Information
Archives
が〜ん

グティ選手が右足首の靭帯を傷めてクラシコへの出場は極めて厳しい状況。

意外な名前

セヴィージャのヒンケル選手は穫れそうにないと観念したセルティックは、アトレティコ・ミネイロへ出向しているコリンチャンのコエーリョ選手を検討中。

半額

ポルトが2000万ユーロから話を聞くと主張しているボシングヴァ選手の補強を検討中のサー・アレックスは、その半額ちょいで十分に落とせると考えている模様。

ポケットマネーで

クラブを購入した時点でケン・ベイツ大先生がこしらえた借金の半分を清算したアブラモヴィッチ・オーナーは、このたび3600万ポンドを出して残りの分を解決させた模様。

世界は広い

クリスマス時期は多忙なので今のうちニュージーランドの両親へメリー・クリスマスの親孝行電話をかけたライアン・ネルセン選手ですが、「いやもう暑いの暑くないのって。こっちゃ30度こえててよ、今日も海さピクニック来てるだ」と羨ましいことを言われて逆にシュ〜ンとなってしまった模様。

ライアン・ネルセン選手
「正直羨ましいよ。だけどプレミアシップでプレーできる人間は選ばれた者だけだ。見ろよ、この曇り空と、この凍てつく空気を。それでもオレは自分を幸せなフットボーラーだと思うぜ」

調子いいな

セカンド・チョイスだった紳士で凄くウマく行っちゃったシティのタクシン・オーナーは、隠居するまでいて欲しいと態度をコロッと変えている模様。

タクシン・シナワトラ・オーナー
「チーム力が向上するとは思っていましたが、まさかここまでの戦いが出来るとは予想もしていませんでした。これはコーチのお陰に他なりません。いたいだけ、それこそ隠居の日までいて欲しいです。まったく非の打ち所のない名将ですよ。こんな人は連れて来ようと思っても、そう簡単にはできませんね」

チグハグな話

ディエゴ・ミリト選手の違約金は1億ユーロですが、サラゴサにはヒカルド・オリヴェイラ選手をミランから買うために資金を作る必要があるそうで、2500万プラスαを非公式に打診して来たシティの話に耳を傾けてどうするのか、お前たち。

片方だけでいい

ラニエリさんはモモさんとチャビの2人を強奪しようと考えているよですが、そんなに欲張らなくても結構。

ピンピンしてます

降格の危機に加え、35という年齢問題で契約更新の話が滞っているというハーネマン選手ですが、本人は「歳でフットボールやってんじゃない」と反論している模様。

マーカス・ハーネマン選手
「1日働いたら3日休まないとダメだってなら納得してやるけど、こっちゃ毎日ガンガンやってるじゃない。ここ6年で休んだことなんか、膝を傷めた時ぐらいだよ。なにが歳なんだ。フットボールは歳で判断されるもんじゃない。パフォーマンスが全てだ」

いい素材

アンゴラ人FWマヌショ・ゴンサウヴェス選手と4年契約を結ぶ予定のユナイテッドですが、代表キャップがワークパーミットの基準を満たしていないので、お得意様スポルティングへ貸すことを検討中。もちろん、どなたかと引き換えです。

ここにファンが1人

スパーズのボアテンク選手が「レーマンを干すなんてヴェンゲルにはセンスがない」と主張しているそうです。

ケヴィン=プリンス・ボアテンク選手
「レーマンほどの好いキーパーを使わないなんて頭おかしいよ。あのワールドカップでのパフォーマンスを見てないのかと言いたくなるね。アーセナルが好きなのかって?冗談いっちゃ困るぜ。あのフットボールには感銘を受けるけど、ハッキリ言って大キライだよ。最高に憎い相手だ。ウチのファンも物凄い憎しみを持っているから、彼らに笑顔をプレゼントしてやりてぇ」

