Information
Archives
バーミンガム・ダービー

イングランド・プレミアシップ第12週:バーミンガム・シティ 1-2 アストン・ヴィラ at セント・アンドリュース

バーミンガムの得点:62分ミカエル・フォルッセル
ヴィラの得点:10分OG (なんとリッジウェル)、87分ゲイブリエル・アグボンラホール

スティーヴ・ブルース・コーチ
「少なくとも我々に2つのペナルティがあって当然だったが、審判が思いっきりミスってくれた。とくに最初のハンドのヤツなど見てすらいない。次にデ・リッデルがダイブをとられたヤツだが、いったいどこがダイブなのか。思いっきり削られてるじゃないか。何を見てるんだかな、まったく」

マーティン・オニール・コーチ
「どちらに転んでもおかしくない試合だったので勝てて嬉しい。相手は決して諦めないチームだし、同点にされてからはまさにド突き合いになった。勝負は次の1点だと確信していたので、それが我々の方で本当に良かったよ」

バーミンガム・シティ
GK1:マイク・テイラー
DF16:ヨハン・ジュル
DF2:スティーヴン・ケリー
DF6:リアム・リッジウェル復讐
DF5:ラファエル・シュミッツ
MF20:ダニエル・デ・リッデル
MF23:ナルシーゼ・オリヴィエ・カポ・オビュ
MF28:ウィルソン・ロベルト・パラシオス (46分-9:ミカエル・フォルッセル)
MF26:ファブリス・ムアンバ
MF12:メディ・ナフティ (72分-7:セバスティアン・ラーション)
FW10:キャメロン・ジェローム (75分-8:ギャリー・オコーナ)

アストン・ヴィラ
GK22:スコット・カーソン
DF3:ウィルフレッド・ボウマ
DF16:ザタイア・ナイト "ザット"
DF5:マルティン・ラウルセン
DF4:オロフ・メルベリ
MF6:ギャレス・バリー
MF19:スティリヤン・ペトロフ
MF20:ナイジェル・レオ=コーカー
MF7:アシュリー・ヤング
MF11:ゲイブリエル・アグボンラホール
FW10:ヨン・カリュ "アリェウ" (68分-8:ルーク・ムーア)

主審:スティーヴ・ベネット

2ポイント奪ってやったぜ、うへへ

イングランド・プレミアシップ第12週:スパルタク・チェルスキー 1-1 エヴァートン at スタンフォード・ブリッジ

チェルスキーの得点:70分ディディエ・ドログバ
エヴァートンの得点:90分これぞゴール職人

アヴラム・グラント・コーチ
「我々の今季のベストゲームの1つと呼んでもいいだろう。人もボールもよく動いて、とても好いフットボールだった。わけの分からん失点さえ無ければね。1チャンスで1ゴールとは、これいかにといった気分だ。まぁ、しかし今日のように沢山のチャンスを創れていれば、この先も問題なく行くだろう」

デイヴィッド・モイス・コーチ
「決して諦めていませんでしたよ。不屈の闘志というんですかね。歯を食いしばって耐えてさえいたら、ウチの職人が何かやってくれると信じていましたから。勇気が実ったって試合ですかね」

スパルタク・チェルスキー
GK23:カルロ・クディチーニ
DF35:ジュリアーノ・ハウス・ベレッチ
DF33:アレッサンドロ・ホドリゴ・ディアス・ダ・コスタ "アレックス"
DF6:ヒカルド・アウベルト・シウヴェイラ・デ・カルヴァーリョ "リッキー" (29分-22:タル・ベン=ハイム)
DF18:ウェイン・ブリッジ
MF12:ジョン・オビ・ミケル
MF8:フランク・ランパード
MF5:ミカエル・エシェン
FW24:ショーン・ライト=フィリップス (64分-21:サロモン・カルー)
FW11:ディディエ・ドログバ
FW10:ジョー・コール

エヴァートン
GK24:ティモシー・マシュー・ハワード
DF2:トニー・ヒバート
DF4:ジョセフ・ヨボ
DF5:ジョレオン・レスコット
DF19:ヌーノ・ジョルジ・ペレイラ・シウヴァ・ヴァレンチ
MF26:リー・カーズリー (76分-10:若山富三郎)
MF18:フィリップ・ネヴィル (46分-11:ジェイムズ・マクファーデン)
MF21:レオン・オスマン
MF17:ティム・カーヒル
MF20:スティーヴン・ピエナール
FW22:ヤクブ・アイェグベニ (46分-28:ヴィクトル・アニチェベ)

