Information
Archives
交渉中

アヤックスとチェルスキーはテン・カーテ・コーチの譲渡について交渉を行っており、早ければ明日にもチェルスキー移籍の公式発表が行われる模様。

ルーマニア

ユーロ2008予選オランダ & ルクセンブルク戦のルーマニア

GK
ボグダン・イオナット・ロボンツ (ディナモ・ブカレスト)
マリウス・ポパ (ポリテクニカ・ティミショアラ)

DF
ゲオルグ・オガラル (アヤックス・アムステルダム)
セバスティアン・ガブリエル・タマシュ (AJオセール)
クリスティアン・ユーゲン・チヴー (インテル)
ラズヴァン・ラト (シャフタール・ドネツク)
ペトレ・マリン (ステアウア・ブカレスト)
ドリン・ゴイアン (ステアウア・ブカレスト)
マリウス・コンスタンティン (ラピド・ブカレスト)
ステファン・ラドゥ (ディナモ・ブカレスト)

MF
オヴィデュ・ペトレ (ステアウア・ブカレスト)
ニコライ・ディカ (ステアウア・ブカレスト)
バネル・ニコリタ (ステアウア・ブカレスト)
アンドレイ・マルガリテシュチュ (ディナモ・ブカレスト)
アドリアン・クリステア (ディナモ・ブカレスト)
ソリン・パラシュチフ (リミニ)
ポール・コンスタンティン・コドレア (かなり大雑把なユーヴェ)

FW
アドリアン・ムトゥ (フィオレンティーナ)
ゲオルゲ・ブクル (ポリテクニカ・ティミショアラ)
フロリン・ブラドゥ (ディナモ・ブカレスト)
シプリアン・マリカ (VFBシュトゥットガルト)
ダニエル・ニクラエ (AJオセール)

イスラエル

ユーロ2008予選クロアチア戦のイスラエル

GK
ニール・ダヴィドヴィッチ (マカビ・ハイファ)
リラン・シュトラウベル (マカビ・ネタニャ)

DF
タル・ベン=ハイム (スパルタク・チェルスキー)
シモン・ゲルション (ベイタル・エルサレム)
アヴィ・シュトロール (マカビ・ネタニャ)
デディ・ベン=ダヤン (マカビ・ネタニャ)
エヤル・メシュマル (マカビ・ハイファ)
イガル・アンテビ (ハポエル・テルアヴィヴ)
ズィヴ・ハイモヴィッチ (ブネイ・ヤフダ)
イトツィク・アズズ (ブネイ・ヤフダ)

MF
ヨッシ・シャイ・ベナヨン (リーガプール)
イダン・タール (ベイタル・エルサレム)
ガル・アルベルマン (ベイタル・エルサレム)
アヴィラム・ブルシアン (ベイタル・エルサレム)
サリーム・トエマ (ロイヤル・スタンダール・リエージュ)
モシェ・オハヨン (FCウインタートゥル)
タミール・コーエン (マカビ・ネタニャ)

FW
ベン・サハル (クィーンズ・パーク・レインジャース)
バラク・イツハキ (ベイタル・エルサレム)
トト・タムツ (ベイタル・エルサレム)
オメル・ゴラン (ハポエル・ペタティクヴァ)
ピニ・バリーリ (シヴァスシュポール)

アッズーリ

ユーロ2008予選グルジア戦、Aマッチ南アフリカ戦のアッズーリ

GK
ジャンルイジ・ブッフォン (ユヴェントス)
マルコ・アメリア (リヴォルノ)
ジャンルカ・クルチィ (ASローマ)

DF
アンドレア・バルツァーリ (パレルモ)
ダニエレ・ボネーラ (ACミラン)
マッシモ・オッド (ACミラン)
ジョルジオ・キエッリーニ (ユヴェントス)
アレッサンドロ・ガンベリーニ (フィオレンティーナ)
ファビオ・グロッソ (オリンピック・リヨン)
クリスティアン・パヌッチ (ASローマ)

MF
マッシモ・アンブロジーニ (ACミラン)
ジェンナーロ・イヴァン・ガットゥーゾ (ACミラン)
アンドレア・ピルロ (ACミラン)
ダニエレ・デ・ロッシ (ASローマ)
ステファノ・マウリ (ラツィオ)
リカルド・モントリーヴォ (フィオレンティーナ)
パスクアレ・フォッジア (カリャーリ)

FW
アントニオ・ディ・ナターレ (ウディネーゼ)
ファビオ・クァリアレッラ (ウディネーゼ)
ヴィンチェンツォ・イアクィンタ (ユヴェントス)
クリスティアーノ・ルカレッリ (シャフタール・ドネツク)
ルカ・トニ (バイエルン・モナコ)

手術

痛み止めを打ちながら足首の負傷に耐えていたAJは、インターナショナルウイークを利用し手術を受けるため約4週間の離脱。もちろん代表なんて無理無理。

セルビア

ユーロ2008予選アルメニア & アゼルバイジャン戦のセルビア

GK
ウラディミール・ストイコヴィッチ (スポルティング・クルーブ)
ウラダ・アヴラモフ (フィオレンティーナ)

DF
アントニオ・ルカヴィナ (パルチザン・ベオグラード)
ドゥシュコ・トシッチ (SVヴェルダー・ブレーメン)
松平健 (マンチェスター・ユナイテッド)
ブラニスラフ・イヴァノヴィッチ (ロコモティフ・モスクワ)
ミラン・ステファノフ (FCポルト)

