Information
Archives
ああ、そうですか

ユーロのスペイン代表候補

GK
イケル・カシージャス・フェルナンデス (レアル・サンマリノ)
アンドレス・パロップ・セルヴェラ (セヴィージャ)
ホセ・マヌエル・レイナ・パエス (リーガプール)

DF
セルヒオ・ラモス・ガルシア (レアル・サンマリノ)
フェルナンド・ナヴァロ・コルヴァチョ (レアル・デポルティヴォ・マジョルカ)
ファン・グティエレス・モレノ "ファニート" (レアル・セグンダ・ベティス・バロンピエ)
パブロ・イバニェス・テバル (アトレティコ・マドリッド)
マリアノ・アンドレス・ペルニア (アトレティコ・マドリッド)
アントニオ・ロペス・ゲレーロ (アトレティコ・マドリッド)
ホアン・カプデヴィラ・メンデス (ヴィジャレアル)
アンヘル・ダヴィド・ロペス・ルアーノ (ヴィジャレアル)
カルロス・マルチェナ・ロペス (ヴァレンシア)
カルレス・プジョル・サフォルカーダ "チャーリー" (バルセレソン)
アルヴァロ・アルベロア・コカ (リーガプール)

MF
ルベン・デ・ラ・レド・グティエレス (ヘタフェ)
パブロ・エルナンデス・ドミンゲス (ヘタフェ)
マルコス・アントニオ・センナ・ダ・シウヴァ (ヴィジャレアル)
ホアキン・サンチェス・ロドリゲス (ヴァレンシア)
ダヴィド・ヘスス・ヒメネス・シルヴァ (ヴァレンシア)
ダヴィド・アルベルダ・アリケス (ヴァレンシア)
ルイス・ガルシア・フェルナンデス (レアル・エスパニョール・バルセロナ)
アルベルト・リエラ・オルテガ (レアル・エスパニョール・バルセロナ)
フランセスク・ファブレガス・ソレール "セスク" (アーセナル)
チャビエル・アロンソ・オラーノ "チャビ・アロンソ" (リーガプール)
アンドレス・イニェスタ・リュハン (バルセレソン)
チャヴィエル・エルナンデス・クレウス "チャヴィ" (バルセレソン)

FW
ダニエル・ゴンサレス・グィサ (レアル・デポルティヴォ・マジョルカ)
ダヴィド・ヴィジャ・サンチェス (ヴァレンシア)
ラウール・タムード・モンテロ (レアル・エスパニョール・バルセロナ)
フェルナンド・ホセ・トーレス・サンス (リーガプール)
ボイャン・クルキッチ・ペレス (バルセレソン)

圧力に負けたな

シェヴチェンコ選手の復帰についてカルロは「パトとスタイルが似ているとは言ったが、だから要らないなんて言ってない。彼が来てくれるなら大変な戦力アップだ」と、やはり刀で斬るぞと脅されたら、人間なんて弱いもんですよ。

ご延長

グティ選手が現行2011年までの更新と、その後は年間30試合以上の出場で自動更新という終身契約にサイン。

大変ですね

バルセレソンではウイングという本来のポジションに戻されたアンリ選手ですが、フランス代表ではセンターフォワードで起用されるので、どうしていいのか分からなくなる時があるそうです。だからこそ、トレセゲをだな、オッさん。

ティエリ・ダニエル・アンリ選手
「クラブと代表でポジションが異なるんだけど、ハッキリ言って問題は多い。2月のスペイン戦だと、どこへ走って行けばいいのか迷うことがあったりしたんだ。それはユーロの本番までに改善されることを祈ってる。アーセナルの時のように出来ないのかって?そりゃ無理だよ。だって点とるポジションで使われないんだもの。バルセレソンでの僕は、あくまでも左のウイングなんだってさ。それにゴール前へ行けたとしても60mも走らされたあとじゃ点なんかとれる状況じゃない。とにかく、ここまで走らされるクラブは初めてだよ」

うぇ〜へっへっへっ

パト選手が内転筋を痛めたとかで、ユーヴェ戦は欠場する模様。

こんなこと言ってますよ

出っ歯の補強についてモラッティ会長は「好い選手には注目するという方針があるから我々もレースに参加しているわけだけど、なにもミランほど必死になってないよ」とコメントしている模様。

なにを

ミニ・ミー副会長はドログバ & シェヴチェンコの可能性について「二人あわせて180%」などと口走っている模様。

デルビー・ディタリア

インテルとユーヴェが、1000万ユーロで入手できるデコっぱちを奪い合っているそうですが、年俸が500万ユーロぐらいするので、インテルが有利ではないかと見られている模様。