主審:アラン・ワイリー

ちょっとしたピンチなんぞなかったっぺ

イングランド・プレミアシップ第12週:マンチェスター・ユナイテッド 2-0 ブラックバーン・ローヴァーズ at オールドトラッフォード

ユナイテッドの得点:34分&35分クリスティアーノ・ホナウド・ドス・サントス・アヴェイロ

サー・アレックス・ファーガソン・コーチ
「マークのチームは疑いなく好いチームだっぺ。前半は互角のやり合いに見えたしよ。いい時にクリスティアーノが決めてくれてな、それがローヴァーズを殺したっぺ。あの1点から試合も簡単になったっぺ。ただな、ダンの退場はどうだっぺか?オラもちっと厳しいんじゃねぇかって思ってっぺ」

レスリー・マーク・ヒューズ "スパーキー"コーチ
「いい具合に攻めることができて、行けそうな感触もあったのに、セットプレーで眠ってしまった。早い時間の失点は避けようと話して送り出したのに残念だよ。UEFAカップでも同じミスをしたのに学ばなきゃいかん。ダンの退場?そもそも1枚目の判定が厳しかったと思う。大損害とまでは言わないが、後半に見せ場が無くなったのは確かだろう」

マンチェスター・ユナイテッド
GK1:エトヴィン・ファン・デル・サル
DF6:ウェスリー・ブラウン
DF5:リオ・ファーディナンド
DF15:松平健
DF3:パトリス・エヴラ
MF4:オーウェン・リー・ハーグリーヴス (77分-16:マイクル・キャリック)
MF8:アンデルソン・ルイス・デ・アブレウ・オリヴェイラ
MF11:ライアン・ギグス
MF7:クリスティアーノ・ホナウド・ドス・サントス・アヴェイロ
FW9:ルイ・サハ (68分-17:ルイス・カルロス・アウメイダ・ダ・クーニャ "ナニ")
FW32:カルロス・アルベルト・テヴェス

ブラックバーン・ローヴァーズ
GK1:ブラッド・フリーデル
DF7:ブレッド・エマートン
DF6:ライアン・ネルセン
DF4:クリストファ・サンバ
DF3:スティーヴン・ワーノック
(赤紙53分) MF19:デイヴィッド・ダン
MF15:アーロン・モコエナ
MF11:ユナイテッド・キラー
MF12:モアテン・ガムスト・ペデルセン
FW10:ベネディクト・サウル・マッカーシ "ベニ"
FW9:ロケ・サンタ・クルス・カンテーロ (78分-27:マシュー・ダービシャ)

主審:クリス・フォイ

イングランド・プレミアシップ第12週

ボルトン・ワンダラーズ 0-0 ミドルスブラ

トテナム・ホットスパー 4-0 ウィガン・アスレティック
スパーズの得点:13分&26分ジャーメイン・ジェナス、35分アーロン・レノン、72分ダレン・ベント

ファン・デ・ラ・クルス・ラモス "ファンデ・ラモス"コーチ
「ベルバトフ?たとえ彼に得点がなかったとしても、チームと同様に好いパフォーマンスだった。進退についてはシーズンが終わるまでには決めてもらいたい。残ってもらいたいけどな」

ポーツマス 0-0 マンチェスター・シティ

ラニエリ、その采配は困る

セリエA第12週:パルマ 2-2 ユヴェントス at エンニオ・タルディーニ

パルマの得点:43分rアンドレア・ガスバッローニ、57分アンドレア・ピサーヌ
ユヴェントスの得点:75分ニコラ・レグロッターリエ、82分ヴィンチェンツォ・イアクィンタ

ミッモ・ディ・カルロ・コーチ
「両チームとも精一杯戦った好い試合だったと思う。しかしユーヴェが本気でプレスをかけて来たら簡単には行かない。運がなかったのかもね」

クラウディオ・ラニエリ・コーチ
「果たして試合をやっていいものかどうか自問をしながら時間をつぶしている不思議な空気がありました。もちろんやりませんなどと決められる立場ではありませんから、やれと言われたらやります。これが仕事ですから。しかし人が死んだ中でフットボールをするのは難しかったですね」