MF
ネナド・コヴァチェヴィッチ (ラシン・クルーブ・ランス)
イゴール・ドゥルイャイ (シャフタール・ドネツク)
ミラン・スミリャニッチ "ロラ" (レアル・エスパニョール・バルセロナ)
デヤン・スタンコヴィッチ (インテル)
ボスコ・ヤンコヴィッチ (パレルモ)
ズドラフコ・クジュマノヴィッチ (フィオレンティーナ)
ミロシュ・クラシッチ (CSKAモスクワ)
ゾラン・トシッチ (パルチザン・ベオグラード)

FW
マルコ・パンテリッチ (ヘルタBSCベルリン)
ニコラ・ジギッチ (ヴァレンシア)
ダンコ・ラゾヴィッチ (PSVアイントホーフェン)
ミラン・ヨヴァノヴィッチ (ロイヤル・スタンダール・リエージュ)

戦力外

度重なる怪我でインテルも三行半を突きつけたというヴィエラ選手には、シティが目をつけている模様。

辞めたい

今季は出番が激減しているジウベルト・シウヴァ選手が冬のマーケットでの移籍も検討している模様。

ジウベルト・アパレシド・ダ・シウヴァ選手
「僕はアーセナルのためにそれなりの貢献をして来た自負がある。それだけに今の状況はとても苦しい。もしクリスマスまでに好転しないようなら、別の選択肢も視野に入れなきゃならない」

ジョゼ派なので

ラニエリさんがチアーゴ選手を避けてる雰囲気がありありなので、スポルティングやポルトが冬の戦力としてローンをオファーする模様。

2人のラウール

ダヴィド・ヴィジャ選手の負傷でヴァレンシアもスペインも大ピンチなわけですが、爺ちゃんはラウール選手かラウール・タムード選手の追加招集を考えている模様。

創作

シュネイデル選手がレアル・サンマリノの重圧に参っていると発言した件でシュスター・コーチは「そんなこと言うわけないからメディアがでっち上げたものだろう。彼にはキチンと時間を与えるつもりだし、新しいチームで学ぶことの多さに戸惑うのは当たり前だ」とコメントしている模様。

お使いにならない

アンダルシアへは観光に行ったのかと揶揄されているデ・サンクティス選手については、トリノが冬のマーケットでローンを打診する模様。

意地になってますか

チャンピオンズリーグを逃したのがよっぽど悔しかったのか、戦力を集めまくったバイエルンですが、ラツィオのパンデフ選手やベーラミ選手にも興味を示している模様。

老衰クラブ

思い切った若返りを敢行しないと先細りが目に見えているミランは、トリノにいるヴァイラッティ選手を熱心にチェックしている模様。

買い取り

トリノDFマッテオ・ルビン選手はチタデッラとの共同所有だそうで、パルマやウディネーゼがインターセプトを画策中。そこでトリノはチタデッラ側の保有権を買い取る話し合いを始める模様。

真面目な大人

アレックスのミラン行きなる噂について質問されたフィオレンティーナのプランデッリ・コーチは「ユーヴェ以外の彼を想像することなど不可能だ。彼はとても賢いので、必ず良い解決策を見つけるはずだよ」と答えた模様。

ふざけた大人

アレックスのミラン行きなる噂について「来るなら来い」などと軽口を叩いたカルロは「私は冗談のつもりで言ったんだ。君らだって大人なんだから、本気か冗談かの区別ぐらいつけたらどうか。アインシュタインでなくたって簡単にわかることだ」と憮然としていたらしい。

今ならエスパニョールが幸せ

ベティスとエスパニョールが、冬の戦戦力としてFCメスMFロラン・アグアジ選手を検討中。

コーチは図太くないと

今日の対戦相手について質問されたラファさんは「あれだけの大金で素晴らしい補強をしたのに、どうして結果が出ないのか不思議だ」と、まるで自分のチームには何も問題がないかのような言い方をしていたそうです。

ラファエル "ラファ" ベニテス・マウデス・コーチ
「スパーズは選手の質が高いチームだ。トップ4へ食い込むべく、かなりの投資をして優秀な戦力を集めている。今はちょっとした周囲からのプレッシャーに悩んでいるようだね。得点と同じくらい失点があるんだから仕方がないだろう。でも私は信じてる。スパーズは必ず持ち直すと。ただし、それは日曜以降からの話にしてくれ」

1年おそかった

ズィッコさんには「その仕事を去年やってろ」という声が多数寄せられているそうですが、エリクション・コーチは自ら「今年はコーチキャリアのピークにあるかもしれませんね」と悪びれずに語っていた模様。誰にだって調子がでない時はありますものねぇ。

口も絶好調

采配も冴えに冴えているエリクション・コーチは、最終的にシティハンターと化して出て行ったジョーイ・バートンに一言お願いしますとマイクを向けられ「私は今季からシティへ入った人間ですから、彼について特にこれといった感情は持っていません。それでも何か言えとおっしゃるなら‘本当にありがとうございました’ですかねぇ」と答えたそうです。

類は友を呼ぶ

最近は面白プレイでしか話題を作れないスパーズのロビンソン選手について、リーガプールのレイナ選手が「優秀なキーパーだし、僕は尊敬しているよ」とハゲ増し、あっ間違えた、励ましの声をかけているそうです。あんたも昔は凄かったですからねぇ。

怒ってます

そのロビンソン選手のポカぶりについて往年の名キーパーであるピーター・シルトン氏が「好い選手なのは私も理解しているが、5年前と同じミスをしてるってことは、その間に弱点を克服しようとしなかったってこったな?」と、こりゃ恐い・・・。

