Information
Archives
うへへ、うへへ、うへへへへへへへへ〜

イングランド・プレミアシップ第16週:リーガプール 0-1 マンチェスター・ユナイテッド at アンチフィールド

ユナイテッドの得点:43分スーペル・テヴェス

ラファエル "ラファ" ベニテス・マウデス・コーチ
「我々はチャンスをモノに出来ず、相手はそれをやってのけた。試合を決めたのはそこだ。ユナイテッド戦であれば通常よりチャンスの数は限られてくるんだからね。トップとの差をつめるなら、ここは勝たなければならなかったんだが、先はまだあるので前を向いて進んでいきたいと思う」

サー・アレックス・ファーガソン・コーチ
「そりゃよ、勝ったんだから好い結果に決まってっぺ。気分がいいったらねぇな。まっそのなんだ、今日は規律ってのが鍵になってんだけどな、フットボールをやるって点から考えたらオラっちの方が好いチームだったっぺ。しかしあれだな、こりゃ典型的なユナイテッド v リーガプールってな試合でよ、客のテンションがそういう空気作っちまうからな、お構いなしになっちまうのもしょうがねぇ。オラ毎年この時期に言うんだけんどもよ、元旦あたりでトップかそこらにいられたならタイトルの可能性はだいぶ大きっぺ」

リオ・ファーディナンド選手
「ここはとても難しいスタジアムで、あらゆるプレッシャーをかけられる。でも今日は全てのピンチを防ぎ、1点をもぎ取れた。僕らのゴールはラッキーと言われたらそれまでだけど、ラッキーも実力のうちなんだ。しかし何度勝っても気分がいいよな、うへへ」

リーガプール
GK25:ホセ・マヌエル・レイナ・パエス
DF17:アルヴァロ・アルベロア・コカ
DF23:ジェイミー・キャラガー
DF4:サミ・ヒュイピャ
DF6:ヨン・アルネ・リーセ (80分-12:ファビオ・アウレリオ・ホドリゲス)
MF8:スティーヴン・ジェラード
MF20:ハヴィエル・アレハンドロ・マスチェラーノ
MF11:ヨッシ・シャイ・ベナヨン
MF7:ハリー・キュウェル (66分-19:ライアン・バベル)
FW18:ディルク・カイト (73分-15:ピーター・クラウチ)
FW9:フェルナンド・ホセ・トーレス・サンス

マンチェスター・ユナイテッド
GK1:エトヴィン・ファン・デル・サル
DF6:ウェスリー・ブラウン
DF5:リオ・ファーディナンド
DF15:松平健
DF3:パトリス・エヴラ
MF4:オーウェン・リー・ハーグリーヴス
MF8:アンデルソン・ルイス・デ・アブレウ・オリヴェイラ (92分-22:ジョン・フランシス・オシェイ)
MF11:ライアン・ギグス
MF7:クリスティアーノ・ホナウド・ドス・サントス・アヴェイロ
FW10:ウェイン・ルーニー
FW32:カルロス・アルベルト・テヴェス (84分-16:マイクル・キャリック)

主審:マーク・ハルジー

激しいっすな

イングランド・プレミアシップ第16週:アーセナル 1-0 スパルタク・チェルスキー at エミレイツ・スタジアム

アーセナルの得点:45+3分ウィリアム・ガラ

アルセーヌ・ヴェンゲル・コーチ
「リーガプールにはガッカリだが、彼らは終わったわけじゃない。チェルスキーも同様に生きている。彼らだって質の高さを見せてくれた。だが我々には自信がある。必ず勝つという信念があるんだ。しかし、リーグ戦を盛り上げるには、4チームが最後までレースを行うのが好ましいだろう」

アーセナル
GK24:マヌエル・アルムニア・リヴェロ
DF3:バカリー・サニャ
DF5:ハビブ・コロ・トゥーレ
DF10:ウィリアム・ガラ復讐
DF22:ガエル・クリシィ
MF4:フランセスク・ファブレガス・ソレール "セスク"
MF27:エマヌエル・エブエ (70分-11:ロビン・ファン・ペルシィ)
MF16:マシュー・フラミーニ
MF7:トマス・ロシツキ
MF13:アレクサンドル・フレブ (78分-19:ジウベルト・アパレシド・ダ・シウヴァ)
FW25:エマヌエル・シェイ・アデバヨール (94分-26:ニクラス・ベントナ)

