Information
Archives
出入り禁止

サンダランドの選手たちは地元のナイトクラブ『ザ・グラス・スパイダー』という店を懇意にしているそうですが、サンダランド・ファンでもある店側はストークス選手の将来を考え、今季いっぱいは店への出入りを禁じた模様。

ロイ・キーン・コーチ
「ストークスは努力次第でどこまででも成長できる。しかし道を間違えたら5年後にはノンリーグでプレーしているかもしれない」

ワイラム・リージャー社
「当店は個室のVIPルームなどが完備されておりますので、サンダランドの選手たちにも非常に好評でございます。しかし我々はビジネスマンである以前にサンダランド・ファンであります。当店で遊ぶことがストークス選手の集中力を殺ぐことになるのは甚だ不本意と言えます。従ってロイ・キーン・コーチにも、ストークス選手にも気持ちよく仕事をしていただきたいので、今季いっぱいはストークス選手のご入店を固くお断することといたしました。試合で存分に活躍され、再び当店へといらっしゃる日が訪れたら、その時にはささやかながらシャンペンなどを進呈させていただきたいと考えております。もちろんVIPルームの代金も我々のおごりでございますよ」

私が治す (1)

イングランド代表にはマルコ・ファン・バステンというアンビリーバブルな名前も出て来たようなので、カペッロさんにはニューカッスル話が浮上。実現すれば少なくとも失点だけは確実に減りますね。

私が治す (2)

FW界のレーマンと呼ばれている大口たたきのベンドナ選手には、近所のクラブの顔が恐い指揮官たちが興味を示していまスキー。

トホホな目標

セグンダでのガリシアダービーも冗談話にならなくなって来た順位のデポルティヴォですが、レンドイロ会長はトップ10ぐらいで終われると確信を持っている模様。

内部も崩壊

やることなすこと全て裏目なヴァレンシアですが、「無駄に多いストライカー、なぜか足りない左サイド、どういうプランで補強しているのか?」というクーマン・コーチの一言により、ミゲル・ルイス・スポーツダイレクターとの関係が一触即発になっとるそうです。

帰国

今季でヴィジャレアルとの契約が終わるロベール・ピレス選手には、FCメスが興味を示している模様。

また場違い

ユーヴェとインテルが激しく争っているラフィーには、アトレティコも乗り出して来た模様。

辞めたい

ヘタフェでのデビュー戦からして大ポカ2つという悲惨なウスタリ選手は、冬のマーケットでの移籍を希望している模様。

ローン

プリメーラ復帰をめざすマラガは、ヴァレンシアにサニーのローンを打診する模様。

帰宅

トレーニング中に2回もアレックス・ヘイホ選手へ戦いを挑んだリヴォルノGKストラーリ選手がデ・ビアージ・コーチに帰宅を言い渡された模様。

どういう基準で

大韓協会は代表コーチ候補をウリエ氏かミックに絞った模様。

UEFAチャンピオンズリーグ Match Day 6

<グループD>
ACミラン 1-0 グラスゴウ・セルティック (主審:トム・ヘニング・オヴレボ、ノルウェー)

ミランの得点:70分フィリッポ・インザーギ "ピッポ"
※セルティックはノックアウトラウンド進出。

ACミラン
GK16:ゼリコ・カラッツ
DF2:マルコ・エヴァンゲリスタ・デ・モラレス "カフー"
DF25:ダニエレ・ボネーラ
DF17:ダリオ・シミッチ (30分-4:カハベール "カッハ" カラーゼ)
DF19ジュゼッペ・ファヴァッリ
MF21:アンドレア・ピルロ (74分-32:クリスティアン・ブロッキ)
MF8:ジェンナーロ・イヴァン・ガットゥーゾ
MF23:マッシモ・アンブロジーニ
MF10:ごく潰し (69分-20:ヨアン・グルキュフ)
MF22:バロンドール
FW9:フィリッポ・インザーギ "ピッポ

グラスゴウ・セルティック
GK1:アルトゥル・ボリュク
DF5:ギャリー・コールドウェル
DF44:スティーヴン・マクヌマス
DF17:スティーヴン "エルヴィス" プレスリー
DF47:ダレン・オデイ
MF18:マッシモ・ドナティ復讐 (71分-15:エファンデル・スノ)
MF20:イリ・ヤロシク (78分-7:マチェイ・ジュラヴスキ)
MF8:スコット・ブラウン
MF11:ポール・ハートリー
MF46:エイダン・マクギディ
FW27:スコット・ダグラス・マクドナルド (65分-10:ヤン・フェネホール・オフ・ヘッセリンク)

シャフタール・ドネツク 1-2 ベンフィカ (主審:キロス・ヴァッサラス、ギリシャ)

