Information
Archives
お前が言うな

ミニ・ミー副会長は「アレックス、来るなら来い」と発言したカルロに対し「そういう発言は慎みなさい」と厳重に注意を与えたそうですが、あんたも殿も他人を叱る資格があるのか。

ミニ・ミー副会長
「デル・ピエーロについてミランは如何なるプランも立てていない。なにかカルロが軽口を叩いたようだが、私は冗談でもそのような発言はお止めなさいと厳重に言って聞かせた」

弱い者をいじめて

ダクール選手が1月にリヨンへ行きそうだというインテルは、後任としてトリノのシモーネ・バローネ選手を検討しているだけでなく、ついでにマッテオ・ルビン選手も強奪しようと悪辣な策略を企てている模様。

長期離脱

精密検査によって膝の第3中側靭帯の捻挫が判明したディーン・アシュトン選手は、約6週間の離脱と診断された模様。

縁起でもない

夢はナポリでプレーする事だというフォッジア選手ですが、その前にミランがお呼びだそうで、それを耳にした本人は「やめてくれよぉ〜」と逃げ回っていた模様。

パスクアレ・フォッジア選手
「ミラン?随分と大袈裟な話だな。そりゃ誰だってミランみたいなチームでプレーしたいさ。でも今はな・・・もっとウマくならないと使ってもらえないだろう」

年齢

なぜアレックスとピッポを呼ばなかったのか?と突っ込まれたドナドーニ・コーチは「年齢だ」と答えた模様。

ロベルト・ドナドーニ・コーチ
「33歳は27歳と違う。若い者の方が疲労から回復するのが早いのは当たり前なんだが、その点アレックスはよく頑張っていると思う。今回のメンバーについて個人的な思惑は何もない。ただ試合に必要な者たちを集めたんだ。ピッポとアレックスには、その試合ごとに査定して選択を作ると説明してある。もちろん選手には選手の言い分があるんだろうけど、誰だって平等に歳をとるのは変えられない現実だ。私だって現役時代は全然出来ると信じていた時があったが、実際はそうでなかった。だから今の彼らのことは、よくわかるんだ」

その引き金を引いてやる

ユーロ予選への意気込みをとマイクを向けられた自称名将は「まさに頭に銃を突きつけられている状態ですな。みんな必死に生きようとするでしょう」と他人事みたいに語っていた模様。

レイモン・ドメネク・コーチ
「これは負けたら終わりのカップ戦だよ。みんなそういう気持ちでいる。まさに頭に銃を突きつけられてるような状況だが、それだったら死にたくないと必死になるはずだ」

ローン (1)

ミドルスブラDFアンドリュー・デイヴィス選手が3ヶ月ローンでセインツへ出向。

ローン (2)

ユナイテッドMFダロン・ギブソン選手が3ヶ月ローンでウルヴスへ出向。

招集

ジョゼ・ボシングヴァ選手を負傷で失ったポルトガルは、ボアヴィスタのジョルジ・ミゲウ・デ・オリヴェイラ・ヒベイロ選手を招集した模様。

バイエルン、オレを雇え

UEFAカップはバイエルンと同居する事になり、巨額の放送権料が入るのでボルトンはホクホクなご様子。ところでバカは待望のビッグクラブがお相手とあって「スカッと勝って、世間をズッコケさせてやる」と大変な意気込みだそうですが、バイエルンなんか倒さなくっていいからプレミアからズッコケないようにしろよ。

バカ
「ふふ、バイエルン、来やがったな。バイエルンはオレが倒す。そして世間はアッと驚くって寸法さ。バイエルンっていやぁ、オレは昔のオリンピアでプレーして点穫ったことがあったな。ヤツらブ〜ブ〜いきり立っちまっててシビれたね。今度のはアリアンツ・アレーナか?オレ様向きのゴージャスな所みたいじゃないか。ひとつどんなもんだか見に行ってやらぁ。リベリー?最近調子に乗ってるみたいだから、オレが本物のフットボールってヤツを教えてやる」

