピエーテル・フィンク (オランダ)
トム・ヘニング・オヴレボ (ノルウェー)
リュボス・ミヘル (スロヴァキア)
マヌエル・エンリケ・メフト・ゴンサレス (スペイン)
ペテル・フロイドフェルド (スウェーデン)
マッシモ・ブサッカ (スイス)

酷い

移籍金では折り合っており、あとは誰を交換要員として出すかが問題となっているパレルモとユーヴェによるアマウリ選手の交渉ですが、アーセナルが年俸400万ユーロを餌に乗り込んでくる模様。この給料はユーヴェの提示するものより多いそうです。

こら、マンチョ

「トッティはウディネーゼ戦で退場させられるべきだった」というインテルのコーチの発言について、センシ嬢が「余計な口出ししてないで、自分のチームの世話でもしてりゃいいのよ、このロクでなし」と大変な剣幕で反論しているそうです。女を怒らせたら始末に負えんと、あれほど言うておるのに、ばかマンチョ。

オレが世界の中心

メッシやカカーは来てくれるか?と質問されたグラント・コーチは「もちろん苦もない話だ。なぜなら、チェルスキーは世界のビッグクラブだもの」と答えた模様。

国家の一大事でござる

ロシツキ選手が間に合わないという最悪の事態が予想されるチェコ代表の主力選手は、みんなネドヴェド・カモ〜ン状態だそうです。

ヤン・コーラー選手
「反対する理由など何もない。マジで来てくんねぇかな」

ラドスラフ・コヴァチ選手
「ユヴェントスでは実にコンディションがよさそうだ。きっとユーロでも同じように活躍してくれるに違いない」

ペトル・チェヒ選手
「僕は今でもパヴェルはチームの一員だと思っている。簡単にあきらめられる人材じゃない。このチームには最高レベルでの経験と技術を持ったパヴェルが必要なんだよ」

決裂

ベルバトフ選手とスパーズの契約更改交渉が決裂したようで、移籍になる可能性が大。

エミール・ダンチェフ代理人
「年齢的にも27ですから、タイトルを望めるクラブへ行きたいわけです。それもチャンピオンズリーグ・レベルの話です」

久々にプチっと

審判への異議によりユーヴェ戦で退場処分を受けたフェルナンド・コウト選手ですが、その後キエッリーニ選手に綺麗なパンチを見舞っている映像が見つかり、合計4試合ほどの休養が言い渡される模様。

ふふふ

左膝の具合が思わしくないズラは、少なくともあと10日ほどは別メニューでリハビリを行うことになった模様。

どうすんだか

解雇の恐れもあるというホビーニョ選手ですが、代理人は強気で給料倍増を要求する模様。その場合にレアル・サンマリノは、17条の放棄と1億5000万ユーロの違約金を迫るそうです。

協定

マドリッドの2大バカと余剰人員の受け入れについて協定を結んでいるというマジョルカには、さっそくアトレティコから「フラドをどうか」という話が来ている模様。ただしフラド選手については、ヘタフェのアンヘル・トーレス会長が「ウチで育てて後悔させてやる」と打診中。

そら見たことか

高い移籍金のわりには、18試合でたったの2得点とはこれいかに?とバカに対する風当たりが強くなってきているそうですが、グラント・コーチは「たかが数ヶ月で答えを出す問題じゃない」とバカって、じゃないカバっている模様。

今季終了 (1)

脛骨を傷めてパウメイラスで治療を受けているホベルト・カルロス選手は、全治まで少なくとも12週間は必要と診断された模様。

今季終了 (2)

膝にメスを入れることになったサンダランドMFディクソン・エトゥフ選手の復帰は、来季となった模様。

リストラせよ

「君はコストパフォーマンスも考えなきゃいかん」とオーナーからキツく言われたカービシュリー・コーチは、ニール、ダイヤー、リュングベリ、グリーン、アシュトンら高給とりのリストラを考えている模様。ちなみに、最後の2名についてはですね、狙ってるクラブが多いので、皆さん泣いて喜んでいるそうです。

ちぇ

ユナイテッドはベンゼマ選手の料金として3000万ユーロ近い金額をリヨンへ打診したそうですが、受け入れてもらえなかった模様。

だからよ

ユナイテッドは3000万ユーロで轟沈したのに、なんで2500万ユーロでどうにか出来ると考えてんだ、バルセレソン。

さすがだ

ユナイテッドは3000万ユーロで轟沈し、バルセレソンは2500万ユーロの頓珍漢な値段を出している昨今ですが、インテルは「アドリアーノをオマケで」と最もおちゃらけた条件を用意。