ピーター・シルトン氏
「ポールの問題は自信を失ったというよりは、集中力と技術的な面にあると思う。ワールドクラスのキーパーになる素質は十分にある。しかし、5年前と同じようなミスをしているってことは、その間に弱点を克服しようとしなかたってことだ。これは納得できない。私なら集中力とフットワークとクロスに対する処理を徹底的に叩き込むだろう。私はなにも押し掛け女房になろうなんて考えちゃいない。ただ、彼が私のアドバイスを必要としているなら喜んでお手伝いしようってことだ。電話が来るのを待っているよ、ポール」

ホントかなぁ

あなたはロマン・アブラモヴィッチのロボットですか?と突っ込まれたグラント・コーチは「何を言っとるのかね。オーナーはその手の口出しなど一切しない。チームはコーチのものだと熟知しているんだ。私は常にスタッフと相談した上でベストなメンバーを決めている。そこにオーナーは介在しない」と反論していた模様。

今はちょっと

オーナー直々にチェルスキーのスタッフ入りを打診されていたジャンフランコ・ゾラ氏ですが、元チームメイトらと相談しまくったところ「今はメチャクチャな状態だからヤメた方がいい。キャリアを汚すことになるかもわからんよ」とアドバイスされ、お断りした模様。

がんばってください

ミッドウイークはレアル・サンマリノ戦、週末はミラン戦と厳しい相手が続くラツィオですが、デリオ・ロッシ・コーチは「どちらも同等のチームなので気を引き締めてかかれ」と指示しているそうです。どちらも同等という意味は、ちょっと押したら簡単にコケてくれるって意味で言ってるに違いない。

金で解決

ラファさんには冬の補強費として約2000万ポンドが与えられているそうで、年明けからバンバン買っちゃう模様。このチームはコーチ自身がマッシモ・モラッティみたいだからダメなんだな。

ラファエル "ラファ" ベニテス・マウデス・コーチ
「冬の新戦力については9月の時点から人選に入っている。選手を整理したので財政的には何の問題もないんだ」

プチッとな

マルセイユ戦でのヤル気あるんだかないんだかサッパリわからないパフォーマンスにカチ〜ンと来たラファさんは、冬のマーケットでクラウチ選手を換金する考えだそうです。問題は、獲る気満々なのがシティかポンペイかレアル・サンマリノかユヴェントスだってこってすよ。後の2チームはどういうつもりでいるのか、ちょっと国際電話で問い質してみたい。

コネで買う

冬のマーケットでバルセレソンのジオヴァンニ選手を買いたいチェルスキーは、もちろんテン・カーテ・コーチのコネを使いまくる気で、今から準備を整えている模様。

喧嘩を売って

出る気満々なレーマンさんが「体はスッカリ大丈夫だ。ゲルマンの試合にも出る予定だよ。そうなったらアーセナルのゴールを守るのもオレ様だ」とアルムニア選手を挑発しているんだそうで。

言えないほど困ってる

テン・カーテ・コーチの去就について質問されたロンメダール選手は「選手間でこの話題を口にする事はあえてしていない。いなくなったらどうなるかって言われても、答えるのは難しいなぁ。心配する選手もいるんじゃないの?個人的にはステップアップなんだから頑張ってくれって気持ちはある」とコメントしている模様。

デニス・ロンメダール選手
「超攻撃的フットボールがコーチのスタイルだ。彼の哲学は凄くハッキリしているよ。とにかくチャンスに次ぐチャンスを作りつづけるのが僕らのフットボールなんだ」

離脱

エレジーなエスパニョール戦で左足首の靭帯を傷めたダヴィド・ヴィジャ選手は、約2〜3週間の離脱。

争奪

ユナイテッド、シティ、バルセレソン、レアル・サンマリノ、アヤックスらがマコール・クリサントゥスというナイジェリア人の天才ストライカーをめぐって争奪戦を展開中。レアル・サンマリノは既に450万ユーロを代理人に提示し、シティのタクシン・シナワトラ・オーナーは「金額はそちらで決めて結構」と打診済み。なお、この少年には所属クラブがなく、怪しいナイジェリア人の代理人がついているだけだそうです。

極端なチームだ

セリエA第7週:ラツィオ 1-5 ACミラン at スタディオ・オリンピコ

ラツィオの得点:23分ステファノ・マウリ
ミランの得点:16分マッシモ・アンブロジーニ、33分r & 52分ヒカルド・イゼシオン・ドス・サントス・レイテ "カカー"、70分&79分アルベルト・ジラルディーノ

デリオ・ロッシ・コーチ
「この試合でムスレラを判定されたら辛い。今日は全員がまるでダメだった。彼1人が悪かったわけじゃない。しかもまだ若いからね。バッロッタの歳も歳だし、ここはムスレラに任せるのが得策だと考えたんだ。ペルッツィのミラン入り?彼は自由の身なんだから何でも好きなように決められる。ラツィオが口出しする問題じゃない。もっとも、まだやれるならラツィオでやってくれって気持ちはあるがね」

カルロ・アンチェロッティ・コーチ
「立ち上がりはかなり神経質になっていたが、リードしてからは勝つに値する内容を見せてくれた。とても難しい相手をこのような形で倒せたのは今後の励みになるだろう。後半は特にスペースへの速い動きを意識して、よくボールを支配できていたし、2トップもよく機能していたと思う。なんでヂダかって?彼はミランのナンバーワンだから起用するのは当たり前だよ。怪我でもないのに起用しない理由はない」

ラツィオ
GK1:ネストール・フェルナンド・ムスレラ
DF29:ロレンツォ・デ・シルヴェストリ
DF2:ギジェルモ・ステンダルト (57分-6:リオネル・セバスティアン・スカローニ)
DF25:エミルソン・サンチェス・クリバリ
DF8:ルチアーノ・ザウリ
MF26:ガビ・ムディンガイ
MF5:マッシモ・ムタレッリ
MF85:ヴァロン・ベーラミ (70分-10:ロベルト・バローニオ)
MF11:ステファノ・マウリ
FW19:ゴラン・パンデフ
FW18:トンマソ・ロッキ (77分-17:イグリ・ターレ)