辞めたい

紳士に出番をもらえないダボ選手は、バートンさんに殴られ損となりそうです。

ウスマネ・ダボ選手
「コンディションはいいのに全く使ってもらえない。もう我慢の限界に来ている」

対象外

PSVはオーイェル選手は補強の対象ではないと主張。

スタン・ファルクス・テクニカルマネージャ
「アンドレのことは一切考慮されていません。年齢的に我々のプランとは適合しませんし、怪我が多く、過去7シーズンで平均1/3は治療をしている始末ですから」

情け無用

残留を泣いて頼んでいたバーミンガムから問答無用でジュル選手を引き上げるヴェンゲル・コーチは「私にも事情がある」と居直っている模様。

アルセーヌ・ヴェンゲル・コーチ
「これには2つの理由がある。1つはコロがアフリカ仕事でいなくなるからだ。2つ目はソングも同様にいなくなる可能性が高い。そうなったら深刻な事態を迎えるだろう。仮にジュルを戻したとしても、センターバックは3人で回さなきゃならないんだよ」

来季から

ウィガンはアンデルレヒトのオリヴィエ・デシャク選手にオファーを出したそうですが、本人は移籍なら切りのいい来季からと主張。

ローン

チョロはUNLティグレスのウルグアイ代表FWアブレウ選手を18ヶ月ローンで借りた模様。

ご延長 (1)

ニッキー・バット選手とニューカッスルが来季の契約を結んだ模様。

ご延長 (2)

アレックス・ピアス選手がレディングとの契約を2010年まで延長。

ご延長 (3)

ナチョ・ノヴォ選手がレインジャースと新規の2年契約を結んだ模様。

ご成約

エネルギー・コットブスはCリーグ厦門との契約を終えたブランコ・イェリッチ選手を獲得。

〜ざまあみろ〜 UEFAチャンピオンズリーグ・ノックアウトラウンド

グラスゴウ・セルティック v バルセレソン

アイトール・ベギリスタイン・ムヒカ "チキ"スポーツダイレクター
「2nd Legをホームで戦えるのは有利なんだけど、相手は何年か前にUEFAカップで我々を敗退させたチームであることを忘れてもらったら困る。楽だなんてとんでもない話だ。気を引き締めてかからないと、また同じ目に遭うはずだ。とりわけセルティック・パークでの雰囲気に気圧されないようにしないといけない。あのスタジアムでならセルティックはなんでも可能なんだ」

カルレス・プジョル・サフォルカーダ "チャーリー"選手
「セルティックは守備に定評があって、簡単には失点を許さない。それでも僕らは幸運だったと言える。この試合では、どれだけ早く得点を決められるかが鍵を握るはずだ。もし簡単に崩れたら、そこから先はピクニックだね」

ピーター・ローウェルCEO
「バルセレソンは願ってもない相手でしょう。とても近しい人たちなので、セルティック・パークへお迎えできることを嬉しく思います。もう待ち切れないですね。結局のところ、どこが相手になろうとも我々がアンダードッグである事実に変わりはありません。その立場を存分に利用し、あわよくばという展開を作れたらいいなと期待しています。確かバルセレソンとの対戦成績はそんなに悪くないですから、信じればなんとやらで行きます。そもそもこのステージには信じなければ来ることが出来なかったわけですから」

オリンピック・リヨン v マンチェスター・ユナイテッド

サー・アレックス・ファーガソン・コーチ
「予想の相手の中じゃ一番強いのが来たっぺ。フランスで6連覇だなんて信じられねぇヤツらだってからに。しかも毎年、選手が売られてっちまうけんども、次のがすぐ出てくるから困っちまっぺ。戦う頃にゃよ、怪我人がみんな戻ってな、誰を出したらいいっぺかって悩んでてぇな。たとえそうでなくたって自信はあっぺ。だどもヨーロッパのこのレベルで簡単に行くと思ったら大間違いだってからに。2戦目がオールドトラッフォードだってのも、どこまで有利かは知んねぇしよ」