スパルタク・チェルスキー
GK1:ペトル・チェヒ
DF20:パウロ・ヘナト・レボーショ・フェレイラ
DF26:ジョン・テリー (39分-22:タル・ベン=ハイム)
DF33:アレッサンドロ・ホドリゴ・ディアス・ダ・コスタ "アレックス"
DF3:そんなに責めなくてもい〜じゃないですか
MF4:クロード・マケレレ (65分-14:クラウディオ・ミゲル・ピサーロ・ボッシオ)
MF8:フランク・ランパード
MF12:ジョン・オビ・ミケル
FW24:ショーン・ライト=フィリップス (75分-21:サロモン・カルー)
FW7:アンドレイ・シェヴチェンコ
FW10:ジョー・コール

主審:アラン・ワイリー

ボボとカッサーノ

セリエA第16週:サンプドリア 2-2 フィオレンティーナ at ルイジ・フェラーリス

サンプの得点:18分ダニエレ・ガスタルデッロ、69分アントニオ・カッサーノ
フィオレンティーナの得点:39分アドリアン・ムトゥ、57分マルコ・ドナデル

サンプドリア
GK1:ルカ・カステッラッツィ
DF16:ウーゴ・アルマンド・カンパニャーロ
DF14:ルイジ・サラ (48分-6:ステファノ・ルッキーニ)
DF28:ダニエレ・ガスタルデッロ (88分-5:ピエトロ・アッカルディ)
MF17:アンジェロ・パロンボ
MF4:セルジオ・ヴォルピ
MF7:クリスティアン・マッジオ
MF19:ダニエレ・フランチェスキーニ
MF46:ミルコ・ピエリ
FW11:クラウディオ・ベッルッチ
FW99:アントニオ・カッサーノ (78分-13:エミリアーノ・ボナッツォーリ)

フィオレンティーナ
GK12:クリスティアーノ・ルパテッリ
DF20:マルティン・ヨルゲンセン
DF21:トマス・ウイファルシ
DF2:ペール・ビリエスコフ・クロルドルップ
DF23:マヌエル・パスクアル
MF8:ミケーレ・パツィエンツァ (46分-11:ファビオ・リヴェラーニ)
MF22:ズドラフコ・クジュマノヴィッチ (88分-19:マッシモ・ゴッビ)
MF18:リカルド・モントリーヴォ (52分-4:マルコ・ドナデル)
FW24:マリオ・アルベルト・サンターナ
FW32:クリスティアン "ボボ" ヴィエリ
FW10:アドリアン・ムトゥ

アルビトロ:ガブリエレ・ガヴァ

色んな意味でトッティも困った試合

セリエA第16週:トリノ 0-0 ASローマ at オリンピコ

ワルテル・アルフレッド・ノヴェッリーノ・コーチ
「あれだけのチャンスがありながら、この結果は何とも言葉にしにくい思いだ。明らかに3ポイントの試合だよ。まぁ、内容的にはポジティブだがね」

ルチアーノ・スパレッティ・コーチ
「トリノは必死だったな。やる気という面では明らかに我々を上回っていた。最後の方では決定的チャンスを作れたんだが、あれで勝っていたらトリノに申し訳ないだろう。こうなるとトッティ、トッティと盛んに言われるのだが、壊れた選手を嘆いたってしょうがないんだ」

トリノ
GK1:マッテオ・セレーニ
(エスプルシ90分) DF2:ジャンルカ・コモット
DF22:マルコ・ディ・ロレート
DF15:パオロ・エルナン・デッラフィオーレ
DF23:サルヴァトーレ・ランナ
MF27:パオロ・サネッティ
MF5:素晴らしい腹筋です
MF8:シモーネ・バローネ (77分-19:ダヴィデ・ボットーネ)
MF10:アレッサンドロ・ロシーナ (63分-28:トンマソ "リッキー" ヴァイラッティ)
FW17:ダヴィド・ディ・ミケーレ
FW20:ササ・ブイェラノヴィッチ (83分-9:ニコラ・ヴェントラ)
(エスプルシ79分) ワルテル・アルフレッド・ノヴェッリーノ

