Information
Archives
中止

ユーヴェは今週末のプロフェッショナルの試合を中止にするというFIGCの方針に則り、ASモナコとのフレンドリーマッチをキャンセルした模様。

ラファ・ベニテスに挑戦

代表チームの余りのボケナスぶりに危機感を募らせたジェラード選手が「プレミアシップは外国人を制限しろ」と悲痛な叫びを上げている模様。それをラファやオーナーのいる前で言えるのか?

スティーヴン・ジェラード選手
「ゴチャゴチャぬかしてないで行動すべき時だ。外国人選手の数を制限するルールこそが好い代表チームを持ち続けることを助けるはずだ。このまま何もしないなら、ますます沢山の外国資本が入って来て、僕らのリーグを支配してしまうだろう。そして、その外国人オーナーたちが山のような戦力を海外から引っ張って来て、この国の新しい才能を育てる邪魔をするかもしれないんだ。プレミアシップは世界最高レベルのリーグの1つかもしれない。ならば、そのリーグを基盤にした代表チームも世界最高レベルであるべきなんだ」

ほんとバカだな

イタリア・クライシスにからみ「このままじゃスターはセリエAを嫌いになっちゃうよ」とカカー選手がありがたい警告を発したのに、パヌッチ大先生が「いや、こんだけたんまり給料払ってんだから来るヤツは来る」などと思いっきり空気を読んでいない反論をした模様。お前の頭がそもそもフーリガンだ。

親子で代理人

アトレティコから声がかかってるハイティンハ選手の代理人の実父は、シュネイデル選手をクライアントに持つ同業者だそうで、その辺のスペイン・コネクションがどうたらこうたらと。

トライアル

リーガプールはスウェーデンリーグIFブロンマポイカルナというクラブに所属するティム・ビョルクシュトレイム選手 (16) をテストする模様。ポジションはセンターバック。

八は末広がりじゃなかったのか?

人一倍勝ちたいんだけど結果がサッパリというリーガプールみたいな名古屋からようやく解放されるセフ・フェルホーセン・コーチには、早くもPSVというお話が来ているそうです。

離脱

ニューカッスル戦でハムストリングを傷めたサンダランドDFナイロン・ノーズワーシ選手は4〜6週間の離脱。

普段から応援してやれよ (1)

ジェラード選手が「土曜日の僕は世界一のイスラエル・ファンだ」などと調子いいんだよ、あなたたちは。自力で出られないくせに何を言ってるんだか。ちなみに私は世界一のロシア・ファンになりますよ。だってイングランドがコケたらネタがいっぱい出てきてくれて有り難いんだも〜ん。

スティーヴン・ジェラード選手
「もうありったけの祈りを込めてイスラエルを応援し倒すよ。とにかく勝って望みをつながせてくれ。こんな風になるのはみっともないかもしれないけど、現実がそうなんだから仕方がないじゃないか」

普段から応援してやれよ (2)

イタリアがスコットランドに勝ちさえすれば棚ぼたで自分たちの予選突破が決まるフランスですが、ナスリ選手は「土曜日の僕は世界一のティフォージだ」などと調子いいんだよ、あなたたちは。結果はどうあれ水曜日の私は世界一のウクライナ・ファンになってやる。だって自称名将が嫌いなんだも〜ん。

レイモン・ドメネク・コーチ
「イタリアが我々の期待通りの試合などやってくれるわけがない。だからフランス人の我々にはスコットランド v イタリア戦などというものは存在しない。いや、させない。私はクレールフォンテーヌのどこにテレビが置いてあるか完璧に把握している。土曜はその全ての電源を切ってやるんだ。選手たちはトランプでもして遊んでいればよろし」

サミール・ナスリ選手
「もうありったけの祈りを込めてイタリアを応援し倒すよ。ユーロに世界チャンピオンが出ないなんてあっちゃいけない。彼らが出なけりゃ大会の価値が下がってしまうじゃないか。でも僕はイタリアを信じている。彼らは追い詰められるほど物凄い反発力を発揮する。それは世界のみんなが知っている」

