Information
Archives
ムダじゃムダじゃ

リーガプール、アーセナル、チェルスキーがムルシアFWダニエル・アクィノ選手を奪い合っているそうですが、この選手の最優先交渉権はレアル・サンマリノが持ってるんだよ〜ん。

イタリア以下

QPRのルイジ・デ・カーニオ・コーチが、西ロンドンのレストランを出た所を何者かに襲撃された模様。怪我はなかったので、そのままプレストン戦の指揮を執ったそうです。

ご勝手に

出っ歯兄を呼びつけたバルセレソンは「もう君の弟の力を借りなくても済むので、どうか他のクラブと交渉してくれ」と伝えた模様。

なるほど

バルセレソンのチャヴィエル・サラ・マルティン財務担当役員が「いわゆる‘負傷’と称して試合に出てこない選手。それはだね、単に追放された選手なんだ。そう公表するのもなんなので、怪我と言ってるだけなんだな。それが誰かは勝手に想像したまえ」と暴露した模様。それは、キリのいい背番号の2名でしょうかね?

戦力外

ロイ・キーン・コーチがシャルケで戦力外となっているソレン・ラルセン選手の獲得を希望している模様。

勿体ない

来季に向けてストライカーを補強するセグンダ・ベティスは、ディ・ナターレ、フランシェウド・サントス、モハメド・ジダンの3名を候補に考えている模様。

ぷっ

ヴァレンシアのラファエル・サロム副会長が「来季はラファに帰ってきてもらおう」などと口走っている模様。

凝視

昨日スタンフォード・ブリッジにいたポマードは、主にドログバ、バラック、リッキーの3選手をチェックしていた模様。

換金

フェイエノールトは契約があと2年となるジョナサン・デ・グツマン選手の売却を決めた模様。

罰金

若旦那が左折禁止を無視したとかでロス市警の交通課から罰金を請求された模様。なお、教習所にてUSAの交通ルールを学ばないと1ポイントの減点だとも警告されたそうです。

合意

サンプとカッサーノさんは2012年までの契約 (12ヶ月の延長オプション付) と年俸250万ユーロで合意した模様。

中国のスケールは凄い

Cリーグの北京は、出っ歯に年俸1000万ユーロを打診するだけでなく、あのマラドンにコーチをオファーしている模様。

評判は上々です

今季3度目の退場処分を受けたセルヒオ・ラモス選手には、イケル・カシージャス選手が「仕事をなんだと思ってんだ。お前はアホか」と怒鳴り倒した模様。

ユヴェスキー

ロシア国内2位の鉄鋼会社セヴェルシュタルが、ユーヴェへの投資を検討しており、「この金で誰でも買うスキー」という勢いだそうです。

失敗

来季のコーチとしてラシンのマルセリーニョ・コーチを考えていたヴァレンシアですが、どうやらセヴィージャへ奪われる模様。

契約を賭け

今週末にアスレティックから3ポイントを奪うと残留が決まるデポルティヴォは、その時点でロティーナ・コーチと自動更新するそうです。

契約解除

グイドリン氏はパレルモのコーチを解任されただけで、契約上はまだパレルモの人間です。それが凄くイヤなザンパリーニ会長は、法廷で争ってでも契約を破棄させる意向。

なり手がいない

ハンブルガから声のかかっていたマインツのクロップ・コーチに、受けるつもりはない模様。なおバーゼルのグロス・コーチも断ったそうです。

出て行け

今季の体たらくに怒り狂ったボルトン・ファンが、ガートサイド会長とメグソン・コーチの追放を求めるサイトを立ち上げ、じゃんじゃん投票しろと呼びかけている模様。

後任 (1)

ラウドルップ・コーチにもビッグクラブという話が出ているヘタフェは、後任としてペップに打診をしたそうで、満更ではない返事を受け取った模様。

後任 (2)

アギーレ・コーチに代表復帰を打診する予定だったメヒコ協会ですが、ペケルマンにしろと圧力をかける団体があるそうで、そちらの意向を尊重する模様。

大台

レアル・サンマリノはクリスティアーノ・ホナウド選手のために、1億ユーロの移籍金を用意する模様。

業務提携

ダービーはユトレヒトと業務提携に関する交渉を行っている模様。

返却

プリマス戦で爪先の骨を折ったチャールトンDFサム・ソジェ選手は、今季のプレーが出来なくなったのでレディングへ返される模様。

ご会談

モラッティ会長はポマードと会談し、ディアラ選手に2000万ユーロも出すと打診した模様。

次のネタキーパー

色んなキーパーの名前が出ているミランですが、PSVのゴメス選手にも手を出す模様。

離脱

コメディアンの飯塚実さんが自宅の浴室で転倒し、肋骨を折った模様。全治は精密検査の結果待ち。

ドリーム4

セスク選手には夢の4チームというのがあって、それはアーセナル、ミラン、レアル・サンマリノ、バルセレソンだそうです。つまり、アーセナルでキャリアを終える考えなど、サラサラない模様。