ASローマ
GK32:ドニベル・アレシャンドレ・マランガン "ドニ"
DF2:クリスティアン・パヌッチ (80分-3:シチェーロ・ジョアン・デ・チェーザレ "シシーニョ")
DF5:フィリップ・メシェ
DF4:シウヴェイラ・ドス・サントス "ファン"
DF22:マックス・トネット
MF16:ダニエレ・デ・ロッシ
MF7:マルセロ・ダヴィド・ピサーロ・コルテス
MF30:アレッサンドロ・ファイオーニェ・アマンティーノ "マンチーニ"
MF33:マッテオ・ブリーギ (46分-20:シモーネ・ペッロッタ)
MF14:リュドヴィク・ジュリー (63分-77:マルコ・カッセッティ)
FW9:ミルコ・ヴチニッチ

アルビトロ:ジャンルカ・ロッキ

セリエA第16週

アタランタ・ベルガモ 1-3 パレルモ
アタランタの得点:62分OG (カルヴァーリョ・デ・オリヴェイラ・アマウリ)
パレルモの得点:13分エディンソン・カヴァーニ、35分OG (アントニオ・ランジェッラ)、53分カルヴァーリョ・デ・オリヴェイラ・アマウリ

エンポリ 1-1 ジェノア
エンポリの得点:45分セバスティアン・ジョヴィンコ
ジェノアの得点:87分アンドレア・マシエッロ

パルマ 3-0 レッジーナ
パルマの得点:26分ベルナルド・コッラーディ、49分アンドレア・ピサーヌ、66分マッシモ・パチ

ACミラン p-p リヴォルノ (ミランは日本出張中)

かなり大雑把なユーヴェ 1-1 ナポリ
かなり大雑把な得点:63分マリオ・フリック
ナポリの得点:64分マリアノ・アドリアン・ボグリアチーノ

リーガ・エスパニョーラ1第16週

デポルティヴォ・ラ・コルーニャ 1-1 レアル・サラゴサ
デポルティヴォの得点:54分ファブリツィオ・コロッチーニ
サラゴサの得点:18分ディエゴ・アルベルト・ミリト

ヘタフェ 1-3 ヴィジャレアル
ヘタフェの得点:86分ケパ・ブランコ・ゴンサレス
ヴィジャレアルの得点:16分&79分ニハト・カヴェチ、84分サンティアゴ・カソルラ・ゴンサレス "サンティ"
タルヘタ・ロハ:89分ファブリシオ・ファビオ・フエンテス (ヴィジャレアル)

レアル・デポルティヴォ・マジョルカ 0-0 アスレティック・ビルバオ
タルヘタ・ロハ:34分ジョゼ・カルロス・デ・アラウージョ "ヌーネス" (マジョルカ)

レアル・ベティス・バロンピエ 3-1 アルメリア
ベティスの得点:28分pルイス・エドゥアルド・シュミット "エドゥ"、51分&84分ウーゴ・マリアノ・パヴォーネ
アルメリアの得点:10分アルヴァロ・ネグレド・サンチェス
ドブレ・アマリージャ:15分ウィルメル・サンティアゴ・アカシエテ・アリアデラ "サンティ" (アルメリア)
タルヘタ・ロハ:24分ダヴィド・コヴェーニョ・イグレシアス (アルメリア)

レアル・ムルシア 2-1 ラシン・サンタンデール
ムルシアの得点:56分エノク・ゴイトム、84分pジョアン・フェルナンド・バイアーノ "ネロ"
ラシンの得点:63分エウゼビウス "エビちゃん" スモラレク

レアル・ヴァジャドリッド 0-0 セヴィージャ
ドブレ・アマリージャ:52分フェデリコ・ファツィオ (セヴィージャ)
タルヘタ・ロハ:82分ルイス・ファビアーノ・クレメンテ (セヴィージャ)