ケン・ラムステッド・セクレタリー
「だいたいどこが来そうかは分かっていましたので予想の範囲です。中でもリヨンはPot 2の中で強い方のチームになります。あちらさんは‘あいや〜’と頭を抱えているでしょう。私から申し上げられるのは、よくあるコメントの1つだけです。このレベルで簡単な相手などいませんから、きっと難しい試合になるでしょう。タイトルの優先順位?選手だったらプレミアシップが欲しいと思うでしょう。しかし1人のファンとして私はビッグイヤーが欲しいです。ユナイテッドほどのクラブが過去2回しか勝っていないなんて受け入れられませんから。とにかく両方に勝って欲しいですよ」

ジャン=ミシェル・オラス会長
「困っちゃいましたが、ここは我々の野心が問われているんです。ユナイテッドはヨーロッパで最も大きなクラブの1つですし、過去10年はイングランドを引っ張って来た存在です。相手に不足はないです。ここを乗り越えられたら、リヨンは1つ上のレベルへ行けるでしょう」

ナディル・ベルハジ選手
「聞いたよ、ユナイテッドだってね。ちくしょ〜め!。強いチームの中でもとりわけ難しい相手じゃないか。でも幸いにしてアイブロックスで向こうの空気を体験しているから、オールドトラッフォードでビビることはないだろう。もちろん今なら大きな声で言えるよ、なんだって可能だってね。警戒する選手?そりゃ7番に決まってる。あらゆる選手が実力者だけど、ホナウドにはチンチンにされないようにしなきゃダメさ。まっ、とにかく一番凄い相手と出来るんだから楽しみにしてるよ」

シャルケ04 v FCポルト

ケヴィン・クラニィ選手
「正直ラッキーなんだろう。僕らがベストを尽くせばポルトは不可能な相手じゃない。ただ軽く見たらいけないね。今シーズンもヨーロッパで強いところを見せているし、国内じゃ無敗だもの」

マヌエル・ノイヤ選手
「僕は2004年のファイナルでボールボーイをやっていた。あの時のポルトは鮮烈だったよ。だから個人的には凄く嬉しい。ただリーガプールのいる中を1位で抜けたんだから、どう考えても厄介な相手なのは間違いないね」

リーガプール (笑) v インテル (笑)

マッシモ・モラッティ会長
「伝統ある2チームなので特別な一戦になるだろう。とりわけリーガプールとは忘れ難い思い出を作ったんでね。厳しい相手?そりゃそうだろう」

ロベルト・マンチーニ・コーチ
「こういう時に一番困るのは、力に差がある者同士の対戦なんだ。その力の差とはメディアが一方的に決めたものなんだが、弱いと名指しされた方は怒り狂ってやってくる。そういう展開は避けたかったから非常に満足している。相手のコーチはマニアな方なんで、イケイケではなく、色んな策を練って来るだろう。ヨーロッパの標準にマッチしたチームを作っていると思うよ。なにしろチェルスキーやユーヴェを葬り去ったチームだしね。あ〜怖い、う〜怖い、ひぃ〜怖い」

ガブリエレ・オリアリ移籍コンサルタント
「ビッグゲームになるでしょうし、向こうでは厳しい事態も覚悟しなきゃいけません。ここまで強い相手ならば、どちらが後でホーム戦を行うかといった有利不利は関係ありません。ハッキリ言ってフザけんなという気分です。試合の予想など不可能ですよ。我々は怪我人が戻ってくれることを心から祈るだけです」

ASローマ v レアル・サンマリノ

プレドラグ・ミヤトヴィッチ・スポーツダイレクター
「好い選手もいるから侮れないチームだ。イタリアのチームは常にタフで、我々はいつも苦戦させられる。しかしローマはイタリアには珍しくオープンなスタイルだ。敬意を忘れずにボコボコにしてやる。どちらのファンも存分に楽しめる試合になればいいな。このドローがラッキーかそうでないかは論評できない。なぜなら、全てのチームが実力ある強豪であって、平等にチャンスがあるからだ」