ACミラン
GK1:ネルソン・デ・ジェスス・ダ・シウヴァ "ヂダ"
DF44:マッシモ・オッド (81分-17:ダリオ・シミッチ)
DF13:アレッサンドロ・ネスタ
DF25:ダニエレ・ボネーラ
DF19:ジュゼッペ・ファヴァッリ
MF21:アンドレア・ピルロ
MF8:ジェンナーロ・イヴァン・ガットゥーゾ (82分-32:クリスティアン・ブロッキ)
MF23:マッシモ・アンブロジーニ
MF10:ごく潰し (83分20-:ヨアン・グルキュフ)
MF22:ヒカルド・イゼシオン・ドス・サントス・レイテ "カカー"
FW11:アルベルト・ジラルディーノ

アルビトロ:エミディオ・モルガンティ

イングランド・プレミアシップ第8週

レディング 1-0 ダービー・カウンティ
レディングの得点:63分ケヴィン・ドイル

ブラックバーン・ローヴァーズ 2-1 バーミンガム・シティ
ローヴァーズの得点:15分デイヴィッド・ベントリー、56分pベネディクト・サウル・マッカーシ "ベニ"
バーミンガムの得点:68分キャメロン・ジェローム

レスリー・マーク・ヒューズ "スパーキー"コーチ
「UEFAカップがあったから前半は少しダレてるように見えた。だけど後半には持ち直してくれたし、ベニが入ってからは一層シャープにプレーすることが出来た。好い内容だったんじゃないのかな。シーズンは長いし、沢山の試合がある。チーム全員の力が等しく必要なんだ」

マンチェスター・シティ 3-1 ミドルスブラ
シティの得点:10分OG (クリス・リゴット)、33分&63分エラーノ・ブルメル
ミドルスブラの得点:89分ベンジャミン・ハッチンソン

フルアム 0-2 ポーツマス
ポンペイの得点:50分ベンジャニ・ウンヴァルヴァリ、52分ヘルマン・フレイダルション

弱いようで強いレアル・サンマリノ

リーガ・エスパニョーラ1第7週:レアル・サンマリノ 2-0 レクレアティヴォ・ウエルヴァ at サンティアゴ・ベルナベウ

ようやく決まりやがった:72分ルトヘルス・ヨナタス・マルティニュス "ルート" ファン・ニステルロイ、92分ゴンサロ・ヘラルド "ピピタ" イグアイン

ベルント・シュスター・コーチ
「最低限のスコアだな。ここまで点とるのに苦労したんだからしょうがない。前後半共に終わり間際にチャンスはあった。だが、とりあえず満足と言っておこう。まだ完成とは行かないチームだが、気狂い呼ばわりを承知で言わせてもらうが、今のウチの守備はヨーロッパでも有数の強さを誇っていると思うぞ」

ルトヘルス・ヨナタス・マルティニュス "ルート" ファン・ニステルロイ選手
「レクレはドロドロに守り倒して、あらゆるスペースを埋めるだけ埋めていたから本当に難儀した。手を替え品を替え色々やったんで、もうクタクタさ。でも勝つ為には大変だなんだって言ってられない。いつだって勝つのは難しいんだ。欲を言えば、もっと簡単に決められた時間帯に穫っていれば楽に終えられたかもしれないね。まぁ、入らなかったものを悔やんでも仕方がないけど。チームの調子?9試合で7勝2分だよ。悪いわけがないじゃない。個人的には凄く好調だって実感があるこ。これまで沢山の試合でプレーしたけど、とても満足出来るパフォーマンスだと思ってる。ローテーションシステムについては心はプレーしたがっていても、頭では‘そんなことしてたら潰れる’って考えている。休む時は休んで常に万全の状態を維持出来るんだから賛成だよ」

アルイェン・ロッベン選手
「今日は相手の守りが固かったから、なかなかチャンスを作るまでには行かなかったね。それを突破するまでは我慢だった。でも1度崩れたら後は大丈夫だと感じていたよ。個人的には、これまでの試合よりタフにプレーできていたと思う。ここで代表の試合になってしまうから、勝っておく事はとても大事だったんだ。僕らは地道に3ポイントを積み重ねていかなきゃならない。この段階でトップ云々を言うのは早いかもしれないけど、この順位を維持し続けるのが重要だよ」

ゴンサロ・ヘラルド "ピピタ" イグアイン選手
「そりゃもうハッピーだよ。チームの勝利に貢献できたし、ストライカーとしての仕事も全うできた。やはりフォワードは点とってナンボなんでね。限られた時間を最大限に利用して、これからも結果を出していきたい。たとえ何分だろうが、ピッチへ立つ時間を与えられたら、それは僕にとってチャンスなんだよ」

レアル・サンマリノ
GK1:イケル・カシージャス・フェルナンデス
DF4:セルヒオ・ラモス・ガルシア
DF5:ファビオ・カンナヴァーロ
DF16:ガブリエル・オマール・イヴァン・ハインツェ
DF12:マルセロ・ジュニオール・ヴィエイラ・ダ・シウヴァ
MF6:マハマドゥ・ディアラ (67分-8:フェルナンド・ルベン・ガゴ)
MF14:ホセ・マリア・グティエレス・エルナンデス "グティ"
MF11:アルイェン・ロッベン (67分-20:ゴンサロ・ヘラルド "ピピタ" イグアイン)
MF23:ウェスリー・シュネイデル (85分-19:ジュリオ・セサール・バティスタ)
FW7:ラウール・ゴンサレス・ブランコ
FW17:ルトヘルス・ヨナタス・マルティニュス "ルート" ファン・ニステルロイ