ヴィンチェンツォ・イアクィンタ選手
「お客さんは心から楽しい試合だと感じたはずだ。暴力に対する最高の反論は、こういう試合だよ」

パルマ
GK5:ルカ・ブッチ
(エスプルシ90分) DF33:フェルディナンド・コリー
DF19:ジュリオ・ファルコーネ
DF13:マルコ・ロッシ
DF7:パオロ・カステッリーニ
MF11:アンドレア・ピサーヌ ((エスプルシ79分) 77分-10:ドメニコ・モルフェオ)
MF21:ルカ・シガリーニ
MF4:ステファノ・モッローネ
MF18:アンドレア・ガスバッローニ (69分-23:アンドレア・ドッセーナ)
FW83:ヘジナウド・フェレイラ・ダ・シウヴァ (88分-8:ダヴィデ・マッテイーニ)
FW32:ベルナルド・コッラーディ

ユヴェントス
GK1:ジャンルイジ・ブッフォン
DF21:ズデネク・グリュゲラ "ゲロゲ〜ロ" (64分-7:ハッサン・サリハミディッチ)
DF33:ニコラ・レグロッターリエ
DF19:ドメニコ・クリシート
(エスプルシ78分) DF3:ジョルジオ・キエッリーニ
MF23:アントニオ・ノチェリーノ (58分-30:チアーゴ・カルドーソ・メンデス)
MF6:クリスティアーノ・サネッティ
MF8:マウロ・ヘルマン・カモラネージ
MF20:ラファエレ・パッラディーノ
FW10:アレッサンドロ・デル・ピエーロ (46分-9:ヴィンチェンツォ・イアクィンタ)
FW17:ダヴィド・トレセゲ

アルビトロ:ガブリエレ・ガヴァ

不敗ストップ

セリエA第12週:フィオレンティーナ 1-2 ウディネーゼ at アルテミオ・フランキ

フィオレンティーナの得点:28分ジャンパオロ・パッツィーニ
ウディネーゼの得点:23分ファビオ・クァリアレッラ、63分アントニオ・ディ・ナターレ

クラウディオ・チェーザレ・プランデッリ・コーチ
「お互いが戦い合った上での結果で、ウディネーゼはズルして勝ったわけじゃない。遅かれ早かれいつかは敗戦が来るわけじゃないか。6ヶ月に1度しか負けていないなら、それはそれで素晴らしいことだよ。とにかく今日は試合前の混乱で、いったいどこで何が起きたのか正確な情報を把握するだけでも大変だった。誰かが命を落とした中で試合をするのは難しかった。個人的には全ての試合を延期すべきだったと思う」

パスクアレ・マリノ・コーチ
「完璧な試合だよ。誰もがチームのために戦い、守備も攻めも非常に鋭かった。とりわけ後半の内容は素晴らしい」

フィオレンティーナ
GK1:ニコラス・セバスティアン・フレイ
DF6:アレッサンドロ・ポテンツァ
DF2:ペール・ビリエスコフ・クロルドルップ
DF3:ダリオ・ダイネッリ
(エスプルシ84分) DF23:マヌエル・パスクアル
MF18:リカルド・モントリーヴォ
MF11:ファビオ・リヴェラーニ (75分-22:ズドラフコ・クジュマノヴィッチ)
MF4:マルコ・ドナデル (66分-20:マルティン・ヨルゲンセン)
FW7:フランチェスコ・セミオーリ
FW29:ジャンパオロ・パッツィーニ (46分32:クリスティアン "ボボ" ヴィエリ)
FW10:アドリアン・ムトゥ

ウディネーゼ
GK32:サミール・ハンダノヴィッチ
DF2:クリスティアン・エドゥアルド・サパタ・ヴァレンシア
DF19:フェリペ・ダウベロ・ディアス・ダ・シウヴァ
DF24:アレクサンドル・リュコヴィッチ
MF21:トマス・ザポトチニ (58分-86:ダミアーノ・フェッロネッティ)
MF88:ギョクタン・インレル
MF4:アントニオ・ダゴスティーノ
MF8:アンドレア・ドッセーナ
FW27:ファビオ・クァリアレッラ
FW7:シモーネ・ペペ (86分-3:アサモア・ギャン)
FW10:アントニオ・ディ・ナターレ (88分-83:アントニオ・フローロ・フローレス)

アルビトロ:ドメニコ・チェリ

中止

セリエA第12週:アタランタ・ベルガモ p-p ACミラン at アトレティ・アッズーリ・ディタリア

※アタランタ・ファンがフェンスを突き破ってピッチへ乱入を試みたので試合は7分過ぎで中断。その後も事態が収束しないので中止が決定。

クリスティアーノ・ドニ選手
「続けるも続けないも、このままやったら何が起きるか分からんぞってファンが脅すんだもの」

カルロ・アンチェロッティ・コーチ
「残念だけど、こればかりはどうにもならん。オフィシャルの指示に従う以外にないじゃないか。今はあまり語りたくない気分だ。再開できると思っていたら、とんでもない方向へ行ってしまってショックだよ」