ファビオ・カペッロ氏
「いや、だから、この試合をだな、日曜の汚名をチャラにするのに利用しようって魂胆がいかにもイタリア的だ。なんでいつも選手たちに掃除役を任せるのか意味が分からん。偽善的なだけでなく、あくどいんだ。2匹目のなんとかを狙ってるんだろうが、ハッキリ言って去年と今とは違うだろ。通る可能性もあれば終わる可能性だってあることを忘れるな、じゃあ、終わったらどうするんだ?またドナドーニをクビにするキャンペーンでも始めるのか?バカバカしい。じっくり耐えて次のチャンスを窺うって発想をそろそろ持ったらどうだ。フットボールには継続性というものも必要なんだぞ」

辞退

ヴァレンシアDFミゲウ選手は太股の筋肉を傷めてポルトガル代表を辞退。かわりにスポルティングからアベウ・フェレイラ選手が招集された模様。

その気にさせちゃって

「このままならイタリアから去る!」というカカー選手の発言を、チェルスキーが本気だと受け取った模様。

ロンドン三つ巴

ロンドンの赤・白・青の3バカクラブがリブルン・サン=スーランに所属するシャルル・カボレという19歳のストライカーを奪い合ってる模様。この選手は契約最終年なので、年明けから自由交渉となります。

ローン

レディングMFジェム・カラシャン選手のボーンマスへのローン期間が1ヶ月延長された模様。

戻り道

テン・カーテ・アシスタントはアヤックス時代にルカ・モドリッチ選手が欲しかったそうで、チェルスキーで念願を果たそうとしている模様。予算は2000万ユーロ以上も用意したので、シティもエヴァートンもハマーズも苦戦は必至。

エンリケもいるでよ

ノース・ロンドン・ダービーが狙っているというセヴィージャのディエゴ・カペル選手ですが、ビッグ・サムも興味津々だそうです。

熱烈歓迎

ベルバトフ選手のユナイテッド入りについてキャリック選手は「歓迎だ」とコメントしている模様。

マイクル・キャリック選手
「ベルバトフに限らずワールドクラスって呼ばれている選手の加入は大歓迎だ。今いる選手より彼が優れているって言うつもりはないけど、異なる特長を持っているのは事実だしね。来てくれたらチームは確実に強化されるはずさ。だったら拒む理由はないよね。ユナイテッドはそういう選手を常に求めているんだ」

緊急補強

ロン・フラール選手が膝を壊して離脱したフェイエノールトは、オーイェル選手に移籍を呼びかける模様。

大損害

一部のウルトラのせいで大変なイメージダウンとなったアタランタでは、残りの全ホームゲームを無観客か中立地で行うことを検討中。

アタランタ・ベルガモ選手 & スタッフの声明
「日曜日に発生した事件はベルガモの名を汚す言語道断の行為です。私たち選手ならびにスタッフ一同は、会長の考える対策を全面的にバックアップします。もう私たちはトレーニング場でもスタジアムでも、あのような無法者たちとは会いたくないのです」

温存

まだ膝に不安を抱えるハーグリーヴス選手は、クロアチア戦のみに起用されることとなり、ユナイテッドで調整を行う模様。これはサー・アレックスとマクラーレン・コーチが協議した結果だそうです。なお、状態が思わしくなければクロアチア戦も欠場。

昇給

結構安いというセルヒオ・ラモス選手の給料ですが、レアル・サンマリノは年俸500万ユーロぐらいまで上げ、更にクラブの顔ともいうべき公式リーダーシップメンバーに加える模様。ちなみに現在の面子はラウール、グティ、ミチェル、イケルら4人。

コパ期待外れ選手権

シモン選手が「今季は少なくとも1つはトロフィーとれるかも」とコメントしている模様。

シモン・ペドロ・デ・フォンセカ・サブロサ "シマオ"選手
「リーガ・エスパニョーラ?それはちょっと難しいかもな。コパ・デル・レイかUEFAカップっていうのが妥当な目標じゃないの。とにかく余りデカい夢なんか見ずに、1つ1つ確実に仕事をこなして行くのが大事だよ。せめてクラブの伝統を汚さないような戦いが出来たらいいね」

どこでもいい

ユーヴェから打診があるフェネルDFディエゴ・ルガーノ選手は「個人的にはミランかレアル・サンマリノが好きなんだけど、ユーヴェだったら不足はない。オファーが来たら即決だ」などと調子のいいことを言ってる模様。

そう変わらんと思うが

ジョー・ロイル氏がレスターの話を断った理由は、ウィガンだそうです。

お楽しみですね

幻のパト選手についてカルロは「出っ歯なんか目じゃない。ズバ抜けている」と太鼓判だそうです。もう、私の中では物凄いイメージが出来上がっているんですが、期待していいんですよね?