ルチアーノ・スパレッティ・コーチ
「ポルトかセヴィージャが来いって祈ってたのに、全然効果なかったな。こうなったら1発やってやるか」

フランチェスコ・トッティ選手
「イタリアへの嫌がらせかと思うようなドローだな。でもレアル・サンマリノなら相手に不足はない。最高の2試合になるだろう」

アントニオ・テンペスティッリ・ダイレクター
「一番避けたかったのはプレミアシップのチームだ。仮にここで勝ち抜いたとしても、その先で間違いなくあたる相手なんだがね。それはそうと、我々の相手に決まったレアル・サンマリノについては今さら多くを語る必要はない。しかしラツィオ程度のチームであっても勝てそうな展開を作り出した。ドローの時のポマードの顔を見たか?ローマがアナウンスされたとたん凄くイヤそうにしていた。相手を怖がっているのは我々ではなく、レアル・サンマリノの方だ」

アーセナル (笑) v ACミラン (笑)

ウンベウト・ガンディーニ・ダイレクター
「ヒドい。なぜ最も避けたかったチームがわざわざ来るのか。過去の記録では94年のUEFAスーパーカップで叩いた相手なのだが、そんなものはあまりアテにはできん。こっちは世界一になってしまったので、簡単には負けられない立場だ。それでもチャンピオンかと言われないようにしないといかん」

カルロ・アンチェロッティ・コーチ
「考えられうる中で最も厄介なチームが来てしまった。しかし技術的には優れているが、経験値では我々と段違いだ。それにスタートダッシュの頃より多少勢いがなくなっているしね。危険な選手?そりゃセスクに決まってるだろう。今や世界最高のセンターハーフと呼んでもいいタレントだな」

アルセーヌ・ヴェンゲル・コーチ
「随分と派手な相手が来たね。やり甲斐もあるってものだよ。勝ち抜けるかって?あなたは私から答えを期待しているようなので、お答えしよう。もちろん勝てるよ。ビッグイヤーが欲しいのなら、こういう相手を蹴落としていく必要があるんだ」

キース・エデルマン・マネージングダイレクター
「ファンは早速チケットに殺到しているでしょう。注目を集める大変な試合になると確信しています。できたらもっと楽な相手が良かったですがね」

オリンピアコス・ピレウス v スパルタク・チェルスキー

フェネルバッヒェ v セヴィージャ

ラモン・ロドリゲス・ヴェラスコ "モンチ"GM
「まさか‘困ったなぁ’なんて見え透いた嘘はつけません。希望していたのはセルティックかオリンピアコスかフェネルでしたから、狙い通りでUEFAさん、ありがとうございますという気分です。しかし相手だって厳しい戦いを勝ち抜いたチームであって、クオリティの高い戦力を保持しています。侮ることなく戦わなければ足もとをすくわれるでしょう。そうは言ってもローマやリヨンやリーガプールが来なかっただけでもガッツポーズものじゃありませんか。我々が2位で終えていたらミランだったんですよ。こりゃアーセナルにはご愁傷様ですね、うへへ」

UEFAカップ・ノックアウトラウンド

アバディーン v バイエルン・モナコ
AEKアテネ v ヘタフェ
ボルトン・ワンダラーズ v アトレティコ・マドリッド
ツェニト・サンクト・ペテルブルク v ヴィジャレアル
ガラタサライ v バイヤー04レヴァークーゼン
RSCアンデルレヒト v ジロンダン・ボルドー
ブラン・ベルゲン v エヴァートン
FCチューリッヒ v ハンブルガSV
グラスゴウ・レインジャース v パナシナイコス
PSVアイントホーフェン v ヘルシンボリIF
スラヴィア・プラハ v トテナム・ホットスパー
ローゼンボリ・スロンデイム v フィオレンティーナ
スポルティング・クルーブ v FCバーゼル
SVヴェルダー・ブレーメン v スポルティング・ブラガ
ベンフィカ v 1.FCニュルンベルク
オリンピック・マルセイユ v スパルタク・モスクワ

