Information
Archives
ローン

モモさんを補強したいフィオレンティーナは600万ユーロの買取オプション付ローンをリーガプールへ打診する模様。

金の力

クァレスマ選手のイタリア人代理人は、セリエAのクラブに雇う金は無いので、プレミアシップへ売り込むと明言。

フィオランジェロ・カリマ代理人
「クァレスマを雇うとなると高いコストがかかります。もはやイタリアのクラブにその余裕はありません。従って行き先としてはイングランドとなるでしょう」

戦力外

古巣でキュードル選手が戦力外になっている事実を目にしたブルース・コーチは、ウィガンへの引き抜きを画策中。

買えるものなら

ヴァレンシアやアトレティコが補強を検討しているというアルテタ選手についてエヴァートン側は4000万ユーロ以下の話は受け付けないと主張。

ご解任

クラブに辞任を引き留められたネド・ソネッティ・コーチでしたが、フィオレンティーナ戦の大敗によりクビになった模様。後任候補はブルーノ・ジョルダーノ氏やアントニオ・コンテ氏。

ドナいだ

ドナドーニを連れてこいという声もミランには起きているようですが、ミニ・ミー副会長には動くつもりはなし。

ミニ・ミー副会長
「イングランド、オランダ、イタリアとミランの偉大なOBたちが大きな仕事をしておる。私はロベルトにはユーロでの優勝とワールドカップ予選突破を期待したい。ミランのことはカルロに任せておけばよいのだ」

緊急補強

サムエル選手が重傷となったので、インテルはサンプドリアのセルジオ・ヴォルピ選手、トリノのシモーネ・バローネ & パオロ・サネッティ両選手らの補強を検討中。

辞めたい

チームは上昇機運ですが、自分の出番にはサッパリ変化がないスピード選手が移籍を希望。

ギャリー・スピード選手
「クラブを困らせようとは思わないけど、出番は欲しい。僕に残されたフットボーラー人生はそれほど多くないしね」

評判は上々です

クラシコから一夜明けましたが、出っ歯とライカールト・コーチには「最悪のクリスマスをありがとうございます」との温かい励ましの声が寄せられている模様。ちなみにマドリッドのメディアは「これぞホワイト・クリスマス!」と大変な喜びよう。

スポルト紙
「これが2007年のホナウヂーニョの現実だ。チームは彼に期待をしたが、彼に期待に応える力は残っていない。試合の流れを変えさせようと試みても、何の効果ももたらさなかった。レアル・サンマリノといえば優れたプレーで勝ったのではなく、よく練られた戦術とフィジカルコンディションによって勝つことが出来ただけだ」

AS紙
「ヨロヨロのビッグネームに頼ったライカールトの決断が、この結果を招いた全てだった」

ノーリターン

フルアムの政変についてコールマン・コーチは「悲しいけど戻りたいとは思わない」とコメント。

クリス・コールマン・コーチ
「ローリー・サンチェスの解任は私も気の毒に思いますが、どんなコーチにも遅かれ早かれ追い出される時が来るんです。だからといって平気な気分でいられるわけじゃないです。私もたいそう傷つきましたし。私などは選手として下部リーグの頃から関わっただけに、今の成績には心が痛いです。クラブがどういう人を連れて来るか分かりませんが、少なくとも私でないことは断言できます」

マイクル・ブラウン選手
「ボトム3にいる限り断頭台からは逃れられない。これは殺人ビジネスでもあるんだ。僕がフルアムにいた頃には、それなりの質があった。でもローリー・サンチェスは自分好みの選手で戦いたかったわけだ。それを行う権利がコーチにはあるしね。だけど、1度にそれだけの手を加えて果たしてウマく回るのかは疑問だったよね。マルティン・ヨル?素晴らしいコーチだと思う。もしフルアムが確保できたら凄いヒットだよ」

合意

ハマーズMFホーガン・エフライム選手が移籍金50万ポンドでQPRへ移籍。

これでいかがか

QPRのジャンニ・デ・ビアージ・コーチは、サンダランドFWダリル・マーフィ選手に150万ポンドの値をつけた模様。

ヒドい

アトレティコのマキシは「クーマンには選手に対する敬意が欠けている」とクビ騒動を批判している模様。

マキシミリアーノ・ルベン・ロドリゲス "マキシ"選手
「クビにされた選手たちはヴァレンシアの歴史を作った一員じゃないか。とても不愉快な気分でいると思うよ。僕はヴァレンシアの人間じゃないから中で何が起きているのか知らない。けど、少なくとも彼らはああいう形で追い出されるような選手じゃない。同じことがアトレティコ・マドリッドで起きないことを心から願っている」