レクレアティヴォ・ウエルヴァ
GK1:ステファノ・ソッレンティーノ
DF2:エドゥアルド・モジャ・カスティージョ "エドゥ"
DF22:ホベルト・ルイス・ガスパール・デ・デウス・セヴェーロ "ベト"
DF4:ホセ・マルティン・カセレス・シルヴァ
DF3:ダニエル・バウティスタ・ピーニャ "ダニ"
MF10:アントニオ・ヘスス・ヴァスケス・ムニョス
MF21:アイトール・トルナヴァカ・フェルナンデス
MF24:ホセ・マリア "パンパ" カルヴォ (60分-14:フロラン・シナマ・ポンゴル "ポン=ゴール")
MF15:ホセ・イグナシオ・ザイノス・サンチェス (77分-6:生きていたジェラール・ロペス・セグ)
FW8:ハヴィエル・カムニャス・ガジェゴ (77分-7:マルコス・ガルシア・バレノ "マルキトス")
FW23:フランシスコ・ハヴィエル・ガルシア・ゲレーロ "ハヴィ"

アルビトロ:アルトゥーロ・ダウデン・イバニェス

お子様にギャ〜ギャ〜騒ぎやがって

リーガ・エスパニョーラ1第7週:バルセレソン 3-0 アトレティコ・マドリッド at カンプ・ノウ

バルセレソンの得点:15分アンデルソン・ルイス・デ・ソウザ "デコ"、19分リオネル・アンドレス・メッシ、90分チャヴィエル・エルナンデス・クレウス "チャヴィ"

ハヴィエル・アギーレ・オナンディア・コーチ
「バルセレソンが勝ったのは我々より優れていたからだ。より多くの時間ボールを支配したんだから当たり前の結果だろう。我々も2つの決定機を作り出したが、それはゴールに至らなかった。アッビアーティのミス?我々は同じ船に乗っている仲間だ。負けた原因は全員にある。ただ、あのミスが敗戦へ至る全ての切っ掛けだと言うつもりはないが、好いプレーをしていたチームに水を差したのは間違いない」

バルセレソン
GK1:ヴィクトル・ヴァルデス・アリバス
DF23:オレゲル・プレサス・レノン
DF5:カルレス・プジョル・サフォルカーダ "チャーリー"
DF3:ガブリエル・アレハンドロ・ミリト
DF22:エリック・アビダル
MF6:チャヴィエル・エルナンデス・クレウス "チャヴィ"
MF20:アンデルソン・ルイス・デ・ソウザ "デコ"
MF8:アンドレス・イニェスタ・リュハン
FW10:ホナウド・デ・アジス・モレイラ "ホナウドII" (81分-17:ジオヴァンニ・ドス・サントス・ラミレス)
FW14:ティエリ・ダニエル・アンリ (86分-27:ボイャン・クルキッチ)
FW19:リオネル・アンドレス・メッシ

アトレティコ・マドリッド
GK13:クリスティアン・アッビアーティ
DF14:ジョゼ・エドゥアルド・ホーザ・ヴァレ・カストロ "ゼ・カストロ" (46分-12:ファビアーノ・エレル・ドス・サントス)
DF2:ジョルゴス・セイタリディス
DF22:パブロ・イバニェス・テバル
DF4:マリアノ・アンドレス・ペルニア
MF18:ヌーノ・ヒカルド・デ・オリヴェイラ・リベイロ "マニーチェ"
MF8:ラウール・ガルシア・エスクデロ
MF24:お久しぶりですね、憶えていますか?
MF17:ホセ・アントニオ・レジェス・カルデロン (55分-11:マキシミリアーノ・ルベン・ロドリゲス "マキシ")
FW7:ディエゴ・マルティン・フォルラン・コラソ
FW10:セルヒオ・レオネル "クーン" アグエロ (63分-9:お久しぶりですね、憶えていますか?)

アルビトロ:エドゥアルド・イトゥラルデ・ゴンサレス

デポルが点とった、デポルが守った、デポルが勝っちまいやんの

リーガ・エスパニョーラ1第7週:セヴィージャ 0-1 デポルティヴォ・ラ・コルーニャ at ラモン・サンチェス・ピスファン

デポルティヴォの得点:72分イヴァン・サンチェス・リコ・ソト "リキ"

セヴィージャ
GK1:アンドレス・パロップ・セルヴェラ
DF4:ダニエウ・アウヴェス・ダ・シウヴァ
DF23:ハリド・ブラルーズ (62分-8:クリスティアン・ポウルセン)
DF14:ジュリアン・エスキューデ
DF3:イヴィツァ・ドラグティノヴィッチ
MF21:セイドゥ・ケイタ
MF11:ヘナト・ヂルネイ・フロレンチオ "ヘナト"
MF6:アドリアーノ・コレイア・クラホ (46分-17:ディエゴ・カペル・トリニダード)
MF7:ヘスス・ナヴァス・ゴンサレス
FW22:アルナ・コネ (46分-9:アレクサンドル・ケルツァコフ)
FW12:フレデリク・カヌテ

デポルティヴォ・ラ・コルーニャ
GK1:ドゥドゥ・アヴァテ
DF2:マヌエル・パブロ・ガルシア・ディアス
DF5:ファブリツィオ・コロッチーニ
DF3:ルイス・フェリペ・カスミルスキ
DF18:ホセ・アンドレス・グアルダード・エルナンデス
MF10:ジョアン・ヴェルドゥ・フェルナンデス (80分-14:パブロ・アルヴァレス・ヌニェス)
MF28:アドリアン・ロペス・アルヴァレス
MF22:ファン・アントニオ・ロドリゲス・ヴィジャムエラ
MF8:セルヒオ・ゴンサレス・ソリアーノ
MF6:ジュリアン・ボビー・デ・グツマン
FW23:フランシスコ・ヒメネス・テハダ "シスコ"(63分-11:イヴァン・サンチェス・リコ・ソト "リキ")

