Information
Archives
金か

サラリーキャップのせいで年俸に限りのあるフィオレンティーナなので、ウイファルシ選手は契約更改の可能性について五分五分と主張。

トマス・ウイファルシ選手
「クラブには愛着があって、まるで我が家のような気持ちがしている。だけど、それとこれとは別なんでね。今のところ残る可能性は50%ぐらいかな」

逆に言えば勉強不足

リヴァプールをリーガプールに変えてしまったことで責められているラファさんは「だってリーガ・エスパニョーラが一番詳しいんだもん」と居直ってる模様。

ラファエル "ラファ" ベニテス・マウデス・コーチ
「なんで私がリーガ・エスパニョーラばかり見ているかというと、そこの戦力を詳しく知っているからだ。ヴェンゲル氏だってフランス人ばかり買っているし、ジョゼだってポルトガルから人を連れて来た。それと同じだよ。もちろんリーガプールには世界中にスカウトがいて、常にこれはと思うタレントを物色している。しかし実際にチームへ引き入れるとなると話が異なって来るだろう。やはり最も情報の多い場所から穫りたいものだ」

猛々しい

強きを助け、弱きを挫くタケちゃんマンのようなリーガプールですが、そんなチームにしちゃったにも拘らずラファさんは「できたら契約更新したい」などとアンビリーバブルな発言をしている模様。

ラファエル "ラファ" ベニテス・マウデス・コーチ
「この契約を満了させるのは当然なんだが、出来たらそのあとも引き続きやりたい。家族はスッカリ土地の人と化しているし、市民の皆さんのサポートも信じがたいんでね」

ヒドい

サー・アレックスはユーロ予選でスコットランドがフランスを倒したあと、1週間続けてエヴラ選手に向かってラ・マルセイエーズを唄ってやったそうです (笑)

ミザリー

なんともトホホな終わり方をしそうなカニサーレス選手ですが、これも神のお告げだと引退を仄めかしている模様。チームを強くし、クラブを発展させた功労者たちに対する仕打ちとしては最低レベル。再建どころの話じゃないな、こりゃ。

サンティアゴ・カニサーレス・ルイス選手
「かつてヴァレンシアで9割9分引退するって言ったけど、どうやら神様は今がその時だと決めたみたいだ。おそらく僕は二度とプレーしないだろう」

ダヴィド・アルベルダ・アリケス選手
「クーマンを悪者にして僕を追い出そうって策略だ。相変わらずヴァレンシアってクラブには品格のカケラもない。僕はチームと共に成長してきた人間だ。もう立派に独り立ちできる。常にクラブとチームのために全力を尽くして戦ったから誰に後ろ指さされることなく、胸を張って去るだろう。クラブに言いたいこと?要らないなら要らないで結構。でも、傷つけないやり方ってものがあるはずだ。これが頑張った人間に対する仕打ちなのかよ。馬鹿にするのもいい加減にしろ」

仕事あるベルダ、選べるダ

ヴァレンシアの仕打ちに捨て鉢になってるというアルベルダ選手ですが、ユーヴェに続きスパーズやエヴァートンがノリノリでやって来る模様。

辞任

主力選手との確執が伝えられていたハイバーニアンのジョン・コリンズ・コーチが辞表を提出。

悪意ある研究

ナヴァラ大学とカタルーニャ国際大学はフットボール・マーケティングに関する共同研究を行っており、このたび本年度のクラブランキングを発表した模様。それによると世界で最も力のあるクラブはマンチェスター・ユナイテッドで、次がチェルスキー、3位がバルセレソンで、レアル・サンマリノは4位だってよ、ちくしょうめ。

