Information
Archives
不合格

セルティック・パークでのヂダ選手の演技について寸評を依頼されたカカー選手が「大根」と思いっきり落第点をつけた模様。なお、あの卑屈で恥辱にまみれたパフォーマンスに怒り狂ったミラニスタがヂダ選手をeBayへと出品したそうです。我こそはというJリーグ関係者の方はお早めに。

ヒカルド・イゼシオン・ドス・サントス・レイテ "カカー"選手
「ヂダが優秀で頼もしいキーパーなのは間違いない。でも、いくらなんでもアレはないよな。彼なりの発想でやったんだと思うけど、明らかに失敗だよ。それでも僕らはヂダを支えてあげたい。だって彼のセーブで助かった試合は沢山あるじゃないか。チームメイトは決してそれを忘れちゃいない。彼が困った状況にあるなら、今度は僕らが助けてあげる番さ」

手術

トレーニングで左膝半月板を傷めたラツィオMFレデスマ選手が、インターナショナル・ウイークを利用してキーホール手術を受ける模様。全治まで4〜8週間。

その前にユーヴェを勝たせろ

ラニエリさんが「クラブでの仕事をやり尽くしたら代表チームをやってみたい」などと希望されているそうです。それで率いてみたいのはイングランドかスペインなんですって。

クラウディオ・ラニエリ・コーチ
「クラブで勝つだけ勝ったら、コーチ・キャリアの終わりを代表チームで迎えてみたいですね。私は素晴らしいタレントと偉大なクラブが存在するスペインやイングランドで仕事をしました。不思議なのは、それらの国の代表チームは結果を出せていないんですね。時々なんでかなと考えることもあるんですが・・・、どうです、勝負師なら賭けてみる価値のある仕事でしょう?」

ローン

ユナイテッドMFリー・マーティン選手が3ヶ月ローンでプリマスへ出向。

もってこい

本気を出し過ぎた対戦相手によって泥仕合に持ち込まれるケースが多々見受けられるレアル・サンマリノですが、そんな状況を打開してくれるのはこの人だと、来季の戦力としてドログバ選手を獲りに行く模様。

表彰

国際プロフットボーラー連盟 (FIFPro) は、06-07シーズンの最優秀選手とベストイレブンを発表。

最優秀選手;ヒカルド・イゼシオン・ドス・サントス・レイテ "カカー" (ACミラン,ブラジウ)

この面子で試合をやったらジェラードは確実に死ぬベストイレブン
GK:ジャンルイジ・ブッフォン (ユヴェントス、イタリア)
DF:ジョン・テリー (スパルタク・チェルスキー、イングランド)
DF:ファビオ・カンナヴァーロ (レアル・サンマリノ、イタリア)
DF:アレッサンドロ・ネスタ (ACミラン、イタリア)
DF:カルレス・プジョル・サフォルカーダ "チャーリー" (バルセレソン、スペイン)
MF:スティーヴン・ジェラード (リーガプール、イングランド)
FW:クリスティアーノ・ホナウド・ドス・サントス・アヴェイロ(マンチェスター・ユナイテッド、ポルトガル)
FW:ヒカルド・イゼシオン・ドス・サントス・レイテ "カカー" (ACミラン、ブラジウ)
FW:リオネル・アンドレス・メッシ (バルセレソン、アルヘンティーナ)
FW:ディディエ・ドログバ (スパルタク・チェルスキー、アイヴォリー・コースト)
FW:ホナウド・デ・アジス・モレイラ "ホナウドII" (バルセレソン、ブラジウ)

ヒカルド・イゼシオン・ドス・サントス・レイテ "カカー"選手
「5万人以上の同業者から認めてもらうことが出来て心から喜んでいる。また尊敬すべきホナウヂーニョと同じ賞がいただけて光栄に思っている」

機嫌なおせよ

いい歳してチンピラのようなファイトを行ってしまったフェリポンは、ドラグティノヴィッチ選手へ電話をかけ「フェリポンだ。笑ってポン!」と和解を求めた模様。

ルイス・フェリペ・スコラーリ "フェリポン"コーチ
「ドラグティノヴィッチと話をしたのは、その時が初めてだった。UEFAの連中がいる前で電話をかけ、お互いに謝罪の言葉を言い合ったんだ」

犯人扱い

セルティック・パークで被害を受けたのはミランであり、ヂダ選手ですが、UEFAは何故あのタイミングで倒れたのか?、また何故キーパーを交代させたのか?という理由についてミラン側の説明を求めている模様。いつの間にかミランが悪いことしたみたいになってるのが素敵。これは徳のなせる業だな。恐るべしセルティック。

ミニ・ミー副会長
「我々はセルティック・パークでの出来事に関しては一切の抗議を行わないと公式に表明をした。なのに、いつの間にかミランが罪を犯したかのような空気になっているのは甚だ遺憾である。私はミランの寛大な心が皆に歓迎されると信じていた。だが、それを逆手に取られるとは、百戦錬磨の我々ですらビックリ仰天である。事の核心はヂダが何をしたかではなく、本来入ってはいけない人間がピッチへ侵入して選手を襲ったことにある。この事実を忘れてもらっては困る」

基準が問題だ

冬のマーケットでの補強について質問されたラニエリ・コーチは「7人も8人も連れて来れるわけじゃありません。しかし、2人のカンピオーネが来ることだけはお約束しますよ」などと答えたそうです。それはクラウディオ・ラニエリが考えるカンピオーネですか?