クイズ・ジャンルカ・ヴィアッリ

ヴィアッリ氏が「ドログバは二色の縦じまのシャツを用いるミラノのチームへ行くことになっている。二色のうち1つは黒だ」とコメントしている模様。どう答えりゃいいんだよ、ジャンルカ。

交換

ユーヴェはハムシク選手を穫るために、現金 + パッラディーノという条件をナポリへ提示する模様。

変態 (1)

いったい、どこの誰が本気で狙ってるのか分からん状況のモドリッチ選手には、リーガプールという話もあって、本人は「マジだったら嬉しいな」と満更でもない模様。リーガプールのことはね、国の先輩ビシュチャンに訊いた方がいい。

変態 (2)

アブドゥライ・コンコ選手が「ジェノアを去ることになるなら、インテルへ行きたい」と希望している模様。

またか

今週ユナイテッドにも負けるようなことがあったら、本当に立ち直れなくなるヴェンゲル・コーチですが、憂さ晴らしにプリマスの14歳FWアーロン・スピア選手を穫りに行く模様。

その通りだが

来季からレアル・サンマリノへ復帰するグラネーロ選手ですが、ファンデは「そうは言っても、どうせ起用しないんでしょ?」と憎たらしいことをヌカしている模様。

絶望的

遂にセリエAからの出場チームが消えたチャンピオンズリーグですが、カモラネージ選手は「セリエAという名に胡座をかいていた隙に、どんどん取り残されてる気がする」と、リーグ全体のレベルダウンを懸念している模様。

マウロ・ヘルマン・カモラネージ・セッラ選手
「その心配が現実になるのが来季なんだろう。おそらく、もっと厳しいことになると思うよ。僕が見る限り、かなり差をつけられているもの」

おもろいオッさん

パト選手はガッツさんを物凄く怖い人だと思っていたそうですが、普段は単なるオッさんなので安心している模様。

いいぞ

野獣はバルセレソンのお家騒動について「汚れたパンツは見えない所でコッソリ洗え」とナイスな突っ込みを入れている模様。最近、プレーはキレてませんが、これはなかなか感心なファインプレーですね。クラシコも近いので、そろそろお願いします。

ジュリオ・セサール・バティスタ "野獣"選手
「ああいうことはバルセレソンだけでなく、どこのチームにだって起きる。もちろんレアル・サンマリノにもあったさ。でも普通は家庭内の汚れモノなんか、見えない所でコッソリ洗うもんなんだ」

その発想が素敵だ

キングはユナイテッドの現7番を見て「あの私のシャツを着ている者は、大したヤツだな」と呟いた模様。

売り込み

セルヒオ・ラモス選手の兄は代理人をやっておりまして、弟の契約話のついでにディエゴ・カペル選手をポマードへ売り込んだ模様。

大商談会

チキ、出っ歯兄、ブロンツェッティ代理人がミランへの移籍について話し合ったそうですが、その席で兄は「フリーにしてくれんか?」とチキにお願いした模様。もちろん、そんなことは受け入れられず、2000万ユーロからが交渉の条件とされたそうです。

クラブ生命をかけ

あと一歩だったとヨーロッパを振り返っているフェネルは、エトオ選手の補強を画策中。

ないだろうな

大量放出が噂されるダービーですが、そのような意向をリークしても、とくに買いたいといった打診は、からっきしねぇ。

若返り

最終ラインの整備がどうたらこうたらのミランは、セヴィージャDFジュリアン・エスキューデ選手にオファーを出す模様。

全てが間違ってるんだって

出っ歯兄をマンチェスターへ招いて接待攻勢をかけたシティですが、その兄が試合終了後にチェルスキーのドレッシングルーム近辺でウロついていたのを見た紳士は、愕然となった模様。そもそもシティが出っ歯を狙うこと自体がおかしいですし、よりによってチェルスキー戦に招待する脇の甘さもどうかと思うぞ。

向いてない

ホアキン選手が「4-3-3は難しいからヤメてくれって言ってるのに、クーマンは押し通しやがって」と文句を言ってる模様。

ホアキン・サンチェス・ロドリゲス選手
「今さらシステムを変えてくれるわけじゃないし、あれが彼のやりたいことなんだから仕方がない。ただ、考えながらプレーしなきゃならないから時々迷うんだよ。これがパフォーマンスの上がらない原因なんだ」

保留

アルメリアから2年の契約を打診されているウナイ・コーチですが、ヴァレンシアやアトレティコやセグンダ・ベティスの話を聞いてから決める模様。

争奪 (1)