フルアムさん

コーチ交代の予定はないなどと平然と主張していたフルアムですが、サンチェス・コーチとの契約を解除した模様。後任が決まるまではレイ・レウィントン・リザーブコーチとアカデミーのビリー・マッキンレイ・マネージャーが指揮を執る模様。

これだ

野戦病院と化した原因の1つにトレーニング場の硬いピッチをあげているカービシュリー・コーチは、アカデミーのピッチへ移動した模様。

ピッチのオレ

ピッチ内に自分のような選手がいたらいいなと痛感しているロイ・キーン・コーチは、サヴェージ大先生を考えちゃってるそうです。ぜひ、実現させてください。

辞任

膝の負傷によりトレーニングもままならないトニー・コトンGKコーチがマンチェスター・ユナイテッドへ辞表を提出。

失速

デポルへ移ってから不調に陥ったリキ選手には、ボルトンやエヴァートンが興味を示している模様。

なんでQPRなのか

QPR首脳陣たちの保有する総資産は220億ポンドという途方もない金額だそうで、もちろん彼らの前ではユナイテッドやレアル・サンマリノとて零細企業です。この人たちは他のクラブを買えばいいのに。

否定

ハイバーニアンを辞めたジョン・コリンズ氏にはスコットランド代表の他にフルアムという話もあるそうですが、フルアムはコーチ交代の予定はないと否定。

自由な国だ

ジョン・コリンズ・コーチに逃げられたハイバーニアンは、ノッティンガム・フォレストでプレーしているニール・レノン選手やビリー・デイヴィス氏、テリー・ブッチャー氏、フォルカークのジョン・ヒューズ・コーチらを後任に考えている模様。

打診済み

中盤の強化を考えているフィオレンティーナは、ヴィジャレアルにマヴバ選手の問い合わせを行った模様。

チャールトンがまたひとり

カービシュリー・コーチは1000万ポンドでダレン・ベント選手を穫りに行く模様。

うへへ、うへへ

カペッロ・コーチは英語の勉強の一環で、英国の人気コメディ番組「フォルティ・タワーズ」で笑いっぱなしだそうです。

要らんものは要らん

そのリストラ手法で方々から叩かれているクーマン・コーチですが「こうしなかったら私の仕事が進まんのだ」と居直っている模様。

今ならチャンス

ヴィジャ選手の代理人が「今なら5000万ユーロで入手可能」とラモン・カルデロン会長へ連絡したそうですが、もう興味がないと冷たく断られた模様。

おい、こら

The SUNの大バカ野郎がラファさんは今季限りで追っ払われ、後釜にはクリンシーが座ると書いているそうです。そこまでは「よかったね」なんですが、ラファの行き先をレアル・サンマリノだなんていい加減なこと言いやがって。本当に来ちゃったらどうすんだ。留任しろ。

鬼畜なクラブ

鬼畜なリストラ劇によりスペイン中から顰蹙を買っているヴァレンシアは、エヴァートンのアルテタ選手を補強のターゲットに設定。

金策

ケンヴァイン・ジョーンズ選手とバカを仕入れたいチェルスキーは、ピサーロ選手とシェヴチェンコ選手で予算を作る模様。

怒鳴り合う仲

ヴァジャドリのメンディリバル・コーチとジョナサン・セスマ選手がトレーニング中に怒鳴り合いの喧嘩をしたようですが、それは年中行事だそうです。

契約解除

ヴァジャドリで出場機会のないディエゴ・フィゲレド選手は、セロ・ポルテーニョへの移籍を目論み、クラブ側へ契約解除を要請。

反撃

弟子のマンチョがエラーノ選手を狙っていると耳にした紳士は「ズラをいただきましょうか」と反撃している模様。

スヴェン・ヨラン・エリクション・コーチ
「もしズラが要らなくなったら、私が雇いましょう。幾らでも払いますよ」

ここじゃみんな無実の罪さ by レッド

ジョニー・エヴァンズ選手がユナイテッドのトレーニングに復帰したようで、サー・アレックスがどんな怒り方をするのか凄く注目された模様。ところが、おじさんは本人を呼びつけ、この世界で陥りそうな落とし穴について冷静に滔々とまくしたてて終わったそうです。