デ・ロペラ商法

リーガプールはマルク・ゴンサレス選手の売却に際して、ベティス側とファンデ選手の最優先交渉権を入手していたんだそうです。しかし、デ・ロペラのバカは「そんな話はしとらんなぁ」と、スッとぼけている模様。

マヌエル・ルイス・デ・ロペラ・イ・アヴァジョ・オーナー
「ファンデはベティスが自信を持って送り出す期待の若手である。偉大な選手に成長するだろう。その宝物をだな、なぜ売るの売らないのと言わなきゃならんのだ。もちろん1億ユーロくれるなら考えてみてもいいがな。1億だぞ、1億。よいな」

ぺっぺっぺっ

シティとリチャーズ選手の契約更新交渉がウマく行ってないと耳にしている隣りのクラブのおじさんが、壊れっぺ壊れっぺと呪いをかけているそうです。資金をいくら用意したかは、今のところ不明。

第2のジブリル・シセ

リーガプールではサイドでしか起用されないバベル選手が「オレはストライカーだ」と主張している模様。だから移籍先は慎重に選んだ方がいいのに。

ライアン・バベル選手
「自分ではセンターフォワードが一番適したポジションだと思ってる。ラファもそれは知ってるから、僕としてはチャンスを待つしかない。来たら必ず結果を出すよ。もちろんサイドがイヤだとかって言ってるわけじゃない。お陰で多くの試合に出ることが出来るしね。今のところはストライカーの競争には負けているかもしれない。だけど気にはしてないさ」

なに言ってやがんだ

珍しく好調で不平不満の類もスッカリ減ってしまったバカが「ボールに触るたびゴールになりそうな気がする」などと戯言をホザいてらっしゃいます。ちなみにUEFAカップのラボトニチキ・コメタル戦では、途中出場からファーストタッチでゴールを決めたようですが、そういう獲り方はフットボーラー人生初だそうで。あ〜よかったね、フンッだ。

バカ
「気分?上々だね。今はボールに触るたび点とれそうな気がする。ファーストタッチ・ゴールなんか人生初だけどな、こういうことが起きるから面白れぇんだ。秘訣があったかって?そんなものねぇよ。ジャンナコプーロスが良いクロス上げたから頭に合わせただけさ。それでもキチンと合わせてゴールにしちまうんだから、今のオレは神憑ってるぜ」

バカおやじ

一方、同じように好調なのに代表へは呼ばれなかったトレセゲ選手は「クラブで結果を出した者を選ぶって方針はどうしたんだ?」と自称名将へ文句を言ってるそうです。フランスは、ここらで予選敗退して、スタッフを一新した方がいい。

ダヴィド・トレセゲ選手
「国のコーチはクラブチームで結果を出した者を優先して選ぶと明言している。僕は6試合で7得点だ。これが結果じゃないって評価なら、もうどうにもならないよ。本当にガッカリだ。なぜ選ばれなかったのか何の説明も無いしね。周りは‘頭おかしいんじゃないのか?’って不思議がってるよ。実はワールドカップの後で代表を辞めようかと考えたんだ。僕がいなけりゃドメネクは彼が望むプレーをしてくれる選手を選べるからね。それについては2ヶ月悩んだよ。自分は常に代表の役に立ちたいと願っている。でも、やがて呼ばれることで心が傷ついていくなら、それは考えなきゃならない」

負けちゃったんだもの

UEFAカップ敗退というビックリをやってのけちゃったヘンク・テン・カーテ・コーチは「アヤックスをリーグ優勝させなきゃ辞めるに辞められん」と主張している模様。

ヘンク・テン・カーテ・コーチ
「チェルスキーと契約したなどという話は偽りだ。私はアヤックスをオランダのチャンピオンにしたい。UEFAカップでこのような痛みを味わった限りは、もう勝つしかない。そのためのチャンスは十分にある」

友だちなら名を出せ

ホナウヂーニョが考えるベストプレーヤー5人というリストに名前の入っていなかったエトオさんですが「そんなことで僕らの友情は壊れはしない」と目を真っ赤に腫らしながら答えた模様。

サミュエル・エトオ・フィル選手
「ロニーにはロニーの考えがある。たとえ、その5人に僕の名前が無くたって僕らの友情が壊れることは無い。一部の意地悪な人たちは違った見方をするんだろうけど、僕の言葉こそが真実だ」

法廷で会おう

ルーニー選手の自伝で批判されたエヴァートンのモイス・コーチが名誉毀損の訴えを出していた件で、双方の弁護士が示談について交渉していたんだそうですが、このたび物別れに終わったので来年5月より法廷に場所を移して争われることになった模様。なお、2人の関係をよく知る人物としてアラン・スタッブス選手が証人として出廷する可能性もあり。

再就職

スティーヴ・クラーク・アシスタントにはセインツやノリッジから仕事の話が来ており、噂通りチェルスキーを出て行く模様。

辞めたい

かつて途中交代を告げられると必要以上に露骨な嫌悪感を表明したセルジオ・コンセイソンという人がいましたが、その人をも上回る顔で毎度ベンチへ下がるマンチーニ選手は冬のマーケットでのリヨン行きを本気で考えている模様。

自分と対話しました

カイロ会長から「自分の心に訊け」と言われていたアレッサンドロ・ロシーナ選手は、2011年までの契約更新と年俸150万ユーロを受け入れる模様。

この人も元リーガプール

選手を掌握するためにギャリー・マカリスタ氏を招くと報じられたチェルスキーですが、もう1人ジェイミー・レドナップという元リーガプール・スターの名前も挙がっている模様。

手術

ポルトガルで足首の手術を受けたスパーズDFヒカルド・ホシャ選手は、復帰まで8〜10週間。

ヒカルド・セルジオ・ホシャ・アゼヴェード選手
「手術はウマく行ったんで、あとは出来るだけ早く戻りたいと願っている。ただ、最初は6〜8週間ぐらいの見積もりだったんだけど、ちょっと予想より重いんだ。たぶん8〜10週間はかかると思う」