中止

セリエA第12週:インテル p-p ラツィオ at ジュゼッペ・メアッツァ

※ラツィアーレが殺害された事件により延期

セリエA第12週

レッジーナ 2-0 ジェノア
レッジーナの得点:31分ニコラ・アモルーゾ、80分ジョゼ・ジョエウソン・イナチオ

レンツォ・ウリヴィエリ・コーチ
「もはやフットボールの話などする状況じゃない。まるで戒厳令下でプレーしているかのような警官隊の数だよ。なんで試合を続行したのか本当に疑問だ」

かなり大雑把なユーヴェ 2-3 リヴォルノ
かなり大雑把な得点:18分マッシモ・マッカローネ、90分シモーネ・ロリア
リヴォルノの得点:16分フランチェスコ・タヴァーノ、30分マルティン・ベルグヴォルド、41分ダリオ・クネゼヴィッチ

トリノ 1-1 カタニア
トリノの得点:15分ドミニク・マロンガ
カタニアの得点:63分ハヴィエル・マルティネス・アギナガ
エスプルシ:26分ファン・マヌエル・ヴァルガス

ASローマ p-p カリャーリ

リーガ・エスパニョーラ1第12週

アルメリア 0-0 アトレティコ・マドリッド

ウナイ・エメリー・エチェゴイエン・コーチ
「我々は何も間違ったことをしていない。今日は出来ることを全てやった。たとえ満足な結果でなかったとしても、どちらに勝つ要素が多かったかと問われたら、私はアルメリアだと断言できる。プリメーラでの戦いは非常に厳しいが、戦うコツのようなものは掴んで来ている」

ハヴィエル・アギーレ・オナンディア・コーチ
「長いボールをドカドカ放り込み、我々のプレーは悪質なファウルで止めまくる。これをギャング・フットボールと呼ばずしてなんと呼ぶのか」

デポルティヴォ・ラ・コルーニャ 0-0 ラシン・サンタンデール

レアル・エスパニョール・バルセロナ 2-1 アスレティック・ビルバオ
エスパニョールの得点:39分ラウール・タムード・モンテロ、90分P.P. (アイトール・オシオ・カリオン)
アスレティックの得点:2分イゴール・ガビロンド・デル・カンポ

レクレアティヴォ・ウエルヴァ 1-0 オサスナ
レクレの得点:69分カルロス・ジョルジ・ネト・マルティンス
タルヘタ・ロハ:82分ジェラール・ロペス・セグ (レクレ)

レアル・ヴァジャドリッド 1-0 レヴァンテ
ヴァジャドリの得点:63分ジョナサン・セスマ・ゴンサレス

レアル・ベティス・バロンピエ 2-1 レアル・サラゴサ
ベティスの得点:80分&90分ウーゴ・マリアノ・パヴォーネ
サラゴサの得点:34分アンドレス・ニコラス・ダレッサンドロ

エクトール・ラウール・クーペル・コーチ
「これが上昇の切っ掛けになってくれることを心から願っている。ここまで好い試合にお目にかかるのは久々なんでね」

ヴィクトル・フェルナンデス・ブラウリオ・コーチ
「前半のベティスには全く攻め手がなかった。なのに、なぜこういうスコアで終えるハメになったのか説明がつかない。怪我人が多くてカンテラの人間も送り込まなきゃならない状況は、とくに守備面に響く。対応が難しい試合だったのかな」

喧嘩売られちゃった気分だな

リーガ・エスパニョーラ1第12週:レアル・サンマリノ 4-3 レアル・デポルティヴォ・マジョルカ at サンティアゴ・ベルナベウ

レアル・サンマリノの得点:12分&17分ホブソン・デ・ソウザ "ホビーニョ"、63分ラウール・ゴンサレス・ブランコ、73分ルトヘルス・ヨナタス・マルティニュス "ルート" ファン・ニステルロイ
マジョルカの得点:14分&37分フェルナンド・ヴァレラ・ラモス "マラドーナ"、58分ダニエル・ゴンサレス・グィサ

