Information
Archives
そうですか、それはそれは

セヴィージャの新星ディエゴ・カペル選手は、熱烈なレアル・サンマリノ・ファンだそうです。

ディエゴ・カペル・トリニダード選手
「ウチの家族はマドリッド出身なんだ。だから僕は小さな頃からレアル・サンマリノを応援している。ただ今はどちらかというとセヴィージャ・ファンかな。いずれにしても、レアル・サンマリノのような大きなクラブから注目されるのは光栄だよ」

首相命令

今まではミラン城の城主としての力しかございませんでしたが、これからはイタリア首相の地位が加わった殿は「出っ歯は来るかと?うん、兄貴はよく来るんだが、弟はな。しかし、可能性は非常に高いぞ。ワシらの得票率と一緒でな、うぇ〜へっへっへっ」と、ご満悦だった模様。

今季終了 (1)

レッジーナのアモルーゾ選手と接触事故を起こし、右肩を壊したサンプGKルカ・カステッラッツィ選手は、手術を行うこととなり、復帰は来季となった模様。

今季終了 (2)

鼠径部を傷めて離脱中のシェイ・ギヴン選手は、今季中の復帰は不可能となった模様。

チームにとっては如何なものか

ウィガン戦にパスカル・シガン、じゃない、志願出場したペトル・チェヒ選手ですが、医者はヤメとくれと言っていた模様。それで結果的に失点ですから、気持ちはありがたかったけど、イラリオにしときゃよかったって気分でしょうな、グラントさんは。

甘い

トッティさんから「地獄へ堕ちろ」と罵倒されたにも拘らず、退場処分としなかったニコラ・リッツォーリ主審には、職務怠慢による謹慎が言い渡される模様。

ホントに申し訳ないネタだ

ミランがガッツさんを売りに出すという話題で、レアル・サンマリノがディアラ選手の後釜として交渉する気が満々だそうです。しかも移籍金は2000万ユーロも出すとかで、ったく。

何を勘違いしているんだ

フェルナンド・トーレス選手が「レアル・サンマリノでプレーするのは不可能だ」などと口走っている模様。お前なんか、一生待ってたってオファーなんぞ来ねぇよ。

ミランそっちのけ

殿が首相に返り咲くということで、こいつぁ春から縁起がいいやなミランですが、殿ウォッチャーでありネタの狩人としては非常に寂しい限りだと思っております。まぁ、そんな話はどうでもよろし。実はインテルがですね、ジェノアにボッリエッロをどうにかできんか?と打診しているそうで、ジェノア側はアクアフレッシュを共同所有の形で譲ってくれるならOKとかって答えたんですって。国政なんかやってる場合じゃないよ、殿

未来のない補強

出っ歯のミラン行きについてファン・バステン・コーチは「あそこに必要なのは、そういう補強じゃない」と批判している模様。

マルコ・ファン・バステン・コーチ
「ミランが1つのサイクルを終えたのは明らかなんだから、若くてこれからの選手でチームを作り直すべきなんだ。確かに出っ歯は凄い才能を持っているが、彼が来たからと言って抜本的に何かを変えられるわけじゃない」

真似すんなよ

今季のレアル・サンマリノがヘタフェ仕事により一応の結果が出ているので、どこかの困ったチームはラウドルップ・コーチを引き抜いて我々にあやかろうとしているそうです。オリジナリティもなにもあったもんじゃないよ、バルセレソン。

視察中

サミール・ナスリ選手をチェックするつもりでマルセイユを追いかけているレアル・サンマリノですが、ついでにロリク・カナ選手にも興味を示した模様。

和解

ディ・ナターレ選手のゴールをめぐって激しい口論をやってしまったパヌッチ選手とドニ選手は、メディアの前で「握手せい」と命じられた模様。

招集

イタリアでは、ドナドーニ・コーチがアレックスに「君はユーロに呼ぶ」と伝えているとかいないとかというネタが出回っている模様。

簡単に言う (1)

チェルスキーのフランク・アルネセン氏は、次に狙うタレントとしてボイャン・クルキッチ選手の名を挙げている模様。

簡単に言う (2)

アブラモヴィッチ・オーナーは、次に狙うタレントとしてアグエロ選手の名を挙げている模様。

簡単に言う (3)

チェルスキーのフランク・アルネセン氏は、次に狙う‘現実的な’タレントとしてスーパー・マリオ選手の名を挙げている模様。

老後の仕事

今季限りでのAZ退団が決まっているファン・ハール・コーチには、新しい指揮官を募集しているガラタサライが興味を示している模様。ちなみにAZの後任候補はマルティン・ヨル氏。