もう、なんか、シティさん

補強まっしぐらなシティは、ミドルスブラと共にルカレッリ選手を穫りに行くだけでなく、ディエゴ・ミリト選手にまで手を出している模様。みんな買ってしまえ。

師匠への敬意はない

涙目で補強の必要性を訴えているマンチョは、師匠のチームの大黒柱を強奪する模様。こりゃ、エラーいことだノ。

無茶苦茶でござる

マルコ・ジャンパオロ氏に復帰を断られたカリャーリは、ネド・ソネッティ氏に「辞表は受理できん」と伝えた模様。

ギャング・トリオ

グラント・コーチ、テン・カーテ・アシスタント、アルネセン・ダイレクターの3者が一致している意見は「ラフィーが欲しい」だそうです。

救世主

サンダランドにはマーティン・ワグホーンという17歳の天才ストライカーがいるそうで、ロイ・キーン・コーチは頃合いを見てトップで起用する模様。

オレが使う

ロイ・キーン・コーチはウィガンで出場機会の少ないフリッツ・ホール選手にオファーを出す模様。

手軽なところで

カービシュリー・コーチは冬の補強としてFCコペンハーゲンでプレーしているカナダ代表MFアティバ・ハッチソン選手を検討中。

ナイスアイデア

ヘルシンボリとの契約更新を決められないでいるラーション選手に、サー・アレックスが再び接近中。

安心しろ

スパーズのダニエル・リーヴィ会長は、ファンデに「如何なる犠牲を払ってでもベルバトフはキープする」と伝えた模様。

アマ売らん

アマウリは売れないとザンパリーニ会長から意地悪されているミランは、3000万ユーロを握りしめドログバ選手へ向かう模様。

どうかひとつ

メルベリ選手が残る残らないに関係なく右サイドバックの問題を解決する必要があるヴィラは、アーセナルのジャスティン・ホイト選手を検討中。

強制送還

移籍に関する多数の不正が発覚したルートン・タウンは、ポンペイから借りていたマーク・ウィルソン選手を強制的に返却させられた模様。

冥土の土産

レスターはオールドトラッフォードでのゴールは一生の思い出になったと喜んでいるダービーFWスティーヴ・ハワード選手にオファーを出す模様。

換金

今季でアトレティコとの契約が終わるマニーチェ選手にはバイエルンやセリエAやプレミアシップ方面からオファーが来ているようで、クラブは何としても残ってもらうつもりながら、可能性が低ければとっとと換金する意向。

お国から

クライフェルト率いるリールがヴィジャレアルで死んでいるマヴバ選手に興味を示している模様。

殴る日

ローヴァーズ戦で負傷したヘスキー選手は、ジョーイ・バートンさんも殴る日だと勘違いしているというボクシングデーのニューカッスル戦に復帰予定。

復帰

シティはイサックション選手が移籍した場合、カーディフへ貸しているキャスパー・シュマイケル選手を呼び戻す模様。

初耳

ポルトDFジョゼ・ボシングヴァ選手の噂についてマーティン・オニール・コーチは「初耳の名前だ」と否定している模様。

辞めたい (1)

出番の少ないリヨンから出たがっているフレッヂ選手にはチェルスキーとニューカッスルが興味を示している模様。

フレデリコ・シャヴァス・グエデス "フレッヂ"選手
「クラブには僕に対する信頼を示してくれるよう頼んだんだけど、あいにく思い通りにはなっていない。このままなら守りたい契約も守れなくなる」

辞めたい (2)

ボルトンとウィガンがリールを辞めたがっているジャン II マクン選手にオファーを用意。

ロンドンたらい回し

チェルスキー → アーセナルと来たラサナ・ディアラ選手には、スパーズという話が来ている模様。

在庫一掃

1番、6番、10番がリストラされたヴァレンシアですが、次は3番、14番、18番が肩たたきだそうです。なお、1番は早くもMLSへの移籍を模索中。

空中分解

主力選手を干したクーマン・コーチにはエルゲラ選手、モリエンテス選手、ヴィセンテ選手らが不満を表明し、最悪の場合は出て行く模様。

ウーゴ・ミゲウ・フェレイラ・ヴィアナ選手
「ヴァレンシアへの復帰?気乗りしないな。家族もパンプローナに馴染んでいるし、あそこでプレーしたいと考えたこともないんだ」