フランセスク・ファブレガス・ソレール "セスク"選手
「マンチェスター・ユナイテッド?プロ・フットボーラーの人生っていうのは驚きと同居しているんだ。だからね、絶対にないなんて言い方は、絶対にできないんだよ。まぁ、出来たらそうならないようにしたい、とだけ言っておくよ」

強烈2トップ

ともに石を投げつけられつつボロカッスルを追われたフレディ・シェパード氏とビッグ・サムが、ボルトン買収という悪辣な企みに加担している模様。

退団

リザープでプレーするメンディエタ選手についてサウスゲイト・コーチは「ミドルスブラを去るのは確実だけど、その後どうするかは知らない」とコメントしエチル模様。

インターセプト

バーミンガムの予算ではとても購入できないサラーテ選手を、ハマーズが2300万ユーロで買いとりに行く模様。

お値段お出しください

アンリ選手にはハマーズ、スパーズ、シティ、ボロカッスルらが群がっているそうで、値段次第ではバルセレソンは交渉の席に着く模様。

博打

出っ歯のミラン移籍についてアリーゴ・サッキ氏は「100%の状態であれば、ミラン復活の起爆剤になるんでしょうが、当面の心配はきちんと仕事できるのかといった部分です」とコメントしている模様。

アリーゴ・サッキ氏
「デブやレドンドやエメルソンなど、怪我のリスクを抱えた者で失敗を続けるミランですが、なぜ懲りないのかと非常に不思議な気持ちです」

殿
「我々は出っ歯を連れて来るために、ありとあらゆる努力をしておる。本人もクラブの世界チャンピオンであるミラン意外は眼中にないと言っとるのだ」

オファーお待ちしております

インテル以外のイタリアのクラブとは正式契約しないと主張していたレコバ選手ですが、もうどこでもいいからオファーをくれとアピールしている模様。

アルヴァロ・アレハンドロ・レコバ・リヴェーロ "チーノ"選手
「イタリアに残れるようなオファーをもらえるのか、それともアルヘンティーナやウルグアイからの話なのか、いずれにしても全てのオファーに耳を傾けたい」

選手が欲しい

パレルモはユーヴェと取引するなら現金よりも選手が欲しいそうです。しかしジョヴィンコ、マルキジオ、デ・チェーリエの放出はラニエリさんの強硬な反対にあったので、クリシート、マルキオンニ、パッラディーノ、ノチェリーノらをリストアップ。

ご成約

シティ、インテル、ミラン、サンプ、ジェノアらの争奪戦となっていた、クロトーネのイタリアU-16代表DFフェリチェ・ナタリーノ選手は、インテルがゲットした模様。

プレッシャー

ラポルタ会長がトレーニング場を訪れ、激励という名のプレッシャーをかけた模様。

フランク・エドマンド・ライカールト・コーチ
「大事な試合の前に会長自ら出向いて皆を励ますのは好いことだよ。こういうのがクラブとチームに一体感をもたらすんだ」

今季終了 (1)

パルマのアンドレア・ピサーヌ選手が左膝にメスを入れ、今季は終了。

今季終了 (2)