ばっさり

サンダランド、ヴィラ、レディングらが獲得を考えているというジェイムズ・ビーティ選手ですが、刃物は800万ポンドという切れ味抜群な条件を出してきた模様。

辞めてやる

マノーロ・ヒメネス・コーチと喧嘩をしてしまったルイス・ファビアーノ選手には、マンチェスターの2チームやボロカッスルがガッツポーズで交渉を申し込む模様。

ジェラシー

サンタ・クルス選手に対する率直な嫉妬の心境を吐露したジェイソン・ロバーツ選手には、ダービー移籍という罰ゲームが与えられる模様。その他の考えられる行き先もボルトンかサンダランドだそうです。

一番人気

プレミアシップ・トップ4の中で次に辞めちゃう or 辞めさせられちゃうコーチは誰か?というブックメーカのオッズでは、意外なことにトップはラファさんではなく、グラント・コーチとなっている模様。

3/10:アヴラム・グラント
7/2:ラファさん
12/1:アルセーヌ・ヴェンゲル
16/1:サー・アレックス

<チェルスキー後任コーチ・オッズ>
3/1:フース・ヒディンク
4/1:ライカールト、テン・カーテ
5/1:ミカエル・ラウドルップ
10/1:ディディエ・デシャン

プロ契約

チェルスキー、アーセナル、ポンペイから話の来ていたボシュトック選手は、今月中にもジョーダンズとプロ契約を結ぶ模様。

リーズナブル

チャビ・アロンソ選手のコストを問題視しているポマードは、リエージュMFマローヌ・フェッライーニ選手に鞍替えする模様。

君はどうかね

バルセレソンはアンリ選手本人が移籍を希望するなら、そのような手続きをとる模様。

ルイ・サハをくれてやりてぇ

ユナイテッドの優勝を確信しているというウィガンのシャルナ選手は「今季のようなことを二度と起こさないためにも、ストライカーを買ってくれ」とブルース・コーチにお願いしている模様。

瓦解

クーマン・コーチには殆どやる気が見られないそうで、セグンダ・ヴァレンシアの面々は「彼が辞める辞めないなどハッキリ言ってどうでもいいが、このままなら落ちてしまうので、そこはどうするつもりだ」とクラブの対応を憂慮している模様。

顔も見たくない

カッサーノさんには復帰のチャンスはあるか?と質問されたラモン・カルデロン会長は「あまりにも不遜な男なので、それだけは絶対にありえない」とコメントしている模様。

獲得シガン

ヴィジャレアルからの退団が決定的なパスカル・シガン選手には、セグンダ・ベティスが興味を示している模様。

ターゲット

大幅な戦力の入れ替えがあるというバルセレソンは、ダヴィド・シルヴァ、ディエゴ・カペル、グアルダードの3選手をとりあえず穫りに行く模様。

城は頼んだぞ

イタリア総選挙では殿が率いる野党陣営が勝利を収めたそうで、殿は2年ぶりに天下を奪還する模様。

ナイスな戦術

スタンフォード・ブリッジで涙の1ポイントをゲットできたブルース・コーチは「ジョー・コールがサブで本当によかった。グラントには感謝してもしきれない」と大変に喜んでるっぺ。

ジンクス

レーマンさんを起用するとロクなことが起きないと悟ったヴェンゲル・コーチは、1500万ユーロでPSVのゴメス選手を買いに行く模様。

後任

ローヴァーズはサヴェージ先生の後任としてウィガンのジェイソン・クーマス選手や、刃物のマイクル・トンジ選手を検討中。

帰れ帰れ

今回のお家騒動には相当に疲れているというラファさんは、もう帰国しようかなと思っとるそうです。レアル・サンマリノ以外で、がんばってください。

暇です

生き残りをかけて必死に戦っているレディングですが、あまり出番の無いコンヴェイ選手は「なぜかオレだけ凄く暇だ」とコッペル・コーチの采配に難癖をつけている模様。

ノーチャンス

ラモン・カルデロン会長は09-10シーズンの開幕までにはクリスティアーノ・ホナウドをどうにかしたいと考えている模様。

カルロス・マヌエル・ブリート・レアル・ケイロス・アシスタント
「たとえ世界中のお金をかき集めたとしても、クリスティアーノ・ホナウドは買えません。1億2000万ユーロなど、手付金にもならないでしょう」

才能の浪費

リーガプールがギャレス・バリー選手の移籍金として1200万ポンドをヴィラに提示した模様。

自分でも気づいている

プレミアシップについてフェルナンド・トーレス選手は「トップ4が安定してトップ4であり続けるのは、好いことかもしれない。けど、総合的なクオリティだとリーガ・エスパニョーラの方が高い」と評している模様。君も思ってるんだね。プレミアシップが「あのフェルナンド・トーレスですら苦もなくゴールを決められる程度のリーグ」だと。

無礼講

生まれてこのかたタイトルなんぞに縁のないヘタフェのマヌ選手は、コパ・デル・レイに勝ってしまったら、アンヘル・トーレス会長のヒゲを剃り落としに行くと警告している模様。