復帰

ミドルスブラはカーディフへ出向させていたGKライアン・ターンブル選手を呼び戻した模様。

スイス

Aマッチ:オーストリア & USA戦のスイス

GK
ファビオ・コルトルティ (グラスホッパー・チューリッヒ)
ヘルマノ・ヴァイラティ (FCシオン)
ディエゴ・オルランド・ベナグリオ (ナシオナウ・デ・マデイラ)
パスカル・ズベルビューラ (ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン)

DF
フィリップ・デゲン (BV09ボルシア・ドルトムント)
ヨハン・ジュル (バーミンガム・シティ)
シュテファン・グリシュタイン (AJオセール)
シュテファン・リヒトシュタイナ (リールOSC)
リュドヴィク・マニャン (VFBシュトゥットガルト)
フィリップ・センデロス (アーセナル)
クリストフ・シュピチェル (アイントラハト・フランクフルト)
スティーヴ・フォン・ベルゲン (ヘルタBSCベルリン)

MF
トランキージョ・バルネッタ (バイヤー04レヴァークーゼン)
ファビオ・セレスティーニ (ヘタフェ)
ゲルソン・フェルナンデス (マンチェスター・シティ)
ダニエル・ギガクシュ (FCメス)
ギョクタン・インレル (ウディネーゼ)
シャヴィエル・マルガイラツ (オサスナ)
ハカン・ヤキン (ヤング・ボーイズ・ベルン)

FW
アレクサンドル・フレイ (BV09ボルシア・ドルトムント)
マルコ・シュトレーラ (FCバーゼル)
ヨハン・フォンランテン (レッド・ブル・ザルツブルク)
イセトシマ・ブライス・エンクフォ (トゥヴェンテ・エンシェーデ)

ウクライナ

ユーロ2008予選スコットランド & フェロ−諸島戦のウクライナ

GK
アレクサンドル・ショヴコヴスキ (ディナモ・キエフ)
アンドレイ・ピャトフ (シャフタール・ドネツク)

DF
アンドレイ・ネシュマチュニ (ディナモ・キエフ)
アレクサンドル・クチェル (シャフタール・ドネツク)
ウラディミール・イェゼルスキ (シャフタール・ドネツク)
ディミトロ・チグリュンスキ (シャフタール・ドネツク)
アンドレイ・ルソル (ドニプロ・ドニプロペトロヴスク)

MF
オレグ・グセフ (ディナモ・キエフ)
ラスラン・ロタン (ディナモ・キエフ)
タラス・ミハリク (ディナモ・キエフ)
アナトリ・ティモシュチュク (ツェニト・サンクト・ペテルブルク)
セルゲイ・ナザレンコ (ドニプロ・ドニプロペトロヴスク)
オレグ・シェライェフ (ドニプロ・ドニプロペトロヴスク)
アレクサンドル・フリザイ (ドニプロ・ドニプロペトロヴスク)
アレクセイ・ガイ (シャフタール・ドネツク)

FW
アンドレイ・ヴォロニン (リーガプール)
アンドレイ・ヴォロベイ (ドニプロ・ドニプロペトロヴスク)
アンドレイ・シェヴチェンコ (スパルタク・チェルスキー)
アレクサンドル・フラドキィ (シャフタール・ドネツク)
アルテム・ミレヴスキ (ディナモ・キエフ)

ベルギー

ユーロ2008予選スオミ & アルメニア戦のベルギー

GK
ロガン・バイリー (KRCゲンク)
ブライアン・ファンデンブッシェ (SCヘーレンフェン)
シュタイン・シュタイネン (クラブ・ブルージュKV)

DF
ギョーム・ジレ (KAAゲント)
ヴィンセント・コンパニィ (ハンブルガSV)
ダニエル・ファン・ビュイテン (バイエルン・モナコ)
マルク・デ・マン (RSCアンデルレヒト)
イェール・ファン・ダンメ (RSCアンデルレヒト)
ニコラス・ロンベルツ (ツェニト・サンクト・ペテルブルク)
ジル・スウェルツ (フィテッセ・アルンヘム)
ヤン・フェルトンヘン (アヤックス・アムステルダム)

MF
ガビ・ムディンガイ (ラツィオ)
スティーヴン・デフォル (ロイヤル・スタンダール・リエージュ)
マローヌ・フェッライーニ (ロイヤル・スタンダール・リエージュ)
カレル・ゲレールツ (クラブ・ブルージュKV)
バール・クール (RSCアンデルレヒト)
ティミー・シモンズ (PSVアイントホーフェン)
ファリス・アルン (KRCゲンク)
クリストフ・グレゴリー (KAAゲント)

FW
ウェスリー・ソンク (クラブ・ブルージュKV)
フランシス・ステルケーレ (クラブ・ブルージュKV)
ケヴィン・ミララス (リールOSC)
ムッサ・デンベレ (AZ'67アルクマール)

ポルトガル

ユーロ2008予選アゼルバイジャン & カザフスタン戦のポルトガル

GK
ヒカルド・アレシャンドレ・マルティンス・ソアレス・ペレイラ (レアル・ベティス・バロンピエ)
ジョアキム・マヌエル・サンパイオ・シウヴァ "キム" (ベンフィカ)

DF
ルイス・ミゲウ・ブリート・ガルシア・モンテイロ (ヴァレンシア)
ヒカルド・アウベルト・シウヴェイラ・デ・カルヴァーリョ "リッキー" (スパルタク・チェルスキー)
パウロ・ヘナト・レボーショ・フェレイラ (スパルタク・チェルスキー)
ジョゼ・ボシングヴァ・ダ・シウヴァ (FCポルト)
ブルーノ・エドゥアルド・ヘグフェ・アウヴェス (FCポルト)
フェルナンド・ジョゼ・シウヴァ・フレイタス・メイラ (VFBシュトゥットガルト)
アントニオ・レオネウ・ヴィラル・gノエイラ・ソウザ "トネル" (スポルティング・クルーブ)

