Information
Archives
カウントダウン

ちょっと病的な部分もあるラファさんを不気味がってるリーガプールのオーナーたちは、クリンシーならイメージアップになると考えている模様。

お断り

ファンデはクァレスマ選手の補強を希望していたそうですが、全く興味がないと思いっきり断られた模様。

ジョルジ・メンデス代理人
「本人もポルトも移籍には関心を持っていません。仮に移籍となっても、その国で優勝を狙えるクラブしか対象にはしないでしょう」

ほぉ

てっきり移籍のはずの出っ歯にはバルセレソンが新契約を用意している模様。交渉はウインターブレークあたりに行われるそうです。

ジョアン・ラポルタ会長
「我々にはホナウヂーニョを手放す意図などありません。チェルスキーともACミランとも、その件でのコンタクトはないんです」

なぁ

日本へは観光に来たと陰口を叩かれているデブですが、温泉に入ったり、電気店をウロついたりと、まさにその通りの行動をとっていた模様。

余計なことを言うでない

ポマードは「ホナウヂーニョなど要らん」と主張しましたが、グティのバカが「来るなら来いよ」と軽く言っちゃってるらしい。

ホセ・マリア・グティエレス・エルナンデス "グティ"選手
「ホナウヂーニョならどこのクラブだって欲しいだろう。それはウチだって同じだよ」

ライフワーク

意地でもアマウリ選手を買うつもりのミランは、移籍金2700万ユーロと年俸600万ユーロを用意。

マリアノ・グリマルディ代理人
「現在のところですね、プレミアシップやリーガ・エスパニョーラより数チームの問い合わせをいただいております。チェルスキーはドログバがああいう状況ですしね。ただ今すぐイングランドは無理ですよ。ワークパーミットは発給されないでしょうから、イタリア国籍を取得するまで待っていただかなければなりません」

とんだ忠誠心

常にユニホーム姿で観戦するニューカッスルのマイク・アシュリー・オーナーですが、スパーズの買収に興味がおありだそうです。

クリス・モート会長
「それは事実無根です。一切ないです。オーナーとポール・ケムズレイ氏が友人なのでそのような噂が出るのでしょうが、ニューカッスルを売ってスパーズを買うなど考えられないですよ」

君は真面目そうだな

ヴェンゲル・コーチは、いよいよヤースケライネン選手に正式オファーを出す模様。ちなみにエレジーマンは「ヴォルフスブルクでも代表に不足はないか?」とヨアヒム・レーヴ・コーチに確認をとったそうです。

そんなこったろうと

ユナイテッドとの契約更新を拒否しているウェスリー・ブラウン選手には、ユナイテッドOBが在籍する北の2チームが非常に高い関心を寄せている模様。まさかロイ・キーンさんに「イヤです」とは言わないだろうな。

補強1号

バーミンガムのマクリーシュ・コーチは、レインジャースのクリス・ボイド選手にオファーを出す模様。

ご解任

アルミニア・ビーレフェルトは成績不振によりエルンスト・ミッデンドルプ・コーチを解任。後任はウインターブレーク中に物色するそうで、その間はアマチュアチームのデトレフ・ダンマイアー・コーチが指揮を執る模様。

辞任

会長と中傷合戦を繰り広げていたアルディレス・コーチが、ウラカンに辞表を叩き付けた模様。

オズヴァルド・セサール・アルディレス前コーチ
「会長は1度として私を信用してくれなかった。だから出て行こうと思う。もう後戻りはできない」

それはしかし

ダービーで可能性を匂わす攻撃陣といえばスティーヴ・ハワード選手なんですが、クマさんは彼をウルヴスに売って、その資金で古巣からジェイソン・ロバーツ選手を購入する模様。

仲いいよ

ロッベン選手にはレアル・サンマリノで孤立しているという噂があるそうです。精神的に追い詰められると毛髪も孤立しますよ。

ホセ・マリア・グティエレス・エルナンデス "グティ"選手
「んなこたぁないよ。誰だって新しいクラブじゃ時間が必要だし、すぐにレギュラーとはいかないさ。でも能力は確かなんだから、すぐに活躍してくれるよ」

私が止めた

カペッロさんが「ラウールはローンに出されるはずだったが、私が止めた」と主張している模様。

ファビオ・カペッロ氏
「私がレアル・サンマリノへ戻った時の最優先課題はラウールのローンだった。何故かって?それは年齢の件もあるし、パフォーマンスと比較して給料が高すぎるという理由もあった。しかし私はチームが再浮上するにはラウールが絶対に必要だと会長やテクニカルスタッフを説き伏せたんだ」