ベルント・シュスター・コーチ
「マジョルカは自陣に引っ込んで臆病に守り倒すチームではない。明らかに攻めて我々を倒そうと戦って来た。それは非常に厳しい局面を幾つも作ったが、同時にエキサイティングな試合を演出した。1-0で終えるよりは遥かにいいよ」

ケプレル・レヴェラン・リマ・フェレイラ "ペペ"選手
「チームは決して浮き足立つことなく、冷静にチャンスを待っていた。厳しい中でもアグレッシブな気持ちを忘れなかったのが勝因だよ。ホビーニョ?止めようがないよね。ヤツのプレーを楽しむことができて幸せに思うよ」

プレドラグ・ミヤトヴィッチ・スポーツダイレクター
「バルセレソンが負けていただけに、ここで勝つのは重要だった。攻撃を信条に行ったので、きっとファンも楽しんでいただけたと思う。ただシーズンは長いので、これで安心しないよう気を引き締めたい」

グレゴリオ・マンサーノ・バジェステロス・コーチ
「これじゃ審判がどちらか一方に肩入れしてると言われたってしょうがないだろう。明らかなミスが2つあった。少なくともホビーニョの2点目はオフサイドだ。それが認められていなかったら異なる展開になったはずだよ。敗因はポゼッションを維持できなかった部分にもある。4点目を狙いに出て行ったら、そこでボールを失い、レアル・サンマリノに同点を許した。単純なミスであって、精神的におかしかったわけではないと思うがね。サンティアゴ・ベルナベウで3点とれるフエラのチームなどそうはいない。自信にしていいだろう。最終的なスコア以外はポジティブな試合だな」

ダニエル・ゴンサレス・グィサ選手
「フエラで3点もとって勝てない・・・。ただのバカだな、オレたちは」

レアル・サンマリノ
GK1:イケル・カシージャス・フェルナンデス
DF22:ミゲル・トーレス・ゴメス
DF5:ファビオ・カンナヴァーロ (46分-3:ケプレル・レヴェラン・リマ・フェレイラ "ペペ")
DF16:ガブリエル・オマール・イヴァン・ハインツェ
DF12:マルセロ・ジュニオール・ヴィエイラ・ダ・シウヴァ
MF6:マハマドゥ・ディアラ
MF8:フェルナンド・ルベン・ガゴ
MF23:ウェスリー・シュネイデル (75分-20:ゴンサロ・ヘラルド "ピピタ" イグアイン)
MF7:ラウール・ゴンサレス・ブランコ
MF10:ホブソン・デ・ソウザ "ホビーニョ" (88分-15:ロイストン "リッキー" ドレンテ)
FW17:ルトヘルス・ヨナタス・マルティニュス "ルート" ファン・ニステルロイ

レアル・デポルティヴォ・マジョルカ
GK25:ヘルマン・ダリオ・ルクス
DF24:エクトール・ヘスス・ベレンゲル・デル・ピーノ
DF22:セルヒオ・マルティネス・バジェステロス
DF16:ジョゼ・カルロス・デ・アラウージョ "ヌーネス"
DF3:フェルナンド・ナヴァロ・コルヴァチョ
MF6:アンジェロス・バシナス
MF4:ギジェルモ・アリエル・ペレイラ (52分-8:ボルハ・ヴァレロ・イグレシアス)
MF10:ミゲル・アンヘル・アリエル・サンティアゴ・イバガサ
MF18:ファン・フェルナンド・アランゴ・サエス
MF7:フェルナンド・ヴァレラ・ラモス "マラドーナ" (90分-19:ヴィクトル・カサデサス・カスターニョ)
FW14:ダニエル・ゴンサレス・グィサ

アルビトロ:フェルナンド・ティシェイラ・ヴィティエネス

思い知ったか、セヴィージャ

リーガ・エスパニョーラ1第12週:ヴィジャレアル 3-2 セヴィージャ at エル・マドリガル

ヴィジャレアルの得点:31分&68分ギジェルモ・ルイス・フランコ・ファルクアソン、86分pマティアス・アリエル・フェルナンデス "マティ・フェルナンデス"
セヴィージャの得点:34分フレデリク・カヌテ、50分ルイス・ファビアーノ・クレメンテ