今季限りでランスから売りに出されるというヒウトン選手には、セグンダ・ベティス、フェネル、モナコが興味を示している模様。

争奪 (2)

今季のパフォーマンスで評価を上げたセヴィージャのセイドゥ・ケイタ選手には、スペインの2大バカやリーガプール、ユーヴェが接近中。

ノー・コミュニケーション

コロッチーニ選手は前任者カパロス・コーチについて「全くコミュニケーションがなかった。いいのか悪いのかすらも分からなくて困惑だけが残った」と批判している模様。

観光です

セヴィージャFWアルナ・コネ選手がローマでブラブラしていたことから、移籍交渉かと報じられている模様。

その店名はどうにかならんか

チェルスキーはフェネル戦の祝勝会をロンドン市内の『ファンキー・ブッダ』というナイトクラブで催したそうですが、その席にアカデミー出身のミルウォールGKレニー・ピッジリー選手も加わっていたそうです。ところが、その模様を撮影した写真の中に、ヒドく酔いつぶれてヘロヘロになっているピッジリー選手の1枚があったので、ミルウォールは激怒し、2週間分の給料を没収した模様。

助けに行ってやれよ

予想通りドログバさんが復帰してからは出番なんぞありゃしないバカですが、どうやら金が余っているようで、PSGへ融資することを考えている模様。その前に、落ちちゃいそうなんだから、何とかしてやれよ。

バカ
「キャリアの終わりをPSGで?そりゃ悪くない話だな。まっ、それよりだな、今シーズンみたいな失敗は二度とやっちゃいけないんだ。来季は戦略を根本から変えてもらわないと困る。なんたってオレの生涯のクラブだ。しっかりしろよ」

正直になりな

イングランドなんか最低の国だと口走ってしまったヴォロニン選手が「私は英語がそれほど」と逃げ回っている模様。

アンドレイ・ヴォロニン選手
「わた〜し、イングリッシュ、あまりノーね。子供生まれる、ベリベリ〜・ハッピ〜ですよ。ゴッド、サンキュー。ワイフ、ショッピング、グ〜ッド。天気アンハッピー、バット、ライフ・イズ・ビュ〜ティフル」

若いってヤツは

強気でならすキュードル選手ですら、サラーテ選手の自信満々ぶりに気後れしているそうです。

フランク・キュードル選手
「若いんで怖いものなんか何もないんだろう。しかもアルヘンティーナだしな。あいつら傲慢な民族だもの。まぁ、点とってくれるなら文句は言わないよ」

迷惑だ

ナイジェリア協会はジョセフ・ヨボ選手とダニエル・シットゥ選手に「オーバーエイジでオリンピックへ呼ぶかもしれないからスタンバイしておくように」と伝えたそうですが、ちょうど来季のプレミアシップの開幕とぶつかるので、またひと騒動起こる模様。

いけずな親父

ヒッキーが突如としてリック・パリーCEOに辞任を促したのは、「あいつの補強方針は迷惑だ」というラファさんの一言が効いたそうですよ。この政治家め。

犬好き

来季に向けて、大物の補強を期待されているロイ・キーン・コーチは「ファンが望むものを提供できないなら、犬の散歩でもしてた方がマシだ」と不敵な笑みを浮かべていた模様。

ロイ・キーン・コーチ
「なんの要求もないクラブで働くくらいなら、犬の散歩でもしてた方がマシだ。ファンの意見は大歓迎だ。もちろん一足飛びに願いを叶えるわけにはいかんが、サンダランドには強くなれる可能性がある。それを実現させる自信がオレにはある」

コミュニケーションは

キーパーの緊急ローンとしてセレンセン選手やイサックション選手の名があがっていたチェルスキーですが、ヴァレンシアで遊んでいる名手がいることに気がついた模様。

資金難

来季に向けては抜本的な改革が必要となっているヴァレンシアですが、補強費がそれほどないのでダヴィド・ヴィジャ選手で金策するスキー。

デルビー

ブランカ氏はミニ・ミー副会長へ電話をかけ「まさにマーケットのミラノダービーですな。フェアに行きましょう」と出っ歯の宣戦布告をした模様。

ヒカルド・イゼシオン・ドス・サントス・レイテ "カカー"選手
「セレソンじゃ何度も一緒にプレーしている人だから、ミランへ来てくれるなら歓迎するよ」

辞めたい

状況によっては最悪の事態を迎えそうな極めてデンジャラスなポジションにいるPSGですが、パウレタ選手はそんな体たらくにウンザリしており、国へ帰って引退したいと希望している模様。