レクレアティヴォ・ウエルヴァ 0-0 アトレティコ・マドリッド

スアソでございました

セリエA第16週:カリャーリ 0-2 インテル at サン・エリア

インテルの得点:57分フリオ・リカルド・クルス、79分オスカル・ダヴィド・スアソ・ヴェラスケス

ロベルト・マンチーニ・コーチ
「まず最初にACミランとカルロ・アンチェロッティにおめでとうと言わせてもらいたい。私の発言に誰かを傷つける意図などなかった。ミランが日本へフレンドリーマッチをしに行ってるなどと口にした覚えはないが、昔の形の方が良かったという思いは変わらない。きっとミランだって同じように感じているはずだ。君たちメディアは人の言葉尻をとらえてトラブルを捏造する名人だと思うぞ。これをもってミランに関する言及は終わりにしたい。ダービー?リーグとカップ戦では全く異なるとだけ言わせていただく。ところで今日の試合だが、カリャーリの出来が本当に素晴らしく、我々は多くのプレシャーの中で非常に苦戦させられた。とくに前半は何も出来なかったに等しい。ご覧の通り中盤のやり繰りに必死だよ。しかしチヴーのようなユーティリティな選手がいてくれて助かっている」

カリャーリ
GK1:ヴィンチェンツォ・マッルオッコ
DF29:ミケーレ・フェッリ
DF6:ディエゴ・ルイス・ロペス・ブレイボ
DF20:パオロ・ビアンコ
DF31:アレッサンドロ・アゴスティーニ
MF5:コンティ息子
MF14:フランチェスコ・ピサーノニ (71分-19:ホアキン・ラリベイ)
MF18:アンドレア・パローラ
MF23:ミケーレ・フィーニ (76分-4:アレッサンドロ・ブデル)
FW9:ロベルト・アクアフレスカ
FW32:アレッサンドロ・マトリ (86分-26:マルコ・モンコス)

インテル
GK12:ジュリオ・セサール・ソアレス・デ・エスピンドーラ
DF13:マイコン・ダグラス・シシェナンド
DF2:イヴァン・ラミロ・コルドバ・セプルヴェーナ
DF25:ワルテル・アドリアン・サムエル
DF6:シェレル・アンドラージ・マックスウェル (81分-30:ヴィクトル・ウーゴ・ゴメス・パショス "ペレ")
MF19:エステバン・マティアス・カンピアッソ・デラウ
MF26:クリスティアン・ユーゲン・チヴー
MF4:ハヴィエル・アデルマル・サネッティ
FW18:エルナン・ホルヘ・クレスポ
FW9:フリオ・リカルド・クルス (58分-31:セサール・アパレシド・ホドリゲス)
FW29:オスカル・ダヴィド・スアソ・ヴェラスケス標的 (90分-45:マリオ・バルヴア・バロテッリ)

アルビトロ:アンドレア・デ・マルコ

古巣来た だけどオレには 出番なし (ソルダード作)

リーガ・エスパニョーラ1第16週:レアル・サンマリノ 2-0 オサスナ at サンティアゴ・ベルナベウ

レアル・サンマリノの得点:16分ルトヘルス・ヨナタス・マルティニュス "ルート" ファン・ニステルロイ、76分ウェスリー・シュネイデル

プレドラグ・ミヤトヴィッチ・スポーツダイレクター
「クラシコの直前なので重要な勝利だった。もっとスコアに差が開いてもいいようなチャンスもあったが、とりあえず及第点だな。しかし、これは興行でもあるので、もう少しファン・サービスにも努力してもらいたい。ここからの敵は過信だよ。リードしているのはいいが、それで安心されるのが一番恐ろしいんだ」

ベルント・シュスター・コーチ
「今日はオサスナが静かだったので順当に勝たせてもらった。今年最後のホームゲームだし、勝利で終わらせるのは義務だったんだ。しかし相手に戦う気持ちがないと、こっちまでお付き合いするハメになるものだ。お世辞にも面白かったとは言えないな。メッシ?実に残念だな。いま最も旬な選手だから、対戦を楽しみにしていたのに」

ルトヘルス・ヨナタス・マルティニュス "ルート" ファン・ニステルロイ選手
「内容はイマイチだけど、クラシコ前に3ポイントをとっておくのは重要だった。お客さんには申し訳ない気持ちもある。けど全ての試合でスペクタクルを見せるのは無理なんだ」