マヌエル・デル・モラル・フェルナンデス "マヌ"選手
「勝ったらどうするかって言われても、どうすりゃいいのか分からないよ。多分、気狂いみたいに騒いじゃうと思うな。会長のヒゲを狙うのも一つの手かもしれないね」

辞めたい

レインジャースでレギュラーを確約されていないクリス・ボイド選手が移籍したがっていると言う話を耳にした紳士は、オファーを用意している模様。

キャリアの汚点

世界的には北京オリンピックなど存在しないことにしたいわけですが、そんなもの頓着ないカカー選手は「とにかく金メダルが欲しい」と行く気満々だそうです。

ヒカルド・イゼシオン・ドス・サントス・レイテ "カカー"選手
「ミランとCBFの問題なんか関係ないんだよ。金メダルをとって、ブラジウ・フットボールの歴史を作りたいんだ」

身の危険

パッラディーノ選手の補強についてパレルモのザンパリーニ会長は「シシリアなど真っ平ごめんなんて口走りおって。ヤツにこの島の土は踏ませんぞ」と怒り狂っている模様。なぜ、マフィアを怒らせるような発言をするのか、あの小僧は。

留任

目標が残留となってしまったトリノは、首脳陣とノヴェッリーノ・コーチが会談を行った模様。当初はこの席でご解任が濃厚だったのですが、とりあえずは現状の体制を維持することになったそうです。

毒をもって毒を制す

精神的な問題に悩まされているガッサですが、あの世界のマイク・タイソン氏が「私と共に、その苦しみを乗り越えようじゃないか」と、援助を打診している模様。この人はいつからTV伝道師みたいな仕事を始めたのか。

マイク・タイソン氏
「私を含め沢山のスポーツマンが私生活の問題で苦労をしてきた。その苦しみは我々にしか理解できない。だからガスコインを助けたいんだ。彼さえその気なら、いつでも会うよ。私は3年前にはルーニーを立ち直らせている。同じことがガッサにもできると確信している」

リストラ

怪我人の数が1チーム以上にまで膨れ上がったハマーズは、医療やフィットネスに関するスタッフの再編を計画している模様。

ビョルゴルフリュ・グドマンドション会長
「当然ながら不可抗力の負傷というのは、どうしたって出てきます。しかし、限度というものがあると思います。明らかに今シーズンは異常です。来季はこんなことがないよう、フロントも現場もしっかり仕事していただきたい」

よく言うよな

ラモン・カルデロン会長が「ビッグイヤーはバルセレソンに獲っていただきたい。我々はライバルではありますが、敵同士ではありません。是非ともスペインのクラブに勝ってもらいたいのです」などと、殿みたいなマネをしている模様。

罰金

ウディネーゼ戦にて主審に向かって「地獄へ堕ちろ」と口走ってしまったトッティさんには、規律委員会より1000ユーロの罰金が言い渡された模様。

フランチェスコ・トッティ選手
「審判には言ってやりたいことが山ほどあったのは確かだけど、言い過ぎたのも認めなきゃいけない。大変に申し訳ないと思っている。どうかひとつご容赦いただきたい」

争奪

IFKイェーテボリにはラグナル・シグルドションという21歳のセンターバックがいて、プレミアシップ、ブンデスリーガ、リーグ1、セリエAのクラブから問い合わせが来ている模様。ちなみに、彼の代理人はグジョンセン・パパだそうです。

アルノル・グジョンセン代理人
「フルアムは検討しているクラブのうちの1つです。しかし、彼らが来季もプレミアシップで戦うことができるのか、そこが問題でしょう。誰もが名の通ったリーグで働きたいと願っています。しかし、適切な財力を持った、それなりのクラブでなければ移籍する意味はありません」

嬉しい悲鳴

スタンフォード・ブリッジでチェルスキーから2ポイントを奪ってやったスティーヴ・ブルース・コーチの携帯には、マンチェスター方面からの電話やメールが殺到している模様。

スティーヴ・ブルース.コーチ
「まずはウィガンのために1ポイント穫れたことを心から喜びたい。もちろん私の携帯は、さっきから鳴り止まない状態だ。マンチェスターの友人たちも喜んでいるようだな。実は、この試合の前にはボスからも電話とメールで激励をもらっていたんだよ」

復帰

ローマ戦の1st Legで膝を壊したマツケンは、土曜のローヴァーズ戦には復帰できる見込み。

離脱

ウィガン戦ではベンチにも入らなかったドログバ選手は、今日にも膝の検査を行うようで、木曜のエヴァートン戦に出場できるかどうかは、現状では未定。

Copyright © 1997-2008 0-0 <empate>. All Rights Reserved.
Apple, the Apple logo, and Mac are trademarks of Apple Computer, Inc., registered in the U.S. and other countries.
The Made on a Mac Badge is a trademark of Apple Computer, Inc., used with permission.