敗戦処理 (1)

バカでも競合しているユナイテッドとチェルスキーが、夢も希望もなくしたヴァレンシアからダヴィド・ヴィジャ選手を引き抜こうと躍起になっている模様。

敗戦処理 (2)

ヴァレンシアでポジションを奪えなかったヒルデブラント選手が、冬のマーケットでのブンデスリーガ復帰を考えている模様。あそこにだけは行かないでくれ。

サンタって歳か

ファン・ニステルロイ選手がサンタさんにお願いしているクリスマスプレゼントは、レアル・サンマリノからの契約更新だそうです。お前はトナカイさんのかわりに橇を引け。

ルトヘルス・ヨナタス・マルティニュス "ルート" ファン・ニステルロイ選手
「サンタさんは僕に素敵なプレゼントを持って来てくれそうだ。もちろん契約だよ。もうほとんどOKだよ。あとはサインするだけさ」

場違い

ニューカッスルがですね、1500万ユーロでヂェーゴ選手を買いに行くという、とても勿体ないマネをするそうです。

身も心も

バーミンガム戦でビッグ・サムが帽子をかぶっていた理由は、肺炎寸前でフラフラだったからだそうです。

強奪

スパーズは出番の少ないミドルスブラMFアダム・ジョンソン選手を700万ポンドで穫りに行く模様。

人じゃないんだって

人を仕入れればどうにかなると簡単に考えているリーガプールは、ヌエヴォ・テヴェスと呼ばれているボカのガブリエル・ロドリゲス選手を900万ユーロで穫りに行く模様。

ヒドい

チェルスキーはモドリッチ選手を獲得した場合にアレックス方式を採用する意向。もちろん修業先はPSV。

バックアップ

アフリカ仕事により深刻な人手不足に陥るポンペイは、手頃なところでレディングのルロイ・リタ選手を買いに行く模様。

デルビー・ディタリア

ダクール選手に代わるセンターハーフを物色しているインテルは、アーセナルで遊んでいるあの方へオファーを出すのかよ、こら。

争奪 (1)

1200万ユーロかかるというツェニト・サンクト・ペテルブルクFWアルシャヴィン選手には、スパーズとローヴァーズが名乗りをあげた模様。

争奪 (2)

次のナンバーワンとしてサー・アレックスはメヒコ代表GKギジェルモ・オチョア選手を考えているようですが、ヴェンゲル・コーチやバイエルンも乗り出している模様。

轟沈

QPRは100万ポンド持ってバーミンガムのマーティン・テイラー選手を買いに行ったそうですが、門前払いを喰らった模様。

換金

シェフィールド・ユナイテッドはフランキー・シメク選手で金策を行うようで、エヴァートンが興味を示している模様。

とっとと来いアン

ニューカッスルはゴイアン選手に450万ユーロの値をつけた模様。

敗戦処理

そろそろ給料の高い選手を整理しなければならないダービーですが、バーミンガムがケニー・ミラー選手を300万ポンドで買い取ってくれる模様。

フンが来る

ユーヴェのジリ会長は、来季の目玉補強としてアヤックスのフンテラール選手を考えている模様。

ジョヴァンニ・コボッリ・ジリ会長
「フンテラールは我々がフォローしているタレントの1人です。それとは別に、他のクラブへ貸しているマルキジオなども来季のプランにあります」

インテルがまともな仕事をしている

スターと聞いたら要る要らないに関わりなく出向いて行くインテルでしたが、バルセレソンの10番については無関心だそうです。そんな小さくまとまっているインテルなんかインテルではない。買っちゃえ買っちゃえ。

マッシモ・モラッティ会長
「ちょっとした試練を味わっているが、それでも世界有数のフットボーラーであることは事実だ。しかし残念ながらインテルに必要とは思えない。彼のことは彼を必要としているクラブにお任せするよ」

それはスペインの・・・

ジョゼさんのところには凄く大きなクラブからオファーが来たそうで、FAには「じゃあな」と答える模様。

グレン・ホドル氏
「本人ではないのでジョゼがどこまで強くクラブの仕事を望んでいるかは知りようがない。私から言えるのは代表の仕事はそんなに楽しくないぞってことだ。チェルスキーの時のように毎日選手たちとコミュニケーションをとれるわけではない。そこが最大の欲求不満となる。しかも試合の間隔が何ヶ月も空く場合があるし、いざその試合が来た時には、予定していた選手がことごとく怪我だったりする。クラブとは全く異なるノウハウが必要なんだよ」