レアル・サンマリノ
GK1:イケル・カシージャス・フェルナンデス
DF4:セルヒオ・ラモス・ガルシア
DF5:ファビオ・カンナヴァーロ
DF3:ケプレル・レヴェラン・リマ・フェレイラ "ペペ"
DF12:マルセロ・ジュニオール・ヴィエイラ・ダ・シウヴァ (79分-16:ガブリエル・オマール・イヴァン・ハインツェ)
MF19:ジュリオ・セサール・バティスタ "野獣" (60分-14:ホセ・マリア・グティエレス・エルナンデス "グティ")
MF6:マハマドゥ・ディアラ (75分-8:マハマドゥ・ディアラ)
MF23:ウェスリー・シュネイデル
MF10:ホブソン・デ・ソウザ "ホビーニョ"
FW7:ラウール・ゴンサレス・ブランコ
FW17:ルトヘルス・ヨナタス・マルティニュス "ルート" ファン・ニステルロイ

オサスナ
GK13:リカルド・ロペス・フェリペ
DF40:セサール・アズプリキュエタ・タンコ
DF4:ミゲル・フラーニョ・ベスナルテア
DF14:ホセ・ロメロ・ウルタスン "ホセチョ"
DF3:イグナシオ・モンレアル・エラソ
MF24:イオン・エリチェ・ドミンゲス
MF8:エクトール・フォント・ロメロ (81分-9:ハヴィエル・ガルシア・ポルティージョ復讐)
MF5:シャヴィエル・マルガイラス (61分」-20:ウーゴ・ミゲウ・フェレイラ・ヴィアナ)
MF6:ヤロスラフ・プラシル (73分-23:リュドヴィク・デルポルテ)
MF21:カルロス・ヴェラ・ガリード
FW18:エドゥアルド・フェルナンデス・ペレイラ "父ちゃん"

アルビトロ:フェルナンド・ティシェイラ・ヴィティエネス

事故

バルセレソンやフィオレンティーナでプレーしたギジェルモ・アモール氏が、日曜の早朝に自動車事故に巻き込まれタラゴナ県内の病院にて集中治療を受けている模様。負傷箇所は腹部、胸部、骨盤。

辞めたい

アーセナルのラサナ・ディアラ選手がフランス・メディアのインタビューにて「求められていないクラブへ来たのが間違いだった」と口にしている模様。

ラサナ・ディアラ選手
「12月も半ばだけど、僕は決めた。アーセナルを去りたい。一番の問題はコーチから必要とされていないことだ。僕なんかアーセナルに必要ないんだよ。入る時は良い事ばかり言ったくせに、蓋を開けて見たらこの始末だ。もうウンザリさ。コーチとは揉めたくないし、僕はその手の人間じゃない。でもプレーの機会があるって話でサインしたのに、それは嘘だったんだよ」

縁起物かよ

クラウチさんはプレミアシップでの優勝がかかった一戦や、チャンピオンズリーグなどのビッグマッチでゴールを決めた場合は、封印しているロボットダンスを披露するそうです。

戦力外

センターフォワードにはズラやトレセゲやバティやルートのように身体が大きくて強い選手がお好みのカペッロ・コーチは、オーウェン選手をリストラする模様。ということは、アシュトンやダレン・ベントの時代が到来なのか?クラウチさんは、え〜っと・・・。

警告王

モモさんが辞めたいと言っていますから、ラファさんは代わりの選手としてポンペイの警告王をご指名。

サレイ・アリ・ムンタリ選手
「プロの世界でやってる限りは、ビッグクラブでのプレーってやつが1つの到達点だよ。他の選手だって口には出さなくたって、みんなそういう夢を描いているはずだ。ポンペイを大きくするのもやり甲斐があるけど、やはり名のあるクラブへ行きたいな」

職人

いいオファーが来れば移籍と明言しているサンティアゴ・エスケーロ選手には、エヴァートンやボルトンが興味を示している模様。

即戦力

冬のマーケットでは馴染むのに時間のかかる未知のタレントは穫らないと明言するロイ・キーン・コーチは、セルティックのバルデ選手を連れてくる模様。

帰国 (1)