変われません

ミルズ仕事についてクリス・パウエル選手が「三つ子の魂ってヤツだ」と解説している模様。

クリス・パウエル選手
「僕らは1人ひとり違う人間だ。例えば僕なんかはとても呑気な性格だけど、ダニー・ミルズやサヴェージなんかシューズを履いたとたんに極悪人になってしまう。それを変えようったって今さら無理さ。好い選手でチームに貢献してくれているよ、この後の3試合を除いてね。個人的な感触だけど、もう彼は戻って来ないんじゃないのかな」

まだ言ってますよ

あれだけ補強してもらったのに、まだ足りないと、この方は悪びれもせずに主張。

ラファエル "ラファ" ベニテス・マウデス・コーチ
「我々とユナイテッドやチェルスキーとの差は、彼らの選手は全てトップクラスのタレントだということだ。3000万ユーロをトーレスに費やしたと言われるが、ユナイテッドでそのクラスの選手はどのくらいいるかね?おそらく4〜5人だろう。では何故そんなお金を用いるのか、私が説明しよう。それは試合を決めることが出来るタレントだからだ。そういう選手が多くいるチームと、ほんの僅かなチームとでは、自ずと差が生まれるというものだよ」

プライドはない

左サイドバックの補強に血眼なラファさんは、500万ポンドでチェルスキーのブリッジ選手を穫りに行く模様。もちろん金策はリーセ選手で。

もう引退しろ

本業は大変に苦労されているオーウェン選手ですが、馬の関係では友だちの移動を楽にするため10人乗りの自家用ヘリコプターを購入したそうです。

出番ですよ

クディチーニ選手が肋骨の損傷、チェヒ選手がサンタ・クルス選手との接触でダウンと、昨シーズンに引き続きキーパークライシスが到来したチェルスキーですが、第3キーパー界のナンバーワンという呼び名も高いイラリオ選手が登場する模様。

後任

パウロ・フェレイラ選手が新しい環境を求めているとのことで、チェルスキーは750万ユーロでサニョル選手を買いに行く模様。

クーマン仕事

ジギッチ選手も追い出されそうだと耳にしたニューカッスル、PSG、ヴェルダーら微妙なポジションにいるクラブが即戦力として期待している模様。

セレブに告ぐ

とても起立に厳しいカペッロ・コーチは、以下のようなセレブ対策の新行動規範を作成中。

(1) パスポートや大会参加に関連する書類一式は、各自が責任をもって管理せよ。
(2) 自分の荷物ぐらい自分で運べバカ野郎。
(3) これまでトーナメント参加中に提供されていた行き過ぎた余暇施設等は、個人・グループのものにかかわらず今後は最低限に抑制される。本でも読んで自分を見つめ直せ。
(4) 子供の林間学校じゃあるまいし、幼稚な行為は一切容赦しない。
(5) イングランド代表参加時における報酬金額を抜本的見直すからな。

忍耐力ゼロ

早くもアーセナルを去りたいなどと言い張っているラサナ・ディアラ選手には、ビッグ・サムやモナコやPSGが救いの手を差し伸べている模様。ちなみにヴェンゲル・コーチは600万ポンドを要求していますが、とっとと出て行きたい本人は嫌がらせだと怒り狂っているそうです。

不適正価格

ビッグ・サムはジウベルト・シウヴァ選手も希望しているそうですが、こちらの選手も600万ポンドだと言われた模様。

私が治す

今朝のクラシコにも起用しもてらえなかったサヴィオラ選手には、ビッグ・サムが接近中。

練習してんのか?

ミラノダービーではヂダさんがまたやってくれましたが、ブッフォン選手は新しいボールのキャッチにはコツがいると主張している模様。

ジャンルイジ・ブッフォン選手
「ヂダと同じことはコドレアのフリーキックでやりそうになった。この新しいボールはキーパー泣かせでさ、ボールをキャッチし切るまでガッチリ踏ん張って立ってないとダメなんだよな」