ヴィジャレアル
GK1:ディエゴ・セバスティアン・ヴィエラ・ガライン
DF18:アンヘル・ダヴィド・ロペス・ルアーノ
DF20:ファブリシオ・ファビオ・フエンテス
DF12:パスカル・シガン
DF5:ホアン・カプデヴィラ・メンデス
MF6:ホセ・ホアキン・モレノ・ベルドゥ "ホシコ" (44分-24:リオ=アントニオ・マヴバ)
MF19:マルコス・アントニオ・センナ・ダ・シウヴァ
MF10:ルベン・ガルシア・カルマチェ "カニ" (61分14:マティアス・アリエル・フェルナンデス "マティ・フェルナンデス")
MF7:ロベール・ピレス
MF15:ニハト・カヴェチ (75分-11:ヨン・ダール・トマソン)
FW9:ギジェルモ・ルイス・フランコ・ファルクアソン

セヴィージャ
GK1:アンドレス・パロップ・セルヴェラ
(タルヘタ・ロハ44分) DF4:ダニエウ・アウヴェス・ダ・シウヴァ
DF15:アクィヴァルド・モスケラ・ロマーニャ
DF3:イヴィツァ・ドラグティノヴィッチ "ドラゴ"
DF29:ホセ・マヌエル・カサド・ビスコチョ (48分-18:ホセ・ルイス・マルティ・ソレール)
MF8:クリスティアン・ポウルセン
MF21:セイドゥ・ケイタ
MF6:アドリアーノ・コレイア・クラホ
MF7:ヘスス・ナヴァス・ゴンサレス
FW10:ルイス・ファビアーノ・クレメンテ (78分-9:アレクサンドル・ケルツァコフ)
FW12:フレデリク・カヌテ (46分-11:ヘナト・ヂルネイ・フロレンチオ・サントス)

アルビトロ:ヴェラスコ・カルバージョ

辞退

ハンブルガ戦で足首を傷めたシャルケMFジャーメイン・ジョーンズ選手は全治2週間と診断され、ゲルマン代表を辞退。代わりは呼ばない模様。

休養

スパルタ・ロッテルダムは成績不振によりゲルト・アーンデヴァイエル・コーチの指揮権を剥奪。当面はダニー・ブリント・テクニカルダイレクターが指揮を執る模様。

延期

アレッツォ付近の高速道路SSにてユヴェンティーノとラツィアーレが衝突。1人のラツィアーレ (ガブリエレ・サンドリというローマでは有名なDJ) が死亡した事からインテル v ラツィオ戦は延期、その他の試合でもキックオフが10〜15分遅れる模様。なお死に至った経緯については衝突によるものと、静止に入った警官の威嚇射撃によるものとの複数の説があり、もし警官が撃ったのであれば、相当数のウルトラが暴動を起こす懸念があるそうです。

クラウディオ・ロティト会長
「ラツィオとしては延期が望ましいとリーグへ伝えさせてもらった。あとは先方の判断である」

ご解任

リミ二に4-1で負け、セリエB最下位へ鎮座したチェゼーナはファブリツィオ・カストーリ・コーチを解任。後任候補にはジョヴァンニ・ヴァヴァッソーリ氏の名前が出ている模様。

ファーストチョイス

放出が決定的となったアドリアーノ選手は、シティを希望している模様。

アドリアーノ・レイテ・ヒベイロ選手
「クラブには1月に出たいと希望を伝えてある。僕はシティがいいね。だってインテルはビアンキが欲しいでんしょ?」

タクシン・シナワトラ・オーナー
「価格に釣り合う戦力であるのなら投資は躊躇しません。コーチには幾つかの考えがあるようですから、必要な援助は惜しみませんよ」

ビデオを見れ

ザムブロッタ選手が「どうして退場させられたのかサッパリわからん」と主張しているそうです。ビデオで確認してください。

ジャンルカ・ザムブロッタ選手
「僕は故意に誰かを傷つけるような選手じゃない。常にボールをとろうとプレーしている。それはこの試合も変わらない。審判はなにか違うモノでも見たのかもしれないが、彼がそう判断したのなら僕は何も言うまい」

亀裂

リーガプールのジレット & ヒックス両オーナーが、新スタジアムのプランをめぐって衝突し、クラブ内での権力闘争へと発展しかけている模様。発端はヒックス氏が既に承認された計画書をご破算にし、さらに金のかかる壮大なプランをブチあげた時からで、ギレット氏は5億ポンド以上の負債を抱える事に重大な懸念を示しているんだそうです。

そういう理由で

マジョルカはレアル・サンマリノ戦にホナス選手を起用しない方針ですが、その理由は「冬のマーケットで移籍させたいので怪我を防ぐため年内は使うな」と代理人から依頼されたとかされないとか。ちなみにクラブ側は違う理由であると代理人の要請を否定しているものの、こっそりポンペイが再挑戦をかけて来ているという説があり。