それは主力だな

左サイドバックを補充したがっているクーマン・コーチですが、候補はグロッソ、エマヌエルソン、タイウォらビッグネームだそうです。

ズラに出っ歯に大変だ

インテルのジュリオ・セサール選手が「ズラはファン・バステンというよりはホナウヂーニョに近い」と評しているそうです。

2年ズラ

そのインテルでは大変好調なズラですが、代表では丸2年も得点がないそうです。

ズラタン・イブラヒモヴィッチ "ズラ"選手
「確かに代表でのゴールはかなりご無沙汰だ。けど、呼ばれなかった期間もあるんだしな。サンティアゴ・ベルナベウで決められたら格別だろう」

ヘンク襲来

テン・カーテ・アシスタントがハイティンハ選手の引き抜きを画策中。

おい

ノース・ロンドン・ダービーが左サイドのスーペル職人ホビーニョに興味を示している模様。

難敵

シティの悲願というアフォンソ・アウヴェス選手ですが、資金力とネームバリューでは負けてないスパーズが乗り出す模様。

ビミョ〜な比較

エリクション・コーチが「エラーノは私のホナウヂーニョです」と大変に高く評価しているようですが、数年後には急速に力が衰えチームのお荷物になるという意味も含まれているんでしょうか?

誰かいませんかね

クマさんに断られ大ピンチなウィガンは、ドンズのポール・インス・コーチやブルース・コーチに声をかけている模様。

外人買うよりはいいよな

ジョゼさんのイングランド人中心主義についてヴェンゲル・コーチは「ビッグクラブがトップクラスのイングランド人を独占するのも有害だ」と屁理屈を口にしている模様。

アルセーヌ・ヴェンゲル・コーチ
「シドウェルがいい例だ。彼はアーセナルでチャンスに恵まれないからレディングへ行った。そこで活躍したらチェルスキーがさらっていった。大きなクラブが質の高いイングランド人を独占してしまったら、小さなクラブは損害を受けるだろう。チーム力の格差は更に広がる懸念がある」

争奪

レディング、サンテ・ティエンヌ、モナコ、シティらがディナモ・キエフDFバデル・エル・カドリウリ選手を奪い合っている模様。

クラブ選びは慎重に

セリエAはレベルの高いリーグなんでしょうが、試合に出してもらえなければいても意味がありません。ということで大黒さんにはニースの話があるそうです。

ナイジェリア人

ナイジェリアからの移民であるエヴァートンFWヴィクトル・アニチェベ選手は、イングランド代表ではなくナイジェリア代表を選択。土曜にクレイヴン・コテージで行われるオーストラリア戦にも出場の予定。

訃報

サー・マット・バスビー・コーチのもとでプレーしたマンチェスター・ユナイテッドFWジョン・ドハーティ氏が死去。享年72歳。

そう言われてもな

アトレティコが熱心に誘っているというクァレスマ選手ですが、本人は隣のクラブを希望しているそうです。

過労死寸前

スティーヴ・フィナンと共にローテーション無縁男の名を欲しいままにして来たモレッティ選手ですが、クーマン・コーチは幾らなんでもそりゃないだろうと、左サイドバックの補強を要請。その他にはプレイメーカーも募集だそうです。

高笑い

チキがヴァルヴェルデ・コーチを望んでいると耳にしたエスパニョールが「そんなに困ってるのか」とガッツポーズしている模様。

アイトール・ベギリスタイン・ムヒカ "チキ"スポーツダイレクター
「我々はライカールトをはじめ全テクニカル・スタッフを信頼している。必ずチャンピオンの座を射止めてくれるだろう。ヴァルヴェルデ?顔を合わす機会はあったけど、生臭い話など一切していない」

即答

レアル・サンマリノから「お前たち、カマーチョのとこへ行くか?」と打診された9番と19番は「イヤだ」と、お答えになったそうです。

アホか

かつてユーヴェからダヴィッツという救世主をゲットし、どうにか体面を保ったバルセレソンが、2匹目のなんとかとしてチアーゴ選手に目を付けている模様。二度も三度もないよ。