スラヴィア・プラハは今季でアストン・ヴィラとの契約が終わるパトリック・ベルガー選手に帰国を促している模様。

帰国 (2)

センターハーフの補強を熱望しているPSGは、ベテランのマケレレ選手にお願いしてみる模様。

視察中

昨日にカタニア v ウディネーゼ戦では、アーセナルのスタッフがウロウロしていた模様。ターゲットはファン・マヌエル・ヴァルガス選手やホルヘ・マルティネス選手ら。

セグンダで働く選手じゃない

ニューカッスルとウィガンが冬のマーケットでの移籍を希望しているセルタDFプラセンテ選手にオファーを出す模様。

喜ばない

サンティアゴ・ベルナベウへ凱旋するポルティージョ選手は、たとえゴールを決めても喜ばないと主張しているそうですが、お願いだからゴールは決めんで欲しい。

ハヴィエル・ガルシア・ポルティージョ選手
「自分のためにもチームのためにもゴールが欲しい。だけど、たとえ決めてもレアル・サンマリノのファンを尊敬しているから喜んだりしない。彼らは常に僕を応援してくれた。その恩は決して忘れない」

どうかひとつ

緊急事態を通り越したベティスは、マラガのアントニオ・イダルゴ選手を5年契約で誘っている模様。

争奪

エスパニョールとデポルティヴォはバンフィールドFWダリオ・チヴィタニッチ選手を奪い合っている模様。

踏み台

最終的にヨーロッパのビッグクラブでプレーしたいというガラタサライMFアルダ・トゥラン選手には、エスパニョールが声をかけている模様。お値段は推定1000万ユーロ。

フランス仕事

リヨンでプレーしたことのあるエヂミウソン選手には、PSGが興味を示している模様。

気が狂っておる

デブの怪我は身体的にはこれといった異常が見当たらないそうで、殿は「ヤツの頭がおかしい」と主張。

殿
「身体的には異常がないから困っている。なにがそう感じさせているのかサッパリわからんのだ。明らかに頭のネジが狂っておるのだろう。いっそ斬っちまうかな」

応援しろ

殿は「イタリア人はミランを応援しろ」と遠い東洋の地から吠えているそうです。

殿
「あらゆるイタリア人は、イタリアのクラブが南米のチャンピオンと世界一の座をかけて戦うことを誇りに思わなくちゃいかん。ワシはその立場がたとえインテルやユヴェントスであったとしても、彼らを心の底から応援するであろう。このトロフィーは非常に重いものだと自覚せんか。よいか?よいな?わかったな?それならよろしい、うぇ〜へっへっへっ」

お大事にぃ〜

ヴァレンシア戦の前半終了間際に左のハムストリングをやってしまったメッシさんは、最長5週間の離脱となり、クラシコ欠場ですって、奥さん、うへへ。

アイトール・ベギリスタイン・ムヒカ "チキ"スポーツダイレクター
「いちばん起きて欲しくない最悪の事態を招いてしまった。試合の様相を一変させることの出来る貴重な戦力だったのに」

逃亡者

内容は好いのに結果が伴わないならともかく、両方とも地に墜ち切って悲惨な様相を呈しているヴァレンシアからヴィジャ選手は逃げたがっており、スパーズやチェルスキーはウハウハで狙いに行く模様。

オファーお待ちしております

ファンデは、ハドルストーン、ルートリッジ、アンソニー・ガードナの3選手に冬のマーケットで新しい職場を見つけるよう伝えた模様。ちなみにハドルストーン選手の解雇の原因は太りすぎだそうで、その理由にシンパシーを感じたクマさんがオファーを用意。

復帰ネタ

ラーション選手はヘルシンボリIFで続けるか答えを出していないそうで、一説によるとセルティックへ帰ることも示唆。

大きく出ている

今季限りでレディングを去ることになるショーリー選手ですが、行き先としてはトップ4クラスを希望。

ニコラス・ショーリー選手
「トップ4のクラブから‘君が欲しい’と言われたら、そりゃノーとは言えないね。だって移籍するなら挑戦の場を求めた方がいいじゃない。それが実現するかは分からないけど、とりあえず今はレディングのために精一杯やらせてもらうよ」