怖いものは怖い

バイエルンとの試合はとても楽しみにしているバカですが、ツルヴェナ・ズヴェズダに関しては「オレだって人の子だしよ」と怖がってやがんの。

バカ
「ツルヴェナ・ズヴェズダか。あいつら無茶に騒ぐからな、危なくってしょうがねぇ。あの客どうにかしろよ。頭おかしいんじゃねぇのか。まっ、ここらでボルトン・ファンも一度出かけて後悔しとくんだな」

ご解任

リヴォルノは成績不振によりフェルナンド・オルシ・コーチを解任。正式な後任が決まるまではルチアーノ・スピノージ・アシスタントが指揮を執る模様。

ご就任 (1)

セルタのコーチに元レアル・サンマリノのファン・ラモン・ロペス・カロ氏が就任。

ご就任 (2)

アヤックスのコーチにアドリエ・コステル・ユースチームコーチが昇格した模様。

手術

ロケ・サンタ・クルス選手のメディカルチェックを行ったパラグアイ代表は「この膝は手術しないとあかんよ」とローヴァーズへガ〜ンな情報を伝えた模様。なお代役としてセロ・ポルテーニョFWホルヘ・ダニエル・アチュカーロ選手を招集。

返却 (1)

ルイ・サハ選手の膝は試合に耐えられないと判断したフランスは、ユナイテッドへ返却した模様。ちなみにパトリス・エヴラ選手は「あの状態のサハを起用するのはサー・アレックスに喧嘩を売るも同然だ」と恐怖におののいていたそうです。

返却 (2)

ハムストリングの怪我によりスティーヴン・カー選手はアイルランド代表からニューカッスルへと返却された模様。

返却 (3)

ゲルマンでは背中の痛みを訴えたティム・ボロヴスキ選手がヴェルダーへ返却された模様。

そんなに嫌いなのか

ゲルマン・メディアのインタビューでアルムニアという名前が出たとたん「ヤツは自称ヨーロッパ最高のキーパーの1人なんだそうだが、そのヨーロッパ最高のキーパーがどんなタイトルに貢献したんだ?ベンチでボケッとしてただけだろ。そもそも、あの程度のパフォーマンスでオレ様を押し退けられると思うなよ」と、頼まれもしないのに勝手に燃料を投下している世界のイェンス・レーマンさんであった。

ヴィエラ迷惑

怪我が完治していないのに憎きフランス代表へと合流してしまった事でインテリスタを怒り狂わせているというヴィエラ選手を見限ったインテルは、代わりのセンターハーフを物色中なんだそうです。ところが、いつものようにスタッフがインテルの戦術に合わせた人選を真面目に行っている現場へモラッティ会長が顔を出し「フランク・ランパード」と口にして風のように去っていった模様。なんまんだぶ、なんまんだぶ。

ユダヤロビー

イラン出身ゲルマンU-21代表の選手がイスラエルへの渡航をボイコットした事件で、ゲルマンのユダヤ人団体が選手に対する制裁と代表チームからの追放を求めている模様。

シャーロット・ノブロッフCCJ議長
「この件を黙って見過ごすのは、我々に対する侮辱行為であります。当然ながらDFBはナショナルチームから選手を追放するものと期待しています」

その他大勢

自身のフランス代表における立場についてトレセゲ選手は「その他大勢だ」と達観している模様。

ダヴィド・トレセゲ選手
「だから今のフランスはアンリとバカの2トップで行きたいわけでしょ?その控えがシセとサハとベンゼマと僕らのその他大勢組だよ。僕だってネンネじゃないから、そのぐらい気づいてるさ。ドメネクの使い方見てればわかるじゃない。あの2人で組ませるのが一番バランスがいいって思ってるんだよ。ふんっだ」

理解不能

代表コーチに不満を持ってるのはトレセゲ選手だけではなく、ツバイテで2ゴールしか決めていないパトリック・エルメス選手に押し退けられたマイク・ハンケ選手も「よくわからない選択だ」とヨアヒム・レーヴ・コーチに不信感を表している模様。