アルビトロ:セサール・ムニス・フェルナンデス

リーガ・エスパニョーラ1第7週

アスレティック・ビルバオ 1-1 アルメリア
アスレティックの得点:31分ホセバ・エチェベリア・リサルディ
アルメリアの得点:61分フェリペ・メロ・デ・カルヴァーリョ
タルヘタ・ロハ:43分アシエル・デル・オルノ・コスガージャ (アスレティック)

レアル・デポルティヴォ・マジョルカ 4-2 ヘタフェ
マジョルカの得点:53分pミゲル・アンヘル・アリエル・サンティアゴ・イバガサ、71分&78分ファン・フェルナンド・アランゴ・サエス、91分ルイス・ミゲル・ラミス・モンフォート
ヘタフェの得点:2分&47分フランシスコ・ダヴィド・ソウザ・フランケロ
ドブレ・アマリージャ:60分ギジェルモ・アリエル・ペレイラ (マジョルカ)

オサスナ 3-2 ヴィジャレアル
オサスナの得点:22分P.P. (ハヴィエル・ロドリゲス・ヴェンタ "ハヴィ・ヴェンタ")、34分エドゥアルド・フェルナンデス・ペレイラ "ダディ"、80分フランシスコ・ハヴィエル・ガルシア・フェルナンデス "ハヴィ・ガルシア"
ヴィジャレアルの得点:20分ジュゼッペ・ロッシ、36分ディエゴ・ロベルト・ゴディン・レアル

レアル・ムルシア 0-0 レアル・ベティス・バロンピエ

レアル・サラゴサ 3-0 レヴァンテ
サラゴサの得点:63分セルヒオ・ガルシア・デ・ラ・フエンテ、71分&83分ヒカルド・オリヴェイラ

ラシン・サンタンデール 2-0 レアル・ヴァジャドリッド
ラシンの得点:53分エウゼビウス "エビ" スモラレク、89分モハメド・メメ・チテ

今週の大一番 (笑)

イングランド・プレミアシップ第8週:リーガプール 2-2 トテナム・ホットスパー at アンチフィールド

リーガの得点:12分アンドレイ・ヴォロニン、92分フェルナンド・ホセ・トーレス・サンス
スパーズの得点:45+1分&47分ロバート・キーン

ラファエル "ラファ" ベニテス・マウデス・コーチ
「また2つのバカバカしいミスが出てしまった。ガッカリだね。試合の主導権は完全に握っているのに、それを得点へと結びつけられない。いったい何故なのか、私が訊ねたいくらいだ。私が最も残念に感じているのは2つ目の失点だ。小さな綻びを放ったらかしにしておくと手痛い罰を受けるんだ。これは学んで欲しい点だよ」

マルティン・ヨル・コーチ
「結果だけがダメだという気分だ。相手を恐怖のどん底まで叩き落とせたのにね。ヨーロッパでも国内のカップ戦でも結果が出ている。どうして同じことがプレミアシップで出来ないのか。もういい加減に勝たなきゃならない」

リーガプール
GK25:ホセ・マヌエル・レイナ・パエス
DF3:スティーヴ・フィナン
DF23:ジェイミー・キャラガー
DF4:サミ・ヒュイピャ
DF17:アルヴァロ・アルベロア・コカ (63分-19:ライアン・バベル)
MF8:スティーヴン・ジェラード
MF20:ハヴィエル・アレハンドロ・マスチェラーノ
MF6:ヨン・アルネ・リーセ
MF16:ジャーメイン・ペナント (69分-18:ディルク・カイト)
FW10:アンドレイ・ヴォロニン (77分-11:ヨッシ・シャイ・ベナヨン)
FW9:フェルナンド・ホセ・トーレス・サンス

トテナム・ホットスパー
GK1:ポール・ロビンソン
DF2:パスカル・チンボンダ
DF20:マイクル・ドーソン
DF5:ユネス・カブール
DF3:李榮杓
MF8:ジャーメイン・ジェナス
MF4:ディディエ・ゾコラ
MF16:ギャレス・ベール
MF6:テミュ・タイニョ (76分-15:スティード・マルブランク)
FW9:ディミタール・ベルバトフ
FW10:ロバート・キーン

主審:マーク・ハルジー

チビっ子サミーだからってナメるなよ

イングランド・プレミアシップ第8週:ボルトン・ワンダラーズ 0-1 スパルタク・チェルスキー at リーボック

チェルスキーの得点:41分サロモン・カルー

サミー・リー・コーチ
「誤解を怖れずに言えば、今日のパフォーマンスにはとても喜んでいる。負けて喜ぶのも変な話だが、チェルスキーのような大きな相手に対して十分なチャンスを作る事が出来た。我々のキャラクターはとても強かった。このチームスピリットに感激している」

アヴラム・グラント・コーチ
「勝利に値する内容だった。沢山のチャンスを作ったのは我々の方だ。もちろんボルトンが一筋縄ではいかないチームなのは承知していた。だからこそ重要な3ポイントなんだ」