MF
クリスティアーノ・ホナウド・ドス・サントス・アヴェイロ (マンチェスター・ユナイテッド)
ルイス・カルロス・アウメイダ・ダ・クーニャ "ナニ" (マンチェスター・ユナイテッド)
アンデルソン・ルイス・デ・ソウザ "デコ" (バルセレソン)
シモン・ペドロ・デ・フォンセカ・サブロサ "シマオ" (アトレティコ・マドリッド)
ヌーノ・ヒカルド・デ・オリヴェイラ・リベイロ "マニーチェ" (アトレティコ・マドリッド)
ジョアン・フェリペ・イリア・サントス・モウティーニョ (スポルティング・クルーブ)
ミゲウ・ルイス・ピント・ヴェローゾ (スポルティング・クルーブ)
ラウール・ジョゼ・トリンダーデ・メイレレス (FCポルト)
ヒカルド・アンドラーヂ・クァレスマ・ベルナルド (FCポルト)
セルジオ・パウロ・バルボサ・ヴァレンテ "ドゥダ" (セヴィージャ)

FW
ウーゴ・ミゲウ・ペレイラ・デ・アウメイダ (SVヴェルダー・ブレーメン)
ヌーノ・ミゲウ・ソアレス・ペレイラ・リベイロ・ゴメス (ベンフィカ)

ゲルマン

ユーロ2008予選アイルランド & チェコ戦のゲルマン

GK
ティモ・ヒルデブラント (ヴァレンシア)
イェンス・レーマン (アーセナル)

DF
クリストフ・メッツェルダ (レアル・サンマリノ)
ゴンサロ・カストロ・イリサバル (バイヤー04レヴァークーゼン)
マヌエル・フリードリヒ (バイヤー04レヴァークーゼン)
アルネ・フリードリヒ (ヘルタBSCベルリン)
ペール・メルテサッカー (SVヴェルダー・ブレーメン)
クレメンス・フリッツ (SVヴェルダー・ブレーメン)
マルセル・ヤンセン (バイエルン・モナコ)

MF
ティム・ボロヴスキ (SVヴェルダー・ブレーメン)
トルシュテン・フリングス (SVヴェルダー・ブレーメン)
ロベルト・ヒルバート (VFBシュトゥットガルト)
ダヴィド・オドンコル (レアル・ベティス・バロンピエ)
サイモン・ロルフェス (バイヤー04レヴァークーゼン)
ベルント・シュナイダ (バイヤー04レヴァークーゼン)
ピョートル・トロチョヴスキ (ハンブルガSV)
バシュティアン・シュヴァインシュタイガ (バイエルン・モナコ)

FW
マリオ・ゴメス・ガルシア (VFBシュトゥットガルト)
パトリック・エルメス (1FCケルン)
シュテファン・キースリンク (バイヤー04レヴァークーゼン)
ケヴィン・クラニィ (シャルケ04)
ルーカス・ポドルスキ (バイエルン・モナコ)

スペイン

ユーロ2008予選デンマーク & スオミ戦のヴァレンシアとその他の助っ人たち

ルイス・アラゴネス・スアレス・コーチ
「ラウール?いま我々は予選を突破できるかの瀬戸際に立っておる。彼をお試しで起用する余裕など無い。そんなにラウールを見たけりゃ、ラウール・アルビオルを見とけ」

GK
イケル・カシージャス・フェルナンデス (レアル・サンマリノ)
ホセ・マヌエル・レイナ・パエス (リーガプール)

DF
セルヒオ・ラモス・ガルシア (レアル・サンマリノ)
マリアノ・アンドレス・ペルニア (アトレティコ・マドリッド)
パブロ・イバニェス・テバル (アトレティコ・マドリッド)
ホアン・カプデヴィラ・メンデス (ヴィジャレアル)
ラウール・アルビオル・トルタハダ (ヴァレンシア)
カルロス・マルチェナ・ロペス (ヴァレンシア)
カルレス・プジョル・サフォルカーダ "チャーリー" (バルセレソン)

MF
フランセスク・ファブレガス・ソレール "セスク" (アーセナル)
チャヴィエル・エルナンデス・クレウス "チャヴィ" (バルセレソン)
アンドレス・イニェスタ・リュハン (バルセレソン)
ミゲル・アンヘル・アングロ・ヴァルデレイ (ヴァレンシア)
ダヴィド・アルベルダ・アリケス (ヴァレンシア)
ダヴィド・ヒメネス・シルヴァ (ヴァレンシア)
ホアキン・サンチェス・ロドリゲス (ヴァレンシア)
アルベルト・リエラ・オルテガ (レアル・エスパニョール・バルセロナ)

FW
ダヴィド・ヴィジャ・サンチェス (ヴァレンシア)
ルイス・ガルシア・フェルナンデス (レアル・エスパニョール・バルセロナ)
フェルナンド・ホセ・トーレス・サンス (リーガプール)

殺す気か

オーウェンやランパードの名前があるユーロ2008予選エストニア & ロシア戦のイングランド

スティーヴ・マクラーレン・コーチ
「マイキーをリストに書き入れることが出来て安心しています。2〜3週前までは諦めていましたからね。この件についてはサムともキッチリ話をしています。仁義を通さなければ代表 v クラブという無用な対立を生みますから。もちろん起用についてはニューカッスルや我々のメディカルスタッフが慎重に評価します。決して軽い気持ちでは決めません」