インターセプト

バーミンガムはカタールへ出向いてサラーテ選手の交渉をしているそうですが、バルセレソン、スパーズ、ボロカッスルらは、現金でど〜んと買うぞと迫っている模様。

どうかひとつ

QPRは現在ワトフォードへ出向中のフルアムFWコリンズ・ヨン選手を50万ポンドで穫りに行く模様。

後任

2トップに移籍の噂があるセヴィージャは、フルアムのディオマンシ・カマラ選手に興味を示している模様。

争奪

ポンペイ、シティ、ボロカッスル、スパーズらがポルトFWリサンドロ "リチャ" ロペス選手を奪い合っている模様。

ストライキ

遂にコーチまで逃亡してしまったレヴァンテですが、相変わらず給料が滞っている中でプレーを続けている選手たちは、そろそろ我慢の限界となり、再来週のレクレ戦までにクラブ側が誠意を見せなければ、その後の試合を拒否する意向。同じ地域にあるクラブなんだから、クーマンなんぞに900万ユーロも無駄金を払うくらいなら、レヴァンテを助けてやったらどうだ、ヴァレンシア。

ルイス・マヌエル・ルビアレス・ベハール選手
「我々は長い間、無給で厳しいリーグを戦ってきました。しかし、このあたりが限界であり、レクレ戦を1つの目処に、それまでに何らかの解決が見られなければ、その後のプレーを拒否するということを決めました。これは選手一同が納得して出した結論です。この行動によって多くの皆さんにご迷惑をかけることになります。しかし、本当に苦しんでいるのは、我々選手です。ファンの皆さんには、ご理解いただけると信じています」

マジョルカの紅白戦にてフェルナンド・ヴァレラ選手がバジェステロス選手へ物凄いタックルを喰らわせた模様。その後の展開は各自で想像していただくとして、とりあえずトレーニングは早々に打ち切られました。

これが大人の仕事

ブルース・コーチが優勝候補のビッグクラブと対戦する時には、必ず傾向と対策を伝授していたというサー・アレックスですが、そのお礼をパラシオス選手とヴァレンシア選手で払えと要求する模様。お金は2人あわせて1000万ポンドで満足しとけってからに。

大逆転

ホビーニョ選手にはベンチからも外されるという話が出回っておりまして、そうなったらサヴィオラ選手の出番となる模様。

腹黒い男

代表でコンビを組んでから急速にバリー選手とマブダチ化しているジェラード選手が、リーガプールへ引き抜こうと裏で何やらコソコソしているそうですよ、この政治家め。

疫病神

スカイTVのヒッキーのインタビューは、予想通りリック・パリーCEOの総攻撃に終始した模様。

トム・ヒックス共同オーナー
「リック・パリーのもとで何を成し遂げたのか、冷静に振り返ってもらいたい。何もない。彼は疫病神のようにクラブへ寄生するダニだ。リーガプールといえば、フットボール界の一流ブランドなのだが、そのブランド力をビジネスに活かせないのなら全く意味のないネームバリュだ。とっくに最新鋭のスタジアムを備えておくべきだったし、スポンサーの数にしたって他のクラブと比べて大きく劣っている。彼は即刻クラブを去るべきだ。クラブを愛する彼の気持ちは私も理解しているが、だったら出て行くことが愛情を示す最大の行為じゃないのかね」

粛清

メディアにて「グラントがやるんだったら絶対にサインしなかった」と口走ってしまったベン=ハイム選手には、内部規定によりチェルスキーから2週間分の給料剥奪が言い渡された模様。ちなみに金額は8万ポンド。

アヴラム・グラント・コーチ
「テリーやアレックスやリッキーがいてだよ、ベン=ハイムなんぞに出番なんかあるわけないんだよ。あいつはジョゼに騙されたんだ。バカめ」

辞めたい

サブでも構わんとチェルスキーへ残り続けたクディチーニ選手ですが、やっぱり試合に出たいと移籍を希望している模様。今のところシティとヴィラが興味を示しているそうです。

ヒーロー・インタビュー

アナ「本日のヒーロー、トレセゲ選手に来ていただきました。トレセゲさん、ナイスゴールでした」
トレ「あしたぁ〜」
アナ「ゴールの瞬間を振り返ってみてください」
トレ「そうっすね、あのぉ、オフサイドっすね、あれは」
アナ「は?」
トレ「だから、オフサイド。思いっきり」
アナ「そうなんですか?」
トレ「そうっす」
アナ「・・・本日のヒーロー、トレセゲ選手でしたぁ!」
トレ「うい〜っす、うい〜っす」

なんでそんな契約したのか

コパ・デル・レイを獲得したセグンダ・ヴァレンシアですが、もはやクーマン・コーチの解任は決定となっており、問題は900万ユーロという違約金の処遇だそうです。

仕事師

セリエAやプレミアシップという選択肢もあるダニエウ・アウヴェス選手ですが、本人は最初からバリバリやりたいので、慣れているリーガ・エスパニョーラのクラブを希望。

オレが殿なら、お前はドン

首相が「連盟ともめとるならミランへ来るがよい」とドナドーニ・コーチを勧誘している模様。

首相
「ミランがベンチの変更を考えるとしたらだな、そりゃもちろんドナドーニは有力な候補と呼べるであろう。国の代表チームであれだけの仕事をしたんだ。間違いなくどこでも成功するだろう」

首相の公約

首相が「出っ歯はもう来る。ついでながら、ワールドクラスの凄いストライカーを連れて来るから期待しておれ」と、自信満々で答えた模様。どうせ、シェヴチェンコでしょ?