プレッシャー

このところのリアム・ミラー選手のパフォーマンスについてキャプテン・キーンは「これを見たら誰だってアイルランド代表のレギュラーだって思うな」とストーントン・コーチにプレッシャーをかけている模様。ちなみに今回の代表へリアム・ミラー選手は呼ばれてません。

お好みで

スペインと対戦するデンマークのトマソン選手が「アラゴネスはイエスマンばっか集めて、本当に調子のいい選手を選んでいない」と爺ちゃんを批判している模様。

ヨン・ダール・トマソン選手
「なんでラウールが1年以上も代表に呼ばれないのか僕にはサッパリ理解できない。アラゴネスには自分の言う事を聞いてくれる選手しか目に入ってないんじゃないの?」

なんというエレジー

ハル・シティで出場給契約を賭けたテストを受けていたマルコム・クリスティ選手ですが、また怪我をしたとの事で先々は完全に不透明だそうです。

退路は1つ

起用をめぐってグラント・コーチとやり合ったというシェヴァには、もはやディナモ・キエフ復帰しか道が残されておらず、その場合は現在の給料の半分以下を受け入れなきゃいけない模様。

微妙です

フィオレンティーナ戦で打撲を負った膝の腫れがひかないイアクィンタ選手とラツィオ戦で左太腿を壊したアンブロジーニ選手は、グルジア戦欠場ということも有り得る模様。

アンドレア・フェッレッティ:イタリア代表ドクター
「水も溜まっとるようだし、腫れもまだある。どうにか試合に間に合ってくれと願っておるんだが、こればっかりは本人の体に訊いてみんとわからんのでな。まっ、2〜3日は安静にさせとくしかないな、うほほ」

罰金

ニューカッスル戦にてケヴィン・キルベイン選手が2枚目の黄色で退場となった際、ウィガンの選手がスティーヴ・ベネット主審を取り囲み猛抗議を行ったそうですが、この行為が選手の管理不行き届きと判断され、クラブに2万ポンドの罰金が請求された模様。

ホントにお金あるんだな

得点力アップを望んでいるシティは、1200万ポンドの大枚でデフォ選手を獲りに行く模様。

ローン

ストーク・シティは、スパーズですっかり伸び悩んじゃったウェイン・ルートリッジ選手のローンを希望している模様。

火消し男

殿がブッフォン選手の交渉を強引に打ち切ったという話題でミニ・ミー副会長は、「アプローチをしたのは間違いないが、ユーヴェは売らんと言って来た。売り物でないものに値段などつけられん。だから殿が打ち切ったという報道は偽りだ」と反論していうる模様。。

オファーお待ちしております

シティは冬のマーケットでサマラス選手とヴァッセル選手を売りに出す模様。

不毛な争い

ユーヴェとインテルがPSVのマヌエウ・トリニダーヂ・ダ・コスタ選手をめぐって争奪戦を展開している模様。

〜地獄のボルトン〜 UEFAカップ・グループステージ・ドロー

<グループA>
AZ'67アルクマール
ツェニト・サンクト・ペテルブルク
エヴァートン
1.FCニュルンベルク
AEラリッサ1964

<グループB>
パナシナイコス
ロコモティフ・モスクワ
アトレティコ・マドリッド
FCコペンハーゲン
アバディーン

<グループC>
ヴィジャレアル
AEKアテネ
フィオレンティーナ
ムラダ・ボレスラフ
エルフスボリ

<グループD>
FCバーゼル
ハンブルガSV
スタッド・レンヌ
ディナモ・ザグレブ
ブラン・ベルゲン

<グループE>
バイヤー04レヴァークーゼン
スパルタ・プラハ
スパルタク・モスクワ
トゥールーズ
FCチューリッヒ

<グループF>
バイエルン・モナコ
ボルトン・ワンダラーズ
スポルティング・ブラガ
ツルヴェナ・ズヴェズダ
アリス・サロニカ

<グループG>
RSCアンデルレヒト
トテナム・ホットスパー
ヘタフェ
ハポエル・テルアヴィヴ
AaBアールボリBK

<グループH>
ジロンダン・ボルドー
オーストリア・ウイーン
ガラタサライ
パニオニオス
ヘルシンボリIF

離脱 (1)