GK
ポール・ロビンソン (トテナム・ホットスパー)
デイヴィッド・ジェイムズ (ポーツマス)
スコット・カーソン (アストン・ヴィラ)

DF
ウェスリー・ブラウン (マンチェスター・ユナイテッド)
リオ・ファーディナンド (マンチェスター・ユナイテッド)
フィリップ・ネヴィル (エヴァートン)
ジョラン・レスコット (エヴァートン)
ソル・スルズィア・ジェレミア・キャンベル (ポーツマス)
ジョン・テリー (スパルタク・チェルスキー)
キャシュリー・コール (スパルタク・チェルスキー)
ニコラス・ショーリー (レディング)
ミカ・リチャーズ (マンチェスター・シティ)

MF
ギャレス・バリー (アストン・ヴィラ)
アシュリー・ヤング (アストン・ヴィラ)
ショーン・ライト=フィリップス (スパルタク・チェルスキー)
ジョー・コール (スパルタク・チェルスキー)
フランク・ランパード (スパルタク・チェルスキー)
スティーヴン・ジェラード (リーガプール)
デイヴィッド・ベントリー (ブラックバーン・ローヴァーズ)
ストゥアート・ダウニング (ミドルスブラ)

FW
アンドリュー "AJ" ジョンソン (エヴァートン)
ディーン・アシュトン (ウェスト・ハム・ユナイテッド)
マイクル・ジェイムズ・オーウェン (ニューカッスル・ユナイテッド)
アラン・スミス (ニューカッスル・ユナイテッド)
ウェイン・ルーニー (マンチェスター・ユナイテッド)
ピーター・クラウチ (リーガプール)
ジャーメイン・デフォ (トテナム・ホットスパー)

オランダ

ユーロ2008予選ルーマニア & スロヴェニア戦のオランダ

GK
エトヴィン・ファン・デル・サル (マンチェスター・ユナイテッド)
マールテン・ステケレンブルク (アヤックス・アムステルダム)
ヘンク・ティメル (SCフェイエノールト・ロッテルダム)

DF
ハリド・ブラルーズ (セヴィージャ)
ウィルフレッド・ボウマ (アストン・ヴィラ)
ウルビー・エマヌエルソン (アヤックス・アムステルダム)
ジョニー・ハイティンハ (アヤックス・アムステルダム)
キュー・ヤリエンス (AZ'67アルクマール)
ヨリス・マタイセン (ハンブルガSV)
マリオ・メルキオット (ウィガン・アスレティック)
アンドレ・オーイェル (ブラックバーン・ローヴァーズ)

MF
ウェスリー・シュネイデル (レアル・サンマリノ)
アルイェン・ロッベン (レアル・サンマリノ)
ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルスト "ジオ" (SCフェイエノールト・ロッテルダム)
ナイジェル・デ・ヨンク (ハンブルガSV)
ラファエル・ファン・デル・ファールト "ラフィ〜" (ハンブルガSV)
エトヴィヘス・マドゥロ (アヤックス・アムステルダム)
デミー・デ・ゼーヴ (AZ'67アルクマール)
ごく潰し (ACミラン)

FW
ルトヘルス・ヨナタス・マルティニュス "ルート" ファン・ニステルロイ (レアル・サンマリノ)
ライアン・バベル (リーガプール)
ディルク・カイト (リーガプール)
ロビン・ファン・ペルシィ (アーセナル)
クラース=イャン・フンテラール (アヤックス・アムステルダム)

ロシア

ユーロ2008予選イングランド戦のオランダ

GK
ヴァチェスラフ・マラフェイェフ (ツェニト・サンクト・ペテルブルク)
ウラディミール・ガブロフ (クバン・クラスノダル)
アントン・シュニン (ディナモ・モスクワ)

DF
セルゲイ・イグナシェヴィッチ (CSKAモスクワ)
ヴァシーリ・ベレズスキ (CSKAモスクワ)
アレクセイ・ベレズスキ (CSKAモスクワ)
アレクサンドル・アニュコフ (ツェニト・サンクト・ペテルブルク)
デニス・コロディン (ディナモ・モスクワ)

MF
ディミタール・ビリャレツディノフ (ロコモティフ・モスクワ)
ユーリ・ズィルコフ (CSKAモスクワ)
イゴール・セムショフ (ディナモ・モスクワ)
ドミトリ・トルビンスキ (スパルタク・モスクワ)
コンスタンティン・ズィリャノフ (ツェニト・サンクト・ペテルブルク)

FW
アンドレイ・アルシャヴィン (ツェニト・サンクト・ペテルブルク)
パヴェル・ポグレブニャク (ツェニト・サンクト・ペテルブルク)
ロマン・パヴリュチェンコ (スパルタク・モスクワ)
ドミトリ・シチェフ (ロコモティフ・モスクワ)
アレクサンドル・ケルツァコフ (セヴィージャ)
イヴァン・サエンコ (1.FCニュルンベルク)

重圧

シーズン当初は無我夢中でプレーしていたシュネイデル選手ですが、周囲を見回せる余裕ができたとたん、レアル・サンマリノでプレーする責任の大きさに気づいて精神的にかなり追い詰められている模様。そこで疲れた心を癒すため、セラピストの世話になることを検討中。

過労死寸前

左サイドバックがモレッティ選手しかいないヴァレンシアは、モナコのヴァンサン・ムラトーリ選手をスカウティングしている模様。

リーダーシップ

とんだ混乱に陥ったチェルスキーですが、アブラモヴィッチ・オーナーは立て直すためならあらゆる手段を用いるスキーなんだそうです。しかし、チェルスキーのためには何もなさらぬことが一番かと。