出て欲しいが困る

マジョルカはグィサ選手とAマッチに出場したら30万ユーロのボーナス支給という契約を結んでいたそうです。ハナっから呼ばれるはずがないと油断してましたね。

拒絶

アトレティコはハイティンハ選手について問い合わせを行ったそうですが、アヤックスからは「スタムも辞めちゃって冗談じゃないよ。むしろ誰かよこせ」と言わんばかりの勢いで断られた模様。

リーチ

レアル・サンマリノはヴァスコ・ダ・ガマにいる15歳のMFフィリップ・コウチーニョ選手の獲得に王手をかけた模様。

研究されちゃって

強くなったのは喜ばしいんですが、最近フラットン・パークへやってくるチームが徹底的に守備を固めてくるので、ホームで点が穫りづらいといった新たな悩みが生まれた模様。

トニー・アダムス・アシスタント
「フラットン・パークへ来るチームは明らかに我々の攻撃力を警戒し、まず守備を固めている。もう1つ上のレベルのチームへ成長したいなら、そんな中でも点を穫る方法を考えださなきゃならない」

どっちもどっち

サー・アレックスからエミレイツの警備はどうなってっぺ?と批判されたヴェンゲル・コーチは「お言葉だが、私だってオールドトラッフォードでの物語を書き出したら2冊3冊じゃ終わらんよ」と言い返している模様。

恩知らず

ジョゼさんが「オーナーのメチャクチャな補強の帳尻を合わせてやったのはオレなのに」とボヤいている模様。

ジョゼ・マウリーニョ・ドス・サントス氏
「アブラモヴィッチの狙いはハッキリしている。自分に向かって来る憎しみをかわすため、常に金を遣い、ひっき引っ切り無しに選手を行き来させる。チェルスキーをそういうプラットフォームにしたかったんだ。だから私の要求など聞き入れてくれるわけがないんだ。そういう中でも、どうにかバランスを見つけて勝ってやったんだよ、私は」

外人部隊

ジョゼさんが「外人ばっかで勝ったって誰も喜ばねぇよ」と、どこかのチームを批判している模様。

ジョゼ・マウリーニョ・ドス・サントス氏
「チェルスキーのポリシーはアーセナルと全く異なり、イングランドの選手を基盤に成功を収めるというものだった。安易に外国人を仕入れるリスクをとらず、ポジティブなイメージを構築したかったんだよ。メディアはイングランド人選手の扱いに敏感なんでね、あまり彼らを刺激するのもなんじゃないか。とくにイングランドの人々は、外国人ばかりの集団でプレミアシップのイメージを歪める存在を許してくれない傾向にある。金遣い?君らだって金を遣っているのはチェルスキーだけだなんて本気で信じてないはずだ。アンリやオフェルマルスやベルカンプやプティやヴィエラ、この選手たちはタダで来たのかね?そうじゃないだろ。高いお金で連れて来たんだ。もちろん、それら選手を用いて勝たせたヴェンゲル氏の功績は絶大であって、だからこそ今の地位を築けたと思う。しかしチーム作りを始めるにあたっての出発点はチェルスキーと何も変わらなかったはずだ。安い若手を発掘して育てるっていう手法は後づけだろうが」

アルセーヌ・ヴェンゲル・コーチ
「私がプレミアシップへ参戦する以前の30年間は外国人選手たちがいなかった代わりに代表チームは何も勝てなかった。しかし私が来た96年以降は、大きな大会でそれなりの成績を収められるようになったじゃないか」

通勤のメリット

ベッキーのもとにはワトフォード、スパーズ、アーセナルからトレーニング参加のオファーが届いているそうですが、通勤に最も楽なアーセナルを選ぶ模様。

来い、やるぞ、構えろ by ロイ・キーン

元スコットランド代表GKアンドリュー・ゴラム氏が「いっちゃ悪いけど、ゴードンはサンダランドにゃ勿体ねぇよ」と主張している模様。

アンドリュー・ゴラム氏
「プレミアシップでの経験はゴードンを大きく成長させるだろう。しかし、問題は所属クラブだ。1試合に7つも8つもギリギリのセーブをしなきゃならんようなチームはどうかと思うな。それなりのビッグクラブへ行くことを考えた方がいい。サンダランドを悪く言うつもりはないけど、サンダランドを救うのとアーセナルを救うのとじゃ評価は違うんだよ」

お前は帰れ

パレスとQPRは1-1で引き分けましたが、その試合でフランク・ソンゴォ選手のプレーがあまりにもヒドすぎたので、ニール・ワーノック・コーチはポンペイへ突っ返す模様。