首相
「シェヴァがイングランドへ渡ったのは、ヤツの女房が子供のために必要だと脅したからだ。女房も説き伏せられない亭主もなんだと思うが、まぁあれだな、帰ってきたいのなら、ワシがいの一番に迎えに行くぞ。もちろん、政府の公用車でな、うぇ〜へっへっへっ」

身の危険

出っ歯が来たら背番号だけでなくポジションも奪われるごく潰しは、ミランからの逃亡を企てており、ヴァレンシアが現金 + モレッティなんて条件を出しそうなので、期待をしている模様。

意見は自由

キャラガー選手が「オレにいわせりゃスティーヴィはメッシもカカーも出っ歯も超えちゃってら」だそうです。心の中で思ってる分にはいいんでしょうが、口に出してしまうと恥をかくこともあるんでね。

非常に困った

深刻なスランプに陥っているケヴィン・ドイル選手とデイヴィッド・キトソン選手に怒り心頭を通り越しているというコッペル・コーチは、チャールトンからルロイ・リタ選手を戻すことも考えている模様。

スティーヴ・コッペル・コーチ
「アラン・パーデュとは試合ごとに話をしている。いざとなったらということも、ないわけじゃない。ただ今週戻ってもらうのは無理だろうな」

欠場

フランク・ランパード選手は家族が病気だということでエヴァートン戦は欠場する模様。

アヴラム・グラント・コーチ
「仕事は重要だが、時にはそれ以上のことがある。今はご家族の方が遥かに大事だ」

デイヴィッド・モイス・コーチ
「チェルスキーの逆転優勝など決して起きません。優勝はマンチェスター・ユナイテッドで決まりなんです。我々が悪あがきにとどめを刺してあげますよ。アヴラム・グラントは大変な状況の中を、よくやりました。しかし、ここが限界です。1年目としては上出来だと考えるべきですよ」

ファビオ・カペッロ・コーチ
「怪我人も殆どが戻ってきたんだよな?だったらユナイテッドに対抗できるチームはないな。チェルスキーがいくら頑張ったって、ユナイテッドが負けてくれなかったらしょうがないもの。個人的にはな、出来ることならアーセナルとの優勝争いだったらよかったのに。序盤のフットボールを見たら、間違いなくアーセナルが勝つと思ったんだけどな」

アンドリュー "AJ" ジョンソン選手
「マッチ・オブ・ザ・デーで指摘されるまで、100得点にリーチだって知らなかった。こうなったらチェルスキー戦で是非とも達成させたい」

フィリップ・ジャギェルカ選手
「チェルスキーは勝たないといけないから、立ち上がりからラインを押し上げ、ガンガン攻めてくると思う。カウンターしてやる、うへへ」

続かない

ヨーロッパではチェルスキーに対して分がいいリーガプールですが、ハゲは「そろそろやり返されても不思議じゃない」と、大変心配しており、抜け毛も増えている模様。

PTSD

心的外傷後ストレス障害の疑いもあったセンデロス選手ですが、父親によると「気が強いから多少のショックはあったろうが、今は普通だ」と主張。

後任

ジャンニ・デ・ビアージ・コーチを失ったレヴァンテは、今季の残りをBチームのホセ・アンヘル・モレノ・コーチに任せる模様。

ご延長

デ・ロペラのバカは残留を決めた時点で、パコ・シャパロ暫定コーチを正式な指揮官に任命し、12ヶ月の延長オプション付き1年契約を手渡す模様。

ば〜か

ガッツさんの補強についてウリ・ヘーネスGMは「確かに興味はある。ついでにピルロも」などと馬鹿なことヌカしてやがる模様。

交渉中

フィオレンティーナのパンタレオ・コルヴィノGMがブラジウへ飛んで、パウメイラスとカヴァリエーリ選手の交渉を行っている模様。先方の希望は450万ユーロ。

視察中

フィオレンティーナのマウロ・ペデルソーリ・スカウトは、ルートコへ飛んでガラタサライのサブリ・サリオグリュ選手をチェックしていた模様。

Copyright © 1997-2008 0-0 <empate>. All Rights Reserved.
Apple, the Apple logo, and Mac are trademarks of Apple Computer, Inc., registered in the U.S. and other countries.
The Made on a Mac Badge is a trademark of Apple Computer, Inc., used with permission.