夜のミラノダービー

地球の裏側のブラジウではミランとインテルのストライカーが仲好く酒を酌み交わしていた模様。ちなみに両者の言い訳は共通の友人の誕生会ですって。

誕生日だったというアンドレ・バルボサ氏
「2人はちょっとだけ呑んだよ。でも大トラになるほどは口にしてないさ」

サンパウロ広報
「アドリアーノは休暇中でありますから、その間はせいぜいお楽しみください」

無駄な金でしたね

脹ら脛の治療のためにブラジウへ帰っているにも拘らず、アドリアーノさんとヤケ酒なんぞを呑んでいたデブには、新しい契約など論外だそうです。

不穏な空気

昨日のパレルモでは、チームバスの外でロッキ選手とロティト会長による口論が目撃された模様。理由はもちろん契約更改について。

1人でやれってか

今季限りでマルディーニ、セルジーニョ、カフー、ファヴァッリらをまとめて失う可能性があるミランは、土下座でもする勢いでザムブロッタ選手にお願いしている模様。

家族の時間

スコットランドやフルアムの仕事に結ばれたビリー・デイヴィス氏ですが、久々に家族との時間を楽しんでいるので、再就職先は年明けからと明言。

ビリー・デイヴィス氏
「ここ4〜5年は子供ともまともな会話がなかったんでね、こうして過ごせる時間は基調なんだよ。次のことは年が明けたら考えてみたい」

交換

来季からの戦力としてセルティックGKアルトゥル・ボリュク選手を考えている紳士は、ジョー・ハート選手かシュマイケル選手を先方へ打診してみる模様。

200万でいかがでしょう

シュウォルツァ選手との契約交渉が進展しないサウスゲイト・コーチは、紳士に200万ポンドでイサックション選手を打診した模様。

ここはチャンス

お金がないというリーガプールはアフォンソさんから完全に手を引くようで、そこでサウスゲイト・コーチが一発逆転の大ギャンブルを仕掛ける模様。

経験者

サンダランドは4〜5名の補強を考えていますが、すべて経験者となる模様。

ロイ・キーン・コーチ
「チームには必ず経験者が必要だ。エヴァートンにはリー・カーズリーがいる。シティにはハマンがいる。ボルトンにはカンポちゃんがいる。そして我々にはヨークがいる。しかし今の我々にはヨーク1人では手に負えない。もちろん経験者といっても、引退間際のヨボヨボな選手じゃ困るけどね」

合意

ダービーMFジャイルズ・バーンズ選手が移籍金500万ポンドでハマーズ行きに合意。

過保護

フィリップ・ネヴィル選手はアカデミーの選手に「ウチらの冷蔵庫に飲み物を補充しとけ」と命じたそうですが、ユースのコーチから「そういうこと指示されたら困るんだよ」と怒られたそうです。

フィリップ・ネヴィル選手
「外国からの悪影響なんだと思うけど、最近の子供たちへの過保護ぶりはおかしい。昔とは明らかに異なる躾のもとで育てられている。僕がユナイテッドのトレイニーにいた頃は、自分の身の回りだけじゃなく、先輩たちのシューズを磨いたり、車を洗ったり、シャワールームの掃除とか当たり前のようにやっていた。それが今じゃダメなんだってさ。この間なんか若い子にトップチームの冷蔵庫に飲み物補充しとけって命じたら、ユースのコーチがすっ飛んで来て‘そういうのは禁止だ’って言うじゃない。マジかよって愕然としたね。若い選手にはとても多くのお金がかかっているけど、それに見合うような働きをしようって気持ちはサラサラないみたいだ。そんな立場は100年早いって思うよ。子供たちにとって何より勉強になるのは、実際トップでプレーしている僕らを見倣うことだと信じている。もっとも審判への悪態のつき方を真似られたら困るかな。その点は改めなきゃならないと感じている。ちょっと最近の言葉の乱れは許容範囲を超えているものね」

10年に1人

アルヘンティーナでは10年に1人の逸材と呼ばれているラシン・サンタンデールDFガライ選手には、セヴィージャ時代からチェックしていたファンデが乗り出す模様。

放出

バーミンガム時代は給料が高くて穫れなかったクーマス選手とウィガンで出会えたブルース・コーチですが、給料の割りにはパフォーマンスが悪いと放出を検討中。

凄い顔ぶれ

ダービー、チャールトン、ウィガン、ウルヴス、ミドルスブラがKVCウェステルロのナイジェリア人FWパトリック・ババトゥンデ・オグンソト選手を視察中。

結構なお値段

ハマーズとシティが1200万ユーロするというFCバーゼルの19歳FWフェリペ・サルヴァドール・カイセード・コロソ選手で競合している模様。

ローン

コヴェントリーは紳士にサマラス選手とエトゥフ選手のローンをオファー。

Copyright © 1997-2007 0-0 <empate>. All Rights Reserved.
Apple, the Apple logo, and Mac are trademarks of Apple Computer, Inc., registered in the U.S. and other countries.
The Made on a Mac Badge is a trademark of Apple Computer, Inc., used with permission.