インテル魂

本籍がインテルのアクアフレッシュにはユナイテッドやアーセナルが接近しているそうですが、本人は海外移籍に興味なし。

ロベルト・アクアフレスカ選手
「ユナイテッドとかアーセナルとか豪勢な話なんだけど、僕の心にはインテルしか存在しない。再びあのシャツを着るのが僕の夢だ。海外でのプレーには全く興味がない」

ご延長

チェルスキーはグラント・コーチを2010年までキープするため、総年俸825万ポンドをオファーする模様。

後任

ハマン選手の後釜を物色しているシティは、第一候補としてジョアン・モウティーニョ選手を考えている模様。

拒絶

スパーズのコモリ氏はアラン・ハットン選手の獲得を熱望しているそうですが、レインジャース側は「幾ら積まれてもダメ」と完全に拒否。

国まで敵に回して

その采配がファンの不評を買っているラファさんですが、昨日の試合でベナヨン選手を壊すような使い方をし、もう国外退去も視野に入れている模様。ちなみに負傷箇所は鼠径部だそうです。

ラファエル "ラファ" ベニテス・マウデス・コーチ
「残念だけど怪我をしちゃったんだよね。ロシア戦に間に合うかって?それは相当に難しいと思うな」

調子いい

ナポリ戦の勝利に大変ご満悦だというザンパリーニ会長は「最強の選手たちが揃っているので冬の補強なんぞいらん」などと口走ってるそうですが、1週間後にはみんなクビだと騒いでいるに違いない。

それは突然やって来る

今週のベティスの仕事はサラゴサ戦ですが、この試合を最悪の結果で終えたとしても、自分には最悪の結末が来ないとクーペル・コーチは信じているそうです。

エクトール・ラウール・クーペル・コーチ
「私はこの試合が最後通牒になるとは受け取っていない。そのような通告はクラブの側からもない。私としては3ポイントを獲られるよう努力するだけだ。あまり余計なことを気を散らさんで欲しい」

オレは不要か?

マジョルカの定例会見はマンサーノ・コーチ単独で行うことが恒例だそうですが、マドリッドのメディアは「あんたじゃなくてグィサを出せ」とグイグイ粘ったところ、会見そのものがオジャンになってしまいましたとさ。

謹慎

ホントにロッキーになってしまったバルボア選手は、マジョルカ戦には起用されない模様。

復帰

チャンピオンズリーグへは自信を失うために出たのかと叩かれているベンフィカは、チアーゴ選手の補強を希望。

辞めたい (1)

出番の少なさに移籍を考えているというヴィジャレアルDFホセミ選手には、レアル・ムルシアが興味を示している模様。

辞めたい (2)

スパースに不安を感じたチンさんが、代理人に新しい職場をプリ〜ズと依頼した模様。

バックアップ

アッビアーティ選手が負傷してキーパーが足りないアトレティコは、ヴィジャレアルのディエゴ・ロペス選手の獲得を希望。

素通し

ほぼ何もしていないという最終ラインに怒り心頭だというアトレティコは、ポルトのブルーノ・アウヴェス選手やPSVのカルロス・サルシード選手をチェック中。

再挑戦

セヴィージャは夏に穫り損ねたマルセイユFWママドゥ・ニャン選手を冬のマーケットで再度穫りに行く模様。

視察中

ナポリはレヴァークーゼンのアルトゥーロ・エラスモ・ヴィダル選手を補強のターゲットとした模様。

どっちだ

トッティさんの復帰の遅れについてコンティ氏が「微小骨折」と発言してしまったそうですが、メディカルスタッフは骨の打撲か内側の凝血であって、治療法が微小骨折と同じだから勘違いしたんだろうと慌てて訂正。

帰ってやれよ

プレミアシップとリーガ・エスパニョーラの比較をお願いされたセスク選手は「比較にならないほどリーガの方がレベル高い」などと、切ないほど正直すぎる回答をした模様。いまバルセレソンが緊急事態なようなので、どうですか、そろそろ帰国なんぞ。

フランセスク・ファブレガス・ソレール "セスク"選手
「クオリティから言ったら勝負にならない。明らかにリーガが上だよ。例えばハマーズ v ボルトン戦に出かけたとする。僕は心地よい眠りの時を得ることが出来るだろう。一方バルセレソン v ベティス戦に出かけたら、僕はピッチで繰り広げられるスペクタクルにまるで催眠術をかけられたようにボ〜っとするはずだ。とはいっても、僕はリーガでの経験がないから、どちらが優れたリーグかは正しく指摘できない。ただ、情熱的でスピーディで躍動感があって、よりダイレクトなプレミアシップのフットボールが好みなのは間違いないかな。もちろんプレミアシップにはアンリもチャヴィもイニエスタもいない。その代わり、他のどこのリーグも提供できない、何か特別な空気感を味わうことができるよ」