大枚

ディナモ・キエフはケルツァコフ選手に3年契約・総年俸1200万ユーロをオファー。

久々にやった

ジョニー・エヴァンズ選手の婦女暴行疑惑で揺れているユナイテッドですが、その二次会を主催したリオをはじめとするベテラン選手たちに対し、サー・アレックスは久々に大爆発を起こした模様。

存在しない

苦難が続くレディングでは全てのクリスマス・イベントを取りやめた模様。

スティーヴ・コッペル・コーチ
「5月の浜辺でサンタさんやってやるから我慢しろ」

金で負けるチェルスキー

チェルスキーが1000万ポンドで狙っているバカですが、シティは1200万ポンドをボルトンへ打診する模様。

残留

冬のマーケットでの移籍を希望していたサニョル選手ですが、クラブ側との誤解を解いたとのことで残留する模様。

強奪

レディングは冬のマーケットでジョーンダズのベンジャミン・ワトソン選手を100万ポンドで穫りに行く模様。

辞めます

イサックション選手にはガラタサライから話が来ているようで、紳士に行きたいと話した模様。

人気なし

冬のマーケットでオーウェン選手の金を回収しようと考えていたニューカッスルですが、今のところオファーは全く来ていないそうです。

カーリングカップ・クオーターファイナル

スパルタク・チェルスキー 2-0 リーガプール (主審:マーティン・アトキンソン)
チェルスキーの得点:59分フランク・ランパード、90分アンドレイ・シェヴチェンコ

スパルタク・チェルスキー
GK1:ペトル・チェヒ
DF35:ジュリアーノ・ハウス・ベレッチ
DF22:タル・ベン=ハイム
DF6:ヒカルド・アウベルト・シウヴェイラ・デ・カルヴァーリョ "リッキー"
DF18:ウェイン・ブリッジ
MF5:ミカエル・エシェン
MF8:フランク・ランパード
MF12:ジョン・オビ・ミケル (68分-13:ミヒャエル・バラック)
FW17:スコット・シンクレア (57分-10:ジョー・コール)
FW7:アンドレイ・シェヴチェンコ (90分-9:スティーヴ・シドシェル)
FW21:サロモン・カルー

リーガプール
GK30:シャルル・ウベルト・イタンジュ
DF17:アルヴァロ・アルベロア・コカ
DF23:ジェイミー・キャラガー
DF46:ジャック・ホッブス
DF12:ファビオ・アウレリオ・ホドリゲス
MF14:チャビエル・アロンソ・オラーノ "チャビ・アロンソ" (60分-42:バビル・エル・ズハル)
MF21:ルーカス・パッツィーニ・レイヴァ
MF22:モハメド・ラミネ・シッソコ "モモ"
MF19:ライアン・バベル (73分-11:ヨッシ・シャイ・ベナヨン)
(赤紙60分) ピーター・クラウチ
FW10:アンドレイ・ヴォロニン

コパ・デル・レイ 4th Round, 1st Leg

アリカンテ 1-1 レアル・サンマリノ
アリカンテの得点:61分pボルハ・ペレス・ペーニャス
レアル・サンマリノの得点:89分ハヴィエル・アンヘル "ロッキー" バルボア・オサ

レアル・エスパニョール・バルセロナ 1-1 デポルティヴォ・ラ・コルーニャ
エスパニョールの得点:87分フェラン・コロミナス・テレチェア "コロ"
デポルティヴォの得点:29分セルヒオ・ゴンサレス・ソリアーノ復讐