ボルトン・ワンダラーズ
GK22:ユッシ・ヤースケライネン
DF8:カンポちゃん
DF5:アブドゥライェ・メイテ
DF31:アンドリュー・オブライエン
DF11:リカルド・ガードナ
MF17:ダニエル・ガスリー
MF24:ジョーイ・オブライエン (85分-7:ステリオス・ジャンナコプーロス)
MF19:ギャヴィン・マッキャン
FW14:ケヴィン・デイヴィス
FW39:チェルスキー、オレを買え
FW21:エル・ハッジ・ウセイヌ・ディウフ (66分-10:クリスティアン・ヴィルヘルムション)

スパルタク・チェルスキー
GK1:ペトル・チェヒ
DF35:ジュリアーノ・ハウス・ベレッチ
DF6:ヒカルド・アウベルト・シウヴェイラ・デ・カルヴァーリョ "リッキー"
DF26:ジョン・テリー
DF3:キャシュリー・コール
MF8:フランク・ランパード
MF4:クロード・マケレレ
MF9:スティーヴ・シドシェル
FW10:ジョー・コール (84分-20:パウロ・ヘナト・レボーショ・フェレイラ)
FW15:フロラン・マルダ (73分-7:アンドレイ・シェヴチェンコ)
FW21:サロモン・カルー (46分-14:クラウディオ・ミゲル・ピサーロ・ボッシオ)

主審:アラン・ワイリー

オーウェン、長生きできたらいいね

イングランド・プレミアシップ第8週:ニューカッスル・ユナイテッド 2-1 エヴァートン at セント・ジェイムズ・パーク

ニューカッスルの得点:42分ニッキー・バット、86分エムレ・ベロゾギュリュ
エヴァートンの得点:53分アンドリュー "AJ" ジョンソン

ニューカッスル・ユナイテッド
GK1:シェイ・ギヴン
DF14:シャルル・エンゾグビア
DF6:クラウヂオ・ホベルト・ダ・シウヴァ・カサッパ
DF3:ホセ・エンリケ・サンチェス・ディアス
DF21:ハビブ・ベイェ
MF22:ニッキー・バット
MF25:アブデライェ・ディアニェ=ファイェ
MF16:ジェイムズ・ミルナ (74分-5:エムレ・ベロゾギュリュ)
MF20:ジェレミー・ソレーレ・ヌジタップ・フォッソ (88分-4:ダヴィド・ローゼナル)
FW9:オバフェミ・アキンヴンミ・マルティンス "オバ・オバ" (74分-10:マイクル・ジェイムズ・オーウェン)
FW17:アラン・スミス

エヴァートン
GK24:ティモシー・マシュー・ハワード
DF2:トニー・ヒバート
DF5:ジョレオン・レスコット
DF4:ジョセフ・ヨボ
DF3:レイトン・ベイン
MF18:フィリップ・ネヴィル (90分-22:ヤクブ・アイェグベニ)
MF6:ミケル・アルテタ・アルマトリアイン
MF26:リー・カーズリー
MF20:スティーヴン・ピエナール (74分-21:レオン・オスマン)
FW28:ヴィクトル・アニチェベ
FW11:ジェイムズ・マクファーデン (46分-8:アンドリュー "AJ" ジョンソン)

主審:マーティン・アトキンソン

この恩知らず

セリエA第7週:フィオレンティーナ 1-1 ユヴェントス at アルテミオ・フランキ

フィオレンティーナの得点:90分rアドリアン・ムトゥ
ユヴェントスの得点:23分ヴィンチェンツォ・イアクィンタ

クラウディオ・ラニエリ・コーチ
「カウンターからゴールを決められるチャンスが後半幾つかあったんですがね。それが決まってればと・・・。レグロッターリエは腕を開いていましたから、あれはハンドをとられても仕方がないでしょうな。スクデット?その争いへ入りたいのは山々ですけど、上を行くビッグクラブたちがコケてくれない限り難しいレースかもわかりません。今日も精一杯のプレーで戦いました。最後に燃料が切れたのも今の実力のうちでしょう。チアーゴを用いなかった理由ですか?それはアルミオンの方が現状では優れているからです。私の選択の基準は勝てる人間かどうかであって、購入価格が幾らかだったかではありません」

クラウディオ・チェーザレ・プランデッリ・コーチ
「相手を圧倒していたのは我々で、ユーヴェといえば先制するまで1つのチャンスすら作っていなかった。今日はフィットネスに不安があって、やはり若干シャープさが欠けていた。しかし、そこは全員が精神力でカバーしてくれた」

マルコ・ドナデル選手
「トレセゲは思いっきりオフサイドの位置にいたじゃないか。あんなんでゴールが認められたらやってられないよ。しかも明らかにリゴーレなプレーも2つ無視された。まるで負けたような気分だ。ヒドい」

フィオレンティーナ
GK1:セバスティアン・フレイ
DF21:トマス・ウイファルシ
DF3:ダリオ・ダイネッリ
DF5:アレッサンドロ・ガンベリーニ
DF17:フェデリコ・バルツァレッティ復讐
MF22:ズドラフコ・クジュマノヴィッチ (46分-32:クリスティアン "ボボ" ヴィエリ)
MF4:マルコ・ドナデル
MF18:リカルド・モントリーヴォ
FW7:フランチェスコ・セミオーリ (67分-13:アンソニー・ファンデン・ボーレ)
FW29:ジャンパオロ・パッツィーニ (67分-19:マッシモ・ゴッビ)
FW10:アドリアン・ムトゥ

ユヴェントス
GK1:ジャンルイジ・ブッフォン
DF21:ズデネク・グリュゲラ "ゲロゲ〜ロ"
DF33:ちょっと褒めると、これだ
DF3:ジョルジオ・キエッリーニ標的
DF28:クリスティアン・モリナーロ
MF23:アントニオ・ノチェリーノ
MF4:セルヒオ・ベルナルド・アルミロン
MF11:パヴェル・ネドヴェド (71分-20:ラファエレ・パッラディーノ)
MF7:ハッサン・サリハミディッチ
FW17:ダヴィド・トレセゲ
FW9:ヴィンチェンツォ・イアクィンタ (77分-10:アレッサンドロ・デル・ピエーロ)