殿はなんでも知っている

「いつかはレアル・サンマリノやバルセレソンでプレーしたい」と発言したカカー選手について殿は「そんな話はでっち上げだ。ワシは知っとる。ワシを信じろ。ワシの目を見てみぃ。これ、そのほう、目を見んか、目を。ほれ、もそっと近う寄ってだな」と独り言を呟いていた模様。殿は孤独な商売だなぁ。

天下

グラスゴウへは何しに行ったのか?と叩かれているミランについて殿は「心配?そんなものあるわけなかろう。なんといっても来年の5/21まではワシらがヨーロッパ・チャンピオンだからな、うぇ〜へっへっへっ」と自信満々で答えた模様。

討ち入りするぞ

アレックスとユーヴェによる契約更改の話が行き詰まってると耳にした殿は「あっちはセンターバックに困っとるようだからシミッチと交換してやったっていいぞ」などと邪悪なことを考えている模様。

カルロ・アンチェロッティ・コーチ
「所属クラブとの契約が終わったのなら自由の身じゃないか。ミランへ来ることが出来ない理由があるかい?」

私が救う

シャフタール・ドネツクで活躍中のクリスティアーノ・ルカレッリ選手が、クラブ・レジェンドであるイゴール・プロッティ氏と共に愛のリヴォルノを買い取ろうと画策中。それにしてもシャフタールからはクラブを買い取れるくらいの給料もらってるのか、いいなぁ。

そんなに凄いのか

FCメスの下部組織にはミラレム・プヤニッチという17歳の攻撃的MFがいるそうなんですが、この子をめぐってインテル、殿、ユーヴェ、バイエルン、チェルスキーが群がっている模様。

心に訊け

ロシーナ選手との契約更改の話し合いが進展しないことに焦れたトリノのカイロ会長は「頭で考えるのではなくて、心で感じて答えを出せ」とコメントしているようですが、心でトリノ以外のことを感じていたらどうするつもりなのだろうか?

ウルバノ・カイロ会長
「私はビジネスマンだが、大事な取引の時には常に自分の心と相談して決断した。プロとしてお金にこだわるのは悪いことじゃない。だけどお金だけを全ての基準にすれば、本当に自分が求めているものを見失う場合がある。ここは落ち着いて、なにが自分にとって最も大事なのか感じてもらいたい。我々は戦争をしているわけではない。互いが同じように幸せになれる道を見つけるために話をしているんだ」

どうかひとつ

来季はセグンダでガリシア・ダービーかと陰口を叩かれているデポルティヴォのレンドイロ会長が、レアル・サンマリノを訪れ「ソルダードをくれませんか」と泣いて頼んだ模様。

ご延長

馬車馬以上の働きぶりを見せるファン・ニステルロイ選手の契約は2009年までですが、ポマードは1年延長を申し込む模様。

プレドラグ・ミヤトヴィッチ・スポーツダイレクター
「ルートはラウールと同じで、理想的なスポーツマンだ。常に真面目に働き、決してチームに問題をもたらすことがない。しかも新入りのオランダ人の面倒を率先して見ている。昨シーズン優勝できたのも彼がいてくれたからだ。そのような重要な選手にはご褒美があっていいはずだ」

お元気そうで

エトオ選手がバルセロナ市内の駐車場にて他の車に思いっきり体当たりをするという事故を起こしていた模様。当てられた車に乗車していたドライバーは手首を怪我したそうで、エトオ選手はそのドライバーを自分の車に乗せて病院へゴ〜。ちなみにエトオ選手は無傷。

急上昇

ここ数年はカルチョネタ選手権のスクデットをインテルから奪還したかのような勢いのミランですが、なんと現役を退いたアンジェロ・ペルッツィ氏に復帰を打診していた事実が判明。しかし本人にその気はなし。

ヴィンチェンツォ・モラビート代理人
「ペルッツィは意志の固い人ですから、引退を撤回することは考えにくいです。しかも指の怪我は治っていませんし。それよりはアッビアーティを戻せばいいじゃありませんか。イタリアの中でもベスト・キーパーの1人ですから。一番いい解決策だと思いますよ」

いらねぇ〜よ

パヌッチ先生がですね「どんな大金を積まれたってローマからは出ない。体が動く限りローマでプレーしたい」と、ユーヴェ移籍を否定しているようですが、いつ声かけたんだよ、あんたに。

父ちゃんと歩きたくない

ヴァレンシア戦では変態中年おやじマスクをかけてプレーしたジョン・テリー選手ですが、まだ術後も間もないということで日常生活でもアレをつけてなきゃいけないんだそうです。

ジョン・テリー選手
「子供の散歩や買い物なんかにも付けて出なきゃならないんでねぇ。どう見ても怪しい男なんだけど、体を守るためならしょうがないよな」

本気にする人がいるので

スペインの新聞のインタビューを受けたカカー選手が「いつかはレアル・サンマリノやバルセレソンのようなチームでプレーしたい」とリップサービスを繰り広げていた模様。

ヒカルド・イゼシオン・ドス・サントス・レイテ "カカー"選手
「ACミランのような偉大なクラブでプレーできることは大きな喜びだ。だけどレアル・サンマリノやバルセレソンに魅力を感じていないわけじゃない。いつかはって気持ちは当然あるよ。移籍の噂?そういう新聞ネタは常にあるものだよ。噂とはいえ他のクラブから興味を持たれるのは1人のフットボーラーとして嬉しい限りだけどね」

逆に心配だ

サー・アレックスからナニ & アンデルソンの面倒見れっぺと命じられているクリスティアーノ・ホナウド選手は「ユナイテッドで生きて行くのに必要なフットボール・スタイルやメンタリティを叩き込んでいる」なんて語っているようですが、一体なにを教えてんだかわかったもんじゃないよ。