ペドロ・ミゲウ・カレイロ・セサール・ロセンデ "パウレタ"選手
「フランスにも随分と長いこといる。そろそろ先々を考える時に来ていると感じてるんだ。国のクラブで引退できたら、それが最高の花道だ。あらゆるオファーを検討するから、遠慮せずにジャンジャン出して欲しい」

ご延長 (1)

ジョヴァンニ・テデスコ選手がパレルモと来季の契約を結んだ模様。

ご延長 (2)

ウィガンはポール・シャルナ選手に新規の3年契約をオファーする模様。

敗訴

マスチェラーノ選手の減刑を求めていたリーガプールですが、規律委員会は思いっきり突っぱねた模様。

セクハラ解雇

ペルーのデポルティヴォ・サン・マルティンは、テレビ番組にて退場処分をくだした女性審判について性的な侮辱発言を行ったウルグアイ人FWマリオ・レグィサモン選手を解雇した模様。

マリオ・レグィサモン選手
「上等だ。こんなチンケな国なんざ出てったら。なんだ、ペルーだって、ぷっ。お前ら、何回ワールドカップ出てんだよ?言ってみろ、ば〜か」

往生際が悪い

ジラルディーノ選手の別の代理人は「たとえ出っ歯やシェヴチェンコが来たとしても、ミランに残ってポジション争いをします」と主張している模様。

あくまでも選手としての比較です

ウディネのレオナルディ・ダイレクターは、ディ・ナターレ選手を「現代のズィッコ」と称賛している模様。

ピエトロ・レオナルディ・スポーツダイレクター
「ディ・ナターレのローマ移籍?存在しない話については、お答えのしようがございませんな。今や彼はズィッコがいた頃の強さをウディネにもたらしています。何度も言うように、何がなんでもキープしたいタレントです」

リーズナブル

サンプの夏の補強テーマは「金かけずに優秀なタレントを」だそうですが、そこで目をつけているのは、菓子代でもやっときゃ満足してそうなミランのパロスキ選手。

ジレンマ

レディングの今週の仕事はフルアム戦です。しかしハーネマン選手は、古巣対決に加えてUSA代表のお仲間も多いので大変に苦しい心境だそうです。掻きむしる頭髪がないのが、イライラにますます拍車をかけているという意見もあるとかないとか。

交渉中

アタランタはアスコリとステファノ・グベルティ選手について交渉中。

既得権

ヒッキーから「目障りなので辞めろ」と、思いっきりストレートに辞任を促されたリック・パリーCEOですが「私の任務は力の及ぶ限りクラブを支えることにあります」と拒絶する模様。

無理がある

Ole紙のインタビューを受けたロッドが、現実的な問題は置いといて誰でも自由に連れて来れるとしたら、セルティックに誰を補強したいか?と質問され「メッシ & テヴェス」と答えた模様。いくら世界のロッドでも、それはかなり無理な仕事だな。

一族郎党

イングランドの邸宅にはフルサイズのフットボール・ピッチが常備されている世界のロッドですが、ツアーから帰ってきたらそこでひたすらボールを蹴るのがストレス解消法だそうです。

ロッド・スチュアート氏
「兄弟も親父もジイちゃんも、みんなアマチュア・プレーヤーとしてフットボールをやっていた。それが高じてクラブまで作っちゃったくらいなんだ。ウチの家族はフットボール気狂いと呼んで差し支えないだろうね」

ヘタフェ壮絶死 UEFAカップ・クオーターファイナル 2nd Leg

ツェニト・サンクト・ペテルブルク 0-1 (agg 4-2) バイヤー04レヴァークーゼン
レヴァークーゼンの得点:18分ドミトリ・ブリュキン

スポルティング・クルーブ 0-2 (agg 0-2) グラスゴウ・レインジャース
レインジャースの得点:60分ジャン=クロード・ダルシェヴィル、90分スティーヴン・ホイッテカ

ヘタフェ 3-3 AET (agg 4-4) バイエルン・モナコ (主審:マッシモ・ブサッカ、スイス)
ヘタフェの得点:44分コスミン・マリウス・コントラ、91分フランシスコ・ハヴィエル・カスケーロ・パレデス、93分ブラウリオ・ノブレガ・ロドリゲス
バイエルンの得点:89分フランク・リベリー、115分&119分ルカ・トニ