ノリッジ戦で頬骨を傷めた松平健選手はセルビア代表を辞退。

離脱 (2)

ローヴァーズFWロケ・サンタ・クルス選手は、膝が炎症を起こしており2週間ほど安静が必要と診断され、パラグアイ代表を辞退。

謝々

中国への色気ムンムンなアーセナルは、中国語版WEBサイト「汗成蜘蛛巣城」をオープンさせたんだそうで。

酔っぱらい

ビール祭りじゃしたたか呑んで人一倍楽しそうだったリベリー選手は「イタリアがスコットランドに勝てるわけがない」とイタリアの予選敗退を明言しているそうです。

フランク・リベリー選手
「予選敗退の危機?そんな恐れはないよ。予選を突破するのは僕らとスコットランドだって信じているんだ。スコットランドが自滅しない限り、イタリアに勝機はない」

勝ちゃいいってもんじゃない

レアル・サンマリノのディ・ステファノ名誉会長が「もうちっと面白いフットボール見せろ」とシュスター・コーチにクレームを入れている模様。

アルフレッド・ ステファノ・ディ・ステファノ・ラウテ名誉会長
「ベルント・シュスターには頑張って欲しいし、私は心から応援している。もちろん目標は優勝だ。それ以外にあり得ない。今のチームには勝つために必要なタレント揃っている。しかし、問題はそれらタレントを活かした楽しいフットボールを見せて勝つことにある。サンマリノスタはただ勝つだけじゃ決して満足してくれない。是非、魅惑的なフットボールで我々を存分に楽しませてくれ」

意外な前

QPRにはフランチェスコ・グイドリン氏が来るなどという噂が出回っている模様。

3倍以上

アッズーリへ招集されたモントリーヴォ選手の年俸は37万ユーロ程度なんだそうですが、フィオレンティーナはそれを135万までアップさせる意向。なお契約期間も現状の2010年から2012年まで延長。

子供も調子づいてる

インテルのプルチーニが40-0とかいう情けも容赦もありゃしない試合をやらかしていたそうです。

ロベルト・マンチーニ・コーチ
「子供たちに悪気はないんだ。ただ‘これ以上やったら残酷だ’っていう概念がないんでねぇ」

補強しなきゃ

何か手を打たないと世界最強リーグ・レガカルチョ・セリエBが現実となるリヴォルノは、ナポリで腐っているサミュエレ・ダッラ・ボーナ選手やトリノで出番のないロベルト・ステッローネ選手らを獲りに行く模様。

ノーオファー

ミランのオファーについて質問されたパリウカ選手は「んなもの来てねぇ」と答えたそうで。

順位表を見よ

トリノはシャフタール・ドネツクがチャンピオンズリーグから敗退したら、クリスティアーノ・ルカレッリ選手に対するローンを打診するつもりなんだそうですが、下手すると勝ち抜けちゃいますって。

ラニエリ10年

東欧あたりからしか仕事が来ないゼンガ・コーチは「ラニエリだって10年かけてセリエAへ帰って来た。オレだっていつかは帰る」と明言している模様。

相撲に走力は関係ないので

ブクブクでボヨンボヨンと化しているデブには、いったどんなリハビリやったのか?との声が多数寄せられているそうですが、ミニ・ミー副会長は10月21日のエンポリ場所あたりから土俵へ上がらせる模様。

スーペル安月給

給料がカンテラ時代より殆ど変わっていないというヘスス・ナヴァス選手の代理人が、まともな給料よこさなければ移籍させるとセヴィージャを脅している模様。

チーム・リケルメ

リケルメ選手とはなにがあったのか?と質問されたペッレグリーニ・コーチは「自分が中心でないと気が済まんようなので、好きなだけ自分のことを考える時間をやった」と答えた模様。