レアル・ウニオン・イルン 1-2 ヴァレンシア
ウニオンの得点:11分セルヒオ・フランチェスコ・ラモス
ヴァレンシアの得点:61分 &70分ニコラ・ジギッチ

コッパ・イタリア Round of 16, 1st Leg

ウディネーゼ 0-0 パレルモ

トリノ 3-1 ASローマ
トリノの得点:12分&50分アルヴァロ・アレハンドロ・レコバ・リヴェーロ "チーノ"、88分ジャンルカ・コモット
ローマの得点:45分アレッサンドロ・ファイオーニェ・アマンティーノ "マンチーニ"

ラツィオ 2-1 ナポリ
ラツィオの得点:66分ロレンツォ・デ・シルヴェストリ、70分ロベルト・バローニオ
ナポリの得点:28分サミュエレ・ダッラ・ボーナ

レッジーナ 1-4 インテル
レッジーナの得点:50分レオナルド・ペッティナーリ
インテルの得点:14分エルナン・ホルヘ・クレスポ、29分&86分マリオ・バルヴア・バロテッリ、60分サンティアゴ・エルナン・ソラーリ

UEFAカップ Second Round

<グループE>
FCチューリッヒ 0-5 バイヤー04レヴァークーゼン
レヴァークーゼンの得点:19分ウラティスラヴ・グレシュコ、23分 &57分ドミトリ・ブリュキン、50分トランキージョ・バルネッタ、80分シュテファン・キースリンク

トゥールーズ 2-1 スパルタク・モスクワ
トゥールーズの得点:41分&53分フランシレウド・サントス
スパルタクの得点:61分pアルテム・ジュユバ

<グループF>
バイエルン・モナコ 6-0 アリス・サロニカ
バイエルンの得点:25分&38分&64分&66分ルカ・トニ、78分クリスティアン・レール、81分フィリップ・ラーム

スポルティング・ブラガ 2-0 ツルヴェナ・ズヴェズダ
ブラガの得点:11分ローランド・リンツ、66分ウェンデルソン・デ・アルダ・サイード "ウェンデル"

<グループG>
ウマいフェ 2-1 RSCアンデルレヒト
ウマいフェの得点:5分パブロ・エルナンデス・ドミンゲス、50分ファビオ・セレスティーニ
アンデルレヒトの得点:90分シリル・セレウ

ハポエル・テルアヴィヴ 1-3 AaBオールボーBK
ハポエルの得点:45分ファビオ・ジュニオール・ペレイラ
Aabの得点:27分キャスパー・リスガールト、50分pミカエル・ヤコブセン、66分トマス・エネヴォルドセン

<グループH>
ガラタサライ 0-0 ジロンダン・ボルドー

パニオニオス 2-3 ジロンダン・ボルドー
パニオニオスの得点:6分pラフィク・ジェボル、20分グリゴリス・マコシュ
ジロンダンの得点:40分 &75分フェルナンド・エセクィエル・カヴェナギ、87分ウィルフレッド・モインベ

10番クビ

クーマン・コーチはアングロ選手に今季は起用しないと伝えた模様。

ホセ・ルイス・タマルゴ代理人
「非常にショックな話で理解しがたいですが、クーマンがそう決めたのなら尊重します。退団?それはまだ考えていません。今後の成り行きを見るしかないです」

逃げよう

ヴィジャ選手の代理人は、とっとと出ようと本人を嗾けている模様。

ホセ・ルイス・タマルゴ代理人
「ヴィジャは再建云々なんて段階のクラブではなく、タイトルを目指すクラブでのプレーを希望しているんです」

去就

スイス代表の話が来ているというヒッツフェルト・コーチは、1月中には身の振り方を決める模様。

オットマー・ヒッツフェルト・コーチ
「クラブの経営者から非難されているようなら、もう指揮を執る喜びもない。スイス?とても興味を引かれる話だね。ブンデスリーガが究極の目的でもないし。いずれにしても自分がどうしたいかは分っている。1月が終わる頃にはバイエルンに意向を伝えるつもりだ。もちろん報酬面ではブンデスリーガとは比較にならんだろうが、金が全てではない」