シャフタールの得点:30分pクリスティアーノ・ルカレッリ
ベンフィカの得点:6分&22分オスカル・レネ・カルドーソ

シャフタール・ドネツク
GK30:アンドレイ・ピャトフ
DF33:ダリオ・スルナ
DF27:ディミトロ・チグリュンスキ
DF5:アレクサンドル・クチェル
DF11:イウソン・ペレイラ・ディアス・ジュニオール "イウシーニョ" (67分-22:ウィリアム・ボルゲス・ダ・シウヴァ)
MF26:ラズヴァン・ラト
MF18:マリウシュ・レヴァンドヴスキ (57分-3:トマス・フブシュマン)
MF7:フェルナンド・ルイス・ソウザ "フェルナンヂーニョ"
MF8:ジャヂソン・ホドリゲス・ダ・シウヴァ
FW25:エヴァエヴェロソン・ラモス・ダ・シウヴァ "ブランダン"
FW99:クリスティアーノ・ルカレッリ (88分-21:アレクサンドル・グラドキィ)

ベンフィカ
GK12:ジョアキム・マヌエル・サンパイオ・シウヴァ "キム"
DF22:ネウソン・アウグスト・トマル・マルコス
DF23:ダヴィド・ルイス・モレイラ・マリーニョ
DF4:アンデルソン・ルイス・ダ・シウヴァ "ルイゾン"
DF5:レオナルド・ロウレンショ・バストス "レオ"
MF14:ヴィクトリオ・マキシミリアーノ・ペレイラ・パエス "マキシ" (83分-2:ルイス・フェリペ・アンジェロ・ホドリゲス・フェルナンデス)
MF6:アルマンド・ゴンサウヴェス・ティシェイラ "プティ"
MF8:コスタス・カツォラニス
MF20:アンヘル・ファビアン・ディ・マリア (67分-25:ヌーノ・アジス・ロペス・デ・アウメイダ)
MF10:ルイ・マヌエル・セサール・コスタ
FW7:オスカル・レネ・カルドーソ (90分-21:ヌーノ・ミゲウ・ソアレス・ペレイラ・リベイロ・ゴメス)

悩んでいたのか

10/28パウメイラス戦で採取したサンプルから禁止薬物フィナステリドが検出された件でホマーリオ大先生は「育毛剤がいけなかった」と弁明している模様。

ホマーリオ・デ・ソウザ・ファリア大先生
「オレだってバカボンのパパと同じ歳になったんだ。そりゃ悩みだって出て来るさ。もっともダメだって知ってりゃ絶対に使わなかったよ。未練がましいって?だって抜けたら最後の歳だぞ、こっちゃ。同じ悩みを持ってる人から‘効くぜ’って言われたら迷うことなく買いに行くさ。ほら、よく見ろ、ここ。生えてんだろ、なっ。効いてんだよ。この薬はホントおすすめだな」

母には不評

ユナイテッドへ入ってから1試合2得点止まりのクリスティアーノ・ホナウド選手ですが、母親は「なんでハットトリックができないの?」とクレームをつけているそうです。

クリスティアーノ・ホナウド・ドス・サントス・アヴェイロ選手
「そういうわけなんで僕は常に‘1試合に2点とるんだって大変なんだよ’と言い聞かせているんだ。そもそも僕はストライカーじゃなくてウイングだしね。心じゃいつもチームのためにって気持ちで働いている。僕が得点を決める決めないとかって関係ないんだ」

離脱か?

今季の初めから膝を傷めているドログバ選手ですが、炎症がヒドくなったようで今週は医者通いをしている模様。今のところハッキリした原因は不明だそうです。

ヒマだなぁ

先週末のプレミアシップ全試合でベンチに座った選手たちのコストを集計したところ、総額は約3億ポンドにのぼったそうです。なおベンチ要員のコストがゼロのクラブはボルトン1チームのみ、代表選手がいなかったチームはレディングのみとなった模様。

交換

チェルスキーとレアル・サンマリノは、ドレンテ選手とマルダ選手の交換ローンについて交渉を開始する模様。

スポルティング市場

来季に向けてまた主力の移籍が起きそうなスポルティングですが、ファンデはアドリアン・シウヴァ選手の獲得を希望。ライバルはアーセナルやセヴィージャ。

八百長

リーガプールがベジクタシュ相手に8点奪った試合については、アジアのシンジケートがらみの八百長疑惑があるということでUEFAは調査を行う模様。

ウィリアム・ゲイラードUEFAコミュニケーションダイレクター
「現段階では肯定も否定もできません。情報源を危険にさらすリスクもありますので、ある程度の秘匿性はご容赦ください」

♪ 女 呼んで もんで 抱いて いい気持ち

ワールドカップ予選中にペルー代表の選手が宿泊先のホテルに女を連れ込んで‘うぇ〜へっへっへっ’だったという事件があったそうですが、これにはチェルスキーのクラウディオ・ピサーロ選手も関与しているとかで、最悪の場合は代表からの追放が待っている模様。ちなみに、その事件の翌日に行ったエクアドル戦は5-1のスーペル大敗ぶり。