ナルシスト

ヴチニッチ選手によるエルボーのお陰で目の周りにマンガのような青あざを作っているというクリスティアーノ・ホナウド選手ですが「どんな手を使おうが僕を止めるのは無理だね。ちょっとみっともない顔になったけど、また4〜5日すればビューティなクリスティアーノ・ホナウドをお見せできるよ」などとドロンパみたいに気取っていた模様。

自分のことは自分じゃわからない

マルセイユ戦では凄まじい勢いでチームの足を引っ張っていたモモですが、そんなリーガプールは大丈夫なのか?と突っ込まれ「全然なんともないね。クライシスのクの字も見えないよ」と答えた模様。

ですって、ラファさん

チームはお前のオモチャじゃないと叩かれているラファさんですが、ほとんど固定メンバーで行ってるアーセナルのファン・ペルシィ選手は「身体的にはキツいけど、その方が意思の疎通はバッチリだ」とコメントしている模様。

ロビン・ファン・ペルシィ選手
「一部のチームは試合ごとにメンバーを変えているよね。例えばリーガプールだけど。でも、それが彼らのやり方なんだから外から口出しする必要はないさ。僕らは常に同じメンバーだから身体的にはツラいよ。だけどセスクがボールを持ったらどうする気なのか、アデバヨールが前を向いたら僕はどうしてあげるのが一番いいのか、全て理解している。誰もが互いをわかり合っているんだ。これが僕らの結果の出し方だよ」

売る気満々

補強費を奮発した甲斐がありましたね?と質問されたエリクション・コーチは「まったくですよ。しかも殆どの選手の市場価格は私のもとで大きく上がりましたしね」などと答えた模様。

決めてません

あなたのチームの正GKは誰なのか?と突っ込まれたエリクション・コーチは「まだ決めてません」と答えた模様。

スヴェン・ヨラン・エリクション・コーチ
「キーパーは特別なポジションですから、試合ごとに選手を交代させるわけにはいきません。しかし、能力を発揮する機会を与えなければ誰が適切なのかを見極めることもできません。ミッドフィルダーやストライカーがミスをしても、それはただのミスに終わりますが、キーパーのミスはチームにとって命取りなので難しい判断です」

近寄れない

サンダーランドでプレーするには、まずロイ・キーンを攻略しないといけないわけですが、クレイグ・ゴードン選手によると「怖くて近寄れない」そうです。

クレイグ・ゴードン選手
「コーチは怖いかって?当たり前だよ。部屋に入ってきただけで空気が凍るもの。他の選手も同じ感覚だよ。それがロイ・キーンって男なんだ。彼がピッチで成し遂げたものがそうさせるのさ。僕らは彼に命じられるままやるだけだよ。他にどうもこうもない」

人心掌握とは

チェルスキーにおけるテン・カーテ氏の役割は、当然ながらタクティクスがメインとなるそうです。次に、そのタクティクスを正しく実行するために必要なメンタルをどうにかする人が必要なんですが、チェルスキーはかつてリーガプールでプレーした、リーガプールで若手を支えた、リーガプールで大活躍した、あのギャリー・マカリスタ先生に任せちゃおうかなと考えている模様。

うはは

テン・カーテ・コーチをチェルスキーに奪われるアヤックスは、マルティン・ヨル・コーチを後任に考えている模様。なおスパーズとヨル・コーチとの間では、既に400万ポンドの慰謝料でお別れという合意がなされているとかいないとか。

オレの餌食

気がつきゃ最終ラインは外人ばかりというニューカッスルですが、ビッグ・サムは夏の間にバルセレソンのエヂミウソン選手を口説いており、本人もまんざらではなかった模様。資金さえどうにかなれば1月には来るんだそうで。

それでは静かにしててください

今週はチェルスキーへ呼んでくれたラニエリさんと、そのチェルスキーから追い出されて引退の危機だった身を救ってくれたユーヴェとの対戦になるムトゥ選手ですが、その両者にはとても感謝していて、足を向けて眠れないくらいだそうです。お願いだから休んでくんねぇかな。

アドリアン・ムトゥ選手
「ユーヴェには感謝の気持ちしかない。チェルスキーから追い出され、どうにもならない時に手を差し伸べてくれたのは彼らだけだ。今こうしてフィオレンティーナでプレーできているのもユーヴェのお陰だよ。ラニエリにも同様に感謝の気持ちがある。活躍できなくて苦労していた時も僕を信じて起用し続けてくれた恩人だよ。ジョゼ?ヤツは尊大でヤな野郎だったね」

無理はせんでもよい

左足を傷めて離脱中だったレクレのポンゴル選手は、よりによって今週のレアル・サンマリノ戦で復帰しようなどと不埒なことを考えている模様。

フロラン・シナマ・ポンゴル "ポン=ゴール"選手
「ドクターはレアル・サンマリノ戦には大丈夫だって言ってくれた。サンティアゴ・ベルナベウへ行くかどうかは僕の判断次第だなんだよ。問題ないと確信が持てたら行くだろうけど、少しでも不安があったら、先のこともあるしリスクは避けたい」

教訓

このままのパフォーマンスならフランス代表も夢じゃないと、本人も周囲も考えているエンゾグビア選手ですが、ビッグ・サムは「第2のマイクル・リケッツになりたくなかったら驕るな」と警告を発しているそうです。

サム・アラーダイス・コーチ
「売り出し中の若手には‘地に足をつけとけ’と言ってやりたい。間違った方向へと勘違いされるのが一番困るんだ。私の育てた選手の中にはイングランド代表へ選出されるまで活躍したのに、気がついたらオールダムなんかでヨロヨロやっている者がいる。それはマイクル・リケッツという者だ。彼は注目されたことで自分を見失い、それまで築いたキャリアを全て無にしてしまった。私は第2のマイクル・リケッツなど見たくない。若い選手に対する不安があるとすれば、まさにそこだよ」