退団

ベンフィカと契約更改について話し合ったレオ選手ですが、条件がかけ離れているとのことで移籍が濃厚。

軽傷

スパーズ戦でハムストリングを傷め年内絶望ほどと言われていたポンペイDFノエ・パマロ選手ですが、状態はそれほど悪くなくボクシングデーのアーセナル戦には出られる可能性が出て来た模様。

ニックネームはタルヘタ・アマリージャ

センターハーフが欲しいユヴェントスがボカMFバネガ選手に乗り出したようで、1500万ユーロまでなら予算をとれる模様。なおボカの要求は2000万ユーロ以上。ライバルはミラン、インテル、アトレティコ、ヴァレンシア。

大損害

カーリングカップでリーガプールを倒したチェルスキーですが、シェヴチェンコ選手が足首、マルダ選手が膝の痛みを悪化させてダウン。

来たんですね

レアル・サンマリノとユヴェントスの競争になっていたヂェーゴ選手ですが、やっぱりインテルも出て来た模様。ヴェルダーの要求は2000万ユーロ以上。

自信喪失

カーリングカップのアーセナル戦でベニ選手をベンチに置いた理由についてスパーキーは、ローテーションではなく点が穫れていないことから来る自信喪失だと説明。

レスリー・マーク・ヒューズ "スパーキー"コーチ
「ゴールから遠のいて相当になるので、本人も悩んでいるようだ。しかしロケもそういう問題を克服したので、ベニだって乗り越えてくれるはずだ。期待されている分、重圧があるのかもしれない」

正義が勝つ

ゲルマン・メディアの取材を受けたレーマンさんは「最終的にモノを言うのは、ここだ」と、自分の腕を指差しながら不適な笑みを浮かべていた模様。

イェンス・レーマン選手
「アーセナルのゴールマウスへ戻る自信はある。最終的にモノを言うのはクオリティだよ。コーチにはアルムニア程度と同じ基準で考えてもらっちゃ困るって言ってやった」

交渉打ち切り

アタランタFWリカルド・ザンパーニャ選手の獲得を目指していたカリャーリですが、コーチ問題が勃発したので全ての交渉から手を引いた模様。

後任

ミランがマルディーニ選手の後任として検討しているバイエルンのルシオ選手は、非常に乗り気だそうです。

ルシマール・ダ・シウヴァ・フェレイラ "ルシオ"選手
「イタリアかスペインでプレーするのが夢なんだけど、そう遠い夢じゃない。もうすぐ実現しそうだよ」

予告編上手

パト、パトと大変なミランですが、カフー選手は「期待させすぎだ」と警告している模様。

マルコ・エヴァンゲリスタ・デ・モラレス "カフー"選手
「もちろん素晴らしいタレントだけど、余りにも多くの期待を注ぐのは間違っている。まだセリエAでプレーしたことがないんだから、じっくり待ってあげるべきだ」

ローン (1)

ウディネーゼとコロコロはマウリシオ・イスラ選手のローンについて交渉中。

ローン (2)

ユヴェントスMFアルミロン選手とパルマMFシガリーニ選手の買取オプション付きの交換ローンが話し合われている模様。

ローン (3)

インテルとサンパウロはアドリアーノ選手の6ヶ月ローンで合意。

視察中

ジロンダンMFフロリアン・マランジュ選手の獲得を考えているフィオレンティーナは、提示額を査定するためパフォーマンスをチェックしている模様。

断られ

ローマからバルッソ選手を断られたジェノアは、フィオレンティーナのミケーレ・パツィエンツァ選手に向かう模様。

争奪

インテルやローマとともにフォリーニョFWステファノ・ジャコメッリ選手はフィオレンティーナへの移籍が濃厚。

Copyright © 1997-2007 0-0 <empate>. All Rights Reserved.
Apple, the Apple logo, and Mac are trademarks of Apple Computer, Inc., registered in the U.S. and other countries.
The Made on a Mac Badge is a trademark of Apple Computer, Inc., used with permission.