お早い復帰

クマさんはウィガンへ戻るなら、副官は先頃クビになった前コーチを希望する模様。

バートン仕事

昨日はバートン選手によるエトゥフ選手への凄まじいタックルがありましたが、マーティン・アトキンソン主審が何もしなかったということで、規律委員会が調査を開始する模様。

ミド仕事

ミド選手が無断欠勤というひと騒動を起こしたそうで、ミドルスブラはレインジャースのダニエル・クシン選手の補強を希望。違約金は150万ポンドぽっきり。

それはデンジャラスだ

不安定なポールさんの後釜を物色しているファンデですが、よりによって悪い時はポールさん以上のスーパー・プレーをするシャルケのマヌエル・ノイヤ選手に目をつけてしまった模様。

クリス・カークランド選手
「っていうかさ、みんなポールがポカやるのを期待してないかい?クロアチア戦には勝って欲しいと願ってるんだよね?だったら的外れな批判してないで応援してあげなきゃ。僕はポールがクロアチア戦へ出ることに何の疑問も感じてないよ、僕らはフットボールの中で最も厳しい仕事をしている。たとえ10個のスーパーセーブをしても、たった1つミスをしたら、そのミスの方しか憶えていてもらえないんだ。報われないよ」

ポール・ロビンソン選手
「ファンデがどういう方針で、誰を補強したいかは、その時になったら明らかになるだろう。でも僕は誰がなんと言ってもスパーズのナンバーワンであって、この座を譲る気持ちなんかサラサラない」

拒絶

スコットランドのマクリーシュ・コーチは、引き受ける気持ちがないことをウィガンへ伝えた模様。

愚痴ですから

アーセナル戦後に発せられたウェブ主審に対するサー・アレックスの悪口を審査してた規律委員会は、どちらかのチームにバイアスをかけたという決定的なニュアンスがなかったので、今回は不問とした模様。当たり前だっぺ。オラだって簡単に尻尾つかまれるような喋り方なんざしねぇ。これが匠の技だってからに。

文句はオレグ・ルジニに言ってください

ユナイテッドを視察するためディナモ・キエフ戦を観たスパーキーは「物凄く退屈で何の収穫もない試合だった」とボヤいていた模様。

レスリー・マーク・ヒューズ "スパーキー"コーチ
「試合の参考になる部分があるかと期待して行ったんだけど、まったく何もなかった。ディナモ・キエフのことだから黙ってやられるなんてことはないと信じていたよ。ところが始まって早々にこりゃダメだと見えてしまった。もう少し骨のあるチームだって印象があったのにな」

忍耐とは

身の危険を察知しているヴェンゲル・コーチが「たとえユーロを失敗してもコーチをクビにするべきじゃない」と主張している模様。

アルセーヌ・ヴェンゲル・コーチ
「本当に国の協会というのは忍耐力がないんだね。ユーロからの敗退がスティーヴ・マクラーレンを解雇する正当な理由になると信じているから不思議だ。とくにメディアの力は強まるばかりで、しばしば彼らの主張がコーチを処刑台へと送る手助けをしていった。今回はそうならないことを願っている。たかが1年半ほどの仕事で何がわかるんだい。少なくとも4年はやらせるべきだよ。サー・ボビーの時と同様な対応をするべきだと強く思う。もちろん実際に敗退となったらメディアは気狂いのように騒ぎ立てるだろう。しかし、その空気に乗っかって短絡的な決断をしたら目先だけが変わって、長期的には何も変わらんことになってしまうんだ」

ローン (1)

ミドルスブラDFアンソニー・マクマオン選手がフィットネス調整の目的で、ブラックプールへ1ヶ月ほど出向。

ローン (2)

シティDFシャローム・ローガン選手が1ヶ月ローンでスカンソープ・ユナイテッドへ出向。

Copyright © 1997-2007 0-0 <empate>. All Rights Reserved.
Apple, the Apple logo, and Mac are trademarks of Apple Computer, Inc., registered in the U.S. and other countries.
The Made on a Mac Badge is a trademark of Apple Computer, Inc., used with permission.