ブラインドタッチ目指して、まずは指の位置を再確認しておきましょう。
実際のキーボード上には「F」と「J」に凸部分が確認できると思います。
F」には左手人差し指、そして「J」には右手人差し指をのせます。
これを所定位置として、そこから外側に指を順番にキーにのせます。
小指を5、薬指を4、中指を3、そして人差し指を2のキー位置に使います。





英文タイプが苦手な方へ、少しでも役立てばと思い作成しました。
学習方法はいたって簡単です。レベル別に分かれていますので、
1 〜 5 のレベルから、お好きなレベルを選んで練習してください。
文字列の下にある空欄に、サンプルと同文字をタイプしてください。

タイプをマスターするには反復練習が必要です。マスターするには
個人差がありますし、これはほんの一部のテキストに過ぎません。
身の回りにある本や雑誌を参考にしてタイプするのもよいでしょう。
オフラインでご利用になりたい場合は、ページを保存してください。

参考にしますので、使用後できればフィードバックをくださいね(^^)


超!初級編
初級編
中級編
上級編
おまけ編


英語でクイズ(2) 超!初級編

Copyright (c) 2001-2003 Peace. All rights reserved.