よく見なさい

李榮杓選手への反則で退場となったスティーヴン・アイルランド選手は、試合終了後に紳士から「これはなんですか」とその場面のビデオを見せられ、素直に頭を下げたそうです。

スヴェン・ヨラン・エリクション・コーチ
「ベンチから見ていた時は少々厳しい判定だと感じたんですが、ビデオで確認しましたら、文句など言えた反則でないことが判明しました。本人にも見せましたが、言葉はありませんでしたよ」

野次られてナンボ

ルーカス・ニール選手はイーウッド・パークにて「金の亡者」と立花警部もビックリなくらい盛大に野次られまくったそうですが、勝ったので大変に満足しているそうです。

諸悪の根源

自称名将についてガッツさんは「フランスの足を引っ張ってるのはテメェだ」と叩き返している模様。

ジェンナーロ・イヴァン・ガットゥーゾ選手
「フランス人の中で愚にもつかん戯言をホザく人間はドメネク以外に存在しない。オレらとの関係を悪くさせているのはヤツだ。ギスギスした空気なんか余計なんだよ。なんだってわざわざ波風立てるようなこと言うかな。ほんと醜い人間だよ」

ラストチャンス

サー・アレックスはローマ戦にてコヴェントリー赤っ恥事件をやらかした若手選手たちに、もう1度チャンスを与える模様。もちろん失敗したら、次はねっぺ。

サー・アレックス・ファーガソン・コーチ
「絶好のチャンスだからな、逃しちゃなんねぇ。向こうだって何人か若いの出すに決まってっぺ。そりゃよ、あんましやり過ぎたらマズいからな、トップの連中も連れてくけんども、いつものチームたぁ全然違うので行くっぺ」

ローン

ル・マンはインテルFWゴラン・スラブコヴスキ選手のローンを希望中。

補強は安く

ラニエリさんは今季限りでヴェルダーとの契約が終了するペトリ・パサネン選手の補強をクラブに要請している模様。

離脱

フィオレンティーナのポテンツァ選手が太腿肉離れで全治4週間、ガンベリーニ選手も筋肉を傷めて離脱、おまけにウイファルシ選手やクロルドルップ選手も怪我に倒れたとあって、最終ラインは火の車だそうです。

復帰

順調に回復しているという林家ペー選手は、早ければ23日のエヴァートン戦ぐらいで復帰する予定。

イタリア仕事 (1)

コーチを交代させてもサッパリ状況に変化がないカリャーリには、ジャンパオロ前コーチを呼び戻すなどというナイスなネタが (笑)

マッシモ・チェッリーノ会長
「ジャンパオロとは今でも友だちだが、彼に電話をかけようとは考えたことすらない」

イタリア仕事 (2)

急降下状態のジェノアにはコーチ交代の噂が出ているそうですが、プレツィオージ会長は今のところ動く気はない模様。

エンリコ・プレツィオージ会長
「全ての試合が査定の場ではあるが、ガスペリーニ以上のコーチをどこで見つけるというのかね?」

パートナー

ジェノアやトリノはブラジウ・オリンピックチームでパト選手とコンビを組んでいるポルトゲーザFWディオゴ選手の獲得を検討中。

どうかひとつ

レッチェはナポリで使われていないサミュエレ・ダッラ・ボーナ選手を求めている模様。

自虐的スケジュール

これから気狂いスケジュールの洗礼を受けるサンタ・クルス選手は「こんなんじゃイングランドが勝てないのも頷ける」とコメントしている模様。

ロケ・サンタ・クルス・カンテーロ選手
「休みもなく6月まで突っ走って、そこからユーロやワールドカップだろ。大きなトーナメントでイングランドが冴えないのも理解できるよ。ゲルマンを見ればいい。6週か7週は休むじゃないか。これがどれほど身体にありがたいかってことさ」

Copyright © 1997-2007 0-0 <empate>. All Rights Reserved.
Apple, the Apple logo, and Mac are trademarks of Apple Computer, Inc., registered in the U.S. and other countries.
The Made on a Mac Badge is a trademark of Apple Computer, Inc., used with permission.