マヌエル・ルイス・ペッレグリーニ・コーチ
「リケルメは世界でも5本指に入る傑出したゲームメーカーだ。その能力をヴィジャレアルのために発揮してくれるのなら問題ない。しかし、彼はヴィジャレアルの上にチーム・リケルメを作ろうとしていた。それは容認できない。どれ程の実力を備えていても、クラブより選手が上に来ることはないんだ。今度のことで最も失望しているのは、この私だ。しかし彼がチームからいなくなってもチームは勝ち続けた。これが全てだ」

痛いとこ突く

マーク・ヒューズ・コーチは新年からの戦力としてスパーズのトム・ハドルストーン選手を希望しているようですが、放出したくないスパーズは「だったらペデルセンを出せ」と嫌がらせをする模様。

土地土地の男

バーミンガムで生まれ、リーズで育ち、マンチェスターで働いているリチャーズ選手の夢の職場はロンドンのアーセナルだそうです。ちなみにアイドルはSWPのパパとヴィエラ選手。

招集

ディルク・カイト選手が負傷離脱したオランダは、PSVからダニー・コーフェルマンス選手を招集。

そんなぁ

すっかりアヤックスへ行くものだと決めてかかっていたマルティン・ヨル・コーチですが、アヤックスはユースチームのアドリエ・コステル・コーチの昇格を検討中。

ご延長

夜な夜な賭場へ出向いて浮き世の憂さを晴らしていたというエザリントン選手ですが、きっぱり足を洗ったとのことでハマーズと契約更新の話し合いを開始する模様。

もはやフットボーラーではない

日本の相撲は危機的状況らしいので、ぜひ考えてみて欲しいですね。

お土産

テン・カーテさん、いらっしゃ〜いなチェルスキーですが、お土産としてフンなんとかさんも年明けから来るとか来ないとか。

お気持ちだけで結構です

グレン・ジョンソン選手についてハリー・レドナップ・コーチは「イングランド最高の右サイドバックになれる素材だ」と太鼓判を押しているそうですが、もう最終ラインにスリルとサスペンスの方は結構でございます。

ハリー・レドナップ・コーチ
「ミカ・リチャーズ?彼は将来的にセンターバックをやるだろう。そうなったら右サイドバックはグレンだ。彼はこの国最高のサイドバックになる可能性を秘めている。スピード、強さ、高さ、パスの制度、全て水準以上だ」

孤独

鳴り物入りでシティへ来たものの、サッパリ結果が出ないローランド・ビアンキ選手ですが、ミカ・リチャーズ選手によると面倒を見ていたコッラーディ選手が移籍してしまい、心にすきま風なんだそうです。

自爆テロ

湾岸戦争へも従軍したベテラン・パイロットを解雇に追い込んでしまったサヴェージ大先生は、彼の解雇を撤回させるため、ありとあらゆる手段を尽くす意気込みだそうですが、やり過ぎるとあなたにもテロ防止法が適用されます。

ロバート・サヴェージ大先生
「そもそもオレが操縦席へ入れてくれないかって頼まなきゃ、こんなことにはならなかった。責任の一端はオレにもある。だから彼が仕事を取り戻せるよう協力したい。出るところへ出て経緯を話せっていうなら喜んで出向くよ。なんでも正直に話してやる」

そこの金満

戦力もスタッフも充実している隣のクラブについてキャプテン・キーンは「ウチなんか最低限のスタッフで回している。フットボールなんざそれで十分だ」と批判している模様。

キャプテン・キーン
「要するにそれだけ面倒見るヤツらがいるってことは、そいつらに依存しちまうってこった。ちょっとコンディションが悪けりゃなんでもかんでもスタッフに寄りかかる。ウチなんか最低限のスタッフしかいないから、甘ったれたこと言いたくたって言える人間はいないのさ」

それは、困りましたねぇ (笑)