シティDFオヌオハ選手は脱臼した肩にメスを入れ、約12週間の離脱。

サスペンション

審判への侮辱行為で退場処分を受けたアタランタMFドニ選手には、2試合のサスペンションが言い渡された模様。

合意

アタランタとデル・ネーリ・コーチは、契約更新で合意。

ノーチャンス

ローマ移籍の可能性についてクレスポ選手の代理人は「選択肢の一つでしたが、現実的な話ではないでしょう」とコメントしている模様。

対象外

ブルース・コーチはフランスを中心に新戦力を物色しており、もはや国内では手の出せる金額の選手は見当たらないと嘆いている模様。

スティーヴ・ブルース・コーチ
「国内から戦力を引っ張り込めれば一番いいんだが、どうも現実的でない値段が飛び交っているんでね。だから外国へ眼を向けるしかないんだ」

荒れてきました

レアル・サンマリノのセルヒオ・ラモス減刑作戦は失敗に終わったそうですが、今週末のリーガ・エスパニョーラは以下の選手たちがサスペンションです。

セルヒオ・ラモス・ガルシア
ファン・ヘスス・グティエレス・ロブレス "ファニート"
ルベン・マルティン・プリド
エンツォ・マレスカ
コスミン・マリウス・コントラ
ファン・フランシスコ・ガルシア "ファンフラン"
ホセ・モラトン・タエーニョ "モラ"
イァゴ・ボウゾン・アモエド
ウスタリツ・アルデコアオタロラ・アスタルロア
ダミア・アベジャ・ペレス
アルベルト・ロポ・ガルシア
カルロス・ヴェラ・ガリード
マシュー・ベルソン
イヴァン・ダニエル・アロンソ・ヴァジェホ
カルロス・アンドレス・ディオゴ・エンセニャト
モイセス・ウルタード・ペレス
アルヴァロ・メヒア・ペレス
ディエゴ・ロベルト・ゴディン・レアル

滅相もない

フルアムには再びジョン・コリンズ登場なる噂が勃発しておりますが、クラブ側は「チームを動揺させようとする悪意ある嘘」と否定している模様。

否定

降格となったらメグソン・コーチは解任と報じられたボルトンは「根も葉もない話で、新聞社には撤回を求める抗議を行いました」とコメントしている模様。

ケヴィン・ノーラン選手
「そもそも降格だなんだって事態を招く原因になったのは、ビッグ・サムの退団だよ」

壊滅

クディチーニ選手がハムストリングをやってしまったので、当分はイラリオ選手の出番となり、チェルスキーのベンチには18歳になったばかりのリース・テイラー選手が入る模様。

アヴラム・グラント・コーチ
「今シーズンはコーチというより医者の気分だ。口を開けば誰某は全治何週間とか、そんなのばっかり言ってる」

UEFAチャンピオンズリーグ・クオーターファイナル 2nd Leg

リーガプール 4-2 (agg 5-3) アーセナル (主審:ペテル・フロイドフェルド、スウェーデン)
リーガプールの得点:30分サミ・ヒュイピャ、69分フェルナンド・ホセ・トーレス・サンス、85分pスティーヴン・ジェラード、90分ライアン・バベル
アーセナルの得点:13分ヴァシリキ・アブバカル・ディアビ "アブ"、84分エマヌエル・シェイ・アデバヨール

ラファエル "ラファ" ベニテス・マウデス・コーチ
「アーセナルがゴールを決めた時は、もうダメだと絶望的な気分になった。しかし、そんな私の気持ちを救ってくれたのは選手たちだった。ヨーロッパでの経験の差というものを指摘された試合だったが、彼らだってバルセレソンとファイナルを戦っている。もはや勝負はそこではなく、何がなんでも勝ち進みたいという信念の問題だった。チェルスキー?今はね、勝利を楽しみたいから、彼らのことはあとで考えるよ」

ライアン・バベル選手
「コロは抱きついて僕を止めようとしたしね。ペナルティの判断は、それをくだした人のものだよ。ただ僕が審判だったとしても、ペナルティにしたろうな」

スティーヴン・ジェラード選手
「自分でもリーガプールのキャリアの中で最悪のパフォーマンスだったと自覚している。それでもペナルティを外さない自信はあった。ただ誰が得点を決めたとかって話はどうでもいいんだ。チームが一つになって戦い、そして勝った、これが一番重要だと思う」

アルセーヌ・ヴェンゲル・コーチ
「こういう舞台であからさまな判定を受けると、失望感は何倍にもなる。内容でも劣っているチームがこのような形で勝ち進むとは、フットボールは残酷だよ。それは耐えなければいけないものなんだろうがね。もちろん我々の守備に関して未成熟な面があることも認めなきゃならない。それは経験が解決するだろう。私はアーセナルが精神的に弱いチームとは思っていない」

リーガプール
GK25:ホセ・マヌエル・レイナ・パエス
DF23:ジェイミー・キャラガー
DF37:マルティン・シュクルテル
DF4:サミ・ヒュイピャ
DF12:ファビオ・アウレリオ・ホドリゲス
MF8:スティーヴン・ジェラード
MF14:チャビエル・アロンソ・オラーノ "チャビ・アロンソ"
MF20:ハヴィエル・アレハンドロ・マスチェラーノ
FW18:ディルク・カイト (90分-17:アルヴァロ・アルベロア・コカ)
FW9:フェルナンド・ホセ・トーレス・サンス (87分-6:ヨン・アルネ・リーセ)
FW15:アピール勝ち (78分-19:ライアン・バベル)