第2弾

アルバン・エクダルというスウェーデンの若い才能を確保できたユーヴェは、第2弾としてFKテプリチェのマルティン・フェニン選手との交渉を本格化させる模様。早ければ週明けにもご成約。

ナマステー、サワディ、ニーハオ

イングランド代表に外国人が来てしまったことで、メグソン・コーチが「我々も外国語を習おう」と主張しているそうです。

ギャリー・メグソン・コーチ
「近頃の外国人コーチは最初から我々の言語を操ることの出来る方が多いです。しかし我々は英語以外を話すことが出来ません。スペイン語もフランス語も理解できない我々には、海外での挑戦は高い壁の向こうにあると言えるでしょう。この国で国際的な指導者といったらホッジソン、ヴェナブルズ、ハワード・ケンダルぐらいしか見当たりませんしね。外国人が我々の職場を荒らしているのであれば、我々だってヨーロッパで仕事を獲るぐらいの気持ちでやっていくべきじゃないでしょうか」

僕に可能性はアルカ?

ミドルスブラのフリオ・アルカ選手がイングランド国籍を取得した模様。

フリオ・アンドレス・アルカ選手
「アルビセレステに選ばれるより、イングランド代表に選ばれる方が遥かに難しいかもしれない。個人的には書類の上だけの国籍のチームでプレーすべきじゃないと信じている。けど、丸っきり有り得ないことだとは誰にも言い切れないよね」

FA仕事

代表コーチを選定する段階でFAはベテランのプレミアシップのコーチに助言を求めると主張しましたが、レドナップ・コーチは「サー・アレックス詣ではしても、私には用がないってか」と怒り狂っている模様。

ハリー・レドナップ・コーチ
「私だって昨日今日この仕事を始めたわけじゃない。プロとして1000試合以上も指揮しているんだ。サー・アレックスやヴェンゲルのとこには喜んで行くくせに、私には用がないってわけだ。アドバイスしてやりたいことは沢山あったのにな」

安そうですね

左サイドバックを求めているバーミンガムは、スパルタ・プラハのミヘル・カドレツ選手の補強を検討中。

どうやって数えたのか

誰がどうやって調べたのか知りませんが、いま現在世界で最も多くのファンを持つフットボール・クラブは、3億3300万人のマンチェスター・ユナイテッドだそうです。

撃沈

ファンデはダニエル・ハルケ選手に1200万ユーロの値をつけたようですが、エスパニョールからは「迷惑だ」と思いっきり断られた模様。

ローン (1)

レアル・サンマリノはフィオレンティーナにドレンテ選手の修行を打診しているようで、ディアラ選手の販売も含めてポマードとコルヴィノ・スポーツダイレクターが近々交渉を行う模様。

ローン (2)

非常に順調なエヴァートンの冬のマーケットでの活動は、補充程度の簡単な仕事になる模様。

デイヴィッド・モイス・コーチ
「今の人員には本当に満足しています。今シーズンのパフォーマンスやスタイルは、まさに機能しているの一言に尽きるでしょう。ですからマーケットでは手薄なポジションの補充ぐらいに終わらせたいと考えていて、おそらくローンで埋め合わせることになるでしょう」

トライアル (1)

ウイペシュトTEに所属するツォルト・コルクシュマルという18歳のMFが、ハマーズのテストを受ける模様。

トライアル (2)

FKエクラナスに所属するリトアニア代表DFゲディミナス・パウラウスカス選手がリヴォルノのテストを受ける模様。

放出

ジェノアのプレツィオージ会長は、ディ・ヴァイオ選手とマヌエル・コッポラ選手については、ラツィオへの移籍が起きる可能性があると示唆している模様。

金策

今ならディエゴ・ヴァレリ選手を1000万ユーロぐらいで売ることが出来るラヌースは、インテルのスタッフと交渉中。その他、関心を示しているのはユーヴェとアトレティコ。

Copyright © 1997-2007 0-0 <empate>. All Rights Reserved.
Apple, the Apple logo, and Mac are trademarks of Apple Computer, Inc., registered in the U.S. and other countries.
The Made on a Mac Badge is a trademark of Apple Computer, Inc., used with permission.