辣腕登場

リック・パリーCEOの存在を亡き者としたいリーガプールのオーナーたちは、オランダ人の辣腕ヘッドハンターを引き入れ、自分たち好みの補強を推進させる模様。

ガラガラポン

ボルトンとは今季限りだと決めているヤースケライネン選手のもとには、ガラタサライから話が来ている模様。

安い

ベンジャニ選手がポンペイからもらっている給料は週給2万7000ポンドと非常に低い金額だそうで、幾らなんでもヒドかったと感じたクラブは2012年までの契約と週9000ポンドの昇給を打診する模様。。

給料はトップクラス

グジョンセン選手がバルセレソンからもらっている給料は週給10万ユーロだそうですが、それでもアストン・ヴィラは穫りに行く模様。予算は900万ユーロ。

悦べない

プレミアシップの数チームから狙われていると報じられたコルチェスターのエロい悦びさんですが、クラブ関係者によると問い合わせだけで具体的なオファーには至っていない模様。

合格

ユナイテッドは3週間ほどテストしたペトロ・ルアンダFWナヌショ・ゴンサウヴェス選手に契約をオファーする模様。

完全移籍

ウィガンは突如としてゴールに目覚めたマーカス・ベント選手をチャールトンから買い取る意向。

復帰

アフリカ仕事でディフェンダーが足りなくなるレディングは、ボーンマスへ貸しているアレックス・ピアス選手の復帰を検討中。

問題だ

ユーヴェがこっそりダレッサンドロ選手の代理人と接触している模様。

イタリア残留

冬のマーケットでの移籍を望んでいるシミッチ選手は、ミランを去るとしてもイタリアに残りたいようで、ジェノアやパルマやラツィオからのオファーを検討中。

ご延長

オボド選手がウディネーゼとの契約を2012年まで延長。

身の危険

ユナイテッドのクリスマスパーティ事件を危惧したカービシュリー・コーチが、選手たちで主催されるパーティの阻止に必死だそうです。

アラン・カービシュリー・コーチ
「つまらんことで損害を被りたくない。とくに選手たちだけのパーティの類いが一番心配だ、マンチェスター・ユナイテッドに起きたことを考えたら、来年はクラブの通達として禁止措置をとらなきゃならないかもわからん。選手たちの騒ぎたい気持ちはわかるが、もはやフットボーラーはポップスターと同様の餌食になると理解しなきゃならない。一般市民と気軽に交流できる時代は過ぎ去った。そういうパーティへ出ること自体がネガティブな効果にしかならないんだ」

ローン

サン・ロレンツォのラモン・ディアス・コーチがリーヴェル時代に起用したオリンピアコスMFレデスマ選手の6ヶ月ローンを希望。

返事なし

マドゥロ選手へ12/19までに契約更改するか返答するように伝えていたアヤックスですが、その期限を過ぎてもウンでもなけりゃスンでもないので対応に苦慮している模様。

マルティン・ファン・ヒール・テクニカルダイレクター
「考える時間は十分に与えました。快くアヤックスで続けるという回答が欲しかったんですが、そうでないにせよ、何らかの返事があるものと思っていましたから、非常に困惑しています」

エトヴィヘス・マドゥロ選手
「クラブからのオファーは嬉しいんだけど、一方的に期限を決められたのには納得できない。コーチが誰になるのかも分らないのに返事なんか出来ないもの。少なくともあと2ヶ月は待ってもらいたいよ」

オファー殺到

管財人の手に渡ったルートン・タウンには、12以上の投資家グループから申し込みが来ている模様。

Copyright © 1997-2007 0-0 <empate>. All Rights Reserved.
Apple, the Apple logo, and Mac are trademarks of Apple Computer, Inc., registered in the U.S. and other countries.
The Made on a Mac Badge is a trademark of Apple Computer, Inc., used with permission.