キャリアの危機

チェルスキーでフェードアウト中のシドウェル選手には、アストン・ヴィラがオファーを用意。

ご成約

アストン・ヴィラはテストに合格した16歳のオーストリア人GKトーマス・ダウ選手と3年契約を結んだ模様。

完全移籍

セインツへのローンを終えてハマーズへ復帰したクリスティアン・デイリー選手ですが、年明けからは完全移籍で再びセインツへ行く模様。

オファー

前線のオプションを増やしたいエヴァートンはブラン・ベルゲンFWトルシュテン・ヘルスタッド選手を250万ユーロで穫りに行く模様。

ご就任

ボラ・ミルティノヴィッチ・コーチのクビを切ったジャマイカ協会は、98年ワールドカップ時のコーチであるレネ・シモエス氏を呼び戻した模様。

ご解任

プレミアリーグへの復帰どころか、その下へ落ちそうな勢いのダンファームリンは、スティーヴン・ケニー・コーチを解任。後任が決まるまではFWのジム・マッキンタイア選手が暫定的に指揮を執る模様。

退任

オランダのマルコ・ファン・バステン・コーチはユーロ2008をもって退任するようで、さっそくミランやバルセレソンなどという話が出回っている模様。もちろんバルセレソンへ行くことになったら、現コーチはミランへ転職。

マルコ・ファン・バステン・コーチ
「ワールドカップが終わったあとでは、ユーロを新しい目標にしていた。これで4年になるが、ここを区切りに異なる環境を選択する時だ」

和解

試合中に大口論をやらかしたウリヴィエリ・コーチとカッサーノさんは和解をしたそうですが、この件に関する罰金が慈善事業へ行くなら自ら2割増で支払うと主張。なお通常通りレガ・カルチョへ行くなら支払いを拒否する意向。

レンツォ・ウリヴィエリ・コーチ
「これは色んな意味で不当な罰金だ。従って私に払う気はないし、レッジーナにも肩代わりする考えはないだろう。もっとも、お金がレガ・カルチョにではなく、アドリアーノ・ロンバルディの家族 (ルー・ゲーリック病で死去した元アヴェリーノの選手) のように困っている人たちのもとへ行くのであれば喜んで払わせてもらう。しかも2割多く出すよ。この件についてはカッサーノと話し合ったんだ。和解?ああ、したよ。癇癪さえなければ気のいい若者だからね」

謙遜か?

テヴェっさんは、そこまで活躍してもユナイテッドが買い取ってくれるか不安だそうです。

カルロス・アルベルト・テヴェス選手
「コーチからはそういう話は一切ないし、どうなのかな。もちろん僕は完全移籍したいよ。ここにいたくないなんて選手はいないさ。沢山のファンが応援してくれるから、トロフィーでお礼がしない。今の僕の目標はファンを幸せな気持ちにさせることなんだ」

却下

バーミンガム戦でのロバート・キーン選手のレッドカードについて上訴したスパーズですが、規律委員会は再検討には値しないと訴えを退けた模様。ということでプレミアシップの2試合 (シティ、ポンペイ)、カーリングカップ1試合 (シティ) はサスペンション。

流行ってますね

バルセレソンではヤヤ、クルキッチ、ミリトの3選手が風邪でぶっ倒れ、カーブルガイも喉の痛みを訴えるなど不穏な状況だそうで、トレーニングも僅か16名で行っている模様。

テキト〜でした

ダービーでのデビュー戦を敗戦で終えたクアさんは「よく分からないままスタメンを決めちゃった」と正直に白状した模様。

ポール・ジュウェル・コーチ
「サンダランド戦は正直に言えば、どんな選手なのか把握しないまま試合へ突入してしまった。だから日々選手たちについて学んでいるよ。誰が戦力で誰がそうでないのか見極めるには1ヶ月ぐらいは必要かもしれない。現状では全員が横一線で、誰にも公平にチャンスがある。当然ながら今までのレギュラーは白紙だよ」

目標は

あらためて今季の目標について質問されたブッフォン選手は「コッパ・イタリアで満足しておくべきだ」と答えた模様。

ジャンルイジ・ブッフォン選手
「コーチやトレセゲには彼ららりの目標があるんだから、それがスクデットであってもおかしくはないよ。オレだってそうなればいいと思ってる。もともとオプティミストだからさ、近いうちに‘やっぱスクデットを目標にする’って言えたら最高だよ。けど、現時点での話をされたら考えちまう。頭1つ抜けてるチームが2つもあるしさ」

ちゃんと買いましょう

エメルソン選手で思いっきり後悔しているミランは、今度こそまともな人を買おうと、リヨンのファビオ・サントス選手を600万ユーロほどで買いにいく模様。

非売

ナポリやミランから話が来ているルカ・シガリーニ選手についてパルマのギラルディ会長は、冬のマーケットでの放出はないことを表明。

トンマソ・ギラルディ会長
「以前にもシガリーニの売却はないと言ったはずだ。その考えは変わらない。まだ若い選手なのだから、ここで沢山を経験を積めばいい」

インテル商売

インテルは冬のマーケットでアドリアーノ選手をローンなどで放出した場合、1000万ユーロほどでディ・ナターレ選手を買いにいく模様。

Copyright © 1997-2007 0-0 <empate>. All Rights Reserved.
Apple, the Apple logo, and Mac are trademarks of Apple Computer, Inc., registered in the U.S. and other countries.
The Made on a Mac Badge is a trademark of Apple Computer, Inc., used with permission.