アーセナル
GK24:マヌエル・アルムニア・リヴェロ
DF5:ハビブ・コロ・トゥーレ
DF10:ウィリアム・ガラ
DF6:フィリップ・センデロス
DF22:ガエル・クリシィ
MF4:フランセスク・ファブレガス・ソレール "セスク"
MF16:マシュー・フラミーニ (42分-19:ジウベルト・アパレシド・ダ・シウヴァ)
MF27:エマヌエル・エブエ (72分-32:テオ・ウォルコット)
MF2:ヴァシリキ・アブバカル・ディアビ "アブ" (72分-11:ロビン・ファン・ペルシィ)
MF13:アレクサンドル・フレブ
FW25:エマヌエル・シェイ・アデバヨール

スパルタク・チェルスキー 2-0 (agg 3-2) フェネルバッヒェ (主審:ヘルベルト・ファンデル、ゲルマン)
チェルスキーの得点:4分ミヒャエル・バラック、87分フランク・ランパード

アヴラム・グラント・コーチ
「次のステージへ進むのが目標だったから、それを達成できてホッとしている。それほど簡単な試合じゃなかったね。内容からすれば1st Legの方が好かったかもしれない。おそらく多少はナーバスな面もあったに違いない。しかし勝ち抜けたとあっては、とくに言うことはないよ。リーガプール?そりゃ戦ってみないとわからんね。私は勝ち抜けられるよう最善を尽くすだけだ。おそらく勝てると思うよ。私自身が楽観的人間なのでね」

アルトゥール・アントゥネス・コインブラ "ズィッコ"コーチ
「モスクワを目指していただけに非常に残念だ。バラックに得点を許したのが全てだろう。あれは防がなければならなかった。判定?それについては言及したくないし、敗因とも思っていない。ただ、もう少し客観的なジャッジは出来ないものだろうかとは感じている」

アレッサンドロ・デ・ソウザ "アレックス"選手
「チェルスキーはヨーロッパ最強チームの1つだ。彼らのクオリティを疑う必要はない。とにかく4分で失点したのが躓きのはじまりだよ。原因はそれ以外にないと思ってる。あとはルートコで優勝することに集中したいね。そして、もっとレベルアップしたフェネルで、この舞台へ戻ってきたい」

スパルタク・チェルスキー
GK23:カルロ・クディチーニ (25分-40:エンリケ・イラリオ・メイヘレス・アウヴェス・サンパイオ)
DF5:ミカエル・エシェン
DF26:ジョン・テリー
DF6:ヒカルド・アウベルト・シウヴェイラ・デ・カルヴァーリョ "リッキー"
DF3:キャシュリー・コール
MF4:クロード・マケレレ
MF13:ミヒャエル・バラック
MF8:フランク・ランパード
FW10:ジョー・コール (85分-15:フロラン・マルダ)
FW11:ディディエ・ドログバ
FW21:サロモン・カルー (58分-35:ジュリアーノ・ハウス・ベレッチ)

フェネルバッヒェ
GK1:ヴォルカン・デミレル
DF77:ギョクタン・ギョニュル
DF2:ディエゴ・アルフレッド・ルガーノ
DF36:エドゥアルド・ルイス・アボニツィオ・ソウザ "ドラセナ"
DF6:ウェンデルソン・ルイス・ダ・シウヴァ・メデイロス (89分-18:アリ・ビルジン)
MF33:クラウディオ・マルドナード・リヴェラ (60分-9:マテヤ・ケジュマン復讐)
MF15:メフメト・アウレリオ
MF8:コリン・カジム=リチャーズ
FW20:アレッサンドロ・デ・ソウザ "アレックス"
FW99:デイヴィヂ・デ・ソウザ "ハルク"
FW23:セミフ・セントゥルク (75分-25:ウギュル・ボラル)

イングランド・プレミアシップ・ディレイゲーム

ウェスト・ハム・ユナイテッド 0-1 ポーツマス
ポンペイの得点:61分ニコ・クラニチャル

Copyright © 1997-2008 0-0 <empate>. All Rights Reserved.
Apple, the Apple logo, and Mac are trademarks of Apple Computer, Inc., registered in the U.S. and other countries.
The Made on a Mac Badge is a trademark of Apple Computer, Inc., used with permission.