MARCA紙
「全ては終わって、ヘタフェというヒーローが生まれた」

AS紙
「ヘタフェはスペイン・フットボールの歴史において、最大級の功績をあげる寸前だった。それが涙で終わることになろうとは。ただ、この試合が私たちにとって忘れられない一戦になったのは間違いない」

アンヘル・トーレス・サンチェス会長
「どうかミカエル・ラウドルップと彼の選手たちを褒めてやって欲しい。スペイン中から応援を受けたことは、我々の誇りでもあった」

ミカエル・ラウドルップ・コーチ
「なんというか、本当にガックリと気の抜けた感じがする。顔を上げろと声をかけるのも憚られる状況だ。しかし、人生は立ち止まってくれないんでね。きっと選手たちは、自身の想像を超える偉業を成し遂げたことに気がついてくれるはずだ。10人で113分を戦い抜いたわけだけど、最後は力尽きたのかな。ただ、ヘタフェというチームがスペインのフットボールを存分にアピールした自負はある。歴史に残るチームの1つになったのは間違いない。ヘタフェという名を人々が耳にするたび、このUEFAカップでの冒険を必ず思い出してくれるはずだ」

ファビオ・セレスティーニ選手
「何を言おうにも言葉が見つからないし、立ち直るには数日かかるだろう。フットボールの神様は、今夜ヘタフェにかなり意地悪だった。あと5秒、たったそれだけ耐えればよかったのに。本当に残酷だ。水曜には気力を取り戻せていたらいいけどね」

オットマー・ヒッツフェルト・コーチ
「延長に入って、いきなり3-1に持ち込まれた、どう考えても絶望的だ。これがバイエルンの底力というものかもしれんが、運の要素もだいぶ大きかったね。しかし全体的にはヘタフェが勝つべき試合だったと思う。彼らとラウドルップは本当に素晴らしい仕事をした。来週はコパ・デル・レイのファイナルがあるようだが、バイエルン一同は心からヘタフェを応援したい」

オリヴァー・カーン選手
「今後10年は誰もレアル・サンマリノやマンチェスター・ユナイテッドとの試合など語らないだろう。ヘタフェの名前はそれだけの衝撃をもたらしたよ。オレは一生忘れないだろう、この試合を」

ヘタフェ
GK13:ロベルト・カルロス・アボンダンシエリ "パト"
DF21:ダヴィド・コルテス・カバジェーロ
(赤紙6分) DF10:ルベン・デ・ラ・レド・グティエレス
DF23:マヌエル・テナ・ロペス
DF12:ルーカス・マティアス・リヒト
MF6:ファビオ・セレスティーニ
MF2:コスミン・マリウス・コントラ (66分-7:マリオ・グティエレス・コテロ)
MF8:ハイメ・ガヴィラン・マルティネス
MF22:フランシスコ・ハヴィエル・カスケーロ・パレデス
FW14:マヌエル・デル・モラル・フェルナンデス "マヌ" (61分-9:ブラウリオ・ノブレガ・ロドリゲス)
FW18:イケチュクヴ・ウチェ (20分-4:ダヴィド・ベレンゲル・レヴェルタ)

バイエルン・モナコ
GK1:オリヴァー・カーン
DF30:クリスティアン・レール (46分-23:マルセル・ヤンセン)
DF3:ルシマール・ダ・シウヴァ・フェレイラ "ルシオ"
DF6:マルティン・ガストン・デミケリス
DF21:フィリップ・ラーム
MF17:マルク・ファン・ボメル
MF15:ジョゼ・ホベルト・ダ・シウヴァ "ゼ・ホベルト" (75分-11:ルーカス・ポドルスキ)
MF31:バシュティアン・シュヴァインシュタイガ (64分-20:ホセ・エルネスト・ソサ)
MF7:フランク・リベリー
FW9:ルカ・トニ
FW18:ミロスラフ・クローゼ

PSVアイントホーフェン 0-2 (agg 1-3) フィオレンティーナ
フィオレンティーナの得点:38分&53分アドリアン・ムトゥ

アドリアン・ムトゥ選手
「今のチームに足りないものは確実にあるんだけど、それを考えに入れたとしても、僕らはかなり成長していると思うよ。目標はファイナルでルカ・トニとバイエルンに赤っ恥をかかせることだ。でも、その前にレインジャースっていう難敵を倒さなきゃならない。ここは、かなり厳しいだろう」

Copyright © 1997-2008 0-0 <empate>. All Rights Reserved.
Apple, the Apple logo, and Mac are trademarks of Apple Computer, Inc., registered in the U.S. and other countries.
The Made on a Mac Badge is a trademark of Apple Computer, Inc., used with permission.