アルビトロ:ニコラ・リッツォーリ

セリエA第7週

カタニア 1-0 リヴォルノ
カタニアの得点:20分ジェンナーロ・サルド
エスプルシ:78分ダヴィド・バッレーリ (リヴォルノ)

ジェノア 2-0 カリャーリ
ジェノアの得点:58分マルコ・ボッリエッロ、72分マルコ・ディ・ヴァイオ

パレルモ 1-1 レッジーナ
パレルモの得点:94分カルヴァーリョ・デ・オリヴェイラ・アマウリ
レディングの得点:92分ニコラ・アモルーゾ
エスプルシ:88分ジュゼッペ・ビアヴァ (パレルモ)

かなり大雑把なユーヴェ 3-0 エンポリ
かなり大雑把な得点:65分rマッシモ・マッカローネ、79分トマス・ロカテッリ、82分ダニエレ・ジャッロッパ
エスプルシ:64分ダニエレ・アダーニ (エンポリ)

パルマ 0-3 ASローマ
ローマの得点:2分&82分フランチェスコ・トッティ、21分アレッサンドロ・ファイオーニェ・アマンティーノ "マンチーニ"
エスプルシ:26分ベルナルド・コッラーディ (パルマ)

ノヴェッリーノ現 1-0 ノヴェッリーノ前
ノヴェッリーノ現の得点:88分エウジェニオ・コリーニ
エスプルシ:45分セルジオ・ヴォルピ (前)

〜オレのゴールもシボンじゃう〜 エールディヴィジ第7週

SCヘーレンフェン 9-0 SCヘラクレス・アルメロ
ヘーレンフェンの得点:10分&17分&19分&68分&70分&74分&76分アフォンソ・アウヴェス・マルティンス・ジュニオール、60分&90分ジェラルド・シボン

AZ'67アルクマール 2-2 フローニンヘン
AZの得点:17分アリ・フェレイラ、83分デミー・デ・ゼーヴ
フローニンヘンの得点:71分マルクス・ベルグ、90分アンドレイ・スヴェイディク

フィテッセ・アルンヘム 0-1 SCフェイエノールト・ロッテルダム
フェイエノールトの得点:55分ニック・ホフス

トゥヴェンテ・エンシェーデ 0-1 ローダJC・ケルクレイド
ローダJCの得点:71分ダヴィ・デ・フォーヴ

スパルタ・ロッテルダム 2-2 アヤックス・アムステルダム
スパルタの得点:72分チャールズ・ディッセルス、80分ゼップ・デ・ルーフェル
アヤックスの得点:68分クラース=イャン・フンテラール、90分シエン・デ・ヨンク

ひぃ〜

イングランド・プレミアシップ第8週:アーセナル 3-2 チーム・ロイ・キーン at エミレイツ

アーセナルの得点:7分&80分ロビン・ファン・ペルシィ、14分フィリップ・センデロス
チーム・ロイ・キーンの得点:25分ロドニー・ウォレンス、48分ケンヴァイン・ジョーンズ

アルセーヌ・ヴェンゲル・コーチ
「最初の15分間だけなら、これはピクニックだと感じたんだが、それを過ぎたら集中が途切れてしまった。このレベルの戦いでそれを招いたら大きな代償を払う事になる。しかし最終的には我々の力の一端を見せることが出来たので、これはこれで勉強になったんじゃないのかな」

ロイ・キーン・コーチ
「もし立ち上がりのまま行っていたら、5点いや6点ぐらいはヤラれてたかもしれない。だけど選手たちは強引に試合を自分たちの方へ引き戻してくれた。私は常にキャラクターと気持ちの強さを口が酸っぱくなるほど強調して来たが、それが表れていたし、プレー内容でも見るべきものがあった」

アーセナル
GK24:マヌエル・アルムニア・リヴェロ
DF3:バカリ・サニャ (68分-27:エマヌエル・エブエ)
DF5:ハビブ・コロ・トゥーレ
DF6:フィリップ・センデロス
DF22:ガエル・クリシィ
MF4:フランセスク・ファブレガス・ソレール "セスク"
MF2:ヴァシリキ・アブバカル・ディアビ "アブ" (58分-32:テオ・ウォルコット)
MF13:アレクサンドル・フレブ
MF16:マシュー・フラミーニ
FW25:エマヌエル・シェイ・アデバヨール
FW11:ロビン・ファン・ペルシィ (85分-19:ジウベルト・アパレシド・ダ・シウヴァ)

チーム・ロイ・キーン
GK1:クレイグ・ゴードン
(赤紙90分) DF6:ポール・マクシェイン
DF14:問題はお前だ
DF5:ナイロン・ノーズワーシー
DF15:ダニエル・コリンズ
MF12:リアム・ミラー
MF19:ドワイド・ヨーク (94分-3:イアン・ハート)
MF18:グラント・リードビター
MF33:ロドニー・ウォレンス (78分-9:アンソニー・ストークス)
MF16:マイクル・チョプラ (77分-4:ディクソン・エトゥフ)
FW17:ケンヴァイン・ジョーンズ

主審:ロブ・スタイルズ

Copyright © 1997-2007 0-0 <empate>. All Rights Reserved.
Apple, the Apple logo, and Mac are trademarks of Apple Computer, Inc., registered in the U.S. and other countries.
The Made on a Mac Badge is a trademark of Apple Computer, Inc., used with permission.