ツェニト・サンクト・ペテルブルクのロシア代表FWアンドレイ・アルシャヴィン選手を欲しがっていると報じられたスパーズですが、その彼はイングランド代表について「ロビンソンなんてヘタクソがいるからオレらチャンスあるぜ」などと口走っていたので、こういう人を連れて来ていいものか検討しているそうです。

謎の中国人

サー・アレックスはイングランド・フットボールへ適応させるため、国内クラブ限定で董方卓選手の修業先を物色中だそうです。

ローン

ロボとミックがサー・アレックスへダロン・ギブソン選手のローンを申し込んでいる模様。

手放さん

トニー・アダムス・アシスタントがQPRのコーチ候補になっている件で、ハリー・レドナップ・コーチは「確かにQPRから連絡が来たが、それは新コーチに関するアドバイスを求めるものだった。私は3〜4人の名前を言っておいた。もちろんトニーのトの字も口にしていない」とオファーを否定してい模様。

始まる前から危ない

成績不振が気に食わないサイモン・ジョーダン会長はピーター・テイラー・コーチをクビにしてしまいましたが、後任候補の筆頭は思ったことをそのまんま口に出してしまう悪癖があるニール・ワーノック氏だそうで。その他の候補はポール・ジュウェル氏、グレン・ホドル氏ら。

ご解任

気がつきゃリーグ1の最下位なんぞにいるミルウォールは、アウェイでカーライルに4点ブチ込まれて撃沈。お陰でウィリー・ドナキー・コーチはクビになりましたとさ。正式なコーチが決まるまではリチャード・ショー選手とコリン・ウェスト・アシスタントが指揮を執るそうです。

離脱 (1)

ハノーヴァ戦で膝の靭帯を壊したシュトゥットガルトDFエティエン・アルトゥール・ボカ選手は約4〜6週間の離脱。

離脱 (2)

リーガプール戦で太腿肉離れを起こしたスパーズMFテミュ・タイニョ選手は、約2週間の離脱でスオミ代表も辞退。

離脱 (3)

スパーズ戦でハムストリングを傷めていたリーガプールFWディルク・カイト選手は、オランダ代表を辞退。

顔は恐いが家族にゃ弱い

成績不振でセルタをクビになったと報じられたストイチコフ氏ですが、本人曰く「家族と一緒にいたかった」んだそうです。

フリスト・ストイチコフ氏
「家族とともに過ごせない日々は、あらゆる面で難しい問題を起こす。親にも会えなければ、女房や子供はバルセロナだ。この判断は自然だよ」

決して見ないでください

ラグビーワールドカップでは開催国フランスがセミファイナルへ進出してお祭り騒ぎだそうですが、一方で「それに引き換えフットボールのナショナルチームはどないだ?」という厳しい意見もあるようです。そこで自称名将は「今はラグビーを見ましょう」と大変有意義な解決策を提示しております。しかし世の中にはスリルを楽しみたいという酔狂な方もいらっしゃいますし。

ご活躍ですね

ウィガンとのリザーブマッチに出場したジョーイ・バートン選手が65分間プレーし、1ゴールまで決める活躍だった模様。

ご成約

フリーでブラブラしていた元アレッツオのエクアドル人GKダミアン・エンリケ・ランサ選手がジェノアと契約した模様。

やめれ〜

スタッフ一新の様相を呈したチェルスキーですが、代表から戻ったら全然知らない人たちがいることを危惧したテリー選手は「クラークを引き止めてくれ」と主張している模様。

ジョン・テリー選手
「アヴラム・グラントは明らかに自分の息のかかった人間を入れたがっている。それをするのに絶好なのがインターナショナルウイークだろう。だけどクラークはチームの裏の裏まで知り尽くした人間で、僕らには不可欠の存在なんだ。全ての選手が頼りにする大事なスタッフだよ。お願いだから残って欲しい」

Copyright © 1997-2007 0-0 <empate>. All Rights Reserved.
Apple, the Apple logo, and Mac are trademarks of Apple Computer, Inc., registered in the U.S. and other countries.
The Made on a Mac Badge is a trademark of Apple Computer, Inc., used with permission.