ローン (1)

ポンペイは移籍直後の不調に陥ったマーティン・クレイン選手のコンディションを戻すためのローンを検討しているそうで、QPRが引き受けを申し入れている模様。

ローン (2)

ボルトンFWレスリー・トンプソン選手が1ヶ月ローンでストックポート・カウンティへ出向。

男らしくない

ヂダ・オンステージについてセルティックのマクギディ選手が「あの野郎、ピンピンしてメシもモリモリ食ったに違いねぇ」とスカラ座もビックリな演技を酷評していた模様。

エイダン・マクギディ選手
「もちろんピッチに入ってくるなんてファンの風上にも置けないよ。あれは絶対にダメさ。でもヂダの反応だっておかしかないかい。相手はかすった程度なのに、まるでバズーカ砲で撃ち抜かれたみたいに倒れてさ。オレは自信もって言えるけど、ヂダのヤツはあのあと元気にモリモリと晩飯たいらげたに違いないんだ。大陸のヤツラってのはいつもああだ。なんでもかんでもドッタンバッタン倒れやがって」

まさに、おっしゃる通りで

「ピンピンしてるぞ」とヂダ選手を批判したマクギディ選手ですが、その想像は当たっていたようで、週末のラツィオ戦には元気ハツラツで出場する予定。

身内にも不評

ヂダ選手の一世一代の大芝居にはカルロですら「やりすぎだ」との声をあげ、ミラニスタも「いつまであんなピエロに我慢しなきゃならないんだ?ACミランの名を汚す馬鹿者だ!」と怒り狂ってるそうです。

いらっしゃるそうで

チェルスキー行きについて質問されたテン・カーテ・コーチの代理人は「合意しちゃいました」とコメントしている模様。

シギ・レンス代理人
「我々とチェルスキーとは話がついてますよ。あちらはスタッフを求めているわけですし、両クラブが合意さえすれば何の問題もない話です」

UEFAカップ 1st Round, 2nd Leg

ラピド・ブカレスト 2-2 (agg 2-2) 1.FCニュルンベルク

アノルトシス・ファマグスタ 1-1 (agg 2-7) トテナム・ホットスパー

ロコモティフ・モスクワ 2-0 (agg 5-1) FCミットユラン

エルシエスシュポール 0-5 (agg 0-9) アトレティコ・マドリッド

ヘルシンボリIF 5-1 (agg 8-6) SCヘーレンフェン

ハンブルガSV 3-1 (agg 4-1) リテクス・ロヴェチ

FCチューリッヒ 3-0 (agg 4-2) エンポリ

AaBアールボリBK 0-0 (agg 2-2) サンプドリア

BKハッケン 1-3 (agg 1-8) スパルタク・モスクワ

CSKAソフィア 1-1 (agg 1-1) トゥールーズ

ドニプロ・ドニプロペトロヴスク 1-1 (agg 1-1) アバディーン

エルフスボリ 0-1 (agg 2-2) ディナモ・ブカレスト

OBオーデンセ 0-0 (agg 0-0, pk 3-4) スパルタ・プラハ

ヴァレレンガ 2-2 (agg 2-4) オーストリア・ウイーン

アヤックス・アムステルダム 2-3 (agg 3-3) ディナモ・ザグレブ

FCバーゼル 6-0 (agg 8-1) FKサライェヴォ

BATEボリソフ 0-2 (agg 1-6) ヴィジャレアル

パニオニオス 0-1 (agg 2-1) ソショー

ロイヤル・スタンダール・リエージュ 1-1 (agg 1-4) ツェニト・サンクト・ペテルブルク

FCコペンハーゲン 2-1 (agg 3-2) ラシン・クルーブ・ランス

AIKストックホルム 0-1 (agg 0-1) ハポエル・テルアヴィヴ

ベレネンセス 0-2 (agg 0-3) バイエルン・モナコ

クラブ・ブルージュKV 1-2 (agg 2-2) ブラン・ベルゲン

ガラタサライ 5-1 (agg 7-4) FCシオン

レッド・ブル・ザルツブルク 1-0 (agg 1-3) AEKアテネ

ツルヴェナ・ズヴェズダ 1-0 (agg 2-0) グロクリン・グロズィシュク

メタリスト・カルキフ 2-3 (agg 3-4) エヴァートン

パレルモ 0-1 (agg 1-1, ph 2-4) ムラダ・ボレスラフ

ラピド・ウイーン 0-1 (agg 1-2) RSCアンデルレヒト

スタッド・レンヌ 1-2 (agg 4-3) ロコモティフ・ソフィア

トゥヴェンテ・エンシェーデ 3-2 (agg 3-3) ウマいフェ

ブラックバーン・ローヴァーズ 2-1 (agg 2-3) ラリッサ

ボルトン・ワンダラーズ 1-0 (agg 2-1) ラボトニチキ・コメタル

ジロンダン・ボルドー 1-1 (agg 4-3) タンペレ・ユナイテッド

フィオレンティーナ 1-1 (agg 2-2, pk 4-3) フローニンヘン

レアル・サラゴサ 2-1 (agg 2-2) アリス・サロニカ

AZ'67アルクマール 0-0 (agg 1-0) パッソス・デ・フェレイラ

スポルティング・ブラガ 4-0 (agg 5-2) ハマルビIF

ウニオン・レイリア 3-2 (agg 4-5) バイヤー04レヴァークーゼン

Copyright © 1997-2007 0-0 <empate>. All Rights Reserved.
Apple, the Apple logo, and Mac are trademarks of Apple Computer, Inc., registered in the U.S. and other countries.
The Made on a Mac Badge is a trademark of Apple Computer, Inc., used with permission.