クリントン・モリソン選手
「あそこまでヒドい言われようは初めてお目にかかった。僕が対象でなくって本当に良かったよ。でもコーチが怒るのも無理ないプレーだしなぁ。やっぱり仕事は真剣にやらないといかんと思うよ」

こら〜

レアル・サンマリノやユーヴェが来季からの戦力として検討しているラシン・サンタンデールDFガライ選手には、ユナイテッドやリーガプールも参戦。

ご成約

ベッキーはジョルジオ・アルマーニ社とグローバル・アンバサダー契約を結ぶことに合意。契約金は3000万ユーロ。

ご延長 (1)

カイル・リード選手がハマーズとの契約を2009年まで延長。

ご延長 (2)

ユナイテッドはウェスリー・ブラウン選手に新規の4年契約と週給3万ポンドの昇給をオファーする模様。

トライアル

シティはリテクス・ロヴェチのブルガリアU-21代表MFイヴェリン・ポポフ選手をテストしている模様。

コパ・デル・レイ 4th Round, 1st leg

アルカジャーノ 0-3 バルセレソン
バルセレソンの得点:25分ティエリ・ダニエル・アンリ、89分pエイドゥル・スマリ・グジョンセン、90分ボイヤン・クルキッチ・ペレス
ドブレ・アマリージャ:82分ファン・バイチャウリ・ラガ
タルヘタ・ロハ:90分ミゲル・カリオン・ロドリゲス

デニア 1-1 セヴィージャ
デニアの得点:77分パブロ・ヴィダル・ムニョス
セヴィージャの得点:76分エルネスト・ハヴィエル・シェヴァントン・エスピノーザ

エルクレス 2-2 アスレティック・ビルバオ
エルクレスの得点:9分ミゲル・アンヘル・ジェラ・ガルソン、36分アルヴァロ・カマラ・レイ
アスレティックの得点:72分フェルナンド・ジョレンテ・トーレス、77分アシエル・デル・オルノ・コスガージャ
タルヘタ・ロハ:40分センド・アギーレ・バステレチェア "センドア"

経験とは

クーマン・コーチはかなり厳しいらしく、いかにも呑気そうなヴァレンシアの選手たちは戦々恐々とする日々を送っているそうです。しかし、天下のカペッロ仕事を知ってるエルゲラ選手だけは「どうってことない」と普通に接している模様。

イヴァン・エルゲラ・ブヒア選手
「トレーニングが厳しいのは普通じゃないの?そうでなかったらトップには立てないよ。カペッロだってそうだったしね。だから何も不思議じゃない」

インターセプト

ミランはレアル・サンマリノが交渉しているサンパウロDFブヘーノ選手へ乗り出す模様。

視察中

ミランはスポルティング・ブラガMFステウヴィオ選手をチェックしている模様。

チームのベースですから

正GKマルクス "マーカス" ミラー選手が負傷していることからレーマンさんを雇うのではと報じられたカールスルーエですが、ベッカー・コーチは「いやいやいやいや、ないないないない」と逃げ回ってる模様。

エドマンド・ベッカー・コーチ
「キーパーの問題についてはクラブとも協議をしているが、レーマンなど絶対にない。名前すら出ていないと断言しよう。仮にマーケットへ出るとしても、いま出ているキーパーたちのバックアップを見つけるのであって、華々しいスターをさらいに行くのではない」

君も決断しよう

イタリア・クライシスについてカカー選手が「このままならカンピオーネは根こそぎイタリアから出て行くだろう」と警告している模様。いつでも来てくださいよ。今日からでもいいくらいだ。

ヒカルド・イゼシオン・ドス・サントス・レイテ "カカー"選手
「イタリアのフットボールは完全に信用を失っている。今すぐ何らかの対策をしなかったら、この国のスポーツは死んでしまうだろう。だって、こんなことばかり続くならトッププレーヤーは次々とイタリアを去るだろうし、イタリアを目指していた選手だって移籍を避けようと考えるはずだ。セリエAにはみんながプレーしたがる魅力的なクラブが存在する。だけど喜びも情熱もない場所を誰が選んでくれるんだ」

そんな中

イタリア・クライシスにより選手の流出が懸念されるわけですが、サラゴサへ出向中のヒカルド・オリヴェイラ選手はミランへ戻りたいと希望しているそうです。

めんどくさい

冬のマーケットでのローンが噂されるグルキュフ選手ですが、本人は「シーズン半ばで、またゼロからのスタートなんてイヤだ」と主張している模様。

ヨアン・グルキュフ選手
「なんで冬に出て行かなきゃならないのか意味が分からない。だって、またゼロからのスタートなんでしょ?めんどくさいな。出番が少ないのは不満だけど、コーチがそう決めてるんなら大人しく従うよ」

禁句

セルティックの2点目に責任があると発言し、メディアから袋叩きの目に遭ったグルキュフ選手は、クラブ側から「メディアの前で自分に非があったとは絶対に認めてはいかん」とキツく言い渡された模様。

今年もお世話になりました

エヴァートン戦で負傷交代したリッキーは背中の負傷で約8週間の離脱。

エンリケ・ジョーンズ医師
「重傷というわけではないんですが、少なくとも8週間ほどは休んでもらう必要があります」

アヴラム・グラント・コーチ
「頭が痛い。レギュラーのキーパーと最終ライン全員がいなくなってしまったんだからな。これでやり繰りするのは難しいね。幸いにしてバックアップがいてくれるのだが、それにしたって全員が壊れるとは珍事に等しい」

もらっとけよ

スコットランドのジャーナリストが自称名将にスコッチをプレゼントしようとしたそうなんですが、前回同じことをされスコットランドに負けたので、受け取りを拒否した模様。単なるジョークなんだから受け取っとけよ、大人げないオッさんだ。

辞めたい (1)

出番は失うわ、フェラーリは没収されるわで散々なバロシュ選手が冬のマーケットでの移籍をリヨンに直訴したとかしないとか。

辞めたい (2)

スパーズともめて退団は決定的なホサム・ガリ選手ですが、プレミアシップには残りたいようで、ヴィラやボルトンやウィガンのオファーを検討する模様。。

僕の出番はちとカライオ

ナポリであまり出場機会をもらっていないエマヌエレ・カライオ選手にはリヴォルノやレッジーナが興味を示している模様。

貸すチョーネでいいから行きたい

レッジーナFWエマヌエル・カスチョーネ選手の夢は、フィオレンティーナでのプレーだそうです。

エマヌエル・カスチョーネ選手
「今はレッジーナを残留させることに全神経を集中させている。でも一方でフィオレンティーナっていう夢もあるんだ。若くて、力強くて、凄く好いチームだ。見るたびに興奮するよ」

交換

中盤で変化をつけられる人材がカモラネージ選手1人だけというユーヴェは、現金 + チアーゴ選手でヂェーゴ選手を穫りに行く模様。

ヒドい

アッズーリ招集をチームメイトから知らされたパッラディーノ選手は「幾らなんでも冗談がすぎる。あんまりだ」と全く信じていなかった模様。

ラファエレ・パッラディーノ選手
「U-21とかにはいたんで、それでジョークを言ってるって思った。だってユーヴェでポジション争いしている僕だよ。絶対に騙されてるに決まってるじゃない。でも本当だったんで、転げ回って喜んじゃったよ。苦労っていうのは報われるものなんだ」

ご就任

マルコ・ジャンパオロ・コーチの首を飛ばしたカリャーリは、ネド・ソネッティ氏を招聘。

ご解任

降格ラインを下るまであと一歩というプレストン・ノース・エンドが成績不振によりポール・シンプソン・コーチを解任。当面はロブ・ケリー・アシスタントが指揮を執る模様。

辞任

ボカに4点ぶち込まれて轟沈したヴェレスのリカルド・ラ・ヴォルペ・コーチが辞表を提出。

リカルド・アントニオ・ラ・ヴォルペ前コーチ
「そりゃ辞めるに決まってるだろう。あんな試合をやっといて、ただで済むわけがない」

代替え日

中止となったインテル v ラツィオ、ローマ v カリャーリの2戦は12/5 (水) の現地時間19:30キックオフの予定で行われる模様。なおアタランタ v ミラン戦は没収によりミランの0-3勝利というジャッジが濃厚。

Copyright © 1997-2007 0-0 <empate>. All Rights Reserved.
Apple, the Apple logo, and Mac are trademarks of Apple Computer, Inc., registered in the U.S. and other countries.
The Made on a Mac Badge is a trademark of Apple Computer, Inc., used with permission.